« 実は楽天的な理想家か? | トップページ | 感謝とこのブログについて »

2013年1月23日 (水)

蟹足の謎

ニコニコ動画等でフィギュアスケート演技動画を見る際、
日本語の解説無しのもので見たい場合は各国解説動画を見ることがある。

親切な方が翻訳してくださっているものもある。

で、何処から持ってくるのはその手の知識のない私であるから勿論わからんのであるが
ロシア語放送のものが結構数多く上がってきたりする。

実は昨年気まぐれから
ロシア語を学ぼうと考えロシア語学習本なぞ買ってみたのであるが
只今、絶賛挫折中である。(←こんな日本語は存在しないが私の状況はこんな感じ)

若き日の記憶力はどこへやら

このような言葉に手をだしたことが失敗だったという結論に達する。

が、年も新しくなり
ソチオリンピックも近い。

別にソチに行こう!…と計画しているわけでないけれども

ブログを始めたことをきっかけにもうちょっと頑張ってみるかなとも思っている。
(現在中断中)

それで
ロシア語解説は日本の地上波と異なり
演技中結構黙ってくれる。

他の国でもだいたいそんなもんであるが、
アメリカだとハミルトンが興奮するとうるさい。(いない時もあるっけ?)
フランス お茶の間解説は日本以上にうるさい。
が、しょっぱいポエムがないだけマシかもしれない。

今日はロシア語解説の話。


ボソボソと喋るロシア語解説を聞いていると

「カニアシ…カニアシ……」

と聞こえる箇所が気になっていた。

「蟹足?」

以前西原理恵子さんの本の中で語られていた一部分をも思い出してしまった。

西原さんはある日「はたらくおじさん」という番組の中で
ロシア人漁師が取り上げられるのを見たのであるが

その漁師さんは蟹を採ってから蟹の手足を全部切り取った後
手足以外を全部捨ててしまったらしく
西原さんはもったいないと激怒したのであった。
(「かにみそ、かにたまご~」とか喚いておられた)

ロシアと蟹というキーワードからそんなことを思い出したのだろうが
まあ、これはどうでも良いことである。

「蟹足」と聞こえる単語は何を意味するのか?

まあ、勉強していくうちに分かっていくだろうなと思い
紀伊國●書店へ向かった。

最初に買ったロシア学習本「ロシア語が面白いほど身につく本」
この中の
「すぐに役立つ旅行会話・日常会話」の章には会話例文がいくつか乗っているのだが
早速もしやこれではないか?と推測できるものを見つけた。

②はい。/いいえ。(返事のいろいろ)の項目の一番最後

Кoнечно(カニェーシナ)

意味は「勿論」

本当に解説者の方が「勿論」の意味で
「カニアシ…カニアシ…」
といるのかは未だに謎であるが
勘が当たっているような気もしないでもない。

ロシア語は
be動詞がなかったり
英語でいう、ミスターミセスにあたる単語がなかったり
名詞が6つに変化したりなど

英語とはまた一味違う困ったやつだったりするが

もうちょっと付き合ってみようかなと思う今日この頃。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 実は楽天的な理想家か? | トップページ | 感謝とこのブログについて »

ロシア語」カテゴリの記事

コメント

GILLE - Try Again [Try Agian Stories ♯6 村主章枝編]
http://www.youtube.com/watch?v=j3eeRXliYYE

こんにちは。ロシア語に挑戦されたのですね。私も何度かラジオ講座で挑戦したのですが・・・。あの言語はなんですか!!!全ての名詞が女性型、男性型、中性型に分けられていてそれによって付く形容詞も違ってくるんです。4年前は、ロシア語ある程度マスターして、「わたしもソチを目指すぞ」(観戦しに・・)な~んて思ってました。
見事玉砕の感です。中国語や韓国語は旅行で使える程度にはなったのに・・。ロシア語は、ああ、恐ろしや・・です。 タレミミさんは、くらえ付いて頑張ってくださいね。

絶賛挫折中(爆≧∇≦)
その言葉いただきました
わたくしの人生すべて絶賛挫折中でございます
ロシア語といえば高校時代の英語教師をおもいだします。
ご自分の専門教科である英語より、ロシア語をこよなく愛されてるのではと感じられるほど、英語の授業中にもかかわらずロシア語のことをアツ~ク語っておられました。わたくしたちはなんのこっちゃ・抹茶に紅茶 状態でハァ~てな感じでした。英語の発音も時々ロシア語風に巻き舌になってましたよただロシア語は難しいということだけはわかりました
わたくし、日本語と方言の2ヶ国語しか喋れませんが、何とか生きていけそうです

>taotao様

>あの言語はなんですか!!!
その一言に全てが凝縮されてますね。
あと、疑問文の時のイントネーションの付け方が文によってはひじょ~に解りにくいものもあります。

>中国語や韓国語は旅行で使える程度にはなったのに・
何気に凄いこと言ってますよ!
韓国語は日本語の読みと近いものもありますが、
中国語は4声ですか?あれ見ただけでやる気失せました

>ちこちゃん様

>ご自分の専門教科である英語より、ロシア語をこよなく愛されてるのではと感じられるほど、英語の授業中にもかかわらずロシア語のことをアツ~ク語っておられました。
こういう先生って偏ってるけど面白い存在ですよね!
ロシア風の巻き舌出来る方は無条件に尊敬します。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蟹足の謎:

« 実は楽天的な理想家か? | トップページ | 感謝とこのブログについて »

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー