« Rika Hongo JGP Minsk EX~「夜桜お七」 | トップページ | ネーベルホルン杯2013のキム・ルシーヌ&ジェイソン・ブラウン »

2013年10月 2日 (水)

ネーベルホルン杯2013の織田君~ラストサムライ

今日は「夜桜お七」で終了にする予定だったのだが

ネーベルホルン杯2013での織田信成君の演技を動画で見てしまったこと

プラス

明日以降PCに向かう時間がしばらくとれなくなりそうな為

彼のネーベルホルン杯での演技動画を是非載せたくなった。
(その前に某情報番組の小特集動画も…コレ、後で消されるそうです。お借りしますね)

年齢不詳顔(?)のせいか、イマイチ「ベテランスケーター」という言葉が彼と結びつかなかったのだけれど

円熟期ですな。

何だ…この危なげの無さは…

やはり五輪シーズン故か?仕上がりが早い
(早すぎなくらいッス!!)

何だ…プロトコルの美しさは…

男子シングル・ショートジャッジスコア ←リンクしてます

男子シングル・フリージャッジスコア  ←リンクしてます

今更ながら

何だ…この猫着氷…

ってなわけで小特集。

http://www.youtube.com/watch?v=3_wkd0Mry9s ←情報番組小特集

すっかりお父さんなんだなあ…としみじみ。

2013 NHT Nobunari Oda SP B ESP

2013 NHT Nobunari Oda LP B ESP2 

で、ラストサムライ。

2013 NHT Nobunari Oda EX   

ナイスなプログラム!

彼がシーズン出だし良すぎると不安になる方もいらっしゃるようだが(^_^;)

日本男子シングルの選手選考が熾烈になることは間違いなさそうだ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« Rika Hongo JGP Minsk EX~「夜桜お七」 | トップページ | ネーベルホルン杯2013のキム・ルシーヌ&ジェイソン・ブラウン »

織田信成」カテゴリの記事

コメント

夜桜お七、で、さあ寝ようと思ったら、
まだ観れていなかった殿のEXが~

これは…、出来物ですね~ほ~…。
以前、SPで吉田兄弟の曲を使っていた時もしびれましたが、
映画の一場面を思い起こさせるような…。スケートも、堂々としているし、
身体ががっしりとして、大人の男の凄味を感じましたよ。

あ~男子は、まさに、戦国時代ですね!
このプログラムをオリンピックの舞台で世界中の人に見せたい!
と思ってしまいました。

3枠とか…。 5枠くらいくれ!

タレミミさん、おかえりなさ〜い!!

もうね、単発の4Tが3Tになった後は、2ndジャンプをドキドキしながら見てました!
手に汗握るところが若干違ったのは内緒です^^;
クリーンすぎる内容で、プロトコルのなんと美しいこと!
フリー技術点は基礎点にGOEプラス15点!!
PCSは90点に迫るだろうと思ったんですけどね…やっぱ素人にはわかりませんわ。

全日本もそうですが、NHK杯も熾烈な優勝争いになるんじゃないでしょうか。
それこそドキドキしすぎて軽い呼吸困難になりそうですわ^^;

記事違いながら、
安藤選手の件は、ちょっとおしゃべりが過ぎる高○医師ら陣営も含めて
「あんた、どんだけマスコミ対応下手くそやねん!」ってことで。
色々言い訳したり叩かれたり、思った通りに進まなかったり etc…
すべては自身が避妊すればよかった、ただそれだけです。
準備不足? 体力不足? そりゃそうでしょう。が、それでも台乗りに漕ぎ着けました。
彼女には自身の保身など考えず、ただ黙々とスケートに向かってほしいなぁと、
余計なお世話ながら思った大会でございました。

追伸。タレミミさんにご迷惑がかかるようでしたら、削除していただいて構いません。


>yomi様

私も吉田兄弟のSP好きでしたね!
スリムさそのままに身体がっしりしてますよね?
ジャンプ良いだけじゃなくて、何か変わった気もします。
(体全体の動きかな?)
5枠くらい欲しいですね…マジで…(ーー;)

>まっきー様

ご無沙汰致しております。
復帰とみせかけ、また数日休みます…(;^ω^)

>もうね、単発の4Tが3Tになった後は、2ndジャンプをドキドキしながら見てました!
>手に汗握るところが若干違ったのは内緒です^^;
言われてみれば…ザヤって…ない…
(今“オダる”という動詞に変わっているんでしたっけ?)
プロトコルが美しい以上にコレはスゴイことかもしれません!!
良い演技続ければPCS更に伸びそうな気がします。
>全日本もそうですが、NHK杯も熾烈な優勝争いになるんじゃないでしょうか。
織田君、NHK杯でしたね!そういえば!
現地の緊張感がエライことになりそうですね…
行きたいような…行きたくないような…

>「あんた、どんだけマスコミ対応下手くそやねん!」
ま、それに尽きます…。
何か彼女の応援どころか脚引っ張っているようにも見える時あります。中の人…

あと、まっきーさん、手厳しい~(;^ω^)
おっしゃる通りなのですが…

私は彼女の言動見て、
「この人、何をやりたいのかよく分からないわ!」
という部分で「勝手にせいっ!」とも思っていたのですが、
競技に復帰してきたことで少し応援したい気持ちが戻ってきました。
(その大会までの経緯も色々あるのですがね…やる気があるのなら其の辺目をつぶろうかな?とも)
ナンダカンダでジャンプの天才ではあるな…と思いましたね。
跳べなくなってくる年齢ではあるのに、出産後約半年でトリプル跳べるまで戻している。
とはいえ、「五輪に出場出来るか?」となればまた話は違ってきますけれど。
ま、彼女についてはこれからの競技の姿勢見て判断しようと思います。

追伸
日本のマスコミは書きませんが、あの大会はラジオノワちゃんの良いアピールになったんじゃありませんかね?
今季GPSデビューでしょう?幸先の良いスタートです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネーベルホルン杯2013の織田君~ラストサムライ:

« Rika Hongo JGP Minsk EX~「夜桜お七」 | トップページ | ネーベルホルン杯2013のキム・ルシーヌ&ジェイソン・ブラウン »

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー