« やはりミライ・ナガスにも頑張っていただきたい | トップページ | お膳立て »

2013年10月14日 (月)

オペラ座のアッコちゃんは愛の讃歌を唄う

タイトル…キーワード繋げただけで何の意味もありません…人( ̄ω ̄;) スマヌ

フィンランドの中の人…「鈴木明子“サン”」って…もしかして「サン」付けしてくださっておるのかや?

日本文化を尊重してくださり感謝…でござる。

さりげなく「カリスマがどうの・・・」と言っている気がするのは気のせいか?

鈴木明子 2013 フィンランディア杯 SP【フィンランド語】

鈴木明子 2013 フィンランディア杯 FS【フィンランド語】

ロシアっ子もスケーティング良い娘や以前より良くなっている娘いたのだけれど

彼女達の動画見た後、あっこちゃんの動画見たら…

や っ ぱ り  う め え ! !

と、某居酒屋解説者の如く、呻いてしまった。

「うめえ」の後に草wたくさん生やしたい気分になりましたよ、はい。

最初選曲知った時、ちょっと首をかしげたくなるトコロあったが、

「愛の讃歌」…コレ、いいじゃないですか!

何となくマッシモ・スカリ氏の使いたがる曲ってわかる気がする。
(うまく説明出来んがな)

結構乙女要素強し?

…ま、どーでもいいですね、はい。

動画コメにもあった通り、

「コレ、フリーの方がイイんじゃ!?」

なんて私も思った人間の一人だ。

彼女の競技生活が走馬灯のように駆け巡るプロになると思った。
(ファン号泣)

ちょっと高橋大輔の「道」を思い出してしまったのは内緒だ。

彼はその五輪で最後にしよう…と思っていたようだが

ここ(ソチ五輪シーズン)まで競技生活を続けることになるとは…ファンで予想した人は多かったのだろうか

話がそれそうなのであっこちゃんに戻る。

…と(上記のように)思ったが

愛の讃歌ってそんなに長くないんだっけか?(;^ω^)

オペラ座の怪人…コレはクリスティーヌ目線のプロなのかな?

女性に「怪人」パートを期待するのは酷かもしれぬが

クリスティーヌ半分/怪人半分の方がプロが盛り上がるかもしれぬなあ…
(中野友加里さんが演じたのはそうだったか?アレはショートだったが…)

…と思った。

曲に感情をのせるのが上手いタイプならば尚の事。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

年齢のせいか

安藤美姫ちゃんが調子を上げてきたら…云々

…という五輪選手選考についての書き込みを見ることがあるが

フィンランディア杯のあっこちゃんのスケーティング見ると

「いやあ…そんな簡単に譲らないでしょうよ…」

と言いたくなった。

例えジャンプの失敗があっても…だ。

代表確実な選手なぞおらんわな。

候補が少ない国は別…だけどね…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« やはりミライ・ナガスにも頑張っていただきたい | トップページ | お膳立て »

鈴木明子」カテゴリの記事

コメント

あっこちゃんの今季のプロ初めて見せてもらいました。”愛の賛歌”素敵ですねえ。絶対いけると思います。
フリーの衣装はエレガントでとてもよく似合っています。(大ちゃんのは”おばちゃんのブラウス”って言われてますが・・・)ソチにはきっと行けれるよう応援したいと思っています。彼女の表現力は抜群ですからね!

タレミミさん、こんばんは。

>や っ ぱ り  う め え ! !
私も同意です。うめえ!です。アキコスズキサン。
『愛の賛歌』、全体的にゆったりなプログラムなのかな?と思っていましたが、結構情熱的ですね。元々表現力が優れていたあっこちゃんでしたが、このプロで彼女の新しい引き出しを見つけたような気がしました。
ところで、ニコ動のコメントで「三輪(美輪)さんの歌?」というものが流れました。これはその前の「歌付きでEXでやってほしい」というコメントを受けたものでしょうか?真偽はともかく、それを見て以来美輪明宏氏の歌声が頭から離れなくなりました。要らんこと言うなよ、妙なイメージついてしまったじゃないの(汗)
『愛の賛歌』はやっぱりエディット・ピアフか越路吹雪ですよね。

『オペラ座の怪人』は、次に期待します。わき腹つったのか、残念。でも、その状態で滑れるとはさすがにトップスケーター!

あっこちゃんにはぜひともソチに行ってもらいたいです。

>ひまわり姫様

“愛の讃歌”、私も「イケル!」と思います。
ベテランになると「人生を感じさせるプロ」がハマってくるものだなあ…とも思います。
嗚呼…出来ればコレをフリーで見たかった…(しつこい!?(;^ω^))

>glacier様

あっこちゃんには「ゆったり」よりも「情熱」的なものをどうしても求めてしまいます。
コレは情熱的といえども…今までの得意分野ともまた異なるような…
おっしゃる通り「新しい引き出し」ですよね!?
>ところで、ニコ動のコメントで「三輪(美輪)さんの歌?」というものが流れました。
>真偽はともかく、それを見て以来美輪明宏氏の歌声が頭から離れなくなりました。要らんこと言うなよ、妙なイメージついてしまったじゃないの(汗)
>『愛の賛歌』はやっぱりエディット・ピアフか越路吹雪ですよね。
私、美輪さんも好きなのですが、(どちらかというと“キャラ”の方に惹かれているかもですが。“メケメケ”が好きです)
「“愛の讃歌”はエディット・ピアフでしょう!!」派であります(笑)
「ピアフはネ申」…と今書きたくなってしまいました…声が好きなんです。あのなんとも言えぬ味のある声が。
で、越路吹雪は“ろくでなし”…コレも好き。
…あ…話がそれますね…(;´д`)

>あっこちゃんにはぜひともソチに行ってもらいたいです。
嗚呼…全日本が今からもうコワイです…

初めまして。
鈴木選手の情報を探していてたどり着きました。
「やっぱり うめえ」に激しく同感して、こうして失礼させていただいています。

あっこちゃんの演技からいつも元気だったり癒しパワーだったり与えられているのですが、なんかこう、見ている方の思いを受け止めてくれるような力を愛の讃歌から感じました。勿論、強いパワーも貰えるのですが。

私も、フリーで愛の讃歌…と、思ったのですが、同じメロディーが続きすぎるかな?とも思います。
もっと長い間見たい!短い!と思わせられている時点で、あっこちゃん陣営の思うつぼ(?)なのかしらとか。おもっきりハマってやんよ!

オペラは、まだ薄味な気もします。
去年のOも、お披露目のJAPANopenではそう感じていましたが。
あっこちゃん、今デトロイトで練習しているとのことで、カメレンゴさんと更なる振り付けの見直しをしているのかな?等と勝手にスケカナに期待しています。

長々と失礼しました。
楽しくも心臓に悪い季節、楽しみですね!

>ゆい様

>なんかこう、見ている方の思いを受け止めてくれるような力を愛の讃歌から感じました。
その辺、元々彼女の持っている資質故…であるのかもしれませんが、
ベテランになって出てきた味でもあるのかしら?
フリーに使うには曲が短いのが残念です。
>去年のOも、お披露目のJAPANopenではそう感じていましたが。
そうでしたか!私はOは最初からお気に入りでした。
(亀連後センセイとシルク・ドゥ・ソレイユの曲の組み合わせが絶妙だと思っています)
>あっこちゃん、今デトロイトで練習しているとのことで、カメレンゴさんと更なる振り付けの見直しをしているのかな?等と勝手にスケカナに期待しています。
フィンランディア杯とはまた一味違ったオペラ座に仕上がる可能性もありますよ!
スケカナ楽しみにしてます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オペラ座のアッコちゃんは愛の讃歌を唄う:

« やはりミライ・ナガスにも頑張っていただきたい | トップページ | お膳立て »

フォト
無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー