« 7月10日朝●新聞朝刊voice声欄 | トップページ | 朝●新聞スポーツのツイッターより(高橋大輔新プロ情報含む) »

2013年7月10日 (水)

この時アンチが生まれた~ある70代婦人の例

突然だが

私の母はアルツハイマーである。

現在投薬治療中。

と言っても、完全に全てにおいてアウト・オブ・コントロールという訳ではない。

今でも私よりはるかにお洒落であり、
(が、洋服を裏返しに着てしまうことが多くなった)

道端で出くわした人と普通に世間話が出来る。

ちょっと話するだけでは「おかしい」と気づかない人が多いだろう。

比較的頭が冴えていて、上機嫌の時もあれば

元々そういう人だったのだが

気分の上がり下がりが非常にハゲしくなり(以前よりも)

最悪な気分になった時は周囲に対する疑心暗鬼が最高潮になり

家の空気も最悪になることも多々ある。

急に意味がとりにくいことを怒ったように叫ぶこともある。

そのスイッチがどこで押されるかは不明。

うちの親父は

「今日別に何も俺は言ってないのに・・・」~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

とよくオロオロするが

よくよく聞くとあまり良くない夢を見てしまったことの延長だったりすることもあった。

下手すりゃ私が生まれる前のことを急に思い出し怒り出すこともある。
(コレは私が滅茶苦茶困る…知らねえーーー!!)

前触れなく大声あげられると

THE DOORSのボーカル、ジム・モリソンが虚ろな目をしてボ~ッとしてるところからいきなり

「ファイアーーーー!!!!」

とシャウトするところや(薬が原因か?)

ダ●ンタウンのコントで松ちゃんが演じたキ●シー塚本のキ●ガイぶりを想像してしまうことがある。

でもその人本来の持っている気質というか・・・それは失われていない。

下手すりゃ、「濃く」なる時もある。

曲がったことが大嫌いな所があり(原●泰造かよ…)

調子に乗りやすい人間(主に父)に厳しい鋭いツッコミをするところもあり

基本潔癖なところがある人であった。

それ故なのか不明だが

例の安藤美姫ちゃんの話題がテレビで何度も流れるのを見て
(母は父がつけている朝の情報番組をたまたま見てしまうことがあった)

ある日怒りにスイッチが入ってしまった状態になり、困ってしまった・・・

「何をシャラシャラ(この擬音語がまた謎だ。わかるけど…)マスコミの前に出て、ヘラヘラしてるの!?この女!」

「この競技どうなってるの!?」
(彼女は私がスケート追いかけているのを知っている)

「ここの協会の人間(連盟ですが…)の上の奴、誰もこの女に何も言えないの!?情けない!!ビシッという奴が誰もいないんじゃないの!!どうなってるの!!」

「馬鹿の集まりじゃないの!?」

…(´・ω・`)・・・・・・・・・・

これでも彼女の実際の言葉よりやわらかく表現したつもりだ。

一アルツハイマー女性ながら、結構鋭いところを突いていると思う。

「ごもっとも」な箇所もない訳ではない。

そして

「世間」という中には、母と同意見の主婦の方もいらっしゃるだろうな…とも思った。

私はアンチが生まれた瞬間を間近で見てしまった…_| ̄|○と、何ともやりきれない気分になった。

私はたまにスケートに関して父母が思い違いしているところをフォローする発言をするのだが

その時は何も言えなかった。(というか、何も受け付けない状態に彼女はなっていた)

母は決してアンチではなかった。

2011年の四大陸のSPなんか、

「あ~キレイだね~」;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

と褒めつつ見ていたのだ。

ただ、元々潔癖な女性なので、美姫ちゃんタイプの女性は決して「好き」ではないことは見て取れた。

それでも良い演技すると「いいね~」と言っていた。

参考資料

安藤美姫 2011 4CC SP[台湾]

前回あげた朝●新聞に投稿した善良そうな女性のような意見もあれば

今回の例もある。

ちょっと怪しげな人権家らしき者が下手に擁護したり、彼女を祭り上げようとしている空気がある。
(個人の問題ではなく、変に社会問題にしようとしている。…「社会問題」というのも決して間違いではないが)

本人もその辺は計算違いだったかもしれないな…

更に参考資料

キャシィ塚本先生 ① 夕食でグッ!

The Doors - Light My Fire

それでも彼女は運が強い人だと思う。

渦に巻かれながら

どう決着をつけるか?

見守る以外ないってばよ…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 7月10日朝●新聞朝刊voice声欄 | トップページ | 朝●新聞スポーツのツイッターより(高橋大輔新プロ情報含む) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

安藤美姫」カテゴリの記事

コメント

タレミミさん、私の実家の母も脳梗塞由来の認知症状が出たりちょっと良くなったりを繰り返しているんでよく分かります。
潜在的な性格が浮かび上がったり、好みが突然、好き嫌い両方とも極端になったりするようですよね。
お母様のように感じる方もたくさん居そうです。得てしてそちらのほうが正直な意見なんじゃないかとも思います。
私も正直に言うと、美姫ちゃんがひとりで考えたことじゃなさそうなところが引っかかる気がするし・・・
お母様が、突然アンチになられたこともふわっと忘れて下さるといいですね☆

立て続けに安藤さんの話題が続き、私もだんだんアンチに変化してきました。お母様は鋭い的確な指摘されています。全く同意します。彼女はなぜ、現役にこだわるのか?愛娘の為なら一旦引退して子育てが落ち着いたらもう一度現役復帰して頑張ったらその方が皆から祝福され応援されるのに、なぜ、この時期に復帰するんですかねえ。ひよっとして先にコメにも書きましたが最初から、テレ朝と話が出来上がっていて「話題作り提供」のシナリオがあってスポンサーもついているし、ショーも人気上昇するしで双方丸儲けの策略が出来上がってたんでしょうね。だから、「いつ発表するの?今でしょ!」ってなってるんだろっ!むかつきます!でも、タレミミさん色々ご苦労されてるんですね。私も母が84歳まで同居してたんで、年老いた母(父は早くに亡くなっていますが)と暮らすしんどさは少しは理解できますがお父様の面倒も見られていてお察しします。でも、明るくご陽気に過ごしているご両親の様子が見えて少し気も和みました。今後も明るく見守って差し上げて下さい。

お母様のこと 我が母も同様なのでお察し申し上げます。
うちはさらに進んでいるようで テレビのスピードについていけずとんちんかんな反応しかしませんが
真央ちゃんだけは覚えているようで 彼女が出ると必ず「美人さんで才能があって言うことないね〜」と絶賛しております。
母はなにげに真央ちゃんの福耳もお気に入りポイントのもよう(笑)

美姫さんについてはもう報道のなにもかもがうんざりな感じ。
そしてチャリティ演技会?で「ママへ」とか言う曲で滑ったときいてどん引き...
もともとこの手のセンスのなさというか悪さはあったと思うけど いまこれってダメすぎて
きむよなのピースイマジンとはまた違った恥ずかしさというかいたたまれなさというかとにかく,,,

気分を一新すべくアメリカのジェイソン・ブラウンくんの新FSを見てみました。
いいですよ!動画見れるかどうかわかりませんが探してみてみて!

タレミミさん、こんばんは。
お母様に同意です。私もこのネタはいいかげんにしてくれないかな・・・と思うけど、ワイドショー的報道が続くと、静観していても、気持ちはいらいらもやもやします。これって嫌いにさせるキャンペーンなのかしら?責めるべきは美談にするマスコミだけど、それにしても、彼女の行動言動も甘いなぁと思います。
今週末、PIWで、美姫ちゃんと南里くんもでるんですよね。大ちゃんはでないし、プルさんはキャンセルで、チケットが値崩れして放出されていたんですけど、この話題で、チケット売れてるのかな?話題性だけでちょっとチケットとってみる?って値段じゃないですけどね。もし売れてるとしても、一過性ですよねぇ。それでいいのかなあ。
まあとにかく、美姫ちゃんは、皆と同じルールで結果を出して、やっぱりやるな、と思わせて欲しいです。スポーツはガチンコ勝負が見たいです。

認知症の方が家族内にいる例って珍しくなくなってきましたよね。
石を投げればそういう人に当たる…というのは言い過ぎかもしれませんが、
ご自分のご両親のみならず、姑さんまで見なきゃならないケースもありますよね。

「アンチになった」と言っても、一時的なもので、また気分が変わる可能性大でもあります。

>生姜様

父が母を初めて病院に連れて行き、検査した時だと思いますが
頭の中を撮った画像を見せられ、(CTかMRIか忘れましたが)
「こことここに小さい脳梗塞が出来てますね」
と軽~く言われたそうで…“脳梗塞”と聞いて私かなり動転してしまったのですが、別に言葉が全く出てこなくなったり、発作を起こしたり麻痺等はありません。
こういうものの出方っていうのも皆同じではなく、個人差があるようですね。診断することも難しそうです。
あ・・・話それちゃうな・・・(;^ω^)
>お母様が、突然アンチになられたこともふわっと忘れて下さるといいですね☆
まあ、アンチといっても一時的なものだと思うんです。
テレビで良い演技してる姿が映ったら自分がそう言ったことも忘れているかもです。

>ひまわり姫様

>お母様は鋭い的確な指摘されています。
アルツハイマーにしては・・・というのは失礼にあたるかもしれませんが、そうだと思います。
「う~ん・・・そう言われれば…まあ、変なことは言ってないかな」
ですね。ただ、口調が攻撃的すぎて、近くで聞いていたら明らかに「キレてる」ようにしか見えなくて怖いです…(・・;)
>彼女はなぜ、現役にこだわるのか?愛娘の為なら一旦引退して子育てが落ち着いたらもう一度現役復帰して頑張ったらその方が皆から祝福され応援されるのに、なぜ、この時期に復帰するんですかねえ。
簡単に言えばソチ五輪過ぎたら人気選手たちは引退してしまう可能性大で、フィギュアスケート自体が注目されなくなるから…というのも理由の一つでしょう。あと、アスリートはナンダカンダで五輪メダルが欲しい!…というのも勿論あるでしょう。そう。その時期出産してしまったのであれば来シーズン復帰が身体にとっても赤ちゃんにとっても優しい…ということはいえますね。ただ、話題作りになっても、
>ショーも人気上昇するしで双方丸儲けの策略が出来上がってたんでしょうね。
コレは客足鈍くなってしまう可能性の方が大きいような…
今季フレンズ・オン・アイス出るのかしら?他の出演者のファンの人達は複雑だろうな・・・
>でも、タレミミさん色々ご苦労されてるんですね
いいえ。実はそれほどでもないです。父が元気なせいもあります。父はなんとか家事も出来ますし
世話は父中心でやってますので。(デイケアも利用しています)
男性が行き届かない部分をフォローしてるくらいですね、私は。

>ソラミミ様

>お母様のこと 我が母も同様なのでお察し申し上げます。
嗚呼・・・ここにもいらっしゃいましたね。
>うちはさらに進んでいるようで テレビのスピードについていけずとんちんかんな反応しかしませんが
我が母はその時によって様々な反応をしますが、一つの番組を通して(集中して)見ることが出来なくなりました。
飽きっぽくなってしまい、必ず途中で自分の部屋に入ってしまうのです(苦笑)
ただ、「中●貴一と目が合った」と言い出した時には流石に吹きました・・・( ゚艸゚)・;'.、ブッ
母も真央ちゃんお気に入りです。
まだアルツハイマーになっていなかった時ですが、バンクーバー五輪で銀メダルに終わった彼女の涙のインタビュー見て
(アレ、フ●テレビでしたよね・・・)
「あの話の聞き方はなんなの!!??」
と、ロクにねぎらいの言葉一つかけない女子アナに激怒してました。(;^ω^)
元々「喧嘩上等」なところはある人でした(笑)
もしも彼女がネットをやっていて、真央ちゃんが過去やられたことを見つけてしまったらより恐ろしく激怒していたことと思います。
>「ママへ」とか言う曲で滑ったときいてどん引き...
AIさんの新曲とのタイアップ・・・更にはロッテのCMソングになるとか…
母親であることを「売りにする」というのは難しいものがありますね。芸能人ならまだ分かりますが、あくまでアスリートですからね。大事な何かをすり減らしている印象です。
>きむよなのピースイマジンとはまた違った恥ずかしさというかいたたまれなさというかとにかく,,,
忘れてました…(笑)
>アメリカのジェイソン・ブラウンくんの新FSを見てみました。
探してみます!彼も「THE 表現力」なスケーターですよね。
でも大輔サン新プロ曲巡りが先になっちゃうかも(ノ∀`)

>さくら餅様

>ワイドショー的報道が続くと、静観していても、気持ちはいらいらもやもやします。これって嫌いにさせるキャンペーンなのかしら?
今度ネタにしようと思っているのですが、最近の…これは「炎上商法」の類になるんですかね?
美姫ちゃんの裏に広告代理店が付いているのかはよくわかりません。が、最近
「ゴリ押しじゃないの?」
…と一般人でも思うくらい、売り出し方が下手な例が多すぎる気がするのです。美姫ちゃんに限らず。
本来、人々に愛される為に宣伝しているんですよね?
ただ「目立てば良い」じゃ、売り出し失敗でしょう。
特にスケートファン層のご婦人方にそっぽ向かれるんじゃ?な方向に行ってしまっているし…
また次の売り出しかけるターゲットを探せばいいと思っているからそれで良しなんですかね?
わかりませんけど。ε=(・д・`*)ハァ…
>今週末、PIWで、美姫ちゃんと南里くんもでるんですよね。
うっ!!
>チケットが値崩れして放出されていたんですけど、この話題で、チケット売れてるのかな?話題性だけでちょっとチケットとってみる?って値段じゃないですけどね。もし売れてるとしても、一過性ですよねぇ。それでいいのかなあ。
野次馬でアイスショー見る人ってまずいないと思うんです。
(まあ、お金と暇を持て余したご婦人もいらっしゃるでしょうが)
ただ、ショーのレポの中で「彼女がなんといっても素晴らしかった!」というのをほとんど見なかったのが答えかな。
これから調子上げていくでしょうけれどね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この時アンチが生まれた~ある70代婦人の例:

« 7月10日朝●新聞朝刊voice声欄 | トップページ | 朝●新聞スポーツのツイッターより(高橋大輔新プロ情報含む) »

フォト
無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー