« 疲れ | トップページ | 実はなかなか良かったジュベール・グラディエーター »

2013年4月13日 (土)

メンショフ先輩を讃え慰める

ここはタイトル通り、メンショフ先輩を讃え、慰める会場である。

メンショフ先輩…

イマイチ気乗りしないながら昨日テレビで国別見ていたのだが
メンショフ先輩のショートで少し気分が上がった。
動画のタグは「抱っこされる30歳」
トランコフさん、いい味を出している。
かぶりもののせいか、最初誰だかよく分からなかったが…
曲は映画『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』より「Lillies of the Valley」
これ、曲もプロも好きだ。
Choreography/Compositionの点
7点台がズラリ。最高で7.5。
う~ん…何故かPさん・大輔に比べるとどうしても低くつけられちまうな。
Interpretationには6点台まである…う~ん誰かが言う通り、各々の構成点はSSに連動してるとしか言い様がないな。
SS良くても曲解釈イマイチで、曲解釈良くてもSSイマイチだったりする人だっている訳で…
その辺もうちょっと見た目通りに付けてもらわんと困るよ…

コンスタンチン・メンショフ 2013WTT SP

トランコフの乱(ツイッター使用)の一件のことを知っていると
二人の並びが余計に微笑ましく感じる。
「笑ってください」と言われると「ぎこちない笑顔」「わざとらしい笑顔」しか作れない私が
思わず自然に微笑んでしまった。
なんと可愛らしいおっさん達であることか!

そして、「おソトさん」または「ソト子さん」とつい言ってしまう、
アデリーナ・ソトニコワ嬢の演技も気分を盛り上げてくだすった。
相変わらず擬音語で表現したくなるような爽快感を感じさせる演技。
礼を言うぜ、ソト子…
演技終了後、猫耳メンショフさん(動画タグは“ニャンショフ”となっていた)も楽しめる動画を載せる。

アデリーナ・ソトニコワ 2013WTT SP

なかなか愉快なキャラである。
古布団が一瞬アボットに見えてしまった…

そして、今日。

仕事が比較的早く終了し、
帰宅してこれからご飯を食べようかな~という時にメンショフ先輩登場!!

フリーの衣装は「練習着ですか?」と言いたくなる程シンプルなもの。
彼のスリムさがよく分かる衣装。
フリーの曲も好き。
この人が選曲しているのか指導者なのかはよく分からんがセンスあると思うんだな。

出だし良かったのに…

転倒した際に脱臼してしまったのか?

ソチ団体戦でこんな事態になり、ベストな状態で個人戦にいけない選手が出てきたらどうするのだ?

…そんな問題提起にもなった事件だと思う。

色んなもののせいにはしたくないが、氷に問題はなかったのだろうか?

妙な転び方やミスをしてる選手が今回多すぎる。
(それでもメンショフさんはショートミスなしだった訳だが)
単なる偶然であれば良いのだが。

選手よりI●Uの懐具合の為の大会…と言っては選手に礼を欠くのかもしれぬ。

が、五輪に向け、それに向かって選手たちが頑張っている訳で…

余計な大会やショーは勘弁して使わさい…と言いたい。
洒落にならんよ…

今季のユーロ派遣ならず、ワールド派遣もならず。
そこそこ結果出しているにも関わらず(派手な成績ではないけれど)
優遇されることがなかったメンショフ先輩。
背景を考えると余計に感慨深いものがある。

メンショフ先輩。

イマイチ気分が盛り上がらない中で
元気をくれたものの一つが貴方の演技でした!

怪我を治して、ソチ五輪に向けて
くさらず頑張ってください。

確かに私が一番に応援するのは日本男子選手だったりしますが、
貴方のような選手について、どうしても触れずにはいられなかったのです。

追伸

今回の男子フリーは生放送?

生でないとしたら、あのシーンは放送しなくて良かったのではないか?(´・ω・`)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 疲れ | トップページ | 実はなかなか良かったジュベール・グラディエーター »

コンスタンチン・メンショフ」カテゴリの記事

アデリーナ・ソトニコワ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メンショフ先輩を讃え慰める:

« 疲れ | トップページ | 実はなかなか良かったジュベール・グラディエーター »

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー