« あんたが大将 海援隊 | トップページ | トマシュ・ベルネル 2007年NHK杯FS~勇名トラのアレ »

2013年11月29日 (金)

Pさんのアレを見て高橋大輔のピアソラをまた見たくなった

今回のは…ホントはコレ、アイスダンス記事の前後どちらかにUPしよう…と思っていた内容。(大した内容ではないよ!最初に言っとくが)

時期が時期なだけにどうしようかな…とも思ったのだが

やはり「魂のピアソラ見たい」という結論に達し(タレミミ脳内会議において)

あげることにした。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

まずは何故かライバルのPさんのバンクーバー五輪動画より

SPのタンゴね。

2010 OG Patrick Chan SP B ESP

Wikiでは

タンゴ・デ・ロス・エクシラドス
作曲:ウォルター・タイエブ
演奏:ヴァネッサ・メイ
振付:ローリー・ニコル

…とあった。

上の動画と

Pさんがおフランス杯で良い演技を見せた「四季」の後半部分(終わりに近いくらいのところ)

その中で気になったのは

Photo

絵が実に汚くて申し訳ないが…

(しかも色々…長くない…)

上の絵のようなポーズ。

Pさんを初めてみたのがバンクーバー五輪だった訳だが

その頃から

「コレ」↑が気になって仕方なかった。(「沖雅也」の件とは別に)

タンゴは実際男女が組んで踊るのが定石ということもあり

「こういうポーズ」↑がとられることがあるのかなあ…

と思いつつ

「何か…惜しいな…」( ´・ω・`)

と思っていた。

(でも今見ると振付自体は悪く無いと思う)

四季はまた違うけどね…

肩肘をあげて曲が盛り上がってくるのに合わせているような箇所もあり

ちょっと「アレ↑」に似ていると思ったシーンもあった。

(若干印象的だった)

…で・・・

かなり強引な展開になるが

何故かD高橋のピアソラを見たくなったわけだ…

【音声差し替え】 高橋大輔 2010 全日本選手権 FS

亀先生振付。(*´д`*)センスあるわぁ…

このシーズンは色々あった為

嫌なことを思い出す方もおられるかもしれんが

実はこのプロ非常に好きなのだ。

「愛」あります。はい。

比較的出来の悪い試合のモノでも

プロの良さは否定出来んべ…と思っている。

そのくらい溺愛していた。

その中で見せ場のステップ部分で「アレ」↑がある。

Pさんには悪いが(ゴメン…前座扱いで…)

同じ「アレ」↑でも

タンゴという同ジャンルでも

随分印象が違うものだな…と思った訳で…(;^ω^)

アクセントとかニュアンスの持たせ方というのか…

絶妙なんだよね。

そして宮本先生の“eye”や亀先生の“道”“ブエノスアイレス”の好きなトコロって

気障な言い方になるが

「人生」を感じるトコロ

振り付けに。(たかが振り付け、されど…である)

スローパートのトコロなんぞまさに…と思う。

演じる人が下手だと小っ恥ずかしくなりそうだが

彼はそうならない。(何故ならD高橋だから)

高橋大輔 2012 CoC EX[ロシア]

これもいきなり「アレ」↑っぽい振りが入っている。

曲編集等違えど

ピアソラのブエノスアイレスの四季を使ったもの。(EXは「春」)

これは宮本賢二先生振付。

亀先生バージョンは抑制された色気なのに対して

これは(言葉悪いが)「ダダ漏れ」な雰囲気。

(それでも「出てる」けどね…色々と…(^_^;))

私個人はブエノスアイレスに関しては亀先生バージョンの方が好みなのだが

宮本先生も流石付き合い長いだけあって

彼の魅せ方を心得ている
(そしてお客様のニーズにお応えしました…な作りになっていると思う)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

ローリー・ニコルが振りつけたビートルズ・メドレーがどう仕上がるか?

が今楽しみになっていたのだけれど

亀先生が五輪プロを振りつけたら

どういう曲を選び

どう魅せるつもりだったか?

(何か…五輪プロ用意している…とかいう話出ていた気がするんだ)

ずっと後になってからでもいい。

勇気あるジャーナリストの方、

話を聞いて見る気はないかね?

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

そういえば

ピアソラのブエノスアイレス…

アレも「四季」なんだね

今更ながら。

季節が巡る様というのは曲にしたくなるものなのかもしれぬな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« あんたが大将 海援隊 | トップページ | トマシュ・ベルネル 2007年NHK杯FS~勇名トラのアレ »

振付師」カテゴリの記事

高橋大輔」カテゴリの記事

Pさん」カテゴリの記事

コメント

タレミミ先生!よくぞ比較動画出してくれて有難うございました。これで二人の違いが判明しました。手の動き+指のしなやかさが「月とスッポン」なんです。そして首の使い方、目つき、数え上げればきりがなく、全てにおいて”芸術品”であり、どこを切り取っても”名画”になるんです。Pさんもそこそこ、スピードあって上手いのですがやっぱり、手の動きはかかしであって、人らしさが感じられません。Pさんは「大将ーこの呼び方好きです 故に今後こう、呼ば差していただきまっす」のこと以前から大好きそうなんで彼は嫌いではありませんが、余りにも見劣りしてしまっているのに「ライバル」と、云っているのが何か勘違いしてるんじゃないの?って思ってしまいます。やっぱり、フイギュアはスポーツ<芸術 ですよ。最後に大将のGPF欠場は休養になって返って吉と出るような気がします。がんばって~(;へ;)~ぐすん!

Pさんをけしてキライではない私、競技スケーターとしてPさんは、やはり史上最高であると思うのですよ。
ただ、高橋選手は、芸術家プラスアスリートという非常に稀有な存在ですから、心に伝わる、感動するという側面で観れば、どうしたって、高橋選手が史上最高になるわけです。彼はダンサーとしての感性がものすごいです。私も実はバレエなんぞをかじってまして、Pさんと同じく、脊柱起立筋が強すぎて、背中のしなりがなく、ダンスとしての表現がどうにもできないという状況なんです。まあ、背中を柔らかく使えないということは、すなわち、腕の動きもやわらかく、大きくは使えないということで・・・そんなこともあり、Pさんに同情的なのかな。Pさんのあの強靭な、微動だにしない上半身があるからこその、彼の技術なのだと思いますがね。

高橋選手がすべっていると、この人は一人だけ別の競技をしている、といつも思ってしまいます。魂があふれる表現ができる人というのは、どの世界を見ても、稀有です。同じポージング一つとっても(タレミミさんのイラストね)、どこかが違う・・・そこが「天性のもの」「おセンス」ということで、比べるのはかわいそうでありんす・・・

なんだか、だらだらと書いてしまいましたが、PちゃんはPちゃんなりにがんばっているよ~でも、大輔は天才よ!ってことです。

>ひまわり姫様

(ノ∀`)アチャー!比較動画と捉えた方が多そうですね!
そういう意図であげた訳じゃないんですよ。マジで。
ただ「あのポーズ」を見て(私の汚い絵参照)D高橋のピアソラ見たくなったっス…
…それだけのことなんです。
最近D高橋のブルースの評判が良いものの、ピアソラの話をあまり聞かなくなった感ありまして…
(まあ…あのシーズン色々ありましたし…)
「これだっていいんだい!」 ヽ(`-´#)ノ
…と、半分駄々っ子のような気持ちも含んでいますがね(^_^;)
>「大将ーこの呼び方好きです 故に今後こう、呼ば差していただきまっす」
そうなんです。私にとっては。
Pさんは「絶対王者(笑)」プルさんは「皇帝」ヤグさんは「皇帝」
でもD高橋は私にとって「大将」なんです。芸術肌の選手に合わない呼び名かもしれませんが、
4回転の確率は色々言われようとここぞの場面でジャンプをまとめ、プロをまとめる能力もあり
それが輝かしい戦績にも繋がっている。
>大将のGPF欠場は休養になって返って吉と出るような気がします。
それが大当たりするように強く願います!(>人<;)

>わんこ様

(ノ∀`)アチャー(2回目)
やはり比較動画扱いの記事に見えてしまうかあ…
>Pさんと同じく、脊柱起立筋が強すぎて、背中のしなりがなく、ダンスとしての表現がどうにもできないという状況なんです
(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-!具体的な筋肉の名前が登場しましたね。それをキチンと意識して(己のも他者のも)感じ、見ることができているというのは稚拙な褒め方になるかもしれませんがエライと思ってしまいました。
私、その手のモノを習っていた時、勿論「身体の“ココ”を意識する」とか自分なりにありましたが、
何処のどの筋肉を鍛えるとか、どうするとか…まあ、習った時代も関係あるのかもしれませんが、
そこまで意識はいってませんでした。
現在のアスリート達は(ダンサーも含む)色々進んでいる分、意識すべき部分も増えてきて「大変だナア…」と感ずること多々あります。
Pさんは素晴らしい高難度ジャンプを跳び、スゴイ勢いで(漕がずに)ガンガン進むスケーティングを駆使出来る身体には恵まれているのですが、「踊る」ことには向いてない身体なのかと思います。(今更ながら)
でも五輪は良いプロを揃えたな…という好印象持ちます。
五輪本番でどういう勝負を繰り広げるのか…楽しみにします。
(だから…大輔ェ…早く良くなれ~。゚(゚´Д`゚)゚。)

レス訂正あります

ヤグ「皇帝」→ヤグ「帝王」

スゲエ(/ω\*)ハズカシイ…

えっと、Pチャン(ジャッジ以外は)特に嫌いじゃないです。
技術は確かに素晴らしいし、表現力向上も試行錯誤しているのがわかります。
でも…絵を見て「そうそう、こんな感じ!」と笑ってしまいました。

高橋選手の怪我にへたれていました。
でも、こんな時に限って男前なコメントをするのも彼らしくて、そんな場合ではないのにちょこっと惚れ直してしまいました。
父はニュースを知った後、ふて寝してしまいました。
あう…真央ちゃんもだけど、選手人生がドラマティック過ぎてついて行くのが大変ですわ。。。
お願いだから早く良い状況になって欲しいです。
いざって時にはやってくれる人なので…いろいろ信じています!

タレミミさんの絵が脳裏に焼き付いて・・・うまいっす。
仰りたい意味がストレートに伝わりました。

ローマ字入力でtaremimiと。
すると“たレミミ”と変換されるのですね。

Pさんに対しては何となくですが、微笑ましく見てしまいます。
なんだかんだ言っても一年ごとに向上してきているし、苦手な表現力の無さも以前よりは良くなっています。
ただ大将のようにこの曲(プロ)が、あの曲が、そうそうその曲もどの曲も・・・メドレーでやってくれい♪ってならないのが惜しい。
でも嫌いじゃないんですよ。

音を消して観てみると面白いですね。
Pさんきちんと演じようとしているので、柔軟性も感性も少ないんですが好感持てるんです。
ただし表現力だの音との同調性だのが、控えめな採点となるなら納得できるんですが。
大将は音を消そうと傍でマージャンやってようと、無音の世界に艶やかな音が勝手に沸いてくるんですわ。
これはもう表現者の感性が優れているからとしか言いようがなくて、我ながら言葉が乏しくて情けないです。

こちらのブログでも古き良き動画をたくさん拝見していますが、時が過ぎて何度も見返したくなるのは、気持ちが揺さぶられたものであるような気がします。
ソチでは努力に裏打ちされた高い技術と豊かな表現力が認められますように。

別件でハンヤン君の“変”ですが、似たように感じていた方がいらして安心(^◇^)しました。
いや安心していいんだろうか・・・

・・・Pさんと大将、個性が違うって事で・・・問題は採点・・・です。

>りほ様

私も「阿呆だなあ…」と思うトコロありますが、(ジャッジ以外は)嫌いじゃないです。
>でも…絵を見て「そうそう、こんな感じ!」と笑ってしまいました。
五輪見て印象に残ったのは振り付けのその部分なんです。
>父はニュースを知った後、ふて寝してしまいました。
何だか…可愛らしいですね…(;^ω^)よろしくお伝えください。
>選手人生がドラマティック過ぎてついて行くのが大変ですわ。。。
だからこそ人気がある…のかもしれません。
心臓バクバクになることが多くなっちゃいますけどね…(ーー;)
でも「いざって時にはやってくれる人」
それがあるから希望を捨てずにいるんですよね。

>狸化猫様

>タレミミさんの絵が脳裏に焼き付いて・・・うまいっす
ホントにうまければあの見開かれた目も合わせて表情など忠実に再現出来るんですがねえ…
(;´д`)
>ただ大将のようにこの曲(プロ)が、あの曲が、そうそうその曲もどの曲も・・・メドレーでやってくれい♪ってならないのが惜しい。
そうですねえ…今季のプロは良いとは思いますがね。(あとEXで好きなのはあります)
>大将は音を消そうと傍でマージャンやってようと、無音の世界に艶やかな音が勝手に沸いてくるんですわ。
長光先生でしたっけ?
彼の演技は身体の中から音楽が聞こえてくるようなものだって言ってたのは…
そうだと思います。そして今回のSP。佐村河内さんが彼の演技を見て音を「見て」くれたら…と思っています。
>こちらのブログでも古き良き動画をたくさん拝見していますが、時が過ぎて何度も見返したくなるのは、気持ちが揺さぶられたものであるような気がします。
同感です。採点に問題があっても見続けてしまうのはそういうものがあるからでしょう。
>別件でハンヤン君の“変”ですが、似たように感じていた方がいらして安心(^◇^)しました。
同士よ…でもホント…五輪シーズンはもうちょっと何とかならんかったんかい?(ーー;)
…と思います。振り付けの評判(ジャッジ間で)良いのかしら?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1824253/54087832

この記事へのトラックバック一覧です: Pさんのアレを見て高橋大輔のピアソラをまた見たくなった:

« あんたが大将 海援隊 | トップページ | トマシュ・ベルネル 2007年NHK杯FS~勇名トラのアレ »

フォト
無料ブログはココログ
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー