« ちょっと気になる中国女子シングル | トップページ | イングヴェイが高田延彦に花束贈呈(動画) »

2013年11月 7日 (木)

ローリー・ニコルが語る「真央のスケートが持つ力」

真央瞬間本(略してます)読んでいる最中のタレミミだ。

何せ他の本と並行して読んでいるものだから
(この時期に本買い込んでしまった私が悪うございました…である)

なかなかのテキトー読み(こんな言葉ねえよ…)になっている。
(でも匡子ママのくだりでは流石に…な…泣いてなんかいないんだからねっ!)

いいのサ…

あとからまた熟読する予定だし…

しかし、その中でヒジョーに引っかかった部分においては

何度か見返したりしておった。

その中での

第9章 復活への軌道

「真央のスケートが持つ力」のトコロ。

ローリーが真央について語っている部分がある。

彼女の言葉部分のみ紹介させていただく。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まず真央ちゃんは2013年1月。

「アイ・ガット・リズム」のポリッシュ目的にカナダへ行ったのだが

まずその時のことを振り返って…

「ポリッシュのために、この時期に初めてわざわざ日本から遠く離れたカナダまで来てくれて、その姿勢がとても嬉しかった。彼女が学びたい、振付の細かいところまでこだわりたい、と思ってくれたことは、スケートも、彼女の状況も良い方向に向かっている証拠だと思いました。自ら学ぼうという姿勢を持っている人は、それまでと同じことを言われても感じ方、理解の仕方が異なり、学ぶ速さも違うものです」

続けて

真央というスケーターの持つ力についてこう語る。

真央のスケートは見る人を幸せにする力を持っています。真央が滑ると、リンクにエネルギーが生まれて、周りにいる人みんなが惹きつけられてしまう。
 このポリッシュのときも、プログラムが仕上がって曲をかけたら、リンクで一緒に練習していたみんなが振り向いて、最後には見入って、拍手が起きました。
 そんなことができる人は、多くはありません。真央のスケートを見て、楽しくなったり、幸せになったりした人は、演技を見終わったあと、ほかの人に優しくなれると思います。そういう効果があちこちで働くということは、少しずつ、世界を平和にできる力が働くってことだと思います」

これはファンにとっては非常に嬉しい言葉だと思うナ…

真央ファンによる真央のスケート演技を見た感想と重なる部分が大きい。

そして次…

私が一番ハッとした箇所。

トロント滞在中

ローリーは真央にジャネット・リンのことを話して聞かせたそうで…

「彼女は、勝利のためだけにスケートをしていたわけではないの。もっと崇高な目的のために滑っていたの。だから人々は、彼女の演技に感動したのよ」

そして、ある一言をローリーは付け加えた。
(この「一言」は本を読んだ方のお楽しみ♪…ということにしときます。このブログ読んでる人なら知ってる方は多そうだけど)

そして続ける。

「メダルは、一つの集大成であるかもしれない。メダルを取って、若くしてスケートをやめてしまう選手は多いわ。でも、それはとてももったいないこと。表現者として伸びるのはそこから。スケートはもっと奥が深いし、追求するに値するものだわ」

この人のスケート愛…

あまり軽々しい語り方はふさわしくないのだけれど

パネエっス!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

…ですわ。

裏で色々あるスケート界だろうし

嫌になることも多々あるだろうが

「奥の深さ」にハマってしまうと「そんなこと」は些細なことになってしまうのかもしれんな。

ソチ五輪シーズンにおいての真央ちゃんがどうなっていくのかはわからんし

ソチ五輪でメダルをとることが出来るかどうかもわからんけれど

そしてアッサリその後現役やめてしまうかもしれないけれど

スケートは続けて欲しいナア…としみじみ思ってしまった。

コーチやりながらだと難しくなるかもしれないけれど

現役後も何かの形で滑ってくれないか…?と願う。

今の真央ちゃんを見ていると

表現者として伸びしろ有りで

これから更に「化け」そうな予兆を感じるんだよねえ…

ま…

勝手なファンのひとり言だ。

聞き流してくれて構わんよ。

(何か…某「赤い彗星の人」のような語り口で締めてしまった…)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

以前、

2013年5月 6日 (月)「大いなる妄想(3)~人々はジャネット・リンの夢を見る」 という記事を上げた。

この時「妄想」として書いた部分もあるのだが

実は単なる「妄想」って訳でもないんだあ…

と感慨に浸りたくなった。

やっぱりな…と。

そして、SS良し!…な選手が好みと思われるローリーだったというのに…

彼女がキャナダに世話になっていたおヨナさんに声を掛けてない(ように思える)理由が何となく分かってしまった。(勿論ウィルソンを立てたんだろうけどね)

ローリーが愛する真央の美点って

マスコミがネガキャンした真央の“欠点”(とされているトコロ)と

表裏一体のトコロあるんだよね。

本来貶す必要なぞ無い部分なんだよね。(特にスケートにおいては)

つくづく誰かさんを持ち上げる為の方便としか思えん。

一見庶民的で親しみの持てるタイプである真央ちゃんと

フィギュアクイーン(笑)などとやたらと持ち上げられるおヨナさん。

なのに

表現とか持ち味に関しては

おヨナさんの方が世俗的で

真央ちゃんは巫女さんに例えられるトコロがあり

実は「お高い」

その辺の逆転現象(?)が面白いと思った。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« ちょっと気になる中国女子シングル | トップページ | イングヴェイが高田延彦に花束贈呈(動画) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

浅田真央」カテゴリの記事

振付師」カテゴリの記事

コメント

真央ちゃん本、まだ、手に入れてないんです…(泣)
めちゃくちゃ読みたくなってきました~もう、あきらめて、
ネットで買おうか…。く~

ローリーさんは、こんなにも真央を愛してくれて、スケートを愛しているのに、
こと、ロシアが相手となると豹変するのですね…。
プルシェンコのファンですので、インマンメールの恨みは消えません…。

しょうがない事かもしませんが、あの一件で、わたしはどうしても
カナダ陣営すべて、信用できなくなってしまっています。

ただ、この、真央ちゃんに対する言葉だけは彼女自身が本当に感じているところ
なのかな?と思いました。

ローリー自身が真央ちゃんに癒されてしまっているのかも…。
私も、ささくれた気持ちの時に、真央ちゃんの演技を見るとなぜか心が落ち着きます

フィギュアに深くかかわって、黒い部分も知りつくしている人ほど、
真央ちゃんを見て、純粋にフィギュアを愛しているキレイな気持ちになれるのかもしれません。

ソチの審判団にも、ぜひ、この感覚を味わってもらいたい!
はずかしくて、おかしな行動などできなくなるはずだー!!!(夢かな…)

最後に、


>勝手なファンのひとり言だ。

聞き流してくれて構わんよ。

(何か…某「赤い彗星の人」のような語り口で締めてしまった…)

これは、もしや、シャー少佐では?

真央本…泣けました。
ローリーさんの真央ちゃんに対する心情は一振り付け師としてだけではなく母性溢れるものも感じられて…真央ちゃんの人柄や生き方がこういう人を惹き付けるのかなあとも思いました。
本の中ではさらっとしか書いてありませんでしたが、タラソワさん自身の真央ちゃんへの想いなども聞いてみたいなと思いました。
吉田さんや学研さんもさすがにロシアまで取材に…とはならなかったのでしょうかね〜残念!
いつか、どなたかじっくりタラソワさんに取材してほしいですね。(やはり吉田さんにお願いしたいですけど)
ローリーさんと同じくタラソワさんも真央ちゃんにとって関わりの深いかたですから…。

夜遅くにごめんなさいm(__)m

>yomi様

そうです。シャア少佐です(笑)
(後に大佐になりましたけど、やはり「少佐」と呼びたくなりますね。「シャア少佐」と3回言ってみると立派な早口言葉になります。…ってどうでもいいですね。はい。)

そうかあ…yomi様はプルさんファンかあ…(まだ最近の演技動画チェックしてません!)
ならば「インマンメールの恨み」は深いですねえ…
(ソチではそういうの、出来なさそうですよね。プーチン氏の目が光っていそうだし…)
ローリーはプルさんについて特に語っていなかったと思いますが、例のインマン氏は彼女の親友という話ですし、
全くそのことについて知らないとは考えにくいですね。
目立った発言はなかったけれど、ライサチェックのキスクラに座ったのは大きいですね。
ソチで真央ちゃんや大輔さんのキスクラに座るか?は分かりませんが。
>しょうがない事かもしませんが、あの一件で、わたしはどうしても
>カナダ陣営すべて、信用できなくなってしまっています。
あれだけやられてしまうとね…私もそうです。一部の日本人フィギュアファンの(一部といっても結構多そうですが)オーサー嫌いにも繋がったと思います。
>ただ、この、真央ちゃんに対する言葉だけは彼女自身が本当に感じているところ
>なのかな?と思いました。
それは激しく同意します。そしてね…ネタバレになっちまいますが、彼女やはりジャネット・リンに強い憧れを持っているようです。(その先は…やめときます!)
>ソチの審判団にも、ぜひ、この感覚を味わってもらいたい!
>はずかしくて、おかしな行動などできなくなるはずだー!!!(夢かな…)
残念ながら…キレイな気持ちになれる演技と裏側の諸々は別…と考えた方が良さそうですね。

>メリー様

>ローリーさんの真央ちゃんに対する心情は一振り付け師としてだけではなく母性溢れるものも感じられて…真央ちゃんの人柄や生き方がこういう人を惹き付けるのかなあとも思いました。
…振付師の方々って…タラソワ先生もそうですが、「おかん」になっちゃう面倒見の良さがありますよね。
タラソワ先生は…以前コーチした時に多く語られているので、今回は控えめになったのかも…
といっても、タラソワ先生の振付シーンはなかなか壮絶だと思いましたよ。
ドラマチックに描写してやろう!…という文章ではなく、どちらかというと淡々としたものなので、あまりそういう印象を持たれないかもしれませんが…
思い入れのない選手に対して、ああいうことは出来ないと思いました。
(しかも地元五輪を迎える時期に…ロシア人選手以外の選手にです)

タレミミさん、タレミミさん!!
ちょうど今日、タラソワさんの「真央語り」記事が出てますよ!
何回かの続き物みたいなので、まだまだ楽しみが続くと思うと嬉しいです (^o^)♪

タレミミさん! しまった!!!(大汗)
URL貼り忘れました。。。。慌て者すぎる。。。
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/131112/oth13111203350000-n1.htm

>生姜様、狸化猫様

内容重なってましたね☆(*´∀`*)
読みましたよっ!タラソワ先生記事!
続きものですか。楽しみです!

あ…しまった…
狸化猫様は別記事のコメントだった…(;´д`)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローリー・ニコルが語る「真央のスケートが持つ力」:

« ちょっと気になる中国女子シングル | トップページ | イングヴェイが高田延彦に花束贈呈(動画) »

フォト
無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー