« 幸せの黄色い社長~レイチェル・フラット 2011全米選手権SP「エデンの東」 | トップページ | 2ちゃん的フィギュアスケート~あらかーさん篇 »

2013年12月18日 (水)

ヤグディン 2001世界選手権 SP 「革命のエチュード」

日常生活の諸事情に疲れているのか…

別に悪いことがあった訳ではないのに

どうも力が出ないということがある。

そんな時に見たくなるフィギュア演技動画がある。

「お前はこんなトコロで終わる人間じゃないだろ!?」

厳しいながらも自分を支えてくれそうな…

そんな檄をとばされた気分になることもある。

素のヤグ先輩はそんな人ではないかもしれんがな…(;^ω^)

動画主様による動画説明
(ホント…今までお世話になった動画の主様には感謝しかないぜ!good

 痛めた右足が悪化して前日に2本、直前に3本の痛み止めを注射して滑ってます。足の感覚は多分なかったでしょう。オリンピックの出場枠のためもあるけど、何より大会を棄権するという考え方が嫌いだったとか(ヤグらしい) 

…とのこと。

昔からのフィギュアファンにはお馴染みな話であろう。

それでも大技しっかり決めるトコロはやはり帝王。

ヤグディン 2001世界選手権 SP 「革命のエチュード」キスクラつき

拳を振り上げる動作がこれ程様になる選手も珍しいかもしれん。

チラリと見せるランジがちょっとしたアクセント。

繋ぎ部分も気合入りすぎなくらいだが

ステップ…本当に鬼神でも乗り移ったかのようだ。

この曲は比較的馴染みのあるクラシック曲だが、実はこの曲をステップで表現するのって難しいのではないか?

ステップ巧者じゃないと絶対曲に負ける。(プラス恐ろしいくらいの気迫・オーラ)

そんな怖さも孕んだ曲だと個人的には思う。

恐ろしい位の気合だが彼の表情は涼しげにも見える。(が…顔色が悪いような…。相当無理してるよ…)

演技終了後は喜び爆発。(分かる…分かるよ…)

お客様の歓声が演技終了前から大きくなってきていて

最後の方音楽が聞こえない…

この頃のお客様達(北米?)の熱が今と違って見える。

ちなみに

この演技での拳を握り締めるタラソワさんはコチラ↓の動画にある。

ヤグディン 2001世界選手権 SP 「革命のエチュード」キスクラつき(CTV)

若いわ…タラソワ先生…

お綺麗っス。

そして相変わらず応援の気迫が素晴らしいっス。

今健康を崩しておられるようだが(入院した…とか…風の噂で目にした)

ソチ五輪では元気になられますように。

やはり責任重大でストレスも半端ではないのだろうな…

元々の慢性的にかかえている不調もあるのだろうけど。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

ヤグディンをリスペクトしてやまない選手の演技動画で締めようと思う。

ブライアン・ジュベール French National 2010 FS(第九)

</p>

ここでは4回転を回避しているが、

なかなかの良演技。

やはりヤグヲ魂が…いや…なんでもないです…

本当に好きなんだね…

それにしても…

ほぼ同じな衣装だが

何処か本家と比べるとハズしているような気がしないでもない。

基本ヤグさんの体型に合わせた衣装だからなのかもしれんな。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

昔、リリー・フランキー氏がEテレの「私のこだわり人物伝」という番組の中で松田優作について語っていた。

最初彼と松田優作というのはどうも結びつかなかったが熱烈なファンだったらしい。

自分の中に松田優作的なものが住んでいるのとそうでないものでは男の生き方が違ってくる

…な~んてことを話していた気がする。

彼のイラストからは想像出来ない言葉だった為か、私は非常に驚いた。

「脳内兄貴」とでもいうのか…

自分が怠けたりしている時に

「だからお前はダメなんだ!!」

…などと喝を入れてくれる存在なのだと。

故人をそういう風に活かす方法もあるのか…と思った。

実はタレミミも

密かに松田優作をリスペクトする者の一人である。

残念ながら私の脳内兄貴はリリー氏の程

働いてくれなかったりするのだけれど…

ヤグディンの「革命」について書いていたら

何故かそのこと思い出しちまったよ。

おまけ動画(コレ、怖いです)

リップヴァンウィンクルのお話とその後で

http://www.youtube.com/watch?v=ETZuh9D8LY8

(埋め込み出来ないもので)

映画「野獣死すべし」のワンシーン。

彼の演技を受ける室田日出男のビビリ具合もGOOD。

コレ見た時、

演技ではなくて

芯からイカれてる人だと思ったものです…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 幸せの黄色い社長~レイチェル・フラット 2011全米選手権SP「エデンの東」 | トップページ | 2ちゃん的フィギュアスケート~あらかーさん篇 »

アレクセイ・ヤグディン」カテゴリの記事

コーチたち」カテゴリの記事

ブライアン・ジュベール」カテゴリの記事

レジェンド」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ありがたや!
ヤグ様動画!
これを見ると、おなかの底から熱くなります。
サッカーの、すっごいプレーを見た時の感覚に似ています。
この時はアイスダンスと男子フィギュアに
はまってました~~

そして、松田優作の「野獣死すべし」は凄すぎ…
たしか、あのシーンは全く瞬きせず撮りきった、有名なシーンですよね。
役作りの為に奥歯を抜いたり、とても人間とは思えないストイックさで
ホント、イカレテルとしか思えない…
ちょっと、ロバートデニーロの「タクシードライバー」を
思い出します。

松田優作さんが出た最後の映画
「ブラックレイン」のオーディションでも
審査員の全員が、あまりの鬼気迫る演技に驚いたそうです。
圧倒的な大差で合格、上映後もハリウッドでは
「あのジャパニーズは誰なんだ?」とすごい反響だったのに…
激しすぎて本当に短い人生で、ほんとうに惜しい…なと思いました。

ヤグオタなので参上しました(わくわく!)
革命は、大会ごとにかなり振付が違ってるんですが、曲とずれてもアドリブ力があるせいか、毎回違うキメどころでキメられるのがヤグらしいところです。
個人的には、こちらのスケアメの、前半のサーキュラーステップの腕のムーブメントがきびきびとしていながら優美でお気に入りです(1:23ぐらいから)
http://www.youtube.com/watch?v=XIEDNrbBp-Q
お時間あったら他の大会の革命も観てやってくださいませ m(_ _)m

タレミミさま、このヤグディン様を取り上げてくださって、ありがとうございます。
嫉妬、ねたみ、金勘定がとぐろを巻いているかのように見えるフィギュアスケートの世界、でも、やはり、こんなにも素晴らしいから、私はやはりフィギュアスケート競技を愛する!と思いました。
タラソワ&ヤグディンは、素晴らしい!!!
どこかのババアよ、この演技のどこが「私を見て!」ですか!!!そんなものを超えて、ただ、ただ、自分の全力を尽くす、それこそが、スポーツの魅力なんですよ。(怒り、おさめようと思っても、まだおさまらず・・・)

タレミミさん、こんばんは。
ヤグさんのプログラムで、革命のエチュードが一番好きです・ 曲負けしてないですよね。最初から最後まで、魅せられ、引き込まれ、あっっというまに終わってしまう。初めてみた時、強烈でした。タラソワさん、若くて、やっぱりキレイです。教え子への愛がビシバシ感じられますね!うふふ。
年末もあり、仕事が忙しくてキリキリいるところに、ストレスになる忘年会も重なったり、心身ともにお疲れモードに入っているこの頃、これみて、自分に喝を入れます。ありがとうございまーす!

ヤグの革命につられて・・・
見たら、この頃はよかったと悲しくなりました。
今の観戦がどれだけ悲しいものか、身に沁みてしまった。

ふうぅ~う。日常生活の諸事情に疲れてもいるし、
ここへきて、ちょっと、思うようにいかないことが続き、
少少めげていましたがナイスなタイミングでガッツな
ヤグ動画をアップして頂き、有り難うございます。

正に鬼気迫る演技でした。一瞬たりとも止まらない動き。
ずっと見ていたいのに、あれっとい間に、もうフィニッシュ。
こういうのを「鳥肌もの」と言うんではないでしょうか。
それにしてもタラソワさんが若い!!熱い!!
この二人、本当に美しい師弟です。

どうも気力がわかない時に見たくなるヤグディンの「コレ」
現在の私は残念ながらやや無気力気味になっておりますが
また「革命」見て己を奮い立たそうと思います。
この競技自体には完全に「冷めて」おりますが…
もう書きたいこと書いて終わりにすりゃいいじゃん!
…というのが現在の心境。

>yomi様

私もこの演技、お腹の底から熱くなります。
男らしさをむき出しにしている訳ではないのに「男」を感じさせる演技でもあると思います。

優作はね…
芝居キ●ガイだったと思います。
羨ましいくらいに。
ブラックレインは純粋な悪の結晶を見せてくれました。
あそこまでいくと「美」すら感じましたよ。
ブラックレインの彼の役(サトーでしたっけ?)本当は死ぬ予定だったそうですが、
彼がお客様に好評だった為逮捕されて終了になったとか…
続編が作られることも考えられていたという話はあながちタダの噂ではないかもです。
友人だった水谷豊氏の現在を見て、
「彼が生きていたら“相棒”にゲストで出演してくれたかもしれないなア…」
なんてボンヤリ思うこともあります。

>生姜様

ヤグオタ様キタ━(゚∀゚)━!
同じ人間が同じ音楽で同じ振り付けのものを演じても、その時の状況や心境で演じ方が変わってくる。
その辺を見て楽しむのもフィギュアの醍醐味かもしれません。
スケアメの方が優雅さはありますが、やはり何度も見たくなるのは2001世界選手権のかもです。
今の私の精神状態にも関係あるかも…(^_^;)
時間できたら「革命」巡りやりたいです。はい。

>わんこ様

私はフィギュアスケートの演技は大好きですが、その他のこの競技にまつわる諸々にはほとほと愛想が尽きました。
>タラソワ&ヤグディンは、素晴らしい!!!
激しく同意!激しく同意!!(大事なことなので2度言いました)
>どこかのババアよ、この演技のどこが「私を見て!」ですか!!!そんなものを超えて、ただ、ただ、自分の全力を尽くす、それこそが、スポーツの魅力なんですよ
激しく同意!×(3回)
しかもそのBBA…懲りずにまた真央ちゃんネタに記事書いてるし…(╬゚◥益◤゚)

>さくら餅様

曲負けしてないのも素晴らしいですよね!そして優れた演技者全てに当てはまりますが、あっという間に終わってしまう。
私も自分に喝を入れつつブログ頑張ります!(…と言いつつ“あまり頑張れないかも…”と弱気な自分がまだいます)

>blueberry様

>見たら、この頃はよかったと悲しくなりました。
>今の観戦がどれだけ悲しいものか、身に沁みてしまった。
このコメは19日に書かれたものなのですね。
残念ながら28日今、より観戦が悲しいものになってしまった…かもしれません。

>青海様

>少少めげていましたがナイスなタイミングでガッツな
>ヤグ動画をアップして頂き、有り難うございます。
私もコレ見て一時「上がった」のですが、例の全日本&代表選考の諸々で・・・・になりました。
鬼気迫る演技。この演技の背景を考えると他の選手に対して「こういうものが見たい」と言えないのですが
美しいものの裏側というのは常に残酷な事実が存在するものなのかもしれません。
本当に二人、美しい師弟ですわ・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1824253/54295263

この記事へのトラックバック一覧です: ヤグディン 2001世界選手権 SP 「革命のエチュード」:

« 幸せの黄色い社長~レイチェル・フラット 2011全米選手権SP「エデンの東」 | トップページ | 2ちゃん的フィギュアスケート~あらかーさん篇 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー