« 4回転サルコウな男たち~欧州選手権メダリスト | トップページ | お祓い企画~この選手の顔が好き 外国人女性選手編 »

2013年2月 1日 (金)

金家のおヨナさん(1)~銀河点という呪い

ああ無情 ボンドガールに ロクサーヌ カマキリ音頭 あげひばりかな

死の舞踏 マッキーメイクと ドヤ演技 そこのけそこのけ おヨナが通る

週刊誌 アンダーザテーブル 疑惑の目 地位があれども この身悲しき

奇無夜鳴

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

最初のは、ただプログラム名挙げただけだろ?と問われたら「そのとおり!」としか言い様がない。

私がこの人の名前(カナカナ4文字)をそのまま文字にしないのは
「キ●ヨナ」と書くと、何か妙な緊張がこのブログに走る気がして
それがなんとも気持ち悪いからである。

ま、どこか「ごまかし」たくて、「逃げ」てるのかもしれん。

そんな私がなんとそのおヨナさんを語ろうというのですよ!奥さん!

ブログの最初の方におヨナさんのここでの取り扱いについて書いていたが
(トリセツ付きですよ!大物ですから!!)
その割には全然語らねえじゃねーか!と思った方もいよう。

おヨナさんに複雑な思いお抱く人にとって、魅力的な記事まで出た。
それに触れるブロガー様は当然多い。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
という感じか?

その記事に対する反応は様々で
今更感のある物足りない記事であるとか、良い記事というのもある。
このジャーナリストがどこまで信用できる人物なのかは不明だが
もっと深く切り込んで欲しい部分はあれども
結構大きな一歩ではあると思う。

私が週刊新潮を購入したにも関わらず、何故「アンダーザテーブル」に触れなかったか?

それはおヨナさんに触れるより、もっと好きなモノ、興味がわく対象について語る方が楽しいからである。

ま、当たり前ですわ。

監視する意味で彼女の話題を取り上げるブロガーさんもいよう。
が、私はそこまで根気ないのである。
ネタ要員としてかなり優秀な方ではあるけれど。

この方、欲しいものを何もかも手に入れたんですよね?

今のこの方、スケートに関することよりイベント活動の方がメインになってるし
まあ、名誉・地位・財力ある方ですからね!

アウン・サン・スーチー女史と並んでスピーチですよ!奥さん!!
(気分はすっかりみ●もんた氏)

よっ!大統領!!(←死語)

と、思わず声をかけたいくらいである。
(注:このブログには頻繁に死語続出します)

…というように
スケート以外の活動は色々あれど
スケーターとしては今のあの方は「点数」以外熱心に語るところが見つからんのですよ!

これがつまらない。

まあ、今年出てきたけどね。

今回こーいう今までと違う彼女を魅せてくれる振付だね!とか
最初ジャンプボロボロだったけど大会重ねるうちに完成度上がってきたね!ワールドが楽しみ♪とか
ちょっとこのジャンプの跳び方変えた?いいじゃん!とか
(沈み込みがどうの…というのがありますね)

この方のファンの集いを覗いたことがないからそう思うんだろうけど
スケートに関する話は「高い点数」以外では昔のプロの話ばかりになっちまいそうだ。
昔のプロ話も盛り上がる時は盛り上がるけどね。

例の舞さんのことで話題になった番組で
ソチの金メダル予想を元選手(レジェンド)の方々にさせたことがあった。
日本の番組だってのにおヨナさん金予想が何人かいた。
おもしろいのは男性たちがおヨナさん挙げてて、女性たちが結構真央ちゃんの名前を出してたってこと。
(スルツカヤ姐さんの答え方が模範解答だと思う)

真央ちゃん中心のショーの常連なのに「何だこいつ」と真央ファンに思われそうな答え方をした男性スケーターもいる。
とはいえ、別に「勝ってほしいスケーター」ってアンケートではないですからね。
(とフォローしておく)

まあ、好みの問題と片付けることもできようが、私が思ったのは
男性たちは演技どうこうより「長いものに巻かれろ」的というか「背景」を考えながら話している印象。
で、女性の方はそれを理解しつつちょっとそれに反発する気持ちがあるような…そんな気がした。
ま、日本だから場を読んでくれたってのもあるだろうがな。
(ロシアっ子や北米の若手の名前がもっと挙がっても良いと思った。まだ「彼女」を押そうとする勢力が強いのか?)

で、カナダ人。
この人たちがおヨナさんを悪くいえる訳がない。
銀河点やっちまったんですよ!女子では歴代最高でしょう?奥さん!
(昔と採点法違うので過去の選手たちに比べぶっちぎりで優れている(キリッ…とは言えんけどね)
そして、我々フィギュア大国カナダと組んだからこそフィギュア後進国である韓国の選手が金を取れたのだ!(悪役っぽい言い方ですが決して「悪」扱いしてる訳じゃねえッス)
という誇りあるでしょ?

カナダ事情には詳しくないが羽生結弦君は今カナダ拠点。
おヨナさんを金に導いたブライアン・オーサーがコーチである。
ここは分業制らしく、表現面は振付師のディヴィッド・ウィルソン、スケーティングは元アイスダンサーのトレーシー・ウィルソン、ジャンプはオーサーが見てるとか。
サブコーチみたいな人たちも何人かいるのだろう。なかなか優れたシステムかもしれない。

おヨナさんが今の羽生君と全く同じ扱いだったかは不明だが
羽生君の振付にはウィルソンの他にカート、バトルも関わっている。
だからというのではないけれど、以前のおヨナさんがカナダにいた時期直接関わってなかったにせよ、
ロシアンコネクションがある真央ちゃんよりおヨナさんを持ち上げるのは当然。

おヨナさんを持ち上げる=自分たちのメソッド(んなもんあるのか?はよう解らん)は素晴らしい
まあ、「カナダ万歳」ですよ。シンプルに言えば。

別に真央ちゃんを貶めておヨナさんを持ち上げてる意識はないと思う。
(だからこそ腹立つこともあるがね)
いくら日本通でも日本のスケートファンの中でのおヨナさんアレルギー持ってる人がいるとか、そのアレルギーの程度とかわかってないだろう。

おヨナさんが大したことないってことになったら
もし「アンダーザテーブル」が本当だとしたら
金とらせたカナダが胡散臭く見られるし
外部から「この競技、大したことなくね?」的に見られ
(もう見られてるか)
下手すりゃ五輪から外されるおそれもある。
一生持ち上げ続けるしかないでしょう。根幹が揺らいじまう。
日本スケ連みてもそんな感じ。
取り繕うことに妙に必死でそのため日本の優秀な、しかも人気のある選手を貶める発言をするのまでいて、何のための組織かよく分からなくなっている。
「貶める」つもりがないなら悪い意味で天然な方がいるってことで、(不思議なことにそういう人間の方が前に出たがる)それはそれで問題があるが。


「銀河点」って本人にとってはどうなのかな?
誇り?
他の選手に対する優越感を満たしてくれる?

う~ん・・・
銀河点もらってた時期よりかなり力が落ちてるのなら
見た目通りの点数つけてあげた方が親切だよね。

旧採点時代とは比べてもしゃーないけど
過去の名選手たちもピーク過ぎると以前のような点もらえなくなる
ベテランになっても続けるとしたらそんな時期はきっと来る。
(まともに採点するとしたら・・・の仮定)

大体今回のユーロとか見てもマトモに採点すりゃあ確実におヨナさんの上を行きそうな選手がいる。(一人だけじゃない)
もし、その子や、日本選手、北米の若手・・・そんな子たちと同じ大会に出、
素人から見ても明らかに「下でしょ…」という演技でも「銀河点」なら
かえって上から優遇というより嫌がらせのようにも思える。

「銀河点」をもらったお前は
それに見合った演技をしなければ
陰で笑いものになるんだそ

―そんなメッセージを感じるのは私が嫌なヤツだからだろう。

「銀河点」今の彼女にとって呪いになってなければ良いんですがね

(一旦終了)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 4回転サルコウな男たち~欧州選手権メダリスト | トップページ | お祓い企画~この選手の顔が好き 外国人女性選手編 »

おヨナさん」カテゴリの記事

コメント

タレミミ様

鋭いご意見、久しぶりに笑わせて頂きました。
いつもブログ、楽しませていただいています。

これからも応援していますね!!!

こんにちは。いつも拝読させていただいてます。更新楽しみです。
確かにいやがらせになりそう!それもあってか?本人はフィギュアにおける出来事には不感症になって身を護ってる気がするので、びくともしなさそうにも思えます。以前他ブログ様で、国ではみんなに(浅田には)日本人だから勝たないといけないと思われてる、みたいな発言ありましたが>うろ覚えです。出張にきたあちらの国の人が、あちらでは(浅田は)なんとしても勝たないといけない相手と思われてると言ってました。なんだかんだで、およなさんは政治的な国民感情を理解してはいそうでもあって。何を考えてるのかわからないとこに注目してしまう自分がいます(笑)長文すみません。

タレミミさんのリズミカルな文章、いいですよね~

いわゆる “茶番くーばー” や “トリノ世選” シーズンと今季、決定的に違う所が
vs.浅田選手の3A だけではないという事ですよね

・彼女の構成で最大の売りであった、3Lz-3Tをクリーンに飛ぶ選手は何人もいる
・更に3T-3Tいたっては猫も杓子も状態だし、2A-3Tも大流行~
・柔軟に秀でた美しいスピンは数知れず(トラベリングもないし^^)

これらを ISU が仰る所の質よくそして品よく、しかも何選手もがこなした場合
一生懸命漕いで漕いで! のSSを基準点として
さすがの○○力とか言いつつ PCSをモリモリして
何ヶ国のスケ連を、どんな方法で黙らせるつもりなのか…

(わたしも一旦終了しよっと^^)

>chiyomi様

楽しんでいただけて光栄です
応援よろしく!


>こうた様

はじめまして!
>本人はフィギュアにおける出来事には不感症になって身を護ってる気がするので、びくともしなさそうにも思えます。

確かに鉄の心臓を持ってるのかな?と思ってしまう時もありますね。
そういう所アスリートとしては良いのだろうけど、逆に損してるとこあるかも。
「可愛げがない」(-ε-)ってね。

フィギュアのみならずスポーツ全般そうですが、韓国選手って他の国には負けてもいいから
日本にだけは絶対負けたくねえ!…ってとこありますよね。
日本にとっちゃあかなり迷惑なのですが、歴史上仕方のない部分もあるのかな…
おヨナさんが何考えてるかなど分かりませんが、その国民感情に対して「やだな…」と思っている可能性大ですね。

>まっきー様
どーもです!

>・柔軟に秀でた美しいスピンは数知れず(トラベリングもないし^^)
これだけは奴…じゃなく、あの方に高い点やっちゃいけない部分ですよね。
でもそれすらやっちゃうからファンの信用なくなるんだって!!…と思いますねえ

>何ヶ国のスケ連を、どんな方法で黙らせるつもりなのか…
もう、彼女に関して楽しみなのはこれだけかもしれません

最高!よくぞ言って下さった。 子どもがスケートをしていたんでスケートカナダも何度か行きましたが
いやもう駄目なの、この国(カナダ)は。自国の時しかスタンディングオベーションしないし、観客もバカばかり。
リンク前の一番良いシートは老人会かわからんけど毎回ババアで埋め尽くされてる。アリーナでロシェットの演技も
見たけどタイした事ないのに銀河点で嘘やろってつぶやきましたよ。ロシェット自体は嫌いじゃない、でもあの点数は
本人もおかしいだろう、アスリートとして気分悪いだろうと思うはずなんだけど当たり前のドヤ顔していた彼女みて
嫌になりました。パトリックもそう。なんだろう自分で感動したもの勝ちなのかな?北米は、。
演技相応の点数が出ないとスケーターにとってもかわいそうだと思うんだけど、。
ちなみに私、ユナキムのプログラムは嫌いじゃないんです。正直真央ちゃんより印象が残るというかまた見てみたい的な
プログラムが多いと思う。でもユナキム、ユナキムをとり巻く環境は好きじゃないっす。ソチでは女性日本人選手に金メダルは期待出来そうにないから現地ロシアッ子に頑張ってもらいたいですな。

こんばんは、タレミミさん!
をよなさんの(芸者風にしました)楽曲に関する投稿をこちらへかいたのですが、消えてしまったみたいです。
(怖い)
ウッフーンアッハーンで首を手で触るとかアヘ顔満載なのが想像しやすい曲ですね。
ロシアでは受け入れられないと思います。バレエ王国であんな踊りはちょっと…
どう思われますか?

>裕美子様

>いやもう駄目なの、この国(カナダ)は。自国の時しかスタンディングオベーションしないし、観客もバカばかり。
スミマセン…この箇所非常に実感こもっている上に、吹き出しそうになりました。
貴重な体験談、ありがとうございます!
とはいえ、ロシアコーチにつく前だったからでしょうか…?
真央ちゃん2007年スケートカナダのEX(なんとアンコール付き!)動画を見ると
お客様のあたたかさ&真央ちゃんの愛され具合に驚かされます。
「まるでホームのよう」でした。本当に。
今は「カナダの養女」だった方の方が良い扱い受けるんでしょうね。
ま、仕方ないか…
>ロシェット自体は嫌いじゃない、でもあの点数は本人もおかしいだろう、アスリートとして気分悪いだろうと思うはずなんだけど当たり前のドヤ顔していた彼女みて嫌になりました。
・・これで彼女嫌いになっちゃうのはちょっと可哀想かも…(^_^;)
アスリートですから、やはり良い成績取りたい!…というのは人情だと思います。
>ちなみに私、ユナキムのプログラムは嫌いじゃないんです。正直真央ちゃんより印象が残るというかまた見てみたい的な
プログラムが多いと思う。
そうですねえ…彼女、アピール上手だと思います。
戦略立てている方の手柄もあるでしょうが、良くも悪くもキャッチーなもの選びますよね。
(ソチ五輪はちょっとテイスト違うかな…?)
私はスケート追いかける前、“キャッチー”なのは真央ちゃんの方だとロクに演技見ずに思い込んでました。
良い意味で裏切られましたね。私は五輪の「鐘」を見て彼女を応援したくなったのです。
バンクーバー五輪でフィギュアに興味を持ち、昔の動画を幾つか見て、プログラムをチェックしました。
真央ちゃんが今まで見ごたえのあるプロを滑ってきたのだなあ…とそこで気づかされた訳です。
何度見ても飽きないものが多かった。(他のスケーターのと比べても)
おヨナさんのプロも勿論見応えない訳ではないけれど、何度か見たら「もういいや…」になったものがあります。
最初良い印象持てたプロでもです。
そういう点で浅田真央という人はちょっと特別な…そして不思議な存在でもあります。

>ソチでは女性日本人選手に金メダルは期待出来そうにないから現地ロシアッ子に頑張ってもらいたいですな。
最近の(日本での)スポーツ情報番組をご覧になれば、ちょっと認識が変わるかもしれませんよ!(なんてね…)
真央ちゃんはバンクーバー前のように「金メダル」とは言わなくなったのは寂しいですが、メダルは諦めていないと思います。ソチまで応援していくつもりです。

ああ!長くなり申し訳ないです。

>柴犬様

>をよなさんの(芸者風にしました)楽曲に関する投稿をこちらへかいたのですが、消えてしまったみたいです。
(怖い)
確かに…怖い…
が、「をよなさん」表記、良いですね。
京都の香りが・・・・しませんね…はい。
もう曲発表された後にお返事書く事になりましたので、ちょっと時期ズレた答えになりますが…
いかにも「ロシアン」な曲は選びませんでしたね。
他のスケーターも割とそんな感じ。
ジャッジ内でもロシアのものは受けが悪い?
ロシアに惹かれる者としては淋しい世の流れになりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金家のおヨナさん(1)~銀河点という呪い:

« 4回転サルコウな男たち~欧州選手権メダリスト | トップページ | お祓い企画~この選手の顔が好き 外国人女性選手編 »

フォト
無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー