« ティムシェルの間違った使い方 | トップページ | ワールド出場する人、しない人 »

2014年3月 4日 (火)

高橋大輔には感謝しかない

【BBC】ソチオリンピック 高橋大輔 FS

男子シングル・フリージャッジスコア(PDF)


男子シングル総合結果


私は前回バンクーバー五輪時の高橋大輔のプロが大好きで
(ファンになったきっかけはソレでございます)

亀先生ことパスカーレ・亀連後カメレンゴの隠れ(?)ファンでもあり

次の五輪でも亀先生の振り付けがみたいなあ…と思っていて

全日本の“血染めのビートルズ・メドレー”。

ソレを見る前はローリー・ニコルが振り付けしたものの…

これぞまさしく五輪プロ!…という感じじゃないナア~…なんて思っていた。

(ただ、ローリーにビシバシやられ、スケーティング技術が更に鍛えられたのは収穫だった)

が変な話、今回のフリー…

「高橋大輔お客様感謝デー」

として見ると納得出来るものがある。

(何処かの量販店のうたい文句みたいで申し訳ない(;´Д`))

本来なら点数なぞどうでもいい訳がない。

競技だもの。

怪我もやはり本番までに完治しないだろうと思っていたが

ホントにそうで…

悔しいよね…

4回転がヤバくなるのは想像出来ていたが
(せっかく4回転2本をソチで入れることを目指していたというのに…でもフリーで1本にしてくれて良かったと思う)

今季は得意ジャンプの一つでもあった3Aすら怪しいのがチラホラ見え

スケートの神というものが存在するとしたならば随分非情な仕打ちをするものだ…と神仏的なものすら恨みたくなった。(ごめんね…でもそれが正直な気持ちなの)

高橋大輔にはジャンプの失敗が多少あっても
(流石にガンガン転んだらアカンけど…でもフリー転倒しなかったよね…作品世界が崩壊しなかったのはそれが大きかったかな)

それを補えるスケーティング技術と表現力がある。

日本の…現地に駆けつけた大輔ファンも結構いたのだろうが

現地のお客様と思われるお客様の反応も良かったと思う。

点数出た後「低すぎる!」とブーイングした人もいたそうで

ベテランスケーターとしてお客様や視聴者に

フィギュアの醍醐味を教えてくれたように思う。
(コレはジェレミー・アボットにも感じたよ。後で取り上げようと考え中)

現在高得点を得られる若手選手達の方が4回転や3Aは安心して見ることが出来るんだけど

やはりベテランは味わい深かった。

プロトコル見ると転倒はなかったものの

デカい点をもらいたい箇所で回転不足取られたり

ジャンプの加点があまりもらえてない部分も

でも彼は安らかな笑顔を浮かべていた。

ローリーに言われた通り

「苦しくとも笑顔で」を忠実に守っていた。

カメラワークイマイチなのが残念…

笑顔が妙に爽やかというか

非常にサッパリとした顔で

濃いソース顔が薄いしょうゆ顔に見えてしまったくらいだ。
(いや…マジで!!)

カメレオンみたいな選手だな…と思っちゃった。

曲の解釈は勿論素晴らしいが

纏う空気すらも変えている印象があった。

他のプロでこんな高橋は見たことないや…とその時改めて気づいた。

Pさんのローリープロを見ると

ローリーは女性選手との方が相性が良いのかな…な~んて思っていたが

踊れる人が演じるとやはりまた良い味が出るものだな…としみじみ。
(Pさん…ごめん‥でも今季の「四季」は良いプロだと思うよ。「エレジー」はイマイチ情感足りないけど)

ローリーでもう一度

マンボ並にコッテコテな濃ゆいプロやってくんないかなあ?
(でも実は一番今見てみたいのはタラソワプロで滑る大輔だ。コテコテの露西亜モノで)

という感想すら持てるようになった。

ファンへの感謝

がキーワードで語られていたビートルズ・メドレー。

とんでもない

感謝するのはコチラの方ですよ。

素敵なプロを素敵に滑ってくれてありがとう。

「心」はTV画面を通しても

十分伝わってきたよ

改めて言いたかった。

本当にありがとう。

追伸

そういえばある日何処かのTVにて

現地の露西亜美女らしき方が取材を受けていた。

彼女は花を持っていたそうで…

日本のTV局の人が

「プルシェンコにあげるの?」

と聞いたら

「ダイスケ・タカハシに」

と答えて、局の人はヒジョーに驚いたらしい。

あまり普段フィギュアに興味ない「局の人」だったのだろう。

大馬鹿者めが…

日本の宝だぞ!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« ティムシェルの間違った使い方 | トップページ | ワールド出場する人、しない人 »

振付師」カテゴリの記事

高橋大輔」カテゴリの記事

コメント

本当に、感謝以外ありません。

長い長い道のりでしたね。
トリノから3大会…もうそんなに時が過ぎたんですね…

大輔さんの演技中、一瞬オリンピックを忘れていました。
競技会ということも忘れていたかもしれません。

あんな笑顔で氷上にハートのフィギュアを描かれちゃあ…
胸がぎゅーっとなっちゃいました。

大輔さんは意外にも、
アイスショーより競技会の方がお好きとのことですね。
でも、
競技会場さえ、エキシ会場に変えてしまう、
大輔さんのようなスケーターは
もう、しばらく出てこない気がします。

それにしても…
メディアの人間って
ほんとにフィギュアに興味がない人しかいないんでしょうかね?

伊藤みどりさんの時もそうだったけど、
世界でどういう評価を受けている選手なのか、
知ってて無視なのか?勉強不足なのか?
ホント、気持ち悪い!!

最後のオリンピックとメディアが連呼する度、寂しい気持ちと不快感が交互にやってきて、未だにこの時の録画見れずにいます。足の怪我さえなかったら、絶対メダル獲れていたはずだし最高の舞台で最高の演技で栄光のスケート人生に華を添えていたのに・・・て思うと、このまま不満足のまま引退してほしくないと真底思っている、今日この頃です。本人もきっと、そう思っているはずです。1年休養して来期には再び生まれ変わった高橋大輔が競技の闘いの場に出現してくれることを希望して止みません。

こんにちは、はじめまして。大輔君のファンとして、大輔レスでものすごくさみしい思いをしていて、いろいろとたずねてこちらにきました。すごくフィギュアーのことお詳しそうなので、おこがましいのですが、私はファンになったのは、高橋大輔という選手をしったのは、彼がアランフェスを演技していた高校生くらいのときです。ファンになったのはトリノぐらいです。アランフェスの時ショッキングピンクの衣装をきて、自分の出た点数の高さに驚いている男の子が、リンクで演技すると、その場の空気をかえる演技をするアーティストであり、アスリートになりました。
彼は、羽生くんがでてきたときに、追われる脅威を感じていたと思います。その時彼は、けがの後遺症で得意だった四回転が飛びにくくなっていたから、でも、彼には、磨いたスピンとそして世界一のステップがあります。本当に毎回毎回、違うプログラムで楽しませてくれて、感動を与えてくれます。
先日來話題になっている、私の住んでいる地域はしていなかったので、高橋選手の特集番組をすべてあげているところを見つけて全部みました。大輔くんのけがのこと、今季の気持ちが盛り上ってこず、モロゾフコーチにカツを入れられたこと。そして自分に厳しくして、迎えたNHK杯、その後のけが、そしてまたやりたくてもやれないもどかしさ、ソチオリンピック、その後後半羽生君がでてきたあたりから、バトンタッチみたいな流れになり、あの質問にあれは酷です。高橋くんは、あれで覚悟というか、けじめがつけられたかもしれないけど。本人の一番わかっていることなのに言葉にださせるなんて。自分を追っ手くる後輩の足音にぬかされまいと頑張りすぎた結果のけがかもしれないと思いました。オリンピックで六位の成績より、日本人で最下位がショックた゜ったといっていましたもの。
あれを応えているときのうつろなというか、悲しげな眼が忘れられません。

私は、バンクーバー直後の会見でわからないといっていたけど、このソチで素晴らしい演技をしてくれて、トレーナーも奇跡だというようなジャンプをとんで、あの穏やかなやさしい空気に包んだことをわすれません。
でも、もう一度、激しい男らしいステップもビシバシというような演技を凝った衣装に身を包んでと思っています。髪を短めでオールバック風で

唯一無二の存在のスケーターだと思います。だからエキジビションにも呼ばれたんだし。エキジビションでの笑顔みれてよかったです。ソチのフリーは、もう後半は涙でみえなかったくらい感動しました。

彼は競技会場が好きだと北島康介さんとの対談でも、競技会でないとメディアが取り合わなくなるから、あとに続くスケーターが増えない的なことをいっていました。でも、トリノの時は一人枠からバンクーバーでは三人枠にしたんだからすごいと思います。男子フリーの会場も超満員にしてきたんだし、やっぱり、高橋大輔という選手がいたから、若手が育ったのだと思うし、功績はいっぱいです。そんなことを特番でとりあげてほしかったと思います。

本当に高橋大輔選手の演技をまた゜また゜見せてほしいと願っています。
長々書かせていただいてごめんなさい。

>ローリーに言われた通り「苦しくとも笑顔で」を忠実に守っていた。

タレミミさん、私もそう解釈しました。
ご本人も 「いっぱいいっぱいだったので」 とおっしゃってましたしね。
なので、スッキリした顔だっただの、晴れやかな顔してただのと
“引退や集大成を念頭に置いて” 掛けられる感想に対し、
「どうなんですかね…」 とやんわり抵抗されてるのかなぁと思ってます。

>カメレオンみたいな選手だな…と思っちゃった。
  曲の解釈は勿論素晴らしいが、纏う空気すらも変えている印象があった。

もうね、この域に達してる選手はいないと思ってます!
(あ、ジェレミーは達してますかね^^)
音が流れ彼の最初のアクションで、その世界観へ一気に連れて行ってくれて
あっという間に引き込まれ、まだまだ浸っていたいのにあっという間に終わってしまう…。
この部分のセカンドマークは、常 10.00 でどこからも文句なんかでないでしょうに!

>カメラワークイマイチなのが残念…

これね、米NBCのアングルが最高なので是非ご覧になって下さい!
これを公式映像として、それに各国のあたたかい解説実況をつけて
何方かシリーズ化して下さったらホント嬉しい限り!

>笑顔が妙に爽やかというか非常にサッパリとした顔で
  濃いソース顔が薄いしょうゆ顔に見えてしまったくらいだ。

ありましたねぇ、なつかしいですわ。 カトリーヌあやこの絵が浮かびました^^;

ローリーってそのスケーターの 「ここっ!」をアピールするのが上手いんだと思います。
でもね、彼女が思い描くデッサン通りに出来上がった作品が、
キャンパスをはみ出すぐらい雄大かつ洗練されて、華やかに彩られるかは、
表現してくれる選手の技量あったればこそ。
表現力とは足元の高いスキルがあったればこそですしね。
フィギュアスケート界において、まさに日本の、いえ、世界の宝!
高橋選手とのコラボ、もう何作品か見てみたいですね!!


yomiさん。 世界がその実力を認めるフィギュアスケート界のレジェンドなのに
知ってて無視してるのは日本のスケ連だけ。
だから海外の関係者が 「彼は(JSF)に守られてない」 と不思議がるのです。
この事実が知られてはマズイ連中って、この競技に愛情の欠片もないんだと思いますわ。

ひまわり姫さん。 高橋選手が競技の場にいない…。これは色々な面でマイナスでしょうね。
(お金だけでなく、競技の質とういう面でも…)
ただ、ご本人には休養して戻るにせよ何にせよ、
あとは自分自身の為に大好きなスケートをして頂きたいなぁと。
今は只々それだけです!

大将、お大事に。(ノд・。)

はじめまして
タレミミ様目線の話、勝手に楽しませていただいてます。
ホントに、心から ありがとう〜って
高橋大輔選手に伝えたい。古くさいけど 芸術点で審判全員から6点満点もらえるって確信できる 初めての日本人選手!もちろん、技術点だって 外国人選手には負けてないよ!!
世界選手権で会えない事は、残念だけど
リアルタイムで 氷上のダンサー高橋大輔を見れたから 感謝しかない。
時間ができたら年始めのBS1、NHK杯の大輔特集 ゆっくり見たい…(__)

突然のコメント失礼致します。

この度、ソチオリンピックで沢山の感動を与えてくれたフィギュアスケーター達に笑顔のお返しをと思い、有志の集まりで『スマイルプロジェクト』を発足いたしました。
ブログ主様やこちらにいらっしゃる皆様に、是非ともご参加していただきたく案内させていただいた次第です。
詳細は以下になります。

http://www.smile-project.info/

当プロジェクトの主旨にご賛同いただけるようでしたら、拡散のご協力についても是非お願いいたします。
尚、ご質問等につきましては、当ブログにて対応いたしますのでご安心下さいませ。
【お問い合せ:info@smile-project.info】

スマイルプロジェクト

>yomi様

私も競技会であること忘れていました。
>大輔さんは意外にも、
>アイスショーより競技会の方がお好きとのことですね。
この人は不思議な人で、演技見るとショー向きに思えるんですがね・・

エキシより競技プロの方が下手するとショー向きというか…
競技会の緊張ある場所での方が良いプロを滑ることが出来る人だと思うんですね。
プロスケーターもやる気になれば出来ると思いますけど、
「プロスケーターになりたい」とハッキリ言わない訳が何となく分かる気がします。

私、記憶曖昧なのですが、伊藤みどりさんってそんなにマスゴミの扱い酷かったんですか?
(私演技見てはいたのですけど、フィギュア情報等は全く追いかけていませんでした。その時期)
人の価値を見誤ってはダメですね。

>ひまわり姫様

私、今回は怪我がなくてもメダル獲れなかったと思いますね。(トップが大自爆した場合別ですが…)
良くても4位くらいか…と。(銅はあったかもしれません)
他の4回転得意な選手たちのPCSの上がり方等考えるとね。
最高の舞台で最高の演技で終わって欲しいとファンは思いますよね…
…が過去の多くの先輩達の去り方を考えると(今回のプルさんの件含め。彼まだやめる気ないみたいですがね)
なかなか「美しく」とはいかないかなと。
私はコレでやめて良いと思っているんです。真央ちゃんも。
ただ、平昌までやらずとも、今の状況に「倍返し」する可能性も無きにしも非ず。
(点数では負けても“あるもの”で圧倒するかも)
彼、以前も「世代交代」煽られた直後、自力で引っくり返していますからね…(;^ω^)
そのことについて…後に書こうと計画中です。

>りこ様

>自分を追っ手くる後輩の足音にぬかされまいと頑張りすぎた結果のけがかもしれないと思いました。
そうでしょうね。日本男子フィギュアを今まで引っ張ってきた人間としてのプライドもあるでしょうし。
でもTVの特集等見ると闇雲にジャンプ飛び続けてる様子が気になりました。
(そして転倒が多かったり…たまたまそのシーンを繋げただけなのでしょうが…)
練習を積み重ねて自信を付けるのが選手というものでしょうが、もっとどうにかならなかったものか…今更ながら…
高橋大輔本人にも勿論責任はありますが、コーチ陣も選手任せにしないで考えるべきトコロがあると思いました。
(ちょっとズレたレスになりましたが…“特集番組”というキーワードで語らせていただきました。私は全部ちゃんとチェックしてる訳ではない不真面目ファンですけど(;^ω^))

>競技会でないとメディアが取り合わなくなるから、あとに続くスケーターが増えない的なことをいっていました。
なるほど…でもメディアの取り上げ方を見ると、
「確かに盛り上がりはなくなるかもしれないけれど…下手に取り上げられない方が幸せなことも多いのだろうな」
と哀しいことが頭をよぎりますね。

私もなるべくシンプルに語りたいと思いつつ…色々と…長くなってしまうんだな…コレが…(ーー;)

>まっきー様

>“引退や集大成を念頭に置いて” 掛けられる感想に対し、
>「どうなんですかね…」 とやんわり抵抗されてるのかなぁと思ってます。
しつこいですよね…「お仕事」として聞かなければならないことなのかもしれないけれど…
あまりそういうの考えられないだろう状況でも平気でそういう質問するからなあ…
聞かれなくても「嗚呼…限界だ…」と思えば元千代の富士の「体力の限界…」じゃないですけど、
ポロリと本人の口から出ると思うんですよね。
>音が流れ彼の最初のアクションで、その世界観へ一気に連れて行ってくれて
>あっという間に引き込まれ、まだまだ浸っていたいのにあっという間に終わってしまう…。
>この部分のセカンドマークは、常 10.00 でどこからも文句なんかでないでしょうに!
激しく同意致します!
>米NBCのアングルが最高なので是非ご覧になって下さい!
今度記事に上げようかと思っています。
>ローリーってそのスケーターの 「ここっ!」をアピールするのが上手いんだと思います。
そうですね。そして私、タラソワ先生よりその生徒に寄り添った振り付けをしてくれる人…な~んて思っていましたが、とんでもなかった!高橋大輔の記事読むと「やはり…鬼…」と再確認させていただきました(笑)
選手によっては「手抜き?」というものもなくはないですが、見込まれた場合は徹底して鍛えられますね。
ショースケーターになる気があるなら、(そしてこれから競技者として続けていく場合もそうですが)
また組んで欲しいですね。(タラソワ先生も…欲張りすぎですね(笑))

>狸化猫様

…本当に…(´・ω・`)…治癒することを祈るのみ…

>さく様

はじめまして。
>古くさいけど 芸術点で審判全員から6点満点もらえるって確信できる 初めての日本人選手!もちろん、技術点だって 外国人選手には負けてないよ!!
そう。彼の他にも過去、日本の良い選手は大勢いました。
が、芸術面でも外国人に猛アピール出来る稀有な選手ですよね?高橋大輔。
>時間ができたら年始めのBS1、NHK杯の大輔特集 ゆっくり見たい…(__)
まだソチ五輪のものすら、じっくり見ることが出来ないでいます…
(他番組とか…見てない録画ものがたくさん溜まってマス!)

>スマイルプロジェクト様

プロジェクトの主旨に賛同出来るのですが、IMGさんへの根回しというのはアレですが、
了解を得た方が良いと思いますね。
確か黒猫様ブログのコメ欄の中にもそういう意見を書いていらした方、いらしたと思います。

再び失礼いたします!
タレミミさま!
伊藤みどりさんの扱い方、報道の仕方に当時は気づきませんでした。
え?
っとおもったのは、海外解説の動画をよく見るようになった頃です。
当時みどりさんの演技には表現力ゼロのジャンプのみと言う印象をうえつけるような
報道しかなかったと思います。
その一方通行な報道しか耳にしない私は、全くその評価を疑う事はありませんでした。
なのに、
海外での絶賛動画を目にしたとき、
あれはいったいなんだったのか?と…
日本人体型だから、表現力ゼロだから、ジャンプで勝負するしかない…的な報道…
なのに、金メダルを取れと言わんばかりの世間の空気…
銀メダルの後の、ダメだった感満載の報道…
それに疑問を持たなかった自分…
インターネットのない時代、テレビと新聞が全ての時代ですので、
変だという事にすら気づかなかったんです。(自分の見る目も大したこと無いなと思いました。)
ただ、変だとは思いませんでしたが、
みどりさんの演技がその他の女子選手とは全く違うという事だけは感じていました。
男子選手を観ているような迫力とドキドキ感というのでしょうか?
これを感じるのは彼女だけ、
なので、キレイだとしても当時の女子フィギュアにはあまり興味がわかなかったです。
芸術的な美しさを見るなら、アイスダンスが一番でしたしね(笑)

え~長くなりましたι(´Д`υ)アセアセみどりさんをちゃんと見ていなかった自分を思い出し、
思わず、心がチクチクしながら、ダラダラ書いてしまいました…。

>yomi様

確かにみどりさんに関しては容姿のことは色々言われていた記憶はあります。
フィギュア関係無い芸能人達とかにもね。
でも今見ると、背が高くてゴツめ(失礼)の白人選手等に比べたら
ちっちゃくて可愛らしく見えるんじゃないかしら?
と思いましたね。表彰式の動画見て思いました。
そして常に彼女は笑顔の印象が強い。
美人でなかろうが、アレはポイント高かったと思います。好感持てます。
(解説聴いていても、彼女のは一流アスリート独特の何処かスコーンと突き抜けているような明るさがあって、今回のソチ五輪女子は彼女にやってもらいたかったなあ…と思いました。ソチの真央についてのみどりさんの声も何処かで読み、改めてその気持ちが強くなりました。それには厳しいことも勿論書いておりましたが。やはり他の女性解説者と違うものを感じました)
確かにスラリとした容姿ではなかったものの、脚だってバネありそうな良い脚してましたし…
あの時代世界を相手に結果出している女性アスリートを貶したいオッサンどもの嫉妬もあったのかな?
…な~んて思っちゃいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1824253/55225961

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋大輔には感謝しかない:

« ティムシェルの間違った使い方 | トップページ | ワールド出場する人、しない人 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー