« Pさんの幸せを考える | トップページ | ケヴィン君Pさんエマさん »

2013年1月20日 (日)

振付師という職種の人たち

髙橋大輔や浅田真央ちゃん(彼女はどうしても‘ちゃん’付けで呼びたくなる)がハマるきっかけであった私であるが、彼ら以外でマイブームになったスケーターもいる。(不定期で)
勿論「マイブーム」になっただけではなく、今でも好きなのだけれども。
それは現役のみならず引退したスケーターも勿論含まれる。

例を挙げればアレクセイ・ヤグディンの2002年ソルトレイク五輪のSP「ウインター」
i-podにも入れて今でもたまに何度か見たくなる演技。
採点方法が現在とは異なる為、現採点法と照らし合わせるとスピンやステップのレベルが…となるのであるが
そんなの関係ねえ!と言いたくなる程演技のみならず振付も演技構成も素晴らしいと思う。

他にも色々見ていくうちにアイスダンスにも興味がわく。
美人も多いしな。(またかよ!)
元々ジャンプより表現だの踊りだの見るのが好きなもので、
実はシングルよりアイスダンスを見ることに向いているのかもしれない。
NHK杯やワールド以外GPSの大会ではアイスダンスの放送がBSでもなかったりする。
(スポーツチャンネルならあるよね)

悲しい。
以前J-comに加入していたのであるが、我が家の経費削減の為やめたのだ。


長野五輪金メダリストのカップル、グリシュク&プラトフのメモリアル。
これも何度も見てしまう。
タラソワ先生が終了後絶叫するところまで見てしまう。

…と前置きが長くなってしまったが

シングルにせよペアにせよアイスダンスにせよ

お世話になるのが振付師の先生たち


日本のスケートファンにはすっかりお馴染みなタラソワ先生
カナダの美熟女ローリー・ニコル先生
ダンディで、ある意味髙橋大輔より濃いカメレンゴ先生
日本男子選手の兄貴的存在(?)の宮本賢二先生
カッコイイ女性シェイ・リーン・ボーン姐さん
デヴィッド・ウィルソン姐さん
などなど。

髙橋大輔君が振付師の人は変わった人が多いとインタビューで語っているのを見たことがあるが
改めてメンバーを見てみると

濃い

この一言に尽きる。

クリエイティブな人間に非常に憧れを抱く私にとって
下手すりゃ人気スケーター以上に興味深い人たち

そして私の
「何かこの人おもしろいことやらかしそう」センサーに思い切り引っかかる人たちだ。

あ、「濃い」といえばニコライ・モロゾフも入るか。専任ではないけれど。


変な話だが、振付師の先生を集めた集団バスツアーの添乗員になれと言われたら
「嫌だ」
と即答するだろう。

最近はジェフリー・バトル、ステファン・ランビエールもトップ選手に振りつけたりしている。
(バトルはこの中では薄味に感じるが。まあいいことにする)

振付師は元アイスダンサーが多いが
バトル、ランビエールは音楽と調和した演技を魅せることができる人だ。
それができるからこそなれるのか。

ジャパンオープンでのバトルは4回転はないけれど
「フィギュアスケーターの良心」
とよんでもいい滑りだったと思う。(3Aも苦手だったっけ

人気振付師目指して頑張っていただきたいものだ。

この中で特に私が惹かれるのは、
タチアナ・タラソワ
パスカーレ・カメレンゴ(変換押すと我が家のパソコンでは「亀連後」と出る)
宮本賢二

この3人である。

3人についてはまた後日気が向いた時に語る。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« Pさんの幸せを考える | トップページ | ケヴィン君Pさんエマさん »

振付師」カテゴリの記事

コメント

タレミミさん、一言だけ!

>デヴィッド・ウィルソン姐さん

お茶吹きそうになりました!!

>まっきー様
いやあ~だって…( ̄◆ ̄;)

あの方は"姐さん"以外の何者でもないような…

私これ深く意味考えず、無意識に書いてました…(*´ェ`*)

はじめてコメントします。

「タラソワ先生が終了後絶叫するところ」
というのは、どの大会での演技のことなのでしょうか。
自分でも調べてみますが、もしよければ教えていただけたら、と思います。

ブログ村から来まして、記事を読ませてもらっています。
面白い内容が満載ですね。

>avalon様
はじめまして!
お褒めの言葉感謝します

私が見たのは長野五輪でのグリシュク&プラトフです。
プラトフは本番前日にプレッシャーからか吐く程具合悪くなったらしいのですが、
そんなことは微塵も感じられませんでした。

タラソワ先生は二人が滑りきった後、
「ああああああ~!!」
と叫びつつ泣いてました。
良いシーンだと思います。

はじめまして
私も女王さまの目線、距離感が心地よくお邪魔いたしました。
「亀連後」受けました。
私も大輔氏ソチのFPは、亀氏にと伏して願いたい一心です。
個人的に、ブルースが絶品でした。また、このプロを小気味良くこなした大輔氏の天才ぶりは圧巻。
Jr時代の海外大会で「どうしよう一番になっちゃった」と歌子先生につぶやいていた少年。滑る様子は日本にもこんな子が…!?と思った瞬間は今でも忘れません。
ブログこれからも楽しみにしております。

>victoria 様
はじめまして。

>女王さまの目線…
やはりハンドルネーム「女王様」にすべきかしら?(*ノv`)

>私も大輔氏ソチのFPは、亀氏にと伏して願いたい一心です。
同感です
今度亀先生のことを取り上げる時にそのことを書きたいと思っています。
亀先生でなければ宮本先生で…
ボーンも才能ある振付師ですし、女性指導者に好かれたり縁のある大輔さんですが、
振付師は男性の方が相性がいいような気がします。

ブルース、最初この曲聴いた時、
えーーー!この曲が今回のフリーなのお~!?Σ( ̄ロ ̄lll)
とガックリきたのですが、
通してみてみるとジャンプボロボロのジャパンオープンでも
プログラムの良さ&おもしろさは感じましたね。

またお越しくださいませ

お返事ありがとうございました!
早速見てきました!!
PCの前で、私も号泣中です(すみません、私、涙腺緩いです・・・・)

あの、一つお願いがあります。
この長野五輪でのグリシュク&プラトフのメモリアルを私のブログで扱いたいと思いまして。
そこで、タレミミさんのこの記事を紹介したいと思うですが、許可をいただけませんでしょうか?
宜しくお願いします。
私のブログは(最近、休眠気味ですが)
http://blogs.yahoo.co.jp/avalon0604 「avalonのブログ」です。

>avalon様
再来訪ありがとうございます!

>この長野五輪でのグリシュク&プラトフのメモリアルを私のブログで扱いたいと思いまして。
そこで、タレミミさんのこの記事を紹介したいと思うですが、許可をいただけませんでしょうか?
私の記事で本当によろしいのですか?(゚ー゚;
どうぞどうぞ!好きにして…じゃなく、ご利用ください。
メモリアル良いですよね…
決してキャッチーな曲でもないし明るいものではないのですが。
この時代はこういうものがキチンと評価されてるってのが良いですね。
このカップルは他と比べ技術がぶっちぎりで凄かったから…というのもありますが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 振付師という職種の人たち:

« Pさんの幸せを考える | トップページ | ケヴィン君Pさんエマさん »

フォト
無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー