« 動画巡りの旅 真央スパイラル~サーシャ・コーエン~パレードに雨を降らせないで | トップページ | 反省と今日の双子座の運勢と国別番宣そして高橋大輔ちょこっと »

2013年4月 5日 (金)

チャレンジャー~眠気と戦い、脱線しつつ、Pさんの存在についてちょっと考える(編集有り)

今回、眠気と格闘しながらの記事であることをことわっておこうと思う。

今でなければ…明日以降になったら多分書く気なくなりそうだから。勝手な事情である。
(本当は別のものにする予定であった。小塚君とか遥ちゃんとか…これは後に触れる)

http://www.shinshokan.co.jp/mag/mag_nextbook.html?SRC_CAT_S_ID=2010040

いやあ~↑これにはまいった…

思わず笑ってしまった。苦笑に近い。

タイトルの「チャレンジャー」とはスケート専門誌を出している某出版社のことである。

キャナダ国旗を持ち、目を見開き、笑顔のPさん。

「お前かよ…」

「誰得なんだ…」(ファンの方ごめん)

「このタイミングでかよ…」

私のように思った方は少なくないのではないか?と思う。

優勝したのに…

4回転2回決めたのに…(2コケだけど)

立場ねえ…

↓こんな記事まで出ちまっていて、ちょっとした騒ぎになっているせいもある。
Petition Asks that Figure Skater Denis Ten Be Awarded a Retroactive Gold Medal (Photos)

デニス・テン君に金メダルを!…という嘆願書出すいう話ですわね。
他のスケートブログ様でも取り上げていて、キチンと訳していらっしゃるところもある。
なので割愛させていただく。
決して骨惜しみをしている訳ではない。
…説得力ナイッスね…

で、その記者が作った嘆願書ってのがコレだ。↓
Award a Gold Medal to Denis Ten for his Performance at the 2013 World Figure Skating Championships

流石に1万集めるのは無理そうだが、800人超えている。
コレを取り上げていたブログ様にも書いてあったことだが、
他国はこういうことに声を上げるのは至極「当然」のこととしてとらえてるのだろうな…と。
で、日本は「異例」のこと…ってことになっちまう。
日本人として恥ずかしい…と言い出す方が必ずいらっしゃる。
何と奥ゆかしき文化であろうか。
「美しい国」と誰かが言っていた気がするが、ホントそうなのかもしれぬ。
謙譲の美徳…これは言い過ぎか。
昨季高橋大輔が取れなかった際、例え1万の声を集められなくとも、
「彼に金メダルを」という声が上がり、ここまで行動を起こすべきだったかもな…と、遅ればせながら思う。
私もそんな「悲しき日本人」だ。
こういうところで「お上に逆らってはならねえ」根性と
どんなに強いシングルの選手を出しても「ここが世界の中心だ」とデカイ顔が出来ない国民性が顔を出す。
色々某国について思うところあるが、「勝つ」ということを考えると
手段選ばねえというのは「汚く」もあるが、ある種「純粋」とも言える。
どちらが勝負向きかは推して知るべしである。
ま、これらの話は一旦置いとこう。

私は次回のワールド・フィギュアスケートの表紙は
久々に登場し優勝かっさらっていったおヨナさんか
また、白鳥衣装の真央ちゃんか(今季結果出してるのに意外に真央ちゃん表紙のスケート本が少ない)
四大陸表彰台の日本女子3人か
…と思っていた。

まさかの大健闘のデニス・テン君か?

…とも一瞬思ったが、それこそ「チャレンジャー」になっちまうかな?

苦肉の策(?)でPさんにしたのか?

などとも考えてしまった。

おヨナさん表紙阻止の嘆願書ならぬ読者様からのお便りが多かったかもしれないし…
今季結果出してるけど、世界選手権終了後の号に銅メダルの真央ちゃんだと、
それはそれで色々あるかもしれないし…

「ま、Pでいいんじゃね?一応優勝者だし」

そんな感じで決まったのかもしれない。(え!?違うかな?)

しかし、Pさん好きには申し訳ないが、

「こいつ表紙かよ!買うのやめた!!好きな選手のインタ立ち読みでいいわ」

…という方もいらっしゃるのではないか?と思う。

決して人気選手という訳でもないし、昨季もそうだが、勝ち方が勝ち方だ。
いくらスケーティングがゴージャスといえど、多くの日本人が応援したいタイプの選手とは言えないだろう。
(地元キャナダでも人気微妙なとこだろう。下手すりゃ、日本人の理解者の方が多かったりして…)
キャナダ人であることは関係なく。
彼は優遇されすぎている。これは彼の責任ではないけれど。
本人、それ充分すぎるくらい分かっている。それを憎む人がいるのは理解出来る。
彼を擁護するご意見の中に、ルールがどうたら…理屈責めになる方がいるが、
その方が理屈責めになればなるほどPさん、悪感情を抱かれる気がする。
頭で納得しても、心が納得しないというか…それが蓄積していくと大きな不満になる。
(かと言って感情的になれって言ってる訳ではないよ。ま、擁護してる方の中には理屈が一見しっかりしてるようなのに、どこかムキになってるように見える人もいるのだけれど。)
ただ、その見ている人間の「感情」ってのは決して馬鹿に出来ない。
見に来るの男性より感情的になりやすいと言われる女性が多いんだろ?
(とはいえ、男性ジャーナリストからも厳しい意見がバシバシ出てるけど)
それを馬鹿にしてきた結果が海外試合の客席の空き具合に現れてるんじゃないの?
(北米に関していえば、ソルトレイクシティ五輪ペア不正事件、ハーディング事件等の大騒ぎとその顛末が原因なんだろうけど)
いずれ日本もそういう時期が来るだろう。
ま、これらも全て「Pさんのせい」ではないんだけどさ。
「現在優遇されている」ってなるとどうしてもPさんにかかるものが大きくなる訳で。
トップってそれなりのものが求められちゃうのだから仕方ない。

「魅力的な世界王者」と見ている人間はどれだけいるのだろう…

どうも頭が冴えないなあ…眠気のせいにしよう。(今、夜中に書いてます)

表紙の話に戻ろう。

好きな選手の良い写真があったら、やっぱり買っちゃうかな?

私も店頭で立ち読みしてから決めようと思う。(おいっ!(゚Д゚)ノ)

機嫌の悪い時にたまたまあの表紙見てしまったら、余計ムカつきそうな気がするからだ。
我ながらひでえ…でも、正直な気持ちである。
Pさんの笑顔は時として人の気持ちを逆撫ですることもある。
嘆願書騒ぎのことを知っているフィギュアファンの中にはそれを冷ややかな目で見る人もいるだろう。
それとも、あの目の見開き具合がその理由なのか?
…というのは冗談だが。

…そういう部分含め、ネタキャラとしては格好の素材である。

私は以前に「Pさんの幸せについて考える」とかいう記事を書いたりしている。
大輔ファンだが、Pさんに理解のある人間と思われているかもしれんが
実はそうでもない。ファンでないことだけは確かだ。
私と性格似たところがあり、他人とは思えぬところがある。
親近感もあるが、似ている故に嫌悪する部分もある。
私も結構面倒くさい人間なのだ。

Pさんの幸せについて考えることが、フィギュアスケート競技に打ち込んでる選手たちの幸せにも繋がる。

勝手にそう考えて書いていただけだ。

栄誉を手にしても表彰式でブーイングなんて「幸せ」じゃないだろ?

皆「王者」目指すってのに、「王者」がこんな扱いじゃ、
「これからのし上がるぜ!」と頑張る人間のモチベーションに拘るってものだ。

130401 News パトリック・チャン

こういう動画見ると、ホント日本って優しい国かもしれんと思う。

↓こんなんも見つけたので載せておく。長い!54分くらいもあるよ…あとで聞こうっと(おい!)

第18回 パトリック・チャンってどう評価されてるの?.wmv

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

MEMO

昨日今日、実はフィギュアよりメジャーリーグベースボールのある話題で頭いっぱいだった。

https://twitter.com/faridyu/status/319299093505654784?p=v

ダル あと1人で完全試合ならず「あそこまでいったらアウト取りたかった」

ダル完全逃した試合の全14奪三振&ダイジェスト

[MLB]ダルビッシュ試合後インタビュー[2013.4.3]

この人のインタビューでの素っ気無さが結構好きである。
意味が取りにくい質問の際、
「これは……ということですか?」
と、ちょっとムッとした顔をして言うところもツボだ。
(ムッとしてるのではなく、元々そういう雰囲気の人なのかもだけど)
マスコミ嫌いなところはヒシヒシ伝わってくる。
アスリートってゴチャゴチャしていないというか
受け答え等シンプルなのも良い。
私自身がゴチャゴチャとっちらかってる人間なので
その辺羨ましく感じてしまう。

日ハムに彼がいないのは非常にサビしいのだが、
(母は彼がいないと「つまらん」と言う)
淡々としながら勝負を楽しんでいるように見える彼を見て
「良かった」
と思う。

一層の活躍を期待するっ!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

付け足し

書くの忘れていたことが…

新●館の次号予告ページ。

Pさんインタビューのところ

パトリック・チャン 「ジャッジはぼくのすべてを評価してくれていると思う」

更にその下。

ジャッジ・インタビュー

シシィ・クリック「 正直に採点すれば、何も恐れるものはない」

…これはギャグか?

お詫び

最初この記事をUPした際、ダルビッシュ動画キチンと反映されていませんでした。

失礼しました!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 動画巡りの旅 真央スパイラル~サーシャ・コーエン~パレードに雨を降らせないで | トップページ | 反省と今日の双子座の運勢と国別番宣そして高橋大輔ちょこっと »

スポーツ」カテゴリの記事

デニス・テン」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Pさん」カテゴリの記事

コメント

昨年の世界選手権でPチャンにブーイングが起こって、国別に彼が来たらブーイングしよう!って言う機運になったが結局、何も起こらず皆温かく応援してましたよね。本当に日本のファンは心優しいというのか、なんと、内向きな性分の人が多いんだなあってガッカリでした。そして、またまた今年同じような採点法で優勝してしまったPは永久に悪名高き優勝者としてキモ・ヨナと共に歴史に残って行くんでしょうね。

>ひまわり姫様

>昨年の世界選手権でPチャンにブーイングが起こって、国別に彼が来たらブーイングしよう!って言う機運になったが結局、何も起こらず・・
あら~(@゜Д゜@;そんなことがあったのですか!?
でもブーイングって皆と力合わせて
「はいっ、いっせーのーで・・・」
…という風にやるものではなく、自然にやるものですからねえ…
まあ、日本人の気質に合わないものだと思うので、「無理して」やる必要はないでしょう。
私はブーイングではなく
「えーーーーーー!!???」
とか、
「うそーーーーー!!」
とか、
ダルビッシュ動画の観客のごとく頭に手をやり、
「オーマイガー!!」
とかやってしまうと思います。
>またまた今年同じような採点法で優勝してしまったPは永久に悪名高き優勝者としてキモ・ヨナと共に歴史に残って行くんでしょうね。
これはある意味気の毒ですがね。ただ、おヨナさんはノーミスでしたので他国マスコミは彼女の高得点を指摘せずにいる。
(この辺運強しです)
その分、Pさんへの風当たりが強くなったのではないか?
…と、今大会に関しては思います。
後になってこのお二人はどう語られるのですかね?それはちょっと楽しみだったりします。(ニヤリ

とりあえず世界中で絶賛御礼なら、日本以外から山ほどのオファーがあることでしょう。
英語も交渉力も不自由ないはずだし。
あまりジャッジが自己満足化していると、もうリンクが能楽堂と化してしまいそうでもある。
(お能を貶めたいわけではないですが)
ある種の偏向とは別に、ローリーが「ビールマンなんて体に悪いだけで、スケートとは何の関係もない」
と発言したり、どこだったか「スポーツと名乗っている限りは認めないとしかたない」
ような発言があったり。キミーがワールド06優勝の時も「あれだけ跳ばれたら出さざるを得ない」しぶしぶ発言だったり。
アイスダンスは個人的には好きでも、競技性はあまり認めて貰えなさそうと思うのですが。
その、ダンス、ペアもソチ後はやけに引退多そうで、なんだか一気に地味~になるような気がする昨今です。
せめてプログラムが魅力的であって欲しいけれど。
クリック女史は何を怖れていたというんでしょうかね。
理屈というのは、つける気になればいくらでもつけられるものですが、
優勝者の演技を見返す気が起きないという現象は、
本当に、ここ最近に一気に増えてしまって。
そういうのは彼女は怖くないんですね。私はそういう感覚が恐いけど。


>blueberry様

>あまりジャッジが自己満足化していると、もうリンクが能楽堂と化してしまいそうでもある。
例え、コレわかり易いですね。(お能を貶めている訳ではないのは分かります)
その方たちは基本姿勢「素人は引っ込んでろい!」なのでしょうが、
何の為にあんなに観客席のある場所であの競技をやるのか?何千人も入れなければいけない場所で。
…自ら問うていただきたいところ。
素人の見た目と乖離し過ぎる点数はやるべきではない。
素人と言っても長年変化するルールを把握し、見続けている人間だっているのですから。
>その、ダンス、ペアもソチ後はやけに引退多そうで、なんだか一気に地味~になるような気がする昨今です。
せめてプログラムが魅力的であって欲しいけれど。
そうですねえ…派手であれば良い…というものではないですが、
この競技で「地味」って決して良いことではないですからね。見る人更に減ってしまう。
>優勝者の演技を見返す気が起きないという現象は、
本当に、ここ最近に一気に増えてしまって。
そういうのは彼女は怖くないんですね。私はそういう感覚が恐いけど。
十分怖いと感じているからこそ…なのかもしれません。
そういう「勘」が働かない人間が関わっちゃいけないスポーツだと思うんですよね、私は。
それをごまかそうとして色々印象操作等に熱心なのかしら?

>ある種の偏向とは別に、ローリーが「ビールマンなんて体に悪いだけで、スケートとは何の関係もない」
と発言したり、・・・
女子の柔軟性が試されるあのスピン…結構楽しみではあるのですが、腰痛抱えがちな選手のことを考えると「なくてもないのかな…」という気持ちがわいてもきます。
スピンはもっと選手の負担を減らすルールにしても良いと思いますねえ…

タレミミさん、お邪魔します^^
チームD1skの一員でもいらっしゃるTS岡崎真さん。
ワールド後のスポニチコラムの一部です。

【高橋 ジャンプの失敗が演技点に影響】
高橋は直前合宿から充実した練習をこなし、体調は最高に近いと聞いていた。
しかし、4回転ジャンプの跳び方を変えたことで、かみ合わなくなったという。
調子が良かっただけに「なんでだろう?」という思いが出て、
自信が持てなくなったのではないかと推測される。
ジャンプの失敗は誰にでも起こる。
だからこそ指摘したいのが、5項目の演技点に出た評価だ。
例えば、チャンはジャンプが不調でも演技点は高いレベルを維持する。
審判から見れば “失敗したのはジャンプだけ” という評価だ。
高橋の場合は “全体的に精彩を欠いた” と判断されて、
演技点も下降する傾向がある。
スピンやステップのレベルの取りこぼしがなかったという収穫とともに、
課題を胸に刻んで欲しい。

『チャンはジャンプが不調でも演技点は高いレベルを維持する。
審判から見れば “失敗したのはジャンプだけ” という評価だ。』
岡崎さんは審判ではありませんが、
とどのつまりこれこそが、いま現在のISU審判方に共通の格付けなんでしょうねぇ…

あのね、ISUさん。
この競技を好きで、長く見てきているファンであっても
ステップやターンの種類や難度が瞬時でわかる人ばかりではない。
その点、ジャンプのパンクや転倒、着氷の乱れなんかはわかりやすいんです。
また、そういうのが多いとプログラムには惹きこまれないわけですよ…。
演技点が5項目ほぼ横並びなのも、
それが “SS” 基準の評価になってるのもファンとしては納得しがたいところ。

もう、色々いろいろイロイロと大変だとは思いますが…
高橋選手頑張ってください! それだけです!!
あ、記事からそれたコメントになってしまったかも^^;
毎度長文でホントすみません…

>blueberry様

×「なくてもないのかな…」
○「なくてもよいのかな…」
…でした。失礼っ!


>まっきー様

岡崎さんのコラム、興味深く拝読しました。
体調良かったのにGPFをとったのはいえ
ガタガタッ…と崩れてしまったのは残念無念です。
一つ噛み合わなくなると、ベテランとはいえそういう風になってしまうものなのか…
つくづく繊細なスポーツですね。
それにしても…
>『チャンはジャンプが不調でも演技点は高いレベルを維持する。
審判から見れば “失敗したのはジャンプだけ” という評価だ。』

…これ、何とでも言えますよね…正当化する為に。
もう。こういうの聞き飽きました。
5コンポーネンツの中のPerformance/Execution(演技力)は、
ジャンプの失敗等で演技の流れが途切れてしまった際
良い時と比べて低く出しても良いと思うんですよね…高いもので9点台ですからね、Pさん。
Interpretation(曲の解釈)も何故あんなに高いのかいつも不思議に思います。

ま、今になってこんなこと言ってもどうしようもないのですけど…はあ…

>演技点が5項目ほぼ横並びなのも、
それが “SS” 基準の評価になってるのもファンとしては納得しがたいところ。
ええ。ため息でますわ…

>高橋選手頑張ってください! それだけです!!
日本スケ連は一番手をすげ替えようと色々やってくれましたからね…
(構成点の出方にそれが出ていると思います)
彼とチーム高橋頼りになるのが情けないところ…

タレミミさん、ため息でますよね…
きっと、岡崎さんも歯がゆい思いされてるんじゃないかと…
チャン選手の演技点高止まりの一文も、彼なりのISUに対する嫌味ッスな^^;
“課題を胸に…” = 4回転ガンバレ! (+3Aもかな)
それさえ安定すれば大丈夫だ、自信を持て!!
という高橋選手へのエールでしょう。

>日本スケ連は一番手をすげ替えようと色々やってくれましたからね…
(構成点の出方にそれが出ていると思います)

来シーズンはどうするつもりなのか。
日本男子初の金メダルはまさに悲願! であろう日本スケ連のこと。
2枚看板でいくのか、1人押しでいくのか、はたまた…
もちろん、一番ドキドキするのは暮れの全日本選手権ですけれど、
それと同等にドキドキしてるのが、アサイン発表…
NHK杯へのエントリー、それを含むGPS2戦とGPFの試合日程で
ある程度わかってしまうという…

高橋選手とチーム、そしてスケートの神様を信じて!
ソチの表彰台、ふたたび一番高いところへ!!

>まっきー様

>“課題を胸に…” = 4回転ガンバレ! (+3Aもかな)
それさえ安定すれば大丈夫だ、自信を持て!!
という高橋選手へのエールでしょう。
だといいのですが…4回転の確立高しとは言えず、3Aも崩れてきているのが気になります。
原因分かって修正出来てたら良いのですが…
理由がどうあれ、「年齢による衰え」と受け取る人がいそうなのが気になるところ。
新しいスターを欲していることもあるし。
そういう意味では下手すりゃ怪我明けのバンクーバー五輪の時よりキッツイと思います。正直言って。
今季は2枚看板にして、もう少し大輔を立てても良かったのに…と思いますよ。

来季はスケ連さんは余計若手推しになる気がします。
集客は大輔でもね。
(アート・オン・アイス、イマイチチケット売れてないとの噂ありますね。お客様の反応って怖い…)
それに対してどうでるか?
最後まで見守るのみですわ。

>高橋選手とチーム、そしてスケートの神様を信じて!
ソチの表彰台、ふたたび一番高いところへ!!
上手くまとめましたね!
ドキュメンタリー等の煽りVTRに使えそうです。

タレミミさん、どうか煽りVTRはご勘弁を~^^;

>理由がどうあれ、「年齢による衰え」と受け取る人がいそうなのが気になるところ。
  新しいスターを欲していることもあるし。
  そういう意味では下手すりゃ怪我明けのバンクーバー五輪の時よりキッツイと思います。
  正直言って。

まったく同感です。
そういう外野の “潮流” や “雰囲気” もすべて含めてご本人が語っています。

「ソチに行けるかどうか。日本には力の選手が3人以上いますから。
時代も4回転時代ですし、日本の代表争い、僕が一番厳しい立場にある」(ザ・テレビジョン)

私も色々と最後まで見守るのみでございます…

たれみみさん、何度もスミマセン^^;

“ある” が抜けてました。正しくは
「日本には 力のある選手が 3人以上いますから。」 です。

カナダこそ男子悲願の金ですよね。
どうしてもどうしてもPさんにとってもらわないと。
とにかく執念は感じます。
長年逃してきたし、今回は頼みのダンスが怪我あるし。
日本で執念を感じるのが団体なところが・・・

>まっきー様

>そういう外野の “潮流” や “雰囲気” もすべて含めてご本人が語っています。

「ソチに行けるかどうか。日本には力のある選手が3人以上いますから。
時代も4回転時代ですし、日本の代表争い、僕が一番厳しい立場にある」(ザ・テレビジョン)

歯がゆいのは
彼の謙虚な発言が他の勢力を持ち上げたい人間に利用されてるのではないか?
↑コレですね。
謙虚なのは良いけど、「ああ~もうっ!!」と思うこと多々あります。
ザ・テレビジョン、あの妙に男前なグラビア(?)のやつですよね。
(吹きそうになりました)
立ち読みしました。

>blueberry様
ダンス、どうしたのでしょうね?
テッサ怪我?
キャナダに色々思うことあれど、今季のフリー結構好きだったのでちと残念です。
キャラ的にはメリチャリの方が好きなんですが。
キャナダの執念は良いのですが、金とったとして
Pさんがこれ以上良い待遇を受けるとは思えないですがね。
アメリカのあるメディアが(フィギュア関連じゃないと思います)
「バンクーバー五輪で男女シングル金メダルとった選手の名前、アメリカ人はすぐに出てこない」
なんて記事を載せていたように思うのですが、(米人のライサがとったのに!女子最高点だったのに!)
Pさんもそれに習いそうですね。下手すりゃ北米人が取らなくても、Pさんを倒した人間が英雄扱いされそうだと思います。
Pさんはそんな存在になってしまった気がします。
日本の執念…日本の役員さんって、他国と比べても何処かズレてる感じするんですよねえ…

下世話な話ですみません。
五輪の収入を各競技に配分する権利がIOCの権力だそうですが、
競技が自前で採算とれない時は分配金頼みで、それがメダルのあるなしや色に関わってくるのかも?なんて想像しています。人気がないほどそれ頼み。Pさんの背負うのもその辺かな?大阪のたかじん番組でノブが「採算合わん、転向しないの?」なんて突っ込まれてました。
みどりちゃんがアルベールビルで初めて?スポンサーがついて、
「スケートでお金が(出て行かず)貰えるなんて!」と感激していましたが。
臨海じゃないけど、ファンからの寄付窓口があったなら、ファンの声もも少し届きやすいかな?それだと某国企業と同じになるかな?税制は変わったのかな?

正直嫌気がさす部分と、それでも奴はそこを何とか突破する気なんだと、昨日の番組で
私が思っていた以上のチャレンジャーだったことにびっくりして。
(石橋を叩きまくる性格はどうしたんだ?)
いや、本当にフィギュアスケーターという人種は、みんなとてつもないチャレンジャーでないとやっていけないのかもしれません。とりわけ日本のスケーターは。
千年後の大工に嗤われたくないと仕事を「極める」宮大工のように、
今現在のキックバックのみでは満足しない誇りのありかた。
彼らの仕事が余計なものに邪魔されずに完成形を見ることを祈っています。
そのために試合を楽しめますように。

>blueberry様
>大阪のたかじん番組でノブが「採算合わん、転向しないの?」なんて突っ込まれてました。
動画何処かで上げてる方いましたね。
私、まだ見てませんが真央ちゃんファンにとっては嫌な部分もあるみたいですね。
(見ないかも)
織田の殿はこういう番組でツッコミやすいキャラでしょうね(^-^;…場面想像出来ます。
>正直嫌気がさす部分と、それでも奴はそこを何とか突破する気なんだと、昨日の番組で
私が思っていた以上のチャレンジャーだったことにびっくりして。
(石橋を叩きまくる性格はどうしたんだ?)
いや、本当にフィギュアスケーターという人種は、みんなとてつもないチャレンジャーでないとやっていけないのかもしれません。とりわけ日本のスケーターは。
同感です。
しかも、ここで上手くタイトルの「チャレンジャー」に繋げてくださった(。-∀-)ニヤリ
改めて「チャレンジャーたち」に乾杯です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1824253/51100964

この記事へのトラックバック一覧です: チャレンジャー~眠気と戦い、脱線しつつ、Pさんの存在についてちょっと考える(編集有り):

« 動画巡りの旅 真央スパイラル~サーシャ・コーエン~パレードに雨を降らせないで | トップページ | 反省と今日の双子座の運勢と国別番宣そして高橋大輔ちょこっと »

フォト
無料ブログはココログ
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー