« 末永くお幸せに~パントン「愛の夢」他 | トップページ | キアヌ・リーブス、“ぼっち姿” »

2014年3月22日 (土)

男フィギュア祭り~ブライアン・ジュベール他

(動画主様、本当に感謝です!)

動画主様の動画説明…

もっと点数出てよーー!!!

…とのこと。

全くだよ…(-_-;)

ニコ動の動画タグが実にヴァラエティに富んでいる。

「クワドの守り神」「スケスケ火山」「レベルが来い」「シースルーな伝統」「男は黙って四回転」「風呂場実況」

…なんかヽ〔゚Д゚〕丿スゴイぞ…

イケメンの上にネタキャラとしても「オイシイ」人間ってそう滅多にいないぞ…

そういう意味でも貴重な存在である。

【クワドブライド】Sochi 2014 Brian JOUBERT SP【オーストリア解説】

そしてフリー動画。

【音声差し替え】ブライアン・ジュベール ソチ五輪FS【べるるん解説】 ←ココ注目っ!

動画タグに「クリストファー・ベルントソン」の名前有り

動画主様の説明…

低画質。フランス2放送のものをスウェーデンラジオの音声に差し替えたものです。
※キスクラは入っていません
 次の滑走がマヨロフです
 スウェーデンラジオは他の競技の合間にフィギュアスケートの実況を挟んで放送しているため前後に軽く概況が入ります

…とのこと。

言葉が分からんのが辛いですが…実況なかなか力入ってます。

ソチ五輪男子シングルSP得点詳細

ソチ五輪男子シングルSP・ジャッジスコア

同男子シングルフリー得点詳細

同男子シングルフリー・ジャッジスコア

男子シングル総合結果

しっかし…

SP7位フリー14位

過去世界王者経験者表彰台常連だった選手に対して随分渋いものだ…

着氷怪しいものもあったし…(でも選手によっては見逃されそうな範囲)

フリー、2Lzと2Aってのは「う~ん…」と唸ってしまいそうな箇所は確かにあった。

だけど…

色々目を付けられたのが大きいのか

繋ぎ(Transitions/Linking Footwork/Movement)の点…

最低で6.00ってのがあるよ…_| ̄|○…(ちなみに最高でも7.75)

この6.00付けた審判と思われる人、Interpretationでも6.75ですたい…(ちなみにコレは最高で8.25)

スピンやステップでレベル4を揃えたり出来ないのも現状ルールでは厳しいトコロだ。

でもこの人の

「細けえこと(レベル取り)は気にすんな」

と書きたくなってしまう、ある種の「大らかさ」は実は嫌いじゃない。

それでも以前よりはルールに寄り添った作り方をしてると思うけどね…

(確かにディープエッジで魅せますshineというタイプではないのだが…それでもね…)

以前のあまりそういう(細かい)ことを気にしてなさそうな時の方が結果出せていたというのが何とも皮肉…

「もうこの人は上げない」

と決めると、この世界は残酷だな…

コレは過去から繰り返されてきたことなのかもしれんけどね…(嗚呼…「歴史は繰り返す」のか…)

昔のイケイケだった頃に思いを馳せ

今の「ちょっと疲れた感じになってきたハンサム」な彼を見て

寂しさを感じるファンもいよう。

(多少くたびれていても“ハンサム”“イケメン”という称号が外せないのがこの人のスゴくて羨ましいトコロだ)

私は今のちょっと疲れた感じになってからの方が「萌える」けれど…(;^ω^)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

色々採点のことを考えると「しんみり」というか…辛気臭くなってしまうが、

もっとパァーッとした気持ちで「お疲れ様」と言いたい。

この記事のタイトルにも使ったが

「男フィギュア」

ジュベールのような人がこの競技をやっているとこのように表記したくなってしまう。

(無骨な)男が見る、男の為の男による「男(漢)フィギュア」

彼自身は女性達からキャーキャー言われることに満更でもない様子だったと思うけど(笑)
(おフランス人だしな…)

久々に彼の演技を動画で見て改めて「男フィギュアの選手だよ」…と思っちゃった。

2011-12シーズンを最後に引退してしまったケビン・ヴァン・デル・ペレンをも思い出しちまったが

マッチョで(+イケメン。ココ重要!)華があるという選手…いなくなってしまうのもまた寂しい…
(今…いそうでいないよね?Pさんもコレに含まれる??何か違う気がするが…(;・∀・)い…いいよね?彼も入れて…やっぱちょっと違うな…華はイマイチ…だな…)

彼の昔の演技動画、また彼が尊敬する元選手の動画…そして…

ネタものも含め(笑)「ブライアン・ジュベール(他)~男(漢)フィギュア小特集」をやろうと思う。

そう。

今日は男フィギュア祭り開催。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「髭有り」でもイケメンに変わりなし。(髭ジュベ好きなんです…)

男臭い魅力溢れる演技をご堪能あれ

≪解説無し≫ブライアン・ジュベール 2013 WTT FS:グラディエーター

次…

先輩リスペクトにも程があるお衣装。

ブライアン・ジュベール French National 2010 FS(第九)

以前も別記事に載せているが…(時々見たくなるわけよ…これが…)

「先輩」のも載せてみる。魂の演技。これぞ“漢”

ヤグディン 2001世界選手権 SP 「革命のエチュード」キスクラつき

この人の表現は「無骨」という訳ではないが、男らしいと思う。

北米人から見ても「ゲイ」ぽく見られなかったように思う。

過度にアピールしないけれども十二分に観客にアピールできる華をもっている。

フットワーク良いよね(・∀・)

お馴染みのSafri Duo「Rise」

「レベルがなんぼのもんじゃいステップ」という動画タグ有り。(「顔もレベル4」タグも…)

演技途中でコーチと目を合わせるトコロもこの動画の肝だ。

アレは良い場面だった。

ブライアン・ジュベール 2010世界選手権SP

この時のジュベールにホッとし、感動したファンの方は多かったと思う。

バンクーバー五輪の「……」の後でもあるから。

彼の男意気をヒシヒシを感じることが出来る動画でもある。

ここでちょっと一休み。

2004.05.29放送の有名人とペットを紹介する番組。ジュべは愛犬のBladeと出演。

…とのこと。

癒されます…(*´∀`*)

ブライアン・ジュベール わんこと一緒(Brian et Blade on the rock!)

ブサかわ犬を可愛がるその姿もまた男…

そして次…

男たるもの…トレーニングをしなければならぬ…

そして靴下がアレだろうと白ブリーフだろうと構ってはいられない。

…それは漢だからだ。

「ハダガが俺の勝負衣装」という動画タグが個人的ツボ。

(ゲイビデオではありません)

ブライアン・ジュベール トレーニング風景

まだフィギュアにハマる前だった2007年。

この時のワールド、TVで見ていたのだが記憶にあるのは

(1)ジュべ007お衣装

(2)ステファン・ランビエールのスンバラシイスピン

(3)トマシュ・ベルネルの「良い反日」EXと顎

以前にも別記事に書いたがホントそうなのだ。

私にとっても色々忘れられないプロだ。

ブライアン・ジュベール 世界選手権2007 SP

ゼッケンだろうが ゴマフアザラシ風味だろうが

ジャンプの回転数がわかりやすい衣装だろうが

気にしない。

それが漢。

人に歴史有り。

マッチョ体型になる前の動画も載せてみる。

実に初々しい。

雄々しい感じじゃないが見たくなっちゃったんだもん…(  ̄っ ̄)

…という訳で載せる。

17歳。スケートは荒いけど...可愛い。 開催地は長野。 SP8位、FS15位 総合13位。

とのこと。

ブライアン・ジュベール 2002世界選手権 FS 「The Mission」日本語解説

かわいい…(*´∀`*)…

そして…こんな↓衣装のまとめ動画を作られるのもまた漢…

「イケメンの無駄使い」「『普通』の基準がわからなくなってくる動画」「ギラテラ×ピチピチ×スケスケ×アミアミ」「どうしてこうなった」という動画タグ有り。(納得…)

ある意味素晴らしい…

言葉は不要。

見て

感じてくれたまえ…

ジュベールの変衣装 まとめ【改】

☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

番外編

ジュベール以外の男フィギュア動画をいくつか…

ヤグディン 2002ソルトレイクEX アンコール付き

立っているだけで男の色気。

なのに…↓こんな動画も作られてしまう。

それも漢。

フィギュアスケートMAD マスター・ヤグディン完全版

そして嫁も男らしいという評判のこの方。

まさに男の中の男である。

気は優しくて力持ち…な雰囲気を持つ欧州選手。

上の↑方で名前載せたらコレ見たくなっちゃったのでござる。

「仮面の旦那」という動画タグに納得。

ケヴィン・ヴァン・デル・ペレン 2011Skate Canada FS

最後…

昔小特集記事やった気もするが…

この動画↓への感謝をも込めて…

エルビスストイコ、真央を絶賛

ありがとよ…兄貴…

兄貴の漢っぷりは忘れないぜ…

という訳でコレ!

エルビス・ストイコ '02 Olys SP (・∀・)ライーヨー!!

ストイコ兄貴にいつか「兄弟舟」で滑って欲しいという気持ちは変わっていない。(それか“祭り”)

今夜は男臭い夢が見られそうだぜ…(´<_` )フッ…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 末永くお幸せに~パントン「愛の夢」他 | トップページ | キアヌ・リーブス、“ぼっち姿” »

アレクセイ・ヤグディン」カテゴリの記事

エルビス・ストイコ」カテゴリの記事

ブライアン・ジュベール」カテゴリの記事

レジェンド」カテゴリの記事

漢フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
大好物な動画のオンパレードについ喰いついてしまいました。
イニシエの渡部絵美さん時代からフィギュアスケートをみているキャリアの長いライトなファンです。
ただ男子フィギュアに目覚めたのは、2002ソルトレイクのヤグディン様から。
ジュベール様は、2007頃までのサイボーグ的なイメージ期より、苦悩する人間臭さを漂わせる現在の方(しかしヤグディン様はサイボーグっぽくない)が萌えます。あの頃は…と、つい遠い眼差しになってしまいます。

いけない。何を言いたいのか自分でもわからなくなってきた(⌒-⌒; )

バンクーバー以降、「男子たるもの」なんて言葉をついつい飲み込んでいる私です。己を貫く姿がアスリートの矜持でもあると思うから。

ジュベ特集ありがとうございます。この人には云いたいこと一杯あって良い尽くせませんが、まず一番にフランスのイケメン代表スターのアランドロンに良く似てるなあ~って(古くて年ばれるけど・・・)言う所から好きになりました。
衣装がおしゃれな国フランス人なのに、何であんなにださいの?もっと、シンプルにしたらもっと、イケメン度が映えるのにって思う。最後にいつも思うより点数が低いのは何故?彼本人もソチでのショートは「3位には入っていたはずなのに、何故1位2位の点数があれだけ高いのか?」とつぶやいたらしいです。だって金妍児より低いんだもん。
昔、彼とISUとの間にトラブルでもあったんでしょうか?全くフイギュアは純粋なスポーツでは無かったんですね。昔から(><)。

「ださカッコイイ」「いやむしろ、ダサさがカッコよさに拍車をかけている」
などなど、
ジュベ動画に登場するコメは色々的をついていて、ホント好きです。

ソチの点数…なんか、悲しかったですね…

>以前のあまりそういう(細かい)ことを気にしてなさそうな時の方が結果出せていたというのが何とも>皮肉…

>「もうこの人は上げない」

>と決めると、この世界は残酷だな…

おっしゃる通りすぎて、グサグサきてしまいました…

色々な個性のぶつかり合う、私が好きだった男子フィギュアの世界も、どんどん過去の物に
なっていくような、改めて自分の年を実感してしまうような…
ソチ五輪前と後で、自分自身、どっと老け込んだ気がします…

でも、ジュベの顔は間違いなくレベル4以上!はっきりいって、私の中では
ジュベのお顔を超える男前スケーターはまだ出てきていません!!!
顔だけと言っているのではないですよ~~~
演技の男度合も好きですが、それ以上に顔が!!!ということです(*´ェ`*)

どこかで、男祭りなアイスショーをしてくれないだろうか…
無理だろうな………


素直な夫がジュベールの点数を見て「うっそだろーーーっ!」(#`皿´)
ヨナ点数>ジュベール点数を見て「・・・・・?・・・・・・・!」(゚Д゚)ハァ?ハァ?ハァ???????

私~~オワタ┗(^o^ )┓.....三( ゚Д゚)y─┛~~

m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

おヨナさん点<ジュベ氏点、でした。

でもジュベ氏、怒っていいと思う。
演技してもいないマイダーリンがあんなに怒っていたんだから。

昔「何であんな奴がもてるんだよ!顔がいいだけじゃねぇか(怒)!」と。
その嫉妬を超えての貴重な意見でありますので。
o(*^▽^*)o

> eye様

はじめまして。
あなたのHNを見ると高橋大輔のバンクーバー五輪プロをまた見たくなってしまいました。
私も渡部絵美時代うっすらですが覚えています。(可愛かったです…嗚呼…今は…いえなんでもないです…)
私が一番最初に目に入った男子シングル選手は何といってもキャンデロロでした。
長野五輪の男女金メダリストが誰か分かっていなかったのに彼だけは覚えていました。
今思うともったいないです。バンクーバー五輪後動画巡りをして好きになった選手が長野に出ていましたから…
その後しばらく男子に目が行ってなかったのですが、選手としての高橋大輔よりも何故かジュベールが目にとまりました。2007年頃ですかね?(顔のせいかもしれません…D高橋を好きになったのはバンクーバー五輪です。その頃はろくに演技も見てはいませんでした)
その頃は高橋大輔よりも結果を出していた時期だった気がします。自信に満ちてましたね。現状を考えると切ないものがありますね。
>2007頃までのサイボーグ的なイメージ期・・・
ファッションがイマイチ「芋」だったせいでしょうか…あまりサイボーグなイメージがありませんでした(笑)
>己を貫く姿がアスリートの矜持でもあると思うから。
あまり高得点を出してもらえなくなってからでしょうか…?良い成績を!…よりも「己を貫く姿」を魅せることに集中していた気がします。それもまた男の道なのでしょう。(彼の次の人生に幸あれ!)

>ひまわり姫様

>一番にフランスのイケメン代表スターのアランドロンに良く似てるなあ~…
懐かし~い…(’-’*)日本の女性達にも人気ありましたねえ…
アラン・ドロンよりも(芋ですが…)ジュベールの顔の方が好きですね。
イケメンだけど素朴な雰囲気あるからかな…
>衣装がおしゃれな国フランス人なのに、何であんなにださいの?
・・その「ダサい」トコロがね…ちょっとスキがあって良いんですよ!(*´∀`*)
完璧にお洒落過ぎるイケメンならば私、好きになっていなかったかもしれません(笑)
>最後にいつも思うより点数が低いのは何故?
やはり2008年にジェフリー・バトルが優勝した時に「4回転のない王者がドウタラ…」とか4回転論争のきっかけになる発言したのが彼だったような…思えばその頃からケチがつき始めていたのかもしれません。
(バトル先輩を庇うPさんとの舌戦もあったような気がします?…その後一緒に食事をして仲良くなったとか…)
それまでは割と「イケイケ状態」だったと思うので。
一度「下げ」対象になってしまうとこの競技では辛いものです。
>だって金妍児より低いんだもん。
これだけでもやはりヨン姐さんは特殊な存在だと気づかされますね。
今「4回転時代」になったというのに彼が恩恵受けられないのが見ていても辛いものがありますね。

>yomi様

>ソチの点数…なんか、悲しかったですね…
…はい。…ひまわり姫様のコメにも書きましたが、あれだけ4回転にこだわっていた選手が
いざ「4回転時代」に入ってから恩恵を受けられない悲しさ…
昔も確かにスピンやステップが達者な選手ではありませんでしたが、その頃の方が良い点が出てたというのがまた…
この採点のインチキ臭い部分でもあります。(というか、今“上げ選手”の点がインフレしすぎなんですよね!)
>色々な個性のぶつかり合う、私が好きだった男子フィギュアの世界も、どんどん過去の物に
なっていくような、改めて自分の年を実感してしまうような…
ジュニアの選手の中で楽しみな選手も出来たのですが、やはりジュベールが輝いていた時期にD高橋のライバルになっていた白人選手達って華があって個性的な選手、多かったですね。今思えば。
そう考えると、アジア系でありながら、(しかもスタイルが白人選手のような訳ではない)表現面含めその選手達と良い勝負をしていたD高橋、スゴイよな…と今更ながらに感心しちゃいます。
…私もソチ五輪後一気に歳をとった気分でしたよ。ε=(・д・`*)ハァ…
>どこかで、男祭りなアイスショーをしてくれないだろうか…
無理だろうな………
私、後ほど「大いなる妄想」コーナーにそれ書こうと計画中…

>狸化猫様

>昔「何であんな奴がもてるんだよ!顔がいいだけじゃねぇか(怒)!」と
すっごいストレートな良いキャラですよね…(;^ω^)旦那様…
吹きます(笑)そうですよ。顔は文句なし!
>素直な夫がジュベールの点数を見て「うっそだろーーーっ!」(#`皿´)
ヨン姉さんは「男子と戦え!」というI●Uからのメッセージですよ…きっと…
それでも世界王者経験者が、そんな屈辱的な採点を受け続けて
よくここまでやりましたよ!
その姿…やはりそれも「漢」ですよ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1824253/55475341

この記事へのトラックバック一覧です: 男フィギュア祭り~ブライアン・ジュベール他:

« 末永くお幸せに~パントン「愛の夢」他 | トップページ | キアヌ・リーブス、“ぼっち姿” »

フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー