« コメント欄の名前について | トップページ | 逆襲のジェレミー・アボット »

2014年3月 6日 (木)

架空秘密対談~こんな秘密会談と五輪の魔物は嫌だ

☆架空秘密対談~こんな秘密会談と五輪の魔物は嫌だ☆

バッ●かいちょー「今回金じゃなくてごめんNE☆…開催国も立てないといけないのでな…」
ヨンクィ姐さん「その代わり…」
バ「分かっておるわ…(ニヤリ)I●C委員のことであろう?」
ヨ「流石かいちょー…よく分かっておられる…(ニヤリ」
バ「すでに手は色々と打ってある心配するな」
ヨ「ははあ!(礼をする) “It's Yuna time!”…かいちょーのお心遣い、感謝致しております」
バ「ハハハ…さようか…。いくら露西亜の小娘が金をとろうと、我々はそなたをゴリ押…いや、推すことは変わらぬぞ」
ヨ「ハハッ!」
バ「我が組織のHPでも他のスケーターたちが問題にならぬほどそなたの画像を多く取り揃えておいたわ」
ヨ「ありがたいことでございます…」
バ「HPの画像を見れば…露西亜の小娘どもとは格が違うことが丸分かりじゃろうて…何といってもそなたの美しいポジションの画像バンバン他の選手以上に載せてあるからのう…比較すれば一目瞭然というものよ…フハハハ…(馬鹿笑い」
ヨ「…そ…それは…ポジションは…ちょっと…(滝汗」
バ「何か不満か?」
ヨ「とんでもない。かいちょーのやることに間違いがあるはずがございません…他の選手達と比べてダントツに多いことで一押しの選手であることは明らか。そして、かいちょーのようなエライ方々のありがたいお褒めの言葉を雨あられのようにメディアに拡散し、山●どもを上手く使ったならば、汚ポジも超絶美ポジに変わるというもの…(←無茶だよ!)多くの民の審美眼なぞ無きに等しいものでございます。人々は権威に弱く、華々しく宣伝した者が勝つ。このおヨナ、頭が下がる思いでございまする(深々と頭を下げる)」
バ「おヨナ…前々から思っていたが…お主も悪よのう…」
ヨ「I●C様にはかないませぬ…」
バ&ヨ「フフフ……ブワッハハハハハハハハ(笑い声でかくなる)」

(急に冷気が漂う。怪しい気配)

バ「何者だ!?」

(フシューフシューと呼吸音)

魔物「我が名はティムシェル氷上の競技者達に仇なす者ナリ…ん?此処は何処だ?」(リンクへの道に迷ったらしい))」

バ「ものども出合えーーー!!!曲者じゃーー!!斬れ!斬れ…斬り捨て~い!!!!」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

いちおー参考資料

キム・ヨナがIOC会長と秘密会談=女子シングルの疑惑判定には触れず―韓国メディア


配信日時:2014年2月24日 18時55分

2014年2月24日、大韓体育会は、ソチ五輪女子フィギュアスケートで銀メダルを獲得した韓国のキム・ヨナが23日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と会談したことを明らかにした。捜狐体育が韓国メディアの報道として伝えた。

バッハ会長とユースオリンピック広報大使を務めるキム・ヨナは、インスブルックユースオリンピック2012に出場した選手3人と会談。議論を呼んだフィギュアスケート女子シングルの判定については触れられなかったという。

「キム・ヨナはIOC委員に意欲を示している」と韓国の一部メディアが報じたこともあり、バッハ会長との“秘密会談”に関心が集まった。(翻訳・編集/NY)

☆☆☆

皆様ご存知手相見姐さんのブログ「あんたたちもっと驚きなさいよ」の2014.02.19(Wed)付の記事より


ふざけるなIOC「It's Yuna time!」 ←記事にリンクしちょります。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日韓SPA!ネット版にて

まるで氷上の哲学者?“ティムシェル”町田語録に注目せよ


2014.02.09 スポーツ

 ソチ五輪の団体戦で男子フリースケーティング(日本時間10日0時~)に出場予定の町田樹(たつき)選手(23歳)。

 フリーの演目は「火の鳥」だ。五輪前の壮行会ではこのような挨拶が報じられた。

「去年は“ソチ五輪第6の男”と言われ、過酷で激動でしたが、東奔西走した甲斐があり、皆様のご支援のおかげで、幸いにもソチオリンピックの出場権を得ることができました」

「ソチは未知なるフロンティア。恐怖心があるが、やるしかない。ソチのリンクは青が基調。火の鳥がきれいな青い空へ飛翔していく最高の舞を見せる」

 なんとも雄弁な町田選手。これまでにも

ソチ五輪での夢は「町田樹史上最高傑作を演じる」
「純粋芸術としてのフィギュアスケートを極めたい」

など、ほかのスケーターとはひと味もふた味も違う発言で話題になっている。

 ネット上では「町田語録」を集めるサイトも登場し、いまや会見で彼が口を開くと、周囲の選手たちが笑いを噛みこらえつつ見守るという。

 そんな町田選手のユニークな発言を紹介してみたい。

◆愛読書はヘーゲル「美学講義」

 関西大学文学部で哲学や美術を学んでいる町田樹選手。今季のショートプログラム『エデンの東』は、原作小説を読み込み、自ら構想を練ってきた作品だ。開幕前には突然、ヘブライ語を引用して作品のポイントを説明した。

「ジョン・スタインベックの小説『エデンの東』がプロットで、1年間かけてコンセプトを解釈し、構想を温めてきた。小説の隠れたテーマである“ティムシェル”を体現するつもりで演じています

「ティムシェル。日本語だと『汝、治むることを能う(あたう)』という難しい言葉になっているんですが、“自分の運命は自分で切り開く”という意味だと解釈しました」

 これだけではない。愛読書はヘーゲルの「美学講義」という町田選手独特の表現に、報道陣も「次はどんな語録が飛び出すか」興味津々だという。

「さなぎから蝶へ羽化するような進化した姿をお見せしたい。蝶の幼虫がさなぎになるとき、その中で何をしているかというと、“アポトーシス”と言って、今まで自分を形作っていた細胞を自分で殺してるんですね。一回、自分で自分の全細胞を破壊して、すべてドロドロの状態になるんですよ」

「基礎に立ち返り、自分の中の常識をどんどん壊していって、自分自身をひたすらに破壊して、もうドロドロの何にでもなるような状態。つまり自分でアポトーシスという状態を作って、“新しい町田樹”“新しい町田樹が追求する表現”を創り直した、というのが今シーズンにやって来たことですね」

※参照元/Pigeon Post
http://pigeon-post.net/interviews/Tatsuki_2013_Nov_jp.html

◆町田用語に記者もポカーン

 ときには難解すぎて、記者たちが当惑する場面も。

(不調からの脱出法を問われて)「アルゴリズムから得られた情報を元に、ヒューリスティックでいいコンディションをつくれた。スランプになるとその手法の繰り返しです」

 翻訳すると、不調の原因を一つひとつ探ったうえで、しらみつぶしにあたるのでなく、効率的な方法に絞って試すことらしい。

 こうした独創的な発言も、記者に対して月並みな表現をしたくないという町田選手本人のこだわりだという。

 12月のグランプリファイナル。ショートプログラムで失敗し、絶体絶命だった晩には、こんな心境だったことを吐露した。

「“一歩下がれば、そこは死なんだ”という崖を見ました。ものすごい恐怖感でした。2勝して、潜在意識の中に慢心があって、あんな結果になったと思います。このままショートを引きずったら僕はソチに行く資格がないと思って、自分に挑戦状を叩きつけました」

 全日本選手権の直前にはスケート靴が壊れたが、「まったく関係ない」と強気な姿勢を崩さず、「無の境地で行きたいです。エタノールを燃やしたときに透明な炎が出るんですが、そういう見えない炎を内に秘めて虎視眈々と狙う」と、分かるようで分かりにくい表現で燃える闘志を表明。見事、五輪代表をつかみ取った。

 拠点をアメリカから大阪に移し、コーチも変えて、背水の陣で生まれ変わった町田選手。

 彼が最高の演技を見せてくれた後の会見で、どんな発言が飛び出すか、こちらも期待して注目したい。

<取材・文/日刊SPA!ソチ五輪アイススケート取材班>

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

町田君…

ワールドも是非

ティムシェルっていただきたいものである。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

編集画面のカテゴリーが

「おヨナさん 町田樹」

という並びが

実にシュールとしか申し様がない。

接点ねええええええええーーーーーーーーー!!!!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« コメント欄の名前について | トップページ | 逆襲のジェレミー・アボット »

おヨナさん」カテゴリの記事

町田樹」カテゴリの記事

コメント

いよぉ!!まってました!!!
ティムシェル侍!!
(脳内EX版アランフェス)

きっとあいつなら、やてくれる!!(なにをや?)

これから、不愉快な現実を目の当たりにしたときは、
頭の中にティムシェル侍を登場させることに決定いたしました!!!

そーでもしねーと、やってらてっか!!(# ゚Д゚) ムッカー
てなことが、フィギュア界では永遠続きそうですね……はあ~~~~

テレビで真央さんとお隣さんを絡められて、いっつも腹立ってましたが、
いや~
マッチーだと笑える!(タレミミ様のブログだからでしょうか?テレビだと腹立つかな?やっぱり)
勝手な感想でマッチーのファンの方に怒られそうですが、彼の纏っている世界観には
怪しげな輩も寄せ付けないシールド効果もある感じがするんですよね。
真央さんの纏っている空気もシールド効果があると思うんすが、
また、全然違う色合いの…ちょっとうまく表現できませんが、

マスコミのインタでも
1つの質問に、10答える(しかも、返しが難しいような内容で、かぶせて新たな質問がしにくい。)

たぶん、インタビュアー泣かせなんじゃないかと思うと、痛快です。
彼の返答を瞬時に理解してかえせるほどのツワモノインタビュアーよ、いでよ!

ワールドでも、ティムシェル劇場を期待しちゃいます~!

・・・町田からめますかw

ヨナVSティムシェル

「ティムシェルなら出来る!」と真央ちゃんに声援を送ってほしい。


すみません。
あまりの引きの強さに釣られてしまいました。

新参者3連投はあつかましすぎですよねぇ(-_-;)

お邪魔でしたら、過去のもろとも闇に葬り去ってくださいませ。


小塚君の短い髪の写真見て、「ティシェルったの!?」とびっくりしました。

他の選手もインタビューでべらべらしゃべり出すかも・・・(ないです)


本の出版が中止になったという情報がありますが、まっちー本人が不本意なところがあったのかなと勝手に想像しています。

オリンピック出場が決まってからの企画でしょうから、本人が執筆する時間があるとは思えません。

インタビュー起こしかゴーストかで、出版社としては話題性のあるうちにちゃっちゃと作って売りさばきたかったんだろうけど、言葉の人まっちーとしては、中途半端なものにしたくないけど校正してる暇もない。
時期を逸したら商品価値がないから、ヤメヤメとなったんじゃないかと。

妄想が暴走してますが、トラブルになっていなければいいなと思います。

町田をいぢめないでー。

>yomi様

>ティムシェル侍!!
ただの侍じゃないんですよ…
「暴れん坊“ティムシェル”冬将軍」なんです。正式名。
フィギュア限定の五輪の魔物と悪を成敗する将軍を兼ねる存在。
ただ残念ながら悪を成敗するのは「確固たる自信」がある時でないとダメで、
しかも気が向いた時しかやってくれないという…ちょっと困った存在でもあります。
ちなみに彼は3人の付き従う隠密(のようなもの)がいまして、名前はそれぞれ…
アルゴリズム(男)
フロンティア(女)
ルサンチマン(釜)
となっております。
バッ●かいちょーの「斬り捨て~い!!」を合図に隠密達も大立ち回りを繰り広げ、
最後「成敗!」の過程まで描こうとしましたが、
「まだかいちょー成りたてだからな…」
と僅かながらの良心が働き(というかこれ以上書くのがメンドクセー…というのが本音ですけどね)
殺陣が始まる前に打ち切らせていただきました。

説明長くなっちまいましたね…( ̄▽ ̄;)

私もティムシェルワールドを期待しています。
(でも本が発売中止って…どういうことなのか説明したまへ!!…ですよ…)

>ビー玉様

>新参者3連投はあつかましすぎですよねぇ(-_-;)
>お邪魔でしたら、過去のもろとも闇に葬り去ってくださいませ。
そーいうことは気にしなくていいです。
「お前のカーチャンでべそ!!」
のような誹謗中傷めいたことを書き逃げされるのでなければ全然OKYO☆…です。
(例がお子様っぽくてスミマセン…眠くてそれしか良い例が思い浮かびませんでした)
>小塚君の短い髪の写真見て、「ティシェルったの!?」とびっくりしました。
え!?(;・∀・)後で見てみます!!
>本の出版が中止になったという情報がありますが、まっちー本人が不本意なところがあったのかなと勝手に想像しています。
私の貧困な発想で申し訳ないのですが、原因を色々考えてみました。
(1)スケ連に邪魔された。(町田くんに「焼き鳥か?」とか暴言吐く奴がいるそうですからね(╬゚◥益◤゚))
(2)確固たる自信が持てなかった。
(3)ひとつの芸術作品として仕上げるんだっていう強い気持ちで臨み過ぎ、執筆協力者がついていけなくなった。
(4)アルゴリズムから得られた情報を元に、ヒューリスティックでいいコンディションを作ることが出来なかった。
(5)本を出版するより鳥取で気持ちを開放したくなった。
(6)メキシコのピラミッドの頂上でアルミのようなものに触れたらベストセラーになるかもしれないと言い出し、出版社の人を困らせた。
(7)表紙の写真を撮ったカメラマンに「ロシアの男性のようなセクシーで妖艶で妖しくて 男らしい感じで撮ってください」とちょっと困るお願いをしてしまった為。
(8)ただのガキだから。

おそらくこの中のどれかが当てはまると私は推測します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1824253/55252801

この記事へのトラックバック一覧です: 架空秘密対談~こんな秘密会談と五輪の魔物は嫌だ:

« コメント欄の名前について | トップページ | 逆襲のジェレミー・アボット »

フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー