« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月 4日 (土)

血染めのビートルズ・メドレー~そして今更ながらの五輪代表選考について

何かホラー漫画のタイトルっぽくなったような気がするが

中身は違うよ…【注】マーク無しの記事でございます。

高橋大輔 全日本フィギュアスケート選手権2013 FS 会場音

総合5位に終わった全日本の高橋大輔。

が、皮肉なことに

その大会で初めて彼のフリープログラムの持つ美しさに気づくという副産物があった。

嬉しくもあり

切なくもある。

そして手の出血が更にその世界観を引き立てるかのように見せてくれていた。

またある華やかな一時代の終焉を感じさせられるものがあり、

私はこの試合のこの演技を忘れることはないだろうと思った。

ジャンプ失敗が多い演技というのは見返すのが辛くなるのだが

これはたまに見返したくなると思う。

失敗が続いたせいもあるためか

高橋大輔は試合の為
(しかも五輪代表選考がかかっている大事な試合だ)

というよりも

純粋に今まで熱心に応援してくれたファン達への感謝を込めて滑っているように思えた。

それがこのプロを光らせてくれた原因ではないか?…と。

そして多くの高橋大輔ファンには申し訳ないが

私はこの試合で現役最後になっても良かったんじゃないか?という考えまで浮かんでしまった。

「五輪で彼の演技が見たい」

特にSPの曲に関してはそう強く願っていた。

が、フリーのビートルズ・メドレーに関しては

まさに、この全日本の為にあったんじゃないか?

そう思った。

血染めの手を差し出す動作がアップに映される

ローリーに「苦しくとも笑顔で」をしっかり守って彼は演じきった。

(ローリー…優しいけど鬼だよな…まあ…振付師ってそんなもんですがね)

その全てがこの舞台の為に用意されたもののように思え、

辛いながらも妙に満たされた気分をも覚えた。

ビスが外れ、中断があった不運の2011年ワールド。

その時(よりにもよって…)ISUのトップであるはずの人物が

人気トップ選手である彼を揶揄する行動があった。

(隣にはハゲルトンがいた。あの時のカメラはGJだった)

その光景を目にした時

神様が「こんな茶番にずっと付き合うことないんだよ」と彼に言ってくれてたんじゃないだろうか?

な~んて思ったりしたが

彼はファンが想像する以上に強く、しぶとかった。

血染めのビートルズ・メドレーにまた同じことを考えてしまったのだが

彼はまた前を向き

ソチ五輪で

高橋大輔、ここにあり

な演技を魅せて…見せつけてくれるのだろう。

全く…しぶとく、厄介な男だよ…

大将、応援するよ

ソチ五輪で誰も真似できない芸術爆発な演技を魅せてくれ!

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

応援は続けるが、ブログ更新はしばらく無し(笑)

すまんな…大将…

この記事、もうしばらく休んだ後に…と思っていたのだけれど

これを書いてからお休みに入りたいと思った。

でも好きな選手の応援は細々と続けるつもりだよ

採点にはウンザリしているけどね…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

フィギュアスケート ソチ五輪代表選考方法(スポナビ)

代表選手選考方法
・男女シングル
 全日本選手権終了時に、五輪参加有資格者の中から、以下の選考方法で決定し、フィギュア委員会へ推薦する。
(1)1人目は全日本選手権優勝者を選考する。
(2)2人目は、全日本2位、3位の選手とグランプリ・ファイナルの日本人表彰台最上位者(編注:男子は羽生結弦、女子は浅田真央)の中から選考を行う。
(3)3人目は、(2)の選考から漏れた選手と、全日本選手権終了時点でのワールド・ランキング日本人上位3名、ISUシーズンベストスコアの日本人上位3名選手の中から選考を行う。

(ペア・アイスダンス略)

※五輪参加有資格者とは
・五輪に参加できる年齢を満たしているもの。
・全日本選手権時までにISUが定める当該年度の五輪出場のためのミニマムポイントを獲得しているもの。
・最終選考会である全日本選手権に参加しているもの。

以上、日本スケート連盟発表資料より。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

例の五輪選手選考方法とやらを読み返してみる。(↑参照)

身も蓋もない言い方になるが

コレ、どうとでも受け取れると思うんス。

殿でも小塚君でも大将でも

解釈のしようによっては誰にでも当てはまりそうな感じ。

スケ連サンに都合の良い方向に考えたら大将になったって感じ。

小塚君、無念だろうが胸を張れ

そしてやめないで欲しいと思った。

モチベーション的には厳しいだろうけどね…(ーー;)

(殿、小塚君をせめてワールドに送って欲しかった…大将をこれ以上こき使わないで欲しい。本人が強く希望しているのなら仕方ないけど…何か気を使っているような感じだからなあ…)

私が一番引っかかったのは事前にスケ連サンが言っていたコレ↓だ。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

五輪代表選考は故障したらアウト、救済案なし

 
   
   夢舞台へ最大の敵は故障だ。日本スケート連盟は都内で理事会を開き、フィギュアスケートなどのソチ五輪代表選考方法を発表。フィギュアの男女各3枠は(1)全日本選手権(12月21~24日、埼玉)の優勝者(2)全日本2、3位の選手とGPファイナル(12月5~8日、福岡)最上位メダリストの中から選考(3)(2)の選考から漏れた選手と全日本終了時の世界ランク上位3選手らから選考する。 

   バンクーバー五輪時は「過去に世界選手権6位以内の実績を持つ選手がケガなどで条件を満たさなくても選考対象に加えることもある」という“救済案”があったが、今回はなし。伊東フィギュア委員長は「全日本に出られないようなケガをしていたら五輪には間に合わない」と説明した。来季限りでの現役引退を表明している浅田真央(22=中京大)にとってコンディショニングが重要になる。   
.   
   
 
[ 2013年6月20日 06:00 ] (スポニチアネックス)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

バンクーバーでは“救済案”があったが今回なし。

…になってますぜ…

全日本を悪条件ながらも出場させたのは

「全日本に出られないようなケガをしていたら五輪には間に合わない」

とか言ってしまった手前からなのか?

…で…

すでにリンク先削除されていたニュースだが「満場一致で高橋」だったことを知らせる記事を…

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

満場一致で高橋=けがは「完治する」と判断
[yahoo!ニュース(時事)]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131224-00000004-jij-spo

 日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は23日、ソチ五輪男子代表の3人目の選考について、強化部は満場一致で高橋大輔(関大大学院)を推薦したことを明らかにした。代表は強化部からフィギュア委員会に推薦され、さらに選考委員会の承認を経て決定された。フィギュア委、選考委でも異論は出なかったという。
 高橋は全日本選手権は5位に終わり、もう1人の候補に残った小塚崇彦(トヨタ自動車)の3位に劣った。しかし、全日本終了時の世界ランキングと今季自己最高点で日本人2番手につけ、故障している右足も五輪までに完治するとの医師の確認を取ったという。
 小林部長は、高橋が前回バンクーバー五輪でも右足重傷から復帰して銅メダルを獲得したことにも触れながら、「気持ちの面でつらいところから上がってきた部分も心強い」と評価した。小塚に対しては、全日本の滑りは評価しつつも、今季序盤の不振が長かったことをマイナス面に挙げた。 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

やはりスッキリしないや…

実績重視だと大将なんだけどね(世界ランキングもね)

身体のコンディションのことを考えると

一番身体の損傷が少ない殿が選ばれてもおかしくないとも思っちゃったんだよね…

(小塚君も爆弾抱えた身だ。全日本では良い演技してその影響は微塵も感じなかったのだけどね)

他のブロガーさんも言っていたが

「満場一致で高橋」

これは本当だとしてもハッキリ言わない方が良かったのに…と思った。

その3人のなかでぶっちぎりの成績ではなかったんだからさ…(全日本ではな)

「●時間の検討の末…」とか言ってやれよ…

フ●テレビの女子アナが会議室みたいなドアの前でコソコソ

「時間がかかっています…」

とかレポートしてたのは意味なかったようだ。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

選手を大事に考えているのならば

あんな結果になるのならば

サッサと羽生君、大輔、真央に内定出して

全日本は大輔と真央休ませれば良かったのにと思う。

(まあ…「全日本に参加している者」という項目があるからね…アレなんですが…)

大輔に「全日本でて4回転跳ばなければ…」と脅しまがいの事を告げた人物がいるとの噂があった。

あくまでも噂なので鵜呑みにできないことなれど

「あのスケ連」サンならばありうるかもと思ってしまうのが哀しい。

切ねえ…_| ̄|○

もし本当ならば

観客動員の事以外

スケート界にとってどんな得があったんだろう?

(「全日本に参加している者」という項目があるのは理解している。だがしかし…駄菓子菓子である。無理して肝心な時に故障したらどうなるの?現役終えてからも引きずるようなものだったらどうすんの?心配事で溢れてしまうよ…だって功績ある選手を平気で他の選手の踏み台に使う連中だもの…「正当な形で倒される」なら文句ないけどね。私は人気選手が稼いだ金を他の選手…下手すりゃ他の国の選手上げに使われるのは我慢ならない。人気選手を踏み台にしてね…)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

しばらくお休みをいただきます。

改めてこのブログに今まで訪問してくださった方々に

今まで使用させていただいた動画の主様達にも…

感謝致します。

ありがとうございます。

しばしのお別れ

さらばでござる。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

クマテツを好きになった~高橋大輔との対談

長いお休み前に2つ程記事を上げようと思っている。

まず一つ目が高橋大輔と熊川哲也対談。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

20131230 Daisuke Takahashi ✖ Tetsuya Kumakawa

おまけ

「美しい二人の男による…」というナレーターで思わず吹きそうになってしまったが…
(;^ω^)

美しいですよ…ええ…(でも何か照れる(/ω\*))

鬱屈した心情だったタレミミだったが

クマテツこと熊川哲也氏に救われる思いがしましたよ…

(どーでも良いが、“クマテツ”と書くと、ヒジョーにゴツイ熊のような男(´(ェ)`)を思い浮かべてしまうな…)

やはり高橋大輔は「もってる人」かも…とも思ってしまった。

この対談は全日本の後なのか…

改めてこの対談をセッティングした人を

Good job!good

と褒め称え、崇め奉りたい。

このタイミングでこーゆー世界を相手に闘った経験者の言葉はヒジョーに有難かったと思う。

(ジャンル違えども)

そして

何か笑ってしまった。

クマテツのズケズケ物を言う様に(笑)

血液型A型らしからぬ物言いだが、不思議と言われた方は

スカーッと楽になるかもしれんなと思った。

そんな力があったと思う。

彼なりの気遣いもあったのだろう。(まあ、基本ビッグマウス野郎なだけなのかもしれんけど…)

一流のアスリートというのは基本楽天的で明るい人が多いようだが

彼もそれに当てはまる人だろう。

同じスケート界に年上でこういう風に大輔に言える人って、意外といないかもしれないな…

「決めるのはソチよ」

口を尖らせての言い方を含め、ツボにハマった言葉だ。

「言いたい奴には言わしとけ」

…はい…そうします…

この人が言うと何気ないこのセリフも妙に力強く自分を支えてくれる印象あるよ…

「良い演技がしたいの?それともメダルを獲りたいの?」

この辺のツッコミはなかなかに厳しかった。

クマテツ氏の目から見て

フィギュアスケートで「メダルを獲る演技」と「良い演技」は異なってみえるのだろうか?

この辺は逆にクマテツにツッコミたかったトコロだ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2014年1月 1日 (水)

新年のご挨拶(昨年のお礼も込めて…)

Photo


Photo_2

鼻セレブ真央で新年のご挨拶…(キレイやねえ…(’-’*))

新年あけましておめでとうございます!

☆・゜☆HAPPY NEW YEAR☆゜・☆

よりにもよっておヨナさんネタで昨年を締めることになってしまったとは…(;^ω^)

本当は真央・大輔の画像で締め!

…と考えていたのですがね…

PCに向かう時間、作れませんでした…つД`)

(そーですよ…年末年始も仕事だったんス。大掃除等新年の準備もありましたしね)

このブログを始めたのは2013年1月17日 (木)。

あともう少しで一年経つぞ…というトコロまで来ました。

サイテーでもソチ五輪まで続けるぞ!

…と思って始めたブログですが

なにせ飽きっぽいブログ主のこと…

正直ここまで続くと自分でも思っていませんでした。(いや、ホント、マジで…)

コメントもこんなにいただけるとは思っておらず、

驚きつつも感謝の気持ちでいっぱいであります。

(そしてブログ村のランキングも…応援していただき、誠にありがとうございます!ランキングに参加したものの、ランキング上位になってやるぞ!…というやる気がないまま始めてました…今でも…まあ、それはいいや…)

飽きっぽい上に非常に短気な性質の為

(全く…良い点は似ないものでございます…そんなトコだけ馬鹿親父似です。死んだ爺様を見習わなきゃいかん…と思います。)

昨今のフィギュア事情を見て

PCごと机をひっくり返したくなる事(ノ-_-)ノ~┻┻

TVに向かってPCを投げつけたくなることも多々有り、

落ち込み_| ̄|○

自己嫌悪に陥り

この競技自体のアンチになりそうにもなりました。

ダークサイドに堕ちそうになってました。

(黒い変な仮面つけてマント身につけてフシュ~フシュ~と呼吸しようかな…なんて思っちゃいました…)

このブログももう放り出しちまえ!!

…な気分にも最近までなってました。

でも…

皆様のあたたかいコメントに励まされることも多く

反省させられる事も多々有り。

(そして香ばしいコメントには“負けねえぞ!”という燃料をいただき、ある意味感謝(笑)消しちゃうこともあるけどね)

当たり前のことですが

一人では生きられないものだ

というのを実感させられました。

(何か金●先生みたいな感じになってきたよ…そういうのは苦手なんだけどね…“人という字は…”とか、意味なく“腐ったミカンじゃないんです!”とか叫びたくなっちゃった…)

これは皆様を啓蒙しよう…などといった

大それた野望を持つブログではなく

私がこの年好きになった競技について何を思ったか?

という記録を残しておきたい

…という超個人的なものです。(備忘録兼ねてます)

トップ選手並みのバランス感覚を持ちたいものですが

偏りがどうしても出てしまう。

それもそのまま残そうと思いつつ書きました。

故に読む方によっては気分を害するものになるやもしれぬ。

その辺の匙加減はなかなかに難しいものです。

今年もアチコチぶつかりながらも

回り道寄り道遠回りになりながらも

己の道を進みたいと思っています。

今年も応援よろしくお願い致します。

そしてお気に入り選手の応援、頑張りましょう!

もうすぐソチ五輪の日がやってきます…

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

鼻セレブ 10周年 ご挨拶ムービー

鼻セレブから生まれたウエディングドレス メイキング

↑リンクしてます。

鼻セレブ…結構色んなキャラ使っているんだね…(過去全商品一覧とか見ると)

…買うわ…

ちなみに…

まだブログに書いてなかったけど

私今エアウィーヴ使ってます。(親父が密かに購入しておりまして…何故か今私が使うことになりました)

そして…

キレイなバレエジャンプ真央(桐島ローランド撮影…でしたっけ?)のカレンダー

私の部屋に貼られていました。

親父が購入した際お店からいただいたそうで…

(この時ばかりは見直したよ!(T▽T))

今年は流石にはずさなきゃならないかしら?

どうしようかな…

大輔氏の何かにしようかな…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

紅白。今年はちゃんと見られなかったのだが

某所の実況等見ると

「見られなくて良かったかも…」

とも思う。(;^ω^)

いつもの歌謡コンサートとかいう番組の方がいいわ…な意見もあったっけ。

サブちゃん、紅白最後の「まつり」は見た。

北島三郎 - まつり.wmv

これは紅白のじゃないけれど

そしてバックダンサー(?)に色々ツッコミを入れたくなるけれど

サブちゃんの歌の魅力は変わらない。

(ちなみに最初のナレーション入れた方、お亡くなりになったんじゃなかったか?合掌…)

あと…日本人歌手じゃないけれど

こういうグループも紅白出ていたら楽しみになるんだけどな…ということで取り上げたくなった。

Il Divo - Time to Say Goodbye (Con Te Partirò)

2013.9.11 divo

震災復興ソングである「花は咲く」も歌っている。

日本の某番組にて

これはインタビューやナレーション中心。

歌フルは↓コレかな…

花は咲く Flowers will bloom IL DIVO

「ふるさと」も歌って日本で歌ってくれた。

「FURUSATO」故郷 Il Divo - Furusato [Live] Japan March 2012

上手いわ…改めて…

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

しばらく更新無しだったのにこう書くのもナンですが…

当ブログ、しばらくお休みします。

その後あまり新鮮でない話題を取り上げることになると思いますが

期待せずにお待ちください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー