« 大いなる妄想(5)~妄想アイスショー | トップページ | ジョブチューン出演の鈴木明子&宮本賢二と紫のタコと殿、初司会 »

2014年4月18日 (金)

真央の好きな先生

「N●Kニュース おはよう日本」で生出演した浅田真央ちゃん&舞ちゃんの放送分は録画したものの…

決して悪い番組ではなかったものの…

ショーで忙しいこの時期にコレ出なくてもいいんじゃないか?

…な~んて思ってしまった。

眠いだけかもしれないけど…(^_^;)

疲れてる感あったしね。

こんな朝早くから出て最初から

ソチ五輪時の失敗した時の演技の一部分なんて見たくないよなあ…

…とも思ったり

(勿論後で良い部分を取り上げられるのは分かっていたのだけれど、私だったらウンザリするな…)

なんといってもこーいうのに出ちゃうと進退について聞き出したいのが見えて
(仕事なのは分かるんだよ…だがしかし…なんだよ…)

見てる方も白けちまう。

そのすぐ後か前かは分からんが

地元のローカル番組に出演したものは面白かった。

これも進退について聞いていたが、

不思議と嫌な感じはなかった。

(全部“あの人”のせいかもしれぬ)

他所様のTV局よりあたたかさがある。

吉田沙保里選手の言葉も有難かったし
(意外と他の局ではそういうのなかった気がする。メル友であることは言われていたけれど)

何といっても折戸先生(笑)

最近スケーターのこの手の報道番組出演を見ると

身構えてしまう嫌な癖がついてしまっていたのだが…

そんな細けえ嫌~な思いをことごとく破壊してしまうようなあの存在感!

「数ある先生の中でも印象的」とは…アナも上手くまとめてくれたものである。

とにかくキャラが「濃い」

濃いのにあの清々しさは一体何なんだ…?

(幼き頃の真央の写真と先生の写真が並んでいた時は「何かの事件っぽい」とか思ってスマンかったです…先生…)

「原始人クラブ」という響きも何とも言えぬ(子供に好かれそうな先生だなあ…)

場馴れしてる訳ではないのに

「ママの情熱」

「幼き頃の姉妹の性質の違い」

「どん底から這い上がって世界を感動させてエライやっちゃなあ」
(この言い方がまた…良い味をだしていた。訛りって良いですね…)

「あえてあの時叱った舞ちゃんの存在」

短い中でもポイントを押さえて喋っていたことにも妙な感動を覚えたよ。

そして真央ちゃんが他所様のTV局でなかなか見せない表情をも引き出してくれた。

(いや…懐かしかったこと以外にも…笑うしかない要素があったことは確か。アナが止めなければ本当に火をおこしそうな人に見えるトコロもツボだった。)

あの先生と浅田姉妹を見ると

故・忌野清志郎のこの曲が聴きたくなった。

この記事はそれで締める。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

« 大いなる妄想(5)~妄想アイスショー | トップページ | ジョブチューン出演の鈴木明子&宮本賢二と紫のタコと殿、初司会 »

浅田真央」カテゴリの記事

浅田舞」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

やっぱり地元なんでしょうね、
安心感が真央さんの顔に出まくっているような?
吉田選手の言葉は、説得力が違いますね、
でも、私…彼女の痩せこけた頬が気になってしまって…
真央さんが、最悪だった2011年シーズンの異常な痩せ方を
思い出してしまいました…

それにしても、先生は、先生自身が原始人みたいだわ…
真央さんも舞さんも、小学生みたいな顔になってましたね(o^-^o)

>yomi様

そういえば…吉田選手も最近ご不幸がありましたね…
それでも試合に出た…
あのシーズンの真央ちゃんと重なる部分がある。
あの時は心配になる痩せ方でした。
(英語圏の何処かのコメ欄にも痩せ方に驚く書き込みがチラホラありました)

…その事を思い出しつつ、この動画見るのもオツなものかもしれません。

小学生に戻ったかのような姉妹と先生の姿が実に微笑ましい

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1824253/55824518

この記事へのトラックバック一覧です: 真央の好きな先生:

« 大いなる妄想(5)~妄想アイスショー | トップページ | ジョブチューン出演の鈴木明子&宮本賢二と紫のタコと殿、初司会 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー