« 日本人の勤勉さ~前置き | トップページ | 日本人の勤勉さ~実はこの美徳が厄介? »

2013年7月 1日 (月)

日本人の勤勉さ~ニコライ語る

(ニコライ・モロゾフ著「キス・アンド・クライ」より 2010年2月発行)

 アイスダンサーとしての私自身のキャリアに終止符を打ったのは、長野オリンピックが開催された1998年のことである。コーチとしてわずか10年ほどのキャリアしか持たない私が、日本のスケート史上に名を残すだろう選手たちを指導するチャンスを得て、すでにいくつかのビッグタイトルを獲得できたのは望外の幸せと言わなければならないだろう。
 だが、日本人選手と私の息がぴったりと合い、すばらしい成績を残してきたのは、偶然ではない。成功するために必要な資質を、彼らと私が共通して持っていたためだ。
 それは、「勤勉に学ぶ」という姿勢である。
 どんな選手にとっても、スケートリンクに最初の一歩を踏み出してから、世界選手権やオリンピックの表彰台に上るまでには、果てしなく長い道のりが待ち受けている。世界選手権なら年に一度、オリンピックとなれば4年に一度しかチャンスの訪れない厳しい戦いの場にあって、スケート選手が自分を表現することが許されるのは、たった数分なのだ。
 この過酷な舞台にたどり着き、自らの実力を最大限に発揮できるようになるには、何年間にも及ぶ努力が不可欠だ。早朝からリンクに出て、何時間もトレーニングを続ける毎日。学ぶことそのものから意気込みを見出し、次なる目標を設定できる勤勉さがなければ、とても一流のスケーターになることはかなわない。
 まったく同じことが、コーチにも問われる。指導する選手の未来をともに見据え、彼らの日々の努力に細大もらさず伴走することを要求されるのだ。どんな経験からも、どの選手からも学ぶべきことを見出す勤勉さが必要だ。
 経験を積めば積むほど、より多くの選手を教えれば教えるほど、コーチも上達する――そのことを、心の深いレベルで理解していなければならない。同時に、どこまで熟達してもパーフェクトなコーチになることなどとうてい不可能であり、どんなに年を重ねても、なお学ぶことがある、ということも。
 私はロシア人であり、今はアメリカを拠点に活動している。現役時代にはスイスをはじめとする外国でトレーニングを積んだ経験もある。さまざまな国の人たち、とくにスケーターたちと交流してきて、一つ断言できることがある。
 日本人選手ほど献身的にスケートに取り組む若者は、世界中のどこにもいないということだ。学ぶことに貪欲で、手助けをしてくれる周囲に対しても決して感謝を忘れない。互いを尊重し合い、甘ったれた態度を取ることもない。彼らほど勤勉なスケーターは存在しないのだ。
 そして口はばったい言い方ながら、私もまた勤勉な人間だ。フィギュアスケートのコーチとして、率いるスケーターたちとともに、同じ冬季オリンピックの4部門(男女シングル、ペア、アイスダンス)すべてで金メダルを獲得したいという壮大な目標に支えられているため、氷上に何時間いようが疲れは感じないし、スケーティング技術から衣装、音楽、そしてふだんの食事まで、選手たちの日常を一貫して面倒を見るよう努めている。
 選手と私に共通する「勤勉に学ぶ」姿勢が、高いレベルでの「共闘」を可能にし、すばらしい成果をもたらしてくれているのだ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日本人選手を上手~く立てつつ、自分のアピールも決して忘れない。

モロゾフ、やり手である。

「はいはい…モロ、モロ…」

とスケートファンからマスコミでの発言を上手く流されてしまうこともあるニコライ・モロゾフだが

振付のヒットが最近なく、ネタ切れか?と言われることもあるモロゾフだが

著作本読むと「良いコーチじゃん・・・」と思ってしまう。
(騙されてる?)

問題もその他色々多い人物でもあるが、選手への面倒見の良さも窺うことができる。

ま・・・ツッコミどころが全くない訳ではないけれど、今回それには目をつぶろうと思う。

この後、日本人の問題点もしっかり指摘しているのだけれど、それも今回取り上げない。

「フカし」も指摘されるモロゾフであるが、「日本人スケーターは勤勉」と思っているのは間違いないと思う。

日本人スケーターの「ソレ」は美点であると考える。

日本人スケーターを応援している方の中の書き込みの中で

「日本人で良かった」

という内容をいくつか見たことがある。

日本人スケーターの精神性の高さが窺える場面で使われたりするかな?
(その時某国が引合いに出されることもある。スケート以外のスポーツでも・・・スポーツマンシップの欠片も感じられない行為があった時など)

「その勤勉さは美徳」とされつつ、日本人のそういう部分を実は疎ましく思う(外国の)人間って多いのかなあ?

この間ふとそんな風に思ってしまった。

ちなみにこの「外国」というのは某国だけのことじゃない。
(現在のISUってカナダ勢力強いとされるけど、歴史から見て欧州の人間が多いのではなかろうか?)

何がきっかけでそう思ったのか?

それは他のスケートブログ様でも取り上げられたあるWeb記事がきっかけだ。

そう。某国のロビー活動に関するものだ。

(ダラダラと続く)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 日本人の勤勉さ~前置き | トップページ | 日本人の勤勉さ~実はこの美徳が厄介? »

コーチたち」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

モロゾフさん・・・。前にワールドフィギュアスケートのインタビューで「フミエ(村主章枝選手)はトリプルアクセルが跳べると思う」とか言ってて、そりゃ、言い過ぎ!って思いましたねー。
その時、高橋大輔選手のこともけっこうきつく言ってて、(文章の最初に自分の言ったことを包み隠さず書くことを条件にインタビュー受けたって書いてました。インタビュアー・文章はたしか田村明子さん)やっぱり信用できないですよね。こういうのを印象操作っていうんですかね?
モロゾフさんといえばアレクセイ・ヤグディンさんの元コーチのミーシンコーチも裏でヤグディンのことをいろいろ悪く言ってたらしいし…。
でも、ヤグディンはその悔しさをバネにしてオリンピック金メダルをとることができたと著書の「オーバーカム」で語ってました。
日本人選手もヤグディンみたいな考え方でやってみるといいのかも?(日本人の美徳に反するかしら)

初めまして。ランキングから来ました。

モロゾフの言う事と似た話を聞いた事があります。
「ロシアのコーチは厳しい。そしてそれが日本人スケーターに合っている。カナダのスケーターはあまり練習が好きでない様だ。」と。
村主章枝さんか太田由希奈さんのどちらが言ってたか忘れてしまったけど、数年前に聞いて印象に残った話です。

>doroshi- 様

>モロゾフさん・・・。前にワールドフィギュアスケートのインタビューで「フミエ(村主章枝選手)はトリプルアクセルが跳べると思う」とか言ってて、そりゃ、言い過ぎ!って思いましたねー。
・・・(-_-;)・・・大嘘つき扱いされても抗議する資格ありませんね…
>その時、高橋大輔選手のこともけっこうきつく言ってて、(文章の最初に自分の言ったことを包み隠さず書くことを条件にインタビュー受けたって書いてました。・・・
・・それはいつの話ですか!?別れた後かな…?ただ単にアホなのか?印象操作のつもりで計算してやっているのか?
…未だにその辺よくわかんないトコロある人です。
>元コーチのミーシンコーチも裏でヤグディンのことをいろいろ悪く言ってたらしいし…。
私も読みました!「オーバーカム」あの本の中のミーシンコーチは結構嫌なヤツでした(笑)
でも、悔しさをバネに!は正しいです。全て肥やしにしてしまえば良いんですよね。

>とらる様

はじめまして。ようこそいらっしゃいました。(美●明宏さんのように読んでください)
>「ロシアのコーチは厳しい。そしてそれが日本人スケーターに合っている。カナダのスケーターはあまり練習が好きでない様だ。」と。
日本人選手の多くは忍耐強いでしょうしね。北米はまた指導法とか持っていき方が異なるのでしょうね。
ロシアと日本ってある部分相性良いのかしら?

ごめんなさい。
上↑のレスはタレミミの仕業です。

こんにちはタレミミさん。
ワールドフィギュアスケート№34だったと思います。(ジョニー・ウィアーが表紙です。)発売日が2008年9月19日となっていますね。もう別れた後なのかなと思います。見出しが『ノブナリは最高の選手です』ですからね・・・。(図書館で借りて読んだので、今手元にないんです。あやふやでスミマセン。)
ちなみに、ティモシー・ゲーブルがインタビュー受けてて、真央ちゃんのことをいっぱい褒めてます。この記事読んだだけで、買っちゃおうかなーって思いました。
フィギュア本はお値段が高いのでなかなか購入に至らないのです・・・。

>doroshi-様

こんばんは。レスありがとうございます。
2008年かあ…
>見出しが『ノブナリは最高の選手です』ですからね・・・。
…モロゾフ…(-_-;)まあ、担当している選手を悪く言うバカはいませんけどね。
ただ、大輔に対する態度は(師弟解消後)恋人にフラレた男の逆恨みって印象あります。
>ティモシー・ゲーブルがインタビュー受けてて、真央ちゃんのことをいっぱい褒めてます。この記事読んだだけで、買っちゃおうかなーって思いました。
私もそれを知ると欲しくなります!私も図書館で読んでみるかな~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1824253/52253395

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の勤勉さ~ニコライ語る:

« 日本人の勤勉さ~前置き | トップページ | 日本人の勤勉さ~実はこの美徳が厄介? »

フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー