« Nick Cave and the Bad Seeds “The Mercy Seat” | トップページ | ディープインパクト~新星編 »

2013年2月27日 (水)

いちファンのぼやき節(特に女子)

私タレミミが一番お気に入りの選手は
女子では浅田真央
男子では高橋大輔
何度かこのブログを訪れている方ならお分かりだろう。

その割には別選手の話題が多すぎやないけ!
(酷い時にはフィギュア要素少なかったりする)
…と突っ込まれても文句は言えないカオスなブログとなっている。
「魔窟の女王様」とでもブログ名変えようかしら…

上記にあげたお二人を通して
他の古今東西色んな選手の良きところも見えてくるわけよ!
…と言い訳しておこう。

現在男子オタ要素が多くなってきた私タレミミであるが
元々は女子オタ寄りの人間だったりする。

なので、最近の専門誌の男子寄り構成に一言物申したくなった。
そう。 今日はボヤキブログ。

おそらく所謂「男子オタ」と呼ばれる方々の方が、フィギュア関連のものに
惜しみなくお金を使ってくれるのだと思う。特に大輔ファン。
アイドル的な人気がある。
「Soul up」等フォトブックも結構売れているだろう。
(私も持っている。全部ではないけれど)
プロに使用する音楽CDなぞ発売されているのも男子では彼だけ。DVDもある。
(女子は勿論…以下略)
応援時にお使いいただけるバナータオルなるものまで売られている。
(最近鈴木明子さんのもあるらしいね!)
まさに金のなる木だ。

しかし「現役をソチまで」と彼は宣言。
それで今度は「新星との対決」を煽ろうとしているのか
今季はやけに高橋VS羽生な表紙も多い。
ってか、ほどんどそうだ。

アイドル商法を高橋から羽生君へと早くスイッチしたいのか?
彼がソチで引退する前にもう一人スターが必要なんだろな。
羽生君、売り出し焦らなくとも自然と人気出てくると思うんだがね。
「今季高橋に勝っている」試合があるからか
やれ売り出せ!とばかりに羽生君。
中身も羽生&高橋が一番充実してる気がする。表紙は勿論この二人。

男子本のみならずそうなので、私は少々ウンザリしている。
情報集め、ネタ探しの為、本屋行って
この間フィギュア本何冊か購入した。
が、いざ買う時「やっぱ…やめようかな…」と、ちと戸惑ったりもした。
そんな読者もいるんですよ。メディアの方々。

高橋はモスクワワールド終了後、Pさん金メダルとるだろね~の流れを覆せなかったと言っていたが
今季ワールドもそういう空気を作られちまっている感じだ。
(相手Pさんじゃなくて羽生君含む何人かの若手だろがね)

それを大輔がソチまでどういう方向に持っていくか?
怖いながらも楽しみだ。

二人の対決は確かに大きな見所であるのは間違いない。

が、今季日本において表紙にしても良い選手がもう一人いるんじゃないのかね?

そう。再び輝きを取り戻しつつある浅田真央だ。

女性ライターが多いからなのか?
彼女より男子二人の方が取材しやすいからなのかは定かではないが、
今季全勝にもかかわらず彼女の表紙がない。
あっても複数人使っているうちの一人で小さい。
スケオタさんは置いといて一般的にはよく知られているスケーターなのに。
昨季のワールド順位が冴えなかったのが反映されているのだろうか?
(大輔&羽生君は昨季銀銅メダル。女子は鈴木さん銅。が鈴木さんの扱いはイマイチのように思う)

ま、今回言いたいことは

「真央ちゃんをもっと出せよ!!」

に尽きるのかもしれん。
少なくとも今季結果出してるのだ。

ソチ五輪過ぎたら高橋大輔を表紙に出来なくなる…
(改めて文字にしてみるとサビしい現実だ)
という編集者の方々の思いがあるかもしれんがな。

ただ、今季真央以外の女子選手たちについて取り上げるべきことは数多いと思うのだ。
伸びてきている若手もいる。様子見が必要だが。
あと、四大陸を見ただろう?(それはこれから記事にあがるね)
女子より男子の方が面白いとおっしゃる方は少なからずいるのはわかっている。

が… 「女子をなめるなよ!」 である。

元々精神的には男子より女子の方がタフである。
中野友加里ちゃんが最近の男子本でそんなことを語っているコーナーがあったではないか。
ちょっと前の西野友毬選手のインタビューなぞ結構面白かった。
例を挙げてスケートやってる男の子たちはうじうじしていて男らしくない。(勿論全員ではないよ)
お付き合いするならそうでない子が良いとか言っていた。
そして、大人でも男の人はうじうじなの?なんて記者さんに聞いていた。
(が、彼女みたいな女の子に逆に頼りたい男の人は結構いそうだな)

女子だからこそ見せられるもの、男子にできぬ身体能力を問われるものだってある。
そしてなんだかんだで女子が「華」だと思っている。(異論は認める)
だからこそ、セクハラ的なことを無責任な芸能人から言われてしまうという事態も発生しちゃうのだが。

日本の鈴木明子さんや村上佳菜子ちゃんが振付でお世話になってるカメレンゴ氏とか取材出来ないのかな?
奥様のクリロワさんとかも。
(亀先生ファンだから言う訳では…ある)
昨季ベテランながら成長を見せた鈴木明子さんも扱いイマイチ感があるし
村上佳菜子ちゃんも「真央二世」と某メディアに言われてた頃より取り上げる話題もあると思うんだけどね。
ちょっと坂●冬美っぽくなっちまったがな…
まあ、それはよい。

宮本賢二×ミーシンコーチ×プルシェンコの3ショットを取り上げていた雑誌あったよね?
亀…カメレンゴ先生がプルシェンコ側と契約結んだとか。

現在プルさんの身体の調子が思わしくないのか?(やはりプルグラムに戻るのか?)
せっかく見たかった亀・みやけんプロがお蔵入り状態となっている。

で、二人が組んでた大輔は今季彼らに頼まず(EXはみやけんか)
ローリー・ニコルに依頼したと噂が立つ。
そしてニコライ・モロゾフと再タッグでニコルとの話は立ち消え。(残念)

大輔はソチでカメレンゴ氏や宮本賢二氏のプロを滑ることはないのだろうか?
(プルさんとの契約上そうなっちゃうの?)

↑この辺…もっと詳しく探れませんかね?

この流れ、ひじょ~に気になるんですよ。

選手個人をただ追いかけたいのであれば
十分に(でもない?)この専門誌たちは楽しめるのだが
「スケートファンとしてもっとつっこんだ話を知りたい」となると
ちょっと物足りなさを感じる。

ま、これは仕方ないか。

ホントは書きたいのに書けないことも多そうだし。

結論

専門誌さん、もっと頑張れ!!

以上

…ファンとは勝手なものよ…
と、自分を棚に上げて終了。

追伸

でも、ウィルソンインタとか、クリケットクラブ取り上げたやつとかは結構興味深かった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

MEMO

ナンバーの美姫ちゃん記事が妙だと思ったのは(不安にも思った)
現在の…今の彼女自身の言葉が一つもなかったことである。
おヨナさんですらあったのに。
(記者会見のものだろうけど)

アニメ「キングダム」第1シーズン終了。

まさか…あの方が…ここで消えてしまうなんて…
…な展開あり。
第2シーズンも放送予定。(結構先の話になる)
第1シーズンは地上波で放送予定有り。

私にキャンデロロを思い出させた騰(とう)さん。
第1シーズン最終回で人間とは思えぬ力を発揮していた。
(まあ、このアニメはそういう人が結構いる)
地球外生物か?
そしてやっぱり西洋の騎士にしか見えない。
美内●ずえ「ガラ●の仮面」のごとく
目が真っ白になって、カッと光を放っていた。やはり喋らない。怖かった。

第2シーズンでも寡黙のまま大活躍されると思う。

楽しみだ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« Nick Cave and the Bad Seeds “The Mercy Seat” | トップページ | ディープインパクト~新星編 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

浅田真央」カテゴリの記事

女子フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

おとなしく読むだけにしようと思うのに、どうしてもいらぬことを打ってしまいがちで
お邪魔して申し訳ありません。

やはり女子はまおちゃん登場以来、急に見知らぬ競技の放映権を買ったあと、地上波ゴールデンは女子ばかりの放送、視聴者も中継スタッフさえも3A以外何を語っていいのかわからないままにスタートしてますから、いきおいアイドル路線売りをせざるをえなくなった。
ワイドショウも視聴率女王の話題性をあてこんで、まおちゃんしか扱わなかったし、そもそもスケートを扱える知識がない。荒川さん以来急に増えた視聴者は、ワイドで充分ことたりるのではないかしら。

解った気になってすまないのは、実際にスケートを習い始めた層の女の子だと思うんですが、専門誌は小さい子たちのお小遣いの範囲を超えますもんね。
女子ファンの大部分はまおちゃんの個人ファンなのかもしれません。
まおちゃんの近況は知りたいが、ジャンプの見分けはつかないし、特に知りたくもないのかも。そういう人たちは専門誌は買ってくれなさそう。

いずれにせよTV局の扱い方が、先を見据えてスケートも理解を深める方向に向いていなかったのは確かだと思います。自分たちの解らないものを、解っているつもりの分野に引き寄せて、いつものように台本ストーリーを作るかたちでしか扱わなかったTV局は、ドル箱(視聴率)選手の引退後は、あっさりスケート中継を切るのではないか?
経営者はスケートを見るわけではなく、報告書の数字だけを見て、また数字の高い
コンテンツに移行するくらいしか考えていないでしょう。

ただ救いかなと思うのは、若いひとほどTVを頼りにしない視聴スタイルがひろまってきていることでしょうか。TVアナログ時代の数字の夢再びは、二度とない気はしています。

失礼しました。前記の書き方では不十分、不正確だったので、削除か訂正をしたいのですが、そうもならないようなので、補足送らせていただきます。削除はご自由になさってください。
つい自分の周りの人たちを基準に「女子ファン」とひとくくりにしてしまいましたが、考えてみれば彼らは女子ファンともまおファンともいえない感じですね。でもやっていれば見る。
「女子が一番キレイ」「オジサンなんかみたい人いない」等の声を思いながら書いてしまいました。
でも実際はネットで応援しているのはそういう人たちではないしなあ。
そして、ネットをするわけでも転倒以外は見分けがつかなくとも、自分の実の子や孫のように彼女を応援する人たちが多いのもまた事実。ただ、購買層ではないということでしょうか。

以前は出版やデータ放送もなかった分、TVの解説で選手の近況も知ったりしていました。
ウズベクでしたかマリ二ナ選手が国情が悪くコーチもなしで、選手同士でコーチ役をしていることなどは、TVの解説で聞きました。試合でひどい出来になってしまって泣く姿などよく覚えています。そういった話から、世界の選手を身近に感じたものですが、現在はそういう選手紹介は、ほとんどないですね。

現実の試合にある様々なドラマを、編集と台本は破壊してしまいます。
去年までは男子はフジはLIVEにこだわった放送をしていたのに、今年からはそれもなくなってしまった。
局の放送形態の推移を見るにつけ、大金が動き始めることの怖さを実感しています。

男子ですが、彼らが前面に出てくることになったのは、本当に去年あたりからで、多分まおちゃん不振もあってのことでしょう。それまでは、どんな成果を出そうと女子より扱いがなくて当たり前。初めに地上波で扱ったのは05GPFで少し、だったと思いますが、東京ワールドでの高橋初銀をもってしても次のシーズンのGP放送では、まだ男子はほんの少しのダイジェスト、全部で5分もなかったでしょうか。
まだスポーツ扱いしてくれるところも少なかったと思います。局の担当ですら、実際の選手の筋肉を見るまではスポーツという実感がわかなかったよう。きれいな女の子を見るためのコンテンツ扱いだったんでしょう。
出版物は今と逆の女子過剰状態。そんな状態から高橋他の男子が結果を出し続け出し続けして、どうしてもTVが扱わざるを得なくなり、地上波もプライムからとうとうゴールデンへ進出してくれた。そのころからアイドル売りをされていたわけではなく、積み上げ叩き上げてきて今があるわけで、TVや産業界はずっと後追いでした。「今回は男子の試合がおもいんなしろかった」という声が上がったのは本当に去年からです。
内容が解りはじめたということだと思います。

メジャースポーツは競技内容が知られたうえで個人のファンもあるわけですが、スケートはその逆から始まりました。それでもまおだいと呼ばれた二人のファンは、演技だけでなくその歩みや人となりをずっと見てきたわけですから、他のメジャースポーツのファン層に近いひとの割合はずっと高いことでしょう。
そして、この二人は長年スケートを見てきた人間のニーズを満たしてくれる内容をもっている点でもよく似ています。
勿論他の選手のレベルも高く、見応えのある内容が揃っているからこその活況ですが。

長くなりましたが、一番嘆かわしいのは、スケートを知らないのが実は放送局の経営陣だろうという事実ですね。
スポンサーも込みで、見ても解らない層がその辺を占めているだろう現状です。まだまだ黎明期、過渡期なのに変なものに汚染されませんように。自分が見つづけられるためにも。

>blueberry様

こんばんは!
いつも思うのですが、私のブログ内容よりコメントが充実し過ぎです(笑)
私の参謀役(何のだ!?)になっていただきたいくらいです!
なので、あまりレスすべき部分は見当たらないのですが…

>専門誌は小さい子たちのお小遣いの範囲を超えますもんね。
高いですよね…ま、グラビアが充実しているので仕方ないとは言えますが。
お母様がフィギュアに興味ある方なら「お母さん、買って~」で済むのですがね。
>いずれにせよTV局の扱い方が、先を見据えてスケートも理解を深める方向に向いていなかったのは確かだと思います
どのテレビ局でも「先を見据えて」というのは難しいでしょうね。
>自分たちの解らないものを、解っているつもりの分野に引き寄せて、いつものように台本ストーリーを作るかたちでしか扱わなかったTV局は、ドル箱(視聴率)選手の引退後は、あっさりスケート中継を切るのではないか?
…あっさり切りそうですよね。余計な台本より実際の競技キチンと流すだけでも「ドラマ」になることだってあるのに。
>若いひとほどTVを頼りにしない視聴スタイルがひろまってきていることでしょうか
若くないけど私もそうかもしれません。

あ、削除はしませんよ。

もし、やばくても伝えたいことありましたらメールでどうぞ。

>ウズベクでしたかマリ二ナ選手が国情が悪くコーチもなしで、選手同士でコーチ役をしていることなどは、TVの解説で聞きました。試合でひどい出来になってしまって泣く姿などよく覚えています。そういった話から、世界の選手を身近に感じたものですが、現在はそういう選手紹介は、ほとんどないですね。
あ!マリニナさんの名前どこかで見た記憶がある。動画探してみます。
しかし、スゴイエピソードですね。変な煽りより淡々とそういう紹介あると有難いですね。

>現実の試合にある様々なドラマを、編集と台本は破壊してしまいます。
一言で地上波放送を表現するとこうなりますね。
>去年までは男子はフジはLIVEにこだわった放送をしていたのに、今年からはそれもなくなってしまった。
何故改悪するんですかね…色々事情が今年はまた変わったのかな。

高橋君はずっと男子が注目されることを望んでましたが、
今のメディア等の状況を見てどう思っているのかな?正直な話。

今日はblueberry様のコメ読んでいるうちに
ふと浮かんだ素朴な疑問↑で締めようと思います。

雑誌もさることながら、最近気になるのテレビ桟敷で映る観客席のバナーがほとんど高橋選手と鈴木選手で
やや少なめが羽生選手なこと。真央選手のファンの方が圧倒的に多いはずなのになぜかと思っていたら、
一部の熱心なファンが陣取り合戦を繰り広げているらしいとネットで知りました。ま、だからってトラブルが起こって
いるわけではないので、文句を言う筋合いではないのですが。

それよりお台場の釜山テレビがワールドに向けて半島の女子選手ごり押し&ステマをやらかすか、それが気がかり
です。試合の放映時間と同じくらいあちらの女王様の特集をやりそうで……。それならば、まだ日本の男子選手を
取り上げてくれた方がましな気がするって、ほんと、日本はいつからこんな変な国になってしまったんでしょう。

でも敵は台場の釜山テレビでも汐留のにっちょんテレビでも、赤坂のトンするテレビでもありません。
日本のますゴミに気を取られている間にも、半島はテコンドーでまたまたIOCを手玉にとったことに味をしめて、
寒損と結託して、枕接待や買収工作で着々とカネメダル獲得へのミッションを遂行しているに違いないからです。
「まさかそんなことまでするはずがない」というあきれたやり口がまかり通ってしまった茶番クーバーの二の舞はごめん。
日本のファン連名でプーチンに直訴状でも送りましょうか?

> danshidanshi様
かなりキワドイことをおっしゃいますね。
バナーが四体陸で抽選になったのは、やはり大きくないにせよ
トラブルあったからじゃないのですか?
現場行ってないから分かりませんが、
「声のデカイ人」がそうでない人を押し退けたりとか…

釜山テレビって…(笑)一瞬何処か考えちゃいましたよ。
例のテコンドー問題や、2002年(でしたっけ?)の日韓ワールドカップ問題
…これはサッカーですが…ドイツ記者に暴露されてましたっけ。
まあ、その他諸々の問題で「買収」「枕…」の単語が某国関連では出て来ちゃうのでしょうね。
まあ、証拠が出揃ってる訳しゃないので私のブログではそこまで言いません。
S氏のような方を対抗して、有用に使えないかな
とか、考えましたが、よく考えると金積まれたらアッサリ寝返りますね
プーチン氏ですか?
頼りになりそうですが、ソチの頃には国内での影響力どうなってますかね
ごめんなさい。
貴方のコメントに対して、満足いただけるレスは今の私には出来かねます

申し訳ありません(-_-;)改めて見ると長い・・・
そんな気はなかったはずが、こちらの文章を読んでいると、妙に触発されて思い出すことが出てくるみたいで。言い訳ですね、すみません。自重いたします。
4cc女子sp日は、もうないに決まってる当日券に何百m?の長蛇の列、会場バナー抽選の列も何十mありましたよ。前日の男子中心の会場バナーは女子の分を空けて貼ってある感じでした。開催スケジュールも関係あったのではないかしら。
人気があがるはど運営も問われますよね。

>blueberry様
>こちらの文章を読んでいると、妙に触発されて思い出すことが出てくるみたいで
どんどん書いていただいても大丈夫ですよ。
色々勉強させていただいてます。
ただ、私もレスせずともよいものまでレスしちゃっているようなので・・・まあ、其の辺は適当に。
>4cc女子sp日は、もうないに決まってる当日券に何百m?の長蛇の列、会場バナー抽選の列も何十mありましたよ・・・
盛況ですな…運営する方も身入りは良くなるでしょうが大変なことも増えますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いちファンのぼやき節(特に女子):

« Nick Cave and the Bad Seeds “The Mercy Seat” | トップページ | ディープインパクト~新星編 »

フォト
無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー