« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月25日 (木)

原宿ガール?

某所で拾って気になった画像。

ケイトリン嬢とゴールドちゃんと思われる。

Gg

何故かこの音楽動画を載せたくなった。

きゃりーぱみゅぱみゅ - ファッションモンスター,Kyary Pamyu Pamyu Fashion Monster

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

スケーターの画像出しつつも

内容はまったくフィギュアじゃないものになって申し訳ないが・・・

ちょい前にスウェーデン男子小特集やった時

何故かギャグマンガ日和のオープニング曲(以下OP曲と省略)に触れてしまい

他のOP曲もついでに聴いてしまい・・・

耳からしばらく離れなくなって困っていた。

だからといってはなんですが・・・

動画載せます。(エライ迷惑な話だ・・・)

まず、歌詞の展開の変化を楽しめるコレ・・・

そういえば歌っているの、すごいよ!マサルさんの声の人だよなあ・・・

ギャグマンガ日和2OP(フリーバージョン)

後、聴いているだけで息継ぎが苦しくなりそうなコレも・・・

(ある意味)作った人間と歌った人は天才だと思う。

歌詞付き。

希望の宇宙の・・・ Full

寝る前に見てしまい、悪夢を見てしまっても、当方一切責任を持ちません。(ヒデエ・・・)

私は何かから逃避しているような気がしないでもない。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

THE ICE2013初日 真央画像色々

お休みすると言いつつ・・・

気になった画像上げてみようと思う。

まずはお疲れ様でした!

・・・ということで・・・

The_ice_maia

マイアちゃんが上げてくださったもの。

後は真央ちゃんだらけにして終わろうと思う。

The_ice2013_2

コレ、EX衣装のようですが、素敵ッスshine

ゴールド似合うな・・・

デザインもシンプルでGOOD!good

やはり彼女はシンプルな方が映える人なのかも・・・

このままソチでも金とっちゃえよ…と思ってしまうのがファンの心意気というもの。
(多少「痛く」とも勘弁していただきたい・・・)

すぐ上の写真は特にスタイルの良さと立ち姿の美しさが際立つものだと思う。

Smile
Smile_2

コレはもっと大きい画像で見るとハッキリ分かるが

目がキラキラしておる。

やましいことがある人間はこの目をマトモに見ることが出来ないと思う。
(そこまでいうか・・・)

The_ice

健康美!

The_ice_2

相変わらず

「美しすぎるスパイラル」shine

だ。

ショートで女子のスパイラル復活させろよ・・・コノヤロー!!(*`ε´*)ノ

と思うのは私だけか?

2013theice

THE ICE名物(?)ジェフ&真央ペア。

今年もあったのね!

アメリカン・グラフィティテイスト?

Photo
真央ちゃんのみのもの。

見えを切っている訳ではなさそうだ。

見ようによってはミッ●ーマウスの彼女(?)に見えなくもない。

かぶりもの無しでディズニー・オン・アイスに出演出来そうだ。

The_ice_2013

こんなポーズのゴールド真央もあった。

キツそうな体勢ながら笑顔。

流石である。

も一つ追加っ!

Photo_2

ノクターン真央と思われるもの。

ジョジョを思い起こしてしまうのは私だけだろうか?

何か柔らかそうな女性的な衣装来てるのだが妙にカッコいい・・・

SP披露したのだな。楽しみだ。

The_ice2013_2

はっぴ真央で締め。

可愛らしい。

オレンジを使用しつつ、ちょっと柄が渋めなのも良い。

何故かこの時の真央ちゃんの顔が「若い」印象あるのはメイクのせいか?

シニアデビュー当時っぽい気がする。

最後はTHE ICEのフィナーレで使用される「君の瞳に恋してる」の動画2つ紹介して終了。

よく知られているのはBoys Town Gangバージョンの方だと思う。

Boys Town Gang - Can't take my eyes off you

が、最初にこの曲をヒットさせたのはこの方↓らしい

君の瞳に恋してる - フランキー・ヴァリ

この方もなかなか味がある。

ではこの辺で・・・

おやすみなさい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年7月24日 (水)

久々に真央ちゃんを見て・・・THE ICE 2013始まる

THE ICE 2013 フィナーレダンスレッスン

今日からTHE ICE2013開幕でしたっけ?

観に行く方、楽しんでいってらっしゃいませ。(*^ω^*)ノ彡

バトルサン…何か「先生」って呼び名がしっくりくる雰囲気になりましたな・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「ザ・アイス」大阪公演放映のお知らせ

2013年7月23日

「ザ・アイス」大阪公演の模様を収録した番組が関東地方で放送になります。

◇8月1日(木)15:30~16:30(フジテレビ)

お楽しみに!

(スタッフブログより)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

上記のニュースはありがたいことだけれど

この↓放送局というのがちょっと引っかかるトコロ・・・

http://www.fujitv.co.jp/sports/figure/the_ice/index.html

しかも実況が例のしょっぱい御方ではないか・・・_| ̄|○

何か例のことがあって、某局が「真央囲い込み」とか妙なニュースもあったので

あまり喜ばしい気分になれないけれど・・・

まあ、真央ちゃんや他のスケート演技観られるのを良しとすべきであろうか。

もう動画消されてしまったけど・・・
(出遅れてしまいました_| ̄|○)

久々に真央ちゃんが動いている姿見ただけで・・・

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー!!!!!

・・・という気分にさせていただいたので久々にブログ書いてみました。

他にも色々書きたいことあれど

完全に遅れをとりましたな・・・

とりあえず THE ICE関連のみ。

古布団が何げに宣伝部員(?)として頑張っているようだ。

色々写真上がっているようだね。

The_ice2013

楽しそうだ。

何か古布団とアボット・・・似てないか?(今更ながら)

Photo
なかなか様になっている。

Photo_2

これはいったい・・・?

なかなかシュールな図だ。

The_ice20132

これは古布団作・・・なの・・・か・・・??

なかなかの力作である。

その他。

Kevin_birthday2013

ケヴィン君、お誕生日おめでとう!

コレ、良い写真だ。

良い演技をして、日本を楽しんでいってくだされ。
(他の来日したキャストの方々もね!)

Mura


Muratowl

無良崇人選手応援ページ~空も跳べるはず~  ←リンクしてます。

無良タオル・・・カッコいいじゃないですか・・・

男らしいッス。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

あと・・・

THE ICE関連じゃないけど気になったニュース

アモ・・・

モロゾフの元を離れたとのこと。

Amodio leaves Morozov, starts training with Krier

↑icenetworkにリンクしとります。

モロは大輔やいり煮府・・・否、イリニフ達の方に肩入れしちゃっているのかしら?

トップ選手二人持つってのは・・・やはり色々あるわね。

モロの元を離れてのアモディオを見てみたい!・・・という方は結構いらっしゃると思うが

「この大事な時期に」ってので心配する方多いと思う。

それにしてもモロ・・・

何か色々「ついてない」感じするなあ・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

素敵衣装での「チラ真央」

キレイなジャンプの真央ちゃん

元気そうな真央ちゃん(他キャスト達)見て

ちょっと復活してみた。

が・・・

PC向かう時間がしばらくとれないこともあり

またちょっと休みます。

コチラも色々あるのです・・・( ´・ω・`)

珍しく某女性誌が良い記事をあげた(宮本先生関連)ことについても色々書きたかったが・・・

一旦失礼する。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年7月21日 (日)

スウェーデン男子小特集

あるスウェーデン男子をネタにした動画みてしまったら・・・

何故か彼らの小特集をやりたくなった。

3人やります。はい。

まずはソチ五輪目指さないよ宣言してしまった彼。

いきなりこの動画から入る。

やはりコレも自分で考案したネタ・・・いや、プロなのか?

アドリアン・シュルタイス 「すっきりカルメン」stockholm ice 2010.4.2

上のだけではアレなので・・・ジャパンオープン、プルシェンコの代理で出た時のを。

が・・・解説・・・

言いたいことはわかるが、見た目にツッコミ入れるのもたいがいにしていただきたくなる・・・

「独特」だよな・・・確かに・・・

アドリアン・シュルタイス 2008 Japan Open

アレクサンドル・マヨロフ君。

ユニークなお名前である。

名前見ると「マヨネーズ」連想するのは私だけか?

彼を見て

どうしても言いたくなってしまうことがある。

「餅」・・・

この動画では「アレキサンダー」君表記。

どっちで呼ぶのが筋なんじゃい!?と思ってしまう私は嗚呼・・日本人・・である。

彼のキスクラの様子を見ると餅になるのも理解出来る。可愛い選手なんだがな・・・

アレキサンダー・マヨロフ スウェーデン選手権2010 SP

マヨ君、も一つ。

アレクサンドル・マヨロフ 2011Skate Canada FS

ボレロはシングルの競技で使用するのは難しい・・・とつくづく思わされる。

が、実はこのプロ、嫌いじゃない。

お客様を魅了するまでいかなかったのは残念だが。
(ジャンプの軸と着氷がちと怖い・・)

問題は・・・

「鼻歌ボレロ」と動画タグにあった通り

隣の家の風呂場から聞こえてくる雰囲気な曲のアレンジにもありそうだ。

あと・・・

黒だけど「餅」が強調されそうな衣装も気になるトコロだ。

ソチ五輪は彼が出場することになるのかな?

精進せいよ・・・

最後

真打(?)

クリストファー・ベルントソン

この前特集やったけど

載せる。

ベルントソン 心停止プロ 世界選手権2005 SP

見所は

「死んでガッツポーズ」

地元の大歓声の中での演技。サッカーの応援のようだ。

シュルタイスの時もスゴイ声援だったっけ。

ありがたいものである。

「イケメンの有効活用」タグ有り。

08 World Men SP Kristoffer BERNTSSON

ちなみにこの小特集をやるきっかけになったものは・・・

【フィギュア】ジャンプ!スウェーデン男子を歌ってもらった【MAD】

参考資料

元ネタ

【注】EDの映像の中には夜中みるとうなされそうなものもございます。嫌な方は出だしのOPのみご覧下さい。

ギャグマンガ日和 一期 OP、ED 【映像あり】

これを見ると、確かに

「全員台に乗れる」というのが分かる。

Swedish Nationals 2010 現地ニュース映像

では おやすみなさい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年7月20日 (土)

辞める日を決めると頑張れる?

あっこちゃんの記事を書いたら、ちょっと前の真央ちゃんについて書かれたものも取り上げたくなってしまった・・・(;´▽`A``

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

(MSNライフスタイルより)

キャリアの星・大原鶴美が読み解く あの人のイチ抜けポイントboutique

辞める日を決めると頑張れる!引退をほのめかした浅田真央の“すごい考え方”

ソチ五輪後に引退をほのめかしたフィギュアスケートの浅田真央選手。それは、辞める日を決めることで最大のモチベーションとパワーが引き出されるから…。

夢や目標を持ち、それに向かって突き進む生き方をしている人を見るとすてきに感じます。ましてその人が1歩1歩着実に目標を達成し、描いていた夢が実現していくプロセスを見る機会があれば、その真っすぐな生き方に魅了されると同時に、勇気をもらえることがありますね。

例えば一流のスポーツ選手の生き方に感動し、「自分も夢を持とう」「頑張ろう」という、シンプルですがパワーを必要とする"ポジティブな生き方"へと、シフトできることも少なくありません。

ですが実際には、夢や目標を描くところまでは出来ても、待ち受ける苦難や課題にぶつかった時、途中で挫折してしまうか、もしくは課題と葛藤(かっとう)の末、仕方なくあきらめるといった場面に遭遇する人もいるのが現実です。

また、強い意志と行動力で夢をかなえてきた人も、周囲から見るほどいつも幸福とは限りません。1つの夢や目標を実現させるため、ほかに多くの犠牲を払ったり、夢に向う途中で他の夢を複数描いてはそれを捨てたりすることもあるでしょう。

若くして夢と目標に挑み続けている女性、フィギュアスケート選手の浅田真央さん。

2010年バンクーバーオリンピックの銀メダリスト。幼いころから注目を浴び続けてきた、もっとも国民に愛されているスケーターと言っても過言ではないでしょう。

彼女のこれまでの努力と戦績は、みなさんもよくご存知のことと思います。

浅田さんは今年の春、「ソチ冬季オリンピックのシーズンを限りに引退するかもしれない」という意向を明かしました。現在22歳という年齢を考えると「早すぎる」と感じた人も多いのではないでしょうか。

彼女の「引退するかも」発言は、これまで目標に向かい過酷な練習を重ね、戦い続けてきた上でのもうこれ以上がない"ウルトラC級"の自分に対する"モチベーション固め"と言えるでしょう。彼女は決して疲れたから、年齢が20代半ばになるから、などといったありきたりな理由で引退をほのめかしているわけではないと思います。

浅田さんはこれまで、特にシニアに進んで以降の7年間はアップダウンの激しい結果と戦い続けてきました。途中でコーチを変え、オリンピックの銀メダリストとしてのプライドを横に置き、自身のジャンプをすべて基礎から習得し直す。その過程は、我々には想像もできない過酷な日々だったことは言うまでもありません。愛する母親の死さえも乗り越え、普通の選手の10倍は練習すると言われるほどハードなアスリート生活と、国民のアイドルであり続ける生活を並行して続けてきました。

大きな大会においては毎回国民の期待を一身に背負い、世界と戦いました。ジャンプが上手く跳べたのかどうか? トリプルアクセルは跳ぶのか? 跳ばなかったらなぜ跳ばなかったのか? 跳んでもミスが生じるとすぐさまビデオを見て自己検証し、今後についての課題を間髪入れずに報道陣の前でコメントする。自分のことで精一杯になって、ノーコメントでも許されるであろう大舞台でも、彼女は常に「日本の代表」としてあり続けてきました。

浅田真央さんのメンタリティは壮絶な戦いにも負けぬよう、常に自身でコントロールを続けてきたからこそ強いのです。その工夫と深さは計り知れません。
自分が乗るか反るかの"腹のくくり"が必要な時、「辞める日を決める」という方法があります。これは、自分自身が大切にしてきた仕事や走り続けてきた人生で大きな優先順位を占めるものに、「辞める」という終着点の期限を設けることです。

辞める日。つまり終着点が決まるとこれまでには出たことのないパワーとメンタリティが宿ります。彼女にとって何よりも優先してきた選手生命を、ソチオリンピックまでの期限とした今こそ、彼女自身に体験したことのないプレッシャーとモチベーションがかかっていることでしょう。

すさまじいまでの目標に対するこだわり。
ゴールまで走り、景色がまた違ったものになれば続けたって構わない。浅田さんにとって、ソチでさらにフィギュアの世界で遠くを見渡すようになれば、続けることもあり得るでしょう。また、人が持つ夢は生涯に1つだけとは限りません。彼女がソチで見る景色に、もう1人の自分としての景色が見えれば、その道にまっすぐに進むことでしょう。

いかがですか?
もし自分で描いた夢や目標に何年も取り組んでいるにもかかわらず、真の達成を得ていないとしたら、いったん「辞める日」を宣言してから再スタートする。これほど本気のやる気はないでしょう。そんな風に自分を走らせてみるのも一流のアスリートに学ぶ選択肢の1つですね。

■大原鶴美 (おおはらつるみ)
1965年生まれ。20年以上に及ぶコンサルティング活動を通じて開発した独自の「ロールプレー・トレーニングセミナー」は既に全国で7万2000人以上が実践し反響を呼んでいる。現在も毎年約1万人以上が体感中。あらゆるビジネスシーンから実生活にも役立つ"即感"トレーニングであり"'最強"のクローザー、プレゼンテーター養成講師として全国各地の企業や大学に招聘されている。東京では自身のスクールも開講しており、プロを対象にした「コミュニケーションスキル」を指導している。
またTVショッピング界ではプレゼンテーターの顔も合わせ持ち、「5分間に1400万円を売るカリスマ」としても知られている。
日本テレビ「行列のできる相談所 芸能人通販王決定戦」のコメンテーターとしても出演。「女性なのに男前」と言われる快活なトークは定評がある。
大原鶴美事務所 代表取締役社長
NPO法人 日本コミュニケーションスキルアカデミー 副理事長

<主な講演、トレーニングテーマ>
・カリスマプレゼントレーナー
5分間に1500万売れるワケ/売れる!話し方/ヒットの仕掛け/消費者を魅了する表現術/目からウロコの演出術/商品魅力の引き出し方/プレゼン成功術/ 他・コミュニケーションスキル講師
すぐに効果が出るビジネスコミュニケーション/人を惹きつける身のこなしと見かけ/嫌われない人付き合い/モテるコミュニケーション方法/誰にでもすぐにできる!面白ロールプレートレーニング/婚活、就活の成功術/ 他

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

上記記事の下の方に大原鶴美なる方のプロフィールをそのまま載せたのだが
(リンク先記事には写真付きでございます)

これがなかなかスゴイ!

「カリスマプレゼントレーナー」shine

ですよ!

プロ向けのコミュニケーションスキルの講師を職としている方のようだ。

スポーツの世界の方ではないが、メンタリティについても色々と見識をお持ちのようだ。

良い記事だと思う。

が、ここで言われている

>「引退するかも」発言は、これまで目標に向かい過酷な練習を重ね、戦い続けてきた上でのもうこれ以上がない"ウルトラC級"の自分に対する"モチベーション固め"と言えるでしょう。

>自分が乗るか反るかの"腹のくくり"が必要な時、「辞める日を決める」という方法があります。これは、自分自身が大切にしてきた仕事や走り続けてきた人生で大きな優先順位を占めるものに、「辞める」という終着点の期限を設けることです。

終着点が決まるとこれまでには出たことのないパワーとメンタリティが宿ります

説得力のある意見であるが、タイトルに「?」をつけたのは、以前報道ステーションの寺川綾さんのインタビューにて逆のことが言われていた気がしたからだ。(確か松岡修造がインタビューアだったような・・・)

引退覚悟で頑張る”という選手がいるが

引退を考えては脳学的にはモチベーションは上がらず、メダルはとれない

とか言ってたっけ。(詳しいことはちょっと忘れちゃった)

事前に引退を決めてしまうと、脳が体にこれ以上頑張らなくていいという指令を与えてしまう・・・とか。

だから引退発言を撤回したとか。

これはこれで説得力がある。

とはいえ、期限を決めて実際結果出しているケースもある訳で・・・

専門家でないし、実際選手育ててる訳でもないからな・・・わからん!(おいおい!(゚Д゚)ノ)

どう気持ちを持って行けば良いか

結果出すアスリートの方々に共通点があることも多いが

やはり個人差もある訳で

それぞれ勝負への持っていき方も変わっていくだろう。

タイムを競う競技と採点競技の性質の違いもあるだろうしね。

まあ、でも本番の大舞台で最高のパフォーマンス出来るように持っていく・・・というのは同じだな。

ただ大原先生、

「辞める日」を宣言してから再スタートする。

ということも提案しているんだよなあ…

>ゴールまで走り、景色がまた違ったものになれば続けたって構わない。浅田さんにとって、ソチでさらにフィギュアの世界で遠くを見渡すようになれば、続けることもあり得るでしょう。

とかね。

何となく「やめない予感」もあるのかな?
(一旦お休みして復帰する可能性もあるよね)

真央ちゃん自身も一応引退をほのめかしているが、

「強く断言」という程ではない。(増塵が言わせたがっていたがね)

ソチ五輪で一区切り…という風に考えているとは思う。

「強く断言」しないのは、メンタルトレーナーさんのような方(彼女にそういう存在がいるかは不明だが)がいて、その手の話しを聞いたことがあるからかな?…な~んて…違うか・・・
( ̄▽ ̄;)
(でも報ステのインタビュー見てた可能性もあるか・・・)

多くのアスリートと同様

「楽観的」とも言われる彼女。

彼女が大舞台で最高のパフォーマンスが出来るのを楽しみにする以外

ファンはしてあげることはなさそうだ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

【鈴木明子のHAPPY SKATING】現役最後の2曲

結構前の記事だけど・・・

我がブログに残しておこうと思った。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【鈴木明子のHAPPY SKATING】現役最後の2曲 振り付け大満足

2013.7.3 17:29

 毎年恒例となっている米デトロイトでのシーズンで披露する曲の振り付けが終わりました。最初にショートプログラム(SP)のために、5月13日から28日まで2週間。帰国してアイスショーに出演した後、再び6月10日から2週間、今度はフリーの振り付けに行ってきました。

 人生のドラマ演じる

 SPの曲は「愛の讃歌」をバイオリニストの古澤巌さんにオリジナルで弾いていただいたもので、人生を謳歌(おうか)するような壮大な感じに仕上がりました。実は長久保裕コーチの大好きな曲で、「いつかこの曲で演技したいね」と話していました。振付師のマッシモ・スカリ氏からは、「あなたのスケート人生のドラマを演じなさい」と言われています。

 フリーは「オペラ座の怪人」。こちらは、ここ数年の中で私自身が滑ってみたいと思っていた曲です。エモーショナルにクリスティーヌを演じます。振り付けを担当してくれたパスカーレ・カメレンゴ氏も大好きな曲で、彼の振りつけるオペラ座を表現してみたいと思ったのも選んだ理由の一つです。2曲ともとても気に入ったプログラムができました。

 ソチ五輪シーズンが私の現役生活の最後。つまり、この2曲が選手として滑る最後のSPとフリーになります。

 デトロイトでは、SPの曲を作るために最初に渡米したときに、のんびりと時間を過ごすことができてリフレッシュもしました。リンクではいつも通りに滑りましたが、残りの時間で仲間たちとバーベキューに行ったり、ロッククライミングに挑戦したりしました。

 誕生日が復活転機

 五輪プレシーズンの昨季は、最後の演技となった4月の世界国別対抗戦で、フリーの133.02点とSPとの合計得点199.58点がともに自己ベストを更新して締めくくることができました。世界選手権で12位と不本意な成績に終わったので、もう1回チャンスをもらえたのでいい形で終われたらいいなと思って臨んだのですが、実は28回目の誕生日が復調のターニングポイントになりました。

 3月に世界選手権が開催されたカナダから帰国した後も、最初は気持ちを引きずっていてうまく練習に身が入りませんでした。しかし、3月28日に誕生日を迎え、まわりの友達がたくさんお祝いをしてくれました。東京や名古屋で1週間に5回くらいケーキを食べました。

 このとき、お祝いの言葉とともに私の調子をすごく心配してくれている様子が伝わってきました。「こんなにもたくさんの人たちが応援してくれているんだ」と胸が熱くなり、「また頑張ろう」と気持ちを切り替えられました。練習に集中して臨めるようになったことが、国別対抗での成績につながりました。

 友達で視野を広げる

 誕生日を祝ってくれた友達の多くは、スケートの競技とは直接関係のない人たちです。

 私は6歳からフィギュアスケートを始め、大学を卒業後は、特に生活の時間のほとんどをスケートに費やしています。

 こうした生活スタイルは、大好きな競技に打ち込める半面、自分の視野が狭くならないかという不安もあります。なので、なるべく意識して自分の世界を広げるために、スケート関係以外の人たちと交流するようにしています。競技以外の人たちの考え方から刺激を受けることが、スケートの向上につながることもあると思っています。

 東京で遊ぶ仲間は、アパレル関係やライターの仕事をしている人たちで、名古屋でも大学卒業からまもなく始めたヨガ教室を通じて知り合った人たちと仲良くさせてもらっています。

男女は問わず、年上の人たちが多く、人生の先輩としてアドバイスをもらったりもします。

 お酒を飲んだりするときも、スケートの話題になることは少なく、私としては別の世界の話が聞けたりして気分転換にもなります。スケートのことで悩んでいるときも、競技のことをあまり知らない人のほうが「そんなに深く悩まなくてもいいんじゃない」とサラッと言ってくれるので、不安が解消されることもあるのです。

 フィギュアスケート選手としてだけでなく、28歳の女性としても成長していけるように、日々の時間をどう過ごすかは大切なことだと思っています。(フィギュアスケーター 鈴木明子/SANKEI EXPRESS)

 ■すずき・あきこ 1985年3月28日、愛知県豊橋市生まれ。フィギュアスケート女子シングルスで2010年バンクーバー五輪8位入賞、12年世界選手権銅メダル。邦和スポーツランド所属。趣味はヨガ、読書。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2013 DOI  Akiko Suzuki

タイトルが「現役最後の2曲」なのにEX動画。

以前、AOIのものを載せたのだが、DOIの動画見てまた載せたくなった。

コチラの方が髪型や衣装の詳細もわかる。髪型凝ってるなあ・・・

コレ・・・いいですね。改めて言うのもナンだけど。

コレ競技プロでも良いくらいだと思ってしまった。

採点の件で色々思ったことがあった国別のも載せてみる。

あっこちゃんのは良い演技だったので。

「鳩リック・チャン」というタグがついていた動画である。

2013WTT FS  鈴木明子 Akiko Suzuki

元々表現に定評があった彼女だが、最近更に磨きがかかっている印象。

小手先の表現ではなく、あくまでもスケート技術ありきのものだ。

彼女の存在に気づいたのはバンクーバー五輪。
(バンクーバーニワカなもので・・・中野ゆかりんとの全日本の死闘の件など知らなかったのだ)

ウエストサイド物語の曲に乗せて滑る彼女は私を感動させたものだ。

それも載せちゃおう・・・(^_^;

□鈴木明子 Akiko Suzuki [2010年 バンクーバー五輪 FP:BBC版]

今はすっかり亀連後氏のお得意様になってしまったが、

コレを見直すとまたボーンの振り付けやってくれないか?とも思ってしまう。

SPは元アイスダンサーのマッシモ・スカリ氏のものとか。
(変換すると・・・「末子もす狩り」になってしまった・・・)

「愛の讃歌」かあ・・・昨シーズンEXの「シェルブールの雨傘」もスカリ氏のだっけ。

路線的に何となく分かる気がする。

が、ちょっと個人的に「違う」気もする。

とはいえ、エモーショナルな演技が得意な彼女。

フリーも合わせてドラマチックなスケートを見せてくれると期待するっ!

最後に亀連後・・・す狩り・・・と来たので・・・

という訳ではないけれどバンクーバー五輪時の動画で締める。(アイスダンスです)

FD5位。総合5位のこの演技。

2010 Vancouver Olympic フェデリカ・ファイエラ&マッシモ・スカリ組 FD

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年7月18日朝●新聞朝刊より~「らしい」といえば「らしい」記事

ちょっとフィギュアスケートから離れますが・・・

某国関連でちょっと気になったものがあったので・・・

まずvoice声欄(読者様投稿)

北海道の70代男性からの投書らしい。

今回の事件でアシアナ航空側の「痛くない」部分をフィーチャーした珍しいものだと思ったので。

実際この問題について投書した方って、おそらく航空側の問題点を突いたものが多い気がするんだけど・・・

朝●読む人間は異なるのだろうか・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

客室乗務員の冷静な行動称賛

 韓国アシアナ航空機が今月7日、米サンフランシスコ国際空港で着陸に失敗して中国人の少女3人が亡くなった事故。報道によると、客室乗務員の責任者が記者会見、機敏な行動が犠牲者を少なくしたことをうかがわせた。
 彼女は、機長の指示で乗客の脱出を誘導した。脱出シューターの不具合もあったが、負傷者を支えながら脱出させ、さらに機体の前方に燃え上がる炎を見ながら、乗客が全員避難したかを確認したうえで、最後に避難。間もなく機体は炎上した。彼女は事故の際に尾てい骨にひびが入ったが、乗客の安全避難誘導に夢中で後で分かったという。こうした行動が乗客に冷静さを与え、避難を成功させたのだろう。
 乗客や消防関係者からも称賛の声が上がったという。客室乗務員は、華やかな側面が強調されがちだが、一義的には保安要員。こうした行動は当然ではあるけれど、やはり頼もしい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

確かに避難成功させたのはエライ。

が・・・どうしても・・・

こういう↓ものを見てしまうと、こーいう方が「ああ…某国らしいね」と思っちゃうのは日頃の行い故であろうか・・・

韓国のアシアナ航空機事故への対抗策がマジキチ(エアライン本舗より) ←リンクしてます。

あとその投書と偶然同じ12面にあったもの。

これも「らしい」ので載せてみる。

社説 余滴 

脇阪紀行(わきさかのりゆき)氏(国際社説担当)本人の写真付き記事である。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 
ドイツが心配するニッポン

 東京・紀尾井町のビルの中にドイツ日本研究所がある。 
 ドイツ政府が出資して、バブル期の1988年に設立された。日本経済の強さの秘密を探るためだった。
 当時の日本は世界中から注目されていたが、研究所までつくった国はほかにない。
 それから四半世紀。12人のスタッフがいまも研究を続けるが、研究テーマは大きく変わった。
 急速に進む人口減や高齢化がデフレにどう影響しているのか。アベノミクスで問題は解決するのか。日本人の幸福感は変化しているのか――。
 「この困難を、日本がどう乗り越えていくのか、とても関心があります」。日本に滞在して22年になるフロリアン・クルマス所長は話す。
 そのクルマス所長に理解できないことがある。韓国や中国との関係がこれほど悪化しているのに、参院選でほとんど議論されないことだ。
 「どうして近隣国との関係を良くしようという議論が交わされないのか。国民も政治家も内向きになりすぎているのではないか。欧州9カ国と国境を接するドイツでは考えられないことだ」
 日本政治を追うクリス・ウィンクラー研究員は、在日韓国・朝鮮人らに「ぶっ殺せ」などとヘイトスピーチを浴びせるデモの広がりが気がかりでならない。
 「他民族を侮辱し、その存在を否定するヘイトスピーチが、日本ではなぜ許されているのだろう」
 ドイツ刑法には「民衆扇動罪」という条項があり、左右両極の暴力的な政治運動や過激な表現を規制している。ユダヤ人を大量虐殺し、ドイツを破滅に追い込んだナチス独裁への反省からだ。
 法的規制がほとんどない日本の現状が、不思議でならないらしい。
 もっとも、そのドイツも歴史問題や右翼的な潮流から完全に解き放たれているわけではない。
 東西ドイツの統一を成し遂げた90年代には、ナショナリズムの高まりを背景に過去の歴史を正当化する論議が再燃した。右翼勢力による外国人排斥はいまも続く。
 ドイツの指導者たちはどうしたか。まず人びとの不安の土壌となる失業を減らし、生活水準を引き上げることに努めた。欧州統合を推進するのも国家間の不信の根を断ちたいという思いからだ。
 日本こそドイツをもっと研究すべき時かもしれない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ヘイトスピーチに問題があることも確かだが、ドイツやナチスの例を出して牽制してるやり方がどうもなあ・・・

>「どうして近隣国との関係を良くしようという議論が交わされないのか。国民も政治家も内向きになりすぎているのではないか。欧州9カ国と国境を接するドイツでは考えられないこと」
ドイツの近隣国に某国のような国があるか…?

まあ、欧州近隣国同士の関係も、過去を振り返ると決して良くはなかったと思うがな…

>ドイツの指導者たちはどうしたか。まず人びとの不安の土壌となる失業を減らし、生活水準を引き上げることに努めた。

↑日本においても、コレは今やろうと頑張っているところではないのかね?

成功するかどうかはまだ未知数なれど。

「反日無罪」という言葉があったり・・またロビーで日本に不利なことを進めようとしたり…等など

それ程アチラに異様な程に気を使うのであれば

ある意味キ●ガイじみている程日本を仮想敵としている所と
どう「紳士的に」付き合っていけば良いのか

提案していただきたいと思う。

今のところ、必要以上に近寄らないこと以外言える言葉が見つからない。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年7月17日 (水)

クリストファー・ベルントソン小特集~フレンズIN記念

Friends on Ice 2013 ←リンクしとります。

・・・面白い・・・と思ってしまった。

彼は荒川さんとどういう関係なのだ!?∑(=゚ω゚=;)

と思ってしまった。

まあ、「フレンズ」だから「お友達」なんだろうな・・・

でも・・・

結びつかねえ・・・( ̄Д ̄;;

荒川さんも計り知れぬところを持つお方である。(大袈裟?)

スウェーデンというと私は・・・ アドリアン・シュルタイス君(引退。嗚呼・・・)を思い浮かべてしまうのだが

やはりその先輩格に触れない訳にはいかないようだ。

シュルタイスより性格的に癖がなさそうな印象があるが
(何かスゴク性格良さそうに見える青年だ。が、シュルタイス君がその逆だと言いたい訳ではないぞ!)

変・・・

スウェーデンというと

「ドラゴンタトゥの女」(原作題:ミレニアム)

イングヴェイ・マルムスティーンくらいしか思い浮かばない私だが

スウェーデンフィギュアスケーターの独創性に憧れを抱かざるを得ない。

例え「変」であってもだ。

まあ、「変だ」としても

美しさshineで帳消しに(何がだ?)なるだろう。

見所

ルックス

編曲・・・というか変曲(妙な効果音もたまに有り)

必殺「おほほスピン」(スピン巧い)

実はフットワークも巧い。

着氷危うし

【ア゛ーッ!】クリストファー・ベルントソン【ア゛ーッ!】

これは着氷危うくない

知らず知らずのうちに「日本人の心鷲掴み」動画

中盤で使っている某曲、

日本のバンドと知らずに使ったというのは本当なのだろうか?

出だしからクライマックス(?)なのも見所の一つだ。

クリストファー・ベルントソン 2007 Worlds FS

あとEXですが・・・

妙に気になったものを・・・

「出だし」は「普通」である。

「出だし」はね。

Stockholm Ice 2012  クリストファー・ベルントソン

おまけ

色々います。ベルントソンさんは一瞬だけ。

それにしても「ジェフっち」って・・・orz

荒川さんの横にいる時のランビエール氏の態度が・・・ツボだ。

海外スケーターの日本語コレクション

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

やりがいのあるビートルズ・メドレー 高橋大輔

イマイチ気分が上がらぬ中

気持ちを上向きにさせてくれたのは次の記事だ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

やりがいのあるビートルズ・メドレー 髙橋大輔

2013.7.16 15:30

【冷静と情熱のあいだ】

 いよいよオリンピックシーズン。既に4月からシーズンスタートという気持ちだから、今年は完全なオフは取らず、プライベートでは引っ越しをしたくらい。5月にショート(SP)、フリー(FS)、エキシビションの振付を韓国とカナダで済ませた。6月から徐々にエンジンをかけ、7月はアメリカとカナダで本格的なトレーニング中。シーズンインまで時間はないという意識が強い。

 「苦しくても笑いなさい」

 今季FSはローリー・ニコルの振付で『ビートルズメドレー』。他の候補曲もあったけれど、他は聴かずに迷わずピンときた。でもまさかのビートルズ。自分でも意外だった。そしてまさかのタンゴも入っている。最初ローリーからは彼女のお気に入りタンゴの『カム・トゥゲザー』の提案が来たけれど、この1曲だけでは難しいと相談したところ、実は全体の一部で、『イエスタディ』『カム・トゥゲザー』『フレンズ・アンド・ラバーズ』『イン・マイ・ライフ』『ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード』のメドレーを提案された。僕はどれも気に入っている。前々から、オリンピックシーズンには皆が知っていて感動できて、そして希望がある曲で滑りたいと考えていたので、まさにピッタリ。

 このメドレーの曲順にローリーも苦心したらしい。それぞれの曲に、色々な才能が集まり、思い出があって、友達や好きな人のことがよみがえり、スケートの歴史に感謝して、紆余(うよ)曲折しながら道はつながっていく、というさまざまな意味が込められ、ローリーからは「とにかく、about love。特に『イン・マイ・ライフ』では練習中も、どんなに苦しくても笑いなさい」と言われた。曲が感動的なだけに、「滑る自分は大丈夫?」と不安が大きい(笑)。

 スケートとしてもさまざまな要素が盛り込まれているから、かなり難しいけれどやりがいのあるプログラム。間の取り方など今までにない新鮮さも感じている。僕はこの数年、ジャンプを飛びやすくするためにつなぎのステップを簡単にするのではなく、音に合った作品としていいものをずっと求めていたので、そういうフラストレーションも解消されているし、自分自身が曲に助けられて滑ることができる感覚もある。

 ローリーにはスケーティングのレッスンも受けた。振付よりむしろスケーティングの指摘のほうが細かかった。実はプログラムの中にコンパルソリー(氷に図形を描く「フィギュアスケート」の原点で現在のSPの前身)でS字を描く要素もあり、これはスケーティング・スキルの低さがバレてしまうから(笑)、今はこのコンパルソリーと格闘中。ほとんどの時間をスケーティング練習に割いている。ミリ単位で図形を描くコンパルソリーは体の微妙な感覚が僕にはわからず、ほぼ素人。昔、これで競技をしていた長光(歌子)先生はさすがにうまい。僕はできない自分に腹を立てながらも、スケートの奥深さを実感。スケーティング練習のおかげで、ジャンプの調子もよくなっている。

 ローリーの振付は去年はかなわず、今年ダメ元でのお願いで実現した。もし去年かなっていたら、去年がビートルズになっていたかもしれない。やはりこの曲は今季のタイミングでよかったなと思う。

せつない中に強さと希望

 SPは宮本賢二先生の振付で『佐村河内守のヴァイオリンのためのソナチネ』。宮本先生とは、今までの何曲かでおもしろいものができそうという予感はあった。提案された3曲全てクラシック系だったけれど、SPには新しさが欲しかったから、ザ・クラシック色の強いオーケストラのものは避け、バイオリンを選んだ。せつない中にドラマチックな強さと希望を感じたのが決め手。宮本先生からのアドバイスは「キレイすぎないように。際どい危ない感じを残してほしいから変にこなれないように」。ジャンプ3本のうち後半に2本入れた構成が今までと違う。

 エキシビションの1曲は『Time To Say Goodbye』で振付は宮本先生。「ベタに狙うつもりで、こんな感じの…」と僕の思いつきだったけれど、他のポップス系なども考えた結果この曲に落ち着いた。タイトルの印象とは違って、「ここから始まる」という歌詞だからいいなと思った。

 ソチオリンピックまでには本当に厳しい現実があり楽観は全くできない。かといって自分を追い詰めすぎず適度なラフさを残しながらやっていきたいと思っている。(構成:フリーライター かしわぎ なおこ/撮影:フォトグラファー 渡辺真一/SANKEI EXPRESS)

 ■たかはし・だいすけ 1986年3月16日、岡山県倉敷市生まれ。A型。関西大学大学院所属。

2002年世界ジュニア選手権優勝(日本人男子初)。06年トリノオリンピック8位、10年バンクーバーオリンピック銅メダル(日本人男子最高位)。10年世界選手権優勝(日本人男子初)、07、12年世界選手権2位、12年GPファイナル優勝(日本人男子初)、05~07年と09、11年全日本選手権優勝、08、11年四大陸選手権優勝。06、07、10、11年NHK杯優勝。08~09シーズンは負傷により全試合欠場。

 今季は10月5日ジャパンオープン(さいたま)、10月18~20日スケートアメリカ(デトロイト)、11月8~10日NHK杯(東京)出場予定。www.kansai-u.ac.jp/sports/message/takahashi/

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「苦しくても笑いなさい」

の言葉には文字通り苦笑いしそうになったが・・・

順調そうでホッとしたのが一つ。

ファンが「嬉しくなる」要素が詰まったインタビューでもあると思う。

コンパルソリーの話が出てきたことは意外だった。

スケーティングの更なる向上につながるものであるし・・・

それだけでもローリーのところへ行って正解だと思った。

獅子井・・・じゃなく、シシィ・クリックのインタビューにて

「ダイスケとローリーが組めば・・・」

という話があり、彼女の思う展開になったのはちと悔しい気もするが(笑)

フリープログラムが楽しみだ。

そして宮本賢二先生。

「キレイすぎないように。際どい危ない感じを残してほしいから変にこなれないように」

期待感を煽る言葉だ・・・(^_^;

ヒジョーに期待させていただこう。

そして本日。

『Time To Say Goodbye』祭り。

以前「今日の一曲」ということで付け足しのように記事に付けたことがあるが・・・
(サラ・ブライトマンとアンドレア・ボチェッリのものはね)

色々載せてみる。

Sarah Brightman & Andrea Bocelli - Time to Say Goodbye  1997 Video 

次、イル・ディーヴォ。

IL DIVO】 Time to say goodbye 【外交官・黒田康作】

サラ・ブライトマン一人もある。

サラ・ブライトマン「Time To Say Goodbye(2003Version)」   

次のような組み合わせもあった。

彼女はもういないんだよなあ・・・

本田美奈子&布施明 - Time To Say Goodbye   

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年7月16日 (火)

華やかな見世物?

ご無沙汰しておりました。

実は結構「落ちて」ました。

ブログをやっていてつくづく感じたこと。

一、「我が心の狭さ」

二、フィギュアスケートの曲や演技を追いかけることは心をワクワクさせるが

三、フィギュアスケートニュースを下手に追いかけるのは精神衛生上良くない

・・・ですかね。

特に美姫ちゃん関連のニュースは

「生命の誕生」以外、あまり「めでたい」匂いがせず

色々その関連ニュースについて書いてしまったが、私の中の目に見えない何かをすり減らしていることに気づいた。

お笑いに転化出来ればもっとめでたい風になったのだろうが、

私の発想貧困によるものなのか?

出来なかった。

そして例のPIWの生中継。

私は見なかった。

母はその日デイケアに通わず家にいた。

見たらマズイと思ったのもある。

私がちょっと留守にしている間、どうもそれを「見てしまった」らしい。orz

ただ、2013年7月10日 (水)「この時アンチが生まれた~ある70代婦人の例」という記事の時とは違い

母の精神状態は「良」

「お母さんモード」になっていたのが救いだった。

「お母さん」らしく、諭すようにこんなことを言っていた。

「これは美姫ちゃんだけの問題ではなくて、周囲の人間(主に連盟と親御さんのことと思われる)も良くない」

「女性としても、選手としても、“こーゆーことに気をつけなければいけないよ”ということをもっと若いうちから話して・・・言い聞かせなければいけないんだよ。モノの言い方とかもね」

怒鳴っていた時とは全くの別人28号であった。

母のその後(?)はこんなもんだった。

で、私。

その後PIW生中継時の実況の様子を記したブログ様を見て

ガクーーーーーーーーーーーーンil||li _| ̄|○ il||li

と何故か気持ちが落ちてしまった。

それを読んだ前か後だったか忘れたが、

旭●動物園にやってきたカバの短いニュースをやっていたせいもあるのか

それを見てこんなことまで考えてしまった。

「この生中継って、“動物園に珍しい動物がやってきました!ご覧下さい。可愛いですね~”とかやってるのと変わらないんじゃ?」

色んなもんが「グルだ」と思ってしまったし。

全日本選手権を何年も放送してきた局のアナだってのに・・・

「いや~、こうやって初めて生で彼が滑ってるのを観ますね」

という台詞。

まあ、フィギュア担当でないんだろうけどさ・・・

映像探せばすぐ見つかるだろうに・・・

引退時の演技の最後はなかなか感動的な画もあり

何でも「ドラマ」にしたがるテレビ局にはうってつけだと思ったのだが

演技はどうでもいいのね・・・( ´_ゝ`)・・・

ああ・・・全日本とワールド長年放送してもこうなのね・・・っと。

脱力感しかないですわ。

今更ながらなんですけどね・・・

ε=(・д・`*)ハァ…

これじゃ、ただの「華やかな見世物」だ。

「show」という英単語は「見世物」の意味もある。

見世物であることは正しいのかもしれない。

が、それでもこう問わずにいられなかった。

お金が何処かから入ってくるかもしれないけれどそれでいいの?

会場が満員御礼だったら万々歳だが残念ながら・・・だったのがまた悲しい。

ゴシップはフィギュアスケートファンをワクワクさせるどころかウンザリさせてるのでは?

ま、言うまでもない。

もっとも今のスポーツの類は種類違えど「華やか」である部分を求められているところもある。

「テレビ映えしない」とか言われて外されそうになっている競技があるくらいだもの。

イマイチ締まらないが、最新のオリンピック憲章の中から

オリンピズム根本原則なるものを見つけて読んでみたくなった。

1だけ書いて今日は締めとする。

最新のオリンピック憲章  ←リンクしてます。下の方にPDF有り。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

オリンピズム根本原則

1.オリンピズムは人生哲学であり、肉体と意志と知性の資質を高めて融合させた、均衡のとれた総体としての人間を目指すものである。スポーツを文化と教育と融合させることで、オリンピズムが求めるものは、努力のうちに見出される喜び、よい手本となる教育的価値、社会的責任、普遍的・基本的・倫理的諸原則の尊重に基づいた生き方の創造である。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

婚外子相続格差とロシアで「同性愛プロパガンダ」禁止法

この2つの問題は一見何の関わりもないように思える。

が、現在のフィギュアスケート関係者に「かすっている」問題でもあるように思え、
(で、ソチ五輪はロシアで行われる訳で)

ブログに残しておきたくなった。

子供がいる問題と子供が生まれることのないカップルの問題。

不思議なコントラストをなしているようにも思う。

そしてマイノリティの生きにくさが浮き彫りになっているようにも。

「秩序」と「自由」を両立させるのは難しいのだろうか?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

婚外子相続格差で最高裁大法廷弁論

7月10日 18時55分

両親が結婚しているかどうかで子どもが相続できる遺産に差を設けている民法の規定について、最高裁判所の大法廷で弁論が開かれました。
明治時代から続く民法の規定が憲法に違反するかどうかについて、最高裁が判断を見直す可能性もあり、結論が注目されます。

民法では、結婚していない両親の子ども、いわゆる「婚外子」は、結婚している両親の子どもの半分しか遺産を相続できないと規定されています。
これに対し、東京と和歌山のケースで、婚外子の男女が「法の下の平等を定めた憲法に違反する」と訴えていて、10日、最高裁判所の大法廷で双方の意見を聞く弁論が開かれました。
婚外子側の弁護士は、「両親が結婚しているかどうかは子どもの意思とは無関係なのに差別は不当だ。事実婚の増加などで家族や結婚の価値観は変化し、規定の存在意義はすでに失われている」と述べました。
また、東京の婚外子の男性は法廷で、「子どもの頃や結婚の時に肩身の狭い思いをしてきた。差別をなくすべきだ」と訴えました。
これに対し、相手側の弁護士は、「法律上の結婚を尊重するための規定で合理性がある。家族や結婚について国民の意識が大きく変化したとは言えず、見直す必要はない」と述べました。
最高裁は、18年前の平成7年も大法廷で審理を行い、この時は「憲法に違反しない」という決定を出していますが、再び大法廷で弁論が開かれたため、これまでの判断が見直される可能性もあります。
最高裁は、この秋にも判断を示すとみられていて、「憲法違反」とされれば、明治時代から続く民法の規定は改正が迫られることになります。
.

訴えた女性「差別は絶対おかしい」

申し立てを行った和歌山県の40代の女性は、両親や姉と4人で暮らしていました。
小学生の時、自分の父親と母親が婚姻届を出していないままで、父親には別に妻と子どもがいることを知ったということですが、子どもの頃は周囲から差別を受けるようなことはなかったということです。
その後、父親は「自分の財産のことは母親に任せるように」と書いたメモを残して10年余り前に亡くなりました。
しかし、正式の遺言状ではないことから、遺産相続の額が争いとなりました。
最高裁での弁論の後、女性は「相続の権利が2分の1だと言われた時に、自分の価値も半分しかないと言われたように感じました。自分で選んで両親のもとに生まれたわけではないのに、差別されるのは絶対におかしいことなので、最高裁はこの機会に考えを改めてもらいたい」と話しました。
一方、今回の相手方で結婚した妻の子どもは、「私たちは長い間精神的な苦痛に耐えながら生きてきました。法律の規定が心の支えであり、婚外子を相続で平等に扱うことは絶対に反対です」というコメントを出しました。

「家族多様化で実情に合わず」

両親が結婚しているかどうかで相続に差を設ける規定は、115年前の明治31年に施行された民法で設けられました。
当時の資料などによりますとこの規定は、「法律上の結婚を重視しながら、結婚していない両親の子どもにも一定の相続を認める」という理由で定められたということです。
その後見直しを求める声が高まり、平成8年には法制審議会が見直しを求める答申を提出したほか、3年前も国が民法の改正案をまとめました。
しかし、「規定が見直されると結婚せずに子どもを産む人が増える」とか「結婚の制度が崩れかねない」などの反対意見が出され、改正は行われないままとなっています。
一方でこの規定に対しては、国連の委員会がことし5月に婚外子などを差別する法律を改正するよう求める勧告を行うなど、何度も見直しが求められています。
家族法が専門の早稲田大学の棚村政行教授は、「明治時代には想定していなかった家族の多様化が進んだため現在の規定は実情に合わなくなっている。子どもの意思とは無関係に両親が結婚しているかどうかで不利益な扱いをすることはもはや許されないのではないか」と話しています。

「規定が差別の風潮生んだ側面も」

最高裁で弁論が開かれたことについて、婚外子に対する差別の問題などに取り組むNPO法人「mネット・民法改正情報ネットワーク」の坂本洋子理事長は、「遺産の相続に差を設けている規定が、婚外子は社会的に差別されてもしかたがないという風潮を生んだ側面もある。最高裁判所が憲法違反だと判断をすれば、両親が結婚していても結婚していなくても子どもは平等だという意識を広めることにつながるはずだ」と話しています。

(NHK NEWS WEB)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ロシアで「同性愛プロパガンダ」禁止法が成立
2013年07月01日 10:15 発信地:モスクワ/ロシア

【7月1日 AFP】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は30日までに、「同性愛のプロパガンダ(宣伝)」行為に罰金を科すことを定めた法案に署名、同法は成立した。露政府が同日、公報で明らかにした。

 プーチン大統領はまた、宗教信者の感情を害した者に禁錮刑と罰金を科す法案にも署名し、同法を成立させた。反プロパガンダ法とともに論争の的となっている同法は、昨年に首都モスクワ(Moscow)のロシア正教会聖堂でプーチン大統領を批判する歌を演奏した女性パンクバンド「プッシー・ライオット(Pussy Riot)」の事件を受けて制定されたものと受け止められている。

 人権擁護団体や西側各国の政府は、昨年にプーチン大統領が再任して以来、前例のない状況にまで拡大している反対意見弾圧の一環だとして、2法案を批判している。

 反プロパガンダ法では、「非伝統的な性的状況を作ることを狙った」情報、または同性愛と異性愛の関係が「社会的に同等」であるという「歪んだ理解」を持たせる情報を、未成年者に広めた者に対し、最大5000 ルーブル(約1万5000円)の罰金を科している。

 また当局者に対しては、そのような「プロパガンダ」がマスメディアやインターネットを通じて広められた場合、最大20万ルーブル(約60万円)の罰金が科される。外国人は罰金の対象になるだけでなく、最大15日間の身柄拘束と、国外退去の処分が科せられる恐れがある。また団体には、最大100万ルーブル(約300万円)の罰金と、90日間の活動停止処分が科される。

 反対派は法案が同性愛嫌悪的だと主張し、罰則対象の定義が曖昧であるため独断的に利用される恐れや、国内の反同性愛感情を助長させる恐れがあると批判している。

 露独立系調査機関レバダ・センター(Levada Center)が4月に行った調査では、ロシア人の39%が同性愛者は異性愛者と同じ権利を付与されるべきと答えたのに対し、47%が反対の立場を示した。(c)AFP/Maria ANTONOVA

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

リンク先には画像が貼られているのだが、怪我をした活動家の姿が非常に痛々しい。

「同性愛プロパガンダ」禁止法を違う訳にしているサイトもあった。
(まあ、意味は変わらんけどね)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

下院が「同性愛宣伝禁止法案」を可決

2013年6月17日 イーゴリ・ロジン 

6月11日、ロシア下院(国家会議)は、「同性愛宣伝禁止法案」を第2、第3読会で可決した。

同姓愛を宣伝する行為に対して罰金

 ロシア下院(国家会議)が「同性愛宣伝禁止法案」を第2、第3読会で可決するなか、ロシア内外の人権擁護者たちは懸念を表明した。

 ロシア下院は、未成年者を対象に同姓愛を宣伝する行為に対して罰金を科す法案を、ほぼ全会一致で可決させた。法律として執行されるには大統領の署名が必要だ。

 この法案は、「健康と発育に対して潜在的に有害な情報から子どもを保護する法律」など現行の法律を改正するもので、定員450名の下院のうち436名が賛成した。

 6月11日中に、第2、第3読会と続けて可決された同法案は、「未成年者が非伝統的な性的態度を持ったり、非伝統的な性的関係が魅力的なものであると考えたり、 伝統的な性的関係と非伝統的な性的関係が対等な価値を有するという歪んだ見解を抱いたりするように誘導することを目的とする情報の伝播」への対策がそ の目的であるとしている。

 この法律が大統領の署名を経て正式に公布されれば、同日付で施行される予定だ。

抗議集会

 この法案に対し、ロシア国民の中には公共の場で憤慨をあらわにする人たちもいる。法案が下院で可決された6月11日には、下院の建物の近くで政府当局の許可なしに反対集会を開催しようとした活動家約20人が拘束されたと、モスクワ市警察の報道官はインターファクス通信に対して語った。拘束された活動家たちは、全員が警察署に連行された。

 その少し前に、独立系ラジオ「エーホ・モスクヴィ」(エコー・モスクワ)は、この法案を支持する集会と、“ロシア国民の宗教的感情を保護する”法案に反対する集会が、下院前で行われたと報じた。LGBT(同性愛者、両性愛者、トランスジェンダー)を擁護する活動家たちも下院近くに集まり、抗議集会を開こうと試みた。

 

オンブズマンの警告

 一方で、ロシア連邦人権委員会代表(オンブズマン)のウラジーミル・ルキン氏は、この法案の「無分別な」適用に対して警告を発している。

 「主な課題となるのは、この法律の執行です。無慈悲、無分別に適用すれば、人間の犠牲や悲劇につながる可能性があります」とルキン氏はインターファクス通信に対して述べた。「このような法案を起草して推進しようとしている人たちは、自分たちが被害者の立場に立っているという印象を植え付けることが、宣伝に最も効果的な方法であると内々感じてはいるものの、おそらく無視しているのでしょう」。

 「(第1読会で使用されていた)『同姓愛』という言葉は使用されません。『非伝統的な性的関係』という表現を使います」と報道陣に対して説明したのは、下院の家族・女性・子供委員会の委員長を務めるエレーナ・ミズリナ氏だ。


「伝統と呼んでも差別は差別」

 国際人権組織のヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は、この禁止に対する危惧の念を表明した。

 「ロシアは、差別を“伝統”と呼ぶことで、それが立派なものであることを装うために大変な労力を費やしていますが、法案でどんな表現を使おうとも差別 的であることに変わりはなく、これはLGBTの人たちの基本的な人権侵害にほかなりません」と、ヒューマン・ライツ・ウォッチのLGBT権利擁護プログラ ム責任者であるグレアム・リード氏は述べた。

(ロシアNOWより)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年7月12日 (金)

危機回避能力と危険そのものの存在

高橋、美姫の出産報道に「びっくり」

デイリースポーツ 7月12日(金)6時59分配信

 フィギュアスケート男子の高橋大輔(27)=関大大学院=が11日、伊丹空港から北米合宿に向けて出発した。安藤美姫(25)の女児出産は報道で知り、「聞いた時はかなりびっくりした。命が生まれるのは素晴らしいこと。スケーターとして、母親として成長した姿を見せてほしい」とエールを送った。

 2014年ソチ五輪シーズンのプログラムを明らかにした。フリーの曲目はビートルズメドレーで、テーマは「愛」。振付師は、浅田真央も手掛けるカナダ人のローリー・ニコル氏に初めて依頼した。

 ショートプログラムは、広島市出身の被爆2世で両耳が聞こえない作曲家・佐村河内(さむらごうち)守氏の「ヴァイオリンのためのソナチネ」で、銅メダルに輝いたバンクーバー五輪同様に宮本賢二氏が振り付けた。構成は昨季のままで、新プログラムのお披露目は10月のジャパンオープンからとなる。

 高橋は五輪後の現役引退を表明しており、「最後になるかもしれないシーズン。悔いのないように、プログラムで恩返ししたい」と意気込みを語った。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「さむらごうち」さんと読むのか…インパクト大のお名前である。
(CDかレコチョクで買います)

大方の予想通り、彼も例の事についてコメントを求められた。

ヤフコメでは、「女子選手にもコメント求めるのやめなよ」の意見が多いが、

その願いもむなしく・・・ということになりそうだ。
(特に真央ちゃんが捕まえられたら聞かれない訳がない)

アチャー・・・(-_-;)・・・である。

おそらくこの人達はコメント求めないと上司に叱られるのだろう。

と言っても庇う気はサラサラなく、「増塵」と呼ばせていただくがな。
(増える塵と書くのがいいね!文字通りだ)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

今回おせっかいなことも含む内容になる。

「(゚Д゚)ウゼェェェ」と思われる方、回避されたし

..。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

私はブログ村のランキングに参加させていただいているのだが、

別のランキングのブログ様の所も見て楽しむこともある。

ある所で、高橋大輔、浅田真央の危機回避能力について語られていて

思わず「なるほど・・・」と膝を打ってしまった。

まあ、これは他でも指摘されていることではあるので、新鮮な話題にはならぬことを予告しておこう。
(スマヌ。美姫ちゃんのことも触れる)

浅田真央ちゃんについてよく語られるのは

お母様が亡くなられた後に、出版しようとした本の出版中止事件。

宣伝コピーに「ママ、ありがとう」だっけ?

母に捧げるバラード・・・否、本ではない内容なのに

彼女のお母様の死を利用するような宣伝文句に怒ったと聞く。

真央ちゃんはマスコミ内でも「怒らない人」で知られているらしいが、

そういう人は「怒らせると終わり」という状況になることもあるので

実はブツクサ文句言う人相手の方が/(^o^)\オワタ…という結果になることは少ないのかもしれん。

頭が良いのか、野性的勘が鋭いのかは謎だ。

その鋭さ故なのか、スケ連のちょっとヤバい噂がある人とは距離がある印象。
(嫌なこと書いたりする奴とかな。ま、粗奴は近寄れないから書くのかもしれんけど)

某D痛さんと距離置いてる風なのも、一時期嫌がらせがヒドかった時期あったようだが、

決して悪い選択ではないかもしれぬ。

損することもあるだろうけど、「長い目でみれば」だ。

お次、高橋大輔。

で、「step!step!step!~」の本の中でだっけ?

「野生動物のようなところがある」

とか書かれていたっけ。

まあ、この作者がどこまで彼のことを掴んで書いているのかは?な部分もあるが、

コレは間違いないだろう。

その中の長光歌子先生の言葉にもあった通り、

「ここぞという時にいい人を引いてくる」

勘も良いのだろうが、やはり「持っている人」だ。

ニコライ・モロゾフ然り、パスカーレ・カメレンゴ然り…
(その前にもタラソワ先生とかプラトフも彼を作った人間には違いない)

ちょっと違うかもしれんが、佳菜子ちゃんに亀連後先生振付を・・・と、山田先生に頼まれた時に…

シェイ=リーン・ボーンを薦めたという話があった。(佳菜子×ボーン先生の組み合わせ、ちょっと見てみたい)

これはセンスというか、ただ単に見る目があるという話なんだろうけど、「勘が鋭い」例にも入るかな。

高橋新プロ記事にコメント寄せてくださった方もおられるが、

今回の五輪プロ発表もなかなかのタイミングの良さであると思う。

モロに口を出させない為の手を打っているというか・・・(^。^;)

ローリーは手直しを許さぬというしな…

で、美姫ちゃんのこと聞かれたら「本人から直接聞いていなくて」「ビックリ」とコメント。

「お互いに五輪を目指して頑張りましょう」というエールも忘れず。

アチコチで父親候補探しに躍起になっている増塵はサラリと流す他ない。

見事である。

去年の上海でのアート・オン・アイスの時だったか…

美姫ちゃんが彼にべったり甘えたようにくっついている写真がとられていたことがあった。(リハーサルのかな?)

その時期はニコライと別れたばかりで寂しかったのだと思うが、おそらく大輔ファンも他の出演者も見ているところで

「大胆なことやるなあ~この子…」(°д°)

とは思っていた。

国別やJO等で演技終了後、チームメートとハグする感じではなかったと思う。

その頃は南里君とすでに噂あったんだっけ?

忘れちゃった・・・(^_^;

それを見ていたので今回の騒ぎで、

「第●番目の男」

として増塵からマークされてもおかしくないかも・・・と実はハラハラしていた。

が、「危険回避」の記事を書いていらしたブログ様にて知ったことであるが

その時期ツイッターにて美姫ちゃんが

「でぇすけ大好きだよ」

とツイート。で、大輔の返事は・・・

「おことわりぃ」

だった。

これは見事な危機回避といえよう。

ま、これは冗談だと思うが、大輔ファンの中には面白くないものもいたろう。

危機回避能力高しの大輔・真央とは異なり、

元々「炎上商法」的なことをやらかしやすいのが美姫ちゃんだ。

もしかしたら本人は「サービス」のつもりなのかな?と思うこともある。

今度から「滑る炎上娘」とかあだ名つけちゃおうかしら・・・まあ、これはどーでもいい。

そのブログ様は真央ちゃんの例の出版中止問題について

「確固たる信念と、芯の強さが無ければ出来ないこと」

と語っている。

確かに「何かおかしい」と思っても、話しがある程度進んでしまえば妥協しちゃうわな・・・
(多分、私もそうだ)

心の中に「そろばん」が無いこと・・・もおっしゃっていた。
(“天然”ってことかな?(^_^;)

人との繋がりが
WINWINで出来ていると、なにか事が起きたときにそのしがらみに巻き込まれ
危険を回避出来なくなると同時に、自分の視点と心を曇らせてしまう。

コレを美姫ちゃんとAIの新曲のタイアップ(ロッテのチョコレートのCMで使用されるとか)を例にとり語っておられた。

一見物事がスムーズに運んでいるように思うが、

見る人が見れば「怪しい」臭いがするものであるし、

「逃れられない」

熱心なファンが減り、結局は損をするのでは?

と記事を締めている。

「ごもっとも」としか私は言えぬ。

そして騒動を思い返してみて、彼女は子供を産む母親という、生命を育む存在でもありながら

「破壊神」(シヴァ神か!?)とか「猛威を振るう自然現象」とか・・・「爆弾」とか・・・

一種破滅的というか破壊的な方向に進んでしまう存在でもあるなあ・・・としみじみ思ってしまった。

まだ子供を産んだことで「ココ」にとどまっているのかな?

・・・なんてしょーもないことかもしれんが考えちゃったよ。

なまじパワーがある存在でもある故にか?本人は破壊されなくても周囲が・・・ということが発生している。

「一緒になる人は大変だな・・・」

と余計なお世話を言いたくなってしまう。

惚れているなら仕方がないが

そういう訳でもなく、子の父親でもないのならば

逃げた方が賢明と言わざるを得ない。

「恋人」でいる分には魅力的だろうけど。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

高橋大輔のSP曲

これは限定公開のものだそうですが・・・

動画主様、感謝致します。

2013-2014 DT SP MUSIC

高橋大輔「集大成」に挑む SPは佐村河内守さん作曲

産経新聞 7月12日(金)7時55分配信

 フィギュアスケート男子の高橋大輔(関大大学院)が11日、約2週間の北米合宿に向けて出発した。渡航前に大阪(伊丹)空港で記者会見した高橋は、ソチ五輪シーズンのフリーはビートルズのメドレーで滑ることを公表。振付師は浅田真央(中京大)も手掛けるカナダ人女性のローリー・ニコル氏が初めて担当した。

 ショートプログラム(SP)は、広島出身の被爆2世で両耳が聞こえない佐村河内守さん作曲の「バイオリンのためのソナチネ」。銅メダルを獲得したバンクーバー五輪と同じ宮本賢二氏が振り付けした。

 27歳の高橋は五輪シーズンを最後に現役を引退する意向で「最高に良かったと思えるシーズンにしたい」と決意を語った。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

私はお馬鹿さんなので最初

「佐村河内守さん」

という名前を見て

何処から何処まで苗字なのだろう?

と思ってしまったのだが(;^ω^)

作曲と振付師オールジャパンということで・・・

バンクーバー五輪ショートと同じ雰囲気を感じられるのは良い。

「テーマ“愛”」というのを見て・・・

バンクーバーが「eye」でソチでも「愛」だね

・・・てなことまで頭に浮かんだ。

書く必要ありませんね・・・はい・・・_| ̄|○

この方については後で色々調べてみたいものである。

音楽と調和した美しいプロ期待しますよ!宮本先生!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

高橋大輔とビートルズ

高橋大輔、五輪シーズンはビートルズ 名振付師に初依頼

産経新聞 7月12日(金)7時55分配信

 現役生活の集大成と位置づけるソチ五輪シーズンでも、高橋は挑戦の歩みを止めなかった。

 SPとの合計点で勝負が決するフリーで、初めてローリー・ニコル氏に振り付けを依頼。「彼女と合うか不安だった」と認めるリスクをあえて冒したのは、「現役を引退するまでにやってもらいたかった。彼女の振り付けでどう演技できるか興味があった」と向上心、冒険心が勝ったからだ。

 フィギュア界屈指の名振付師の選曲は、高橋の心をグッとつかんだ。

 ビートルズの「イエスタデイ」など5つの名曲メドレーに込められたテーマは「愛」。高橋は「今は一緒にいなかったり、もう会う機会がない人もいる。それでも、そうした人たちのおかげで自分はある。かかわってくれたすべての人たちへの感謝の気持ちを思い出させてくれる」と、これまでのスケート人生を回想するようにゆっくりとした口調で話した。

 10月の本格開幕まで残り約3カ月。シーズンでさらに演技を磨き上げた先に「最高の舞台」と表現する3度目の五輪が待つ。(田中充)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

正直「テーマは“愛”」

というのを見てちょっと気恥ずかしくなってしまったのだが

そして実に意外な選曲であったのだが

フリーは亀先生か宮本先生を個人的には望んでいたのだが、

今まで組んだ振付師達のプロとはまた一味違う「高橋大輔」が見られそうだと思った。

ローリー・ニコルが「高橋大輔」とどう捉えたのか?興味がある。

ビートルズの曲を一フリープログラムの中に5曲ってのも気になる。

ちょっとその動画を載せてみる。

Yesterday 訳詞付- The Beatles

The Beatles - Come Together (official clip) 

George Martin - Friends And Lovers

↑この曲は当てはまるのかはちょっとハッキリしない。(すまぬ)

In my life 訳詞付  - Beatles 

The Beatles - The Long And Winding Road-HQ

ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード  (ザ・ビートルズ)

↑ある日本語訳を書いておられるところにリンクしとります。参考にしてくだされ。

これとイエスタディはちょっと思い入れがある。

でも皆改めて聴くと良曲だ。

これは何処かで聞いた台詞になるので使いたくない表現だが
(ただ、これしか頭に浮かばなかった・・・情けない・・・_| ̄|○)

「集大成」

というより

高橋大輔からファンへの感謝と愛を込めたラブレター

という気がしないでもない。

こう書いて自分で恥ずかしくなってしまったので、ここで一旦終了。(;^ω^)

フィギュアとは関係ないが、「テーマが“愛”」と聞いて

私の頭に一瞬思い浮かんだのはコレだ・・・

ベルサイユのばら'91 月組「愛あればこそ」 

オスカル:涼風真世suzukaze mayo
アンドレ:天海祐希amami yuki

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

おヨナさんの胃魔人は真央ちゃんの金を脅かす程完成度も芸術度も素晴らしいそうだ!

いや~まいった・・・まいった。

今日は「大輔祭り」にしようと思っていたのだが・・・

別のことでツッコミたいことが増えている。

まず、コレを読んでいただきたい。

相手にしなきゃ良いシロモノだが、これは真央ファンというより

フィギュアスケートファンに喧嘩売っているか

爆笑させるためのものとしか思えん。

ここに出ているスケート関係者、スケートに関わるのやめろ・・・と言いたくなった。

そして体臭・・・いや、大衆さんよ・・・演技動画見てないだろ・・・

フィギュア関連のもの書くのはいい加減やめた方がいい。

なんでソチ五輪前に練習より恋愛頑張らなきゃならねえんだよ!?

金のメダルの邪魔してるのはお前らもだよ!!

頓珍漢もいいかげんにしろ!!

おヨナさんが恋多き女(笑)(ノ∀`)だと言いたいのか!?

それはないから・・・

それとも「枕」ナントカやってるとか言いたいのか?

そういう嫌味を含んでいるのならちょっと許す・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

真央の金を脅かすヨナの秘密兵器!

2013年7月12日(金)8時0分配信 デジタル大衆

ソチ五輪で金メダルを狙う浅田真央(22)。その最大のライバル、キム・ヨナの"秘密兵器"が発覚した!
「ヨナが、22日に韓国のアイスショーで、ジョン・レノンの名曲『イマジン』をお披露目したんです。この日の演技は完成度も芸術性も凄まじく、リサーチに来た日本のフィギュア関係者は言葉を失っていたようです」(スポーツ紙記者)

ヨナといえば、金メダルを獲得したバンクーバー五輪で、映画『007』のテーマを選び、斬新な演技が好評価を得たこともある。
「『イマジン』は、五輪本番のプログラムに有力視されている。曲に合わせて平和を祈るポーズや、間奏での艶やかな滑りは、観客のみならず視察に来ていた各国の関係者をも魅了した。まだ女王の貫禄は健在で、他の追随を許さないね」と、スケート連盟関係者は警戒の色を隠さない。

「やはり、真央に足りないのは大胆な構成と芸術点。ヨナは、自分の妖艶な魅力を引き出し、審査員の共感を得やすい曲選びに長けている。ジャンプなどの技術では勝る真央も、"オンナらしさ"を発揮できる選曲が不可欠だろう」(前同)

本誌前号の本欄でも報じたように、やはり"色香"が最重要課題。真央ちゃん、練習より恋愛を頑張れ!

週刊大衆7月15日号

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日、メールチェックをしていたら@niftyお楽しみマガジンというメルマガが来ていて

普段そういうのはロクに読まずに 消していたりすることが多いのだが(すまぬ)

今日は気まぐれでどんなもんだろ?と思い、開いてみた。

で、その中のあるURLをクリックすると@niftyニュースというサイトに飛んだ。

そしたら「ヨナ五輪曲は“胃魔人”か」の文字が。

アレ?SPかFPのどちらかも胃魔人やるの?と見てみたらコレだよ・・・

例のヤツじゃないかよ・・・(以前「想像してごらん」という記事でネタにしてます)

なんだよ・・・

SPFPEX胃魔人祭りか!?…なんて期待したんだがな(それは流石にないよな)

真央ちゃん、大変だな…(苦笑)苦労するわ

「関係者がアホやからフィギュアスケートがでけへん」

と言っても許すわ。

これじゃおヨナより良いプロ滑っても、「あの胃魔人」より芸術性ないとか書かれちゃうんだろうな…

「あの胃魔人」よりですよ。

これは屈辱以外の何者でもないですよ。

そういうものは徹底して晒し上げることに決めた。

美姫ちゃんが日本下げ海外上げの発言する・・・と叩かれることがある。

私も「それはないわ・・・」と言いたくなることも含んでいる。

海外のフィギュア関連の記事

ここまで頓珍漢で下品なものはないと思われる。
(あ・・・某国もあるかな。でも練習より恋愛しろ・・・ってのはないと思う)

抗議の意味を込めて

出来ることならこいつらの本拠地(というか職場)に

こういうBBAを30人ばかし送り込んでやりたい・・・

ということで昔のコント動画で締める

キャシィ塚本先生 ⑬ お料理地獄 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

朝●新聞スポーツのツイッターより(高橋大輔新プロ情報含む)

7月11日前後の気になったものをざっと見てみる。

↑なんか可愛らしくてつい・・・

ピッチャーでいくか、バッターでいくか・・・それが問題だ。

・・・じゃなくて、そろそろ本人の為にもどちらかに集中させた方が良さそうだ。

漫画「おおきく振りかぶって」にもそんなライバル校の選手が登場してた気がする。

プロとは思えぬ失点だ・・・まあ、こんなこともある。

「うめく」がツボだったので・・・

あとは裏での働きですか?( ̄ー ̄)ニヤリ

・・・とイヤミの一つも言いたくなってしまった…ひねくれすぎだろうか?

何か金もったいねえよ、こんな連中に媚売るの癪だよ、他のところにサッサと譲っちまえよ

…というのは愛国精神に欠ける物言いだろうか?

アスリートにとって自国で五輪をやるってのは有利に働くのは理解しているんだけどね…

ごめん・・・招致活動参加してるアスリート様方

最近、ちょっとウンザリしてるんだ。

o(;△;)o・・・・・・

お大事に…

我らが大将、キターーーーーーー!!(≧∇≦)

更に・・・・・・キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

宮本賢二先生とローリー・ニコルだよ!!!

欲を言えば賢二先生でフリーが見たかったけどね・・・

で・・・

モロゾフの名前がなくてホッとした悪いファンがここにいる・・・(。-∀-)ニヤリ

ある人の質問にお答えしている?

真面目な記者さんですな。

ほほう・・・後で色々調べてみよう。

記者さん、これは「佳菜子」ちゃんなのか?「大介」君なのか?

ちょっと考えちゃいますよ…佳菜ちゃんかな?

豆知識・・・ありがとうございます。

24時間テレビ、見てなかったので・・・(^。^;)

 

ギャーーーーーーーー!!!!!ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

そんなこと言ったって・・・( ´・ω・`)

見せなきゃ見せないで色々書くんじゃないの?

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

高橋大輔以外の要素も多くなってしまったが

とりあえずこんなもんで今日は締める。(今夜中の1時でござる。もう日が変わってござる)

明日からしばらく曲巡りの旅に出ようと思う。

ホントは内容異なるものを予定してたのだが、ブログ主は人生のさすらい人のような者なので予定はコロコロ変わる。

大雑把なのも困りものだ。

広告代理店・・・というより「ゴリ押し」へのツッコミも書こうか考慮中。
(剛●彩芽嬢の例なぞあげつつ・・・)

おやすみなさい

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年7月10日 (水)

この時アンチが生まれた~ある70代婦人の例

突然だが

私の母はアルツハイマーである。

現在投薬治療中。

と言っても、完全に全てにおいてアウト・オブ・コントロールという訳ではない。

今でも私よりはるかにお洒落であり、
(が、洋服を裏返しに着てしまうことが多くなった)

道端で出くわした人と普通に世間話が出来る。

ちょっと話するだけでは「おかしい」と気づかない人が多いだろう。

比較的頭が冴えていて、上機嫌の時もあれば

元々そういう人だったのだが

気分の上がり下がりが非常にハゲしくなり(以前よりも)

最悪な気分になった時は周囲に対する疑心暗鬼が最高潮になり

家の空気も最悪になることも多々ある。

急に意味がとりにくいことを怒ったように叫ぶこともある。

そのスイッチがどこで押されるかは不明。

うちの親父は

「今日別に何も俺は言ってないのに・・・」~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

とよくオロオロするが

よくよく聞くとあまり良くない夢を見てしまったことの延長だったりすることもあった。

下手すりゃ私が生まれる前のことを急に思い出し怒り出すこともある。
(コレは私が滅茶苦茶困る…知らねえーーー!!)

前触れなく大声あげられると

THE DOORSのボーカル、ジム・モリソンが虚ろな目をしてボ~ッとしてるところからいきなり

「ファイアーーーー!!!!」

とシャウトするところや(薬が原因か?)

ダ●ンタウンのコントで松ちゃんが演じたキ●シー塚本のキ●ガイぶりを想像してしまうことがある。

でもその人本来の持っている気質というか・・・それは失われていない。

下手すりゃ、「濃く」なる時もある。

曲がったことが大嫌いな所があり(原●泰造かよ…)

調子に乗りやすい人間(主に父)に厳しい鋭いツッコミをするところもあり

基本潔癖なところがある人であった。

それ故なのか不明だが

例の安藤美姫ちゃんの話題がテレビで何度も流れるのを見て
(母は父がつけている朝の情報番組をたまたま見てしまうことがあった)

ある日怒りにスイッチが入ってしまった状態になり、困ってしまった・・・

「何をシャラシャラ(この擬音語がまた謎だ。わかるけど…)マスコミの前に出て、ヘラヘラしてるの!?この女!」

「この競技どうなってるの!?」
(彼女は私がスケート追いかけているのを知っている)

「ここの協会の人間(連盟ですが…)の上の奴、誰もこの女に何も言えないの!?情けない!!ビシッという奴が誰もいないんじゃないの!!どうなってるの!!」

「馬鹿の集まりじゃないの!?」

…(´・ω・`)・・・・・・・・・・

これでも彼女の実際の言葉よりやわらかく表現したつもりだ。

一アルツハイマー女性ながら、結構鋭いところを突いていると思う。

「ごもっとも」な箇所もない訳ではない。

そして

「世間」という中には、母と同意見の主婦の方もいらっしゃるだろうな…とも思った。

私はアンチが生まれた瞬間を間近で見てしまった…_| ̄|○と、何ともやりきれない気分になった。

私はたまにスケートに関して父母が思い違いしているところをフォローする発言をするのだが

その時は何も言えなかった。(というか、何も受け付けない状態に彼女はなっていた)

母は決してアンチではなかった。

2011年の四大陸のSPなんか、

「あ~キレイだね~heart01」;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

と褒めつつ見ていたのだ。

ただ、元々潔癖な女性なので、美姫ちゃんタイプの女性は決して「好き」ではないことは見て取れた。

それでも良い演技すると「いいね~」と言っていた。

参考資料

安藤美姫 2011 4CC SP[台湾]

前回あげた朝●新聞に投稿した善良そうな女性のような意見もあれば

今回の例もある。

ちょっと怪しげな人権家らしき者が下手に擁護したり、彼女を祭り上げようとしている空気がある。
(個人の問題ではなく、変に社会問題にしようとしている。…「社会問題」というのも決して間違いではないが)

本人もその辺は計算違いだったかもしれないな…

更に参考資料

キャシィ塚本先生 ① 夕食でグッ!

The Doors - Light My Fire

それでも彼女は運が強い人だと思う。

渦に巻かれながら

どう決着をつけるか?

見守る以外ないってばよ…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

7月10日朝●新聞朝刊voice声欄

7月10日朝●新聞朝刊voice声欄

これは読者からの投稿欄だ。

そこに早速美姫ちゃんを応援する埼玉県50代主婦の方のご意見が掲載されていた。

一部紹介させていただこう。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

出産の安藤選手応援したい

 フィギュアスケートの安藤美姫選手の出産のニュースには本当にビックリしました。ただ、応援する声が多かった中で違和感を覚えたのは、「避妊しないのはアスリートとしての自覚が欠如している」という批判があったことです。これが男性アスリートならばこうした批判はなかったのでは、と思うのです。
 同じフィギュアスケートの織田信成選手や無良崇人選手、体操競技の内村航平選手の場合には、相手女性が妊娠していても、いわゆる「できちゃった婚」として、特別問題視されることはありませんでした。これは男性の身勝手の表れでもあるとつくづく感じます。

~(略)~

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

その後、美姫ちゃんの実績があること。

現在の日本女子フィギュアスケート選手の中でも「大人の表現力」(出たよ!)技術力を兼ね備えた貴重な選手で、ソチ五輪で期待出来ること。

最後は周囲の理解・協力が不可欠。温かい目でみてね。

・・・と締めている。

この方は多分非常に「良い人」に違いない。

善良な一国民の貴重なご意見である。

理解・協力、結構。

「出産したこと」に関しては。温かい目で見るべし・・・は理解出来る。

勘違いもしていると思う。

ご丁寧に微妙な時期にデキ婚してしまった男子選手の名がズラリ・・・(;^ω^)

特別問題視全くされてないってことはない。

一部ではやはり叩かれていた。

わざわざテレビで大々的な発表はしていないせいか、叩かれていたことも目立っていないかな?

問題なのは彼らと異なり、美姫ちゃんは出産する側であるということ。

彼らの身体が直接競技に響くわけではない。

それは「男性の身勝手の表れ」ではなく、残念ながら「男女の身体の違い」だ。

ソチ五輪あるから~と、お腹の子を父親の方に移してそちらに産ませるとか…医学・科学進んでもそれはまだ出来ませんから・・・

とはいえ、妊娠を知らされ、精神的な影響を受けることはあると思う。(殿…否、なんでもない…)

逆に頑張るケースもあるかな…

でも彼女は場合によっては命にもかかわる大仕事になる訳で…

それに加え…

「父親探し」というネタまでマスゴミに与えてしまっている訳で…

更に言わせていただければ

某国のようにおヨナさんしかいない訳ではなく、

「表現力」と技術力備えた日本女子選手、いるんですよ…一人だけじゃなくてね。何人も。

ただ、この50代女性のおメガネにかなっているのは美姫ちゃんだけかもしれんけど。

その下も育っていて、彼女が休んでいる間魅力的な滑りを見せている者もいるんですよ。

7月10日の東京新聞にも彼女の出産公表―騒動過熱は日本特有?という記事が出たらしい。

婚外子を「異質」扱い 世界では非常識…との見出し付。

う~ん…

確かに儒教が入ってくる前の農村とか…性についてはおおらかだった…とは聞いたことある。

「世界」と言っても、キリスト教社会だともっと厳しい所もあるんじゃないかなあ?

朝●と関係ないけれど「ア●ヒ」と頭につく雑誌がえげつない記事を載せたらしい。

エロ系の雑誌やゴシップを主に扱うメディアではそういうネタとして使わせていただく反面

そうでないメディアでフォローしているのか?

というのは意地悪かな。

やはりこの問題、下手すりゃ美姫ちゃん本人からも離れ、妙な方向に持っていこうとする流れを感じるな。

上記の声欄に投書したご婦人が美姫ちゃん擁護な訳だが

実は私のごく身近で「アンチ」に変貌してしまった者がいる。

その例を次回ご紹介しようと思う。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

MEMO

美姫ちゃんとは直接関係ないが、こんな記事が気になったので…

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

飯田圭織 産後の体調安定せず…結婚記念日も寝込んだ 

スポニチアネックス 7月9日(火)12時53分配信

 5月13日に第2子となる男児を出産した元「モーニング娘。」の飯田圭織(31)が、胃腸炎になったことを8日に更新したブログで明かしている。先週は突然の高熱に襲われ、7日の結婚記念日も寝込んでしまい「残念な記念日でした」と嘆くなど、産後の体調が安定せず苦しんでいるようだ。

矢口真里、飯田圭織を祝福 第2子男児は「もうイケメン」

 「大変。。。」とエントリーした飯田は、ままならない体調を打ち明けた。「先週は突然高熱を出したり今回は胃が気持ち悪く胃腸炎になってしまったり」と弱々しく告白。「しかも今回は旦那さんが出張の為、息子を見てくれる人がいなくて本当に大変でした」とつづり、夫でロックバンド「7HOUSE」元ボーカルのケンジ(34)が不在で「こういう時に親が近くにいないというのは本当に困ります」と頼みの綱を失っていた状況も明かした。そして「自分はいいけど赤ちゃんが具合悪くなってしまうのは本当に可哀相だし」と続けた。

 それでも、病院で「今回は朝一でスムーズに診てもらえたからよかった」と前向きにつづり、「まずは健康第一!!はやく体調を戻さないと!!」と自らを鼓舞するように締めくくっている。

(スポニチアネックス)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

世のお母さん方が心配しているのはお産にはこういうことが付いてくるケースがあるからだろう。

もっともアスリート…しかも元々運動能力に恵まれた人ってのはまた違うのかもしれないけどね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

これが本当なら許せぬ~真央を徹底マークだあ?

もう寝ようと思ったが・・・

このニュース見たら一言でも書きたくなってしまった。

東●ポ故、嘘くさいが・・・

美姫ちゃんネタで鋭いこと書いてる箇所もあるんだよなあ・・・東ス●

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

“美姫余波”でフジテレビが浅田真央を徹底マーク

東スポWeb 7月9日(火)11時22分配信

 フィギュアスケートの元世界女王・安藤美姫(25)の極秘出産が波紋を広げるなか、騒動はフジテレビをも直撃していた。スクープをテレビ朝日に出し抜かれたことで、フィギュアスケート中継に力を注いできたフジは赤っ恥をかかされた格好だ。そこでフジ上層部は「同じ過ちは許さない」とばかりに、安藤以上の人気を誇る浅田真央(22=中京大)の“囲い込み”を現場に厳命したという。

 安藤の極秘出産告白の衝撃は、フィギュア界にとどまらず、テレビ業界にも及んだ。特にフジ局内は、安藤の告白がテレ朝「報道ステーション」でオンエアされたことで、異様な空気に包まれた。

「最初はみんなビックリするだけだった。次第に『テレ朝にやられた』という敗北感が漂い、しばらくすると『何でうちで(ニュースを)取れなかったんだ』という話も出始めた。責任問題にまで発展しかねない勢いだった」とディレクターの一人は当時の様子を明かした。

 フジとしてはまさに屈辱的な“スクープ落とし”だった。NHK杯を除くグランプリシリーズを中継するテレ朝に対し、フジは全日本選手権や世界選手権、四大陸選手権の放映権を持ち、20%近くの視聴率が取れるフィギュアスケート中継には力を入れてきたのに、安藤の告白はテレ朝に独占された。

 それだけに局内は危機感でいっぱいになったという。同ディレクターは「こうなったのも仕方ない。一部では『テレ朝はできるけど、ウチじゃ絶対に取れないよ。そこまで(安藤に)食い込めている人がいない』という話になった。ウチには安藤と関係を築いている関係者なんていないんだから」と嘆く。

 当然、フジとしては同じ失態は許されない。「上層部からは『真央(のスクープ)だけは絶対に逃すな』と…。担当者には真央のニュースだけは絶対にウチでやるんだ、とプレッシャーかけられていた」と真央の徹底マークを厳命したという。

 真央は4月の「世界国別対抗戦」後、来年のソチ五輪シーズンで現役引退を表明。その中で「今後は結婚もしたいし、子供も欲しい」と話している。博報堂DYメディアパートナーズが4日に発表した「アスリートイメージ調査」でもヤンキースのイチローに次ぐ2位に入ったほど、人気では安藤をはるかにしのぐ。熱愛、結婚は国民的な関心事だけに、フジは全社を挙げて真央を囲い込む方針。安藤のニュースを抜かれた失態の憂さ晴らしは実現するのか。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

( ´_ゝ`)・・・・・・・・・・・・・・・・

アンタらは「憂さ晴らし」の為に真央ちゃんの邪魔平気でするのかい?

五輪シーズン突入したって時によお・・・

アスリートってのは五輪メダルが欲しいわけよ・・・

その前に代表に選ばれたいわけよ・・・

それが3枠までなのよ・・・

競争は熾烈を極めるわけよ

血で血を洗う「仁義なき戦い」

・・・とまではいかんかもしれんけど(;^ω^)

見た目美しいものほど裏はドロドロしてんのよ

大事なシーズンなのよ。

わかるよね?

説明すれば小学生低学年の子でも分かることだと思うんですけど

「結婚もしたいし、子供も欲しい」

ってのは当然五輪後なわけよ

終わってから追っていっても遅くないっての!

どーせマークしたって

頓珍漢な嘘(妄想)記事くらいしか書けないぜ、多分。
(例:真央×龍樹)

まあ、終わってから追いかけても

う●虫扱いには変わらんがな。

聖子よ・・・もし今回の美姫ちゃんの諸々に大きく関わっているのだとしたら

真央ちゃんもこーいう奴から守ってくれよ

旦那に頼んでボディガードでも付けてやってくれないか?

(意見のメール出してみようか・・・)

この記事ホントなら・・・

また 

フ  ●  テ  レ  ビ  か 

ゆ annoy  る annoy  さ annoy  んbomb

・・・としか言えぬ・・・

ヤフコメに「潰れろ」と書いている者がいたが

もしこの記事が本当なら

私も同意見だ。

色々やらかしてくれたことを忘れないぞ

一部のスケートファンはな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年7月 9日 (火)

田中刑事 ドリーム・オン・アイス2013 

2013 DOI 田中刑事

ドリーム・オン・アイス行った方の感想等見て

私が一番「見たい」と思ったのが彼の演技だった。

大人っぽく…というより去年より大きくなってる?

以前チラリと触れたことがあったのだが

実は日本男子選手の中でルックスが好みなのは「彼」だったりする。
(すまぬ…大輔…でもスケーターとしては一番好きなのは君なのだ。許せっ!)

衣装がシンプルすぎる感あるが、チェンジあるかな?

それとも「ドクトル・ジバゴ」にはこれで充分かな…

感想シンプルだが

良かった。

(失敗あったけれどそれでも)

身体表現も大きくしかも丁寧に美しくなっていると思う。

何げにこのプロツナギ多くないですか?

振付師は誰だろう…

彼の魅力をしっかり引き出している。

後から、他の気になる若手選手たち(ジュニアっ子中心)のドリーム・オン・アイス動画特集やろうと企画中。

でも彼だけ単独で取り上げたい気分になってしまったので今回の記事になった訳さ。

彼、今季イイとこ行くかな?

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

美川憲一と志茂田景樹

美姫、アイスショー出演もダンマリ

2013年7月9日

 今年4月に未婚のまま女児を出産したことを告白した安藤美姫(25)=新横浜プリンスク=が8日、福岡市内で行われた東日本大震災復興支援チャリティーアイスショーに出演した。

白いドレス姿で賛美歌「アメージング・グレース」を優雅に滑り、3回転ジャンプも着氷が乱れながらも何とか成功させた。
フィナーレでは親友の歌手絢香の曲で、演技を披露。最後の場内インタビューでは「チャリティーにご賛同いただき感謝の気持ちでいっぱいです」と話したが、この日も報道陣の取材に応じることはなかった。

ただ、8日発売の週刊誌「AERA」のインタビューでは、女児の父親とはきちんとした交際をしており、ソチ五輪後に
結婚も考えていたところでの妊娠だったこと、親子3人で生活できる生活環境や練習環境が整ったら入籍することなどを明かした。また「一度、報道の皆さんに『氏名をお知らせすることは控えさせていただきたい』というファクスをお送りしました。それを簡単に翻すことはしたくない」と、改めて父親の公表を控えるとした上で「でもこの子のお父さんはお父さんとしていてくれます。生きているんだから、いつでも会える」などと話している。

衝撃告白の余波はいまだ収まる気配はないが、安藤は今後、12日からの「プリンスアイスワールド」(東京)に出演。
その後、今季のフリーの振り付けのため、渡米する予定だ。

デイリースポーツ on line

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

本来なら東日本大震災復興支援チャリティーアイスショーがクローズアップされるべきことなのだが

渦中の人がいるとWebニュースはこんなもんなのだろう。

このツイッターでは例のライターの名前が出ている。

そういえば彼女は美姫ちゃん自伝本の執筆者でなかったか?

まあいい。

今日の主役はタイトルにある男性二人だ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

美川憲一、安藤美姫は「女の部分が強かった」

2013年07月08日 17時20分
 
 

 歌手の美川憲一(67)が8日、都内で新曲「生きる」の店頭キャンペーン後、4月に出産していたことを明かしたフィギュアスケート・安藤美姫選手について言及。報道陣の問いかけに応じる形で「オリンピックとか、先のことを考えたら避妊するでしょ」と厳しい表情をみせた。

 未婚のまま女児を出産した安藤に、美川は「子どもが大きくなったときに、父親がいないというのはかわいそう」と指摘。「見本になるような方がするようなことではない」といい「彼女(安藤)は女の部分が強かったのね」と話した。

 また「今までは、(浅田)真央ちゃんが注目されてどちらかといえば2番手だったのに、こう注目されると練習にも集中できないし、大変よね」とも話していた。

(ORICON STYLEより)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

う~む…

至極マトモなご意見である。

短い記事の中に必要なエッセンスが全て含まれている感じだ。

最後の方の下線部…さりげないが鋭いと思う(・・;)

美川憲一氏といえば

昔ある番組司会者に

「美川さんは親戚のお子さんに“おじさん”と“おばさん”どちらで呼ばれるんですか?」

と聞かれ

「どちらも言わせないわよお~」

と言っていたのが未だに忘れられない。

一見「男おばさん」(失礼)

ちなみに私はひそかに「さそり座のおじさん(orおばさん)」と呼んでいた。

もうそんな風には呼びません。(多分)

ごめんなさい…

この人のWikiを覗いてみると、この事に全肯定出来ない理由がわかる。

生い立ちが複雑だ。

美川憲一 ←Wikiにリンクしてます。最初の方に「生い立ち」有り

もう一人、紹介させていただく「彼」も

「フツーのおじさん」と呼ぶには異質な風貌のお方

志茂田景樹氏のブログ「カゲキ隊長のブログ」より

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2013.07.07

一杯のかけそばと未婚出産という2つのキーワードをつなぐメディアメロディーラインの胡散臭さ、

 ある女子スポーツ選手が、

 未婚出産した、

 今のところ、

 父親も不明である、

 今の時代は、

 好んで未婚出産をする女性も多く、

 大騒ぎする事件ではない、

 未婚の母は世間にいっぱいいる、

 また未婚の母で、

 父親の名を明かしていない人も、

 少なくない、

 父親は必要ない、

 と未婚の母を選んだ女性にとって、

 その名を明かす意味はないだろう、

 ただ、そのスポーツ選手は、

 そう割り切れたわけではないだろう、

 それにはいくつかの理由がある、

 彼女は花形選手である、

 彼女がやっている種目は、

 オリンピック種目であり、

 しかも、人気の種目である、

 日本では飛び抜けて人気の種目で、

 特に女子は花形になれば、

 アイドル視される、

 そういう事情があって、

 この選手はメディアの起こす洪水に巻きこまれた、

 その洪水に巻きこまれれば、

 無事ではすまない、

 まずは父親は誰だ、

 という媒体の販売増や、

 視聴率アップに直に響く、

 世間の興味に解答を与えようと、

 週刊誌スポーツ紙メディアが、

 躍起になって嗅ぎ探し回っている、

 相前後して、

 メデイアのほぼ全ジャンルが参戦し、

 さまざまな視点の報道合戦を繰り広げだした、

 この報道合戦は入り乱れながら、

 2つの渦に分かれていく推移を辿るかもしれない、

 1つはバッシングの渦である、

 その種目のスポーツ連盟には、

 さまざまな意見が殺到しているという、

 ほとんどは未婚出産を否定するもので、

 「性教育はやっとらんのか」

 といったお門違いの過激なお叱りも多いらしい、

 アイドル選手を夢見て、

 我が子にその種目を習わせている、

 親からの苦情も多いかもしれない、

 何しろこの種目は、

 競技人口こそ少ないにしろ、

 テレビの視聴率もよく、

 注目度はずば抜けている、

 バッシングの渦は、

 スポーツ選手の、

 道徳観念を問題視する方向も含めて、

 これから加熱していく気配がある、

 もう1つの渦は、

 美談に仕立てていく渦である、

 未婚の母として五輪出場へ始動…

 それでも目指せソチ金メダル…

 この種の報道は、

 来年、

 ソチ五輪を控えているので、

 本線の渦になるかもしれない、

 どちらの渦が相手を呑み込むかどうかは、

 ともかくとして、

 どちらの渦にも、

 巻き込んだら巻き込む価値がなくなるまで、

 渦から放り出さないという習性がある、

 非情極まる習性である、

 

 バブル経済が頂点を迎えた頃、

 一杯のかけそば、

 という美談に日本中が翻弄された、

 どんな美談だったかを簡単に述べる、

 北国にある街の蕎麦屋に、

 大晦日の夜、

 若い母親と幼い兄弟の客があった、

 一杯のかけそばを注文した、

 店主は一杯半分のそばをゆでて出した、

 3人はその一杯のかけそばを分けて食べた、

 毎年その母子3人は、

 大晦日に現れ、

 かけそばを3人で分けて食べた、

 その間に、

 店主夫婦は親子3人の会話から、

 兄弟の父親が、

 多額の借金を残して、

 交通事故で死んだことを知る、

 ある年の大晦日、

 母親は2杯のかけそばを注文した、

 店主は3つの玉をゆでて、

 2杯のかけそばにして出してやった、

 それ以最後の大晦日に、

 母子3人は現れなくなった、

 それから10年余りも経って、

 大晦日に母子3人は現れた、

 上の子は小児科の医師になり、

 弟は銀行員になっていた、

 和服を着た母親は、

 落ち着いて穏やかな雰囲気を放っていた、

 「一杯のかけそばが、

  僕達に生きる力を与えてくれました」

 

 涙のツボを心得た美談になっているが、

 実話だと聞かされて、

 僕達プロの作家は、

 10人中9人は、

 まさかと思った、

 母子が初めてそのそばやに現れたのは、

 1970年代初頭で、

 高度経済成長の絶頂期である、

 どんなに貧しくても、

 母子3人で年越しそばを食べたければ、

 3杯分のかけそばの代金ぐらい都合してやってくる、

 何年も貧しくても普通に暮らしてこれたのだから、

 一杯のかけそばは嘘だ、

 それでもその分のカネしかなかった、

 というのなら、

 スーパーでそばの乾麺を買い、

 ありあわせの野菜を使って作ればいい、

 そば屋の1杯分の代金で、

 3人のお腹が充分膨れるものが作れる、

 とき移って長男が小児科の医師、

 次男が銀行員となって現れるのも、

 絵に描いたようでいかにも臭い、

 医師も銀行員も当時の花形職業で、

 メデタシのハッピーエンドもやり過ぎで、

 作り物臭プンプンだった、

 作りものであれば、

 リアリティーに欠ける、

 と評されるだろう、

 でも、作り物なら社会現象になり得ない、

 まるで全国民が感涙しなければ、

 収まりがつかない美談合戦のあと、

 舞台になったそば屋も特定できず、

 美談の母子の姿もなく、

 美談の渦はたちまちしぼんでいった、

 そうして、

 美談風実話仕立てストーリーの作者の人間性が、

 暴露され、

 報道は暗転してバッシングの渦を巻き起こす、

 美談作者は居所を転々として、

 各地で寸借詐欺を繰り返し消息を絶つ、

 今に至るも、

 その消息は伝わってこない、

 メディアは美談の渦を作ろうと、

 バッシングの渦を巻き起こそうと、

 同じ穴のムジナだということを、

 よく理解する必要がある、

 マッチポンプをして、

 国民の関心をそそり、

 渦に巻き込んだ主を、

 遠心力でしゃぶり尽くす、

 芸能界にはその渦を逆手にとって、

 人気の維持につなげようという思惑もある、

 アマの選手たちがこの風潮に乗るようになったら、

 そのスポーツも終わりだろう。  

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

これも至ってマトモな意見である。

業界の裏と世の流れを知り尽くしている。

その上で彼女を気にかけている。

様々な分野の…識者と呼ばれる方々がこの件についてコメントしているが

この一見「フツーのおじさん」の集団に入れたら明らかに浮きまくるであろう方が

その中でも非常にマトモな意見を述べている…というのに世の中の妙を感じる。

人間は表面的に見ちゃあダメだね…

「妙ちきりんな格好をしてテレビに出ていたおじさん」扱いしてすまんかった…

でも…

あの格好は一応“女装”でもあるのか?という服装もあった。

変わり者の女装家の中でもあんな美意識な人はいないと断言する。

ハッキリ言うと

やっぱり「変」

でも見直した。

次のエントリーされた記事もその続編のようなものだが…読んでいただきたい。
(リンク先でどうぞ)

改めて言うのもなんだが

文章がうまい。

当然か…(;^ω^)

小難しい表現なぞ使っていないのだがね。さすがである。

「一杯のかけそば」

今のお若い方にはピンとこない表現かもしれないが(でもちゃんと状況説明有り)

例え上手い。

分かりやすい。

未だこの話題は色々引きずりそうだ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

MEMO

ドラマ「半沢直樹」面白かった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

ヒラヒラ衣装男子動画特集

Fantasy On Ice にて羽生君が

4T+3A+3A+3A+1A を跳んだらしい。

その場で見られた方は幸せではあるが呆気にとられた方も多かろう。

≪解説無し≫羽生結弦 2013 Art on Ice TRUE LOVE

これは Art on Ice での演技だけどね。

見事なヒラヒラ衣装だ。

良く似合っているというのはこの年頃の男性にとって褒め言葉になるのかは不明だが

「男子フィギュア」らしくて良い。

そのまま「普段着にも使えます」な衣装は面白みが薄いというものよ。

こんなめでたい話もあった。(今更ながら・・・だが)
↓ リンクしてます
フィギュアスケート・羽生結弦選手との所属契約発表会を開催しました (ANA NEWSより)

それを記念してという訳ではないが・・・

何故か

「そのまま家を出るのはちょっと恥ずかしいヒラヒラ衣装を着た男子フィギュアスケーター動画小特集をやりたくなった。

次は我らが高橋大輔。

ブエノスアイレスの冬衣装。

非常に邪魔くさい髪型であるが

実はこの時の髪型+衣装の組み合わせが非常に好みであった。

吸血鬼っぽい。

良い意味で

しかも久々に4回転試合で決めた記念すべき(?)もの。
(その後のジャンプ失敗してるけど・・・(;^ω^))

ソチ五輪シーズンでもSPかFPのどちらかフリフリド派手衣装を期待する。

(え?ダメ・・・?)

衣装は美しいのだが…な例。(実は好きな衣装ッス。グラデーション見事じゃないですか)

決して似合ってない訳ではないのだが・・・

何げに髪型も良いと思うんだな…

体型も問題ない。(2児の父とは思えぬ体型だ)

でも何かツッコミを入れたくなってしまうのは殿だからだろうか?

水の中の生物の何かを想像してしまう・・・かも・・・

フィギュアスケートGP ロシア杯 男子SP 織田信成(2012.11.09)

最後は過去の名選手。

「フリル衣装」と言えば欠くことの出来ぬお方

プルさんヤグさん(弥次さん喜多さんみたいだ)ガチ君の先輩にあたる

アレクセイ・ウルマノフ選手。

4T入り演技の動画があった。腕にヒラヒラ有り。

ウルマノフ サーカスの女王(4t入り) 1997年 

ミーシン門下にしてはスケーティング上手なんてどこかで聞いた事有り。

この人の身体表現の優雅さは好きだ。

最後にもらったプレゼントを平気でボトボト落としてしまう大らかさに思わず笑みが漏れる。

もう一つ

以前にも同じ五輪演技の「コレ」を載せたことあるのだが、高画質でUPしてくださった方がいた!感謝します!

こういうの着こなせるスケーターはもう二度と現れないかもしれない・・・

アレクセイ・ウルマノフ 1994 リレハンメルオリンピック EX:リゴレット

この曲を聞くと大昔の日立の冷蔵庫のCMを思い出してしまう私はもう若いとは言えぬ。

北米ではこの衣装を馬鹿にする者がいたようだが、

若干20歳でこの堂々たる姿。

「確かに私はフリルを着用しておりますが・・・それが何か?」shine

と、非常に涼しげな御顔で氷上に登場する。

コレ見ただけで私は

「この人・・・いいわあ・・・(゚∀゚)・・・好きだわ」

と思ってしまった。

マジで恋する●秒前・・・とはこのことを言うのかもしれない。

今日は良い夢が見れそうだ…

でも…以前プルシェンコと出ていた歌謡ショー(?)における彼の歌唱力(読経みたいだった…)を思い出すと少々顔が緩む。
2013年6月21日 (金) プルシェンコに見るスケーターの歌唱力参照のこと)

おまけ

そんな彼も人の親

お子様、双子だったのか・・・

ぱぱするウル様

追伸

レスは後日まとめていたします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年7月 8日 (月)

浅田真央 アルソア クイーンシルバー 新 CM

ポピンズ真央、トラクター真央、お料理真央、赤ドレス真央が短い間にお楽しみいただける。

浅田真央 (mao asada)  アルソア クイーンシルバー 新 CM

赤ドレス真央キレイッス・・・

彼女はパステルカラーのイメージあるが、こういうハッキリした色も悪くない。

この方がお姉さまって感じになるかな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年7月 7日 (日)

年増と浅田真央とネガキャンの構造

オレは、女性のスポーツを一生懸命見るんですよ。
こんな子をレスリングに持ってきたらいいんじゃないかとか、これは無理だろうとか考えながらね。

フィギュアスケートの浅田真央ちゃんはまだ17歳でしょ。
今が一番いいんですよ。
なんていうか、ものすごく新鮮でしょ。ねっ。
男も知らない。タバコもお酒も知らない。
で、どこかでまた大人に手がけられると、ガラッと変わるもんね。

あの子はいくら大人になっても、あどけない子供の雰囲気を、ずっと持ち続けていく子だなって。
それに万人に好かれる子だよね。
いやらしいところや、ツンとしたところがないから。
男から見ても、自分の娘があんな子に育ったらなって、やっぱり思うんじゃないかな。

真央ちゃんはいつも笑顔で、悔しいとか、不本意そうとかがあまり見えないじゃん。
まだよく分からないけど、それでも芯が強いんだなと。
負けてもあっけらかんにしているでしょ。
そういう子にファンはつくんですよね。
そういうところが、女子プロレスにもあったからね。
だから、みんなが見たんだよね。
女には華がないとね。

「女子プロレス 終わらない夢」(扶桑社)より抜粋

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2013年4月12日 (金) 女の華・・・という記事をあげた。

上記はその記事でもあげた全日本女子プロレスの父である松永会長の言葉。

実はコレ、抜粋の抜粋といいますが

例のネガティブキャンペーンが行われた時期に

ブログ「やんばいライフ」様が

全女・松永会長が語った浅田真央評」 ←リンクしてます

ここからの抜粋な訳で・・・

(使わせていただきました。ありがとうございます)

真央ちゃんの本質をよく捉えていらっしゃるということでまた載せた。

なぜ今になってまた?

それは何故か美姫ちゃんの事情が一部の者によって

真央ちゃんネガキャンに使われようとしていることを感じるからだ。

それについてちょっと啄きたくなった。

某女芸人が某番組にて

「安藤美姫が子供を産んだ事で浅田真央より世の女性達の支持が上がった」

ということを言ったそうな。

中にはそういう女性もいるにはいるだろう。

真央ファンをなめんじゃねえぞ!凸(`、´X)

である。(笑)

それに女子選手は彼女達二人だけじゃないんだけどな・・・

注目集め、人気はあるけれど、こういう嫌な駆り出され方をするのが浅田真央でもある。

上記の真央評を見て

さらにはネガキャンに手を貸す人を見てもう一つ思うトコロがある。

これといって瑕疵の見当たらない印象の人物の
(まあ、スケート技術に関しては色々思う方もいようがそれは置いといて)

重箱の隅をつつくような真似をする人達。
(で・・・捉えようによってはその人達が指摘する“欠点”が別の見方すると別に欠点じゃねえべ・・・と思ったりする)

上記で松永会長が触れた

「それに万人に好かれる子だよね。いやらしいところや、ツンとしたところがないから。」

勝手な話だがネガキャンされる理由はコレにあるんじゃないか?とふと思った。

そして

真央ちゃんってある種の地位持った年増(失礼)が「癪に障る」存在でもあるのかな?

と最近思うことがある。

美姫ちゃんのインタビューをとった宮嶋氏。

ちょっと調べてみたら例の平松純子のインタビューアだった。

この人の働きがあったから真央ちゃんの3Aがより評価されるようになったのよ・・・という内容のヤツだっけ。

宮嶋氏のブログ(?朝●関連だったと思う)見るとこの間の国別の様子が書かれているのだが

真央ちゃんの国別・・・確かにこれは出来が良いとは言えなかった。

が、真央ちゃんについて普段から良い感情を持っていないことを窺い知ることができる部分がある。

なかなかのバイタリティのある方であり、広い人脈もあり、組織内でも力があると想像できる方。

スケ連トップの橋本聖子氏の現役時代ずっと取材してきた人とも聞く。聖子氏の信頼厚いと思われる。

が、美姫ちゃんのインタビューと真央ちゃん国別時の書き方を見て

嗚呼…スケ連の覚えめでたき人物って曲者だあ…と頭を抱えたくなった。

そう書くともう一人思い浮かぶ人物がいる。

例の城田女史。

この方は「アンチの星」(笑)と言っても過言ではないかもしれぬ。

宝島にもそんな風に紹介されてた気がする。

今は組織内では力ないかな?でも「声が大きい」人だ。

次はネガキャンというほどではないが、まあ、「好きじゃない」だろうな・・・の例を挙げるとすれば(否、やはりネガキャン要員か?)

芸能人のご意見番とか言われるあの大きな(笑)女性。

あの方も真央ちゃんを絶対褒めたくないという強い意志を感じる時がある(^^;)

おヨナさんベタ褒めの―歌舞伎のおウチに生まれ、おフランスの方と結婚したあの方とか・・・まあ、これは「感性が合わない」で済むのかもしれんが、彼女以外の選手達を一生懸命褒めていたけど彼女は…ということから色々思うトコロを感じる。

サッチーも暴言吐いたことあったな。(この人が言うのは全方位にだがな。渡部絵美にも面と向かって暴言吐いたんだっけ)

あ!もう一人あげよう。

青嶋ぴ●の(笑)

一癖も二癖もある女性たち。

が、今の地位を得るために必死に頑張ってきた女性たちでもある。

ここからは妄想半分(以上?)になる。

断定的な事じゃなく、あくまでもタレミミ目線の話。

この手の女性たちって、その地位になるまで

おそらく上役(主に男性)に対して

ご機嫌伺いしたり、必死に取り入ろうとしたり、場合によっては媚を売ったり・・・

そういう経験も数多かったと思うんだ。

そういう人たちから見ると真央ちゃんって

「大した苦労もしないで愛されている」

・・・そんな存在に見えるんじゃないかな?と思う。

真央ちゃんは決して苦労していないこともないし、私の予想が当たってるとしたら逆恨み以外の何者でもないんだけど。

そういう雰囲気を持っている人でもあると思う。苦労を感じさせないというか・・・

それに真央ちゃんって未だに「女のいやらしさ」のようなものを感じさせない女性だ。

人に好かれる要素の一つだ。

それもまた癪の種なのだと思う。

嗜虐心が刺激されるのかも。

それなりの地位ある女性の中には・・・これは男性にも当てはまるのだけど

部下…というか近くの目下の者が自分に「媚びる」ことをしないと気に入らない人もいる。
(見え透いたお世辞言うとかよいしょするとか…)

特に女同士の付き合いって暗黙のうちにそういうことが求められることがある。

その場の主導権握っているような女性でそういう人がいると人間関係は面倒になる。

真央ちゃんはそういうのを華麗にスルーshineしてしまうのではと想像する。

「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」…とまではいかないと思うけど…(;^ω^)

違うかもしれんけど…

何かその手の女性から“屈折した”八つ当たりされそうな感じするのだ。

そういう人は一見サバサバしている風に見えることもあるが、中身はドロドロしている。

「女のいやらしさ」たっぷり。

職場や親戚付き合いやPTAの会合やママ友やらで…経験ある方いらっしゃるだろう。

女性の中には女でありながら「女のいやらしさ」にうんざりしている人間も多く、

真央ちゃんを支持している女性の中にはそんな彼女で夢を見たい者がいるのかもしれん。

ドロドロ好きで真央ちゃん好きという人もいるだろうけどな(笑)

ちょっと話ズレるが、ある書き込みで

「浅田真央は権力者に好かれそうな顔をしている」というシンプルなものを見たことがある。

例えがあまり良くないけれど、ある種の女性たちから見ると

「大した媚売ってもいないのに寵愛根こそぎ持っていきそうな女性」

または

「美味しそうなトコロ持っていきそうな女性」

に見えちゃうのかな?…なんて…

彼女には今のところ恋の話がないので、彼女が嫌い(と思われる)人間は

「恋愛もしてない女なんて…」

と、アスリートとしての彼女と関係ないことで攻めようとする者もいる。

っていうか、女性の中にはそれが競技をやっていく上で邪魔になってしまう人もいると思うんだがね( ̄◇ ̄;)

恋してたって言えねえし・・・言う必要ないし・・・

たださ…こーいうことで貶す人って…

真央ちゃんが将来、所謂「条件の良い」タイプの男性掴んだら逆恨みが更にハゲしくなりそうだなあ…

ちょっと意地悪だったかな・・・

まあ、いいや。

人間としての成長を見ずして

女性として未熟だとばかり「色気がない」キャンペーンはる奴に言いたいことある。

女のいやらしさがあることと「色気」は別だそ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ズラズラ書いたが、真央ちゃんのネガキャンは上記のような事情もあるかもしれんが

やはり某D痛さんが大きく関係していると思う。

が、今日はここまでにしよう。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今思い出したことだが

青嶋ぴ●の氏の書いたことで、どうしても許せなかったことが一つある。

今頃書くなよ…な内容になるが…

嫌なことを蒸し返すような形になるのは抵抗あるのだがここで書きたくなった。

例の「浅田真央が気づいていない大切なもの」もそうであるが、それ以上に怒りのスイッチを押した文があった。

浅田真央物語 Princess Mao (角川つばさ文庫)の中からだ。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

『表彰式を見て誰もが驚いたのは、銀メダルをとったというのに、真央ちゃんがあれだけ悔しげな表情、涙を見せたこと

オリンピックのメダリストになる-それだけでもう、充分大それたことを成し遂げたというのに、真央ちゃんは泣いてしまうの?』

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

何て白々しい文を書くのか…と呆れたものだった。

選手たちの近くにいて取材して…この人は何を見てきたのだ?と思った。鈍感にも程がある。

側にいたらぶん殴っていたと思う。

どちらかというとおヨナさん派であるウチの馬鹿親父でも彼女の涙見てこう言ったぞ。

「銀メダルもらって泣く…ってのは大したものだ。金メダル以外頭になかったんだな…この子、これからも伸びる人だよ」

別にただ可愛らしいから皆応援してる訳じゃないんだよ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

最初この記事タイトル

「ババアの嫉みとイジメの構造」

にしようかと思ったが

身も蓋もなさすぎなのでやめた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

スケ連の信頼も厚いと思われる宮嶋氏が真央ちゃんに関してああいう書き方が出来るということは

いくら貢献度が高くても、人気があっても、名選手だとしても

真央ちゃんを推す人間ってのはスケ連の主流ではないのだな・・・と思ってしまった。
(主流なんて存在しないかもしれんけど)

他の幹部の発言見ただけでも推し量れることだがな。

苦言を言うにしても愛情があるものとそうでないのは違う。

ま愛情なくてもいいから

動くべき時に動いてくれたらそれでいいや。

それすら大きすぎる期待になるかなあ・・

権威とかに弱そうなババアとそれにネガキャンされる真央ちゃんについて書いた訳だが、

彼女は優しく心強い女性に囲まれてもいる。

「権威」と全く縁のない人間というわけでもない。

例)ローリー&タラソワ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

高橋大輔という要素が・・・MY OLYMPIK

【高橋大輔】MY OLYMPIK まとめ前編

これは月曜日から金曜日までのラジオ放送をまとめてくださっている。

このまとめがUPされる前1回の放送ごとの動画を上げてくださっているのも見たがそれは

放送の1回1回が…

短っ!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

それでも高橋大輔の要素が足りない最近では有難いことではあった。

と言いつつ

高橋大輔という要素が少ないと思う今日この頃である。

これも要素が少ないというか

PIW2013月光の一部分。

でも演技の美しさが堪能できる。

競技で滑った時より良いと思ったのは照明のせいだろうか。

高橋大輔 PIW2013 月光

次のEXは途中から滑らなくなった気がするけれど・・・

でも悪くない

【高橋大輔】 2012プリンスアイスワールド Sweat  【音声差し替え】

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

「浅田真央の作り方」をめぐっての(?)個人的なゴタゴタ

あるブロガー様が(というか何人かいらっしゃる訳だが)朝●デジタル版の

「浅田真央の作り方」

という実に興味深い記事を紹介していた。

我がブログにも早速・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

残念ながら朝●デジタルの登録をしないと

「続きを読む」という箇所をクリックしても

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

会員登録のご案内

記事全文をご覧いただくには、朝日新聞デジタルへのログインが必要です。
会員の方は下記のボタンからログインページへお進みください。
会員登録がまだお済みでない方は、登録申し込みページにてお手続きください。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

という説明書きのトコロに飛ばされてしまう。(当たり前やね)

登録していない人間が読めるのは次の部分のみである。

リンク先に例のピンクワンピース真央を拝むことが可能っ!

この時、何本仕事受けてたのよ?真央ちゃん・・・

お疲れ様でした・・・(今更ながら)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

(浅田真央の作り方)特別な年 思い込めアクセル全開

■五輪あっという間 曲決まりワクワク

 今シーズンはソチ五輪のある特別な年。バンクーバーで黒と赤の衣装でフリーを滑ってからあっという間でした。でも、この1年はきっともっと早い。自分の思いが詰まった濃い時間はすぐに過ぎるから。曲もショパンとラフマニノフに決まって、ワクワクしています。自分のすべてを出せるよう努力したい。

・・・・・・・

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

…( ´_ゝ`)…

短っ!!

で、以前森下洋子さんについて取り上げられていた時分、

夕刊に(続きを読むの先が)まるごと載っていたわあ・・

・キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

・・・ということがあったので、

夕刊で全部見られるに違いないわあ・・・

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

・・・と勝手に思っていた。

この内容を取り上げていらした中に「4日の夕刊に・・・」と記載している方がおられるではないか!!!

「(いつも内容に文句言ってるけど)朝●とってて良かったheart01

「朝●様と(その日のみ)呼ばせていただきたい」

「アンタはエライっ!!」

「マンセーマンセー!!」
ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

と、美姫ちゃんの話題に気持ちが行きながらも思っていた。

ところがだ。

7月4日の夕刊・・・

ない

もしかして、夕刊のお悔やみ欄くらい小さな扱いなの?( ´・ω・`)

それでもない

もしかして・・・親父が私に嫌がらせをする為に真央ちゃんの部分だけ抜いてしまったのか?

・・・と被害妄想まるだし気分になってしまった。

モロゾフはおヨナさんに呪いをかけている(|||゚Д゚)<㌶㌍㌶㌍㌧

という世迷言を書いた某国マスゴミのことは言えない。

それとも地方により扱いが違うの?( ´・ω・`)

北●道の●幌以外の場所では真央ちゃん記事見ることが出来るの? ( ´・ω・`)

教えて~くだ~さいぃ~♪で始まる歌が昔あったな・・・

コレ読んだ方で朝●購読者の方、

「私のトコロはバッチリ読めましたわい!」゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

という方いらしたら・・・報告願います。

「デジタル版登録しろよ!」( ゚Д゚)y─┛~~

・・・それはごもっともなんですが・・・

普段の購読料プラス・・・更に月々500円を払わねばならぬのですよ・・・

たかが500円、されど500円

う~ん・・・

確かにデジタルのみの記事で興味深いものがない訳ではない。

ちなみに他に7月6日のになってしまうが、その日気になったのはコレだ。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2013年7月6日23時56分

パリに伊賀忍者参上! 日本文化の祭典でショー披露

 伊賀流忍者博物館(三重県伊賀市上野丸之内)を拠点に活動している伊賀忍者特殊軍団「阿修羅(あしゅら)」のメンバー5人が4日、フランスの首都パリで忍者ショーを披露し、詰めかけたパリジャン、パリジェンヌらを熱狂させた。

 阿修羅はパリで開かれている日本文化の祭典「ジャパンエキスポ2013」に初めて参加。4~7日に計7回のショーを予定している。

 同行している伊賀上野観光協会の森本聡志さん(34)によると、初日の4日昼と夜に文化ステージ、メーンステージでそれぞれ1回ずつ公演した。

・・・(この続き有り)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

でも・・・

普段購読してる方はデジタル版、登録したら無料でバンバン見れちゃうよ!(*゚▽゚)ノ

・・・じゃダメなのか?

私がケチ過ぎるのか?

そうなのか・・・_ノフ○ グッタリ

慈善事業で新聞発行してる訳じゃないものな・・・

イマイチ締まらないが、真央ちゃんの動画で締めようと思う。

浅田真央  過去の主要エレメンツコレクション ~ “集大成”プロの原点!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

おまけ

「おしえてくだ~さい~」はこの曲だったっけ・・・

と急に思い出したので今日の1曲

英訳もされてるよ・・・

Sakimori no Uta (防人の詩)/ An Ode by an Ancient Japanese Coast Guard

眠い為・・・更にミキティフィーバー(?)にちょっと疲れてしまった為か

そんな精神状態そのままの記事になってしまった。

反省・・・

しない・・・(´△`)Zzzz・・・。o○

おやすみなさい

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年7月 5日 (金)

熱くなれ!~ニコライ・モロゾフ

時期が時期だけに微妙な気持ちになる方もいらっしゃるかもしれませんが

ニコライ・モロゾフ関連の動画をちょっと見たくなってしまった。

まず美姫ちゃんの演技動画から

この衣装、バンクーバー五輪の時のよりファンに好評のようだ。

安藤美姫 Rostelecom Cup 2009 FS

次から問題の動画に入る

上の演技時のモロゾフ。何と別アングルで2パターンある・・・

美姫ちゃんファンのみならず、コーチのファンもいるようだ。
(演技撮せよ・・・と言いたくなるがユニークな場面である。撮りたくなる気持ちは分かる・・・)

熱血コーチ ニコライ・モロゾフ 安藤FS編 ①

熱血コーチ ニコライ・モロゾフ 安藤FS編 ②

情熱的な良いコーチと言えば良いコーチなんだろうが…

選手は「リンクにいてくれると心強い」と言っていたけれど…

不審者…

次、アイスダンス時代のもの。

真央ちゃんが憧れのスケーターとして名前挙げたことがあるナフカ様と組んでいた時期があった。(ベラルーシ代表として出とる)

名不可…否、ナフカ様、お綺麗です。shine

モロは…

よく言えば「癒し系」?ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

まあ、見ていただきたい。

長野五輪、出てたんだ…

ニコライ・モロゾフ アイスダンス時代

ナフカ様はこの時期彼をどう思っていたのか?聞いてみたいものだ。

オチ・・・否、最後はこの動画で締めたい。

大黒摩季さんの曲と彼は想像以上に相性が良い。

熱くなれ、ニコライ・モロゾフ!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

南里康晴 月光海峡冬景色

南里康晴 月光海峡冬景色

コレ、以前コメント書いてくださった方に教えていただいたような気がする…

振付:宮本賢二だ。

良い仕事というか良い悪ふざけというか…良プロだ。

月光から始まるってのがまた…(大輔のも見たくなった。後でみよう♪っと)

滑りキレイだな…ステップ巧いやないか!表現も良い。

ミ●ネ屋でワールド19位とか言われていたが、ジャンプに難があったのかしら…
(タイムリーで知らんのですよ、彼のこと)

でも面白いスケーターだ!

亀連後(変換するとこうなっちゃった)否、カメレンゴ先生の振付も高橋大輔より前にやっていたのだな。

コレ↓も気に入った。

南里康晴 2006Medalist On Ice 海外解説版

ちゃんと名前読んでやってくれよ!海外解説者よ!!

・・・とツッコミを入れたくなる動画でもある。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

クドいようだが、やはり亀先生、大輔とまた組んでくれないか?と思ってしまう。

あっこちゃんの“O”は良かったが、私、あっこちゃん、佳菜ちゃんはボーン先生との方が相性良いんじゃないか?と勝手に思っている。
(だから昨シーズンは大輔と振付師交換すりゃ良いのに・・・と密かに思っていた)

山田満知子先生が大輔に相談したら、彼は佳菜ちゃんにボーンを薦めた・・・という話があった。

大輔、その辺の見極めが上手い人だな・・・と思った。

将来良い指導者になるやもしれぬ。
(贔屓の引き倒しというなら笑ってくれい・・・)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年7月 4日 (木)

ママ美姫補足:「うまい」けど「下手」~シンプルでいいんだよ

訳わからんタイトルだが気にしないでいただきたい。

「もう(いい加減)ええわ」( ゚Д゚)y─┛~~

と思っていたのだが、

先程ある方のコメントを見て…またちょっと書きたくなってしまった。

困ったものである。ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

ソチ五輪を目指すことについて。

ゴチャゴチャ「目指すとは言っとらん」だの「否、目指します」だの二転三転してる印象がある。

以前彼女は休養中だったか、ある独占インタビューだかを受けて

「ソチ五輪はご褒美」shine

なる発言をした。(2012年10月…妊娠していた時期か…今思えば)

私はコレを聞いた時も何とも言えぬ脱力感を覚えてたと思う。_ノフ○ グッタリ

なぜシンプルに

「ソチ五輪に参加できるよう頑張ります」

または

「ソチ五輪でメダル狙います」

という言葉が出てこないのか?

非常に不思議に思っていた。

ま…妊娠しているの分かった時期だったら、まあ、わからなくもない…と思うけど。

彼女、凝った言い回しをしようとして失敗しているのかもしれないね。

へりくだっているようで、「ほかの選手にも失礼」で「不遜」な響きがある。

ワールド女王とっている人間なのだ。堂々と言っていい。(練習してるならばな)

準備して迎え撃つぜ!…な態度の方がライバルに対しても礼を尽くしていると言えるのではなかろうか?

休養が長かった為自信ないのはわかるが、「ご褒美」で出場できる程五輪は甘くないだろう。

周到に準備を整えていても出られなかったり、出場しても結果出ないケースも多いのだ。

準備せず勝てるのは昔少年ジ●ンプに連載していた「とっても!ラ●キーマン」の主人公くらいだろう。

その辺の言葉の齟齬というのか…いつも気になる。

一見華やかで自己演出上手に見えつつ、何処かでへま…というか「下手」なのだ。

それに関しては彼女は悪気はないと思う。

彼女なりにかなり気を使って話しているのだと思う。

が、変に気を使いすぎる部分があるのか、へりくだり過ぎて、かえって失礼に思える言い回しを選んでしまっている感じなのだ。

彼女がマスコミに姿を現す際、裏でシナリオを書いている人間がいると思うのだけれど

どういう言葉で話せば良いか?の指導を細かくした方が良いのかもしれないね。

いや…

「私は私の言葉で話すっ!!」(# ̄З ̄)

と主張するかな…彼女なら…

まあ、「裏」はいいや。

そんな彼女に言いたいことは一つ。

タイトルにもあるが

シンプルでいいんだよ。

作家じゃあるまいし…巧みな言語表現なぞアスリートに求めないって。

爽やかなアスリートらしき清潔感が感じられればそれで良い。

この前の報ステ「激白」の演出は見事だった。「うまかった」

でもやはり所々「下手」だった。
(それが波紋を呼ぶ原因にもなっていると思う)

コレは「ヘタウマ」ならぬ「ウマヘタ」と呼ぶべきか…

テリーなんちゃらみたいなおっさんには、彼女の発言が「面白く」「サービス」になっているのだろうがな。

美姫ちゃんネタは(何か新しいことが出てきたら別だが)一旦終了。

終了…と言いつつ書いちまってるけどね(゚ー゚;

追伸

北●道では遅れて発売になるが

明日出るフ●イデーで「恋人」が「自分の子ではない」という記事が出るみたいだが…

マジですか…?~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

ママ美姫補足~スケーターというよりロックスター

最初驚きつつ

好意的な意見も多かった気もするのだが

美談仕立てにしようとしている意図がアカラサマだったり

「女性として・・・」は置いといて「アスリートとして」の彼女がブレブレな印象が目に付くようになるにつれ

疑問の声が大きくなってきている。

否…「女性として」も問題ない訳ではないな…

もっと毅然としているシングルマザーだったら

「しっかりしてるわね…貴女だったらそうなっても心配ないわ」と

(問題ない訳じゃないけど)なるかもしれんけど。

男次第、周囲次第って感じもするんだな。この人。

そういう点では奔放どころか古典的ともいえるタイプじゃねえかと思ってしまった。

それでも彼女は幸せだ。

「彼女を守ろう」という強い力が働いているのが分かる。

本人の想像以上に支えている人は多いと思う。

その中には「金になる」と考えてる人間がいるとは思うけど。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

美姫、12日から噂の南里とアイスショー共演も

サンケイスポーツ 7月4日(木)5時0分配信

 もうかまわないで-。極秘出産を告白して日本中を驚かせたフィギュアスケートの元世界女王、安藤美姫(25)が3日、報道各社に「静かに見守って」と“取材自粛”を求める文書を送り、4月に出産した娘の父親について氏名を公表しない意向を明らかにした。ただ、12-15日に出演する「プリンスアイスワールド東京公演」(東京・ダイドードリンコアイスアリーナ)には交際中のプロスケーター、南里康晴(27)も出演予定。騒動は収まりそうにない。

 1日のテレビ朝日系「報道ステーション」での極秘出産告白から2日。自筆の署名が入った安藤の声明文が報道各社に送付されたのは3日夕のことだった。まず日本スケート連盟などに騒ぎをわびた上で、こうつづっていた。

 「愛娘の父につきましては、私の考えで、氏名をお知らせすることは控えさせていただきたいと思います」

 さらに続けて訴える。

 「これからは、愛娘との時間を大切にしながらスケートに専念し、ソチオリンピックを目指して全力で挑戦していきたいと考えておりますので、どうか私の気持ちを御理解いただき、この報告を持って区切りとして、静かに見守っていただけたらと思います」

 過熱する報道への、一方的な“終息宣言”だ。自身の「フェイスブック」では同日、「関係者の自宅に深夜にいたるまで電話をかけ続けるなど、常軌を逸した取材をされる方がいらっしゃいます」「プライベートに関する過剰な取材、関係者に迷惑をかけるような取材は控えてくださるようにお願いいたします」と訴えていた。

 とはいえ、人気の高いフィギュアスケート選手が突然、極秘出産を告白した上で五輪を目指すとなれば、良くも悪くも注目を浴びるのは仕方がない。しかも、未婚の母で、父親の名も明かさなければなおさらだ。2日のTBS系の情報番組は娘の名を「ひまわり」と報じたが、これも安藤は公表していない。

 かつて恋愛関係にあった元コーチのニコライ・モロゾフ氏(37)は2日、フジテレビの取材に父親説を否定。一方、安藤は5月に写真週刊誌でプロスケーターの南里康晴と横浜市内で同棲していることが報じられている。4日発売の週刊誌『女性セブン』は「衝撃告白の全真相」と題して報道。南里が父親とした上で、スケーターとして安藤より格下で十分な収入もない南里との結婚に安藤の母親が反対し、(1)南里が婿養子になる(2)南里が生活の基盤を整える(3)ソチ五輪を目指す-の3つの条件を突きつけたとした。

 事実なら、出産から半年後の関東選手権(10月11-14日、埼玉・川越スケートセンター)で結果を出さなければ、結婚を含めたその後が閉ざされる可能性も。練習に専念したい気持ちは分かる。

 ただ、フェイスブックには2日に「『ソチ五輪をめざす』という言葉が一人歩きしている」「(ソチを目指すと)発言をした事実はありません」などと書き込んだが、この日の文書にはソチ五輪を目指すと明記しており、ぶれが目立つ。これでは真意を求めてさらに取材陣が集まるのは間違いない。来週12-15日の「プリンスアイスワールド」では安藤と南里がそろって出演予定だ。

 安藤はこの日、アイスショー「ファンタジー・オン・アイス」(6、7日)出演のため福岡入りした。4、5日には会場で公式練習に臨む。周囲の関心は高まる一方だ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

マスコミはこの人の性格を良くわかっている。

「かまわないで」と言いつつ注目されることは決して嫌いじゃない。

イツの頃か忘れたがアンチでもファンでもない私の母がテレビで笑顔を作る美姫ちゃんを見て呆れたように言った。

「この人テレビ出る時、注目されるのが嬉しくて嬉しくてたまらない!…って感じだよね」

フィギュアスケーター向きの性格ではあるのだ。

でも父親に関してアレコレ詮索されてしまうのは・・・

「相手」があることだからねえ・・・

南里君は耐えられるだろうか・・・

モロは…別にどーでもいいや…( ´_ゝ`)

とはいえ、多くのスケーターを抱えている存在なので(大輔含む)指導に支障がないように…

無理かあ…_ノフ○ グッタリ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

安藤美姫の母親 ソチ目指すこと条件に南里の子供出産を許可

NEWS ポストセブン 7月4日(木)5時6分配信

 7月1日、『報道ステーション』(テレビ朝日系)で、今年4月に女の子を出産していたことを告白した安藤美姫(25才)。結婚はしておらず、その父親も明らかにしていないが、安藤は2年前から元フィギュアスケーターの南里康晴(27才)と交際している。

「子供の父親は南里さんですよ。でも安藤さんがインタビューで話した通り、出産を決意するまでには周囲の猛反対があったんです。フィギュア界での彼女の立場はますます四面楚歌状態ですし…」(スポーツ紙関係者)

 輝かしい実績を持つ安藤に対し、南里はフィギュアスケーターとしての主な戦歴は世界選手権19位、全日本選手権3位。2011年に引退してからは、不定期でアイスショーに出演している。

「ここまで格差がはっきりしてるのも珍しいんですが、ふたりはジュニア時代から家族ぐるみのつきあいだったんです。安藤さんのわがままも、不安定なところも、全部受け止めてくれる存在でした。だから厳しいといわれている安藤さんの母親も、娘を支えてくれる南里さんにはずっと感謝していたんです。ただ、それはあくまで交際中のこと。結婚となれば話は別でした」(フィギュア関係者)

 昨年10月に妊娠が発覚した時のことを、安藤は前出の番組でこう振り返った。

「最初はみなさんに反対された時もあって、自分なりに一生懸命…いちばんは母にですけど、話して、スケートよりもその子の命のほうを選んだ」

 スケートを始めて間もない8才の頃、安藤は父親を亡くした。フィギュアは衣装代や遠征費を含めると最低でも年間100万円ほどのお金がかかるスポーツとして知られている。女手ひとつでここまで安藤を育ててきた母親にしてみれば、娘があえて苦難の道を選択することを黙って見ていられなかった。

「お母さんはずいぶん苦労したんですよね。だからこそ美姫ちゃんには幸せになってもらいたかったから、格下の男性とのでき婚を許すわけにはいかなかったんです」(安藤家を知る人)

 それでも安藤は引き下がらなかった。

「どうしても譲らない美姫ちゃんに、母親は条件を3つ出したそうです。ひとつは南里さんが婿養子になること。スケーターとしての“安藤美姫”という名前を残したかったからです。ふたつめが南里さんが生活の基盤を整えること。今はアイスショーなどに出演してますが、その収入は微々たるもの。安藤さんほどの一流選手であれば別ですが、南里さんがコメンテーターや指導者として生計を立てるには難しい世界です。だったら他の仕事でもいいから、美姫ちゃんと子供の安定した生活が見込める収入が得られる定職に就いてほしいということでした」(前出・知人)

 現在、南里は都内の居酒屋でアルバイトもしている。安藤の母親の意向をくんでのことだろう。

「そして最後がソチ五輪を目指すことでした。でき婚引退では顰蹙を買って、その後スケートの世界で仕事をしていくのはまず無理ですからね。この3つの条件を満たしたら入籍を認めるということだったので、未入籍出産となったんです」(前出・知人)

※女性セブン2013年7月18日号

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

嘘くさい記事でもあるが、なんか「素敵なアスリートママ」演出の裏で

「男の立場ねえぞ…」

な報道が多く感じる。

南里君のご家族の立場もないんじゃないか?

コレ、もし父親でなかったら踏んだり蹴ったりだろう。

上記のことが本当ならば美姫ちゃんのお母様、高飛車過ぎる…(あることないこと書いてるから信用できないがね)

ソチ五輪目指す…ってのはわからなくもないが(でも出産直後にハードなトレーニングさせなきゃならんってのがなあ…)

確かに収入面考慮するのは当然なのだけどね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

安藤美姫出産告白、父親はモロゾフ?南里?公表されないワケ…モロゾフ中絶依頼説も

Business Journal 7月4日(木)8時19分配信

 本日(7月4日)発売の「週刊新潮」(新潮社/7月11日号)と「週刊文春」(文藝春秋/同)が、衝撃の出産告白をした女子フィギュアスケーター・安藤美姫について、それぞれ異なる父親説を展開している。

 7月1日に放送された『報道ステーション』(テレビ朝日系)で、4月に女児を出産していたとの衝撃の告白で世間を驚かせた安藤。しかし、まだ入籍しておらず、父親の名前も明かさなかったため、メディアは連日、子どもの父親探しに奔走している。

 ミキティの愛称で知られる安藤は、可愛らしい浅田真央と比べると、大人っぽい妖艶さでファンを虜にしてきた。2006年のトリノ五輪でまさかの15位に終わると、コーチをニコライ・モロゾフ氏に変え、見事に復活。06-07シーズン、10-11シーズンに世界選手権を制した。09年には活動拠点としていたアメリカ・ニュージャージー州のマンションでモロゾフ氏と同棲生活をしているとも報じられた。そのまま恋人関係が続いていれば子どもの父親はモロゾフ氏なのではと邪推するが、新潮は“モロゾフ父親説”を、文春は元フィギュアスケート選手の“南里康晴父親説”を唱えている。

 まず、文春の記事によると、安藤とモロゾフ氏の恋人関係は11年の夏に破局し、翌年には師弟関係も解消されたという。2人の恋人関係が破局した11年9月に、「女性セブン」(小学館)が安藤と南里が表参道で手つなぎデートをしていたと報道。それ以来、安藤の本命彼氏とされ、今年5月には「フライデー」(講談社)が2人の同棲を報じたばかりだという。

 そこで南里父親説を唱えているわけだが、2人が結婚に踏み切らない理由として、南里の経済力をあげている。南里は福岡県出身のイケメンスケーターで、福岡の明太子メーカー「ふくや」所属だったことから「明太王子」の愛称で知られ、11年にプロに転向して以降はアイスショーに出演。しかし1回数万円程度しかギャラの出ないアイスショーでは食べていくことができず、都内の居酒屋でアルバイトをしているという。こうした経済力のなさが、2人の子どもが生まれても入籍できず、ゆえに父親だと表明できない理由だとしている。

●モロゾフ、中絶をお願いしたが安藤が拒否?

 これに対し新潮の記事では、11年5月にロシアで行われた世界フィギュア選手権を最後に、安藤とモロゾフ氏の師弟関係は解消され、このことが同時に2人の恋人関係が終わったことを意味しているという。その後、モロゾフ氏との関係に疲れ、ジュニア時代から仲が良かった南里とその1カ月後の6月頃に急接近したという。こうしたことから新潮も南里父親説かと思いきや、「女性セブン」や「フライデー」で南里との交際が報じられたにもかかわらず、父親として南里の名前を公表しないのは合理的な説明がつかないとしている。

 そこで再度名前が上がったのが、モロゾフ氏。モロゾフ氏周辺の関係者によれば「去年の8月ごろ、普段は寡黙なモロゾフが珍しく取り乱し、“ミキに子供ができたんだ。中絶してくれと頼んだのに、全然聞いてくれないんだよ”と困り果てていると聞きました」と言う。さらに、モロゾフが安藤に最後に会ったのは昨年6月で、この時に関係を持ったとすれば、出産時期からいって理に適うとしている。つまり、子供の父親が安藤と同棲中の南里ではなく、モロゾフ氏だからこそ父親の名前を伏せ、入籍もせずに出産したのだとしている。

 気になる父親について他の報道を見てみると、7月3日付日刊スポーツでは「相手選手については言及しなかったが、日本人の元選手になる」と南里であることを匂わせている。また、同日付スポーツニッポンは「南里と交際を始めたと話す関係者がいる」とするなど、両紙ともに断定はしていないが南里説を支持しているようだ。

 しかしネット上では、安藤の娘の名前「ひまわり」と、モロゾフ氏の祖国ロシアの国花である「ひまわり」を結びつけ、父親はモロゾフ氏ではないかとも言われている。ただ、7月2日に放送された情報番組『ノンストップ』(フジテレビ系)の取材に対してモロゾフ氏は「出産は知らなかった」「自分は父親ではない」と完全否定している。

 安藤にとって、父親探しは迷惑千万だろが、こういった類のゴシップは週刊誌ならずともメディアの大好物。今後、どんな情報が駆けめぐるか、文春と新潮、どっちが“正解”なのか、目が離せない。
.
本多カツノリ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

安藤美姫 父隠しの全容ーー小出し作戦で“復権”ねらいか

東スポWeb 7月4日(木)12時3分配信

 フィギュアスケートの元世界女王・安藤美姫(25=新横浜プリンスクラブ)による衝撃の出産告白は、一夜明けた2日も各方面に波紋を広げた。多くの日本スケート連盟関係者が驚がくした一方、橋本聖子会長(48)だけは「知っていた」と告白。インタビューを放送したテレビ朝日でも社長がコメントしたほどだが、最大の「謎」は解けないまま。父親は誰なのか。それを隠す必要がなぜあるのか。本紙が取材を進めると、安藤をよく知るコーチから、その核心と意図を示唆する注目証言が寄せられた。

 氷上のスターの極秘出産をスッパ抜いたテレビ朝日系「報道ステーション」のインタビューの中で“もどかしさ”を与えたのは、父親の素性を明かさなかったことだ。“NG事項”だったためか、同局の宮嶋泰子氏(58)もその事実関係を聞くことなく、何とも消化不良な取材に終わっている。

 しかも、安藤はかつて親密な関係にあった元コーチのニコライ・モロゾフ氏(37)への思いを吐露したことで、余計に“モロゾフ父親説”がクローズアップされてしまった。

「安藤はモロゾフと男女の関係にあった時、結婚まで考えていました。実は親族にも紹介済みなんです。仮にコーチと教え子の関係が切れたとしても、会った時に恋愛感情が再燃してしまい…なんて可能性は捨て切れません」とはフィギュア関係者。

 一方、最有力なのはプロフィギュアスケーターの南里康晴(27)だろう。すでに再三、週刊誌で報じられているように交際は事実とみられる。ただ、もしそうだとしても、南里を父と明かさない理由は何なのか。

「すでに複数の週刊誌が血眼になって裏取りに走っています。安藤の実家や親族にどんどん直撃しにいくでしょう。これは安藤にとってウザイと思うんですけどねえ…」と写真誌関係者も首をかしげるばかりだ。

 いったいどういうことなのか。本紙が取材を進めると、安藤サイドによる“ネタ小出し作戦”が浮上した。安藤をよく知る某フィギュアコーチが意味深にこう語る。

「私は父親はモロゾフではなく、南里とみています。意外性はないですが、ネタを小出しにすることでマスコミの注目を集めたいのではないでしょうか。あの一件もありますしね」

 あの一件とは、2010年全日本選手権での“ブチギレ事件”のことだ。

 ここで安藤は会心の演技を披露し、6年ぶり3度目の優勝を果たした。ところが、翌日の各紙1面は、優勝した自分のことではなく、総合2位の浅田真央(22=中京大)が飾った。当時、真央はジャンプのスランプに陥っていたが、思いのほか好成績だったため「復活」と書きたてた。これに安藤は激怒。以後、マスコミ不信を募らせていった。

「この時、安藤サイドは日本スケート連盟に『連盟がしっかりマスコミ対策していないから、こうなるんだ!』と抗議したんですよ。一時は『もう日本はイヤ!』とロシア国籍に変えることまで検討したほどです。今回、あえて父親を明かさなければ、マスコミは安藤に注目せざるをえません。いわばマスコミへの復讐なんですよ」(同コーチ)

 ただでさえ、安藤は2シーズンを休養し、コーチが決まっていない厳しい状況に置かれている。妊娠はさすがに本人も意図したものではなかっただろうが、こうなった以上、ある程度メディアをコントロールしようと思っても何ら不思議ではない。

 今後、安藤が公の場などに現れれば、大勢の記者やカメラマンが集まるのは間違いなく、それこそ“復讐”、さらには自身の存在感を再び高める“復権”が成し遂げられる瞬間なのであろう。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東●ポは「裏」を考えた記事。

東ス●のくせに(ごめん)割とまともな記事のような気がする。

連盟の足並みが揃っていないことも指摘している。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

連盟も“安藤対応”足並み揃わず

東スポWeb 7月4日(木)11時33分配信

 安藤美姫(25=新横浜プリンスクラブ)の衝撃告白から一夜明けた2日、日本スケート連盟は驚きを隠せない様子だった。「選手のプライベートについては関知していないし、全く聞いていなかった」と連盟関係者。安藤が出産しようがしまいが、基本的に関東選手権(10月11日~、埼玉・川越スケートセンター)での演技を見て、今後の方針を決めることに変わりはないという。

 ただ、一方で同連盟の橋本聖子会長は「スケート連盟がちゃんとコメントを出すと思うのですが。(知っていたかの問いに)はい、知っていました。女性アスリート支援ということで(スピードスケートの)岡崎朋美(41=富士急行)もそうですし、そういうことで(安藤と)話はした。いろいろと変に言われても困るので」とコメント。安藤の妊娠→出産について、本人から報告を受けていたという。スケート連盟内でも安藤に対しては足並みが揃っていないことが露呈した。

 また、この日、定例会見を行ったテレビ朝日の早河洋社長(69)は、安藤の出産告白について「安藤選手は世界レベルの大会で(浅田真央と)両エースとして活躍してきて、大変思い入れの深い選手の1人だった。そういう信頼関係があって昨日のようなインタビューにつながったと思う」と見解を発表。

 一方、フジテレビ系の情報番組「ノンストップ!」では、モロゾフ氏に電話取材。同氏は出産について聞かされるとしばらく絶句したうえで「私は何も言うことはない」。「父親ではないのか」との問いには「違う。知らなかった」と真っ向から否定した。他の情報番組では安藤の親族に直撃取材するなど、反響の大きさを物語っていた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

このニュースは思いのほか大きく報じられたためか芸能人にまでエールを送られている。

ここからはあまり重要じゃないニュースばかり取り上げてみた。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

庄司智春、女児出産の安藤“ミキティ”を祝福!「ミキティーーーー」と絶叫

映画.com 7月2日(火)13時0分配信

 [映画.com ニュース]お笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春が7月2日、都内で行われた米映画「ダイ・ハード ラスト・デイ」のブルーレイ&DVD発売記念イベントに出席した。前日、第1子となる女児を4月に出産したと発表したフィギュアスケート元世界女王の“ミキティ”こと安藤美姫選手を祝福し、「ミキティーーーー」と絶叫。同じく“ミキティ”こと妻でタレントの藤本美貴を気づかい「普段とは体の向きを逆にした」とこだわりを語った。

 イベントには、本作の主演を務めるブルース・ウィリスを“兄さん”と慕うお笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の小杉竜一も出席し、「とにかくアクションがすごい。まだまだ現役で頑張る兄さんを見ると、ハゲみ(励み)になります……って誰がハゲなんですか!」と自虐的にツッコミ。シリーズ第5弾となる本作では、主人公ジョン・マクレーンの息子も活躍しており、自身の頭部を気にしながら「息子に遺伝してほしくないこと? やっぱり……。こればっかりは茨の道なので、ハートが強くなってくれれば」と息子の将来を案じていた。

 また、7月7日の七夕にちなみ「ダイエットを成功させたい。今、人生マックスの108キロで、相方(吉田敬)からもマツコ・デラックスさんと見分けがつかないと言われている」(小杉)、「夫婦でCM共演したい。嫁ばっかりCMが決まって、このままでは収入格差で離婚することになりそう。だから『仕事を減らせ』と言っている」(庄司)と願いを語っていた。

 映画は“世界で最もツイていない”ニューヨーク市警の刑事ジョン・マクレーンの奮闘を描く人気シリーズ最新作。初めてアメリカを飛び出し、ロシアの首都モスクワを舞台に息子のジャックとともに巨大な陰謀に立ち向かう。イベントには、ウィルスのモノマネで知られる芸人のプチ・ブルースが乱入した。

 「ダイ・ハード ラスト・デイ」ブルーレイ&DVDは7月3日発売。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

「ダイ・ハード ラスト・デイ」見たいな…

ジョン・マクレーン刑事、今度息子と大暴れするようだな。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

岡本夏生&杉本彩バブルW女王が安藤美姫にエール

デイリースポーツ 7月2日(火)19時12分配信

 タレントの杉本彩(44)と岡本夏生(47)が2日、都内で、「PRINCE DISCO 2013 in SUMMER」(8月3日、東京・グランドプリンスホテル新高輪)の発表会に登場した。

 80年代のディスコを再現するイベントとあって、バブル時代を代表する2人が揃って登場。懐かしいヒョウ柄ボディコンの杉本に対して、岡本は「10キロ太ったので、“きゃりーぱみゅぱみゅ風”でやって参りました。お腹は見せられる状態じゃございません」とド派手なファッション。バブル時代を懐かしみながら、岡本は「オトコたちは『お札、持って行きな!!』と景気良かったのに、あのオトコたちはどこいっちまったんだ!?」とわめき散らした。

 また、未婚のまま4月に女児を出産していたフィギュアスケートの安藤美姫(25)に向けて、杉本は「覚悟を持って、迷いなく突き進んでいただけたら」とマジメにエール。岡本は「このタイミングで射精したオトコは誰だい!?」と下ネタ全開の夏生節をさく裂させていた。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

リンク先で二人の写真見ること出来ますが、岡本夏生・・・_| ̄|○

もう完全にネタキャラ扱いだ…

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

金爆・樽美酒 安藤美姫に求婚 父親候補に名乗り

デイリースポーツ 7月2日(火)21時6分配信

 4人組エアバンドのゴールデンボンバーが2日、都内で行われた米映画「ワイルド・スピード ユーロ・ミッション」(6日公開)のジャパンプレミアに出席。ドラム担当の樽美酒研二(32)がフィギュアスケートの安藤美姫(25)に“公開プロポーズ”した。

 1日のテレビで4月に出産していたことを発表した安藤がシングルマザーだと知ると、樽美酒は「え~っ!そうなんですか!?」と驚きの表情で隈(くま)取り顔をゆがめたが、すぐにスイッチを切り替え。「色々大変なこともあると思うんで。困ったときは僕に言ってくれれば何でもします。結婚してください!」と子どもの父親候補に名乗り出た。

 またボーカルの鬼龍院翔(29)も「安藤美姫さん、おめでとうございます!」と出産を祝福。次回作の出演があった場合の相手役希望を聞かれても「安藤美姫さん!」と樽美酒に続きラブコールを送っていた。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

この人の姿と芸名(?)がなあ…

ゴールデンボンバーって実は良く知らねえ(笑)

ヴィジュアル系?

まあ、いいや。今度聴いてみる。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

ミセス伊達悩み 美姫に刺激!?「体2つあればいい」

スポニチアネックス 7月3日(水)7時1分配信

 ◇ウィンブルドン選手権第7日(2013年7月1日 英ロンドン・オールイングランド・クラブ)

 クルム伊達が安藤美姫に刺激を受けた!?2回戦から登場した混合ダブルスで初戦を突破。第1セットを奪われながら逆転勝ちを収めた。

 今大会3種目出場のタフネスぶりに、海外メディアからは「いつまで現役を続けるのか」と質問を受け、「子供もつくりたいし、現役も続けたい。体が2つあればいいんだけど」と答えた。現役続行は夫婦会談で決めるとし「毎年夏が終わると(夫の)マイクと話をする。今年もそういう話をすると思う」と悩ましげだった。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

伊達さんは美姫ちゃんについて一言も語ってねえのに…_ノフ○ グッタリ

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

赤ちゃんの名前、今年は「ひまわり」ブームが来る!?

日刊ゲンダイ 7月4日(木)10時26分配信

「4月に出産し、母になりました」――。フィギュアスケート安藤美姫(25)の告白で、世間の関心を集めている安藤の女児「ひまわり」ちゃん。

 一部では「ひまわりはロシアの国花」「花言葉は『私の目はあなただけを見つめる』だ」と騒がれ、ロシア生まれの元コーチ、ニコライ・モロゾフ氏(35)との“関係”が取りざたされているが、「ひまわり(=向日葵)」という名は、最近の女の子の名前としてはそれほど珍しくない。

 明治安田生命が毎年発表している、赤ちゃんの生まれ年別の名前調査「名前ランキング2012」では、「向日葵」は女の子部門で100位中65位だ。一般的には、夏に誕生した女の子に付けられることが多い。

 芸能人の子供では、東大卒タレントの高田万由子(42)とバイオリニスト葉加瀬太郎氏(45)の中2の長女が向日葵(ひまり)ちゃん。また、漫画「クレヨンしんちゃん」の主人公・野原しんのすけ(5)の愛くるしい妹が、ひまわり(0)であることも有名だ。

 “未婚の母”の道を選んだ安藤の決断は、年々増え続けるシングルマザーに勇気を与えた。これから夏本番だが、生まれてくる赤ちゃんの名前にどう影響するか。2013年の名前ランキングでは「ひまわり」が一気に順位を上げてくる可能性もある。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

便乗もいいとこだ…

最後に心配なニュースを。

比較的新しいものでもあるので・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

誹謗中傷、執拗な取材……“出産告白”の安藤美姫サイドが困惑

RBB TODAY 7月4日(木)13時20分配信

 衝撃の出産告白をしたフィギュアスケート・安藤美姫選手のSNSなどに、安藤や相手男性などを誹謗中傷するようなコメントが相次いで寄せられているほか、関係者が一部メディアから執拗な取材を受けているとして、安藤サイドは困惑の色を見せている。

 1日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日)のインタビューで、今年4月に女児を出産していたことを明かした安藤。人気アスリートの突然の告白は世間に大きな衝撃を与えたが、その一方で、安藤が父親の名前を明かさなかったことで、様々な憶測とともに注目を集めている。

 安藤サイドは3日、マスコミ宛に安藤美姫の署名による声明文を送り、その中で改めて「愛娘の父につきましては、私の考えで、氏名をお知らせすることは控えさせていただきたいと思います」との姿勢を示した。しかし、メディアの関心が、父親が誰なのか、に集まる中、安藤の関係者への取材も過熱している様子。3日夜に安藤の公式Facebookでは「報道関係のみなさまへ」として、「全体から見ればごく一部の記者の方ですが、関係者の自宅に深夜にいたるまで電話をかけ続けるなど、常軌を逸した取材をされる方がいらっしゃいます」と明かし、取材を控えるよう呼びかけた。

 また、安藤の告白以降、Facebookのコメント欄には心無い書き込みが殺到している模様。安藤サイドは「ここ数日、第三者を愚弄したり、汚い言葉を使ったり、さまざまな生き方を選択した女性に対して差別的であったりといったコメントも目にするようになりました。名誉毀損にあたる場合もありますし、セクシャルハラスメントそのもの、と思うものもあります」と訴え、今後はそうした内容のコメントは削除するとの方針を示した。

 安藤は1日放送の「報道ステーション」内で、昨年10月頃に妊娠が発覚し、4月に出産したことを涙ながらに告白。父親については、かつて男女の間柄にあったニコライ・モロゾフ・コーチや、週刊誌に交際を報じられたことのあるプロスケーターの南里康晴選手などがウワサされている。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まあ・・・これは・・・

十分過ぎるほど予想出来ることではあったな。

でも・・・

悪質な誹謗中傷やめようね・・・( ´・ω・`)

匿名だからって捕まらない訳ではないんだぜ・・・

まあ、フィギュアファンでもなんでもない「祭り」に参加したい者共がほとんどだろうが。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

カート・ブラウニングが小塚君に「ロックスターになれ」な~んてこと言っていたけれど

ホント…最近の芸能人以上のロックスターぶりだ。

彼女は普通に結婚して…という「フツーに生きる」ということが耐え難い女性なのかもしれんな…

「ドラマチックに生きたい」願望があるように思う。

ただ大きな責任が伴っていなければ「好き勝手」そのものになっちまう。

…苦言を言いつつ、注目せずにはいられない人なんだがね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

美姫ちゃん激白があった日、

22時より、「プロフェッショナル 仕事の流儀」再放送に本田圭佑が登場していたそうだな。

前回の放送そのままではなく、コンフェデ杯の時等最新映像もあったとか。

正直コチラの番組を録画するんだった!…と肩を落としてしまった。il||li _| ̄|○ il||li

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まだ美姫ちゃんに関して色々書きたいこと出てくるのだが、一旦終了しようと思う。

疲れた…(; ̄д ̄)

追伸

ミヤネ屋久々に見ちゃったよ…

渡部絵美出てるし…

南里君の収入のこと、こういうので取り上げられるのキッツいなあ・・・

joyは中村健人君に似ている。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

竹中直人「ドクトクくん」

息抜きしたくなった・・・

完全なる現実逃避・・・

「自分の容姿が独特だ」ということしか語っていない

ある意味画期的なポップソング。

何故か昔の職場の人間から借り、

しばらくこのメロディが頭から離れず困ったことがある。

何故かその職場内で一時期流行した。

作曲:高橋幸宏と無駄に豪華。

竹中氏は3パターン程の声の使い分けをしている。

曲の途中で切れるのが残念。

竹中直人「ドクトクくん」MV

おまけ

昔・・・高橋幸宏とこんなコント(?)で共演していた。

コレ・・・井の●公園だな・・・

ボブ彦1 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

ママ美姫補足:激白後の報道他

まずは気になった朝●スポーツツイッターより

美姫ちゃん以外のものがチラホラ混ざっているのはご愛嬌というものだ。

ここでようやく登場。

フィギュアより野球成分が多いのは気のせいだろう。

今日…というか日が変わった為昨日になるが、

コンビニで買い物して店を出ようとしたところで東●ポ1面にデカデカと「ひまわり」はロシア国花の見出し。

アチャーーーー!(ノ∀`) アチャー

その場で頭を抱えそうになりましたよ…

前々回記事にて

「もういいわ」

「赤ちゃんいる」というリアルの前にはフィギュアファンがグダグダ言ったって仕方ない。

と言った舌の根も乾かぬうちに

ゴチャゴチャ補足記事書こうと思ってしまった。

今回は「激白」後のニュース色々集めて終わりにしようと思う。

それにしても…

扱いが「ロックスター並み」だな…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

モロゾフ氏、安藤の出産知らなかった 父親説も完全否定

オリコン 7月2日(火)10時8分配信

 4月に第1子を出産していたことを告白したフィギュアスケート元世界女王の安藤美姫選手(25)の元コーチで交際も報じられていたニコライ・モロゾフ氏が、2日放送のフジテレビ系情報番組『ノンストップ』の電話取材に応じ、安藤選手の出産を知らなかったと明かした。また、「父親ではないか」と問われると「違う」と完全否定した。

 同番組の直撃電話取材に応じたモロゾフ氏は、安藤選手が子供を出産したことを告げられると、しばらく無言になり「もう一回言って」と驚いた様子。再度伝えられると「そう」と一言返し、知っていたかを尋ねられると「いいえ」と言葉少なに答えた。

 さらに、子供の父親ではないかを聞かれると「違う」と完全否定し「私には何も言うことはありません」とトーンを下げた。

 安藤選手は、父親の名前を明かしておらず、一部スポーツ誌では日本人の元選手ではないかと報じている。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

衝撃の安藤美姫インタビュー テレ朝社長「信頼関係があって…」

スポニチアネックス 7月2日(火)15時25分配信

 テレビ朝日の早河洋社長(69)が2日、6月度の定例会見を行い、1日夜放送の同局「報道ステーション」のインタビューで、フィギュアスケート女子の元世界選手権女王の安藤美姫(25)が今年4月に女児を出産していたことを独占告白したことについて、見解を述べた。

 日本中に衝撃が走った驚きの告白から一夜。早河社長は「2005年からフィギュアスケートのグランプリファイナルの中継をしてきた。その時は浅田(真央)選手が優勝したと思うが、その時から浅田、安藤という選手は世界レベルの大会で両エースとして活躍してきて、大変思い入れの深い選手の1人だった。そういう信頼関係があって昨日のようなインタビューにつながったと思う」と経緯を分析した。

 インタビューを担当した同局の宮嶋泰子アナウンサー(58)については「いいインタビューだったと思う。アスリートにも信頼されるタイプですし、見ていて好感が持てた」と感想を述べた。

 ただ、インタビュー終わりに、古舘伊知郎キャスター(58)から「結婚はまだ?」と質問を受けた宮嶋アナが「これから。それはパートナーといろいろ整ってから」と返答。含みのある回答に「消化不良」との声も出たが、「それは(安藤の)登場した思いというか、そのことに触れるであろうことは覚悟していたと思う。ただ、その点(結婚)について聞くのは当然だと思うが、結婚しているのであれば、相手の方が出てきてもおかしくはない。(安藤は)自分自身がソチに行くために、本当のことを聞いてくれる人を探していたのではないか。だからといって、経過を全部話さないことは理解はできる」と理解を示した。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

確かに宮嶋さんって話しやすい雰囲気のおばちゃん(失礼!)だった。

相手をキチンと立てていたしね。(当たり前なんだけど…著名なキャスターで結構コレがダメな人もいる)

ただ、女性アスリート支援問題の方向に話を持っていったのは気になるところである。

問題のすり替えをしていないか?と思ってしまう。

そして次のようなことは必ず勘ぐられる…

が…

側にいた男性関係者皆疑われそうなので「激白」したのなら、ハッキリ言っちゃっても良いんじゃないか?と思ってしまう。

まだ言えない事情がいくつかあるのかもしれんね。

報ステインタビューの時もモロゾフに関してあそこまでボカさなくても良かったのでは?

「昔お付き合いはありましたが、今は関係ありません」

ということもハッキリ言うべきだったのでは?

何か彼に未練ありそうな感じにも見えるんだよなあ…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

安藤美姫、衝撃の出産告白 父親は誰だ? ソチ五輪目指すも道のり険しく

夕刊フジ 7月2日(火)16時56分配信

 仰天の衝撃告白だ。フィギュアスケートの元世界女王で今季の復帰を目指す安藤美姫(25)が、4月に第1子となる長女を極秘出産していた。結婚はしておらず、父親については明かしていないが、5月17日発売の写真週刊誌「フライデー」は、プロスケーター・南里(なんり)康晴(27)との同棲を報じている。交際相手の素顔、情熱的な男性“遍歴”、そしてソチ五輪出場への険しい道のりに迫った。

 安藤はテレビ朝日系「報道ステーション」内のインタビューで1日、涙ぐみながら告白した。

 「(昨年10月ごろに)赤ちゃんがおなかにいるのが分かった。最後まで迷ったが、さよならしてしまうという答えを出すのが嫌だったので。スケートよりもその子の命を選んだんです」

 4月に生まれたのは女の子で、体重は3350グラムだったと明かした。TBSによると、名前は「ひまわり」だという。昨年10月に妊娠が分かり、周囲に出産を反対されたという。番組内で安藤は女児の父親については明言せず、結婚もしていないという。安藤はかつて、師弟関係を結んでいたニコライ・モロゾフ・コーチ(37)と男女の間柄にあったが、2011年ごろに破局。同年9月には週刊誌「女性セブン」に南里との交際が報じられ、今年5月にはフライデーに横浜市内で同棲している様子が掲載された。

 フライデーが「どん底から救ってくれたカレ」として取り上げた南里は1985年、福岡市出身。5歳の時、フィギュアに取り組んでいた1歳上の姉の影響でスケートを始め、小学2年で全九州大会無級クラスで優勝。高校2年から世界大会のジュニアグランプリ(JGP)に出場し、大学1年時のJGPウクライナ大会では浅田真央(22)とアベック優勝を果たした。

 その後は股関節などのけがに泣き、10-11年シーズンで引退。アイスショーを中心に活躍するプロに転じた。端正な顔つきと、辛子明太子メーカー「ふくや」(福岡)の所属だったことから、「明太王子」の異名も。エキシビションの曲に「津軽海峡・冬景色」を選んで話題になったこともある。現在、ショーの合間に都内の居酒屋で店員として働いているとの情報がある。

 「ミキティ」の愛称でアイドル的な扱いを受けてきた安藤は、モロゾフ氏との熱愛が広く知られている。そのモロゾフ氏は昨年10月、フライデーで「私は真剣に、具体的に、彼女と結婚することを考えていた。今でも心から愛している」と発言。安藤から突如、「あなたとは、もう関係を続けたくない」と告げられたと明かし、意気消沈していた。

 モロゾフ氏に安藤が別れを告げたのは11年夏といわれる。同年9月には南里との熱愛が報じられており、「二股の時期があったのではないか」(関係者)との声もある。

 新たに「新横浜プリンスクラブ」所属としてソチ五輪を目指すことになった安藤には、険しい道が待ち構えている。昨秋、日本スケート連盟の強化選手指定を辞退しており、五輪出場には高いハードルを乗り越えなければならない。ソチ五輪代表(日本女子は3枠)入りには12月の全日本選手権3位以内が最低条件で、当面は全日本の予選となる関東選手権(10月)が目標となる。さらに、国際スケート連盟(ISU)の公認大会でISUが定める五輪出場のための技術最低点を獲得する必要もある。

 出産後に五輪に出場したフィギュア選手は過去に皆無。極めて困難な状況を持ち前の情熱で乗り越えられるか。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

なんか芸能関連のブログ書いてる人間が上げてる動画だと思うんだけど

「南里康晴が父親?安藤美姫が妊娠・出産!!!  」

…なんてのが上がってる。(ここには貼りませんがかなりの再生数になってました)

彼が本当に父親であるなら「まあ、頑張れや…( ´_ゝ`)」と投げやりに励ますところだが、

もし違うのなら気の毒だ。

自立した女性を気取りながら、相手の男性に対する配慮が見られないのが残念なんだよな…(モロにしても南里君にしてもな…)

否、配慮した故あの対応なのか?

ワカラン…

ま、孕ませた方も問題あるだろ!と言われたら「そうですね」と言うしかないんだけどさ。

そしてこの方にも…

色々言いたいことはある。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

フィギュア解説者・佐野稔氏「安藤は『母は強し』の姿見せてくれるだろう」

夕刊フジ 7月2日(火)16時56分配信

 衝撃的だったフィギュアスケート元世界女王・安藤美姫(25)の極秘出産告白。安藤の今後はどうなるのか。フィギュアスケート解説者の佐野稔氏は夕刊フジの取材に対して、次のようのコメントした。

 「世界一強い“人種”は母親だ。これからの安藤はわが子のために滑ることになる。強い心を持って『母は強し』の姿を見せてくれるだろう。母親のスケーターは前例がないものの、4回転ジャンプなどとてつもないことをやってきた選手だけに、期待できる。コーチ探しは大変だろうが、五輪出場に向けた目標は『全日本選手権での優勝』とはっきりしている。具体的な条件として、3回転が4種類ほしい。3回転-3回転のコンビネーションができれば、鬼に金棒だ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

以前何処かでテレビ出演した時だったか?

美姫ちゃんが五輪行ける確率●●パーセント!…とか変な吹かしこいてなかったか?

この人はフィギュア界の高●純次なのかもしれんが、理事がいい加減なことぬかすのはご勘弁いただきたい。

援護射撃したつもりがなってませんって…(宮嶋さんに対しても思う)

それとも自分が体を張って叩かれ役を引き受けている?

ま、「何も(深く)考えちゃいねえ」というのが正解に近い気がする。

困ったものだ…

例えば「ブロック大会出て強化指定もらい、東日本で全日本出場権を得て…」というように順を追って説明し、(まあワイドショー見てる奴はわかんねえだろ…という気持ちがあるんだろうけど)

「・・・をクリアすると五輪出場のチャンスありますよ」

みたいに言っとけば良かったのに・・・

やはりスケート関係者って変わり者が多いのかしら?

一般のおっさん・おばさんと感覚がズレている印象。

あと、ブロガーさんで指摘されてた方もいらしたが

「真央ちゃんへ突きつけた条件(ジャンプ関連)より、ハードル低くていいんかい!?」

ま・・・これは・・・ね・・・

ナンダカンダ真央ちゃんに期待かけてるってのはあると思う。(よく考えれば)

美姫ちゃんは産後身体どうなるか予想つかないからね・・・今は。

真央ちゃんがおヨナさんに勝つにはそこまでジャンプ構成上げなきゃならない・・・

というのはすなわち「日本が権力闘争に負けた」ってことなんだけどね・・・

それを思い出すと腹立たしくなる・・・(-_-X)

ま、それは置いとこう。

この報道は悪いことばかりではない。

良いこともある。

でも今回連盟にちょっと同情する気持ちもある。(めずらしく)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ママ美姫効果でチケット問い合わせ殺到!連盟は困惑「出産でジャンプの感覚が…」

デイリースポーツ 7月3日(水)6時59分配信

 フィギュアスケートの元世界選手権女王、安藤美姫(25)が、4月に女児を出産していたと告白してから一夜明けた2日、早くも効果が表れた。告白後、初の演技披露の場となるアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」(6、7日・マリンメッセ福岡)の事務局にチケットの問い合わせが殺到。また、新たに「新横浜プリンスクラブ」の所属で、ソチ五輪シーズンに復帰することになった。

 衝撃の“未婚の母”告白から一夜明け、安藤は練習拠点の一つにしている新横浜スケートセンターには姿を見せなかった。地元の名古屋では、叔母の山中愛子さんが報道陣に対応し、出産した女の子について「美姫によく似た、かわいい女の子です」と明かした。

 安藤にとって出産告白後、初の演技披露の場となるアイスショーの事務局には問い合わせが殺到。正確な件数は把握しきれていないが、「チケットの売れ行きが伸びた」(関係者)。ベビー効果で、完売の可能性も出てきている。

 一方で、“寝耳に水”の告白に戸惑いの声も聞かれた。出産の事実は一部にしか知らされていなかったもようで、日本スケート連盟を含めた関係者は「まったく知らなかった」と口をそろえ、「出産すれば体が変わる。ジャンプの感覚が戻りきるか…」と、心配する声も上がった。

 日本連盟の強化指定を外れている安藤は、新たに「新横浜プリンスクラブ」の所属で復帰することが判明。愛知県連盟から神奈川県連盟に登録変更したことで、3大会連続の五輪代表をつかみ取るには、10月の関東選手権(川越)、11月の東日本選手権(群馬)を勝ち抜き、12月21日からの全日本選手権(埼玉)で出場権を獲得する必要がある。

 日本連盟は特例措置を取らない方針で、まずは関東選手権で結果を残し、強化指定へ復帰することが、ソチ五輪に向けての第1条件となる。「今季のテーマは、安藤美姫というスケーターを表現すること」と話していた25歳は、母として自らの人生を表現していく。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

最後の行のピンク部分、ちょっと気恥ずかしい感じもするが・・・

まあ、良しとしよう。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ママ美姫見たい 6、7日アイスショーのチケット大売れ

スポニチアネックス 7月3日(水)7時2分配信

 満員ファンが母になった元女王を祝福する。4月に女児を出産していたことを1日に明かしたフィギュアスケート女子の07、11年世界選手権金メダリスト・安藤美姫(25)が出演する「ファンタジー・オン・アイス」(6、7日、マリンメッセ福岡)のチケットの売れ行きが伸びていることが2日、分かった。前日までチケットが余っていたが、衝撃告白後、初めて公の場で滑る同ショーを見るためにファンが殺到。新横浜プリンスクラブに所属が決まった安藤が、ファンとともに新たなスタートを切る。

 衝撃告白から一夜明けると、祝福ムードが漂っていた。1日のテレビ朝日のインタビューで4月に女児を出産していたことをカミングアウトした安藤は、6、7日と福岡マリンメッセで行われる「ファンタジー・オン・アイス」に出演。母になったことを明かしてから初めて立つ公のリンクは、ファンの熱気に包まれそうだ。

 1日まではチケットが余っていた状態だったが、この日になって売れ行きが一気に加速した。大会関係者は「数字は把握していませんが、報道を受けてかなり動いているのは事実。安藤さん効果でしょう」と説明。当日までに完売する可能性もあり、ファンの大歓声を浴びて華麗なスケーティングを披露する。

 安藤は女児の父親を明かしていないが、11年10月を最後に休養に入った後、プロスケーターの南里康晴(27)と交際を始めたと話す関係者がいる。今年5月には写真誌に南里とのツーショットも撮られた。ファンタジー・オン・アイスが開催される福岡は南里の出身地というのも、どこか運命的だ。

 安藤は1月1日付でトヨタ自動車を退社後、所属先が未定だったが、新所属は新横浜プリンスクラブに決定。愛知県連盟から神奈川県連盟に選手登録を移し、10月11~14日の関東選手権(川越スケートセンター)で復帰する。この日は拠点の新横浜スケートセンターに姿を見せなかったが先月末のアイスショーでは3回転サルコーに挑戦するなど、ジャンプの感覚も取り戻しつつある。

 五輪シーズンのプログラムはショートプログラムは完成しているもののフリーの振り付けは今月中旬以降に米国で行う予定。メーンコーチも未定だが、交渉を進めており、近日中に発表される見込みだ。現役最後の今季のテーマは「安藤美姫というスケーターを表現する」こと。まずは満員ファンの前で母になった報告をしてから、勝負のシーズンへ歩きだす。

 ▽ソチ五輪への道 日本女子の出場枠は3。12月の全日本選手権(12月21~23日、さいたまスーパーアリーナ)出場が最低条件。優勝者は代表に決定し、2、3位の選手はGPファイナルの日本人最上位メダリストと合わせて選考される。また、全日本選手権までに国際連盟公認大会で技術最低点を獲得していることも条件。安藤は全日本出場のために関東選手権、東日本選手権(11月1~4日、群馬県総合スポーツセンターアイスアリーナ)を突破し、日本連盟の強化指定に復活して海外大会に出場する必要がある。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

アイスショーって、野次馬根性で行くには金額高い気がするけど・・・ま、いんじゃないすか。

ただ悲観的な意見を言わせていただくと

今回の騒ぎが終わり
ソチ五輪も終わり
これまで競技を盛り上げていた選手たちが引退しちゃうと

閑古鳥かな・・・?と…

アメリカでもあったよね?

内容異なるけれど「ハーディング事件」

日本のワイドショーでも長いこと報道されてた記憶がある。

その事件後、フィギュアは注目を集めたけれど、その後諸々有り、視聴者の信用を失ってしまった。(その後北米では別の騒動により、採点に対する信頼も失われた)

美姫ちゃんの「事件」は

フィギュアを習わせようとする親御さん達に不安と不信を与えるものでもあると思う。

次は先ほどのテレ朝関連と重なる部分多い内容であるが…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

古館キャスターも知らなかった「報ステ」スクープは超厳戒

スポニチアネックス 7月3日(水)7時1分配信

 女子フィギュアスケートの安藤美姫(25)が出産し、ママになっていたという、1日にテレビ朝日「報道ステーション」が報じたスクープ。その背景には、極めて少人数で情報を管理する“戒厳令”のような態勢がとられていたことが2日、分かった。

 関係者によると、インタビューの収録は、聞き手の宮嶋泰子アナウンサー(58)のほか、必要最小限のスタッフで行われ、編集作業も同様だったという。放送当日も、インタビューの詳しい内容を知っていたのは、ごくわずか。古舘伊知郎キャスター(58)もオンエアの直前まで知らされておらず、同関係者は、「放送に関わっている多くの人が、ギリギリまで知らなかったと聞いている」と話した。

 また、別の関係者によると、宮嶋アナはバイタリティーがあり人脈をつくって取材するタイプで、「安藤さんサイドから親交のあった宮嶋さんに話があったようだ」という。安藤サイドは、出産の発表のタイミングを模索していたとみられ、宮嶋アナの熱心な姿勢が実を結んだようだ。

 安藤のインタビューは午後10時41分ごろから同11時1分ごろまで放送された。視聴率は同10時45分ごろまで8%前後を推移していたが、同45分すぎから急上昇。13、14%にはね上がり、15%台を超えることもあった。

 2日の定例会見で、早河洋社長(69)は安藤のインタビューに触れ、「信頼関係があって、きのうのようなインタビューにつながったと思う」と説明した。宮嶋アナについては、「スポーツに深い関心があり、アスリートに非常に信頼されるタイプ」と評価。安藤が子供の父親について明かさなかったことについては、「経過を全部話さないことは理解はできる」と述べた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

テレ朝についてのナイスプレイを挙げるとすれば

今回のインタビューアを古舘伊知郎や松岡修造にしなかったことかな…

想像すると面白いけどね…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

安藤美姫「愛娘の父は明かさない」コメント発表

東スポWeb 7月3日(水)21時0分配信

 極秘出産騒動のフィギュアスケート安藤美姫(25)は3日、関係者や報道各社に“懇願コメント”を発表した。

 リリース冒頭では「この度は、私事により、日本スケート連盟を始めとした関係者の皆さまやファンの皆さまに大変な御心配をおかけしておりますことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪。

 問題はその後だ。「愛娘の父につきましては、私の考えで、氏名をお知らせすることは控えさせていただきたいと思います」(以上、原文ママ)

 なんと今後も発表する意思はないという。

 ちなみに、本紙もこの日、父親説が有力なプロフィギュアスケーターの南里康晴(27)の携帯電話番号を入手し、かけてみたが出ることはなかった。騒動はまだ続く…。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

安藤選手「静かに見守って」=報道各社にメッセージ―フィギュア

時事通信 7月3日(水)20時15分配信

 フィギュアスケート女子の元世界女王で、4月に女児を出産していたことを明かした安藤美姫選手(25)が3日、報道各社に対し、「関係者の皆さまやファンの皆さまに大変なご心配をお掛けしております」とするメッセージを出した。
 安藤選手は1日に放送された民放テレビのインタビューで、4月に出産したことを明かした。女児の父親については「私の考えで、氏名をお知らせすることは控えさせていただきたい」とし、「これからは、まな娘との時間を大切にしながらスケートに専念し、ソチオリンピックを目指して全力で挑戦していきたいと考えておりますので、静かに見守っていただけたらと思います」と訴えた。
 2シーズン休養していた安藤は、今季から新横浜プリンスクラブに所属して競技に復帰。今週末には福岡市内で開かれるアイスショーに出演する予定。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

福岡のアイスショーって南里君も出るんだっけ?

だけど、「激白」した後

これだけ騒がせといて「静かに見守って」ってのはどうなのよ?

彼女もなかなかの釣り師だな…

次回はちょっとお馬鹿な内容になる。

芸能人絡み(?)の美姫ちゃんニュース集めてみる。

他にも色々言いたい…というか書きたいことあれど

眠くなったので(そればっかりや!)後にします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年7月 2日 (火)

ドアラとプルシェンコ

プルさん…

プリンスアイスワールド2013東京公演プルシェンコ選手の出演キャンセルのお知らせ


リンクしちょります。

言いたいこと。

身体をいとえよ…

以上。

そして

ちょっと現実逃避したくなった。

美姫ちゃんの話題を追ってたら

何だか疲れてきちゃった…

ニコニコ動画のアカウントないと見ること出来ませんが

ドアラとプルシェンコ

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

ブログ「ロシア語自習室」様の6月15日の記事タイトル

ミーシン<プルシェンコの椎骨は頑丈になった> 

何故かコレがツボにハマった。

ミーシンコーチ…あまりフカしてくれるなよ…

とはいえ、ミーシンの言語表現は非常にユニークだと思う。

例え一つにしても日本人の発想にないものもある。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

ママになっていた美姫ちゃん

いや~あ~~・・・( ̄◆ ̄;)

参りました…

負けました…(何にだ!?)

とりあえず

おめでとう!!

…と言うべきなのだろうな。

報道ステーションで美姫ちゃんのインタビューがある・・・ということで、録画予約してたのですが・・・

帰宅後親父から驚きの事実を伝えられちゃったよ・・・

放送見てビックリしたかったのによ…空気読めない男だせ・・・全くよお・・・

「ええっ!!??Σ(・ω・ノ)ノ!」

と驚きの声をあげたつもりだったのだが、明らかに日本語になってない変な言語になってしまっていたと思う。(分かりにくい説明で申し訳ない・・・)

その後放送もしっかり見ましたけどね・・・ええ。

安藤美姫 4月に出産していた テレ朝「報道ステーション」で激白

スポニチアネックス 7月1日(月)23時6分配信

 フィギュアスケートの11年世界選手権金メダリストで今季復帰する安藤美姫(25)が1日、テレビ朝日「報道ステーション」にインタビュー出演し、今シーズン限りでの引退と4月に出産したことを明らかにした。

 インタビューでは長年コーチを務めたニコライ・モロゾフ氏(37)との信頼関係や、パートナー解消について語った。「いい関係でした。練習ではだめでも試合では“できる”と思わせてくれる。力強くいられる存在」と語った。

 昨年10月に妊娠が分かり、11月のイベント出演を最後に公の場を控え、4月に3350グラムの女児を出産した。「女性としての幸せを考えた」と語り、我が子に対しては「かわいいなと思う」と母親としての表情を見せていた。

 ソチ五輪には母親として挑むことになる。出産1カ月後の5月に練習を再開、6月1日のアイスショーで約9カ月ぶりに演技を披露した。これまで取り組んでいなかった筋力トレーニングにも取り組んで最後のシーズンに準備を進めている。

 結婚や子供の父親について、安藤は語らなかったが、5月には写真週刊誌「フライデー」でプロスケーターの南里康晴(27)との同棲が報じられていた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

女性誌でのインタビューもある。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

VOGUE独占!インタビュー

母になって、ますます美しく。安藤美姫が、ヴォーグに語る思い。 ←リンクしてます。

本日、出産をメディアに公式発表したフィギュアスケート選手の安藤美姫。彼女によく似た愛らしい笑顔の赤ちゃんをその胸に抱いて、ヴォーグだけに特別な思いを語ってくれた。

「大切な命を授かったことを知ったときは、女性として、人間として大きな喜びに包まれました。休養中のことでしたので、関係各所に色々とご迷惑をおかけすることもありましたが、周囲の人たちの温かいサポートに守っていただき、無事に出産をすることができました。こんなにもたくさんの人の優しさに支えられているのだと、感動と感謝の気持ちでいっぱいです」

何ヶ月も氷上に立つことの出来ない環境の中で、スケートに対する思いも新たなものになったと話す。一時は失いかけていた競技への意欲は、我が子への愛や周囲への感謝の思いとともに、強い決意となって戻ってきた。「この子にも胸を張れるよう、今シーズンは今の自分のすべてをかけてがんばりたいと思っています」

実は、本誌今年1月号でのロングインタビューで語っていた「現役を引退したあとも、自分を誇りに思えるような生き方をしたい」という思いは、生まれ来る我が子に向けられたメッセージでもあった。「あなたのおかげで、今の私がある。そう胸を張って言えるように。未来の自分に対して、後悔のない生き方をしたいんです」

出産後、わずか数週間後には氷上でのトレーニングを開始した。そんな彼女の決意を知り、これまで支えてくれたトレーナーやコーチが、過酷な復帰へのトレーニングにサポートを、と駆けつけてくれた。「たくさんの人たちの温かい思いを胸に、ハードなシーズンに立ち向かう覚悟ができてきています」

出産後の真摯なトレーニングの成果で、体型もすっかりと元に戻った。現在は9月の復帰戦に向けて本格的な氷上での練習を日々重ねている。

「未来の自分のために。そして守るべきもののために」。
現役生活の集大成となる今シーズン、新たな魅力を得た安藤美姫の活躍から目が離せない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

買っちゃいそうだ・・・(;^ω^)

久々にVOGUE読んでみたい・・・ってのもある。

今日の報道ステーションのインタビューアの人…彼女も色々美姫ちゃんを立てようと頑張ってたし、「援護射撃」のような発言もしていたけれど…

彼女もあまり「援護射撃」になってない気がした…彼女の発言に腹立てたフィギュアファンもいたかもしれんと思う。

実は今日

美姫ちゃんへの援護射撃をしているようで援護射撃になってない方(居酒屋解説の人とかS田女史とかな…)への苦言を書こうかな…?

・・・な~んて思っていた。

このこと知って、そんなもんぶっ飛びましたわい……

真央ちゃんの「アタックチャンス」、大輔君のラジオ出演等他にブログに書きたいことあったのだが…

後回しになっちゃうな…

っていうか時期過ぎたらブログに載せにくい話題かな?

ま…いいや。元々ズレてるブログだし。(開き直りっ!)

今になっていうのもなんだが

「アート・オン・アイス」の会見時の写真見て

どこかすっきりした印象があったのだけれど

急に歳をとった感じになったな…何か目が優しくなったな…うまくリフレッシュ出来たのだろうか?

それともメイク薄いからかな?

…と思っちまってて、

この事実を知ると「ああ~なるほどね・・・」とも思ってしまう。

ソチ目指すことについて、色々言いたいことがあったが

「もういいわ」

となってしまった。(おいおい(゚Д゚)ノ)

「赤ちゃんいる」というリアルの前にはフィギュアファンがグダグダ言ったって仕方ない。

(まあ、フィギュアブログってその「グダグダ」から成り立っているんスけどね・・・)

とりあえず順調に準備出来れば

関東選手権出て(強化指定得る)→東日本選手権?→国際B級大会出てミニマムクリア→全日本

・・・てな感じになるのかな?

彼女も大変だろうが、マネージメントもやっている(と思われる)彼女のお母様も大変だ。

まあ、まだお若いだろうし、孫可愛いだろうし・・・幸せでもあるか。

ところで私のブログ文章打ち込んでる画面の右側に@niftyニュースなるものが出るのだが
(ブログ作成画面なので、お客様からは見えませぬ)

ニュース速報のすぐ下の「話題のキーワード」

早速2位「安藤美姫」

3位「安藤美姫 出産」

4位「南里康晴」

だよ!!はあ~(*´Д`*)

父親の名前を明かさなかったところだけは気になる。

南里君?だったら今同棲してるから言っても問題ないと思うけどね。

あと、ブロガーさんの中にはモロと思い込んでる方いたなあ・・・(゚ー゚;

それはない

…と思いたい…ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

真央ちゃんがこの話題についてコメントを求められ、

「私も子供欲しいです!」

と笑顔で言い切るところを想像してしまった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年7月 1日 (月)

日本人の勤勉さ~実はこの美徳が厄介?

【韓国の真実】腐敗蔓延の韓国が国際社会で展開する「ロビー活動」 

2013.06.28 zakzakより

 直訳すると「ロビーをする」となる韓国語がある。これは英語「ロビーイング」から来たコリアン・イングリッシュだ。

 特定の目的を達成するため、当事者あるいは影響力を持っている人物に懇請することと言えば、聞こえは悪くない。

 ところが韓国人が行う実際の「ロビー」とは、贈り物、金銭授与、あるいは脅迫…およそ手段を選ばず、対象とした人物を完全なる味方として抱き込むことを意味する。

 このうち贈り物には、生身の人間も含まれる。

 有名な女優や歌手を一晩買い上げて提供することで、韓国語では「性接待(ソンチョップテー)」と表現する。

 最近では何と、法務省の次官が土建業者から常習的な性接待を受けていた容疑で取り調べられている。

 検事が取調室で、容疑者の女性と性交してしまうぐらい“おおらかな国”なのだから、驚くに値しないかな。

 私ぐらいの年齢の人なら、1970年代に米国政界を揺るがした「コリアゲート事件」(別名・朴東宣事件)を記憶していよう。

 在韓米軍撤収の動きを抑えるため、韓国人ロビイストの朴東宣氏が展開した大プレゼント作戦だ。これには、まだ「国防のため」という“切実な目的”があった。

 しかし、その後の韓国が国際舞台で見せた「ロビー」は、「国家の生死」とは全く関係のないことばかりだ。

 例えば、スポーツ分野だけ見ても-。

 (1)1988年のソウル五輪誘致

 (2)2002年のサッカー・ワールドカップの割り込み共催と、韓国出場試合での審判の判定

 (3)フィギュアスケートのさまざまな国際大会での韓国選手の得点

 (4)2018年平昌冬季五輪誘致

 (5)五輪種目としてレスリングを押しのけてのテコンドー生き残り

 みんな「おかしい」と思っている。韓国の評論家は「裏で何があったかは決まっているでしょ」と苦笑いするばかりだ。

 今でこそコリアン・イングリッシュで呼ぶが、実態は半島伝来の不法・不道徳な贈収賄だ。

 韓国人が言う「リベート」とは、ワイロそのものだ。

 「リベートをもらえるなら、国民の生命なんてどうでもいい」とばかりに始まったのが、原子力発電所への偽造(不合格)部品の納入だ。

 これが発覚するや、韓国の原発23基のうち半分近くが部品交換のため稼働停止になり、産業界は大停電の恐怖におののいている。

 韓国企業による技術のパクリを非難する声は高まる一方だが、USBメモリーを1つ、リベートを払って手にすればパクリ完成というわけではない。実務的なノウハウ伝授の過程では、“国技”のロビーが重層的に展開されたはずだ。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「日韓がタブーにする半島の歴史」(新潮新書)、「悪韓論」(同)などがある。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

この記事には「日韓共催となった2002年サッカーW杯にも韓国ロビーの力が働いた」との但し書きがある写真も貼られている。

韓国による「不正」を挙げられる際によく持ち出されるのがコレだったりする。

しっかし・・・(3)が何といっても傑作だ。これで溜飲を下げた方も多かろう。

コレ、明らかに一人しか当てはまらないじゃねえのよ・・・(;´д`)

室谷克実氏の著作本の中の「悪韓論」というタイトルがまたインパクト大。

実に魅力的なタイトルであることよ。

そのものズバリ!だよ…そうなるとあのお方は「悪の華」ということになるのかな?

う~ん…イカすねえ(死語)…粋だねえ…(棒

今度本屋行った時に探してみようっと・・・

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

日本もコネとか賄賂とか…全く縁のない国ではないけれど
(まあ、某国よりその点ではマシ…という程度だろう)

何故か特にスポーツに関しては清廉潔白なものが求められる気がする。

日本人フィギュアスケーターの中にそういう雰囲気の人物がいて、その人物は非常に人気がある訳で…

フィギュアスケートは昔から「人格が表れるスポーツ」と呼ばれるせいか、ファンも

「どんな手使おうと勝ちゃあいいんだよ」( ゚Д゚)y─┛~~

という態度の人間は極めて少ないように思う。

演技の見た目と実際の点数が乖離してる状況が見られるスポーツでもあるからかな…?

まあ、それは置いとこう。

前回「日本人選手は勤勉である」ということをあるコーチの一証言(?)より触れたワケだが

その「勤勉さ」は勿論今現在の躍進ぶりの一因になっていると思われる。

それだけではない。

「律儀」で「愚直」なくらい、活躍している選手に不利な方向に持って行かれても

そのルールに逆らったり、コチラの有利にしようと賂を配る…ということはせずに
(ホントにやってないよね?(^^;))

ルールや傾向に合わせて修正したり(修正しなくて良いものも)

世界チャンピオンになっても威張らず、一見不利な方向に持っていかれても文句を言わず

真剣に競技に取り組む。

コレって日本人にとっては「当たり前」の行為のように思うけれど

こーいう日本人の「勤勉さ」って実は疎まれてるんじゃないか?

って思うことがある。

ヨソの国からすれば「驚異」でもあるかも。日本は驚異を与えるつもりじゃないのに。

そういう状況になったら、最初に文句いうのが当たり前だろ・・・ってな感じで。
(日本人は余程な目に合わされても滅多に抗議をしない)

某ニコライ氏の言うことが正しければ

日本人ほど勤勉なスケーターたちが他国にそれ程多いのでなければ
(一時期のロシアは絶対「勤勉」だったと思うんだがなあ…)

鬱陶しいよね。こう言っては何だが…

人種的な問題もあると思うけど

それにこの競技、欧州で発展したという歴史がある訳だし

今現在も表彰台を狙える選手も日本には多くなってきて
(下手すりゃ3番手以下と思われていた選手がGPSで優勝しちゃったりしてる)

そういう状況にない国は…特に日本以上に古い伝統がある国なら面白くないだろうな。

ある女装家がこの地球の成分は、悪意、妬み、嫉み、僻みで出来ている、

地球が天国だと思い、みんな良い人、優しい人、と期待していると、悪いことがあった場合に傷付いてしまう。

とか言ってたっけ。

そういうトコだと考えるとさ…

世の中の「汚れ」を考えると

変に勤勉な国より

不正不道徳だろうが賄賂もへっちゃらなトコロの方が「彼ら」にとっては

「わかりやすい」

のかもしれないね。

日本のような国より、そういう国と接する方を好む人間も実は多いかもしれないと思う。

「良い・悪い」じゃなくてね。

高い精神性を持ちながら

そういった勢力と渡り合うというのはなかなか難しいかな。

眠くなったので(´~`)。゜○・・・

中途半端だけれど終わる。(おいおい!)

後で補足書くかもしれない。

が・・

書かないかもしれない・・・

実は自分の中できちんとまとまっていないんだ・・・(じゃあ書くなよ・・・と言われそうだが、それでも備忘録としてもブログって使えるし、何故かぶち上げたくなったのよ)

日本っていくらスポーツで好成績とれても、そういう「政治」面を考えると何とも言えぬ「閉塞感」を感じるんだな。

それを打破するアイディアを書いているライターさんもいないことはないけれど

実行するのはなかなか難しいかもしれんなあ・・・

(一応終了)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

日本人の勤勉さ~ニコライ語る

(ニコライ・モロゾフ著「キス・アンド・クライ」より 2010年2月発行)

 アイスダンサーとしての私自身のキャリアに終止符を打ったのは、長野オリンピックが開催された1998年のことである。コーチとしてわずか10年ほどのキャリアしか持たない私が、日本のスケート史上に名を残すだろう選手たちを指導するチャンスを得て、すでにいくつかのビッグタイトルを獲得できたのは望外の幸せと言わなければならないだろう。
 だが、日本人選手と私の息がぴったりと合い、すばらしい成績を残してきたのは、偶然ではない。成功するために必要な資質を、彼らと私が共通して持っていたためだ。
 それは、「勤勉に学ぶ」という姿勢である。
 どんな選手にとっても、スケートリンクに最初の一歩を踏み出してから、世界選手権やオリンピックの表彰台に上るまでには、果てしなく長い道のりが待ち受けている。世界選手権なら年に一度、オリンピックとなれば4年に一度しかチャンスの訪れない厳しい戦いの場にあって、スケート選手が自分を表現することが許されるのは、たった数分なのだ。
 この過酷な舞台にたどり着き、自らの実力を最大限に発揮できるようになるには、何年間にも及ぶ努力が不可欠だ。早朝からリンクに出て、何時間もトレーニングを続ける毎日。学ぶことそのものから意気込みを見出し、次なる目標を設定できる勤勉さがなければ、とても一流のスケーターになることはかなわない。
 まったく同じことが、コーチにも問われる。指導する選手の未来をともに見据え、彼らの日々の努力に細大もらさず伴走することを要求されるのだ。どんな経験からも、どの選手からも学ぶべきことを見出す勤勉さが必要だ。
 経験を積めば積むほど、より多くの選手を教えれば教えるほど、コーチも上達する――そのことを、心の深いレベルで理解していなければならない。同時に、どこまで熟達してもパーフェクトなコーチになることなどとうてい不可能であり、どんなに年を重ねても、なお学ぶことがある、ということも。
 私はロシア人であり、今はアメリカを拠点に活動している。現役時代にはスイスをはじめとする外国でトレーニングを積んだ経験もある。さまざまな国の人たち、とくにスケーターたちと交流してきて、一つ断言できることがある。
 日本人選手ほど献身的にスケートに取り組む若者は、世界中のどこにもいないということだ。学ぶことに貪欲で、手助けをしてくれる周囲に対しても決して感謝を忘れない。互いを尊重し合い、甘ったれた態度を取ることもない。彼らほど勤勉なスケーターは存在しないのだ。
 そして口はばったい言い方ながら、私もまた勤勉な人間だ。フィギュアスケートのコーチとして、率いるスケーターたちとともに、同じ冬季オリンピックの4部門(男女シングル、ペア、アイスダンス)すべてで金メダルを獲得したいという壮大な目標に支えられているため、氷上に何時間いようが疲れは感じないし、スケーティング技術から衣装、音楽、そしてふだんの食事まで、選手たちの日常を一貫して面倒を見るよう努めている。
 選手と私に共通する「勤勉に学ぶ」姿勢が、高いレベルでの「共闘」を可能にし、すばらしい成果をもたらしてくれているのだ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日本人選手を上手~く立てつつ、自分のアピールも決して忘れない。

モロゾフ、やり手である。

「はいはい…モロ、モロ…」

とスケートファンからマスコミでの発言を上手く流されてしまうこともあるニコライ・モロゾフだが

振付のヒットが最近なく、ネタ切れか?と言われることもあるモロゾフだが

著作本読むと「良いコーチじゃん・・・」と思ってしまう。
(騙されてる?)

問題もその他色々多い人物でもあるが、選手への面倒見の良さも窺うことができる。

ま・・・ツッコミどころが全くない訳ではないけれど、今回それには目をつぶろうと思う。

この後、日本人の問題点もしっかり指摘しているのだけれど、それも今回取り上げない。

「フカし」も指摘されるモロゾフであるが、「日本人スケーターは勤勉」と思っているのは間違いないと思う。

日本人スケーターの「ソレ」は美点であると考える。

日本人スケーターを応援している方の中の書き込みの中で

「日本人で良かった」

という内容をいくつか見たことがある。

日本人スケーターの精神性の高さが窺える場面で使われたりするかな?
(その時某国が引合いに出されることもある。スケート以外のスポーツでも・・・スポーツマンシップの欠片も感じられない行為があった時など)

「その勤勉さは美徳」とされつつ、日本人のそういう部分を実は疎ましく思う(外国の)人間って多いのかなあ?

この間ふとそんな風に思ってしまった。

ちなみにこの「外国」というのは某国だけのことじゃない。
(現在のISUってカナダ勢力強いとされるけど、歴史から見て欧州の人間が多いのではなかろうか?)

何がきっかけでそう思ったのか?

それは他のスケートブログ様でも取り上げられたあるWeb記事がきっかけだ。

そう。某国のロビー活動に関するものだ。

(ダラダラと続く)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

日本人の勤勉さ~前置き

(田村明子著「パーフェクト・プログラム~日本フィギュアスケート史上最大の挑戦」より)

地方から世界へ、そして日本が世界に君臨する時代へ

 伊藤みどりが世界チャンピオンになって、すでに20年あまりが過ぎた。
 今の世代の日本の子供たちは、西洋人並みにスタイルが良くなり、手足が長く、頭が小さく、美しさでもどこの国の選手にも決して見劣りがしない。実力的にも、どこの大会に誰を出しても引け目を感じることはなくなった。すべての面で、国際規格化したのだと言える。
 そしてもう、東京を中心とした日本のスケートではなくなった。
 今回のバンクーバー五輪代表の男女6人は、愛知県出身の4人以外は、高橋大輔が岡山、織田信成が大阪といずれも関西、中国地方圏の人たちである。またその前の世代に活躍した本田武史、荒川静香らは幼少時には仙台で育てられた選手だった。
 それはまた同時に、西洋に追従する時代の終わりでもあったのではないだろうか。
 ジャンプで世界を圧して記録を作り続けた伊藤みどりに続いたのが、1994年幕張世界選手権でチャンピオンになった佐藤有香(佐藤信夫・久美子夫妻の娘)だった。彼女は伊藤のようなジャンパーではないが、そのスケーティング技術は世界一と言われた。今の採点方式のように、ジャンプ以外の技の質の高さも問われる時代になって、佐藤の実力が再評価されている。
 その後しばらく低迷期間があったものの、2000年あたりから、本田武史、村主章枝、恩田美栄らの活躍によって、日本選手全体への世界の注目度が少しずつ上がっていった。
 そして2003年/2004年シーズンには荒川静香が世界チャンピオンになり、GPファイナルは村主章枝、四大陸選手権は太田由希奈、世界ジュニア選手権は安藤美姫が優勝するという、ISU大会を日本勢が総なめにする快挙を遂げた。
 2006年トリノ五輪では荒川静香がアジア人として初の金メダルを獲得。2007年世界選手権では安藤美姫が優勝、浅田真央が2位、男子は高橋大輔が日本男子最高の2位に入賞して、世界の表彰台に3つの日の丸が上がった。そして2008年には浅田真央が世界チャンピオンになっている。
 フィギュアスケート界において、日本は重要な国になった。山田コーチが初めて伊藤みどりを海外遠征に連れて行った時代から考えると、隔世の感がある。
 現在のトップ選手たちも、海外のコーチや振付師の助けを借りてはいる。だがもう、西洋人の真似を強いられるフィギュアスケートではなくなった。
 アジア人ならではの体のしなやかさ。練習に対する生真面目な姿勢。贅肉のつきにくいスレンダーな体型。そんなものが大きく評価されることになったのである。
 日本人以外でも、韓国のキム・ヨナや申&趙などの中国のペア選手たち、パトリック・チャン、長洲未来など北米のアジア系選手たちが、今では世界のトップを占めている。逆に「なぜアジア人のスケーターはこんなに優秀なのか」と西洋人に聞かれる時代になった。
 その大きな基盤の1つは、メイド・イン・ナゴヤ、メイド・イン・ジャパンで育まれたことを私たちは忘れないようにしたいと思う。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

この本の発行日は2010年3月30日になっている。

伊藤みどりからその頃までの躍進ぶりをうま~くまとめている箇所があった為、転載させていただいた。
(その前に佐野稔の銅メダルのことも語られていたのだけれど…すまぬ、稔・・・)

主に小塚君のお祖父様の人生を追っていったファミリーヒストリー(NHKで放送されていた)の中でも語られていたように思うが、日本はこれまで

「日本は遅れている・・・外国(この時期は主にロシアを指していたと思う)に学ばねば・・・」

という姿勢で外の良きものを取り入れ、勤勉に学んでいった。(小塚君のお祖父様、ロシア人選手呼んで演技会開催したんだよなあ…アレ冷戦時期ど真ん中だっけ?)

ん?何か、幕末にもそんなことあったよなあ…まあ、それは置いとこう。

伊藤みどりさんが金メダル確実と言われていたアルベールビル五輪で銀メダルに終わった反省から、もっと選手の層を厚くしなければ…と試行錯誤していった。

で…その中には「全国有望新人発掘合宿」(これが野辺山合宿か?)というのがあった。

今お馴染みのトップ選手たちは早いうちから才能を見出されていく。

子どもたちの上達にも良い影響を与えていた合宿のようだ。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

ここで、いきなりだがタイトルにも入っている「勤勉」という言葉。

フィギュアスケートのみならず、外国人が日本人を語る上での一種のキーワードになっていたりする。

日本人の全員が全員そうじゃないのよ…と感心する外国の方には物申したくなるが、

どのジャンルでも世界と渡り合おうとするレベルにいる人間なら「勤勉」は当然なのかもしれん。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今回の記事は中途半端だがここで締めようと思う。

そう。まだまだ続く。

自分の中でイマイチまとまりが無く、何処へ行こうとしているのか?よく分からぬまま。

次回は某モロゾフ著作本から日本人選手の勤勉さについて語ったところを紹介したいと思う。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー