« それでも、愛さずにはいられないのは… | トップページ | やはり語学は勉強すべきか~三人娘ベタ褒め記事 »

2013年2月13日 (水)

理想は高く!

今大会は男女共

「人に笑われても諦めず、異様な程高い理想を掲げて努力した人間」がテッペンとった戦い

になった。

プロトコルはコチラ参照。

女子に関しては前に触れているのでここでは触れない。
(ツンデレなタレミミである)

そう。遅ればせながらケヴィン君讃。

私が一番推しの高橋大輔最強ライバルの一人になった彼であるが
Pさんの影に隠れてしまっていて、ナショナルでも大差をつけられていた。
(点数程差は激しくねえべ!…と思っていた)
凄まじいジャンプ構成(と独特な容貌)のみ話題になっていた選手という印象だった。
(といっても隠れファンはPさん以上に多かったんじゃなかろうか?)

そういう選手って、応援したくなるよね?
高い理想を掲げていたが、それ故、
「出来るのかよ?」
なんて声もあったと思うし。それに耐えて努力してきた訳で。
なかなか報われなかったのに今花開こうとしてるのだ。
日本人好みでもあるよね。そういう人。
人柄も良さそうだ。
少なくともPさんのように口滑らせたりはしなさそうに見える。
(ごめん。Pさん)
客席観戦中にサイン求められ、ちょっとした騒ぎになったという噂もきく。
結果出すといい事もあるが、面倒事にも巻き込まれる。
これからワールドでも結果だしたら更にそういうことも出てくるだろう。
頑張れ…君なら上手く対処出来る!(多分)

フリー。2種3クワドってのも凄いが、4T一つ後半にってのもなあ…
高さはないが、それでも回りきれるってのがある意味凄い。宮原知子ちゃん見ても思ったが。



クドいようだが宮本賢二さんの振付も選曲も良い。衣装も素敵だ。
一見そのまま街を歩いてもOkな格好に見えるが、
袖の裾部分が地味に「男子フィギュア」を主張している。
白鳥のような天女様のような…手足の長さを活かしている。
とにかく色んなものが「ハマった」時というのはこのようなものだ。

ケヴィン・レイノルズ 2012 CoC EX[ロシア]

こういう衣装を着ると日本中から総ツッコミされる。
いい意味でも悪い意味でもインパクト有り。
いいじゃないの、ケヴィンならば。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

memo

月曜日Eテレ夜中にやっている約5分間のドラマ(?)
「野田ともうします」
ドラマでは、このマンガを「そのまま」実写化しています…とのこと。
現在第3シーズン放送中。
地味に楽しみだったりする。何てことないことがだらだら続くのであるが。
どーがステーションにて
「期間限定番組まるごとネットで動画を公開中」らしい。→コチラ

先週から「100分de名著」は「モンテクリスト伯」。
大昔「巌窟王」の名がついていた頃に読んだ記憶アリ。
なかなかのジェットコースタードラマだったと思う。
新聞小説だったらしい。
設定を未来にして、アニメにもなっていた。
Wikiを見ると、
「テレビ朝日で、2004年10月5日より2005年3月29日まで放送された。それ以外の局では放送されず、長らく関東ローカルであったが、2008年6月17日より2008年12月2日までNHK-BS2で放送された。全24話。」
とのこと。
脇役の一人に過ぎなかったアルベールが主人公で
モンテクリスト伯は魔王みたいな雰囲気だったと思う。
全部キチンと見てないが、なかなか面白かった。

注:タレミミはEテレの回し者ではありません

カッティング・エッジ2013の無良君のところ読んでいて気になったのは
大輔の4Fの話である。
トゥループよりフリップの方が本来好きなんだろな。
無良君の話が事実ならばこれを試合で見てみたいと思った。
なかなか厳しいけどな…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« それでも、愛さずにはいられないのは… | トップページ | やはり語学は勉強すべきか~三人娘ベタ褒め記事 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

ケヴィン・レイノルズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理想は高く!:

« それでも、愛さずにはいられないのは… | トップページ | やはり語学は勉強すべきか~三人娘ベタ褒め記事 »

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー