« はじめに | トップページ | 髙橋大輔から正しい喧嘩の仕方を教わった »

2013年1月18日 (金)

前置き~あるお方の扱いについて

このブログは今日立ち上げたばかりで
まあ、しばらくの間読者はつかないと思うが
フィギュアスケートにおけるアンタッチャブルなお方(日本限定…か…?)についての私の態度も触れようと思う。


なんだかんだ言っても一応フィギュアスケートブログを名乗っている上は
語らない訳にはいかなくなるだろう。

真央ちゃん贔屓だからという訳ではないが
限りなくアンチに近い…が、完全なるアンチではない。
(ネタキャラとしては嫌いではない)

実に中途半端な態度である。

どんなに根性悪であろうと
やはり彼女の努力は否定できないし
あの広いリンクで一人立ち、大勢の人間に見られる。
しかも薄着で身体が冷える上、ジャンプ失敗すると硬い氷の上に叩きつけられるのだ。
それでも転倒がなかったかのような表情で滑りきらねばならない。

見られることが心地よいと感じることもあろうが
体調があまり良くない時期にぶち当たったら最悪だろう。
(体調管理…というが人間、機械のようにはいかない)

よく考えると恐ろしいスポーツである。
そういう競技に身を置いている人をあまり責めたくはないと思う。
まあ、大変でないスポーツなぞないのであるが。

しかし、アンチ寄りになったのは彼女のある一言
「オリンピックは簡単だった」

他競技で五輪を2回以上制覇してるアスリートで
どんなにビッグマウスな人間でもそんなセリフ言ってるのって聞いたことがない。
(私が知らないだけかな?知ってたら教えてください)

これは許せなかったな
同国人の他競技の選手にも良く思われてないんじゃないの?と思ったわ。


そんな彼女が気の毒なのは
浅田真央のような人がライバルだという点である。

真央ちゃんが恐ろしいのは
スケートが巧いという点だけではなく

「敵対する人間が悪役に見えてしまう」

↑これじゃないかと思うのだ。
彼女に関してイヤミな連盟の方もこれに含まれる。


せっかく五輪金を手にしても
世界でアイスショーが最も盛況な国に呼ばれない。
(他国でもあまり…というかほどんど呼ばれていない。自分のショーはあるけどね)

真央ちゃんとこのお方に関しては
また後日触れることも多々あるだろうから
今日は(というか日付変わったな)寝ることにする。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« はじめに | トップページ | 髙橋大輔から正しい喧嘩の仕方を教わった »

前置き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前置き~あるお方の扱いについて:

« はじめに | トップページ | 髙橋大輔から正しい喧嘩の仕方を教わった »

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー