« 在庫切れだとお…?真央本GET出来ず | トップページ | スケアメ~ジェイソン・ブラウン君の戦い方を見てふと思ったこと »

2013年10月27日 (日)

バンクーバー五輪のPさんを見て何故か思い出した懐かしい人

今回の記事はほとんどフィギュアと関係ない私の戯言である。

本当にいつも以上にしょーもない内容なのだ。

なので

「そんなの嫌!(# ̄З ̄)」

…と思われる方はお引き返しくだされい…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2010 OG Patrick Chan SP B ESP   

久々に見た五輪SPのPさん。

実はこの時の彼の演技が始まる時

「何かこの人…昔懐かしい誰かを思い出すんだよなあ…」(・_・;)

と思っていて

極上の滑りや、着氷が危うかった3Aなどにはあまり目が行かなかった。

ただ「高橋大輔のタンゴとはまた異なる雰囲気じゃのう…」とぼんやり思いつつ

現在「ヒトデ」と称される(?)例の動きがほんの少し気になっていた。

片足をピョーーーンと蹴り上げジャンプするトコロとかも。

まあ、それはいい。

で終了間近になって

「あ…何か昭和の…70年代くらいに活躍した日本の俳優さんでこんな感じの人…いたかもしれん…」

と思い始め、

最後のフィニッシュ!!で決めっ!!…のトコロでのアップ・・・
(上の動画と日本で放送されたものはカメラワークが異なる)

そこで私はある一人の男優さんの名前が頭に浮かんでしまった。

沖雅也

Photo

両方のファンの方…(また、それぞれのファンの方)…

怒らないでっ!!ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

いやあ…よく画像見比べるとあまり似とらんのよ…

沖雅也は「イケメン」というより「二枚目」といいたくなるハンサムガイである。
(Pさんだって…見ようによっては“イケている”。ただPさん故にあまり“イケメン扱い”されてない気がする…)

顔の輪郭も違うし…

髪型も違うし…(センスも違う…)

唇も沖氏の方がプックリ唇だ。(画像によってはスゴク“濃い”のもあった。Pさんはもっとあっさりしている)

沖氏の持つ「陰」のようなものはPさんにない。(カラッとしてるもんな・・・)

なのに…何故?

おそらくPさんの顔が最初に思った通り、現代というより70年代の日本で「二枚目」とされていた系統の顔だったから…なんだろうけど…

自分でもよく分からない…(おい!(゚Д゚)ノいいのかよ!?それで)

何故バンクーバー五輪時から思っていて最初から言わなかったか?

それは沖氏の死に様が衝撃的すぎた為
(死後の連日のワイドショーの騒動はハッキリ記憶している。興味あって知らない方、ググってみてね…)

そういう方をPさんと並べて書くのはマズイかな…?

という配慮からだ。(今書いちまったがな…)

キャラ全然違うし…((・(ェ)・;))

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

彼の死後も彼の演じたドラマの放送はされていた。

よく覚えているのは確か・・・つかこうへい原作のドラマ(演出もそうだったかもしれん)

萩原流行主演でヒロインが大竹しのぶ。

で、流行の恋敵(?)でしのぶを好きになっちまう役が沖氏だったと思う。

つかこうへいが好む一人の女を二人の男が…という設定だ。

生真面目で情熱的な男を沖氏は熱演していた。

「彼の死」のことが頭にあった故か

ホントに命懸けで女に惚れているような熱演ぶりに思えた。

私はそれよりも「俺たちは天使だ」の彼の方が好きだったこともあって
(これは軽快なアクションドラマって感じだった)

ちょっと辛かった。

というわけで今日の一曲。

ドラマ「俺たちは天使だ」の主題歌だったコレで締めよう。

好きな曲の一つだ。

小粋な曲だと思うが、彼の運命を思うと

「運が悪けりゃ死ぬだけさ」

の歌詞が非常に意味深に思えてくる。

俺達は天使だ 「男達のメロディー」 / SHOGUN

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

なんでこんな昔のことを取り上げたくなったんだろ…

それは多分昨日の別記事にてのある方の

「ヘルレイザー」とかいう映画についてのコメントを見て

そしてググってみて・・・

昔の大学時代の先輩からすすめられたことがある1本だ…ということを思い出し
(メジャーなものからカルトまで…幅広く映画見てた人だった。変わり者でもあった)

映画と関係ない昔のことがアレコレ思い浮かんでしまった。

更にはPさんがスケカナで3T-3Tで高得点だったことをうけ

何故か沖雅也まで思い出してしまった。

今日眠れるかなあ…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 在庫切れだとお…?真央本GET出来ず | トップページ | スケアメ~ジェイソン・ブラウン君の戦い方を見てふと思ったこと »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Pさん」カテゴリの記事

コメント

ラジオ体操の郷愁

ちょっと、イチャモンつけさせてください。沖雅也にどこが似てるんですか?彼はもっとナイーブだし、先日この人のドキュメンタリー見たんですが自殺の真相は「これ以上醜く年取りたくない」から若くて美しい今、あの世に逝きたかったんですって。だから超ナルシストなんですね。大ちゃんも「ナルシスト」だけど・・・で、Pチャンは絶対ナルじゃなく、仰るように昭和年代のお人ですね。ほら、よく理容室の壁にモデルの写真載っていたでしょう。今でもそんな写真張ってあるんだっけ?昔、小さい頃は女の子でも散髪屋さんに行ってたから、かすかに覚えているんですがPチャンタイプの散髪モデルがいっぱい張ってありましたからねえ。以前誰かさんのブログにもそんなこと書いてあったのがヒントで思いついたような気がします。ひょっとしてタレミミさんブログだったのかな~。最後になんで、彼はあんなにPCS高いの?意味わからん・・・(>。<)

Pは三島的ナルシズムはない。彼はスネ夫的ナルシズム。四回転習得する前のバンクーバーの発言(四回転は必要ない)、四回習得後はジャッジに期待されてる発言(特別待遇享受は当然、四回転死ぬほど練習してた)持たざる時と持った時が180度コロッと(笑)陰湿さはない陽性。

タレミミさん。こんなところで(フィギュアスケートブログでという意味です^^)
沖さん(この画はスコッチかな?)、そしてSHOGUNに出会えるとは!!!
当時のマスコミって役者やタレントが、えげつないくらいに矢面に立たされてた頃で、
その死後も尚、センセーショナルな文言であることないこと騒がれ続けていたなぁ…と
当時、小学生だった私もおぼろげながら覚えてます。

役者として活躍された十数年間、おもに20代の彼の作品を色々拝見するにつれ、
ただ容姿が素敵なだけじゃない、芝居も上手い、色気もある、抑制のきいた声など
こんな魅力いっぱいな 「二枚目」 他にいなでしょうっていう!
とんでもないスケジュールで何役も掛け持ちが続いた結果、肉体・精神とも病に…。
役者という仕事に対して真面目すぎたというか、もう少しいい加減さがあったなら
今60代の彼の芝居も見られたのかなぁと、ただただ残念に思います。

Pさんもそう言う意味では、スケートに対して真面目な選手という気がしますよね。
滑りをとことん磨き上げ、4回転も習得。 
巷でいわれている “ヒトデ” や、体操のような上半身の動きの硬さを自覚し、
コーチ・振り付け師を変えながら努力している。
バンクーバーの頃と比べたら、上半身の動きは柔らかくなってきてますし。

ところでSC終わりましたね。
ただ優勝したチャン選手のスコアより、SA優勝の町田選手のスコアのほうが高い!
2位に羽生選手、3位に織田選手、10位が無良選手でしたが、
フリー&総合のスコアは、羽生選手よりSA4位の高橋選手のほうが高い。
GPSはあと4戦ですが、出だし2戦のスコアの出方からは、
まだまだ流れが読めない感じがします。
SCで嬉しかったのは、ダンスのウィーポ組がSD&FD共にPBを出して2位になったこと!
地元アゲだったからではなく、スケートのレベルが上がってのスコアだと信じたいです。

追伸。SHOGUNってホント気持ちいいサウンドですよねぇ。
ボーカルもメロディーも耳心地のよさが堪りません!
最近、これをエンドレスで流してます。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4076228?ref=search_key_video
あと懐かしい『俺天!』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7459055?ref=search_tag_video
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7471572?ref=search_tag_video
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7458350?ref=search_tag_video
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7458664?ref=search_tag_video
格好良い市松(『必殺仕置屋稼業』)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8265328?ref=search_key_video

超々長文に…失礼しましたm(_ _)m

>ひまわり姫様

>ちょっと、イチャモンつけさせてください。
…許します…存分にイチャモンつけられてもおかしくない内容ですから…(T_T)
>沖雅也にどこが似てるんですか?
自分でもよくわからんのですよ…(号泣
それでも何故か頭に浮かんできてしまったんです…
貼り付けた動画の曲の歌詞のように

 走り出したらなにか答えがでるだろうなんて…

書き出したら何か答えが出るかもしれない…そう思って書いちゃいました。
が…未だに謎です。
>自殺の真相は「これ以上醜く年取りたくない」から若くて美しい今、あの世に逝きたかったんですって。
コレ読むと香港の人気スターだったレスリーチャンの自殺のことも思い出してしまいました…
ただ…
>大ちゃんも「ナルシスト」だけど・・・
コレは私は違うと考えています。一見そう見えますがこの人完全に自分に酔いきれない人間だと思います。
>よく理容室の壁にモデルの写真載っていたでしょう。
これは、わかります!わかります!!(笑)
が、残念ながらそのネタは書いてません。アイデアいただこうかな…(;^ω^)
彼の板前ヘアに似合う曲と衣装を考える企画はやってしまいましたが…
>彼はあんなにPCS高いの?意味わからん・・・(>。<)
I●Uに聞いてみよう!!

>もも様

どうでもよいことですが、なぜそんな可愛らしいハンドルネームで語り口が硬派なんですか?(;・∀・)
面白いので続けてください。
>ラジオ体操の郷愁
コレ、今度ブログタイトルに使おうかしら…Pさんネタで…
>彼はスネ夫的ナルシズム
こんなナルシズムは嫌だ!!…ですね…
>四回転習得する前のバンクーバーの発言(四回転は必要ない)、四回習得後はジャッジに期待されてる発言(特別待遇享受は当然、四回転死ぬほど練習してた)持たざる時と持った時が180度コロッと(笑)陰湿さはない陽性。
…一言でいえば…「お調子者」でしょうか?
ムカツキますが、何処か憎めない奴だと思います。

>まっきー様

なんかイッパイ動画キタ━(゚∀゚)━!
あとでじっくり楽しませていただきまする。(人◕ω◕)ぁりヵゞ㌧㌧♬
>当時のマスコミって役者やタレントが、えげつないくらいに矢面に立たされてた頃で、
>その死後も尚、センセーショナルな文言であることないこと騒がれ続けていたなぁ…と
>当時、小学生だった私もおぼろげながら覚えてます。
私も子供でした。で…何故私がこれをはっきり覚えているかというと
私が体調不良で早退した時にちょうどこのニュースをやっていた(確かワイドショー)からなのです。
彼の大ファン…という訳ではなかったのですが、子供の私にとって
「ちょっと気になるハンサムガイ」
だったと思います。
今顔のキレイな男性は「イケメン」と呼ばれますが(微妙な人も言われますがね…)
私、彼にはこの言葉使いたくなかった。
「イケメン」ってちょっと意味が軽くなるというか…若干の「チャラさ」をも感じさせる言葉なんですよ。
私にとっては。今思うとこの時代の「二枚目」サンは不思議と「チャラさ」ってなかった気がしますね。
それこそまっきーさんのおっしゃる通り今以上に矢面に立たされちゃうからかなあ…
>とんでもないスケジュールで何役も掛け持ちが続いた結果、肉体・精神とも病に…。
>役者という仕事に対して真面目すぎたというか、もう少しいい加減さがあったなら
今で言う…ブラック企業に勤めている社会人みたいな気がしないでもないです…
そのせいかどうかわかりませんが、役柄によって彼の目には時々
「狂気じみたもの」
が映る時があるとも感じていました。
あ…だから目を見開いた時のPさんと何処か重なったのか?(ちがうか…(;^ω^))
>Pさんもそう言う意味では、スケートに対して真面目な選手という気がしますよね。
そうですね…おちゃらけた表情をすることも多いPさんですが、
真面目でなきゃ、あんなスケーティング出来るようにはなりませんわね…
スケカナ男子…まだ一人の演技も見てない状態ですが自爆大会もいいところじゃないですか…
動画…見るの気が引けるわあ…(;_;)
>ダンスのウィーポ組がSD&FD共にPBを出して2位になったこと!
点数、テサモエと大差ついてませんよね?私もそれ楽しみです。

shogun、松田優作の「探偵物語」の主題歌もそうですよね?
何かしばらくスケートそっちのけで昔に浸っちゃいそうです…

先ほど、「大ちゃんもナルシスト」って言ったのは「おちゃらけ番組」の中で司会者が言った言葉です。でも大ちゃんはそれを聞いてにこやかに同意していましたから、ちょっと書いてみただけです(^^)。タレミミさんの仰る通り彼はナルシストではなく、演技構成を高めるという意味で常から「自分は人からどう、見られているか、髪型はどうか、服装は似合っているか、と言う観点から諸中、手鏡を覗いているだけです」っていつか、番組で言っていた記憶があります。あくまでフイギュアスケーターとして絶え間のない努力しているんですねえ。感心しました。俳優さんも同じこと言えますよね。でわ(-。-)

はい、タレミミさん。 『探偵物語』 のOP・EDと、あと劇中にも使われてたはずです。
ご紹介した動画にもしっかり選曲されてますので、どっぷり浸っちゃって下さいね^^

ウィーポ組の動画はこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=BtxdKP5sYOY
http://www.youtube.com/watch?v=LsTHLHS6lX4
http://www.youtube.com/watch?v=QhoK0c3H6oE&feature=youtube_gdata
http://www.youtube.com/watch?v=bvVzaneefOg
http://www.youtube.com/watch?v=mv8Dm1geaxU
(ロシア語解説のFDには、デンスタ組やグリプラ組の名前が聞こえます^^)

今シーズンはSD・FD共に、彼女たちの得意なカラーな気がします。
五輪&世選の銅メダル争い(ひょっとして銀メダル争いも?)に是非とも絡んで欲しいなぁ!

ラジオ体操の郷愁…どうぞ使ってください。
Pは踊り心がない。踊りに馴染みがない昔の日本人みたいでPは比較的改善されても根本的に向いてない。その辺りが昔の日本人、ラジオ体操の郷愁が頭に。シャルウィダンスでどうしても曲にのれない哀愁がアメリカ版にはなかった。彼の演技みると技術的に素晴らしい。腕や足の一振りで音楽を感じせる才能は乏しい。

レスリーチャン懐かしい。君さえいれば、ブエノスアイレスとか見ました。
ブエノスアイレス、体調不良のトニーレオンにご飯作れと強要するビッチな場面にあれだけ自信持って良心の呵責もなくわがまま言えるのはすげぇ!!
最後はパスポートの復讐の報いはうけた。


>ひまわり姫様

競技の性質上、
>「自分は人からどう、見られているか、髪型はどうか、服装は似合っているか、と言う観点から・・・
コレ、大事ですよね。俳優さんなぞ特にそうでしょうね。
Pさんは無頓着なのか?ただ単にセンスに問題があるのか?あまりそういうものに凝り過ぎるとゲイと勘違いされるからああいうものにしているのか?
…謎です。

>まっきー様

またまた…ありがとうございますっ!!m(_)m
『探偵物語』…曲も松田優作も好きでしたねえ…( ̄▽ ̄)
ウィーポ組…ポジェ…イケメンだあ…
(見てるのはソレかい!?)
やはり2トップの壁は破れないかしらん?
(でもメリチャリにも頑張っていただきたい…)
BSでもアイスダンス、放送して欲しいですよね…

>もも様

>踊りに馴染みがない昔の日本人みたいでPは比較的改善されても根本的に向いてない。その辺りが昔の日本人、ラジオ体操の郷愁が頭に。
だから今の時代の若者…というより、70年代あたりの若者っぽいのかな?
>腕や足の一振りで音楽を感じせる才能は乏しい。
ドラム缶に手足ついてる感じの体型故に踊りは余計映えない…という感じもするんですよねえ…
(胸筋と太ももの立派さは惚れ惚れしますけど…)
リーチ短っ…っていうか…腕がちょっと短く見えるんですよね。そこら辺も表現で損してるかも。

レスリーチャンのブエノスアイレスのそのシーン見ました(笑)
トニーレオンの三●由紀夫的ゲイな髪型は勘弁して使わさい…と言いたくなりました。
ビッチなレスリーの為に飯を作る彼の手つきが結構様になっていたので(何か炒飯みたいの作ってましたよね?)
その辺は非常に感心しました。
あの映画、ピアソラとフランク・ザッパの曲ガンガン使ってましたね。
ちょっと其の辺も不思議な映画でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバー五輪のPさんを見て何故か思い出した懐かしい人:

« 在庫切れだとお…?真央本GET出来ず | トップページ | スケアメ~ジェイソン・ブラウン君の戦い方を見てふと思ったこと »

フォト
無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー