« msn産経ニュース[話の肖像画]より―フィギュアスケートコーチ タチアナ・タラソワ(1)~(3) | トップページ | 2002年 ソルトレイクシティ五輪 男子シングル表彰式 »

2013年11月15日 (金)

2002ソルトレイクシティ五輪SPウィンター アレクセイ・ヤグディン動画を見る

2002オリンピック SP ウィンター ヤグディン

久々に見た。

前々回の某国記事のせいだ。

ヤクディ‘おばけステップ’

…なんて魅惑的な言葉が機械翻訳により出てきたせいだ。

見たくなってしまうではないか…

(動画を見ている方々にとっては“お断りしまステップ”なんだろうけどな)

実は私タレミミは「ウィンター(byヤグさん)」厨でもあった。

浅田真央に惹かれ(しばらく「鐘」厨でもあった)

高橋大輔の演技…特に“eye”で「演技に」恋をしたタレミミ。
(更に「道」で完全にハマった。もう抜け出せなくなるくらいに)

それから何故か過去の名選手の演技動画をランダムに見ていたのだが

その中でもこの「ウインター」が気になって仕方なかった。

自分でもなせ「ウィンター」なのか?説明不可能であった。

(ま…好きになるものって…そんなもんサ…)

とにかく…

このプロは新旧採点関係なく私のとっての名プログラムだった。

それなのにブログ始めて…11ヶ月も経ってから彼のこの動画をようやく取り上げることになるとは…

もっと早く取り上げるべきだったんだろうけど

ブログ始めた時はちょうど別のものがマイブームだったんだろうな…(;´▽`A``

ホント刈谷さんの実況やおね…樋口先生の解説(というより演技にウットリしていただけのような気もするが…)

コレも口調を真似しながら再現出来るかもと思うくらいこの動画見てたっけなあ…

下手すりゃ、陸上で踊れるかもしれん。(いや、ホント、マジで!)

アチラの国の人も絶賛(?)していたヤグディ“おばけステップ”“お断りしまステップ”

(というより、おヨナさん褒めるのにテキトーに取り上げただけ…だったような…)

今だとレベル取れない…と言われるけれど良いステップだと思った。

「冬将軍がやってきた」

…という感じで。

解釈違うかもしれんけど。(;^ω^)

冬が来てワーイワーイヽ(*´∀`)ノな部分も。(コレも解釈違うかもしれん)

最初の氷を削る演出も粋である。
(コレは「良い削り」である)

でもね…「難しいことやってない」とも言われるけれど…

バランス取るの下手くそな人がやるとけっつまづいて終了
(あと、トゥステップ苦手な人とか…もいると思うしね)

…になると思うのねん…

今日はここまでに致しとうございます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

レス、ちょっと遅れます。

ごめんね…( ̄◆ ̄;)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

私は「ヤグプル対決」をタイムリーに知ってる訳ではない。

(ソルトレイクシティ五輪の記憶はうっすらしかなく、本田武史を軽~く応援していたと思う。彼の技術と表現は他の選手に劣る部分はなかった…と思っている)

その時ヤグディンについての記憶がなく(何といっても私にとって“男子フィギュア”といえばキャンデロロだったのだ)

プルシェンコの名前とあの鼻と金髪オカッパ(略して金カッパ)姿は印象に残っていて、

ちゃんとフィギュア放送を見ていた訳ではなかったが

「スゲー強い選手」 (プルさんね)

ということは何故か知っていた。

「プログラムの良さ」ではヤグディンに軍配を上げたい。(イケメソだしな…氷上では…)

…というか、プルシェンコ氏のプロに関しては…

「え…この人にはもっと良プロ作ってあげなよ…」

と常々思っていた。

最近の動画、未チェックなれど…

亀プロ、みやけんプロが御蔵入りになってしまったのが残念無念である。

ただ…

「ニジンスキーに捧ぐ」は好きで…

「やけくそカルメン」は挫けそうな時に見ると元気をもらえる動画の一つである。

正直メンショフ先輩か古布団小僧に大舞台を踏ませてあげたい気持ちがあるが

プルさんの「強さ」はやはり侮れぬ。(この人は“巧い”というより私にとっては“強い”人なのだ。)

ロシアの男女シングル五輪選手選考の行方はやはりヒジョーに気になる。
(某国に3枠やるくらいならこっちに回せよ!…と思ってしまうんだな…これが…)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「スケオタあるある」という本をある日立ち読みしてしまったのだが

ヤグディンのファンミの描写部分が気に入ってしまった。
(当時知らないのに参加したくなってしまった)

買おうかな…本、買い控えしてるんだけどね

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« msn産経ニュース[話の肖像画]より―フィギュアスケートコーチ タチアナ・タラソワ(1)~(3) | トップページ | 2002年 ソルトレイクシティ五輪 男子シングル表彰式 »

エフゲニー・プルシェンコ」カテゴリの記事

アレクセイ・ヤグディン」カテゴリの記事

コメント

ヤグ、プル、そのほか、フィギュアといえばソビエト!
と言う時代が本当に好きでした。
絶対日本人には手の届かない、芸術と技術の極みの戦いを
見させてもらってると思っていました。(その戦いに、参戦していた本田選手は、もっと評価されてよいと、思っています。)

今のルールのように、レベルがどうのと言いだして、
選手の個性を演技に出すのが、難しい時代には通用しない選手達かもしれませんが、
私は、この時代の熱さがなつかしいです。

なので、隣の国の女王様の上げ上げ記事の箔づけの為に利用されたのには
はらわた煮えくり返りました。

すみません!お隣さんのことは、おいといて(^-^;
ソルトレイク五輪の表彰式の動画は、おもしろいです!
(もう、ご存じかもしれないですが)
笑います!ニコ動なのですが、コメントがあまりにもはまっていて…。
あーゆう、あからさまな態度とか、嫌いな人も多いかと思いますが、なんかいいんですよ~
メラメラしてて!
もっとやれーーー!って思ってしまう~

yomiさんコメントの動画です。ゲーブルがお気の毒。。。笑っちゃうけど。。。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2299612

ヤグプル時代は伝説ですよね。オンオフでもいろいろあったし、ドラマチックな二人です。
スーパーファイナルも凄まじかった。刈屋さんと五十嵐さんの解説も、よかったです。
私にとって絶対王者は、ヤグプルで、Pちゃんに絶対王者と連呼するマスコミにはイライラしています。あんなにこける絶対王者があるかいっ。きー!ま、私は6.0時代の観客の感覚なんでしょうけど。
私は、ヤグさんだと、革命のエチュードが大好きです。ホント、かっこいいー。ヤグさんで一番リピする動画かも。
プルさんは、残念な編曲がちょーっとありますよね。。。今期のザベストオブプルシェンコなんて、、、最っ強です。。。泣き笑いです。でも、満身創痍の体で、よくぞ戻ってきてくれたな、と胸が一杯です。ファンとしては、感謝です。
プルさんのプログラムだと、黒い瞳、ニジンスキー、トスカ、ゴッドファーザーが特に好きですね〜。EXも、お笑い系(セッボンは赤ちゃんバージョンも外せませんね!)に抱腹絶倒、しっとり系では、トリノEXのトスカとカルーソー、ジュスイマラード、Maybe I, maybe youなんかは、本当に引き込まれてしまう。
そうなんですよ、去年、ミヤケンさん振り付けのロミジュリがお蔵入りになっちゃって・・・これこそ、良プロの予感がして、本当に楽しみだったのに!ミーシンの趣味が、あまり、良くないのかもしれない・・・タクタミちゃんみても・・・。

載せましたよ…次の記事に表彰式…(^_^;)

>yomi様

>ヤグ、プル、そのほか、フィギュアといえばソビエト!
と言う時代が本当に好きでした。
私は「ヤグプル対決」はピンとこない人間ですが、「ロシア(昔ソ連)が凄かった」という記憶だけは何故かうっすらありました。日本も昔「ロシアに学べ!」とばかりに頑張ってきた部分ありますよね?
(小塚君のお祖父様がロシア行ったりロシアの選手呼んだり…というエピソードもありましたっけ。国同士の関係が良くない時期でしたけどね)
>私は、この時代の熱さがなつかしいです。
「ヤグプル時代」に限らず、やはり昔の動画等見ると特に欧米のお客様の「熱さ」が今と全然違うことに驚かされます。そういうトコロ日本のお客様よりハッキリしてますよね。(来季から日本もどうなるか…)
>隣の国の女王様の上げ上げ記事の箔づけの為に利用されたのには はらわた煮えくり返りました。
大体昔の名選手を今の名選手と並べて語ること自体、一歩間違えると「危険」なことでもあるんですよね。語り方によっては角が立ちまくる…しかもこんな取り上げられ方…
表彰式…面白いですよね…(^_^;)嗚呼…人生模様…

>さくら餅様

ゲーブルは確かに気の毒でした…
あんなに可愛らしい笑顔で声援に応えていたのに、二人の何とも言えぬ雰囲気(対決オーラ?)に完全におされてましたよね…(ーー;)
>私にとって絶対王者は、ヤグプルで、Pちゃんに絶対王者と連呼するマスコミにはイライラしています。あんなにこける絶対王者があるかいっ。
今の採点法では間違いなく「絶対王者(笑)」なんですよ、きっと。
私は技術的なものは半端なく素晴らしいと思うし感心するのですが、「絶対王者」と呼ぶには何か欠けている気がしてならんのですよ。それは「芸術性」かもしれませんけど。(私も6.0時代の影響からまだ抜け出せていない部分あります)
>私は、ヤグさんだと、革命のエチュードが大好きです。
私もそれ好きです。あの演技の裏側の話を読むと更に感慨深いものがあります。
プルさんはねえ…(ーー;)(嗚呼…亀・みやけんプロ)
やはりミーシンのせい…というのも大きいのかしら?
宅民ちゃんのマンボも…アレ面白いけど一歩間違えるとイロモノになっちゃいますって…_| ̄|○

タレミミさん、有り難うございます!!タイムリー過ぎます!!
前記事の余韻で、「おばけステップ」見たくなったところでした。

当時、テレビで観戦中、隣で見ていた母が「素敵な人ね…。」って。
あまり、普段から、そういうことを言わない人ですが。
いろいろ日常生活では意見の衝突が多かったけれど、
そのときだけは珍しく「でしょ、でしょ。」と一致した二人でした。

こんにちは。
例の記事はヤグとジュベ好きな私にはどこからどう突っ込めばいいのかわからない代物でした(^_^;)

私もフィギュアといえばソビエト!時代好きでした。
それこそ色々ありましたけど、2人とも絶対的な実力と魅力の持ち主でした。
女子ではクワンも良かったけど私は断然スルツカヤ派でした。
男子は父が「プルもすごすぎだけど、ヤグの繊細さが好き」とか言って見てたのを横から見てた記憶の方が強かったりします。
ヤグディンと高橋大輔を担当したモロゾフ、ヤグディンと浅田真央を担当したタラソワは試練も多いけど、それ以上に幸せ者です。
本田君がもっと評価されるべきという点も大賛成!

ウィンターは今のジャッジがどうとか言うのは野暮ってほどの芸術性と求心力がありますよね。
チャンは素晴らしい選手ではありますが、「絶対王者」という名称でヤグプルを思い浮かべるファンは未だに多いと思います。好き嫌い以前に有無を言わせないものがありました。

彼らはフィギュアに全く興味がなかった弟を、EX動画だけで「ヤグプルのファン」にしてしまうような途方もない魅力があります。あ、その後演技動画もずいぶん見てましたよ(笑)

エントリー違いになりますが、ナンデス君ではなくオーサー・ウィル姐の組み合わせはジャンルを問わず、正統派の表現で堂々と勝負、が苦手なのかもしれません。
007ファンの友人はヨナのボンドガールが苦手で、あれは007やボンドガールをバカにされているようで不愉快だと言っていました。
ジュベやロシェット姐さんを見せたら、こちらは悪くないとのこと。
(ジュベのが突っ込み所満載なのはわかっています;)
これ、最新シリーズファンの私もなんとなく同意見なんです。

彼らは「あえて」そこらへんを狙っているんでしょうけど、今年のナンデス君の振付は…もう有香さんのとこに行けば良かったのに!(あのご夫婦は一体何人見ているのだろう)とかファンでもないのに思わずにはいられませんです。

ウィンター動画、ありがとうございました。

>青海様

私も「おばけステップ」がどうしても見たくなって…
(いやあ…しっかし…あの記事はいろんな意味でスゴイです…)

お母様を大事にしてください。(^ω^)

>りほ様

>ヤグとジュベ好きな私にはどこからどう突っ込めばいいのかわからない代物でした(^_^;)
なんというヤグヲ!(…でもないか…)
ホント、どうツッコミを入れて良いのか?と同時にツッコミだらけのような…
ホント何とも言い様がない記事です。
>私は断然スルツカヤ派でした。
分かります。が、「ロシア」とか関係なく、彼女の雰囲気が好きでした。
>「プルもすごすぎだけど、ヤグの繊細さが好き」
ヤグさんは男臭い演技をする人だ…と思うのですが、いかにも「男!!」というのを強調するでもない雰囲気なんですよね。う~ん…D高橋もそうだけど彼の演技動画を巡る旅にもなりそうだア…
>ウィンターは今のジャッジがどうとか言うのは野暮ってほどの芸術性と求心力がありますよね。
そうなんです。もう…ホント私、「ウインター厨」でしたもの。
ルールがなんぼのもんじゃい!…と時代超えて「良いものは良い」んですわ。
>彼らはフィギュアに全く興味がなかった弟を、EX動画だけで「ヤグプルのファン」にしてしまうような途方もない魅力があります。あ、その後演技動画もずいぶん見てましたよ(笑)
ヤグプルのみならず、特にロシア選手ってユニークなEX多いんですよね。(今のロシアっ子達もそれを引き継いでいると思います)
>ナンデス君ではなくオーサー・ウィル姐の組み合わせはジャンルを問わず、正統派の表現で堂々と勝負、が苦手なのかもしれません
言われてみれば…そうかもしれませんね。面白い見方ですよ、りほ様。コレは。
>007ファンの友人はヨナのボンドガールが苦手で、あれは007やボンドガールをバカにされているようで不愉快だと言っていました。
>ジュベやロシェット姐さんを見せたら、こちらは悪くないとのこと。
>(ジュベのが突っ込み所満載なのはわかっています;)
とんでもない!私、ジュベの007大好きですよ!(仕事出来なさそうなスパイに見えますが…(^_^;))
ユニークな振付でした。モロなんですけどね…(;´д`)でもこの時期のモロはイケイケだった気がします。
友人の方はなかなか厳しー!(実は私も昔007ファンでした。ここ数年ちょっとさめてきてますが、今のダニエル・クレイグ氏はハードボイルドで良いと思います)
アレはボンドガールを馬鹿にしていたのではなくて、おヨナさんが五輪の舞台や他の選手を馬鹿にしている(または舐めている)のがそのまま出ていたのではないかな?…と思います。
なんです君は…他のトコロ行けばまた伸びる可能性もあるのかもしれませんが、
「表現したい」とか「(カッコイイ)俺を見てくれ!」のような熱があまり感じられないのがちょっと気になるんですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« msn産経ニュース[話の肖像画]より―フィギュアスケートコーチ タチアナ・タラソワ(1)~(3) | トップページ | 2002年 ソルトレイクシティ五輪 男子シングル表彰式 »

フォト
無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー