« バンクーバー五輪のPさんを見て何故か思い出した懐かしい人 | トップページ | 精悍になったアダム・リッポン »

2013年10月29日 (火)

スケアメ~ジェイソン・ブラウン君の戦い方を見てふと思ったこと

スケカナ終了したっていうのに

まだ心は助雨スケアメで引っかかっている。

ジェイソン・ブラウン 2013 SA SP[British Eurosport]

彼の演技

純粋に「楽しかった」

本人も観客を魅了することを楽しんでいる様子があり

見ていて気持ちが良かった。

そして今更ながらに思った。

「こういう戦い方もあるよな」

4回転も大事だが

この競技は人を魅了してなんぼ

…なトコロもある。

私は「4回転スゲエーーーーー!!!」の気持ちももちろんあるが

基本「魅了してくれれば無くてもいんじゃね?」派(なんじゃ?そりゃ)である。

そしてここからはファンの方に怒られそうだが

高橋大輔も同じような戦い方が出来るよな

…とも思ってしまったのだ。

高橋大輔 Vancouver 2010 SP

高橋大輔 Vancouver 2010 FS

バンクーバー五輪3位だったが

男子選手の中で私を一番魅了したのはやはり高橋大輔だった。

「何?(’◇’)この素敵な演技は…」

と間抜け面しながら見入っていたと思う。

この時彼の演技見なかったら

正直今頃男子フィギュアシングルは見てなかったかもしれぬ。
(基本女子フィギュアの方が好きだったのだ)

そのくらい好きになってしまった。

演じる前から消耗している感じに見え、

正直4回転決まる気がしなかった今季スケアメ。

ちょっとだけ前々季ワールドの真央ちゃんをも思い出してしまった。

どう足掻いても決まらぬ時ってのはあるものだと思う。

今まで跳んできたものだとしても。

ましてや彼は古傷がある。

再起不能になるやもしれぬ怪我だった。

外野は色々うるさいかもしれぬが回避すべき時はコーチでもアドバイザーでも良いから止めてくれないか?

…と今回特に思った。

言う事聞かなさそうだけどね…(;´д`)

よく彼は「アーティスト」と称されることもあるが

やはり「勝ちたい」人。

アスリートなんだよなあ…としみじみ思った。

当たり前だけど。

高難度を避けジャンプをまとめ完成度を高め

高い演技構成点で稼ぐ…(勿論観る人を虜にする程の“熱”はなければならない)

Pさんのような選手にジャンプ全部完璧に決められた場合は勝てないけれど

本来それで勝つことも可能な選手だと思う。

が…

この人は見かけよりプライドが高く

負けず嫌いなんだろうな…

他の「自爆待ち」なんて許せないのかもしれぬ。

4回転論争なんてあったし…

今思えばライサチェックは気の毒だと思った。
(五輪前の時期に疲労骨折してたんだっけ?彼はただ彼なりのベストを尽くしただけだった。ただ残念ながら多くの人を魅了する演技ではなかったと思う。そこもまた気の毒なトコロだった)

今では…特に男性達の間では

「跳ばない」選択自体、かえって勇気のいることなのかもしれないな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« バンクーバー五輪のPさんを見て何故か思い出した懐かしい人 | トップページ | 精悍になったアダム・リッポン »

高橋大輔」カテゴリの記事

ジェイソン・ブラウン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« バンクーバー五輪のPさんを見て何故か思い出した懐かしい人 | トップページ | 精悍になったアダム・リッポン »

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー