« セカンドループは女子の華 | トップページ | 未来・アボット・トマシュを慰めたくて »

2013年1月29日 (火)

ロシアっ子架空座談会

ロシア語のサイトのアデリナ・ソトニコワのインタビューはコチラなのですが

気になるところを我がパソコンの英語翻訳にかけると

At the World Cup you have to meet up with another strong skater from South Korea-Yoo Kim. What can you say about it?
-Yoo Kim Yu Na Kim, and we will fight (smiles). I saw her performance in Dortmund, watched her program and I think there is every chance to compete!

ちなみに日本語にしてみると
-At ワールド カップ韓国-ユ キムからの別の強いスケーターを満たす必要があります。あなたのそれについて言うことができますか?
-ユ キムキムゆう Na) と我々 (笑顔) 戦うことになります。彼女を見たドルトムントでのパフォーマンスを見た彼女のプログラムと競争するためにあらゆるチャンスがあると思う !

…使えねえ…

が、なんとなく意味が読みとれますよね?

ロシアっ子の間でも
「あの方は確かにいい選手だけど…点数は…ねえ?(笑)」
みたいな扱いなのかしら?

ここからはタレミミの妄想タイムである。

「そんなの見たくねえよ!」と思った方は引き返すのが得策である。

ロシアっ子がこんな言い方する訳ないだろ!
というツッコミを入れられても文句はいえないこと間違いなし。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ロシアっ子架空座談会(設定:外に怖と宅民の後輩たち)

ロシアっ子A「見た?ドルトムントの『アレ』」
ロシアっ子B「見たよ!200点超え」
ロシアっ子C「凄いよね…」
ロシアっ子D「真似できないッスよ…さすが五輪金メダリスト!そこにシビレル!憧れるぅ!!」
A「1-1-1で200点超え!!」
B「ウチラがアレやったらガッツリ点引かれると思うんですけど~」
C「でも3lz-3t入れるのってエラクね?シニアのお姉さんたちで入れる人って大抵3t-3tだしぃ~」
B「あの方だけは減点なしですからあ~」
D「グリ降りでも大丈夫!」
A「同じ3lz-3tならリーザ先輩の方がよっぽど質いいじゃん!」
D「つか、下手すりゃウチらの方が上だったりして!」
B「スケーティングだってアデリナ先輩の方が良いんじゃね?」
A「いや、全てアデリナ先輩が上!!」
D「スピンはユリア先輩圧勝だよね!」
A「わかんないよ~アリッサ・シズニーのスピンより加点もらってたことあるし~」
B「げっ!!それ、ちょ~ヤバくね?ありえないんですけど」
D「それがあるから採点見るとチョ~ブルー入るんだよね…」
C「表現力はあると思う。見せ方だってなんだかんだ言って上手いし~」
D「曲流さなきゃショートとフリーの振付の違いよく分かんないんですけどお~」
A「でもさ、それでなんでこんなに点もらえるのかね~?」

B・C・D「……」

A「あれ?」
B「それをいっちゃあ終わりっていうか…」
C「空気読めっていうか…」
D「結局浅田舞ちゃんの反応になっちゃうよね」

A・B・C・D「……」

A「…ソチの次って五輪韓国だよね」
B「うん…」
C「あの人、また駆り出されるのかな?だとしたらちょっと気の毒」
B「え~それは流石にないっしょ!」
D「もしかしたらウチらのうち誰か行けるかも!!」
B「アンタ…結構前向きなんだね…」
A「その頃にはアデリナ・リーザ・ユリア先輩たちが『ロシア娘三羽烏』って言われて無双状態だよ、多分。」
B「『三羽烏』って何?」
A「ググれよ!カス」
C「Aはおばあちゃんっ子だから…たまにチョー古い言葉よく知ってんだよね」
D「アンタらねえ…ウチらだってアスリートなんだよ!高い目標設定しなくてどーするっての!カナダ選手権のレイノルズ見たっしょ!?ユーロのフェルナンデス見たでしょ!??」
B「アンタがここまで熱いヤツだとは正直思わなかったよ…」
A「小さいことからコツコツと…やっていくしかないんだろうなあ…」
D「ワタシハ、スケートチョトデキル!!」

A・B・C「!?」

A「何?唐突に…」
B「ビビったあ…」
C「頭大丈夫?…」
D「なんかね、プルシェンコ大先輩があ、日本のアイスショーに出たとき言ってたの。私も将来真央ちゃんのショーに呼ばれたら、コレ絶対言ってやろうと思ってるの」
C「…やっぱり前向きだね…出るつもりかあ…」
A「なんて意味?」
D「よくわからないけどお~すっごくお客さんが大ウケだったからあ…一発ギャグみたいなものだと思うのね」
A「プルシェンコ先輩もお笑い芸人っぽいところあるものね…」
C「…ナチュラルに失礼なこと言ってるよね…」
B「お客さんの心を掴む、一つの手かもしれないね。プルシェンコ先輩のやることだから間違いはないよ!うん。」
C「どうなのかなあ…?」
D「いいじゃん。どうでも。なんかすごいポジティブな響きがある言葉だよ。ワタシハ、スケートチョトデキル!」
A・B「ワタシハ、スケートチョトデキル!」
C「何か…違う気がする…」

(この会話のみならず、会話中の人物は全て架空のものです)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

memo

ドラマ「まほろ駅前多田便利軒」1回から3回まで見た。
続編はまだ読んでないが、2006年3月に単行本として出版されたのは昔読んだ。
多田はもっと体格の良い肉体労働者系の人を想像していたので配役に「えっ?」と思った。
瑛太はどちらかというと行天役だろ?と。つかみどころがない感じが。
が、主役二人共なかなか好演。
夜中のドラマだが良心的な作りかも。
エンディングテーマ・坂本慎太郎「まともがわからない」
これ、若干松田優作の「探偵物語」のエンディングテイスト有りと思う。
オープニングテーマ - フラワーカンパニーズ「ビューティフルドリーマー」
両方ミュージシャン名初めて知る。
適度に力が抜けてて良い。2曲とも世界観にあっているかも。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« セカンドループは女子の華 | トップページ | 未来・アボット・トマシュを慰めたくて »

映画・テレビ」カテゴリの記事

ロシアっ子」カテゴリの記事

アデリーナ・ソトニコワ」カテゴリの記事

コメント

タレミミさん、はじめまして。
ロシアっ子たちの会話、楽しませてもらいました(笑)三羽烏の先輩たちが身近にいて、1-1-1で200点超えというのは信じられないでしょうね。翻訳機の翻訳はもどかしいですね…私も苦戦してます(笑)メンショフさんの007、こちらの記事で初めて拝見しました。めちゃめちゃカッコよかったです!

>石ころ様

はじめまして!

架空座談会お楽しみいただけましたか?
怒る人もいるかも…と半分ビクビクしながら文字を打ったのですが
そういう時に限ってシナリオ(?)作りはスムースに行くんですよ…何故か…

翻訳機は…ダメですね…( ̄◆ ̄;)
英語に一旦直してからでないと「なんじゃ!?こりゃあ!!」ですね。

メンショフ先輩特集。ちょっと長いので読んでくださらない方も多いかなあ…と思いましたが、
彼の良さに気付いてくださった方が一人でもいれば成功かもしれません!

 インタビュー記事、怪しい翻訳機にかけ読みました。が、アデリナちゃんの真央ちゃんリスペクトはブレないですね。
微笑ましいです。今更ながら、去年の THE ICE での共演よかったね!と言いたくなりました。
架空座談会は笑っちゃいました。200点越えにも笑っちゃいましたが。タレミミさんすごい才能ですね。
こうなったら、どこまで点数伸びるのか、笑いながら見届けようかとも思っちゃいます。
(残念ながら、隣国の方は唯一苦手なスケーターなのです。ごめんなさい。昔はお気に入りの一人だったのですが…)

>はるなつ様

>アデリナちゃんの真央ちゃんリスペクトはブレないですね。
微笑ましいです。今更ながら、去年の THE ICE での共演よかったね!と言いたくなりました。
結構ハッキリした態度とる子ですよね!実に男らしいというか…
普通彼女を何とも思ってなくても褒めたりはするもんですがね。
惚れそうです

>こうなったら、どこまで点数伸びるのか、笑いながら見届けようかとも思っちゃいます
もう一種のギャグかと思いますわ…
ただ全米とか欧州とか、頼もしい若者が出てきてますからね。コストナーさんもいるし。
徐々に若者にシフトしてくると思うので引退するまでずっと良い点で…とはいかなくなる可能性もありますよ。
もしずっと続くなら競技見なくなる人、日本以外の国でも多くなるかも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシアっ子架空座談会:

« セカンドループは女子の華 | トップページ | 未来・アボット・トマシュを慰めたくて »

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー