« ロシア杯女子シングルSP動画と結果 | トップページ | Jバトルの呟きを見て…【追記有り】 »

2013年11月25日 (月)

ウンザリする「大人の演技」という言葉

「大人の演技でないと点が出ない」

という言葉というか雰囲気がいつの間にか今の日本のフィギュア界にあって

(というか俗っぽい増塵限定なのかもしれんがな…本当は)

私は

「そんな馬鹿な…」(゜д゜)

と思っていた。

茫然とし

例の如く

ムカついた。

だったらマチュアな選手を抑えて五輪金をかっさらっていった少女選手達は何なんだよ?

…って話になるぜえ…

その時代が黒歴史だった訳ではあるまい。

そして今回のロシア杯の優勝者おリプことユリア・リプニツカヤ選手。

彼女は確かに「子供らしさがない」雰囲気の女の子だが

今回のSPフリー共に今の彼女の年齢だからこそ出来そうな

そして

今の彼女の持ち味を活かしたプロになっていた。

無理に「大人の演技~」を押し付けられてるような印象もなく

私は好感を持った。

逆に痛々しく感じてしまったのは今ロシア杯でSPがふるわなかった村上佳菜子ちゃんだ。

(でもフリー、よく頑張りました!もっと点くれよ!( (≪●≫) )Д( (≪●≫) )…でした)

増塵やスケート関係者がいう「大人の演技」

コレは主に某国の女王様を我が国の魔王より持ち上げようとするための方便のような気がして

私はその言葉がTVなどで流れると

「ウサンクセーな…」

と思っていた。

我が国の魔王は小賢しい「大人の演技」なんてモンで測れないトコロにいるんだよ!馬~鹿!!(# ̄З ̄)

と鼻ほじりながら(キタネー!)思っていた。

その「大人の演技」という言葉

どちらかというと我が国の魔王より下の世代の子に良くない影響を与えている気がした。
(魔王は結構マイペースな方でもある)

下手すりゃ「呪い」のようにも思える。

たまにまだ小さい選手に無理に「大人の演技」をさせてるようなものなぞ見てしまった日には

複雑な思いに駆られてしまっていた。(昔からそういうのはあったのかな?)

そんな…無理することないんだよ…と。

勿論子供なのに色気あったり、それこそオトナな雰囲気を持っている子もいるだろうけど

ま…それはその持ち味活かせば良いやね。
(それはそれで足を引っ張ろうとするのもいそうだけどね…もう、そういうのしょーがないね…)

そして下の世代の中でもGPSにも参加していることもあり露出も多い

魔王の妹分でもある村上佳菜子ちゃん。

ここ数年の試合前後におけるインタビューなどで

「大人の演技を~」という台詞。

彼女が言うのを何度か耳にした記憶がある。

それを聞くたび私は何故か

胸を突かれるような思いをすることもあり

シニアデビューの時に周囲の大人に色々言われたのか何なのか分からんが
(何か…ネットも結構チェックしているらしいな…それは程々にした方が良いと思った)

私はそれがスッゴク気になっていた。

確かに「こうした方が良くなるよ」なごもっともな意見も多いと思うが

そうでないものも多数だからな…(^_^;)

そしてここんとこ「大人の演技」を意識しすぎていた為か

元々彼女が持っていたはずの

弾けるような明るさがいつの間にかなくなっていて

(特に今回ショートの演技!アレは彼女の持ち味がもっといかんなく発揮されて良いものだろう)

私は少なからずショックを受けてしまった。

その時は色々調子が悪かったのだろうし

五輪シーズン故のプレッシャーもあったのだろうけど

(滅多にお目にかかれないアクシデント(×2)もあった)

もうあの頃の彼女じゃない(大人になったっちゅうこと)ということなのかもしれないけど

それだけではないんじゃないか?…と。

いや…シニアデビューから今までのシーズン、幅広いジャンルを滑ろうと心がけていたことは理解するし

その中で良い作品もあった。

それは良いんだ。

ショートの曲

シニアデビュー時の彼女を思わせる得意分野だろうと思っていたのだが

どこかしっくりこない

そんな雰囲気があり

私にとっては意外な展開になった。

得意部分を見せつけるのを躊躇しているような印象まで持ってしまった。

シニアデビュー時の彼女は樋口美穂子先生による振付で

SP ジャンピン・ジャック

FS 映画『マスク・オブ・ゾロ』の曲

【注】動画コメがうるさく感じる方は下右側の「コメント表示しない」ボタンを押してNE☆

【イタリア版】 2010 村上佳菜子 NHK杯 SP:Jumpin'Jack

当時「表情つくりすぎ」なんていう嫌なジジイのコメンテーターがいたが

彼女の魅力が溢れていたプロだったと思う。

(私は「ゾロ」結構好きでした)

【イタリア版日本語訳】2010 村上佳菜子 Skate America FS:マスク・オブ・ゾロ

元気と若さが溢れたプロ

結構じゃないか。

何が悪い
(タレミミは酔っ払った草な●剛君みたいに時々叫びたくなるのサ。特にフィギュア関連の話題に触れるとな)

技術と表現がそこそこしっかりしていたら
(今技術がちょっと危うい感じなのも…また…気になるんだがな)

あとは自分の持ち味上手くプロに反映させればいいのサ。

若くして彼女も引退を考えている

…なんて話もあるようだが

それならば尚更開き直ってハジケていただきたい。

元々勝負弱い子じゃないんだしサ…

ホント周囲の大人達に言いたい。

変に「大人の演技」なんて抽象的なもので選手縛るのはやめろよな

…と。

「まやかし」の臭いがするんだよ。

特に日本の増塵で使用される時には。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

「大人の演技じゃないから点が出ない」

んじゃない。

アチラの都合で上げもするし下げもする。

日本の指導者は変なトコロに真面目で「お上」に一生懸命合わせようとするんだろうね。

(その辺露西亜は結構清々しいくらい自国流を曲げないトコロがある)

これからも優秀なフィギュア選手を輩出しても

やはり日本が世界の中心になることはないんだろうな…

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

大体「大人の演技」なんて…

もっとBBAになって歳を取ってからいくらでも出来るじゃないか?

ってのは言い過ぎ?

(まあ、競技生活は…人生の中でも短い期間なんだけどね)

若さへの嫉妬?

(私も意地が悪いカナ?)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« ロシア杯女子シングルSP動画と結果 | トップページ | Jバトルの呟きを見て…【追記有り】 »

村上佳菜子」カテゴリの記事

ユリア・リプニツカヤ」カテゴリの記事

コメント

タレミミさん、仰せごもっともでございます。

今日、偶然、宮原さとこちゃんがインタで「もっと大人の演技が
できるようになりたい」と答えている動画を見たのですが、
「いやいや、さとこちゃんはそのままの演技でいいから、
その清楚さを失わないで!!(つか、彼女にまでそんなことを
言わせるとはっ!!)」とPCの前で突っ込んでしまいました。

>青海様

え!?Σ(゜Д゜)
いや…知子ちゃん…
貴女のはちゃんと「大人の演技」になってますって…
そう言いたい!(叫びたい)
小柄な為損してる部分あるとは思うけど
本当に何なんだ?選手たちにそんな台詞言わせてしまう状況って…

タレミミさん、いつも楽しくロムさせていただいています。
大人の演技、本当に、もう!って感じですよね。
本来は、真央選手や、荒川さん、コストナー選手等の様に、美しく磨き上げられたスケーティング技術から成り立つものであるべきなのに、どっかの誰かというか、うっふんあっはんな演技を大人の演技と間違えてるマスコミの罪。
マジ、いいかげんにしろよ!!あほやで!!って感じです。
私的には、真央選手が、自分の年齢をうまく重ねながらの演技が本当に好きなので。
表現するということは、自分の中に持っているものから出てきてこそ本物。
変に背伸びしたり、しなを作ったりって、頭が痛いばかりです。
知子ちゃんの発言も、だからこそ、色気、艶とかじゃなくて、そういうことであってほしいって思っています。

お久しぶりです。歯医者の待合室でタレミミさんの記事を読みながら、うんうん頷いていました。各々の個性にぴったりと合った、プログラムで伸び伸びと演技していたロシア娘、真央ちゃんのIgotや今シーズンのノクターンなど、年相応の良さがありますよね。色気とか大人っぽさって、無意識に溢れ出てくるものであって、ここぞとばかりにアピールされても、見ていて気持ちの良いものでは…(真央ちゃんの鐘や今期のラフマニノフは、彼女が抱えた重圧やプレッシャー、隣国からの妨害など様々なマイナス要因を芸術へと昇華させた、恐るべき作品だと思います)…すみません、抜歯して、よくまとまりません…あと、私の中で、あれが台頭してから、大人=安定=予定調和の演技っていう図式が出来てしまった。子供っぽい=革新的とは言わないけれど、真央ちゃんが3Aにチャレンジする姿に感じるワクワク感が、ロシア娘に引き継がれているようで、GPFが本当に楽しみです!

記事を書いたり、番組を作っている人の感性は、わたしとは大きく違うし、おそらく愛するものに対する知識もわたしのほうがあるわ!と思うことにしている今日この頃です・・・ブログを書いていらっしゃる方々の記事のほうが、おそらく1000倍も価値あると思われ・・・

ところで、ほんとに、大人の演技って何さって話で、私はフィギュアスケートの醍醐味を、真央ちゃんの昔のノクターンとおリプのシンドラーのリストに感じるのですわ。この時の、この人でなければ、存在しえないプログラム。他の誰も、年月を経てしまえば自分でさえも、表現しえないプログラム。こういうものが存在するのは、フィギュアスケートだからこそだと思います。

大人の演技はBBAになってからで、いいのですよ!タレミミさまがおっしゃるように!今回のおリプさまの高評価で、日本のコーチ陣や、スケ連(あまり期待していないが)も、軌道修正する方向へ行ってくれたらいいのにと思います。マスコミには全くもって期待していません。彼ら、ほんとにバカですよ、そして、彼らにとってスケートは金を生み出すコンテンツの一つであって、競技も選手も愛しちゃいないのですからね。

「大人の演技」なんて自分にまだないものやわからないものを探しちゃダメ!
自分をもっと出すこと。それだけ。
「これを見て」「自分を解って」「勝ちたい」
何でもいい、「伝われ」って外に出して。
媚びた猿まねは馬鹿にされるだけ。独自のものを堂々と出さないと。
それはロシアがアメリカに行ったってそう。
オリジナルな、他のどこにもないもので切り込んだからこそ、みどりは風穴を開けられた。
ハミルトンなんかの北米系の主張に沿うものでもあったろうけど。

>日本の指導者は変なトコロに真面目で「お上」に一生懸命合わせようとするんだろうね

彼らの世代には無理。
とにかくプリンスの総裁に言われるとおり、言われるままにしてきたんだから。
反骨精神はどこにいったのか解らない。内へと向かわずに外に向けて。
まっちーの侍の目。挑む目。それがなきゃダメ。

発想が鹿鳴館!

主義主張をぶつけ合っている中に割って入って、
「師範に認めていただこう」でも
「お客様に買っていただこう」でもないんだ。
プレゼンなんて、自分の主張。「説明」ではないのよ。
あせって、ばらばらになりましたが。三つつながっています。

佳菜子ちゃんは今シーズンの選曲、やっぱり「大人っぽい曲」をかなり意識して選んだようです。ショートも「ジャンピン・ジャック」よりは大人っぽい、と表現していました。フリーも「キャッツ」と迷って、「キャッツ」のほうが「子供っぽい」ということで満知子先生と樋口美穂子先生の意見もあって大人っぽい「愛のイエントル」にしたそうです。
ショートはやっぱり自分の持ち味は元気な演技ということで選んで、振付師にもみんなが笑顔になっちゃうくらい楽しく演じてと言われたそうですが、緊張がモロに顔に出ていて、楽しそうには見えないです。
フリーは、アチラの人に『合わない認定』されてるんじゃないかな?と感じます。ロシア杯のフリーは得点が出た時、「低ッッ!」と思いました。「ノーミスなのに!」と思いましたが、PCSで6点台が3つもあって、合わないってことにされてるんじゃないかな?と思っています。(一番滑走だったからという意見もありましたが)
ソルトレイクシティ五輪のスルツカヤのフリーの芸術点が予想外に低かったことに関して、五十嵐文男さんが「トスカ」のような重厚な曲が彼女に合っていないからじゃないかと分析されてました。スルツカヤの持ち味はやはり、はつらつとした明るさだから。ということらしいです。ちょっと最近の佳菜子ちゃんとかぶるとこありますよね。
先生たちまで五輪に子供っぽい曲は難しいと考えてるところがあって、(何が難しいのか?やっぱりPCSが伸びないと思ってるのかな?)元気でかわいい佳菜子ちゃんが好きな私もやきもきします。
振付の手直しとか、佳菜子ちゃんの気持ちの持ち方とかで大きく変わることを期待してます。

もうまるっと全面同意させて頂きます!
佳菜子ちゃんに関しては数年前から皆がなんとなく感じていたことだと思います。
コーチ陣の問題でもあるんだけど、「大人の演技」って一体なんじゃい!
マスゴミもアホの一つ覚えみたいに繰り返すなら、説得力のある言葉で説明するべきです。
(そんなことが出来ればマスゴミなんて言われなかっただろうが)
技術が伴っていれば(佳菜子ちゃんはアラもあるが、去年までは安定感があった)、
年相応、その選手相応の魅力や実力を引き出せるプロをファンは見たいです。
そして、それを公平にジャッジしてくれればファンの不満の9割はなくなるはず。

なぜそんなシンプルなことが出来ないんでしょう。
大人の演技をきちんとしても、点数は出したい選手にしか出ない。
ロステレコム杯女子のジャッジは、久々に旧採点時代のえげつない米露sage合戦を思い出させました。リプ本人はとてもいい選手なのに。
ただあの頃は少なくとも匿名性ではなかったので、初めてフィギュアをテレビで見る人にも何が起こっているか理解出来たのです。ぶっちゃけるとそうされると一番困る人達がKY陣営ってこと。

私もJJもゾロも好きでした。どちらも彼女にしか出来ない感満載でした。
佳菜子ちゃんが真央ちゃん引退発表?のすぐ後に「ソチで満足出来たらやめる。続けたとしても1~2年」と割とさっぱりした顔で言ってる動画を見て、すごく切なくなりました。
それにしても日本若手女子の点の出なさよ。サポート体制悪すぎです。

荒川さんもトリノまで波乱万丈だったことだし、佳菜子ちゃんがソチで素敵な演技が出来ることを願っています。

「大人」って、なんですかね?
世の中の女性たちは、せっせとアンチエイジングにいそしんでいるというのに…。
フィギュアの世界では、真逆なんですね…。

その年齢でしか出来ない表現があり、そこをうまく使って一気にトップにのしあがったのが
羽生君じゃないかと思っているのですが…。(もちろん技術がとび抜けていたのが大前提)
16歳から17歳にさしかかる繊細な年齢でしか表現できないロミオは、今、同じものを
演じようとしても、羽生君にも、もう出来ないと思うのです。

タレミミ様もおっしゃるように、今シーズンのリプニツカヤが良い見本です。

でも、荒川さんが2,3年前の対談で、
「若い選手は勢いがあり、ジャンプも軽々飛んですごいけど、大人の味のある演技はできない…なんたら…」と言っていたのを思い出しました。
大人の味ってなに?若い勢いが大人の味にはかなわないって言いたいん?
と、突っ込みたくなったのを思い出しました。(なんとなく、言いたいことはわかりますが、若者への嫉妬にしか聞こえない…)


熟練した技術を大人の演技というのなら、納得ですが、
どうも、表現の仕方のことを「大人、子供」と言いたがっているようで、気持ち悪いですよね…

それを考えると、先シーズンの真央さんのプロはショート、Exともに、真逆を行っていたにも
かかわらず、しかも、真央さんの年齢の女子が演じるには、下手をしたら痛い感じになってしまいそう
な物なのに、あんなに爽やかで、かわいらしく、自然に演じて…
若い選手が背伸びした演目をするよりも、数段難しいのじゃないだろうか…。

真央さんでなきゃ無理でしょうね…。

増塵の言う「大人の演技」と言うのは多分・・・的な期待を込めているように思います。でも、フイギュアに求める「大人」と言うのは男女間の経験がある、なしに関わらず「技術を伴った上での洗練された演技と表現力」があってこそ、人に感動とセクシーさを持って讃えられるのではないでしょうか?魔王は苦難を乗り越えてようやく、今の年齢に追いつき女性から見てもセクシー溢れる演技に到達しているんですものね。宮原さんも佳奈子ちゃんも選手としての苦難を一杯味わえば必ず「大人の演技」が自然に生まれてきますよ!がんばって~

タレミミさんに全面同意です!

発想が鹿鳴館、という何方かの言葉に笑うと共 に、 こんなに若者達が一生懸命やっても馬鹿にされ て笑われてたらと思うと想像だけなのに心が痛いです。

大人の演技は、大人がやればいいんです。
大人には出来なくなった時を演じることが、強みだと思うんです。
皆同じ髪型、同じような服、と言われるように、皆が同じような大人の言う『大人っぽさ』へ固まろうとがんばる。
そもそも大人っぽさって何さ?明子さんの大人の演技と、真央ちゃんの大人の演技と、そして、かなこちゃん、さとこちゃん、それぞれ個々あって然るべき!
しっとり色っぽいのが大人なんじゃないし!

個性を伸ばせないと、最初はよくてもいつか自分がわからなくなると考えてます。
一般人でもそうなのに、表現者にはもっと大変だと思います…

不思議と男子はあまり大人のとか言われない気がするんですよね。
やっぱりアヤツの影響なのか?

表現やキャラの引き出しが1つとか極端なのは不味いけど、

本来の力を隠すくらいなら元も子もないなぁと思ってしまいます。

初めてコメントさせていただきます。
いつもはROMっているのですが、楽しくブログを読ませていただいています。

タレミミ様のおっしゃるとおりだと思います。
皆様も書かれていますが、一般的に言われている「大人の演技」のとは何かが私にはわかりません。
増塵の言う「大人の演技」とはセクシーと称賛される某隣国の女王様の演技を指しているようにしか
思えないのですが・・・。大人=セクシーだけではなく、多様であっていいのではないでしょうか。

今シーズンの佳菜子ちゃんのSPの曲は元気がいいのに表情が硬くて、不安を抱えたまま滑っているのが
わかるので、見ている方が辛くなります。全日本では気持ちを切り替えて頑張ってほしい!実力を出して
五輪出場の切符を掴んでほしい。

大人っぽくなくても、選手の年齢や個性に合ったプログラムで素晴らしい演技をしてくれたら、
私は何度でも観たくなると思います。真央さんの昨シーズンの「I Got Rhythm」は彼女の魅力を
最大限に引き出した素敵なプログラムで、お気に入りの一つです。

タレミミさんが放送ではかつて聞いたことのないような「マチュア」という言葉を使って表現されたけれど、メディアに携わる方々、恥ずかしいくらい語彙が少ないと思うんですね。

「大人っぽい」範疇だって、「清濁併せ呑んだ」とか「人の心の機微を知る」とかまで行かなくとも、「緻密な・余裕のある・落ち着いた・客観的な・視野の広い・エスプリを効かせた・小粋な・ほろ苦さのある・心の襞を表す・(女性が)ハンサムな・成熟した・・・」とか色々な「大人っぽさ」があるし、「子供っぽい」範疇でも、「清楚な・清冽な・フレッシュな・清々しい・瑞々しい・透明感のある・一生懸命な・エネルギッシュな・疲れを知らない・ハジケた・青い・おきゃんな・おてんばな・青竹のような・・・」などいくらでも出てくると思うんです。
そもそも「大人っぽい」と「子供っぽい」の中間にも色々な表現があり、大人も子供も超越した表現だってあるはずで。

欧米選手に比べて年齢より幼く見られがちな日本人だから気にし過ぎてしまうのかもしれませんが、プログラムは無限なのだから、コーチの方達も色んな導き方をして欲しいと思います。表現って一方向しか見方がないような浅いものではないはずですものね・・。
大体「大人っぽい・子供っぽい」と「妖艶な」しか無いような、または意味不明に言葉遊びをしたポエムしか無いような、まことにお粗末なのはメディアの方々の「表現力」ですよね。

>いおりん@はじめまして?かな?様

もしかしたらはじめましてじゃないかもしれませんが(^_^;)いらっしゃいませ。
ええ。「本当に、もう!」この一言で済む内容なんです。
>本来は、真央選手や、荒川さん、コストナー選手等の様に、美しく磨き上げられたスケーティング技術から成り立つものであるべきなのに、どっかの誰かというか、うっふんあっはんな演技を大人の演技と間違えてるマスコミの罪。
…乱暴にまとめると「増塵は場末感がお好き」でいいんですかね?
そうですよ。あくまでもスケーティング技術あっての表現っス!
真央ちゃんを貶めたい為にやったのかもしれないが、「墓穴」という言葉が浮かんでしまいましたわ。
知子ちゃんのコーチは以前真央ちゃんのジュピターを見て
品のある表現を褒めていらした記憶があるので…頓珍漢な指導はしていないと思われます。

>さより様

>歯医者の待合室で…
何故かツボにハマりました。
アピールすること自体は別に良いのですが、某国の女王様みたいにやらないと…な風潮は明らかに間違いだと思うし
そういう空気に誘導する雰囲気が気に入らないのです。
せっかく良い表現持った選手が何人もいる状態なのに!もったいないです。
大体真央ちゃんが「子供っぽい」っていうのも捏造や誹謗中傷に近いですわ。
(確かに少女心を多分に持ってますがね)
>あれが台頭してから、大人=安定=予定調和の演技っていう図式が出来てしまった。
しかもワンパターン…見てて面白いか?…ですよ。
来季からはやはり恐露西亜時代になるのかなあ…

>わんこ様

>ブログを書いていらっしゃる方々の記事のほうが、おそらく1000倍も価値あると思われ・・・
流石にそうとも言い切れません(笑)
ブログは…しかも知名度無い人間は好き勝手書けますからね(ある程度は)
ただ、そういう「業界」におられる方々は私たちより選手の間近で色んなものを見聞き出来る。
それをもっと有効活用していただきたいトコロ。
色々しがらみあるのかな?…ま、この辺でやめときましょう。
>ところで、ほんとに、大人の演技って何さって話で、私はフィギュアスケートの醍醐味を、真央ちゃんの昔のノクターンとおリプのシンドラーのリストに感じるのですわ。この時の、この人でなければ、存在しえないプログラム。他の誰も、年月を経てしまえば自分でさえも、表現しえないプログラム。こういうものが存在するのは、フィギュアスケートだからこそだと思います。
…激しく同意致します!
>今回のおリプさまの高評価で、日本のコーチ陣や、スケ連(あまり期待していないが)も、軌道修正する方向へ行ってくれたらいいのにと思います。
私、そうなったら軌道修正とかではなく、「露西亜に学べ!」という方向になると思います。

>blueberry様

熱く語られますね…
>媚びた猿まねは馬鹿にされるだけ。独自のものを堂々と出さないと。
とはいえ、経験少ない時や自分を掴みきれない時は「良い」と思ったものを真似てみるのも手ですがね。
(過去の名選手へのオマージュやリスペクトを込めて…というのもあるでしょう)
>オリジナルな、他のどこにもないもので切り込んだからこそ、みどりは風穴を開けられた。
過去の演技の動画見て驚くのは、アチラの国のお客様の熱狂ぶりです。
「6.0」のフリップを持った観客の姿も印象的でした。
>とにかくプリンスの総裁に言われるとおり、言われるままにしてきたんだから。
そうでした!その方の存在を忘れていましたが、その後の凋落…人生って分からないものです。
>まっちーの侍の目。挑む目。それがなきゃダメ。
高橋大輔とそれ程年齢が離れている世代…という訳じゃないですが、町田君も今までの日本人選手になかったタイプですよね。(羽生君は勿論)でも昨季と比べて、今季の演技の良さのみならず、キャラまで異様に濃くなったのは何でだろう?(^_^;)

>名無し様(頼むから名前書いてちょ。場合によっては名無しのコメは反映前に削除させていただくこともあります。良いこと書いていてもそれじゃもったいないです)

次の名無し様と同じ投稿者さんですかね?

映画「鹿鳴館」の中の、浅丘ル●子演じる公爵夫人の
「よござんす、私を殺してからお行きなさい!」
という台詞を思い出しました。
フィギュア関係ねえ…( ;∀;)
プレゼンは日本人が苦手なトコロ・・・
でも東京五輪招致では頑張りましたよねえ…

>doroshi-様

佳菜子ちゃん…というか彼女の陣営はそれ程「大人っぽい」にこだわっていたのですね。
何か複雑です。「キャッツ」でもいいじゃないか…元気ハツラツオロ●ミンCでもいいじゃないか…(え?コレ違う?)
>緊張がモロに顔に出ていて、楽しそうには見えないです。
そうなんです!今回、衣装が白黒だったこともあり、音楽なければお葬式だよ!…と思っちゃいました。
あそこまで楽しくなさそうな佳菜子ちゃんって初めて見た気がします。
何か調子がドウタラいうよりも別の根本的な問題があるんじゃないか?…って思いました。(…で、この記事書きました)
>ソルトレイクシティ五輪のスルツカヤのフリーの芸術点が予想外に低かったことに関して、五十嵐文男さんが「トスカ」のような重厚な曲が彼女に合っていないからじゃないかと分析されてました。スルツカヤの持ち味はやはり、はつらつとした明るさだから。ということらしいです。ちょっと最近の佳菜子ちゃんとかぶるとこありますよね。
…確かに…スルツカヤはロシア選手ながら、現在のロシアっ子の誰とも被らない魅力の持ち主でしたねえ…
(荒川さんが金メダルで嬉しかったのですが、スルツカヤにもあげたかった気持ちあります。金メダル)
>振付の手直しとか、佳菜子ちゃんの気持ちの持ち方とかで大きく変わることを期待してます。
もう開き直れ!!…です。

>りほ様

>マスゴミもアホの一つ覚えみたいに繰り返すなら、説得力のある言葉で説明するべきです。
>(そんなことが出来ればマスゴミなんて言われなかっただろうが)
はい。その通りです(笑)それが出来れば今現在ファンから採点についてアレコレ突っ込まれませんよねえ…
>それを公平にジャッジしてくれればファンの不満の9割はなくなるはず。
その「公平」というのがクセ者でして…どう転ぼうが完全な公平というのは存在しないと思うんです。特にこの競技。ただ、「もっと見た目通りに!」とは思いますよね。
>大人の演技をきちんとしても、点数は出したい選手にしか出ない。
そう。だから、あくまで「大人の演技でなけりゃ~」というのは方便に過ぎぬと思うのです。
それに踊らされちゃダメです。勿論傾向と対策…というのはあるのでしょうけどね。
>久々に旧採点時代のえげつない米露sage合戦を思い出させました。
想像つきます…(;^ω^)
>日本若手女子の点の出なさよ。サポート体制悪すぎです。
昨季のジュニアワールド見るとそう思います。日本女子強かった時期長かったですから…
「次、ロシア女子の時代ね」とアチラサンが決めて持ち上げているとしたら腹立ちますわ…ホント。
(実際強いんですけどね)

>yomi様

>「大人」って、なんですかね?
>世の中の女性たちは、せっせとアンチエイジングにいそしんでいるというのに…。
ホントに…まあ、西洋だと日本より「早く大人になれ」ということを要求されるということもあるんですがね。
(「淑女になれ」ということなんでしょうがね。何か今の日本だと別の意味になっちまってるのが引っかかるトコロ)
羽生君の「鉄砲玉ロミオ」は確かにあの時期でなきゃ生まれなかったものでしょうね。
おそらく今の時期にEXとかアンコールで演じても「あの時期」の熱狂を生むのは無理ですね。
>でも、荒川さんが2,3年前の対談で、
>「若い選手は勢いがあり、ジャンプも軽々飛んですごいけど、大人の味のある演技はできない…なんたら…」
荒川さんったら…自分より若い人間を立てるのが下手なトコありますね…(;^ω^)
(解説ってそういうことも求められるモンだと思うのですが…)
>熟練した技術を大人の演技というのなら、納得ですが、
>どうも、表現の仕方のことを「大人、子供」と言いたがっているようで、気持ち悪いですよね…
いやらしいニュアンスを含んでしまうのはその辺のせいです。
>それを考えると、先シーズンの真央さんのプロはショート、Exともに・・・
この辺完全同意します!
熟練のスケーターなら誰でもこなせる…という種の仕事ではないことは確か!

>ひまわり姫様

>増塵の言う「大人の演技」と言うのは多分・・・的な期待を込めているように思います。
「俗っぽい」意味合いを含むどこかいやらしさが漂ってしまう…
本来のフィギュアスケートのあるべき「大人」とはちょっと違うと思うんですわ。
あとね…佳菜子ちゃんもそれ程子供っぽいと思わないし…
知子ちゃんはすでに「大人の演技」が出来てる人だと思うんですわ。(落ち着き過ぎなくらいだと思います)
ただ、体型とか表情で損しているトコロはあると思います。

>ゆい様

私は日本フィギュア状況、「幕末」と重ねてしまうことがあるのですが、「鹿鳴館」は傑作な例えです!
「西洋に学べ!」というヤツですかね?
>こんなに若者達が一生懸命やっても馬鹿にされ て笑われてたらと思うと想像だけなのに心が痛いです。
余程心無い人以外は彼女たちを笑うことはないと思いますよ。
ただ、この競技自体色々影で言われてそうだな…と思います。外部から。
>そもそも大人っぽさって何さ?明子さんの大人の演技と、真央ちゃんの大人の演技と、そして、かなこちゃん、さとこちゃん、それぞれ個々あって然るべき!
・・・それが当たり前なんです。
>しっとり色っぽいのが大人なんじゃないし!
最近の女子シングル選手のEX,そういうパターン多くてちょっと飽きます。
(その辺、ロシア若手女子はEXも結構頑張っていると思います)
>不思議と男子はあまり大人のとか言われない気がするんですよね。
>やっぱりアヤツの影響なのか?
それだけではなくて…世間の注目度の高さが関係しているでしょう。
それにやはりこの競技、そしてナンダカンダで女性が「華」なんですよ。
それと同時に「イロモノ」に落とされる危険性があるのも女子なんだと思います。

>伽婆鈴様

はじめまして。何とお読みすれば良いのだろう?
「キャバリン」様?ロシアの元アイスダンサー、マキシム・シャバリンを思い出し、また動画見たくなっちゃいました(笑)
>増塵の言う「大人の演技」とはセクシーと称賛される某隣国の女王様の演技を指しているようにしか
思えないのですが・・・
結局「ソレ」なんですよ。「ソレ」を褒め褒めアゲアゲしたいだけなんでしょう。
他のトップ選手…例えばカロリーナ・コストナーはそういう例えには出されない。
魔王と比べて持ち上げたいだけ。具体的な技を指して褒められないトコロが見てて苦しそうですがね。
(あ…冒頭の3Lz-3Tは褒められましたっけね?「兄弟ジャンプ」「親子ジャンプ」…とか言って…)
>今シーズンの佳菜子ちゃんのSPの曲は元気がいいのに表情が硬くて、不安を抱えたまま滑っているのが
わかるので、見ている方が辛くなります。
そうなんです…(´・ω・`)ああいう曲はノリノリで演じないと(そしてジャンプも失敗すると)お通夜もいいトコロなんですよね。
全日本で良い演技をしていただきたいです!私も。
真央ちゃんに関しては…お気に入りプロがありすぎてなかなかあげられません…(;^ω^)


>生姜様

>メディアに携わる方々、恥ずかしいくらい語彙が少ないと思うんですね。
アレ、「わざと」そういう言葉を選んでいるような気がするんですけどね…
(まさか…プロの方々ですもの…本気出してないんですよ!きっと…(;^ω^))
>大人も子供も超越した表現だってあるはずで。
優れた表現って皆そんなものだと思うんです。
私は日本増塵に言われるまで「この表現は大人だ…」「子供っぽいな…」と分けて演技を見たことがなかったので
ある意味新鮮でした(笑)
(余程稚拙な演技であれば思うのかもですが、TVで放送されるレベルの選手であまりそういうの見たことない気がするんです)
>欧米選手に比べて年齢より幼く見られがちな日本人だから気にし過ぎてしまうのかもしれませんが、
ああ…コレもこだわってしまう要因の一つかな…?
良く捉えれば「若く見える」になるんですがね。
>プログラムは無限なのだから、コーチの方達も色んな導き方をして欲しいと思います。
その辺日本の苦手部分かも。技術教えるのは巧そうですが、「創造面」これは課題でしょうね。
>大体「大人っぽい・子供っぽい」と「妖艶な」しか無いような、または意味不明に言葉遊びをしたポエムしか無いような、まことにお粗末なのはメディアの方々の「表現力」ですよね。
…≧(´▽`)≦アハハハコレは、上手く返しましたね!

全く同意にございます・・・
二言目には大人、困ったらコレ出しとけな「大人」
もう聞き飽きたんだよ安直なんだよ言葉で仕事してるんなら他の言葉や表現や言い回し探してこいやこんなんで給料貰えるんか羨ましいのー!!!!!
と、TV見るたびに毎回思ってるので(ぜーはー)
他国の翻訳動画見てても(訳の仕方もあるんでしょうが)「大人っぽい」なんて安っぽくて曖昧な褒め方をしてる所ってほとんど無いんですよね。
「はあ?」と思う内容もあれど、ウィットに富んでたり誌的な言い回しだったりする。
日本はタイミング悪かったり言葉の選び方も根本的にセンスに欠けてるし。
しかもあからさまな媚びたような演技ほど「大人っぽい」と絶賛。
色っぺーねーちゃん好きなだけならキャバクラにでも行けばいいんじゃないですかね。
彼らの言う「大人っぽい」は選手の表現力を狭め、画一的にする害悪としか思えません。

急いでおりましたもので。失礼しました。私も家や親やありまして、ほとんど何も見れていないんすが。
ベレズナヤたちがその後のSOIなどで受けた待遇や、アメリカで受けそうなプロを作って後悔していたこと。
また、ビールマンがアメリカ人は私の演技は好きではないらしいと漏らしていたこと。
バイウルの優勝にはケリガンvsハーディングの新大陸の争いに自分たちが翻弄されることを嫌った欧州ジャッジの意向が動いたとか聞いたこと。
トリノ荒川の演技に「これぞ大人の女性のフィギュアスケートです」という解説があったのは、欧州系のTVだったような気がすること、などなど思い出され、時間の迫る中でうまくつなげられませんでした。
東京五輪誘致は、日本にとってのプレゼンデビューみたいなもんだと思っています。
プレゼンターと周囲の関係者との連携で成り立つものだけれど、それでなくてもいいのかも。
私も幕末を思い出す時があります。ISUかどこかの今季リザルトで浅田真央の戦績がなかったようにまったく扱われていないというエントリー、昨日どこかで見たのですが、それからいくら探しても無いようで、自分の夢かとも思えるほど。相手はK国よりももっと遠くな気がしてきたところでしたので、つい慌てて書き込んでしまいました。

大人っぽいの反対は、子供っぽいという言葉だが、真央選手はどれだけ「子供っぽい」という言葉で、
自国の〃大人〃たちから、彼女の演技や(実はそういう輩よりはよほど品格の高い大人な)言動を
揶揄されたことか。
史上初、半島で開催されたGPFで優勝した翌日、なぜかお通夜状態の『とくダネ』では、真央選手の方が
子供っぽいとけなしまくっていたし、昨年の、見事に芸術の域まで達した『白鳥の湖』を、息子がロッテに
お世話になってる城田が「子供っぽい」と酷評。
おまけに、半島系ホステスのくねくねに鼻の下を伸ばしっぱなしの増すゴミのオヤジたちや
えせインテリの下劣なコメント・タレントおっさんたちが「大人っぽい」
イコール・エロイと勝手に解釈してはやし立てるものだから始末が悪い。そういう輩の子供っぽさに
惑わされることなく、いましかない輝きをリンクの上でみせてほしいものです。

>あずきねこ様

>二言目には大人、困ったらコレ出しとけな「大人」
実際困っているんでしょうね。上手く説明出来んからこうしとけ!…みたいな…
その言葉で下げられる選手がたまらんと思うのです。(そのファンも)
>他国の翻訳動画見てても(訳の仕方もあるんでしょうが)「大人っぽい」なんて安っぽくて曖昧な褒め方をしてる所ってほとんど無いんですよね。
…その言葉…日本独特の表現のような気がするんです…
どんなに年若い選手でも選手として出てきたからにはアチラはお子様扱いしないと思いますしね。
>日本はタイミング悪かったり言葉の選び方も根本的にセンスに欠けてるし。
タイミングも…ありますね。ここで言葉挟むのは勘弁して~!と思うことが…
EX時にジャンプの種類言うのも勘弁して欲しい…(競技終わったっつーの!)
黙っていて欲しい時に黙ってくれないし…
嗚呼…長くなりそうなのでやめます(^_^;)
>彼らの言う「大人っぽい」は選手の表現力を狭め、画一的にする害悪としか思えません。
選手をイロモノとして見る風潮をも作ってしまう…とも思います。

>blueberry様

>ベレズナヤたちがその後のSOIなどで受けた待遇や、アメリカで受けそうなプロを作って後悔していたこと。
コレ、書籍で(確か田村明子さんのだと思います)読んだ記憶あります。
色々と気の毒でしたね…(サレ&ペルティエも人気それ程出なかったみたいですけど)
>また、ビールマンがアメリカ人は私の演技は好きではないらしいと漏らしていたこと。
私実はビールマンの現役時代うっすら記憶してるんですよ!私は好きでした!彼女。
最近のインタビューでもそんなこと言ってたような気がします。
(もしかしたらblueberry様と読んだ記事が一緒かもです)
>バイウルの優勝にはケリガンvsハーディングの新大陸の争いに自分たちが翻弄されることを嫌った欧州ジャッジの意向が動いたとか聞いたこと。
これに関してはジャッジの気持ちがよく分かります(笑)。ワイドショーでバンバン醜い話を聞かされ、
私でもウンザリしましたもの。(そして靴紐が~…ですよ…)
>ISUかどこかの今季リザルトで浅田真央の戦績がなかったようにまったく扱われていないというエントリー、昨日どこかで見たのですが、それからいくら探しても無いようで、自分の夢かとも思えるほど。
…私も目にしたような…(確認出来てません)
>相手はK国よりももっと遠くな気がしてきたところでしたので・・
考えすぎかもしれませんが、この競技、「いかに浅田真央に独走させないか(点を与えないか)」に焦点が当てられている気がします。
今日、Number PLUSフィギュアスケート特集を立ち読みして買うのをやめました。
男子の方が内容悪く無いようですが…女子。
不自然なくらい浅田真央について触れてない印象があり、(勿論取り上げたコーナーもありますが)さりげな~くおヨナさん上げ真央下げがされてました。
(変な外国人二人まで引っ張り出してきてまで)
「そうまでして彼女に勝たせたくないのか?」と軽くショック受けました。I●Uの意向もあるのでしょうかね?
真央ちゃんが「浅田真央●●歳」シリーズ終了以降、ここの出版社と距離を置いているだけなのかもしれませんが。

>danshidanshi様

>自国の〃大人〃たちから、彼女の演技や(実はそういう輩よりはよほど品格の高い大人な)言動を揶揄されたことか。
そうですね。大体、品のある大人はそんな言動自体に「恥」を感じると思うんです。
一応「品」を大事にしている競技で「セクスィー」なことを求めるのはかえって「下品」とされてた時代が長かったように思うんですが…
時代が変わったということなのか?関わる人間が下品になってきたということなのか?う~ん…
>史上初、半島で開催されたGPFで優勝した翌日、なぜかお通夜状態の『とくダネ』では、真央選手の方が子供っぽいとけなしまくっていたし・・・
私、この時その番組見てなくて幸いでしたよ…朝から不快な思いさせてどーすんの?…ですよ。
しかし全日本の放映権とっていながらトップ選手…(しかもドル箱選手)それに対して何故そんな失礼なことを?
彼女って親しみやすくて…それが悪い人にとっては舐められやすい…というトコロあったのかしら?
(そう見せて、中身怖いトコロある女性だと思ってますがね、私は。まあ、この時期はまだ知らないことが多かった時期でしたかね…)
>息子がロッテにお世話になってる城田が「子供っぽい」と酷評。
ロッテだったら真央ちゃん褒めなきゃダメでしょうが!CM出てんのに…というのは冗談ですが…
あるブログ様が書かれている通り、S田女史はホントに発狂しているのかもしれません(笑)(火病??)
>そういう輩の子供っぽさに惑わされることなく、いましかない輝きをリンクの上でみせてほしいものです。
そう貶す連中の何と子供っぽさよ…これも世の中の妙。

たまたまカロのロ杯SPのイタリア翻訳を見まして、「欧州」の「大人の演技」はやはりこれだなと思いました。フランスのフィギュアスケートを意味する言葉は「芸術スケート」だった。まっちーがあれだけの発言をするのも、バレエとか、ランビエールの薫陶が大きかったはず。
それでも技術点でりプが上に来ることに、異議を唱えているわけではなかったけど。
でも、日本の言葉の意味は単にそういう言葉を利用してオッサン受けの意味を含ませて勘違いさせておこうとか、点が出ない理由をうまく説明できないとか、裏の事情を話すわけにいかないとかの意味でしかないでしょうね。
確かに色々な理由で「勝たせたくない」思惑があるでしょうけど、浅田真央は「自分は跳びたい」って言ってると思うので。五輪は一般の目があるから、前も五輪でだけ認定されていた。ファイナル女子は難度派が揃った。そうそうKの方には寄らないのではと思っていますけど。

>blueberry様

>たまたまカロのロ杯SPのイタリア翻訳を見まして、「欧州」の「大人の演技」はやはりこれだなと思いました
同感です。ロシアっ子達の演技も好きなのですが、それと同時にコストナーさんの良さも今季ヒジョーに良く分かってしまいました。
彼女は五輪後のワールドで引退の予定でしたっけ?
彼女が居なくなったら欧州は寂しくなりますね。マルケイさんもベテランと言われる年齢ですから…(彼女も良くなっているというのに…)来季もやらないかしら?
>でも、日本の言葉の意味は単にそういう言葉を利用してオッサン受けの意味を含ませて勘違いさせておこうとか、点が出ない理由をうまく説明できないとか、裏の事情を話すわけにいかないとかの意味でしかないでしょうね。
…コレ以外思い浮かばないですよ(苦笑)お隣の国をどうこう言う方が多いし、私もツッコミ入れまくりますが、
(その他の国もね)
日本のこういう「腐っている」(言い切ります!)トコロが何よりも嫌いなんですよ。
他国より足引っ張ってるのはこういう連中だと思うんです。日スケ連の中にいる、いない関係なしにそういうのに手を貸してる者たち。
>五輪は一般の目があるから、前も五輪でだけ認定されていた・・
こういうトコロ…この競技の狡くて嫌いなトコロだ(笑)
>ファイナル女子は難度派が揃った。そうそうKの方には寄らないのではと思っていますけど・・
そう思います。が、色々「握られてる連中」が多そうなことを考えると楽観視は出来ないですね。
アチラも馬鹿ではないでしょうから。ただ、小川一様じゃないけど、シシィ・クリックBBAはもう持ち上げるのをやめたい風には見えますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウンザリする「大人の演技」という言葉:

« ロシア杯女子シングルSP動画と結果 | トップページ | Jバトルの呟きを見て…【追記有り】 »

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー