« 殿… | トップページ | ヨン姐さんの「イマジン」を見て…或る70代女性が一言 »

2014年3月15日 (土)

大輔…「アスたま」を見て一言

「もう引退してもいいんだよ」

と思っていたけれど

何だか…

「彼、やめないんじゃないかしら?」

と予感が走った。

どちらを選んでも応援することには変わらんけどね。

追伸

タレミミの予感は

当たる時もあれば

大外れなこともあります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


« 殿… | トップページ | ヨン姐さんの「イマジン」を見て…或る70代女性が一言 »

高橋大輔」カテゴリの記事

コメント

町田くんでコーヒー吹き出したあかねババです。

私も引退はしないんじゃなくて、できないんじゃないかと思っています。

やらされてるじゃなくて本人の意思での話です。もちろん。

でも膝の状態次第なんだとは思いますが…

アマでもプロでもスケート以外の人生選んでも…ファンは応援して彼の幸せ願ってます。

連投失礼しますm(_ _)m

なんだか大輔さんのことになると、思いが溢れすぎてしまってうまく言葉で表現できないのですが・・・。

この番組を見て、大輔さんは心が柔らかい人なんだな~ってのを改めて思いました。
強いアスリートではなかった、って言葉がとっても印象に残ったのですが。
自分を飾ることなく、鎧を着ることもなく、強い心を持っているからこそ言える言葉だよなーって。

「幸せでした」という最後の言葉が、わたしには「さよなら」と同じに聞こえてしまったのでした。
そういう番組の作りなのでしょうけども。

わたしにはいつでも大輔さんが一番でした。
それはこれからも変わらないと思うし、どんな道を選ぶにせよ、これからも応援することには変わりありません^^

あーーんもーーー、まとまりのないコメントですみません!
気持ちがまとまったらまたコメントしちゃうかもしれないです!^^;

タレミミさんと同じ予感しています。アス魂の最後のコメントはソチ直後だったのでオリンピックの感想を総括した思いを語ったのだと思います。その後世界選手権を欠場決めたとき、私は「あっ、続けるな?」って感じました。と言うのは引退と決めていたら日本のワールドはソチで、できなかった最高の演技を何が何でも決めて終わろうとするはずですから。「今後のスケート人生でこの膝と長く付き合って行くために、今は休養します。」と、云いましたから。私たちは気長~く”復活”を待ちたいと思います。

泣けた…
ソチのFSの場面で涙がこぼれてきました。
歌子先生もご苦労様でした
1日も早く 膝が回復して、大好きなスケートが出来る事を祈ってます

たびたびお邪魔いたします。

私も、このまま最後っていうことはないと思っているので、どこかのタイミングでまた勇姿を見られるのではないかと勝手に思っています。試合だったら嬉しいですけど。。。

今は足のケアに専念してもらって、新たな大輔さんが見られることを楽しみに待ちたいと思います。

>あかねババ様

>私も引退はしないんじゃなくて、できないんじゃないかと思っています。
>やらされてるじゃなくて本人の意思での話です。もちろん。
わかります。でももう別の世界に一歩踏み出しても良い感じもするんですよね…
(スケ連サンの動きを見てると…特にそう思います(ーー;))
治癒後の「選手としての彼」も見てみたいのですけれどね…
ファンとは勝手なものです。

>もも様

ファンは応援するくらいしか出来ぬのが歯痒い。
励ましのお便りを書こうかな…(’-’*)

>ちえぞうさん様

私も実はD高橋のことになると(さらに今の彼の状態を思うと)
イマイチ言葉でうまく表現できないというか…
考えがまとまりません。
まとまらないままブログに吐き出している感あります。
ブロガーとしては情けないことであります。(ーー;)
>「幸せでした」という最後の言葉が、わたしには「さよなら」と同じに聞こえてしまったのでした。
>そういう番組の作りなのでしょうけども。
・・・これは作る側の意図を思いっきり感じてしまいます。
(それでも「例の番組」よりははるかにマシな作りだったでしょうけど)
アレは五輪終わったばかりで疲れがドッと来て、先のことをあまり考えられない時期に撮ったんじゃないですかね?
本当のトコロは彼のみぞ知る…ですね。

まとまらなくてもまたコメントお待ちしています。

>ひまわり姫様

>引退と決めていたら日本のワールドはソチで、できなかった最高の演技を何が何でも決めて終わろうとするはずですから・・
でも今は膝が…今回のワールドはドクターストップ的な意味合いが強いと思います。
後から出てくる話聞くと想像以上に「重かった」ですもの。
>「今後のスケート人生でこの膝と長く付き合って行くために、今は休養します。」と、云いましたから。
もし彼が復帰するとしたならば、点数的に若手に負けようとも「魂の道化師」の時のように
多くの観客をライバルより魅了して…そして終えるつもりなのかな?
…な~んてしょーもないことを考えました。
気長に待つことに致しましょう。

>さく様

歌子先生も苦労が絶えませんね…(^_^;)
でも愛弟子の為の苦労というのは宝物でもあるのかもしれません。
ただ、コーチというより『おかんの代り』になっている感があるのが気になります。
もう「彼の指導者」としては限界があるな…と。
(それを理解して彼はモロゾフをアドバイザーにしたのだと思います)
微笑ましい師弟愛を見せてくれる二人なんですけど、冷徹な目で見るとその部分もやはり気になってしまったのです。特に怪我の扱いに関しては…

>Sabomomo様

>私も、このまま最後っていうことはないと思っているので、どこかのタイミングでまた勇姿を見られるのではないかと勝手に思っています。
>試合だったら嬉しいですけど。。。
…高橋大輔は選手として幸せ者かもしれませんね。
彼についての記事コメント等を見るとホントにそう思います。
私も基本短気な人間ですが、気長に待とうと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大輔…「アスたま」を見て一言:

« 殿… | トップページ | ヨン姐さんの「イマジン」を見て…或る70代女性が一言 »

フォト
無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー