« 父とフィギュアスケートと草の根活動(?) | トップページ | 新年のご挨拶(昨年のお礼も込めて…) »

2013年12月28日 (土)

おヨナソンスのイメージ戦略に騙されてたアルよ

タイトル…某国ではなく中国テイスト入ってしまった気がするが

思わず口走ってしまったのがタイトルの台詞だったのでそのまま使用してみた。

前回記事のコメ欄を見て

そしてあるブログのUPしていたおヨナさん画像を見て(吹いた…)

いきなりおヨナソンスの小特集(?)をやりたくなったニダ。
(“キ●・ヨナソンスが気になります”というブログ様、面白い試みっスNE☆“ソンス”って“選手”のことニカ?ちなみに某掲示板の某スレでは真央ちゃんは“巻きます”とか言われてたっけ…何故“巻きます”なのかは未だに謎…)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

我が馬鹿親父を含め、

日本の一部の男性達を魅了したおヨナソンス。(プッ)

(あと、前回記事のコメ欄の貴重な御意見参照。ありがとうございましたm(_)m)

確かにバンクーバーの彼女は堂々とした姿であった。

この世に怖いもんなんかなさそうな程。

が、妙にハイになっていた為か…演技以外のトコロでは

「アンタ、蛇女ですか?」と言いたくなるようなベロ出し

その場にはそぐわないんじゃないですか?と言いたくなるような表情

を撮られたりしていたと思う。

演技では平常心(というか周囲を舐めてるかのようなゴーマンかましていたと思う)に見えたのに

それ以外では「精神不安定なんじゃないの?」な感じが透けて見え(ここでもゴーマンかましていたけどね)

何とも言えぬ心地悪さを感じていた。

ま、それは置いといて堂々とした女王様演出。

「彼女が金をとって当然だ」な雰囲気を時間かけて作っていき

五輪本番までそういう「空気」を保った訳で…

前回記事にも書いたがイメージ戦略は上手かったと思う。

「フィギュアスケート自体」の魅力というか…

それに関してはおヨナさんがナンバーワンとは思わなかった。

それぞれのエレメンツを他の選手と比べてみても

関係者たちが「別格」扱いする意味が正直今でもよく分からない。

ベタ褒めされるジャンプも

男子以上の加点が付くようにはどう見ても見えなかったし

あまりその頃ジャンプについて褒められてなかった真央ちゃんと比べても

「何かおヨナソンスのジャンプって…着氷後にガシャーンガシャーン!…って音がしそう…」 (…ニダ)

としか思わなかった。
(真央ちゃんはふんわり跳んで降りる感じで女性らしくていいじゃん…なんて思っていた。なのに何故おヨナソンスの方が女性らしいとか言われる意味が本気でわからなかったアルよ!)

スピンだってそれほど…だし

ステップも「そんなに上手い?」とニワカながらに五輪見た時思っちゃったし…

なによりスパイラル…アレは皆より点数高く付けたら完全にアウトでしょう…

もっと言ってしまえば「インチキ」でしょう。

美ポジじゃない上にグラついてるよね?アレ…

「女子フィギュア」ならではの美しさがトップ選手の割に無い気がするんだよナア…

だからあの時はやたらと「表現力っ!」だの「ココ!!」とか言われてたのかな?

最近気になった昔の画像をいくつか貼らせていただこう。

Photo
Photo_2
「敵将の首、討ち取ったり」

なんて時代劇等でこの顔で言われたら

討ち取られた敵将にお味方して同情してしまうニダよ…

実に見事なほど憎たらしい御顔である。

例の「おヨナソンスに撃たれたいニダ」な画像。

私、改めて画像見て思った。

あの時はまだキレイに見えていたのだけど(美女とは流石に思ってなかったが)

完全に騙されたな…と。

こんなbs…奴にマイムでも銃向けられたら撃たれたいどころか…

サンドバッグがわりに打つべし!打つべし!!o(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;

…になるわ…私なら…

今改めて見ると愛すべき美点があるとはゼッテー思えねえ…

コレに騙される人間はオレオレ詐欺に引っかかる善良なお年寄りのこと、言えないわ。

つくづくジャッジって私と感覚が全く違う人達なんだな…と思っちゃった。

こんな「点入れろや!おりゃ~!!!」な表情。

今改めて見ると「氷上の亀田ブラザーズ」かよ?と思っちゃったよ。(亀●興毅が女装した方がまだ可愛くなりそうな気がするわ。彼なら某国人に“疑惑の判定”で勝利できるらしいしね(笑))

いや~フィギュアのジャッジって滅茶苦茶我慢強いわ…

私ならムカついて脳みそが命令する前に「-3」押してしまうとおもう…(^_^;)

(ついでに真央やゲデ子や今井遥ちゃんのような選手が演技前にポーズとっただけで「+3」つけてしまうと思う…だって始まりのポーズの時の表情がツボにハマる綺麗さ感じる時あるんだよ…)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

何といってもおヨナソンスの凄さは

「必殺!ヨナバウアー(笑)」

だと思う。

説明は不要だろう。

画像を貼ってみる。

Photo_3
Photo_4

あ…そういえばクリスマス過ぎてたっけ…

まあいいや…(こちとら色々あってクリスマスどころじゃなかったぜ…チクショー!)

何げにシュールな画像だ…

Photo_5
Photo_6
Photo_7

帽子の奴が何といっても最高傑作だと思った。

コラですか?と思った。

見ようによっては心霊写真にも見えないこともない。

コレ見て「表現力っ!」っていうの抵抗あるわあ…

…表現のセンスあると思う?

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

たまにお邪魔しているのだが(読み逃げスマヌ…)

手相見姐さんのブログ「あんたたちもっと驚きなさいよ」

2013.12.21(土) に

ジョアニー姐さんかっけええ キム・ヨナ伝説の「TIME100」パーティ(大惨事)
↑リンクしてます。

…という記事があって

その中のおヨナソンスの画像にウリ、笑いをこらえること能わずだったアルよ…

私、コレ噂には聞いてたけど画像見たの、マジでこの日が初めてだった。

故にインパクト大。(タレミミにとってはな…)

何か…フィギュアスケーターだってのに

しかも銀河点女王様だってのに…

こ  れ  は  ひ  ど  い

…としか言えなかった。

マジですか?コレ…

そっくりさんのいたずらとかじゃないよね?

似てると言われるミッツの方が(デカいけど)姿勢ははるかにキレイだぞ…

寺島し●ぶ嬢だってドレスでこんな仁王立ちはしないと思う。

(っていうか…ちゃんとポーズとってる画像ですら見るのが辛くなるアルよ…“お安くしとくわよ”という台詞すら付け加えたくなったハムニダ)

http://www.observer.com/2010/media/time-100-gala-gathers-influencers-honors-celebs (※ リンク有効です!)

>Korean figure skater Kim Yu-Na, a gold medalist at the Vancouver games and one of the Time 100, was the first guest to walk the carpet.
>None of the reporters asked her for comment

>オリンピックの金メダリストの韓国のフィギュアスケーターレポーターのキムヨナは一番最初のゲストでした。
>リポーターは誰も彼女にコメントを求めませんでした

彼女にコメントを求めませんでした…

求めませんでした…

…ニダ…

…何か‥切ねえ…

おヨナさん…君は本当に欲しいものを手に入れたのかい?

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 父とフィギュアスケートと草の根活動(?) | トップページ | 新年のご挨拶(昨年のお礼も込めて…) »

おヨナさん」カテゴリの記事

怒り・ツッコミ」カテゴリの記事

コメント

ヨナバウワーの写真で「あなた、完全にお笑い系だよ」と思ったら、
ひゃ~~!!帽子の写真、蛇女に続いてまたしてもこわ~い!!
首のない「せぇるすまん」かと思ってしまったわ!!
「バァ!」という声が聞こえてきそう…。

写真って、ある意味動画より真実を語るというか…

あちらの国のキャメラマンたちは、ケンジのショットはいっつもこんなのばっかりだけど、
真央ちゃんのショットは日本のものよりいっつも美しい物が多いですよね?

真央ちゃんが常に美ポジだからしょうがないけど、それにしても、ジャンプ時の変顔
とか使う日本違って、あちらは、記事で下げてるのに、使う写真はかなり美しい…。

やはり、キャメラマンのなるくらいだから、本心が出てるとしか思えないというか…
結局うらやましくってしょうがないんだろーなー、といつも思います。

姐さんブログで私も見ました!あの記事!(パーティー記事)

いや~~~~(笑)

酷いわ………。

本人、めっちゃ、どやってて、嬉しそうなのが
また、痛い……。

インタビューしにこないでしょ、
変なこと聞いたらまた、ややこしいしね、あちらさんは…。

試合らしきものに登場するのは現役選手では一番すくないのに、ひとたび出場すれば話題騒然(笑)
さすがじょーおー様、毎回驚かされます。
沢庵衣装もあまりにアレで…お隣のファン?の反応にも驚きました。衣装に不満はあってもあの演技はOKなのか???
とか考えている間に今年も終わろうとしています。(今年最後が沢庵の事考えて終わるのは嫌すぎるのでこの後、真央ちゃんの動画見て清々しく締めくくります(笑))
来年はすぐにソチオリンピックが来ます。フィギュアファンにはいろいろな思いが交錯するオリンピックになりそうですが、体調を整えてその瞬間を見届けようと思います。
来年も楽しいブログを読みにおじゃまさせてくださいね。
よい新年をお迎えくださいますように!

再コメ、失礼します。今年はこちらのブログに出会い、
タレミミさんの記事や皆様のコメントを読みながら
頷くことしきり。モヤモヤすることの多かったフィギュアですが、
共感できる意見を目にすることにより、勇気や希望をいただきました。
どうも有り難うございました。

ソチまで2ヶ月を切りました。強い気持ちを忘れず、選手たちに
寄り添いながら、見届けたいと思います。

メリーさんのように、私も今年の最後は、真央&Dの演技動画を
見ながら過ごします。

タレミミさん、皆さん、よいお年を。

あちらは国のイメージ戦略もすごいですから。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131228-00000529-san-kr

これにはちょっとみんな驚くんじゃないかな。
全然イメージが違う・・・・・・ですよね?

>青海様

>首のない「せぇるすまん」かと思ってしまったわ!!
喪黒●造を表現していたのだとすれば
「圧倒的な表現力っ!」と言えるのかもしれません。
それにしてもヨナバウアー…何かカッコ悪いんだよなあ…
やはりただのガニ股になってる気がする…

>yomi様

どうでも良いことですが、「キンケンジ」という表記を見ると
なぜかジュリーこと「沢●研二」を思い出してしまいます…
「研」の字がおヨナさん名前にある文字とつくりが似ているからかもしれません…
(嫌だーーー!!!。゚(゚´Д`゚)゚。)
>真央ちゃんのショットは日本のものよりいっつも美しい物が多いですよね?
>真央ちゃんが常に美ポジだからしょうがないけど、それにしても、ジャンプ時の変顔
>とか使う日本違って、あちらは、記事で下げてるのに、使う写真はかなり美しい…。
本当は好きなんだろ?ん!?正直に言ってみろよ…
…とドSな口調で凄みたくなるのはそういう写真を見てしまう時ですね。
キャメラマンのみアチラのお国のと交換したい…と思ってしまう。

例のパーティ記事、噂には聞いてましたが…

ヒ  ド  イ

としか言い様がないです。仁王立ちが特に…
そして「素敵」というよりただ老けて見えました。何故かわかりませんが…あのドレス…
私、言ってる人が大げさに言ってるだけだと思ってたんですよ…(違った…)
「黒いゴミ袋」に例えてた方の気持ちがよく理解できました。
>インタビューしにこないでしょ
あちらさんがややこしいというのもあるでしょうが、氷を降りると絶望的なくらい華がない…というのも原因だと思います。

>メリー様

>試合らしきものに登場するのは現役選手では一番すくないのに、ひとたび出場すれば話題騒然(笑)
ラファエル・アルトゥニアンコーチのインタビュー見てつくづく思いましたが、
あれだけの高得点もらっといて金メダルもGETしたというのに
フィギュアスケート人気ということでは貢献してない人物だとつくづく思います。
でも惜しげも無くあれだけ点数盛られるというのはI●Uにとって「素晴らしい見本にすべき選手」なんでしょうね。ε=(・д・`*)ハァ…付き合ってられまへんわ…
>来年も楽しいブログを読みにおじゃまさせてくださいね。
残念ながら今年はこれから2つ程記事載せた後、長いお休みいただこうと思っています。
でも個人的に好きな選手の応援はしっかりやりますよ!
丁寧なご挨拶をいただいたのに申し訳ありませんm(_)m
でも今の心の状態では「書けない」と判断しました。

>青海様

丁寧なご挨拶をいただいたのに…色々申し訳ありません。
青海様にはたくさんコメントいただき、励まされました。
強い気持ちが戻ってきたら復帰したいと思います。
(そう言ってるうちにソチ終わっちゃいそうですけど…)
今は好きな選手の演技動画も見る気力がわかない状態です。
でも個人的に好きな選手の応援は続けますよ…
息災でお過ごしください。

>テリーヌ様

コレ…何げに良い記事ですよね…
この事知らない韓国の人もいるんじゃないかしら?
日本の政治家もこのことをもっときちんと説明しても良いと思うんですがね…

SPで歴代最高得点が出ましたね。
それはそれで事実なんですけれども。

>日本の政治家もこのことをもっときちんと説明しても良いと思うんですがね…
そうですよね。こうした事実もあるみたいですから~。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130816/plc13081607400003-n1.htm

知っておくべきなのは「A級戦犯 名誉回復」についてでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おヨナソンスのイメージ戦略に騙されてたアルよ:

« 父とフィギュアスケートと草の根活動(?) | トップページ | 新年のご挨拶(昨年のお礼も込めて…) »

フォト
無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー