« コメント返しについて | トップページ | やはりこの二人の並び見るとホッとする~大・真央 »

2014年2月27日 (木)

銀メダリスト 平野歩夢君

Photo_3

もうすでに目にした方もおられよう。

ソチ五輪後のメダリスト記者会見時のもの。

未知の生物を見る目のスノボの平野歩夢君の顔が妙にツボにハマった…

そして思った。

やっぱりフィギュアって一種独特の世界なのかも…と。

平野君の反応って

ごくフツーの十代のあまり場馴れしてない男の子のものだよな~とも。
(もうひとりの…平岡君だっけ?彼もヒジョーに居心地悪そうだったのも…そして何かゆる~い感じだったのもツボだ)

しっかし、羽生君は…

立派過ぎるわな…

「品」を求められてしまうせいもあるのかな?

まあ、他の競技でもそうなんだけど…。

写真撮る時のポーズはアイドルみたい
(D高橋や真央ちゃんがその場にいても平野君はやはり未知との遭遇状態になるのかしら?)

一種芸能的な要素が強い競技でもあるからかな?

ただ何故か私は平野君みたいな子の方が見てて安心出来る。

(ゆるい人間だからなのかしら?(;´▽`A``)

スノボ二人の動画も載せよう。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

前の五輪で

服装問題で叩かれた国母選手。

(「反省してま~す」には思わず吹いてしまったものだ)

コレも競技の性質上

「ゆるい」部分はあるのだと思うが

彼は今回の五輪では完全に裏方に回り

選手たちを全力でサポートしていたようだ。

朝○新聞でも競技前に彼の選手に対するあたたかいコメントが載せられていた。

平野君のことも

「滑りがキレイでメダルがとれるかもしれない」

ってなことも言っていた。(良かったな…)

見かけ上品でも

トップ選手をマスゴミ使ってネガキャンさせる何処かの団体とはエライ違いだと

ちょっと羨ましくなったでござるよ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« コメント返しについて | トップページ | やはりこの二人の並び見るとホッとする~大・真央 »

スポーツ」カテゴリの記事

羽生結弦」カテゴリの記事

コメント

ハッキリ言います。
羽生君
こわいです…(ごめんなさい)

19歳の息子を持つ自分の目から見ても、
19歳ではない…

いや、もちろん、比べるほうがアホで、どうかしているし、
物凄く頑張っているし
苦労も人並みではなかったに違いない、
そして、
最高の結果を出したのですから
賞賛以外ないのです。

それでも、
この会見で(これだけではないのですが)、改めて思ってしまった…

もし、私の感じている違和感が
フィギュアという競技が作り出すものであるなら、
フィギュアスケートは
やはり、
スポーツというカテゴリーからは
外すべきものなのじゃないか…
彼に感じる違和感を生み出す
根源に
今のフィギュアの現状がある。

どうしてもそう感じてしまいました。
元々、彼のスケートも彼自身も大好きでしたので、
今、
物凄く苦しいです…。


平野君が、かわいい・・。私好みじゃー。この子、人気出るのでは?え、もうある?

オリンピックで注目を浴びて、戸惑ってる雰囲気が平岡君共々ありますね。かわいいぞ、二人とも。(あと、そう、私も、国母っておもしろい子だな、って思ったくちです。)

フィギュアは、羽生君がシニアデビューする以前から、日本ではもう大人気スポーツで、注目度が高くて、彼はメディアからインタビューされる機会がいっぱいあったでしょう。今は国際試合も全日本も、ゴールデンタイムTV放送が普通だし。大ちゃんが10代の頃の全日本は、観客席がガラガラでしたが、羽生君はいつも満員の観客の注目を浴びるのにも、慣れてる。将来はわからないけど、今のスノボとは、やはり「場慣れ」の点で差が出ますよね。

それと羽生君って、頭の良い子なのがわかります。でも、しゃべる言葉があまりにスラスラと書いてある文章を読んでるみたいに、完璧なセンテンスで澱みなく出てくるせいか、私にはなんとなく、胡散臭いと言うか、本心をしゃべってるように聞こえない事があります。あれって緊張してるとか、メディアの前だからなんでしょうかね。それとも、普段からあんな感じ? 違うと思うんだけど・・。(しかし、完璧なセンテンスでしゃべっても、町田君には違和感を感じないのは、なぜなんだろうか?)

 某ブログ様の所でも、彼のしゃべり方についてかなりの方が書かれてるのを見たんですけど、損してますよね。一体何なんだろう? CNNのインタビューの動画の中でのしゃべり方は、そんなに悪くはないと思ったんですけど。白人の美人のインタビュアーだと、自然な感じでしゃべれるとか?(誰か、統計をとってみてくれ~。)

あと、肩に力が入りすぎなだけなのかもしれないけど、「金メダリストとして」って、あんまり言わないほうがいいと思う。「金メダリストとしてふさわしい演技を」とか、まっとうな発言なんだろうけど、あんまり何度も言ってるのを聞くと、単に自慢してるようにしか聞こえない。聞いてる方は、「金メダリストがなんぼのもんじゃい!(〇ナだって、金メダルもってるけどさ~~~。)」って、言いたくなっちゃう。金メダリストって、他の人に言ってもらう言葉としてとっておいた方がいい。自分からは、単に「これからも、努力して向上を目指したい」って言えばいいと思うんだけど・・。まあ「キング羽生って呼んでくれ」とは、言ってないですが。

長くて、ごめんなさい。

こんにちは。タレミミさんのブログ復帰も嬉しいです。平野選手の件、同意です。今時ってこうなのか、と自然に思えます。フィギュアはみんな応援してきてるんですが、自分は正直、羽生選手の言動が色んな意味でこわいです。もともと感じるものはあったんですが、ここへきて全開で全容が流れてきたというか。めでたい時に、こういうこと言うって、フィギュアファンと言えないかもですが(^_^;)フルボッコかも((((;゚Д゚)))))))

平野選手、五輪の1か月前に捻挫してあまり練習ができずに現地入りしたそうですね。
それでもあの素晴らしい試技で銀メダル。よかたですね。
スノボはいいですね。
採点競技なのに審判の名前も国籍もちゃんとでるし、選手によってアゲサゲなんてなさそうだし。
失敗すると確実に点がとれない。ミスなく美しく高難度技を決めた人が優勝。
ルールも技の難易度も全く知らない、五輪しか見ない自分でも1~3位はわかりました。
良いものは良いものとしてまっとうに評価される。
スポーツはこうじゃないとって思いました。

主人が羽生さんのことを褒める褒める。
有言実行、文武両道、とても10代とは思えないしっかりした物言いと対応。
「こんな子もおるんやな~」ですよ。
自分は羽生さんが好きでも嫌いでもないですが、演技後のインタなどでよーしゃべる子やなーとは思っていました。
でも五輪が終わって金とって、この人はもしかしたら大人よりも賢く計算高い人なのかなあと改めて思いました。(もちろんまわりがお膳立てはしたのでしょうが)
そしていろいろ言われているコーチ選択のこととかも、先見の明があったというか戦略というか、もし裏の裏を読んだというならスゴイですよ。

もし羽生さんがずっと日本にいて日本人コーチについていたら、金だったのかなあとちょっと考えてしまいました。

羽生くんは、素晴らしかった。金メダルを獲得した。19歳にしてあの貫禄、すごい!

でも、私は、以前から、とても危ういものを感じていました。演技後に見せる、リアクションに、なんだか危ういもの感じていました・・・不自然、とも違う、わざとらしい、とも違う、でも何かこう、とってつけたような苦しさの発露、とでもいうのでしょうか?本当に苦しくて、倒れ込んでしまっているように見えなかった・・・私がD輔ファンだからなのだろうか?キスクラでのリアクションもニガテです。彼の行動や、発言は、一見かしこそうですが、彼の内面には、何かもろいものもあるように思えます。あんなに頑張りすぎていると、ポキっと折れてしまうのではないか、と思ってしまう危うさです。

単なる「中二病」であることを祈ります。

すんません、再登場です。ちょっと、自分の書いた事に反省はしてないんですが、後悔してるのと、娘と孫に怒られたので(嘘です!)、もうちょっと書かせてください。

羽生君の演技は、やっぱりジャンプに魅了されます。他の部分はまだまだ原石って言うか、すごく伸びしろがあるって思うし、楽しみです。あと、エキシ練習の時の少年少年した感じとか、あれが本来の彼じゃないかなって思う。真央ちゃんのフリーの直前に、大声で「真央ちゃん、頑張れ~」って声援を送ってくれたのも彼だし、自分の故郷の為に、出来ることをやっていきたい、って気持ちにも、嘘はないと思う。だから、肩の力を抜いて、もうちょっと普通のしゃべり方でいいのになって、思うんです、私は。

でもインタの時のしゃべり方を、19とは思えない、素晴らしい!って賞賛する人もいるんですよね。英語圏だったら、あのように澱みなくしゃべる事は、多分19でも当然視されそうだし。るっせーなの当時の彼とは、両極端の位置にいるわけです・・。(単に、私がどっちかと言えば、るっせーなの方がおもしろくて好きなだけなのか・・。本心ですやん、って。)

でも、何なんですか?怖いって?私が、何かまだ知らないことがあるのかな。

コーチを変えたのは、連盟から言われたんだろうな、とは、当時から思っていました。伊藤みどりさんも、外国のコーチのところへ行けって言われて、どうしても嫌だって拒否した話がありました。当時も今も、将来性がある、って連盟(=〇田?)が目をつけた選手に、外国のコーチを勧めるのは、お決まりみたいになってると思います。実際、羽生君も今のコーチじゃなかったら、PCSをいきなりあんなにもらえるようになったかどうか、って言うのがあって。得点の出にくい日本人に点を出してもらうには、外国のコーチをつける、って、多分染み付いた負け犬根性と言うか、いや、目的の為の賢い作戦と言うか・・。それしか道がなかった長い歴史があるんでしょう。

以前オーサーコーチが、真央ちゃんサイドから打診を受けたって言う話をしたのも、真央ちゃんが直接話をされる前に、連盟が多分打診したって事だったのだと思う。当時どれだけオーサーが日本人スケートファンに人気がなかったかなんて、全然関係なく、勝負の為にプライドなく打診したんだろうなあ。

実際のところ、オーサーがいるクラブって、すごく充実していて、いろんなジャンル別のコーチにも教えてもらえるし、環境的に申し分ないと聞きました。本田さんも、あそこでしたよね。やっぱり、日本にずっといたら金を取れたかって言えば・・・。だから、羽生君は、賢い選択をしたと思う。

なんか何を言いたいか、わからなくなってしまった。お邪魔しました~~。

タレミミさん。 私もインタビュー見ましたよ、国母コーチ(になるのかな?)
平野選手に対してだったと思いますが、
「俺なんかより全然すごい滑りだし、世界の上位で戦える」(ニュアンスです^^)
スノボ陣営のトップ?も、バンクーバーの一件もあり
「競技のパフォーマンスで目立てばいいから」と選手には伝えたと仰ってました。

年齢的なモノも勿論あるのでしょうが、
平野選手も平岡選手も、自分の言葉で素直な気持ちを語られていて良かったですよね。
“自分の競技を知ってもらえたり、関心を持ってもらえるきっかけとなったのなら嬉しい” と
その部分が十分伝わってきて、素敵だったと思います^^

竹内さんと小野塚さんも、競技を続ける上で大変な事、
そしてそんな大変な思いを後進がしなくて済むように、
今回のメダル獲得によっていい方向へ動いてくれればいいと
自身の競技について其々語られていて惹きこまれました。

そんな中…「金メダリストとして」「オリンピックチャンピオンとして」を連発する羽生選手。
コメンテーターの方々はえらく褒めちぎってらっしゃいましたけど、
震災の話を絡めての自分アピールは、正直浮いてた気がします…。

平野選手の目線、カメラに構えるポージングや笑顔に対してだけじゃないのでは…。

yomiさん。 おっしゃってる事よ~くわかります!
ホント、“こわい” という形容詞がピッタリかと思いますわぁ。
S田女史やM壁史の存在が、噂だけでなくホントだったと分かった今、
そして、彼の恩師からナナミンが完全に消え去ってしまっている事、
成田凱旋時の一番大きかったという歓声、よく聞くと「大ちゃ~ん」だったというねつ造、
その他ネット情報など、エースに押し上げる為に出来る事は何を使ってでもやる!
そんな感じが凄まじすぎる陣営&スケ連ですもんね。
“初” という称号が大好き少年で、懸命に本人はやってるんでしょうが、
スケートそのものへの真摯さという面で、
あの取り巻きの面子を見ると、「う~ん」 ってなっちゃいますよね…。

ちょっと最近一部で話題のなってる羽生君関連に少々思うトコロがあるので失礼します。
(お一人お一人のレスはまた後日)
あまり考えまとまってないのでわかりにくい文になると思います。

「こわい」と感じた方、結構いらっしゃいますね(;^ω^)

立派だと思うんです。あの年でなかなかああはいかない。
それこそ「フィギュアのオリンピックチャンピオン」として恥じぬ振る舞いが出来ている。
ただ、立派過ぎてあの中では妙に浮いてしまっているな…と思いました。
悪いことではない。でも何処か違和感感じた方多かったでしょうね。
(近くにいた平野君の反応は実に正直だったと思います(笑))
TVって怖いですね。
特に例のバックにいる人達のことが頭にあると本来爽やかな会見に見えるはずがそうは見えなくなってしまう。

私は「こわい」というより、この子常に「武装」してるナア…と思って見てました。
演技見てもそう。この子見てると妙に肩に力が入っちゃうんです。
力の抜きどころが分かっていない感じと言いますか…今手探り中なのかもしれません。
途中で体力続かない滑りになるのはそれも原因なのでは?と思います。(フリーね)
それでいて姿勢が良くない。だからでしょうかねえ…
アピール力あっても身体の動きが全体的にキレイに見えないんです。
おまけに
スケーティングが彼より明らかに順位上に来ないスケーターより見劣りしてるようにも見えてしまいました。
(まあ、コレについては後日ちょっと書こうかと思っちょります)
…てな訳で演技見ても見てる方が妙にコチラも力が入っちゃってあまり楽しめない。
ななみ先生の「活きのいい鉄砲玉ロミオ」はそこんとこ上手くカバーしてたと思います。
アレは引き込まれるものがありましたからね。
ま、それは置いといて…

怪しげなスピリチュアル系のじーさんを妙に頼りにしている(らしい)ことを思うと
常に気を張って周囲に弱い部分見せぬよう、少しでも周囲より上に見られようと必死なんじゃないですかね?
かつての日本男子フィギュア選手達の中で精神的に最も強い子かな?…と見てましたが、
そんな簡単に判断できないものなんだなあ…と思いましたよ。
(ちなみにたまに“ぶりっ子”するのも武装の一つだと思ってます)
真央・大引退後はフィギュアからは卒業してやる!…なんて思ってましたが、
これからの彼のことはきな臭い話がボロボロ出てきてから気になりますね。やはり。
彼なりに上手くこれからの男子フィギュアを盛り立ててくれることを祈るしかないですよ…

今はそれしか言えないっス(´・ω・`)

タレミミ様のおしゃっる
武装している
というコメントを見て、
私の感じる
こわい
の意味が、すこしはっきりしました。

そうなんです、
彼は、言葉や振る舞いに気を配り、
どんどん武装していくほど
本来の彼自身の姿(知っているわけではないですが)がどんどん見えなくなっていき、
今では、
底なし沼の奥深く
この子の魅力も本当の姿も見えなくなってしまった気がします。
見えない怖さ、不気味さ…とでも申しましょうか…
それが私の感じる、怖さにつながっているような気がします。

バックについている者達とのかかわりに関しては、
真実がわからないですが
うさん臭い御仁達であることは
フィギュアファンのあいだでは周知されていることですので、
彼をサポートしたいと思うなら、なぜずっと陰に隠れたままでいてくれないのか?と思います。
この人たちのこういう行動(トップ選手を貶めるコラムなど)がほんとに気持ちわるい…
整体師である男性も、
スピリチュアルなどと言う怪しげな肩書をもつ人間がおおっぴらに前に出ることの意味をもっとちゃんと考えて!いい年して!
と思うのと同時に、
やはり、商売欲からくる意識した行動か?
と勘繰りたくなってしまいます。

羽生君は、クワドアクセルの習得に意欲的なようですが、
いま、彼がしなければいけない事は、
SSを徹底的に磨きなおすこと、体力をもっとつけるこ(フリーを最後までパワフルに滑りきらないと…)
姿勢や指先まで神経の行き届くポジションを保ち続けた演技をすること
じゃないかなと思うのですが…(素人にいわれたかねえ!でしょうが)

PCSなんてものは、いつでも下げようと思えば下げられてしまう、水物、
でありますが、SSやポジションの美しさは、その中では唯一
どんな素人でもわかり易いアピールポイントだと思うのです。
今のままだと、突然ガクッとPCSを下げられても、反論できないレベルかな?と思います。
彼に今与えられている点数は、彼の自己評価を確実に狂わせ始めているのじゃないか?
そういう見えない恐怖…
沢山のことが、見えてきたオリンピックだった気がします。

また、長くなってしまいました…ホントごめんなさい!!!!

タレミミさん。はじめまして。

かゆいところに手が届く軽妙洒脱なブログの内容はもちろん、集われている皆さんの落ち着いた雰囲気も大好きで、ずっとこのブログを愛読させていただいいてました。

昨季までは成長を楽しみに応援していた羽生君に、今季になってから、アンチになったとかと戸惑うほど魅力を感じなくなってしまって、オリンピック金メダルを獲得したことにも懸念しか湧いてこなかった自分の感覚をどうしていいかわからなく思っていたのですが、こちらのコメントで、タレミミさんが「見劣りする」と書かれているのを拝見して、思わずコメントしています。

「見劣りする」
そうなんです。今季の羽生君を見て一番がっかりしたのがこれでした。
要素ごとに切り取った映像で軸のほっそい見事なジャンプやスピンの綺麗さを見たときは驚嘆するのですが、プログラムを通しで見始めると、どんどんがっかり感がつのってしまい、途中からは全く感情が動かなくなってしまいます。

フリー最後のはあはあと崩れ落ちる決めポーズにも、「何年これやるつもりなんだろう?」と冷めた気持ちしか湧いてこなくなってしまって(ぜんそくもちであることとか、まだ体力がないこととか、ハンデをもちながら頑張っていることは十分承知してはいるのに)。
子どもっぽいしわざとらしいと感じてしまうんですよね。どうしてこんな風に感じるようになっちゃったんだろう。

今季、私が、すべてをブラッシュアップしてきた町田君のスケートに恋に落ちてしまった(笑)のもあるかもしれませんが、動きの汚さが目についてしまって。
上半身控えめな小塚君のことは大好きなので、決して「踊れ」なきゃだめと思っているわけではないないんですよ。
なんの手入れもしていない「雑」な感じがして嫌なんです。

オリンピックシーズンだから勝つことに重きを置いた対策をするのは当然で、鬼のジャンプ構成を完遂することが大事なのはわかりますが、数字として表れないことには一切労力使いません的な「合理的」なプログラムの仕上げ方がカナダ・スタイルなんでしょうか。

フィギュアスケートにバレエ的要素は必要ないと言われればそれまでですが、高橋大輔・浅田真央というフィギュアスケートの「理想形」を見続けてきて眼が肥えた日本のフィギュアファンの目にはどう映っているのでしょう。

オリンピックEXを見て、ナナミ先生のプログラムは羽生君の欠点を目立たせない良いプログラムだったのだなと改めて思いました。


それから、金メダル決定の「アイムファースト? アイムファースト?! オーマイガーッ!」のストレートな笑顔にも、今までの日本選手には見たことのないものを見た感じがして、後半ぐだぐだになった演技でもそんなにうれしい顔しちゃうのね~とちょっと複雑な気持ちになりました。
勝ちたい気持ちが強すぎる?
金メダリストになってしまったことで「勝ち」を握りしめていたいと思い続けた場合、ゆっくりとした回り道をする時間がとれなくなって、経験則から今回の勝ちパターンの延長線上を進む=ジャンプ強化という方向に行きやすくなってしまうのではないかと懸念します。
「金メダリストとして」発言は、自分を縛ることにしかならない気がする。
「グワドアクセル」発言は他選手への牽制のようなものかなと思いましたが、本気だったら迷走の始まりにならないことを祈ります。

なんだか、この選手、短命に終わってしまうのではないかと心配で・・・


えっと・・・だんだん自分で何言ってるかわからなくなってきてるんですが((-_-;)

結局、賢さと美しい容姿とジャンプの才能をもった羽生君に期待しすぎているのかも。
こちらが期待しているのと違う方向に向かって行きそうな気がして勝手にがっかりしているのかもしれません。
持っているものを生かして、いい選手になって欲しいんです。
金メダリストになってしまったことが吉と出るか凶と出るか、まだまだこれからの若者なので、どんなふうに育っていくのかを見届けたいと思っています。


きっと、これから出されるタレミミさんの記事が、私のかゆいところを掻いてくださることと思います。
楽しみにしています。

初コメントなのに長々と失礼いたしました。

>スケーティングが彼より明らかに順位上に来ないスケーターより
  見劣りしてるようにも見えてしまいました。
(まあ、コレについては後日ちょっと書こうかと思っちょります)

タレミミさん! トマシュとかジェレミーとかトマシュとかジェレミーとか登場しますでしょうか!!

うっとりするスケート、それこそ曲が掛かってなくてもリズムを感じるような、
ストレスフリーな滑りが大好きです。
練習を延々と見続けても、きっと飽きないだろうそんな2人。
アボちゃんは埼玉に来るけど、トラはたしか来ないんですよね?
旧採点から必死に喰らいついてやってきたオッサン世代。
ほんとに寂しくなりますね…。

SSとはこういうこと! それは日々の積み重ねの賜物であること!
そして、表現力とは足元の確かなスキルがあったればこそ!!

これを体現できている選手にどうか正当なジャッジを…


ビー玉さん、横から失礼します。

>数字として表れないことには一切労力使いません的な「合理的」なプログラムの仕上げ方がカナダ・スタイルなんでしょうか。

そのように見えてしまいますよね。そして、それをISUは良しとしている…。
私もななみんは素晴らしかったなぁと改めて思う今日この頃です。

五輪王者のPCS、4年後はどうなってるんでしょうね…。

初めまして。。。
私は逆に平野君と平岡君に違和感を感じました。
この会見の時ではなく競技中メダルが確定した時とメダル授与の時です。
金メダルに輝いたI.pod選手の全身で喜びを表す「やったーーー!!金メダル取ったどーーー!!」的なリアクションが普通に見えました。
見ていた観客、競い合った選手同士、国は違えど素晴らしいパフォーマンスを見せたあるいはチャレンジしたけど転倒した選手に温かい抱擁やエールを送ったりする様を見て私もほっこりさせて貰いました。
なのに、平野君と平岡君は感情がない、メダルを取ったのに全然喜んでもいない、笑顔もない様子でびっくりしました。
もはや金でない以上取っても意味がないという高みを目指しているからなのか、日本人特有の大相撲的な勝っても大喜びの感情を表すべからずと協会にでも言われたのかと色々考えてしまいました。
うーん。。私が外国人なら日本人は何を考えてるのかわからないと思っちゃいますね。
でもスノーボードの女子の日本人選手は皆、国を超えて健闘を称えあったりしていて普通に爽やかでした。

羽生君は羽生君で卒なく出来杉君を演じてるとは思いますw

はじめまして
羽生君の事をさがして、こちらにたどり着きました。
羽生君とは同郷という事もあり、だいぶ前から応援してました
いつかは世界一になると思っていました。
今回オリンピックで金メダルはホントうれしかったです
羽生君はスーパー負けず嫌いで、他の人もよい演技して、自分もよい演技して勝ちたいと思っているらしいので、今回のフリーの演技はほんとに悔しいんだと思います。
なので世界選手権では絶対トリプルサルコーも決めて、いい演技をして優勝したいと思って、早く練習しようとカナダに戻って行ったのかなーと思ってます。

私も「オリンピックチャンピオンとして」の連発は、そんなに言わない方がいいのにと思いましたよ(笑)
インタビューの答え方を聞いてよく思わない方の書き込みも悲しいかな読んできました。
怖い子だと思う方もいらっしゃるんですね
羽生君と平野君は、しゃべり方とか対照的でしたよね、でも平野君は今時の普通の子で、いい子だなと思いましたし、羽生君んはちょっと出来すぎ君ですかね

コーチ変更や、カナダに行く事も連盟から言われての事だとは思いますが、悩んで泣いて
決めたようですし、とっても頭のいい子なので、自分にとっていい事として戦略のような考えもあるとは思います。
カナダでの生活が、実はものすごく辛いものであるらしいですし
いろんな所を読んで来て、過度な称賛もいらないけど、そんなに悪く思わなくてもなんて思いました。
でもある番組で金メダル取った後、皆さんで乾杯している所が映った時、よくわからないですが、皆さんに良く思われてないS女史が映っていたので、エーって思いました。そして心配になりました。
なんか母親のような感じでいろいろ心配してしまいます
あんな息子がいたらいいのにな~と思ってます^^
長々すいません

はじめまして!
ソチ以来またいろいろと話題になっているので
ネットサーフィンしていたらたどり着きました。

羽生君、実はわたし最初は嫌いでした(笑)
私は大ちゃんと真央ちゃんのファンだったので
そのせいもあったと思います。
メディアが大ちゃんから羽生君に移行してしまったのが
寂しかったのかもしれません。
ただ、今では彼の魅力や一生懸命さに気づいて好きに
なってきました。

私は、羽生君だけでなく常々他の選手が批判されるさいにも
感じていた事ですが、ネット上での批判は、ほとんどが根拠のないものか
第三者に対する嫌悪感が選手への批判につながっていると思います。

採点のこと、コーチのこと、それらはスケ連やジャッジの問題であって
それによって選手を批判することは間違っていると思います。
彼らはただ自分が今できるベストの事をしたまでです。
それによって彼らの本来の能力より高い点数をもらったとしたら、それは
ジャッジの問題。それで彼らを責めるのはお門違いだし、まして日々努力を
している選手を捕まえて、彼はこんなに他の選手より劣っているのだと
荒さがしをする事に何の意味があるんでしょうか?

あと、インタビューについても確かに彼は他の選手に比べると
話し方もしっかりしていて、19歳とは思えないような言葉が
次々と出てきて驚かされる事ばかりです。
ただ、こういう10代もいます(笑)
時々テレビに出てきますよね。小学生とは思えないようなおっさんみたいな子!
彼もそんな感じだと思います。
10代にして辛い震災を経験し、その中でもスケートを続ける罪悪感と戦いながら
何とか故郷や周りの人の役に立とうと必死なんだと思います。
言葉に配慮がない事や、技術がまだ未熟なのはそれこそ10代だからじゃないですか?
10代らしくあれといいながら、10代以上のものを彼に求めるのは矛盾してませんか?
オーサーコーチも彼は感情が走りすぎてコントロール出来ていないといってました。
それがそのままスケート以外のところにも出ているんだと思います。

頑張っている選手を衣装が変だの、ラジオ体操みたいだの、ただの悪口はそれこそかっこ悪いと思いますね。

たくさんある中のひとつのブログで顔も名前もわかりませんがネットはたくさんの人が見ています。
例え羽生君が見る可能性が低いとはいえ、その画面の向こうには無数の人がいるのに
あなたはここで言ってることをその人たちの目の前で堂々と言えますか?
例えば顔が写っているテレビでインタビューされたら、羽生君の悪口言えますか?
きっといえないでしょう。
そういう卑怯で姑息なやり方は良くないと思います。
顔出して堂々といえないなら、そんな人をおとしめるようなこと言うべきじゃありませんよ。

またお邪魔します。
皆様…此処でのコメント、「熱い」ですね…

やはり今その競技の中でイケイケの若者達が絡むと…
そしてどちらかというと彼らに追われる立場のベテラン勢に寄り添いたくなる方…
人により思うトコロ色々あるものですね。

特にタレミミが口を挟むことは無いのですが、(ここではお一人お一人という形にしません。ごめんね)
ちょっと気になるトコロだけ…

>でぃあ様

はじめまして。
>私は逆に平野君と平岡君に違和感を感じました。
結構サメてましたよね…(^_^;)
平野&平岡二人で写真撮影の時は笑顔でしたけどね。
アレは思うにスイスの金獲った人(マグレと言われてましたっけ…あまり大技が決まったことが今までなかったらしいです。)ではなく、ショーン・ホワイトだったら雰囲気違ったと思います(笑)
そういうの顔に出しては本来ダメなんですけど(^_^;)
「え~コイツかよぉ~??」みたいな気持ちあったんじゃないですかね?
スイス人は確かに大技決めたのですが、皆がエアを6回飛んだ中、5回しか飛んでなかったらしいですし…
ま…複雑な思いが色々あったのでしょう。
女子選手達は感じ良かっただけにその辺が色々と「惜しかった」ですね。

>kako様

はじめまして。

昔「テケおかん」と言われていた方がいらしたと思いますが、「ゆづおかん」…今回増えそうですねえ…

>mika様

はじめまして。
色々強い思いがあるのは理解しますが、ちょっと強すぎて本来ここにぶつけるべきではないことまでお書きになっているような印象を持ってしまいました。

>それによって彼らの本来の能力より高い点数をもらったとしたら、それは
ジャッジの問題。
そうです。ジャッジの問題です。
>彼はこんなに他の選手より劣っているのだと荒さがしをする事に何の意味があるんでしょうか?
これからもっと言われますよ。なんったって「五輪チャンピオン」なんですから。
まだ19歳なんて言ってられないんですよ。もう。あと少しで20歳になります。
そして「もうこれ以上伸ばすトコロはあまりないですよ」と言わんばかりの高得点までいただいてしまっている訳ですから…
>頑張っている選手を衣装が変だの、ラジオ体操みたいだの、ただの悪口はそれこそかっこ悪いと思いますね。
??ここで彼を「ラジオ体操」と言っている人間はいませんけど??
(Pさんは言われていますね…(^_^;))
別のトコロとごちゃまぜにしちゃってませんか?
衣装については私は「いいんじゃね?」派ですが、中にはそうでない方も勿論おられる。
そんな方がつい最近コメントされましたっけ。
「感性が合わない」ことを発言するのまで「悪口」扱いするのはどうかと?
現にある英語圏の記事で彼がワーストドレッサーに選ばれてましたよ。

参考資料
http://nypost.com/2014/02/21/10-worst-fashion-fails-at-sochi/

コレにいちいち目くじらたててたらもちませんって…

最後のセンテンスは私に対してですかね?
それともコメントを書いている方に対してかな?
それともフィギュアブログ書いている人全般?
そのへんもちょっとわかりにくいです。
どの辺を「悪口」と受け取られたのか…?
弱点突くことはありますけどね。はい。
でもこれから選手を続けていく上で克服すべきトコロがあるっていうのは
選手として決して不幸なことではないと思うんですよね。

某国の誰かさんみたいに決して「完璧」ではないのに「完璧」と褒めそやすべし…というのは
私の性にあいませんわ。
それにここは「おそらくあなたが大好きと思われる選手」のファンブログではありません。
不快ならばよそを当たってください。

ただ単に言論統制を狙って書いているのならば「ご苦労さま」です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1824253/55153018

この記事へのトラックバック一覧です: 銀メダリスト 平野歩夢君:

« コメント返しについて | トップページ | やはりこの二人の並び見るとホッとする~大・真央 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー