« ハンヤン君のバンケ写真を見て一言 | トップページ | Yngwie Malmsteen I'll See The Light Tonight »

2013年11月 5日 (火)

羽生君とオーサー(時々ウィルソン)

【イタリア版日本語訳】羽生結弦 2013スケートカナダ SP

羽生結弦 フィギュア スケートカナダ 男子FS(2013.10.26)

スケカナ2位だった羽生君だが

私はスケアメの高橋大輔とは別の意味で

「ヤバイ…」

と思ってしまった。

そしてその後頭に浮かんだのは

「トレーシーBBA!ロシア下げ解説してる場合じゃないぞ!このバカチンが!!」

というあまり品のよろしくない言葉であった。

もっとシンプルに言えば

「スケーティングコーチ、何やっとんじゃあ!?」凸(`Д´メ)

…である。

正直他のシニアの男子選手の中でスケーティングが見劣りするように思えた。

そして

ジャンプの調子がイマイチな上

彼の演技は変な言い方だがいつもにも増して

「生き急いでいる」

感じがしたのだ。

見ていて「せわしない」というか…

それにドキドキ感を覚え、何となく応援したくなる方もいるかもしれん。

多くの奥様方のハートをキャッチしたと思われる

「活きのいい鉄砲玉ロミオ」 (私はこう呼んでしまうのだ)

のような演出はもう通用しなくなってくると思うので

もうちょっと見せ方についても考えようや…である。

あと…

スタミナ…_| ̄|○…

これが問題だ。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

ちょっと前に私が紹介した「浅田真央包囲網と金メダルへの道」での小川様の投稿。

ある真央ちゃんファンブログの中でもそうだが

オーサーを嫌う為、羽生君にも微妙な気持ちを抱く方は思ったより多いようだ。

(そのブログ様によせられたコメントの多さがそれを物語っていた。なるほど…と思いつつ驚かされた)

正直日本女子選手にやったことは許せないと思うけれど

羽生君がオーサーについたのは

「色々考慮して結局ベストな選択がこれしかなかったから」

なんだと思うんだ。

やはり以前使っていた場所より環境が良いトコロに落ち着かせたいでしょ?

特定強化選手なのにそれまで(震災の影響もあって)リンク難民だったり

アイスショーで他の選手のジャンプ見て学んでたり

ななみ先生以外の方にも色々教わってたり(都築先生の名前があがってたっけ)

振り付けの手直し受けたりしてたみたいだけど

以前使ってたリンクも使えるようになったとはいえ

ななみ先生のトコロ、彼以外の男子選手皆辞めた…とかいう話あったよね?確か
(男子選手達のご両親の家庭の事情等あるだろうしね)

クリケットだと励みになるライバル兼仲間もいるしね。

(先生方の質がどうかわからんけど)コーチ分業制だし

リンクにも困らない。

私はこの子が好む選手から考えればロシアンスタイルの方が相性良いんじゃないか?

…とも思ったが、

ソチ五輪前にしてロシアも「よその国の選手みるな」と言われている話あるしね。
(それ考えるとモロゾフは変わり者だわ…ホント…)

一部のベテラン選手達のように独自のコネクション持っている訳じゃないしさ…

…で、連盟の中にここと太いパイプある人間がいたんだろうね。(誰かは知らん!)

それで今のようになった…と。

彼とななみ先生の関係が好きだったファンもいらっしゃるだろうが
(私はウィルソンの振り付け見て、やはりななみ先生は彼の理解者だったなあ…と感慨に浸ることはある)

海外修行をさせるのは悪く無い。

それにオーサー婆…

ナンダカンダいって彼にとって悪い指導者とは思わないんだ。

ジャンプに走りがちな彼に

ファンデーション(基礎)が大事

…な~んて言い聞かせてる記事があったっけな。

ただ問題なのは

彼とオーサー(そしてウィルソン)の間でちゃんと意思の疎通とれてんのか?

…まあ…心配なのは↑コレですわ。

あと、オーサー側と日本スケ連側の疎通

何処の記事だったかは失念したが、それを読んで

「嗚呼…オーサーは彼を育てることを長期的な目で考えているんだなあ…」

と思ったのがあったのだ。

何が何でもソチ五輪でメダルを!…ではなく、どちらかというと平昌五輪で…と考えてるような…

羽生君ファンと思しき方の中には

「なんです君優先に考えてるの!?(`◇´*)」

とかいう書き込みもあったかな?それは多分その内容に対してだったのだろうな…と思う。
(ソースがあやふやでホント、申し訳ない…)

だが昨季の日本スケ連のやり方を見ると

「なにがなんでも彼をエースに…」と急ぎ過ぎていたと思う。

よりにもよってステップ巧者D・タカハシのステップと比べ「ないです…ないです…」なんてやっちまったものだから

D・タカハシのファンの一部からも微妙な目で見る方が増えたと思う。

(PCSのSSの点も妙に高くなった。オーサーの政治力(?)の為?と思う方もいたろう)

慌てるとロクなことないんだって…

色々と傍から見ると無理がありすぎる部分が目立った。

確かに彼の方が4回転の確率は高いけど…

やはりスケートはそれだけじゃない。

オーサーのチームが陸練や体力作りに力入れているのかはちょっと分からん。
(それともスケ連のトレーナーさんとか付いているのか?)

まあ、でも、どちらにせよトレーナーさんはついてると思うんだよね。

オーサーにしてみたらジャンプだけではなく、

体作り、スケーティング強化、より幅広い表現…と…

それらをきちんと(ソチに間に合わないにしても)揃えることも考えていると思うんだよね。

コーチが政治力ある(?)というのも選手にとって悪いことではない。

(真央ちゃんファンとしてはムカつくトコロもあるが)
羽生君のこれからを考えていくと決してクリケットに行ったこと自体は悪くないと思う。

ま…

頑張れや…

…で今日は終了。

他にも彼に関して書きたいことあった気もするが眠気で思い出せん…(おい…)

ま、思い出したら書こうっと…

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

ウィルソンのプログラム。

彼も人気振付師故

「●●は良いプロだけど…○○選手のは…」

なんてことも聞く。

ローリーほどコテコテツナギでないにせよ
(コストナーさんのは最近そうでもないかな?)

彼のプロもやはりSS巧者の方が光るプロであることは確かだろう。

スケーティング…頑張れ…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

あ…そうそう。

レスは後日致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« ハンヤン君のバンケ写真を見て一言 | トップページ | Yngwie Malmsteen I'll See The Light Tonight »

コーチたち」カテゴリの記事

振付師」カテゴリの記事

羽生結弦」カテゴリの記事

コメント

改めて動画を見ると、やはり、才能あるんだな・・・羽生選手。
昨年のSSの評価については、わたしもタレミミ様同様、もんもんとする思いがあったのですが、たぶん、SSはスケートの滑りそのものだけでなく、ジャンプのあとの流れであるとか、難しい入り方ができるとかの高難度技術をもっているとか、そういうことも左右されるものなのであろうと、勝手に自分を納得させてました。
昨年より、少し滑りが雑になってる感はありありですね。なんでだろ?

わたしが彼について気になるのはとにかく背中の弱さなんですわ。(腹筋もだけど) 僧帽筋と背筋が弱いから、腕を美しくのばせない。常に肘がさがってしまう。そのため、振り付けのていねさが感じられない。そのへんショートのほうは目立たない振り付けになっているけれど、王道系のプロになると腕つかいも美しくないとごまかせませんからね。と、いうか、ウィルソンの振り付けは羽生くんに対しては、腕は全く求めていないみたい。
それでも、昨年よりは筋力アップしたのか、猫背と首の突出しは直ってきたように見えます。
シェレミー・アボットの滑りがなぜにあれほど美しく見えるかというと、わたしは個人的には、首から背中にかけての美しさが関係していると思うのですよ。でも、彼はジャンプがありゃりゃですからね~背中がまっすぐであればいいというのでもないのかもしれない。

才能は世界一だけれど、まだ若い、ゆっくり育てていくわよ!と思うオーサーに対し、すぐにでもPちゃんに勝ちたい羽生くん、そんな感じなのかな・・・

高橋ファンだから羽生君のことに「いちゃもん付ける」と思われたくないのですが(思って貰ってもいいけど)。
去年のN杯と言い、全日本と云い、大輔さんは勝ったと思ったのに負けたでしょ。あの時の増塵の煽りや高得点連発に異常さを感じて、あの頃からオーサーのこれで、ロビー活動が実ったのかなあって感じましたよ。彼の性格が見た目の可愛さと”闘争心丸出し”のギャップが高橋大輔の見た目と本心は(闘争心=負けず嫌い)はあるが、
自己否定型(謙虚)とのギャップの差が感じられ、今回カナダでのSP後の不満態度に現れていたように思いました。
本人も周囲ももっと、長い目で未来のエースを育てて行けば良いのにと本当に残念に思っています。絶対的エースとは心身共に強く、大きいものを背負って行かねばならない存在です。楽天の田中マー君のように誰からも愛され
認められるような存在こそが絶対的エースですから。現時点でフィギュア界のエースは高橋大輔しかおりません。故に現エースを追い抜くより、見習う姿勢を見せて欲しいですね。

「生き急いでいる」
っていうのが本当に、ぴったりの表現だな、と思います。

スケーティングも、姿勢も、体力も、1年やそこいらで目に見えて成長するのは
無理なんだから、年齢に合わせ、じっくりと積み上げてほしかったです。
せっかく、申し分のない環境(カナダは嫌いですが、良いものは良いし、しょうがない)に身を置けているのですから、もったいない…。

才能もあるし、見た目も美しい選手ですので、日本スケ連が一気にメダル候補にと飛びつくのはしょうがないですが、 
昨シーズンのエース対決の異常なまでの煽りのせいで、明らかに今シーズンに
悪影響を及ぼしていますよね…。

(これが、キャナダの策略で、まんまと掛かったなんてこたーないだろうな!?)

フィギュアは格闘技ではないのですから、メディアや関係者は「打倒~!」
などと、選手達を煽って欲しくありません。ホント自国の選手を潰すことしか
しない!

羽生選手はまだ若く、なかなか自分を冷静に俯瞰するのは難しいのでしょうが、
「勝つため」ばかりを考えるのではなく、昔は良く言っていた「プログラムを通してストーリーが見えるような演技」をする為に、自分だけに集中してくれないだろうか…と思います。

やはり、英語でのコミュニケーションで、心の奥底まで意思を通じ合わせるのはたいへんでしょうね。
ななみ先生が側にいてくれたら…と、甘えたおばちゃん根性が出てしまう…。

私も羽生くんは生き急いでると思っているくちです。
まだ、18歳だし彼は喘息を持ってるので激しい運動はできないはずですよね。
彼の体力の問題は病気のせいもあると思います。
喘息と付き合いつつ、体力をつけていって平昌OPで台乗りでもいいと思います。
ナンデスくんにメダルをとオーサーが思ってるなら、寒村がスポンサーについてるからかもしれませんよ。
KYさんからのお付き合いがある寒村。
日本人台乗りを阻止したい寒村。ナンデスくんが今年の世選で台乗りして、日本人はなし。
寒村はさぞ、ほくそ笑んだでしょうよ。

全日本までもうすぐです。
男子は誰がOP3枠に入るのか、ほんとにわかりません。
まっちーが今絶好調なので、彼が有力候補の1人かもしれません。
だけど、大輔さん・ゆづくんはどちらかといえば、不調です。
年末の全日本までに誰が名乗りを上げるのか、これからのGPSの試合結果次第になりますよね。

>(これが、キャナダの策略で、まんまと掛かったなんてこたーないだろうな!?)
yomi さん、私も同じこと思ってます!
羽生選手が拠点をキャナダへ、そしてオーサーに師事すると聞いたときは
何かモヤモヤ、何かきな臭い…ってくらいだったんですけど、
昨シーズンと今回のSCを終えてみて、“何か” が取れつつあるといいますかね…^^;

タレミミさん、私の興味はNHK杯を通り越してエリック・ボンパール杯だったりします。
(いや、高橋選手はもちろん応援してますよ^^)
羽生選手、またPさんと当たりますよね。 そして中国杯優勝のハン・ヤン選手とも!
(てかナン・ソン選手、また後輩と一緒なのか^^;)
“滑り” という点ではハンヤン選手の方がスピードといいスルスル感といい凄いと思います。
そのスケーティングを生かしたジャンプも素晴らしい。
試合ごとにジャッジは違いますが、同じ大会に出た時のPCSの出方が気になりますね。

GPS3戦終了しましたが、SP・FS・トータルスコアのトップは依然SAの町田選手!
シリーズ後半戦、ファイナル、ナショナルとドキドキが続く五輪シーズンです !!

追伸。 “滑り” の比較は羽生選手とハン・ヤン選手についてです。
言葉足らずでスミマセン^^;

初めてお邪魔します。

私はシニア・デビュー以来、羽生選手を応援しています。
なぜファンになったかの経緯や、彼の魅力を語り出すと長くなるので止めておきますが、どうもカナダに行ってからの風当たりの強さが気になって仕方ありません。
昨年5月のNumber等を読めば、彼がカナダ行きを選んだ理由が良く理解していただけると思うのですが、国内にはオーサーと聞いただけで拒否反応を示す人達が多いですし。(同僚にも言われました)
昨年の全日本後の逆風もひどかったですね。同じ国の選手をなぜ、あれほど叩くのか、という感じで、ファンである自分も相当凹みました。

今季のフリーにロミオとジュリエットを選んだ理由をご存知ですか?余り選曲には拘らない羽生選手が、今回だけは希望を通したい、と自ら選択した曲です。(今シーズンを震災を含めた4年間の集大成と位置付け、被災して拠点を失った為、全国をショーで巡りながら滑った2シーズン前と同じテーマを選んだ)
今回は2種クワドに始まりジャンプの入りも難しく、繋ぎも大変な高難度プロで、はっきり言ってハードル高い、と思っています。クリケットでの練習の様子を見ていたら、ステップにも気持ち籠っているのですが、コンペとなると、どうしてもクワドに気が取られるんでしょう。

色々思うところはありますが、ファンとしては見守るだけですね。

>わんこ様

>昨年より、少し滑りが雑になってる感はありありですね。なんでだろ?
ジャンプが去年より決まってないからだと思いますよ。
それで余計アラが見えてしまっているのかと…。
>わたしが彼について気になるのはとにかく背中の弱さなんですわ。(腹筋もだけど) 僧帽筋と背筋が弱いから、腕を美しくのばせない。常に肘がさがってしまう。そのため、振り付けのていねさが感じられない。
シンプルに言えば…「身体鍛えろ」に尽きるんですよね。(^_^;)
体幹。…この言葉は他のスケーターの記事や本読んでいてもしつこく出てきます。
彼も色々試しているでしょうけどね。
あせると振り付けがお留守になっちゃう…というのもあるかな。(ウィルソン振付)
でもこれからの選手ですよ。
下手に早くから持ち上げて、潰すようなことはしないで欲しい。
(この辺は特に日スケ連サンにお願いしたいっ!)

>ひまわり姫様

>・・・大輔さんは勝ったと思ったのに負けたでしょ。
彼の最新本にこの時のこと出てきますが、羽生君のこと認めつつ、悔しそうでしたねえ…(´Д`;)
>ロビー活動が実ったのかなあって感じましたよ。
これは間違いなくあったでしょうね。
>今回カナダでのSP後の不満態度に現れていたように思いました。
あの態度はあまりよろしくなかったですね。言葉で意思の疎通出来てなさそうだから余計にそう思いました。
(ななみ先生との時はあーゆーのなかったですよね…)
ただ、オーサーはリッポンのコーチだった時も同じ態度とられてるんですよね(笑)
だからというんじゃないですが、「当たりやすい人」なのかも…(それはないか…)
>絶対的エースとは心身共に強く、大きいものを背負って行かねばならない存在です。
高橋大輔も…今は…ね…心若干弱くなってたようですが(^_^;)
羽生君にとって「エース」ってまだ負担になる重さかもしれませんね。

>yomi様

>スケーティングも、姿勢も、体力も、1年やそこいらで目に見えて成長するのは
>無理なんだから、年齢に合わせ、じっくりと積み上げてほしかったです。
元々スケーティングに定評がある選手でしたら、1年でもグンと更に伸びること、あるでしょうけどね。
申し分ない環境を思い切り利用していただきたい。
(え…英語も頑張れええ…)
>才能もあるし、見た目も美しい選手ですので、日本スケ連が一気にメダル候補にと飛びつくのはしょうがないですが、 
>昨シーズンのエース対決の異常なまでの煽りのせいで、明らかに今シーズンに悪影響を及ぼしていますよね…。
はい…。それ考えると、女子選手の方がそういうものに耐性があるような気もします。
>(これが、キャナダの策略で、まんまと掛かったなんてこたーないだろうな!?)
はっ!(((゜Д゜;)))
か…掛かったふりして…り…利用してやれぃ!!
>フィギュアは格闘技ではないのですから、メディアや関係者は「打倒~!」などと、選手達を煽って欲しくありません。ホント自国の選手を潰すことしかしない!
Pさんを「絶対王者(笑)」と連呼するのも勘弁して欲しい。面白がっているだけでしょうけどね…
>「勝つため」ばかりを考えるのではなく、昔は良く言っていた「プログラムを通してストーリーが見えるような演技」をする為に、自分だけに集中してくれないだろうか…と思います。
このスポーツってホント、メンドくさいですよねえ…ブログやってて言うのもなんですが。

>はな様

>まだ、18歳だし彼は喘息を持ってるので激しい運動はできないはずですよね。
今19歳になったんじゃありませんでしたっけ?
喘息を克服したアスリートの方、結構いらっしゃいます。
彼にもそれを期待しちゃいますね。
>ナンデスくんにメダルをとオーサーが思ってるなら、寒村がスポンサーについてるからかもしれませんよ。
ただ、なんです君って…あくまで見た感じですが、あまり欲無さそうに見えるんですよね…(^_^;)
勿論勝ちたい気持ち強いでしょうが…お国柄のせいもあるかな?
(そういう人が金をかっさらうこともありますけどね…はい。)
寒村ついていても例の方とは立場違うでしょう。(国も違うし五輪招致の使命もない…)
>男子は誰がOP3枠に入るのか、ほんとにわかりません。
特に日本男子は予想つきませんね…
町田君が全日本の時期になっても今の好調を保てるか?
…も見所でしょうね。

>まっきー様

>>(これが、キャナダの策略で、まんまと掛かったなんてこたーないだろうな!?)
>yomi さん、私も同じこと思ってます!
まっきー様まで!(笑)
やはりキャナダは一部のスケオタさんの間では信用ないですね…
バンクーバー五輪で色々やってくれた…ってのは大きいですね。はい。
>タレミミさん、私の興味はNHK杯を通り越してエリック・ボンパール杯だったりします。
>羽生選手、またPさんと当たりますよね。 そして中国杯優勝のハン・ヤン選手とも!
“自撮り王子”ですか…(´Д`;)ナンソン君よりやはり彼は点数出ますね。
ジュニア時代の演技動画見た時「Pさん臭」がしました。まだ中国杯見てないのでこれから見ま~す…
このメンツを見ると羽生君も万全…とは言えないでしょうな。
やはり全日本が怖いっ!!((((;゚Д゚))))

>Rei様

>どうもカナダに行ってからの風当たりの強さが気になって仕方ありません。
>国内にはオーサーと聞いただけで拒否反応を示す人達が多いですし。(同僚にも言われました)
同僚の方にも言われたのですか…(°д°)…
やはり日本女子に色々やってくれた…と、例の国のあの方を想像しちゃうフィギュアファンが多いかな?
あと…「エース扱い」の点数が出るようになったら、どうしても風当たりが強くなるものですよ。
それは覚悟しなきゃならんトコロですね。仕方がないです。はい。
長年エースを張ってきた人間を追い落とすことにもなりますしね。
「強者」扱いされてることの証明でもありますよ。
>今回は2種クワドに始まりジャンプの入りも難しく、繋ぎも大変な高難度プロで、はっきり言ってハードル高い、と思っています。クリケットでの練習の様子を見ていたら、ステップにも気持ち籠っているのですが、コンペとなると、どうしてもクワドに気が取られるんでしょう。
クワドはそれ程負担かかるものだと思います。
他の選手の演技見ても思います。同じプロでもクワド跳ばなかった時の方が完成度高かったり…ということはあります。
ファンってのはホント、見守ること以外出来ませんねえ…

タレミミさん申し訳ない! 中国杯、ネタバレみたいになっちゃいましたか?
演技をご覧になってる前提でコメントしておりました、スミマセン^^;
相変わらずスイスイ滑っておりましたよ~。
先程、羽生選手とハン・ヤン選手の“滑り”について申しましたが、
当然ながら、Pさんとハン・ヤン選手の“滑り”の比較にも(評価も含めて)興味津々!
あ、そうそう、ネタバレついでにもう一つ。レクサスの存在感をお楽しみ下さいね。

Rei 様、横から失礼いたします。
>昨年の全日本後の逆風もひどかったですね。
そんなことはなかったような…。
続く四大陸と世選では“新エース”って風が内外に吹いてましたよね?
タレミミさんが上手くおっしゃってますが、
「エース扱い」 の点数が出るようになったら、スケートだけじゃない、色んな事も付随してくる。
そこは年齢が若いとか関係ないですから。諸々すべて受け止めるのが 「エース」 なわけで。
この先、日本男子を代表する選手として、生き急がずに長く活躍してくれるといいですね。

まっきーさん、
エースに年はそりゃあ 関係してくるでしよう。 spキスクラでの羽生君の態度でわかるじゃないですか。公の場所であの態度はないでしょう。まったく子供だなあ。高橋が長い間エースと言われてきたのにはそれだけの理由がある。人格もかかわってくる。

まっきー様
こんにちは!
やっぱり、キャナダ、絡んでますでしょうか(;´д`)トホホ…
く、く、くっそぉぉぉ~!(*`ε´*)ノ

タレミミ様
度々失礼します!
>はっ!(((゜Д゜;)))
か…掛かったふりして…り…利用してやれぃ!!

思わず吹きました(笑)`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!、


k 様へ
> 公の場所であの態度はないでしょう。
全くおっしゃる通りですよ。なので叩かれて凹んだというコメントに対し
そう言う立場になったら、ただスケートを滑ってればいいというだけじゃなく
それ以外のところでも色々と求められる。
「年齢が若いのに○○○○○」 というのは通らない、とお伝えしたかったんですけどね^^;
わかりにくかったようでスミマセン。

ちなみに、こちらのブログには以前からコメントさせて頂いてて
私は高橋選手のファンです。音と共にある演技が大好きなのは勿論ですが
同時にコメントや立ち居振る舞いなど、本当に素晴らしいなぁと常々思ってます。
いよいよNHK杯。応援メッセージもバッチリ済ませてきましたよ^^

今回お一人お一人ではなく、まとめてレス致します。
失礼っ!

まあ…これからの人だし…態度に関しては
これから気をつければ良いかな…とは思いますわ。
(注意がいってるとは思いますがね。コーチが言わないのであれば、日スケ連さん側からあるべしと思います)
実は今、スケカナのEX録画で見ています。
羽生君、EXで奈々美先生のSPプロやったんですね。「悲愴」
彼は今奈々美先生のトコロが恋しいんじゃないかしら?(まあ、ただの妄想です)
一気にトップ選手になった故の孤独と重みと向き合っている最中じゃないですかね?
言葉の問題もあるし。
そうだとしても…彼自身が乗り越えなきゃならんことなんですがね。

タレミミさまこんにちは。
そうですねえ、私は彼の演技や勝気な性格は基本的に嫌いじゃないだけに、なんとも言えない気持ちになります。
強さを求めてオーサーの元に行ったのは事実だろうし、奈々美先生のところって生徒がスケータがとても多くて、羽生君はその中から突如出てきた天才的な存在だそうです(あくまでその場所での比較ですが、奈々美先生を貶める意図など全くないです)
だから外へ行くのは必然であっただろうし、山田コーチが真央ちゃんを海外へ送り出した時のような気持ちで、奈々美先生も羽生君を送り出したと思うのです。
真央ちゃんをいじめたオーサーのところに行ったから嫌い、ではないです。

ただ、戦略としては十分理解できるけど、なぜオーサーなのか…オーサーでもいいけど、奈々美先生のような本当の意味での愛情まで求めるのは無理、とはっきり感じています。
スポーツなんだから勝ちを追及するのは当然ですけど、今年の彼の演技を見ているとまさに「生き急いでいる」「焦って結果を求めるあまり他が失われている」ように見えてしまいます。
自分が小児喘息で苦しんだ経験があるので、多少同情的に見てしまっているのかもしれません。

ご不快になる方もいらっしゃるかもしれませんが、叩かれ方(多くは知りません)は佳菜子ちゃんがシニアにあがった時と似ているような気もします。
あの時、真央ファンの多くは「これだからマオタは~」と言われるのを恐れて沈黙していた人が多かった印象があります。
デビュー当時の佳菜子ちゃん同様メディア、いえ増塵やジャッジの責任も大きいです。

いい選手だけど点数が高すぎる、と言われ始めたのも海外ブログ様が最初でした。
私は某所で可愛いしダンスも上手いし勢いもあるし性格もめちゃ可愛い!ただジャンプに癖がありすぎて今後が心配、と書いただけでアンチ認定され、少なからずショックを受けました。
(私はチキンだし、合わないブログ様には行かない派なのでそこには二度と顔を出さず忘れていましたが、実はその方は先日騒がれていたAnDさん関連の方でした…)
自慢じゃないけど私はシニアデビュー前からかなり佳菜子ちゃん好きだったし、知りうる限り公平な立場で書いているブログ様も同じようなことを書いてらしたので、ほっとしましたが←チキン
正直言って、羽生君の言動を追うほどの情熱は持ち合わせていませんが、普通に考えて誤解を招くような発言は慎んだ方がいいですよね。
ファンの方の多くも言動を心配されている方が多いようですし、Andさん見てると苦言を言ってくれる人が周囲にいるうちが華だと思わずにいられません。

人によって見方は様々ではあります。
でも、去年のジャッジは私も高すぎると思っています。
温厚な父(高橋ファン)が、去年のジャッジにはさすがにムッとした顔をしていて、やっぱり普通じゃないよな、とも。

私は大ちゃん真央ちゃんが大好きですが、ある意味あの二人は「性格含めて天才で特別」だと思っているし、そこまで他の選手に求めてはいません。真似しようとしても無理なレベルの気もします。KY陣営まで行っちゃうともうアスリート枠からはみ出しちゃいますが。

まあ緩い気持ちで成長を見守っていきたいです。
結構ぶっちゃけて書いちゃったので、認証されなくても構いません。お忙しいのにすみませんでした。

>りほ様

こんばんは。
>今年の彼の演技を見ているとまさに「生き急いでいる」「焦って結果を求めるあまり他が失われている」ように見えてしまいます。
う~ん…コレは感じますねえ…「何」なのか上手く説明出来ませんが、スケーティング以外でコレが気になりました。
以前のプロ演じてもね…何かその頃見た時と「熱」が違うというか…以前ほど引き込まれないんですよ。
今が正念場なのかもしれませんね。
勝気なのは結構なことだ…と私は思います。競技者ですから。
喘息、克服していただきたいですわ。

>いい選手だけど点数が高すぎる、と言われ始めたのも海外ブログ様が最初でした。
そうだったんですか!私は青嶋ひ●の氏が書いた「村上佳菜子は魔性の女だ」とか書いたちょっと気持ち悪いコラムのことは覚えてます(笑)褒めてたんですけどね。どうも文が…
>ただジャンプに癖がありすぎて今後が心配、と書いただけでアンチ認定され、少なからずショックを受けました。
コレはアンチでなくても指摘されていたことでしたがね。沸点低いトコロは要注意…ですね。(私も気を付けよう…あの方、やはり美姫ちゃんファンなのかにゃ?)
>Andさん見てると苦言を言ってくれる人が周囲にいるうちが華だと思わずにいられません。
あはははは…(;´∀`)思いますね。激しく同意です!
>温厚な父(高橋ファン)
この何気ない一部分が非常に羨ましい!わが父は「野郎のスケートなんて興味ない」で終了ですよ…
…で下衆なこと…ある意味ラ●ール石井以下です…_| ̄|○
>「性格含めて天才で特別」
どんなに出来た選手であっても、こう言われてしまうエースの後って継ぐの、難しいでしょうねえ…

タレミミさま、すみません。
お早いレスありがとうございます。
かのん改めりほです。
実はこちらに伺うようになった頃にちょっとフィギュア関係が不穏だったこともあり、私のチキンが発動して別名で書き込みさせていただいておりました(←我ながら最低)

でも、他は全部こちらの名で書き込んでいるので統一いたします。
失礼いたしましたが、これからもまたタレミミさまに甘えて勝手な書き込みをすると思いますので、適当にお相手してやってください。

>りほ様

そうだったのですか。
このブログは結構テキトーな部分が多いのであまり気になさらず…
“香ばしい”もの以外であれば書き込み歓迎…であります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1824253/53830867

この記事へのトラックバック一覧です: 羽生君とオーサー(時々ウィルソン):

« ハンヤン君のバンケ写真を見て一言 | トップページ | Yngwie Malmsteen I'll See The Light Tonight »

フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー