« 舞さんの天然(?)爆弾炸裂で気づいたこと | トップページ | 振付師という職種の人たち »

2013年1月20日 (日)

Pさんの幸せを考える

最初にことわっておくが、私は髙橋大輔ファンである。

なのになぜ最大のライバルともいえるPさんことパトリック・チャンの幸せなんて考えなきゃならないんだよ~p(`ε´q)

…と、思われる方が多いかもしれません。

自分でも何故こんなことを書きたいのか…良くわかりません。
(おいおい!

彼のスケーティングに惚れ惚れすることはあっても
彼の「表現」に関しては全く惹かれない。

とは言っても、
例えば現役選手皆ノーミスした場合、
一番高い点数をもらえるであろう選手はやはり彼だ。
(現採点法においてはである)

元々スケーティング技術は良い選手であったが、
4回転を安定させてからは(結構転んでもいるが)

「絶対王者」
(イイ響きだ…)

なんてメディアで言われたりする。

…が…

てっ転んでも2、3回ミスしても他選手と比べ高得点が出て勝つ試合なぞあったものだからか、
彼に冷たい視線を送る人間もいたりする。

カナダに強い選手が出てきて、
北米にてフィギュア人気が盛り上がるかと思えばそうでもなく、
(ライサチェクが五輪金をとってもそうだった)

援助してくれる人間はいるらしいが日本の人気選手のように多くのスポンサーがつくわけでもなく、金銭面でも苦労があるらしいし

挙句の果てには前シーズンのワールドでブーイングをくらってしまった。

人気のなさは欧米の中の東洋人の哀しさなのかしら?
とも思ったが、
髙橋大輔は結構支持されちゃっていたりする。
ワールドの表彰式での歓声は下手すりゃ銅メダルの高校生(これも東洋人)より小さいという始末。

これはダメだろう。
日本の選手だけがよければ良いわけではない。

せっかく血を吐くような努力をして

「絶対王者」

になっても、
いやらしい言い方になるかもしれんが
あまりにもうま味がなさすぎる。

北米においてフィギュア目指す人間がどれだけいるか分からないが、
このままではなり手がいなくなってしまうだろう。

フィギュア選手にとって幸せな状態とはなんだろう。

物質的な部分でいうなら
資金難に苦しまない状態で

良い演技には高く評価をしてもらい

観客から喝采を浴び

じわりじわりと人気も出てきて

競技会のみならずアイスショーも満員御礼

まあ、簡単にいえばこんなもんか。
精神的な充足なぞ、まだまだ細かい項目が出てきそうだけど、
そろそろ眠くなってきたのでここまでにする。

だめだ。

うまくまとまらない。

まあ、こんな日があってもいいか。


私がファンでもないPさんを気にかける理由。それは

彼の若干KY気味でおっちょこちょいなところが他人とは思えなかったからである。

認めたくないが、気が小さくてビッグマウスは出来ないけれど、
大輔よりも残念(?)ながら私の性格はPさんに近いのだ。

彼の幸せを考える記事はまた気が向いた時に続きをかくかもしれない。

実はあの方の幸せについても書こうと思っている。(書かないかもしれない)

せっかく縁あって(?)この競技を応援するようになった訳で
本人の責任でないところで
(全くない訳ではないが、採点法、昔のフィギュアに関わる事件なども原因の一つだろう)
彼が勝っても全く盛り上がらない
と影口を言われるのは気の毒に思いつつ、
今はカナダ選手権の結果を待つことにする。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 舞さんの天然(?)爆弾炸裂で気づいたこと | トップページ | 振付師という職種の人たち »

Pさん」カテゴリの記事

コメント

去年は傷ついたろうなとは思います。優勝してもブーイングされたり、いくら日本だけしか注目してない大会とはいえ、国別で疎外感を味わったり。
今年のコーチや振付師の変更は、ちょっとトラウマの故だったかな?とは想像しました。
彼のせいじゃないのにね。選手はみんな自分の演技をするだけ。

でももう北米では、フィギュアがプレス発表しても誰も相手にしないとか?
そんな英文のぼやき記事を見たような気がします。
スケートって見慣れるほど、素直に楽しめない部分がでてきてしまう。
悲しい現実

はじめまして。

年明け、目新しいブログに「ふ~ん」と思いながら目を通させて頂いていましたが、「Pさんの幸せを考える」でブログ主さまのファンになりそうな予感・・。

いえいえ、記事の内容というよりこの盛り上がりそうで盛り上がりきれない(←なんて失礼な)ゆる~い感じがいいなぁと。

しかもコメント書こうとしたら 名前:(任意) って。 ぶっはっは、名前まで任意って初めて見ました。

でもほどほどの力の抜き加減ながら、芯はあるお方と推察。
これから私もゆる~く楽しみに読ませて頂きたいと思います。

私も大輔ファンです。2006、7年あたりから。 

先日より、ブログを拝見しています。
いつかの国別対抗戦で、日本チームに混じってはしゃぐP選手を見て、こっちのほうが居心地いいのかなと思ったことがあります。白人社会(多人種国家なのかもしれないけど)でやっていくのは大変なのか、とか深読みしてしまいました。
ブログ記事、これからも楽しみにしていますので、マイペースでがんばってください。

ブログ巡りをしていて、こういうスタンスのブログに巡り合うと、ホッとします。
Pさんきらいじゃないです(小塚君ファンですが。)生Pさんの滑りは衝撃でした!例えば、ペンギンの水中の動きを見て、ペンギンって鳥だったのね!と不意打ちを食らった時のような…(意味不明ですよね。)
選手の皆さんはそれぞれ一生懸命のはずなのに、到底「幸せ」そうには見えない選手をみると…本当に「憂鬱」になります。
「憂鬱な女王さま」のシアワセについてのほうも、楽しみにしております。

当ブログへようこそ!

ブログ村をチェックしてる方は結構多いのですね。
まだ数日しか経ってないのに、コメントがついていてビックリです。

>1番目の名無しさん
こんにちは。

傷ついたでしょうね…

国別のカナダ以外の選手の反応が実に正直でしたしね。
日本のスケートファンと似た感想を持つスケーターさんって
結構多いのかな?とも思いました。

>今年のコーチや振付師の変更は…
現在振り付けはまだ良いとして、有能な技術コーチ切っちゃダメでしょうよ
と思います。しかもプレシーズンに。
土下座してでも彼女に指導を乞うべきでしょう。
ちょっと迷走してますよね。

>でももう北米では、フィギュアがプレス発表しても誰も相手にしないとか?
そんな英文のぼやき記事を見たような気がします

もう末期ですね。五輪から消えるのもありえるのかな…とも。


>たんぽぽ様

素直な感想ありがとうございます。
が、残念ながら芯はありません!(キッパリ)
結構飽きっぽいのであっさりやめてしまう可能性大。

が、気力が落ちてもなんとかソチまでは選手たちを見届けたいと思ってます。

楽しみにしていただけるのは光栄ですね。
またぶらりとお立ち寄りくださいませ。

>hiro様
またいらっしゃいましたね。ありがとうございます!

>いつかの国別対抗戦で、日本チームに混じってはしゃぐP選手を見て、こっちのほうが居心地いいのかなと思ったことがあります。白人社会(多人種国家なのかもしれないけど)でやっていくのは大変なのか、とか深読みしてしまいました

私もそれ感じてました。
嫌な顔をされたらごめんなさいですが、某国のあの方がカナダにいるときもそんな悲哀を感じました。

ご期待にそえるかは謎ですが、マイペースでやっていきます。


>ココルル様
かわいいハンドルネームですね

小塚君ファンですか。生Pさんの滑り見たのですね!羨ましいッス!

(が、表現面に関しては私の中で小塚君・Pさんは良い評価はできなかったりします。ごめんなさい!)

熱心に打ち込めるものがあるということだけで十分幸せだと思いますが、
その中で頂点に立った人間がもっと報われて良いんじゃないかと。
まあ、余計なお世話なんですがね。
五輪金メダリストの中にはその後の人生狂った方もいるし
幸・不幸ってのは簡単に語れないものですね。

>「憂鬱な女王さま」のシアワセについてのほうも、楽しみにしております。
これを読んで、ハンドルネーム「女王様」にすべきだったかもなんて思いましたが
こっ恥ずかしいのでしません(*ノv`)

 はじめまして。

今日、初めてブログを拝見しました。冷静で暖かな記事にほっこりしました。
私もPさんの表現には惹かれないのですが、滑りは素晴らしいなと思います。点数が高いのも納得のことが多いです。
北米でのフィギュア人気の低下、残念ですね。日本ではほんとにチケットがとれなくて涙目なのに…。
因みに私は2009年頃から羽生選手のファンです。でも、世界中素敵なスケーターが多く、ついつい(笑)いろんな選手を応援しちゃいます。
ブログ記事楽しみにしてますね。

>はるなつ様
はじめまして。

>私もPさんの表現には惹かれないのですが、滑りは素晴らしいなと思います。点数が高いのも納得のことが多いです。
滑りは凄いと思うのですが、私は点数の高さには懐疑的です。(゚ー゚;
まあ、これはおいといて…

>北米でのフィギュア人気の低下、残念ですね。日本ではほんとにチケットがとれなくて涙目なのに…。
空席だらけのあちらの会場を見ると「どこでもドア」があれば…と思いますねえ…

>冷静で暖かな記事にほっこりしました。
一部キツいことも書く事になると思います。
その時は率直な感想をお願いしますm(_ _)m

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Pさんの幸せを考える:

« 舞さんの天然(?)爆弾炸裂で気づいたこと | トップページ | 振付師という職種の人たち »

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー