« Akiko Suzuki Love Dance from Cirque du Soleil's KA | トップページ | プルシェンコに見るスケーターの歌唱力 »

2013年6月20日 (木)

馬鹿を尊ぶ~楽しい珍演技動画特集(2)またロシア編

今週の「100分de名著」(Eテレ放送中)は文豪トルストイの「戦争と平和」

壮大な長編小説でなにせ登場人物は559人あるものを、
主要登場人物3人(アンドレイ、ナターシャ、ピエール)に絞って語っている(テレビ放送は)訳で
この物語の熱烈なファンは不足を感じるだろう。
でも興味深く視聴している。
後でちゃんと読み返してみたい作品だ。

コレの第3回目を録画して見ていた。

そこでピエールについて語られている箇所で気になるところがあった。

物語の後半部分についてだと思うが

フランス軍がモスクワに入ったその日、市の中心部で火災が発生する。…と説明があり

一般の方々が逃げる中、何故かモスクワに残ることを決意したピエールのその後の行動がフリップにまとめられていた。
(映画版「戦争と平和」でピエール役やった人に似た似顔絵(?)も描かれている)

ナポレオン暗殺計画(物語最初の彼はナポレオン信者だった)
 
火事から少女を救う
 ↓
放火容疑で逮捕される
 ↓
フランス軍の捕虜となる

以上。

…う~む…簡潔過ぎる程に簡潔にまとめたのだろうが波乱万丈過ぎる…

練に練った計画なのに上手くいきませんね…と伊集院光氏がツッコミを入れると、東京大学名誉教授は笑顔でそれを受け

暗殺の為にピストル買いに出て
フランスの将校とあって酔っ払って
酔っ払った為に翌日行動できず

…という「ズッコケ」を指摘。

女性司会者もそこで

「ピエールってちょくちょくお馬鹿な感じ…というか…ドジというか」

と教授に同意を求める。

ピエールは完全ズッコケキャラにされてしまったようだ。

すると教授は

「“イワンの馬鹿”の国ですから…」

と急に別のロシア文学作品の名前を出し

「馬鹿っていうのは非常に尊ばれる。“道化”ですわね。道化が真理や真実を一番つかまえているという考え方がロシアにはあるんですよ」

とおっしゃった。

その後少女を助けた“善行”について語り、彼をフォローしていらした。

この教授、元々の御顔がそうなのかもしれんが常に笑顔であった。

この“お馬鹿”が如何なるものか確かめてみたい…というのも読み返したい動機の一つだ。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

ブログ「ロシア語自習室」様が少し前にソトニコワ選手のインタビューを載せていらしたと思うが

その中に「“戦争と平和”を読んでいる最中だ…」とかいう彼女の台詞があって

コレ読み直してみようかしら…と思った矢先にこの放送だった。

長さ考えると気が遠くなりそうだがね…(苦笑

読む時間があまりとれんかもしれんなあ…

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

「ロシア」「お馬鹿」とくれば

「アレ」だ。

ということで、無理やりロシアンスケーターによるオモシロ演技小特集をやりたくなった。

前置きが長すぎた…

以前

2013年3月26日 (火) 馬鹿を制するものが世界を制す?~楽しい珍演技動画特集(1)ほぼロシア編(←リンクしてます。)

という記事を上げておきながら
番号ふっておきながら
「楽しい珍演技動画特集」は(1)しかないという体たらく。

そうなのだ。

ただ単に(2)やることが頭から消えていたという情けない事情のせいである。

ヤグディン タラソワとのshow 『Winter』2007年2月

Winterまでの流れが素晴らしい。

セクスィーです…

【フィギュアスケート】スルツカヤのキャットウーマン

皆「赤ぬこ」について語り過ぎ…

next

プルシェン子登場。

プルシェンコ2004ワールドEX男女1人2役

「プルシェン子ちゃん」も載せてみる。

コレ作った方…エライッス!

アァ~ハァァァアアア~~ー┐_√レvv~(^q^)─wwーーァンヘ√レがきこえる

参考資料

「カリンカおじさん」登場。
プルシェンコがボイトレを受けてみた

実はコレ↓でこのロシアペア好きになったことをここで告白します。

フィギュア世界選手権EX スーパーマリオブラザース! ロシアペア(2011.05.01)

確かに「美しすぎる配管工」だ…

で…

以前も載せたのですがまたどうしても見たくなってしまったのを2つ。

そうです。ただの自己満足だ。

やはり未だに理解不能。

でもたまに無性に見たくなってしまう。何故だろう…?

アルトゥール・ガチンスキー 2011Cup of China EX

ラストはやはり

アレクセイ・ウルマノフ つるっぱげプロ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« Akiko Suzuki Love Dance from Cirque du Soleil's KA | トップページ | プルシェンコに見るスケーターの歌唱力 »

アルトゥール・ガチンスキー」カテゴリの記事

アレクセイ・ヤグディン」カテゴリの記事

エフゲニー・プルシェンコ」カテゴリの記事

レジェンド」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

濃いですね…ロシアのスケーターはフィギュアスケートを愛しているのがよくわかりました。
どれもキャラクターが良く出ていて飽きないですね。つい何回も見たくなる動画だと思います。

>柴犬様

これも「フィギュア愛故に」なんでしょうか!?
そのうちリーザもこういうのやらされてしまうのか…?
こういう点も含めてロシアから目が離せません!

リーザやアデリナも…!
オソロシアですね。そう、スケートを愛していて、自分のスケートを見に来るファンを楽しませようという
気持ちが無いと出来無さそう!あの歌謡ショーもファンサービス的なものだと思いました。

スルツカヤのキャットウーマンですが、あんなにセクシーでもウっ~フンアハ~ンにならないのは良いと思いました。
今週末もタレミミさんのビデオを見て楽しみます、ありがとうございます。

>柴犬様

>オソロシアですね。そう、スケートを愛していて、自分のスケートを見に来るファンを楽しませようという
気持ちが無いと出来無さそう!あの歌謡ショーもファンサービス的なものだと思いました。
歌謡ショー(笑)…というより、一応スケート主体のショーで歌もあるよ!(v^ー゜)…なショーなんだと想像します。
でもウルマノフ氏とプルシェンコは歌うメンツに入れずに滑らせるのが得策だと思いました!
誰も疑問を持たなかったのか…?それとも…日本でいう「ドッキリ」みたいなもので、
「これはこれでオモロイからやってしまえ!」
…な企画なのか?おそロシアのみぞ知るところです。
キャットウーマン、健康的な色気でお客様をしっかり楽しませてくださいました。大好きですheart01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1824253/52118320

この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿を尊ぶ~楽しい珍演技動画特集(2)またロシア編:

« Akiko Suzuki Love Dance from Cirque du Soleil's KA | トップページ | プルシェンコに見るスケーターの歌唱力 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー