« つけ火して 構わないでと 言われても… | トップページ | 佐村河内守のCDとの遭遇 »

2013年8月 6日 (火)

I Am Woman(Helen Reddy) 私は女~ヘレン・レディ他

私は女

コレは私がたまに見てしまう「笑う洋楽展」で紹介されていたもの。

この前番組で紹介されていたPV(?)と同じものをたまたま見つけたので載せたくなった。

実はタイムリーで知らない上に

その番組で教えてもらうまで知らなかった歌だった。

ちなみにこの時はこの特集だった。ジェームス・ブラウンも紹介されてたっけ。
  ↓

笑う洋楽展 2013年7月7日 70年代前期編  ←リンクしちょります

ウーマンリブ運動華やかな時期のものと想像する。

リンク先には

「自ら作詞したこの曲のヒットにより、彼女はグラミー賞最優秀女性ボーカル賞を受賞しました。」

と簡潔な説明有り。

「笑う洋楽展」放送時は日本語訳字幕がついており

番組進行役みうらじゅん氏と安斎肇氏が(胡散臭いお二人である)しきりに

「私は女!」

「私は女っ!!」

「私は女っ!!!」

「私は強いっ!!!!」

と歌詞の一部分を強調していらしたのが印象的だった。

ちなみに日本語訳はコチラ参照のこと。
(「なつメロ英語」様、リンクさせていただきました)

 ↓

私は女    ヘレン・レディ

上の「本文」をクリックすると訳した方の解説がございます。

何故か今の一曲として選びたくなってしまった。

この歌は1975年の国連女性年のテーマ・ソングにも選ばれたそう。

うん・・・何となく分かるわあ・・・

この方のお年を召した姿の動画なら結構いくつか見つかった。

上品なご婦人という雰囲気だった。

(興味ある方探してみてちょ)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

ここまで書いておいていうのもなんだが

私がこの時の放送でインパクトを感じたのは残念ながらこの曲(とPV)ではなかった。

Golden Earring - Radar love

♪「レーダー・ラブ」(1973年)
  by ゴールデン・イヤリング

「1961年に結成されたオランダのロックバンド。メインボーカルのバリー・ヘイは意外にもインド出身です。」

とのこと。

・・・知らねえ・・・( ̄◆ ̄;)

曲はカッコええと思うし

ヴォーカルも悪くない

しかし、この当時のロックの独特ともいえるファッション。

ヴォーカルの人の独特な動きと風貌が私の心を掴むものであった。(放送時はね)

残念ながらこの音楽動画、肝心なトコロで切れているトコロがあって・・・

「笑う洋楽展」放送時のものでは最後

ドラムの人が「飛ぶ」のである。

それが非常にこの動画の肝と言えるのに・・・

勢いよく躍動感のある様子で「飛ぶ」ならまだ良いのだが・・・

ちょっと脱力感のある「飛び」であった。

イマイチクールに成りきれてないトコロもツボだった。

う~ん・・・お見せできないのが残念・・・

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

その他

Tom Jones - She's a Lady

イカすファッションで3人のレディを従えてセクスィーに歌い踊る。

腰の動きがセクスィーすぎる部分、腰の動きが目立たないように撮されているような気がするのは気のせいに違いない。
(当時としてはセクスィー過ぎたのかもしれない)

Black Sabbath - Iron Man (Music Video)

この曲は聴いたことがある。

若き日のオジー・オズボーンが可愛らしい。

番組では彼の「手拍子」に注目していた。

その様子も見ようによっては何か可愛い。

歌詞は多分可愛くないだろうけど。

JAMES BROWN, BOBBY BYRD & THE J.B.'S - GET INVOLVED/SOUL POWER.LIVE TV PERFORMANCE 1971



言わずと知れたジェームス・ブラウン

ファンキーとしか言い様がない。

番組で「動きがもう・・・“動物的”」と評していたが・・・

確かに・・・

ダンスの基礎がどうこう言うのが馬鹿らしくなりそうな

野生動物をも思わせる動き

誰も文句つけられない存在だ。

Cat Stevens - Father and Son Original   

♪「父と子」(1970年)
  by キャット・スティーブンス
ロンドン生まれのシンガーソングライター。74年のアルバム「仏陀とチョコレート・ボックス」はみうらじゅんもオススメの1枚です。

・・・との説明有り。

コレは現在のPVに近い雰囲気を持っていると思う。

ゴールデンイヤリングの次に映像的に心に引っかかったのがコレだったりする。

別にスゴイ変という訳じゃないのだけれど・・・

この人ヒゲ剃って髪切ればそこそこイケメンになりそうな気がするんだけど
(見てるのはソコかい!?(゚Д゚)ノ)

何が変なのかな?

ま、いいや。

この人、Wikiで調べてみたらシンガーソングライターの他に教育家、慈善事業家、イスラム教への改宗者とも書かれていた。

うひゃ~・・・

今の欧米では肩身狭いかもしれんな・・・

イマイチ締まらんが

これで終わる

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« つけ火して 構わないでと 言われても… | トップページ | 佐村河内守のCDとの遭遇 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: I Am Woman(Helen Reddy) 私は女~ヘレン・レディ他:

« つけ火して 構わないでと 言われても… | トップページ | 佐村河内守のCDとの遭遇 »

フォト
無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー