« タラソワ先生は日本のスケオタさんのブログをチェックしてるのかしら? | トップページ | おリプと兄貴とチェ・ゲバラ »

2014年2月27日 (木)

Pさんと真央画像を見てのあーだこーだ

Pmao


何故かツボにハマった画像…

この二人は一応同い年なのだが

この並びはなかなか珍しいような気がする。

Pさんが若干エロく見えるのは私の気のせいだろう。
(うん。きっとそうだ…)

癒しオーラすら出ている気がするのは隣の女性のせいかもしれん。

でも目を見開いていないPさんの穏やかな様子は何となく可愛らしく見えてしまう。
(私の目が腐っていないことを祈る)

競技の緊張からの開放感がそうさせているのかな?

EX練習時の他のスケーターさん達も皆そうだ。

試合と違うほんわかした雰囲気が見られる。

それを見るのが楽しみのフィギュアファンも多いことだろう。

その辺もこの競技の特異なトコロだ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

エキシのエンディングの時か?

羽生君のエッジがPさんの胸を傷つけそうになったとか…
(羽生君がフライングした時だったと思う。羽生君は謝罪したらしいが周囲もっと気を付けなきゃあかん!キャナダでその様子が放送されたというのが少々気がかりだ。羽生君はここにきて、色々心配したくなるネタが出てきた。後日ちょっと触れるかもしれない)

練習時より距離が近くなっちまったのかもしれんね。

Pさんが服のボタン外して胸開けて、何か確認していたのはそういうことだったか…

優勝逃すわ

そういうアクシデントはあるわ
(しかも相手が優勝者という皮肉)

やっぱり色々ついてなかった五輪だったかもしれない。

それでも英語とおフランス語でお客様に挨拶したんだよね。

代表者だよ…かっこいいぞ

たまに馬鹿馬鹿しいネタに使ってしまう私が言うのもなんだが

お疲れ様でした。Pさん。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« タラソワ先生は日本のスケオタさんのブログをチェックしてるのかしら? | トップページ | おリプと兄貴とチェ・ゲバラ »

浅田真央」カテゴリの記事

Pさん」カテゴリの記事

コメント

タレミミさん、おひさしぶりです。いろいろやりきれない思いで見ていたソチですが、タレミミさんブログが更新されて幸せ~!
以前からヨナP大嫌いの私だったのに、最近Pチャンへの好感度が急上昇中です。ISUの御寵愛が別の選手へ移ったからかなぁ。その選手のことは、初代ロミジュリ百回見るくらい好きだったのに…。M壁やS田と金メダルの祝杯をあげているシーンに、ガ~ン。尊師みたいな存在にフ~ン。メダルを手にするためには、実力に加えていろいろと必要なものがあるんですね。
大ちゃん真央ちゃんのダンスは初々しかったけど、こちらもちょっと大人の雰囲気でなかなかよいぞ、と思ってしまう自分がいます。
最後に全然関係ないけれど、真央ちゃんとあっこちゃんに、極寒砂まみれの練習リンクをアルメニアに用意したスケ連に一言言いたいです。「おめぇら絶対確信犯だろ、酒飲んで浮かれてんじゃねぇ!!!」
タレミミさんのブログで、暴言失礼いたしました。

Pさんが幸せそうに見える…
真央ちゃんの腰を
思いっきりホールドしてる~
外人さんならあたりまえ?なのかな?
やっぱり、エスコートの仕方が上手です。

じつは、今回の、Pさんと羽生君の件も含めて、このオリンピック期間中、
私の彼に対する印象が180度変わってしまいました…。

此処のコメント欄でいうことではないので、控えますが、
テレビや情報の露出が増えるのも善し悪しですね…

ところで、
EXでのパートナーを
振付師さんが指名している動画をみたら
「マオチャン」と呼ばれたときに
真央ちゃんが直ぐに隣にいた
大輔さんの裾をに握ってました。(別の方のブログでも載っていたと思いますが)
その後「オーケイ、ダイスケ」と
呼ばれて、大真央ペアに…

いや、また、おばさんは勝手によろこんじゃってます(o^-^o)

タレミミさま、怒涛の更新ありがとうございます。
しかも、Pさんネタもあるじゃないですか。Pさんは絶対王者ではなかったのだね。私はD輔と真央ファンですが、Pさんの滑りを生で観たくて、春のアイスショーのアリーナ席をゲットしてしまいました。憎めないの、Pさんは。

この顔のPさんは、エロではなくて、至福の表情ですよ~しかも、少し伏し目なところが、いつもよりかなり男前に見えるじゃないですか!目線は常にこれで行ってほしい!
真央さんも、嫌そうじゃないですね、良かった・・・

追われる者から追う者になったPさん、あと一つ、あなたに必要なものは、上半身の柔らかさだよ!!!と、声を大にして言いたい。がんばれ、Pさん!

お久しぶりです。ブログ更新、私も嬉しいです!

このパトリックと真央ちゃんの写真、私もおっ!って思いました。いい雰囲気ですよね。で、以下、私の考察ですが:

パトリックが、グィって真央ちゃんのウエストを引き寄せてるので、さまになってますよね。彼の表情も、何とも言えない。全然照れてないで、おすましエスコート・モード。真央ちゃんの方は、笑ってますが、内心「げッ!」って思ってると思う・・。だって、お尻がちょっと出てて、無意識な拒否反応と言うか。いえ、パトリックだからってわけではなくて、慣れてないからだと思うけど。要するに、完全には照れを克服できてない。(単に、スケート靴がぶつからないように気を使ってるのかもしれないけど・・。)

日本男子は、大・ゆづ両方とも、女性のウエストか背を引き寄せる事が出来てない。(まっちーは、写真・映像を見られてないので、保留。彼なら出来るのか?) 手や、体のポジショニングが中学生の運動会のフォークダンスのレベル。19のゆづはまだしも、「氷上では、大人の男の色気ムンムン」なはずの大ちゃんさえも・・。

まあ、これが日本文化、日本男子、ですよね。大ちゃんは、このギャップがかわいいっていうのもあるでしょうし。アメリカとかカナダだと、結構中学生位から、学校のプロムとかで、着飾って男女でダンスする経験が出来るので、パトリックはやっぱり、それで照れたりしないのかな。

ところで、パトリックは世界選手権はどうするんでしょうね。失言があったりするけど、憎めないな、彼は。真央ちゃんがバンクーバー後の世界選手権でやったみたいに、リベンジする気で頑張ってくれるといいんだけど。

不思議ですねぇ、Pさん。
ボーナスはもらうし言いたいことは言うのに、どうしてか憎めない。
得点が上がり出したころからのギラギラした様子がいつの間にか消えていたソチ。
でも技術や表現の向上を望んでいたので、頑張ってほしいなと思っていました。
それにしても“絶対王者”って言われていましたが、彼も魔王様と同じで失敗もすれば思うような演技が出来ない時もあったでしょうに、“絶対”とは大変ですね。

この世で怖いものの一つが己との戦いなのかもしれないし、挑戦するからこそ失敗も存在する中で、岩をも通した魔王様の思いは多くの人の思いまでも変えてしまったのでしょう。

改めて誠実である事、真実である事の偉大さを感じました。
世界選手権楽しみです。
メンバー良さそう。

なぜだか私の中でもPさん、好感度アップ中です(;^_^A
真央ちゃんのエスコート、すいーっと近寄ってきて自然体だったんですよね。
Pさん、やるじゃないか。と思ってしまった次第です。

エキシビ終盤のスピーチで、団体戦の成功うんぬんをPさんに言わせるのは、なんかの罰ゲームか?とか思ってしまいました。
確かPさんは団体戦に反対していたような。。。(記憶違いだったらすみません)

タレミミさん。 Pちゃんはね、おヨナさんの練習欠席でペアが組めず
あぶれる形となってしまった町田選手もしっかりホールドしてダンスしてくれてましたよ!
緊張ぎみで硬かった町田選手もおかげで笑顔になりましたし、イイ奴でした^^

カナダ男子の呪いはともかく、福岡GPFの結果は彼にとっては衝撃的だったでしょうね。
「相手のホームだったから」と当時コメントしてましたが、内心は違った気がする。
だってパトリック・チャン・スコアの差の縮まり方、
あれはホーム・アドバンテージ以外のモノがありましたよね、今更ですけど。
(高橋選手の欠場は彼自身も勿論ですが、Pちゃんにとっても痛い流れになってしまった…。)
続くお互いのナショナルでの内容とスコア、そして五輪団体戦のショートです。
3年間、男子カテゴリーをリードし続け、最後の最後で梯子を外された…。

福岡GPFは連日満員でした。それは若き金メダリストの人気によるものだと
S女史やM氏がロビー活動しまくったんでしょうなぁ。
(実際は直前で無念の欠場となった方によるものですよね、皆さん!)
3年かけても北米でのフィギュア人気は回復せず、またキャナダのやり過ぎ感もあったのか
テサモエ組も2位が定位置状態になってるし…。
ISUは新たなスターを “自ら作り出す” という愚行をまたやらかすらしいですわ。

白茶さん。 横から失礼します!
私も好きでしたよ、初代ロミジュリ。
ニース世選のラストポーズで人差し指を突き立てるまでは…。
「何かこの子イヤ…」そして一気に応援できなくなりました。
翌シーズンのソチGPFプレカン(SP時)での挑発言動。
そして翌日、作り笑顔で優勝者をハグしにいき
振り返った瞬間に笑顔がサッと消えたあのシーン。
漠然と感じた「何かこの子イヤ…」は、今回のソチ五輪を終えてみて
変な話、間違ってなかったことが立証されてしまいました…。

yomiさん。 お久しぶりです!
浅田選手、袖引っ張りながら「大ちゃん!」と返事もされてますよ^^
ちなみにそのシーンの少し前に、
振付師がペアを組んでもらうと説明を始めた際、隣同士だったので
「どうする?」 「組もうっか!」ってな感じでお互いハイタッチで即決定。
あとは聞かれたら答えるだけという状態でしたね^^
http://www.youtube.com/watch?v=f_5iRpcD58U

タレミミさん。 例のごとく横道に…。申し訳ございません!!

まっきー様。

おひさしぶりです!
動画みました!
ありがとうございます~~~
二人が紺ジャージなので、見つけやすいし、
とにかく常に近くにいる感じが安心~ほっこり~ですね~~~

ハイタッチ!わ~
やっぱ、良いわ!!
なんか、男女な感じがしない、全く危険な感じがしないんですよね!
だから、いつみても、この二人は心地よいのかも!

マッキーさんに拍手!私も3年前までは新しいスターが出てきたと応援していましたが、カナダに移った以降、裏面の野心が表面に出だして不快感が募って行きました。最近では確かカナダGPでのキスクラの席でコーチの言葉を無視して一人でブリブリふくれっ面していました。あの場面みて、ああやっぱりこの子は自分の勝ちしか認められない性格なんだなって解かりました。それ以降スケート連盟のバックアップもあってドンドン自信つけて階級を掛け上がって行きましたね。強い精神力と言えばそうかもしれませんが、大輔さんファンであるからこそ云いたいのですが
次期エースとして君臨したいのであれば”謙虚”と言う心を磨いて頂きたいと思います。演技に魅力つけたいなら人柄の良さが一番物言うからです。

ニースワールド見てました。ロミジュリのフィニッシュで、人差し指で天を指しましたね。
私、「オレがナンバーワン!」という意味のポーズかと思い、「なんか・・・すごい子だな(汗)」と思ったものです。実際は、支えてくれる人たちのおかげでできた演技という意味で天を指差したようですね。
しかし、パリの散歩道のノーミスフィニッシュの時もピッと人差し指を立てますね。オリンピックでもやってましたが。あれは、やっぱり、「オレがナンバーワン!」に思えます。
私は自信満々な人が苦手なので、「これやめてほしいなー」と勝手ながら思っています。プルシェンコの影響ですかね?言動が若干芝居がかってるのも苦手。
田村岳人さんによると、彼はフィギュアスケートよりも格闘技のほうが向いているんじゃない?というくらい強気の性格のようで・・・。
これから、全日本を連覇しそうな選手を苦手になりたくないですが。若さゆえですかね?真央ちゃん、大輔みたいにベテランになると落ち着いてくるのかな?

yomiさん、ホントほっこりしますよねぇ^^
10代でもここまでの爽やかな空気感ってなかなか無い気がします。
人としての魅力に溢れた、日本人として誇らしいツートップです!
あと、推薦枠での出場ということもあり、センターというよりは気持ち端っこで
メダリストはじめ、上位選手へのリスペクトも感じられるお二人でした。
ただ隠しても隠し切れない “華” がありますから、どうしたって目立ちますけどね!
そうそう、ご覧になってるかもしれませんが
こちらの動画と合わせて見ると、より状況がつかみやすいかと思いますよ^^
https://www.youtube.com/watch?v=7YPi9SHAkGE
町田選手を気づかう二人も素敵ですね。

ひまわり娘さん。私の 「何かイヤ…」 という数シーズンにわたるモヤモヤを
わかって下さってありがとうございます^^;
フィギュアスケートは “その人の生き様が出るスポーツ” で、
それは滑りには勿論のこと、キスクラだったり、プレカンだったり、会見だったり
その競技に関わる全てのところで表れてくると思ってるんです。
大仰な謙遜をしながら、その実、目線や態度は全く逆だったり、
またそういう発言や態度で微妙になったその場の空気を、
逆に周り(の選手)が気にしてフォローしている事など、気づいてない様子ですし。
おっしゃる通り、心にもない謙遜ではなく、心からの謙虚さをもって頂きたいですね。
都合のいい時だけ 「まだ若いから」 というのは通らないと思ってます。

ひまわり姫さん。
お名前を間違えてしまい、大変失礼いたしましたm(_ _)m

・・・Pさん、来ない・・・・・チト(´・ω・`)ショボーン

でも、ケビン君来る。ヽ(´▽`)/

何か…Pさん株が上昇中のような気がするのは気のせいでしょうか…
( ̄◇ ̄;)

>白茶様

お久しぶりです。
>以前からヨナP大嫌いの私だったのに、最近Pチャンへの好感度が急上昇中です。
そうなのですか…(;・∀・)結構そういう方いらっしゃいますね。
明らかに下駄外されている感じになってきたことの同情票も多いのかな?
一見おヨナさんアンチに見られるかもしれないタレミミですが、
実は「ネタキャラ」としての愛情はあるのですよ。(Pさんは勿論。あ、それとPさんの胸筋と太腿は好きです(笑))
>M壁やS田と金メダルの祝杯をあげているシーンに、ガ~ン。尊師みたいな存在にフ~ン。
スケオタさんで何となくその二人の存在に気づいている方もいれば、ショック受けた方も多いようですね。
嫌~な臭いのする方々ではあるのですが、彼に金をもたらしたことを考えると「やり手」ではあるんですよね。
(「やり手」ってのは「嫌~な臭い」成分が強いものです)
>大ちゃん真央ちゃんのダンスは初々しかったけど、こちらもちょっと大人の雰囲気でなかなかよいぞ、と思ってしまう自分がいます。
Pさん、エスコート慣れてる感じですよね。やはり住んでいる国の文化の影響大ですな。
アルメニアについても…ちょこっと後で触れようか考え中です。

>yomi様

Pさん、レイチェル・フラット嬢の社交界デビューの時にエスコートしてましたよね?確か。
ちょっと見直しましたよ。(ちょっとだけよ…)
>テレビや情報の露出が増えるのも善し悪しですね…
はい。おっしゃる通りとしか言い様がございません…
ワールド終了後増えると思いますがどうなりますかね?
>EXでのパートナーを振付師さんが指名している動画をみたら…
微笑ましい図でしたね(*´∀`*)
でも、町田君がしばらく一人になってしまい真央ちゃんが「ヨナいるよー!ヨナー!」と叫んでいたのもツボです。
「罰ゲームじゃないよね…?」
と一瞬思ってしまったのは僕の悪い癖…

>わんこ様

>Pさんは絶対王者ではなかったのだね。
2A失敗でしたからね…(T_T)
>Pさんの滑りを生で観たくて、春のアイスショーのアリーナ席をゲットしてしまいました。憎めないの、Pさんは。
いいなあ…(´ε`;)ちょっと嫉妬スピンです。
>この顔のPさんは、エロではなくて、至福の表情ですよ~しかも、少し伏し目なところが、いつもよりかなり男前に見えるじゃないですか!目線は常にこれで行ってほしい!
…そ…そうですか…至福の表情でしたか…
目線は常にこれで…というのに激しく同意致します!
Pさん、ワールド出ないのが残念ですね。
わんこ様のPさん愛にちょっと圧倒されそうなタレミミでした。(;・∀・)

>フクミミ様

お久しぶりです。
>真央ちゃんの方は、笑ってますが、内心「げッ!」って思ってると思う・・。だって、お尻がちょっと出てて、無意識な拒否反応と言うか。
>いえ、パトリックだからってわけではなくて、慣れてないからだと思うけど。要するに、完全には照れを克服できてない。
その片がシャイな日本人が出てしまうトコロですよ。
男女組んでダンスを踊る文化ないですからね…せいぜいオクラホマミキサーとかそんなんですもの。
>「氷上では、大人の男の色気ムンムン」なはずの大ちゃんさえも・・。
「大人の男の色気ムンムン」オーラがこーゆー時は影を潜めてしまうんですよね…何故か…
(でもそこが彼の面白いトコロ!)
>リベンジする気で頑張ってくれるといいんだけど。
今回は回避しちゃいましたね…とはいえ、ヒラマサまで続けるかは「?」ですが、
ワールドをまた獲りたいという野心はあるみたいですよ!

>狸化猫様

>得点が上がり出したころからのギラギラした様子がいつの間にか消えていたソチ。
>でも技術や表現の向上を望んでいたので、頑張ってほしいなと思っていました。
結果論になりますが、彼は下手に「表現の向上」を目指すより、徹底的に技術で押していく方が魅力が出る選手かもしれないな…なんて思ってます。
技術コーチであるクラールコーチを切ったのが間違いで、その辺からケチがつき始めてきたような気がするんです。
(微妙な出来でワールド2度獲って色々叩かれたのもありますけど…)
>それにしても“絶対王者”って言われていましたが、
何かキャッチフレーズをつけた方がTV番組等は作りやすいのかもしれませんが、この名称、もう使わない方がいいですね。嫌味になってしまう…。(おヨナさんの「完璧」もそうですけど)
>この世で怖いものの一つが己との戦いなのかもしれないし、挑戦するからこそ失敗も存在する中で、岩をも通した魔王様の思いは多くの人の思いまでも変えてしまったのでしょう。
‥思う一念岩をも通す…ですか。
この言葉を聞くとイチローを思い浮かべてしまいます。
真央ちゃんとやはり似ているトコロあるのかもしれません。

>ちえぞうさん様

>なぜだか私の中でもPさん、好感度アップ中です(;^_^A
あなたもですか!?(;´Д`)何故だ!??Pさん、恐るべし!!
>エキシビ終盤のスピーチで、団体戦の成功うんぬんをPさんに言わせるのは、なんかの罰ゲームか?とか思ってしまいました。
>確かPさんは団体戦に反対していたような。。。(記憶違いだったらすみません)
あまり良い演技が出来なかった国別終了後にそんなことを言ってたような記憶がうっすらありますが、
個人戦の本番前に試すことが出来て良い…ということも何処かで言ってたのもPさんだったような…?
スピーチは英語&おフランス語両方堪能…ということで白羽の矢を立てられたのかもしれません。
(お疲れ様…)

>まっきー様

>タレミミさん。 Pちゃんはね、おヨナさんの練習欠席でペアが組めず
あぶれる形となってしまった町田選手もしっかりホールドしてダンスしてくれてましたよ!
緊張ぎみで硬かった町田選手もおかげで笑顔になりましたし、イイ奴でした^^
…あとでエキシ練習動画チェックしてみようっと。色々見所満載のようですね。一部しか見てないの…(クスン
Pさん、余計な事くっちゃべることが多いのですが、こーいう場所では結構いい奴ぶりを発揮しますよね…
(真央ちゃんの「ヨナいるよー!ヨナーー!!」にも結構和みました。見方変えれば罰ゲームのような気もしなくもありませんけど…)
>福岡GPFの結果は彼にとっては衝撃的だったでしょうね。
私もあの点の出方見て、「Pさん…五輪アカンかも…」と思ってしまいました。
見事に呪いかかっちゃいましたね。
>3年間、男子カテゴリーをリードし続け、最後の最後で梯子を外された…。
あとそのうちの2年…ケチがついてしまう優勝だった…というのも痛いトコロ…
あんなんだったら2012ワールドは大輔に獲らせたかった(2013はテン君ね)
という気持ちはまだ私の中に残っています。
(でも2012は男子の良い演技多かったですよね?アレを五輪で見たかったけれど五輪までに皆疲弊しちゃったかしら?)
>テサモエ組も2位が定位置状態になってるし…。
いつから逆転(バンクーバーの時とはね)状態が当たり前になってきたのか…
ソチ五輪個人戦はテサモエでもいいのにな…と思いましたね。
>「何かこの子イヤ…」
私も初代ロミジュリは大好きなのですが、確かにこーいう子は苦手(苦笑
「出来過ぎ君」なのもちょっと…という感じですね。
息子さんをお持ちのお母様方が応援したくなるタイプかな…と思いますが。
>そして翌日、作り笑顔で優勝者をハグしにいき
>振り返った瞬間に笑顔がサッと消えたあのシーン。
そんなこともありましたっけ…ブラックな部分を前面に出した方がある種の人々の心をくすぐり、
ファンが増えるかも…
ってのはないかな…(^_^;)

>ひまわり姫様

随分手厳しいっ!(;´Д`)
>カナダGPでのキスクラの席でコーチの言葉を無視して一人でブリブリふくれっ面していました。
アレはダメですよね…女子オタ目線で見ると「オーサー許せねえ」的な気持ちあるんですけどね。
散々お世話になっているコーチですからね。彼にとっては。
>あの場面みて、ああやっぱりこの子は自分の勝ちしか認められない性格なんだなって解かりました。
でもね…ソレ、強い上昇志向の表れで、決してアスリートにとって悪いことではないのですよ。
高橋大輔がアスリートの中では変わり種なんですよ!(笑)
でも彼を見慣れている人達からすれば羽生君は「キッツイ性格」に見えてしまうでしょうね。

>doroshi-様

>私、「オレがナンバーワン!」という意味のポーズかと思い、「なんか・・・すごい子だな(汗)」と思ったものです。実際は、支えてくれる人たちのおかげでできた演技という意味で天を指差したようですね。
…そうだったんですか?(;´Д`)私も「コイツ、スゲエ…」と思っちゃいました。
何というチャレンジャーか!?…とね。
>プルシェンコの影響ですかね?
憧れている人の真似をする…というのは悪いことではありませんけど…かなり生意気に見えることは確かです(笑)
>田村岳人さんによると、彼はフィギュアスケートよりも格闘技のほうが向いているんじゃない?というくらい強気の性格のようで・・・。
…でも身体は…(;´д`)世の中なかなか上手くいかんもんですねえ…
>真央ちゃん、大輔みたいにベテランになると落ち着いてくるのかな?
私はここまで来たら逆にヒールキャラで行った方が良い気がしてきました…
皆様の御意見を見て、更にその気持ちが強くなりました。(ダメですかね?やっぱり…)

>狸化猫様

トマシュ来る!
…でもジュベは…(´・ω・`)…
トランコフさんも…_| ̄|○

>あんなんだったら2012ワールドは大輔に獲らせたかった(2013はテン君ね)
という気持ちはまだ私の中に残っています。

み~とぅ~!! (テン君もです)
ニースはねぇ、“次はロンドンの自国開催だし金メダルほぼ確定”ってことで、
【世選3連覇!】という肩書を持って五輪に向かわせる為の政治的なモノの為に、
ホント、悔しい結果になりましたよね…。
会場の反応、各国関係者、各国実況&解説でも 「優勝はダイスケだろう!」 でしたし。

おそらく現役選手もそう感じてくれるところがあって、
翌月国別があの 「ダイスケ リスペクト!」 になったと思ってます。
(もちろん滑りも素晴らしかった、あ、観客の歓声はちょっと…だったところもあるれど^^;)
そして同時に選手たちが、彼への賞賛と共にジャッジに対し意思表示した気もします。
いやぁ、悔しさがよみがえって参りましたわ!

doroshi-さんが教えて下さった
“支えてくれる人たちのおかげでできた演技という意味で天を指差した”。
こう言う意味だったのなら、私にはますます受け入れられないラストポーズでございます。
ちなみに、まだ小さい息子の母親をやっとりますが、日々思うのは
『どうやったら高橋選手のような “優しくて強い男性” に育てられるのか』 という事!
今回のソチ五輪、彼の様々なシーンに触れ、
改めて強く思った次第です !!

追伸。 EXフィナーレ。手を繋いでペアとなり、輪になって滑るところありましたでしょ?
おヨナさんがいない間、ハビ君とペアになってたカロちゃんが、
反対の空いた手で町田君とも手を繋ぎ 3人で滑ってくれてました!
ホント、カロちゃんは優しくて素敵な選手です^^

一行コメントし忘れました。

会場の反応、各国関係者、各国実況&解説でも 「優勝はダイスケだろう!」 でしたし。
(そう思いもせず、当然抗議もせず、羽生選手の銅獲得にウハウハしてたJSF……)

ニース・ブルース、ついでにケベック・ブルース見てきます !!

はじめましてタレミミさん。お初にお目にかかります、メリッサと申します。
以後お見知りおきを。

真央ちゃん&Pチャンファンなのでこの画像を見たときは感動しました。
ヨナさんとPチャンの絡みは見たことがあっても、この2人のは不思議と今までありませんでしたから。
この2人の絡み、もっと見たいな~、普段おしゃべりしたりするんでしょうか?
Pチャンが大輔さんと仲良しですから、大輔さんを橋渡し役にして、仲良くなってほしいな~と思って画像眺めてました。

Pチャンは普段ニコニコとピュアな笑顔を見せていますが、この画像の表情は大人の表情ですね。
確かにエロく・・・いやセクシーといいましょうか、やはり君も大人だったのねと改めて思う表情です。
真央ちゃんのヒーリングスマイルとPチャンのセクシースマイル、ナイスショットです。

競技の世界に戻ってきたらぜひPチャンには王の座に返り咲いてほしいです。
羽生君もね、素敵だと思うんですよ。手足長いし顔小さいし、スケートも絵になるし・・・でも、
私はやっぱり、爽やか笑顔でパワフルで美しいスケートをするPチャンが大好きです。

すみません、最後は惚気になってしまいました。

また、お邪魔させていただきます。それでは失礼します~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1824253/55152486

この記事へのトラックバック一覧です: Pさんと真央画像を見てのあーだこーだ:

« タラソワ先生は日本のスケオタさんのブログをチェックしてるのかしら? | トップページ | おリプと兄貴とチェ・ゲバラ »

フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー