« 動画巡りの旅~デニス・テン(2) | トップページ | 女の華 »

2013年4月10日 (水)

女子プロレスとフィギュアスケートの相関関係

※注:今回の内容、ほぼフィギュアスケート以外の話になります。
しかも非常に懐かしい話題になるので、ナウなヤングな方には分かりにくいこと多々ございます。
Wikiの説明、所々に入れますね。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

フィギュアスケートはスポーツというより「興行」だ。

…という意見を目にすることがある。

アスリートというより、アイドル扱いし、妙な煽りVTR…不透明な採点などあるせいなのだろうか。

で、 「興行」「アイドル」「変な採点」というキーワードから

私は何故か一時期の女子プロレスを思い出してしまった。

それも何故か
「クラッシュギャルズ」ダンプ松本率いる「極悪同盟」、「極悪レフェリー」阿部四郎がいた頃の女子プロだ。

私は今では格闘技が決して嫌いではないが、その頃は生理的に受け付けなかった。
プロレスなぞ尚更である。

とはいえ、夜の19時頃だったと思うが、女子プロの放送があり、
クラッシュギャルズが戦う前に歌ってたり
どぎついメイクのダンプ松本が武器を持って登場し、周囲に睨みをきかせたり
阿部とかいう胡散臭いレフェリーが明らかな…あからさま過ぎる「不正判定」をしたり
それらを囲む若い女の子のお客様が黄色く甲高い声援を送ったり、怒号をあげたり…

非常に大盛り上りだったことだけは記憶している。

結構大きな社会現象になっていた…と言ってもよいかもしれない。

今思えばアイドルコンサートみたいなノリだった。
馬鹿馬鹿しいと思いつつ、会場の熱気に圧倒された。テレビ画面越しでも。

野郎のプロレスは見る気全くなかったが、女子プロはたまに「見てしまっていた」
乙女心を掴む、上手い興行の仕方だったのかもしれん。

女子レスラーで「歌」というと、ビューティペアの「かけめぐる青春」の方がパッと出てくるのだが、
(更に古くてすまん…歌が下手だったけど、ルックス的にはクラッシュギャルズよりビューティペアの方が好きだった)
一応その動画載せておこう。

女子レスラー 歌 4

で、クラッシュギャルズの活躍をまとめた動画がある。
ダンプ松本も大活躍。ブル中野って人もいたなあ…
後半、真央ちゃんが理想の家庭を語る際、名前を出したこともある…北斗晶もチラリと顔を出す。

女子レスラー クラッシュ伝説

ここで、Wikiの知恵をお借りする。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

クラッシュギャルズ

クラッシュギャルズ(Crash Gals)は、かつて存在した日本の女子プロレスラーのタッグチームの名称。

来歴

活動時期は全日本女子プロレスを中心に活躍した初期と、クラッシュ2000としてGAEA JAPANを中心に活躍した後期に二分される。

前期、後期ともに長与千種ライオネス飛鳥によるタッグチームである。初期活動期は、アイドルレスラーとして『炎の聖書』などのレコードをリリースするなど当時の女子プロレスにおいて絶大な人気を誇った。ダンプ松本クレーン・ユウ(ユウ引退後はブル中野)、阿部四郎らの「極悪同盟」と激しい抗争を繰り広げた。

クラッシュギャルズ

タッグ結成のきっかけは、長与が先輩レスラーとの軋轢や、自身のファイトスタイルが受け入れられないことに失望し、引退するつもりでいた矢先、どうせ辞めるのならやりたいことをやって辞めようと考え、当時同じように悩んでいた飛鳥と意気投合し、1984年8月に飛鳥とクラッシュギャルズを結成したことによる。長与・飛鳥ともそれまではジャガー横田率いる「ダイナミック・ジャガーズ」の一員であった。それまでの女子プロレスに対して、男子プロレスのエッセンスを取り入れたファイトスタイルで(前田日明がクラッシャーとあだ名されていたことをうけて、「私たちはクラッシュギャル(原文ママ)になる」と週刊プロレス誌上で宣言をした。当時のファイトスタイルは前田を意識したものであり、共同トレーニングや誌面対談もたびたび組まれていた)、女子プロレスの新たな世界を作り出し、ベビーフェイスのタッグチームとして、ヒールの極悪同盟との抗争で女性ファンの人気を博し、ビューティ・ペア以来の大ブームを作り出すが、1989年に長与が引退し、1990年に飛鳥も引退したことにより、クラッシュギャルズは解散となる。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

Wiki見て改めて分かることもある。
ただ、ここで書かれている「軋轢」ってのが結構「脚本」っぽいのが女子プロだったりする。

敵対していた勢力についても載せる。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

極悪同盟

極悪同盟(ごくあくどうめい)は、1980年代に全日本女子プロレスで活躍した、ダンプ松本を中心とするヒールユニット。

概観

「ブラック・デビル(デビル軍団)」の構成員だったダンプとクレーン・ユウが、植田信治コミッショナーの凶器使用禁止令を期に軍団を解散し、ベビーフェイスに転向したデビル雅美と山崎五紀に謀反する形で独立、1984年に結成した。

同時期に人気絶頂だったクラッシュギャルズとの抗争は、容赦ない凶器攻撃(一斗缶やヌンチャクによる殴打、チェーンでのチョーク、竹刀を用いたキャメルクラッチ等)による派手な流血、負傷箇所の狙い打ち、極悪レフェリー阿部四郎の不公正なジャッジ、そして独特のパンク・ファッションによって、女子プロレスが社会現象になる程の注目を浴び、男性プロレスマニアにも新たな客層を広げることに貢献した。

人気の後押しを受けて増殖を重ね、「夕やけニャンニャン」など一般番組にも乱入要員として活躍。1988年のダンプの引退後はブル中野が軍団を受け継ぎ、『獄門党』と改名して活動した。

WWWA世界タッグベルトを奪取することはあっても、全て初防衛戦でベルトを失っている。

2000年代に入り、ダンプの復帰と共に再結成されたが、2009年5月1日のサソリの引退に伴い活動休止中。

2012年1月8日に開かれたブル中野引退興行で一夜限りのブルとダンプによる極悪同盟復活がなされた。ニセクラッシュギャルズが登場して試合が再現され、最後はブルがフォールに持ち込んで阿部四郎が高速カウントを取った。

同年12月29日のLLPW-Xにダンプが参戦した際には第二次極悪同盟のメンバーだったZAP-Tがセコンドに付いた。

ヒール集団であったがリング外ではダンプを筆頭にユウ、ブル、コンドルなどのメンバー全員の性格がとても温厚で、後輩の世話や面倒見がたいへん良かったために多くの後輩レスラーから慕われていた。:


;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

最後がズッコケそうになるが…

そうなのだ。この人達、本番では恐ろしい悪役ぶりを発揮するのだが、
それ以外での裏での評判は非常に良い人達なのだ。
ダンプ松本はまだ極悪同盟として活動しているようだ。(ブログやっていた…)
元気そうでなにより。

で、極悪同盟に加担していた極悪レフェリーのことも詳しい内容が書かれていた。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

阿部四郎

阿部 四郎(あべ しろう、阿部 シロー、1940年7月28日-)は、福島県出身の実業家。 「極悪レフェリー」としてプロレス界に一時代を築いた。

経歴

芸能プロダクション『大和プロ』を、江古田駅前でスナックを経営。北島音楽事務所や全日本女子プロレスの興行にプロモーターとして関わっていた。

1970年代から全女のレフェリーを兼任し、フジテレビの人気番組「オレたちひょうきん族」の一コーナー「ひょうきんプロレスアワー」のごく初期にも、レフェリー兼リングアナウンサー役を務めている。

1980年代初頭、デビル雅美が率いたヒール軍団「ブラック・デビル」の末期に、突如としてデビル軍団側に肩入れする不公正なレフェリングをし始めたため、植田信治コミッショナーは凶器使用禁止令を下すと共に、阿部にも暫くの出場停止と減給処分を言い渡した。

その後、凶器使用禁止令を遵守しようとするデビルと、凶器の使用にこだわるダンプ松本、マスクド・ユウとの間で対立が発生。業を煮やしたデビルは、デビル軍団の解散を宣言する(その後デビルは山崎五紀を帯同し、ベビーフェイス寄りでこそあれ、一匹狼の道を歩むこととなる)。

デビルに謀反した松本とユウが、新たなヒール軍団「極悪同盟」を結成すると、今度は「下積みを強いられてきたダンプがかわいそうだから」と極悪同盟に加担、以後は度重なるコミッショナーの警告を受けながらも、極悪同盟側が行う反則を見ていなかったことにして黙認、極悪同盟側を有利にカウントする可変速カウントは当たり前の極悪同盟を徹底的に贔屓する極悪レフェリングを展開し、果ては極悪同盟とお揃いのコスチュームで一緒に現れる極悪レフェリーとして、当時、人気絶頂にあったクラッシュギャルズを始めとするベビーフェイス勢を大いに苦しめ、会場のファンからの怒号を集めた。ダンプも阿部に関して「阿部四郎さんは今でも私にとって、とても大切な仲間です。」と自身のブログ内やインタビュー等で語っている。

阿部の悪行を実況席から指弾し続けたアナウンサーの志生野温夫とは、実は旧知の仲である。

「めちゃ×2イケてるッ!」の「格闘女神MECHA」コーナーで岡村隆史扮するレフェリー「岡村四郎」のモデルになり、また、同コーナーでの極楽とんぼ扮する「極楽同盟」と現役女子プロレスラーとのタッグ対決では、本人が登場して往時を髣髴とさせる極楽同盟贔屓のレフェリングを披露した。

近年はIWAジャパンを主戦場としていた。日刊ゲンダイのインタビュー「あの人は今こうしている」(2005年と2010年の2度登場)では、レフェリーとしてギャラの支払を殆ど受けていなかった事、松永兄弟に対して巨額の売掛金があり、うやむやのまま結局未収になったのみならず、全女の借金の保証人だったため、2008年に東村山市の自宅を差し押さえられた事などを愚痴っている。

ZERO1-MAXのメインレフェリーを務めた阿部信輔は息子で、父とは異なり公平で正統派なレフェリングである。

2009年7月9日、新宿FACEで行われた「NOSAWA-BON-BA-YE 5」の、クラッシュギャルズ25周年メモリアルマッチ・長与みのる&ライオネス高山VSダンプ菊&ブル坂井の試合をもってレフェリーを引退し、芸能プロダクションと、立川駅前のスナックの経営に専念している。

現在は地元福島でプロモーター。

2012年1月8日、ブル中野引退興行に参加し、高速カウントなどの往時のレフェリングを披露した。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

…スポーツのレフェリーというより、興行の盛り上げ役・煽り役と言った方が良いのかもしれん。

ホント、胡散臭いおっさんだった。

その記憶だけはしっかりある。

でも、内部は揉めるどころか平和そうだ。
実はダンプ松本とクラッシュギャルズ、仲良かったらしいしな。

女子プロはこれらで盛り上がったが、
残念ながらフィギュアスケートでこれに近いものをやってしまうとシラケてしまう。
民放の某局は明らかに勘違いをしている。
いや…間違いに気づいていても引き下がれなくなっているのか?

まさかと思うがI●Uも勘違いしていないよね?

興行の為に某女王様を銀河点女王として祭り上げ

悪役としてダンプ松本に負けじのアイライン。(言い過ぎか…)
五輪でライバル滑った後でのニヤリ笑いも含めて実に立派なヒールっぷり。
曲かけ練習で邪魔、「妨害発言」で興行を盛り上げる。

日本のアイドル的な…太陽のような子をライバルとして煽る。

観客は今日こそ銀河点女王を倒してくれるかもしれない…とハラハラしながら見守り、応援する。

銀河点女王に加担するジャッジ側に怒号のファンたち。

それでも他の選手たちは健気に頑張る。ファンは応援に更に熱が入る。

…アレェ?こうたどって行くと妙に興行としては上手くいってるんじゃね?

他国では廃れてきているのだがね。

日本を煽ることには成功していると言ってよいかもしれぬ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

MEMO

Wikiみると昔気になっていたものの後日談等書かれているものがあり、
感慨深い思いでそれを読むのだけれど
今のフィギュアスケートの状況も後日どう語られるのだろうか?…なんて思うこともある。
今活躍しているスケーターさんが数年後
「今になって語れるこんなこと~」…ってな感じで暴露本書いたり自伝的本書いたりする未来もあるのだろうか?


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

前回の追伸欄に

ローリー・ニコルは何故おヨナさんを振り付けようとしたことがないのか?

という素朴な疑問を書いたのだが、
(だって、ツナキであれだけ高い評価受けてて、素晴らしいSSを持つ女なんでしょ?ローリーのような振付師なら「是非私が…」って言いそうじゃない!フツーに考えると。キャナダにも何年かいた訳だし。「ツナギの鬼」の面目躍如でしょうが!)

おそらくSS優れたスケーターが好みと推察出来るパスカーレ・カメレンゴ氏も
何故振り付けたいスケーターの中におヨナさんを入れないのか?
…これも大いなる疑問なのだ。
係数違うけど、SS、今季ワールド、Pさん超えてるんですよ…
そんな偉大なスケーターですよ。
そんな彼女を振り付けるなんて、夢のような話ってことになるでしょう?振付師にとっては。
それとも、他所の国では「彼女に振り付けたい」とか発言しているのかしら?
彼女がウィルソン以外の人に依頼しないということが知れ渡っているからしないのか?

誰も答えてくれそうもないな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 動画巡りの旅~デニス・テン(2) | トップページ | 女の華 »

スポーツ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

振付師」カテゴリの記事

女子フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

岡部さんがジャッジについて発言してました。
職業を聞いたら解る。とてもプロレス興行をやれるタマではないひとたち。
チンクワンタもフィギュアでないにしろ、もとアスリートです。
世間に疎いかたたちの集団と言えそうです。

タレミミさん、ブーム何となく憶えてますよ。
試合(興行か!)ではなく、歌番組でボックス踏みながら歌われてた姿をですけど^^;
アイドル達が、タリーのついたカメラを外すことなく笑顔で歌っている中
ほぼ正面を向いたままニコリともしない彼女達。
そのボックスもリズミカルで軽い感じじゃなくてね~^^;

フィギュアスケートに戻りまして…
>日本を煽ることには成功していると言ってよいかもしれぬ。

その “煽り” の影響がどこまでかはわかりませんけど
明日からの国別も、「ガラガラの会場」 なんて事にはならないでしょう。
そもそも、ISUが色々な興行を打つのは
“日本からいかにお金を調達できるか?” という目的のためだと思ってます。
もう、最重要課題なんじゃないですかね^^;
“競技発展のためにどうするか?” を一番に考えている風には見えないというか…
まぁ日本スケ連が、いったいどんな風に言い含められてるのかは知りませんが
とりあえずソチ五輪終了まで、日本の両エースは扱き使われそうですな…

追伸蘭の件、あくまで妄想ですけど…
ズバリ! 「大変だから!!」 じゃないですかね^^;
これもムリ、あれはヤだ。でも点数獲れるプログラムを作れ!
単純に楽しくなさそうだもんなぁ。

女子プロレス知っています。あれは立派な興業ですから人気集めのために、ヒーローとアンチを創って盛り立てると興業成績が上がりますからみな、必死で闘っている様子を観て感動を呼び込ぶんですものねえ。ということは今のフイギュア業界と同じですね。私たちは興業を観せられているんですよね。そう解釈すれば腹も立ちませんよなっ!

>blueberry様

なにもジャッジ様方の社会的地位の高さを主張しなくてもよいのに…
…と思いました。
それがかえって「下品」のような気がするんですけどね。
「世間に疎いかたたちの集団」
その通りですね。たまに役員の方がテレビに登場することありますが、
何処か「ズレている」印象なんですよね。
スケ連に文句ある方々の中で「悪」扱いする人いますが、
「悪」というより「ズレてる」感じ。
上手く言えませんが…

>まっきー様

>・・・ほぼ正面を向いたままニコリともしない彼女達。
そのボックスもリズミカルで軽い感じじゃなくてね~^^
そのぎこちなさが良いんですよ!(きっと)
ただのアイドルと売りが全く一緒ではいけないのです。
>“日本からいかにお金を調達できるか?” という目的のためだと思ってます。
他がガラガラだから仕方ないのでしょうね。
スポンサーになっている日本企業が圧力かけることが出来れば良いのですが、
ホント、世界のATMになっちまってる感じ。
>とりあえずソチ五輪終了まで、日本の両エースは扱き使われそうですな…
今回の国別もペアいないのだから日本が参加する必要ないのに…
…と明るく振舞う選手たちにすまない…と感じてしまいます。
が、国別なんて日本以外の国で「興行として」成功しないでしょうしね。
大輔ソチ後引退ですが、その後引退しなければ真央ちゃん一人にかかっちゃうのかな…
他のスターが出てくれば良いですが、そう上手くはいかない気がします。
…あ…でも、その人もこき使われることになるから下手に出ない方がよいかな…

>ひまわり姫様

>私たちは興業を観せられているんですよね。そう解釈すれば腹も立ちませんよなっ!

まあ、おエライさん方がシナリオを書いて今の状態になったというより
諸々の条件が重なって「ああなりました」なんでしょうがね
某国で筋書き書いた方はいらっしゃるかもしれませんが。
…でも腹立ちますよね…興行だと割り切ろうとしても。

>今回の国別もペアいないのだから日本が参加する必要ないのに…
ホントですよね、タレミミさん。

でも、日本が出場できないと困る! 日本での 「興行」 でないと困る!
   ↓
よし、3カテゴリーでも出場おkにしよう!
   ↓
3カテゴリーの日本がメダル争いできるように、男女シングルは2名ずつ出場させよう!
   ↓
盛り上がってもう最高! お金もたっぷり集まったぞ!
   ↓
でも…五輪で特例はやっぱマズイか…
   ↓
よし、3カテゴリーでも出場はできるが、各カテゴリーの出場は一人(一組)ずつで行こう!
   :
こんな感じだと妄想しておりますが^^;

11日の会見でISU会長さんが
こんな事や
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/figureskate/headlines/article/20130411-00000028-kyodo_sp
こんな事を
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/figureskate/headlines/article/20130411-00000116-jij
宣わってらっしゃったんですけど、質問にあたふたしてるっぽい?
素人から見ても、矛盾点あり過ぎですモン^^;
それに、わざわざおヨナさんの名前、出さなくてもいいやろっていう…
このまま、五輪の大会日程が変わらないなら
団体戦に出ない選手の方が、体力もピーキングも有利なのわかる? 会長さん。
「体力の無い彼女を優遇するための新設競技だよ」って発表に聞こえたんですけど?
会長さん。

明るく、でも若干痛々しく見えなくもない振る舞いの我らがキャプテン…
怪我だけには気をつけて、ラスト『道化師』、滑り切って下さい!

まあ、彼女だけじゃありませんよね。他にも男女ペアあたり、お得な方々はいらしゃる。
団体戦関係ない、個人や組の方は、当たり前に個人戦に集中すればいいだけ。
国内の競争がない国の選手ほど、自分のペースで調整できるのは確か。
プルは前回の五輪の年には全4戦でしたか。ロ杯、ナショナル、欧州、五輪と。
日程が変わらないなら、ぜひ団体と個人で出場選手を分けて欲しいです。
開会式前の試合なら、若手の五輪経験に使ってもいいんじゃないかな?
平昌初出場より、経験を積ませられますよ?

>お得な方々はいらしゃる。

blueberryさん、たしかにw
まだ、細かい部分も含めて全てが最終決定ってわけではないんでしたよね?
各国スケ連とISU理事達の政治合戦になる悪寒…
とにかく、当の選手たちがファン以上に解ってない現状です。
選手は勿論、コーチのご苦労はいかばかりになりますことやら…

>まっきー様

チクワわんたん会長様のお言葉に関しては…

「このク●じじいがあ~~~!!!」o(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;

…という、不適当な発言しか浮かびません。

会社組織等もそうですが、現場知らないおエライさんってのはそんなもんなのかもしれませんね、
(現場=コーチ達)

>blueberry様

>日程が変わらないなら、ぜひ団体と個人で出場選手を分けて欲しいです。

理想はそれなんですけどね…

そうはならないのですかね?

選手やコーチ達、その辺多分把握してないと思います。

国別のルールすら…だもの…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女子プロレスとフィギュアスケートの相関関係:

« 動画巡りの旅~デニス・テン(2) | トップページ | 女の華 »

フォト
無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー