映画・テレビ

2014年4月18日 (金)

ジョブチューン出演の鈴木明子&宮本賢二と紫のタコと殿、初司会

http://www.youtube.com/watch?v=AsPM7Gj6ir0

(埋め込み不可ですので…コチラ↑で見てね)

鈴木あっこちゃんと宮本先生のコンビ…

いいじゃないですか!!(・∀・)

あっこちゃんがこれ程バラエティ向きとは思っていなかった。

話上手っス!

(宮本先生は…ね…元々向いてるかなあ…と思ってましたが…)

現役やめて、吹っ切れるものもあったのかもしれませぬ。

(現役時代はこんなに面白い印象、なかったんですわ)

フィギュアがバラエティに取り上げられるとたま~に

「ビミョー…」な気持ちにさせられるのだが

番組の作りが面白かったのか…

呼ばれたゲストがことごとく「当り」だったのか…

(他のスポーツ関係者の話も皆面白かったのですわ…個人的にはマラソンの瀬古さん…現役時のイメージが崩れましたわい(^_^;)もう楽太郎にしか見えなくなりました)

とにかく良かったっス!!

家族で安心して笑って見られる番組でしたわ。

(バラエティちゃんと見たのって実は久々でした)

ホリケンが何げにフィギュアを熱心に見てそうなのも何げに良かったポイントかもしれません。

宮本先生が今まで振り付けした日本選手を挙げていった時に

「リプニツカヤは!?」

とおリプの名前でツッコミ入れたのは只者ではないなと思いました。

それにしても宮本先生…

紫のタコって…

例のあの選手にも「そのイメージで」と伝えていたのでしょうか?

久々にこんな動画が見たくなるじゃないですか…

高橋大輔 バチェラレットを混ぜてみた

宮本先生の現役時代のも…

しょっぱい実況者ですが、耐えてご覧いただきたい。

05MOI 都築奈加子 宮本賢二

都築奈加子さんって…雰囲気あるわあ…素敵です…(*´Д`*)

宮本先生・・・エロカッコいいです。

おまけ

動画主様の説明によると…

解説っていうより”みやけんによる大ちゃんのここが大好き♪”な萌えダダ漏れなコメントをお楽しみくださいませ。

…とのこと。納得。

高橋大輔 2006 NHK杯EX (宮本賢二解説ver.)

D高橋…

勿論怪我が治ってからでOKなのですが

“Time To Say Goodbye”プロ…

作っていただけませんかね?

(何か…五輪EXプロは「コレだ!」という情報があった気がします。宮本先生振付とあったような…気のせいですかね?怪我で予定が狂ったのかもしれませんね)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

織田の殿とあっこちゃんは…

引退後これからも仕事がどんどん増えるかもしれませんな。

…と思ったらこんなニュースもあった。

織田信成、『本当にスゴい実話』で初司会「ものすごく光栄です!」

マイナビニュース 4月17日(木)22時0分配信

元フィギュアスケーターの織田信成が、衝撃的な実話を再現ドラマで紹介する『本当にスゴい実話』(フジテレビ系 5月3日21:00~23:10)で、テレビ番組の司会に初挑戦することが17日、明らかになった。

『本当にスゴい実話~世界が驚いた史上最強ミラクルストーリー!今こそ知っておきたい逆転だらけの2時間SP』は、逆転に成功した"ミラクルストーリー"を再現ドラマで紹介するバラエティ番組。どん底生活から意外な方法で復活して夢をかなえた人や、絶望の状態から奇跡の再会を果たした人など、人生の大きな転換を経験した人たちを徹底的に掘り下げる。

司会は、『ウチくる!?』など多くの番組で司会を務めるタレントの中山秀征と、元フィギュアスケーターで昨年現役を引退してからスポーツコメンテーターとして活躍している織田信成が務める。織田は「ものすごく光栄です!」とテレビ番組初司会を喜び、「初めての経験で緊張もありますが、しっかりと番組を盛り上げられるように頑張ります!」と意気込んでいる。

一方の中山は、織田について「感情を表に出すアスリートの方という印象」と言い、「MCとしてもそのスタイルで、ぜひ臨んでいただきたいです」とコメント。そして、「事実は小説よりも奇なりと申すように、世の中には何か不思議な力で導かれてしまう事が起こるものだと思います。そんな世界を体験してみたいです」と期待を寄せた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

スゴイよ…殿…

やはり見てる人は見てるモンですね。

当たり前のことなのだが…

フィギュアスケート…現役を引退してからの人生は長い。

これからも…表舞台でなくとも

充実した人生になりますように…
(勿論他の引退した元選手、引退を考えてる選手もね☆)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2014年4月10日 (木)

U型ライブw

例の捏造(?)放送事件が相変わらず気になるタレミミだったが…

場を読まずに4月7日放送のU型ライブなる情報番組のネタを一つ。

そう。 「フォギュア」な北●道文化放送だ。 (個人的には「スゴイよ!マサルさん」の「ボスケテ」に匹敵する程の脱力ネタだった)

「羽生君が札幌上陸!」

…と、新聞のTV欄では羽生君の名前しかなく…

他の選手は取り上げないかなあ…と思いつつ録画し、

今日チェックした。

いやあ~…

私この番組北海道にいながら、ちゃんと見たことなかったのだが…

笑ってしまいました・・・(;・ж;・;)チョブ

70代母も大ウケでしたわ。

簡単に言うと…

「空振りだらけ」

羽生君の上陸前の空港の様子とか、映していて
(また…これをレポートする女性が実にコミカルなんだ…母はこの人を知ってるようで、“喜劇役者さんだよ”と言っていた。ホントかよ?)

「ユヅリスト」shineなる不思議な単語も駆使し、
(吉永小百合さんレベルにならんと使っちゃいけない言葉だと思う…)

羽生君フィーバーを盛り上げようとしていた。

いきなり八木アナが羽生君の…クオリティの低いお面つけて登場。

いくら背格好が同じくらいだからって…アータ…

「続々と集結するユヅリスト」とかいう字幕が付いた空港の風景は…

…どう見ても「ユヅリスト」と特定出来ない印象のまばらな一般客が普通にその辺歩いているだけ

じゃねえかよ…(ーー;)

…な図。

しかしその後時間が経って流石に続々人が集まって来たイイところで…

出てくる場所が違うトコロかも…という情報が入ったのか、慌てて場所を変えるコミカル女性レポーター(うるさかったけど、この人面白かったです)

そこに最終的に集まった「ユヅリスト」は30人。
(もっと仕込めよ…と思いましたね…流石北●道のおおらかさといいますか…)

そこまで映しておいて…

選手達の映像NG!(今までの大袈裟な前振りは…??…な瞬間でした.。しかも長かった!!)

で…羽生君の上陸した様子を簡単な絵で表現していたのだが…

マスクしてたせいもあり…

不審者じゃねえかよ!」な図…

Photo

ジャージ姿でもカッコよかったですheart01というフォローも入ったものの…

もっとなんとかならんかったんか・・・

…でコミカルレポーターがいつの間にか羽生お面を被り、

靴紐が解けたのを前屈して結ぶ姿とか再現してました。(上陸時そんなことがあったようです)

(しかもこの間、BGMが「パリの散歩道」。コミカルレポーターの喋りと曲の相乗効果でよりコミカ

ルになっていました)

元野球選手の方も番組出てたのですが、その方がその姿を見て

「腰痛持ちだからソレ(結んだ時のポーズ)出来ない」

と発言しておりました。

ちょっとツボにハマりました。

後…

ファンからのお花をチェックするコーナーがあって…

誰よりも織田の殿の花が多くて…

「今日特集する人を間違えましたかね…」

と呟いた出演者もいました。

(そりゃ、ねえべ!!)

ちなみにお客様から選手に渡したいプレゼントも…

羽生君宛より織田君宛の方に食いつくアナ。

(ちょっと大きめだったので…本人登場してないのに、何げに織田君の存在感を感じた番組でした

アイスアリーナ内の食堂のおばちゃんを取材したのは良いものの…

羽生君の痕跡無し。

(真央ちゃんが来たことある話チラリ。味噌ラーメンが増税の影響で値上がりした話もチラリ)

おととしの全日本で羽生君来たのでは?というアナの問いに対し

「食べなかったけど食堂で踊っていた」

という発言には吹きました。

羽生君、なかなかやってくれるじゃないか…と妙に感心しちゃいましたよ…

「ユヅリスト」の方々にレポートかましたものも
(一生懸命「ユヅリスト」を探したんだろうな…な雰囲気がありました)

微笑ましいような…

意外と年齢層高いぞ…みたいな…(お子様もいました)

「4回転転んだのが良かった」(おそらく最後のジャンプ大会)

と、おいおいスケートファンなら無理しないように心配してくれよ…みたいな…

まあ、そんな感じでした。

空港で待っていた「ユヅリスト」の中にはプリティなおば様がいて(最初その人中心に取材)

コミカルレポーターが羽生君と握手したと話すと…ハシャギだし…

「ちょうだい!ちょうだい!ちょうだい!」と声を上げつつ

コミカルレポーターと激しく握手する姿が実にプリチーでした。

(でも「ちょうだい」の意味がよくわかりませんでした)

コミカルレポーターが映像GET出来ぬながらもちゃっかり握手してもらっていたのもツボでした。

ただこの番組が(少しでも盛り上げる為でしょうねえ…)

「世界一の演技力」

(「五輪金メダリスト!」…と言えば、フツーはそう思うよね…うん、うん…)

とか

「世界の羽生」

というと

(確かにフィギュアスケーターさん達は幼き頃から世界と戦っている訳で)

「世界のナ●アツ」

と言うのと大差ない感じがしてしまうのが少々辛いトコロ…

不自然なくらい真央ちゃんに触れてないのには

「ムッ」( ̄- ̄メ)

…としたタレミミだったが…

「まあ…今回は“彼のターン”だったのよね…」

と思うことにした。(でも笑わせてもらったので良しとします…)

U型ライブはその翌日も羽生君フィーチャーのようなTV欄の見出しだったものの…

最後の方には真央ちゃんの「スマイル」のことにも触れてました。

お客様と握手する演出があったことを楽しそうに伝えるアナ。

練習の日本選手たちの様子もチラ映り。

皆元気そうでなにより。

上手くまとめきれないが…

下手に盛り上げようとしすぎると空回りするという例を目の当たりにした

…そんな放送でしたわ。

コレ、スケ連サン見てどう思うんだろ?

でも私…フ●テレビ系列とはいえ…

この番組少し好きになりました…(;^ω^)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2014年4月 9日 (水)

「フォギュア」って…

ちょっと今PCに向かう時間あまり作れないのでこれだけ…

せっかくスケーターさん達が札幌上陸だというのに…

Photo


「フォギュア」って何だよ!??

北●道文化放送!!!

笑い事じゃないんだけど…

吹きました…( ゚艸゚)・;'.、ブッ

最近D高橋関連に関してあまりイイとは言えぬ話があり、気持ちが塞ぎ気味だったのですが…

久々にフィギュア関連で笑顔が出ちゃいました…

やる気あんのか!?

…と本来突っ込むべきなのでしょうがね…(^_^;)

まだ放送録画したまま見てないのですが…

他にも色々ツッコミどころがあるようなので…

楽しみです…(ヾ(・∀・;)オイオイ)

北●道の…いやある種のおおらかさといいますか…

その辺が全開になった番組らしいですな…

☆☆☆☆☆☆☆

おまけ

Photo_2


↑これも…

ジワジワきます。

☆☆☆☆☆

他のブロガーさんがしっかりした記事を書いてますが…

フ●テレビの「ミライモンスター」という新番組の件…

ヒデエな…_| ̄|○

少年とご家族がショック受けてるそうじゃないかよ…

しかも岡山ってD高橋シンパが多い場所じゃないの?

岡山のスケート関係者も面白くないだろうよ…

同国内のスケート関係者にまで喧嘩売ってどうなるのよ…?コレ…

他のスポーツでこんなの有り得ないぞ…

こんなヒジョーシキなこと平気でまかり通るのってこのスポーツくらいじゃないの?

心底呆れたわい。

あ…他のスポーツといえば…

レジェンド―葛西選手!!

ご結婚おめでとうございます!!(驚いたよ…)

☆☆☆☆☆

北海道ってフィギュアスケート以外の冬スポーツの選手が結構いるから…

(葛西さんも北海道上川郡下川町出身だっけか…スピスケの選手も結構いる。五輪前ローカルニュース等でよく扱われていたのはそういう選手たちだった気がする)

「フィギュア」(“フォギュア”ではない)の扱いが大雑把になりがちなのかもしれないね。

(フィギュアブログ始めてからつくづく思うけど…一時的に名古屋に住みたくなるよ…ホント…そこでしか見られない放送もあるからね)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


2014年3月30日 (日)

真央ちゃん、おめでとう!3度目の優勝他


まずは…

3度目の優勝、おめでとうございます!

【ユロスポ実況】浅田真央 2014World Championships FS

ロスポ実況】浅田真央 2014World Championships FS

ちょっと前にネガ記事を上げてしまっていたのだが

この試合に関してはちょっとドキドキしながらも

なぜか穏やかな気持ちでもあった。

SP良かったことと関係なく

悪い演技にはならない予感はあった。

(ミスが…惜しかったけどね…(^_^;)でも良い演技でした。最初の3Aがあまりにもアッサリ決まってしまい、拍子

抜けしてしました。でも点数…)

いくつか記事転載させていただきます。

それにしても…もうちょっと良い写真にしてくれよ…

☆☆☆☆☆

真央3度目V 自己ベストでラスト?飾る


日刊スポーツ 3月29日(土)20時53分配信

<フィギュアスケート:世界選手権>◇29日◇さいたまスーパーアリーナ

 世界歴代最高点でショートプログラム(SP)1位の浅田真央(23=中京大)が、フリーで138・03点を出

し、合計を自己新の216・69点として4年ぶり3度目の優勝を飾った。

 冒頭のトリプルアクセルを見事に着氷。勝負の3回転フリップ-3回転ループの連続ジャンプも決めた。直後の

3回転ルッツも着氷し、リズムに乗ったかに見えた。

 しかし中盤のダブルアクセルで着氷が乱れ、コンビネーションにできなかった。ただはっきりとしたミスはこの

部分だけだった。

 終盤の3回転-2回転-2回転の3連続ジャンプはしっかりと決め、その後の3回転ループも成功。フィニッシ

ュを決めると、観衆は総立ちで拍手。浅田は一瞬、涙をこらえるような表情を見せてスタンドに手を振ると、引き揚

げて佐藤コーチと抱き合うときには笑顔だった。

 滑り終えた時点でトップに立つと、残りの3選手も浅田の得点を上回れず、優勝が決まった。

 浅田は優勝が決まった後のインタビューで「ショート、フリーと自分のできる精いっぱいの演技ができてうれし

かった。今までやってきたことが今季ようやく花開いたかなという思い」と笑顔で話した。


☆☆☆☆☆

真央 進退は「終わったばかりなんで、ハーフハーフです」


スポニチアネックス 3月29日(土)21時15分配信

◇フィギュアスケート世界選手権最終日 女子シングル(2014年3月29日 さいたまスーパーアリーナ)

 フィギュアスケート世界選手権の女子を自己新の216・69点で制した浅田真央(23=中京大)はフリーの

演技後、自身の進退について「終わったばかりなんで、ハーフハーフです」と話した。

 昨季最終戦の世界国別対抗戦後、今季限りで現役引退の意向を表明していた浅田は、ソチから帰国した2月

25日には現役続行の可能性を「ハーフハーフ」と表現していた。

☆☆☆☆☆

しっかし…終了後のお客様の前のインタビューだけど…

相撲とった直後の力士がハフーハフー言っている時のインタビューの如く

ウ  ザ  か  っ  た

人生における大事な選択なんだから急かせるなよ!このバカチンが!!(◎`ε´◎ )ブゥーー!

(ホント…嫌な女にしか見えんかったわ… 「いつまで?」 …って腐ってるわ!!)

でも今日の終了後の顔…見た印象としては…

「我が人生に悔いはない」

…って感じ。

凄くスッキリした―穏やかな顔をしていた。

何か…競技者っていうより…

「菩薩」って雰囲気。

元々それに例えられることが多い彼女だけれど

菩薩化に拍車がかかっていた気がする。

出家する前の女性みたいだ…というのは言い過ぎ??(;^ω^)

浅田真央 ソチオリンピック ~ ラストダンス! 【ダイジェスト版 MAD】

動画主様(ありがとうございます)による動画説明

…朝日新聞デジタル様よりお借りしました。ダイジェスト版です。本編フルバージョンは次のURLでご覧下さい。
→ http://www.asahi.com/olympics/sochi2014/lastdance/index_ie.html

…とのこと。

コレは良い企画でした。(朝●のくせに…とちょこっと思ったのは内緒☆)


☆☆☆☆☆

そして…

タレミミのお怒りannoyタ~~~イムpunchのお時間がまたやってまいりました…bomb
ピクピク o(-_-#"))(("#-_-)o

女子シングル・フリージャッジスコア


3A<…に

(…で…+1一人、-1が二人

3F<+3Lo…ですよ…

+1が三人、-1が三人…なんでやねん!!Fはあれ以上回ったら回り過ぎて、コンビに繋げられなくなるんじゃないの??)

しかも加点渋っ!!Fuck You!! (`∧´メ)ρ))

…というか、例の方がいないせいなのか…?

全体的に女子フリー、ジャンプの加点が渋いっス!!

(´・ノω・`)コッソリ …でもね…GJ!!な箇所もあるの…

それは見ていだだけるとお分かりいただけるが…

PCS9点台多く…(約1名全て8点台後半にしないと気がすまなかった者もいます)

SSとINに約1名…

10点満点を付けたジャッジ様がいらっしゃいます!!☆(*\ ^▽^/ )いえいっ!

これは嬉しかったね…

でも彼女に関しては…そして今回のあっこちゃんや佳菜子ちゃんに対しても…

「地元アゲ」

というのは存在しなかったな…(´・ω・`)…特にフリー…

(ソチで恐露西亜がアレだけやったんだから日本もいいじゃん!!ψ(`∇´)ψ…と思ったのは内緒…)

☆☆☆☆☆☆☆

せっかくの優勝記事にコレ書くのはどうかな?…と思ったけど

おヨナさん以外の某国選手。

私がソチ五輪で見たのは(白鳥らしくない衣装で滑ったもの)ヘジンだったようだね…
(ろくに名前も覚えていなかった笑)

で…もう一人。

今回佳菜子ちゃんの上にきた(!!)パク・ソヨン選手。

スポナビ・フィギュアスケート女子FS結果 ←リンク先見てちょ


「ん?(メ・ん・)?」

と思って先ほど動画見てみたの。(ここには載せない…(^_^;))

抜け殻みたいになってるヨン姐さんよりイイんじゃね?

…と思ってしまった。

(いや…ホント…スタイル抜群じゃないけど悪くない選手です)

若さゆえか?今のヨン姐さんよりパワーがある。

でもヘジンだかの時も思ったけど…

上半身の表現がヨン姐さん思わせるトコロ有り!( ̄▽ ̄;)(漕ぎ方も…)

今のロシアっ子達程…今は点数もらえないだろうけど

柔軟性有りとは言えんけど…(でもI字はヨン姐さんより頑張ってた!

油断できねえぞ…と思いましたね。

平昌に向けて…

ジワリジワリ評価上っていくことが考えられるぞ。

日本、うかうかしれらんないよ!!マジで…
(アチラはとにかく「日本に勝つ」為なら何でもやると思う。)

平昌に金出すくらいならホント、育成にもっと金かけた方が良いぞ!!

フィギュアニュースのヤフコメに書いていた方もいるが…

この子、GOE結構いただいてるのよ。

佳菜子ちゃんの伸びない点数のことも合わせて

ちょっと嫌な予感が走ったので

そのことを書き留めたくなった。

この記事も載せとこう。

村上、得点伸びず「すごく悔いが残る」=世界フィギュア女子FS


スポーツナビ 3月29日(土)20時36分配信

 フィギュアスケートの世界選手権は29日、女子フリースケーティング(FS)がさいたまスーパーアリーナで行われ、ショートプログラム(SP)10位からの巻き返しを目指した村上佳菜子(中京大)はFS111.58点と得点を伸ばすことができず、SPとの合計は172.44点で10位だった。

 以下は村上の演技後のコメント。

■「1シーズンで5歳くらい年を取ったような気がします」

「(得点については)やっぱりなという感じです。(もうちょっと出るとは)思わなかったです。全部ギリギリだったので、回転不足を取られるだろうなと。ショートも取られたので、たぶんダメだろうなと思っていました。(何が足りなかった?)なんでか分からないんですが、曲がかかると考え込んでしまうので、そこは直さなきゃいけないと思います。(練習からジャンプが合わないという感覚は?)まったくなかったです。逆にすごく良くて、たぶんいけるんじゃないかという気持ちでした。

(シーズン終えてどんな気持ち?)やっぱり良かった試合もあるんですけど、全体的に見て心残りですね。あとはすごい密度の濃いシーズンだったので、1シーズンで5歳くらい年を取ったような気がします(苦笑)。(五輪からここまでの間では変わった?)調整の仕方は、五輪で早く入り過ぎると良くないなとか勉強になりました。気持ちも成長したかなと思ったんですけど、できてなかったので、次はそこを直したいと思います。

(練習量を増やしたが、そのやり方を続けていくのか? それともメンタル面を見直していくのか?)見直したほうがいいんじゃないかなと思います。でもこのまま生かしていったほうが良い部分もあると思うので、1回シーズンを通して全部見直していきたいと思います。(疲れはあった?)今回の試合に関してはあんまり感じなかったですね。

(滑る前に胸を触って何か言っていたが?)あれはおじいちゃんに教えてもらったおまじないです。(来季のことは考えられない状態?)本当だったら今シーズン、良い感じで終わって、来シーズンどうするかなという感じだったんですけど、ただ今はすごく悔いが残る状態で終わってしまったので、来シーズンは良い感じで終われたらなという気持ちで今はいます。
(先輩が引退して引っ張っていかなければいけない立場になるが)引っ張っていけたらいいなと思うんですけど、引っ張るというよりも、とりあえず今シーズンは悔しい思いをいっぱいしたので、それをなくしていきたいと思います。(シーズン通して満足いった部分と不満な部分は?)満足いった部分は、全日本で良い演技をして、五輪という舞台を勝ち取ったときは気持ち良かったです。不満な点は、シーズン通してどっちの方が多かったかというと悪い方が多かったので、それがすごく悔しいです」


☆☆☆☆☆

ラストに今日の一曲。

この前のデヴィッド・ボウイとは別の「ヒーロー」

Bonnie Tyler -Holding Out for a Hero-

懐かしい…

ボニー・タイラーの迫力あるハスキーボイスは今聴いても魅力的!

では

おやすみなさい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2014年3月17日 (月)

ヨン姐さんの「イマジン」を見て…或る70代女性が一言

今回は或るフィギュアTV観戦している一家庭のお話。

皆様のお宅でも見られる風景かもしれない。

☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

参考資料
[Fan cam] Yuna Kim Ex 'Imagine' in Sochi 2014 Winter Olympics

昨日お昼にソチ五輪エキシビションの再放送があった。

エキシビションは既に録画されていたものと別段内容が変わっていた訳ではなかったろうが

他に見たいものがないので別の作業をしながらBS放送を流しっぱなしにしていた。

或る70代の女性(アルツハイマー型認知症)はソファでうつらうつらしつつ、放送を見ていた。

時々スケーター達の動きが心を捉えるようで

様々なシングル・ペア・アイスダンスの選手達の饗宴が繰り広げられる中

「綺麗だねえ…」

などと呟いていた。

そして私が洗面所にて用事を済ませるべく、しばらく席を外している間

或るスケーターが彼女の目にとまったようであった。

そしてしばらく経ち、彼女が私の名前を呼んだ。

「●○ちゃ~ん」
(時々彼女は私をちゃん付けで呼ぶ。Pさんとは何の関係もない)

「何?」

最近彼女から目が離せないことが多くなってきたこともあり、

作業しながらも彼女の方に注意を向けた。

すると彼女はいきなりこう切り出した。

「キ●ヨナのダンス…あれ…何なの?」

私は「アレ」を「ダンス」と認識したことに軽いショックΣ( ̄ロ ̄lll)を受けつつ、応えた。

イマジンだよ…ジョン・レノンの…」

正式には「アヴリル・ラヴィーン」嬢だったが、彼女にはピンと来ないと考え、

レノンの名を出した。

彼女はジョン・レノン、オノ・ヨーコ、ミック・ジャガー辺りは認識していた人であったから…
(ミック・ジャガーは「あの唇」で覚えたらしい)

「・・・そうなの?・・・」

明らかに不審なものを見るような表情になる彼女を見て

「やはりあのEXプロは失敗ね…」

と心の中で呟くしかなかった。

それ以外の選手の演技は割と機嫌良く見ていたというのに…

(ちなみに高橋大輔の「アスリートの魂」の録画も機嫌良く見ていた)

ヨンクィ姐さんの名(迷)エキシ、恐るべし!!と言うべきか…

「まあ、でも…あの人、エキシビションはいつも…あんな風だから!」

何のフォローにもならない一言を発するタレミミ。

我ながら…何と間抜けなことよ…と少々情けなくなった。

「“カマキリ音頭”と呼ばれる“傑作”もあるよ!」ψ(`∇´)ψ

と言いたいのをこらえつつ、TVのある居間へ戻った。

「ふ~ん…」

眉間に若干皺が寄っていた70代女性を見て

「ど素人をダマすにも限度があるヨナ…」

「手…抜きすぎなんだよ…ヨン姐さん(とウィルソン)…」

その後展開される夢の競演の続きを見るタレミミだった。

ちなみに母はスケオタでもなく

ヨン姐さんをアンチ目線で見たことなぞ無い人である。

(基本良い演技すれば皆褒める人である)

ただ

ある日解説者があるスケーターの演技中に

「~(中略)動きが綺麗ですねえ…」

と説明しだした際

「何か…この人…“動きが綺麗”とか言ってるけど…私にはちっとも綺麗に見えないんだけど…」

その選手は確かに姿勢が良いとは言えず、勢いはあったが動きは雑だった。

大した知識の無いど素人でも

見るところは見てるものである。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

お分かりの方もおられようが、

この70代女性はタレミミの母である。

彼女は昔から結構人の悪いトコロがあり、

父と異なり、マスゴミの煽り・宣伝等を疑ってかかる人間である。

アルツハイマーになろうがそこんとこは変わっていない。

(ただし、感情の波がダウン気味の時、必要以上に猜疑心が強くなりすぎ困ることも多々ある。これは明らかに病のせいである)

そして…物事舐めてる人間には怒りをストレートにぶつける人だったことも思い出した。
(その子供が…私であるトコロが人生の皮肉と言うべきか…(;´д`)トホホ…)

気難しくて扱いにくいトコロがあるが、

見習うべきトコロもあるのかもしれぬ。

「お花畑な人」の方が付き合い易いし、扱いも楽なんだけれどね…(;^ω^)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

一つ新しい発見。

ヨン姐さんのエキシは認知症患者にあまり良くない影響を及ぼす

学会で発表しても相手にされない発見であることは間違いない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


以前からヨン姐さんAgeが定番であった父の様子が

真央ちゃんのソチ五輪フリーを見てからというもの

すっかり変わってしまった。

そのことについては後日書こうと思う。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ヨンクィ姐さんの「イマジン」ならぬ「異魔人」については…

過去散々…ダラダラ書いたので…

(以下参照のこと。記事にリンクしてます)

2013年6月 6日 (木) 想像してごらん


2013年6月23日 (日) peace-ピース


2013年6月25日 (火) ピース補足~おヨナさんの胃魔人と竹中直人の相関関係


2013年6月26日 (水) これも一種の「選手潰し」か?~ピース更に補足


どうでもいいわ…(ここまで書いてぶん投げます)

もう開放されたんだもんね。苦役から。

よかったね。

でも「熱愛発覚」(プッ)についてと“カオナシ・フォーエバー”小特集。

これはやろうと計画中…

あと一度くらい(真面目に)スケーターとしての彼女についてのことも書きたいと思う。

私からの餞だと思ってくれい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2014年3月 3日 (月)

コレは…怒るわ…D高橋ツイッターをやめた流れ

私の住んでいる地域では

D高橋の特番である「リアル×ワールド」なる番組の放送はなかった。

新聞のTV欄を見て

チクショーーーーーー・゜・(ノД`)・゜・

とハンカチをギリリと噛み締めそうになったが

大輔ファンのブログ等を読むと

「もしかして…見られなかったことが幸い?( ̄◇ ̄;)」

という感想を持った。

「幸い」なんかじゃないよ…全く…(`_´)

普段私以上に穏やかな内容を書いていらっしゃる処までヒドイお怒り様…

勿論暴走しそうなファンを諌めるファンブログもあるけれど…

今まで「フレンズ」関連でお世話になり、信頼関係もある程度出来ている某局だった為か

裏切られる思いの方もおられただろう。

「蛆」TVは昔優勝した女子選手の扱いがヒドイと評判になり

最近ではなんぼかマシになったものの

う●こをチビチビ混ぜるような番組を帰国後に行ったようだ。(表現汚くて申し訳ない!)

(それ以外の部分は良かったらしいですが)

それに近いものがあるのかな?

最後の方以外は良い作りだったようだけど…

私は↓この部分しか見ていない。
(動画主様、お借りします)

コレだけじゃ判断出来ないけれど…

全体見れば感想変わってくるのかもしれんけど…

今聞くか?コレを…

ワールド後でもええやん!(いや…良くないけど百歩譲ってだよ…)

悪質な誘導尋問みたいじゃね?

コレはファン怒るわ…

この事だけじゃなくてね…

「ここ数年の間に溜まったものが爆発した」

ということじゃないかナア…

特に昨年辺りからのスケ連役員を使ってのネガキャンじみたものもあったしね。
(ないです…ないです…が頭から離れんよ・・・)

大事な試合(GPFだっけ?)の直前にそれやるか!?とかね。


某所の書き込みでうまくこの辺まとめている文があった。

引用させていただく。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

「全日本のエースは?」

訊き手を真っすぐ見つめたまま
「羽生君じゃないですか、ゴールドメダリスト」
ちょっと斜め上を見て
「エースと言える実力を持っているし」
三、四回頷いた後に
「華もあるし」
カットを挟んでほんの少しだけ笑いながら
「これで自分自身受け入れられた」
「受け入れられたんで、いろいろ」

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「全日本のエースは?」

まだ五輪終わってまもない時に↑こんなこと聞く?

どんな答え聞きたいか丸分かり過ぎて…もう…

こんな風にD高橋を扱っていたら

「次世代エース」とやらを応援する気なくすよ…
(元々“次世代エース”だけ好きな人は別だろうけど)

いや、「現エース」と書いた方が良いのかな?

そしてまたタイミング悪いことに

「現エース」とあらかーさんの対談があり…

あらかーさんを「裏切り者」扱いする熱狂的ファンがいたようだ。

あらかーさんは最近…特に真央ファンからの信頼が無くなってきていたが(上げたりsageたり…もそうだけど、アチコチの発言や出してた文章の内容の一貫性が疑われてた)

そーいう大輔ファンが出てくるとこれから大変になるかも。

(フレンズ・オン・アイスはこれからどうするのだろう?)

彼女は「連盟の理事」として仕事をしたに過ぎない。

「現エース」を盛り立てていかなきゃいけんだろうし。

その辺は気の毒に思うけど。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

某所で拾ったツイッターやめることになった流れ


*静香が、受験生からのツイートに対して返答(「リプライ」という形ではなく普通にツイート)

Shizuka Arakawa @tiramisu11
ここまで積み重ねてきたこと、過ごしてきた時間、やってきたことは、緊張したとしても減るもんじゃないょ(^_-)
大きく一つ息を吸って、吐いて… 自分以上でも以下でもなく、自分でいいんじゃない(^^)?

○○○○○ @○○○○○
@tiramisu11 (あらかーさんに罵倒コメ。内容エグいので省略)

Shizuka Arakawa @tiramisu11
明日試験という方に緊張のほぐし方を聞かれていたので、
私なりの方法というか心がけをメッセージにしたのは何が気に触ったのでしょうか…?

*異常な人の書き込みだから「気にしなくていいよ」のレス多数

Shizuka Arakawa @tiramisu11
参考になることがあったら幸いです。いただいたメッセージに直接リプライしていないもので、
tweetで発信したものの、気を悪くされた方には申し訳ありませんでした… 以後、気をつけます。
色々ご心配くださった方、どうもありがとうございました。

○○○○○ @○○○○○
@tiramisu11 すみません。削除しました。失礼しました。

*○○○○○ ツイートを削除して、アカウント変更、○○○○○・非公開にチェンジ

D1sk @D1sk61316
お久しぶりです!
皆様落ち着いて下さい。
次に繋がるって素晴らしいことですよね!僕は頼もしい気持ちです!
これからも皆でスケート界を盛り上げていきましょう!てゆうか、お願いします^_^
私事ですが、Twitterをやめようと思います。なかなか、呟かないもので…またどこかで。

nobunarioda @nobutaro1001
@D1sk61316 えっ!やめたあかん!

*暴言自体は画像化された上でtwitterに拡散されてる

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

最後の殿のコメントでちょっと力抜けるが
(こーいう時に和みキャラは助かる…(^_^;))

もうアカウント削除してしまったようだ。

「姉」思いだな…

心身共に更に疲弊しているだろうな…

なるべく騒がない方が良いのだろうけど

彼の扱われ方に納得出来ない人はやはりアチコチに抗議するだろう。

どう見ても守られてないもの…

「守り隊」が自然と出来てしまうわ…ホント。

ファンでだけでも守りたい…と。

凸したファンは確かにキ●ガイじみているのかもしれないが

…気持ちはわかる…( ´・ω・`)


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

また某所での書き込みの中で拾ったものを載せる。

(なんか…最近2●ゃん的フィギュアスケートっぽくなってるナア…)

選手の名前をそこでの呼び名で書いてあったのだが

それを本名に直して載せようと思う。

「今日本のエースは?」なんてずいぶん残酷な質問するわねえ

本田の最後の全日本も長年酷使され続けて怪我でボロボロで
こないだの全日本の高橋と同じ5位だったわ
羽生もヒラマサ後には若手が台頭してきて、怪我で苦しみ、世代交代を煽られ
全日本で哀しく笑うのかしらね
それで「ああいつか見た光景だわ」って私たちは思うのかしら…
その頃は全日本の地上波中継ないかもしれないわね

何か…切ないな…

この姐さんに激しく同意するしかないわ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

しばらくはD高橋関連の記事をチビチビUPしていこうと考え中。

勿論別の選手の小ネタも色々挟みながらですが…

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

今ココログがヒジョーに使いにくい。

不具合もアチコチで出ているようで

編集作業がしづらい。

昨日ある操作をして少しマシになったのだが

また今日になって使えない編集機能がある。

でも何とか

頑張りまっす…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年12月18日 (水)

ヤグディン 2001世界選手権 SP 「革命のエチュード」

日常生活の諸事情に疲れているのか…

別に悪いことがあった訳ではないのに

どうも力が出ないということがある。

そんな時に見たくなるフィギュア演技動画がある。

「お前はこんなトコロで終わる人間じゃないだろ!?」

厳しいながらも自分を支えてくれそうな…

そんな檄をとばされた気分になることもある。

素のヤグ先輩はそんな人ではないかもしれんがな…(;^ω^)

動画主様による動画説明
(ホント…今までお世話になった動画の主様には感謝しかないぜ!good

 痛めた右足が悪化して前日に2本、直前に3本の痛み止めを注射して滑ってます。足の感覚は多分なかったでしょう。オリンピックの出場枠のためもあるけど、何より大会を棄権するという考え方が嫌いだったとか(ヤグらしい) 

…とのこと。

昔からのフィギュアファンにはお馴染みな話であろう。

それでも大技しっかり決めるトコロはやはり帝王。

ヤグディン 2001世界選手権 SP 「革命のエチュード」キスクラつき

拳を振り上げる動作がこれ程様になる選手も珍しいかもしれん。

チラリと見せるランジがちょっとしたアクセント。

繋ぎ部分も気合入りすぎなくらいだが

ステップ…本当に鬼神でも乗り移ったかのようだ。

この曲は比較的馴染みのあるクラシック曲だが、実はこの曲をステップで表現するのって難しいのではないか?

ステップ巧者じゃないと絶対曲に負ける。(プラス恐ろしいくらいの気迫・オーラ)

そんな怖さも孕んだ曲だと個人的には思う。

恐ろしい位の気合だが彼の表情は涼しげにも見える。(が…顔色が悪いような…。相当無理してるよ…)

演技終了後は喜び爆発。(分かる…分かるよ…)

お客様の歓声が演技終了前から大きくなってきていて

最後の方音楽が聞こえない…

この頃のお客様達(北米?)の熱が今と違って見える。

ちなみに

この演技での拳を握り締めるタラソワさんはコチラ↓の動画にある。

ヤグディン 2001世界選手権 SP 「革命のエチュード」キスクラつき(CTV)

若いわ…タラソワ先生…

お綺麗っス。

そして相変わらず応援の気迫が素晴らしいっス。

今健康を崩しておられるようだが(入院した…とか…風の噂で目にした)

ソチ五輪では元気になられますように。

やはり責任重大でストレスも半端ではないのだろうな…

元々の慢性的にかかえている不調もあるのだろうけど。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

ヤグディンをリスペクトしてやまない選手の演技動画で締めようと思う。

ブライアン・ジュベール French National 2010 FS(第九)

</p>

ここでは4回転を回避しているが、

なかなかの良演技。

やはりヤグヲ魂が…いや…なんでもないです…

本当に好きなんだね…

それにしても…

ほぼ同じな衣装だが

何処か本家と比べるとハズしているような気がしないでもない。

基本ヤグさんの体型に合わせた衣装だからなのかもしれんな。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

昔、リリー・フランキー氏がEテレの「私のこだわり人物伝」という番組の中で松田優作について語っていた。

最初彼と松田優作というのはどうも結びつかなかったが熱烈なファンだったらしい。

自分の中に松田優作的なものが住んでいるのとそうでないものでは男の生き方が違ってくる

…な~んてことを話していた気がする。

彼のイラストからは想像出来ない言葉だった為か、私は非常に驚いた。

「脳内兄貴」とでもいうのか…

自分が怠けたりしている時に

「だからお前はダメなんだ!!」

…などと喝を入れてくれる存在なのだと。

故人をそういう風に活かす方法もあるのか…と思った。

実はタレミミも

密かに松田優作をリスペクトする者の一人である。

残念ながら私の脳内兄貴はリリー氏の程

働いてくれなかったりするのだけれど…

ヤグディンの「革命」について書いていたら

何故かそのこと思い出しちまったよ。

おまけ動画(コレ、怖いです)

リップヴァンウィンクルのお話とその後で

http://www.youtube.com/watch?v=ETZuh9D8LY8

(埋め込み出来ないもので)

映画「野獣死すべし」のワンシーン。

彼の演技を受ける室田日出男のビビリ具合もGOOD。

コレ見た時、

演技ではなくて

芯からイカれてる人だと思ったものです…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年12月10日 (火)

恐怖!蛇女の誘い

【注】今回は心臓の弱い方、体調の優れない方にはオススメ出来ない内容になります。

健康に自信がお有りの方でも、見た後、ご自分のお好きなフィギュア演技でも見て

心身共に浄化させるのがよろしいかと思われます。

(そんなの嫌ー!!!な方はお引き返しください)

そう。本日は(余計な成分多めの)おヨナさん小特集だ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

フィギュアブログをチェックしておられる方はもうご覧になっていることと思うが

石ころ様のブログ「ぼちぼち生きてます」 の中の2013/12/08(日) 分記事

「なんなんでしょう、この茶番。腰痛を抱えていた真央ちゃん。」

(リンクさせてくださいNE☆)

この中の画像を見て私は…

Photo

↑絶対こんな顔になっていたと思う。

それはこの前のゴールデンスピンでのおヨナさん画像(フリー)と思われるもので

Photo_2
コレ…

……………( ´_ゝ`)……………

そして…更にデカいのもあって…

Photo_3

ぎゃあああああああああああああ!!!!!!!!!

ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!

…コレさ…

フッ…( ´,_ゝ`)…決まったぜ…

…とばかりに得意にポーズとってるだけなの?実は…

でも…スッゴク怖いよ…

どう見ても

「見てはいけないものを見てしまいましたーーーー!!!」((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

…な図だと思うんですが…

そして自分が悪いことをしていなくても

「私が悪うございましたあーーーーーー!!!!!!」ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

と言ってしまいそうなんですが…

この人が久々に出てくると…

スケートの内容以外のことで物凄くツッコミいれたい部分がどうしてもでてきちゃうんですけど…

(ロンドンワールドEX練習の時は「カオナシ」みたいだ…と以前書きました…あまりの辛気臭さに…頭にフード被ってたし…全身黒だったし…)

そんなネタにしている私のような者に対し

「悪い子はいねがーーーーー???」ヽ(゚皿゚)ヽ ガオー!!

…と言ってるように思えなくもない…(^_^;)

あ…でもなまはげは別に悪いものでもなんでもないんだよなあ…
(怠け者を懲らしめるんだっけ…あ…私だよ…)

私は最初見た時

「蛇女」という妖怪名が頭に浮かんでしまったのだが…

うん。(゚д゚)(。_。)_。)蛇っぽい感じするよ…と思うのだが…(特に目…)

楳図か●お先生の「へび女」画像を探してみると…

Photo_4
こんなんだった…

以前どこかのブログでも彼女を蛇女に例えた方がいた記憶がある。

顔…というより、あるおヨナさん画像内の…(それはオフに近い格好のおヨナさんだったと思う)

喉の辺りが似てるとブロガーさんは締めていた気がする。
(喉の一部ボコッと出てるトコロあったんだっけなあ…?)

それはそれで怖い…

今回タレミミは

見世物小屋の主になった気分になってしまった…

「お代は見てからで結構だよ。さあさあさあさあ入って入って、間もなく始まるよ〜」

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

楳図か●お先生は「へび女」という作品を書いているが

他にも「へび少女」「へびおばさん」というものも書いておられるようだ。

へびの妖怪化って…女性と結びつきやすいものなのかな?

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

「蛇女」の関連動画ってないかなあ・・・

と思って検索してみたら…

↓こんな動画にぶち当たった。

今見ても蛇女の特殊メイク(?)怖いです!

デザインさん、良い仕事してます。

が…意外とあっけなく終了してます…

ちなみにうP主による動画紹介を…

『蛇女の脅怖』 ヘビ女の弱点

窓割られたくらいで死ぬなよw

 

原題:The Reptile
1966年 イギリス映画
監督:ジョン・ギリング
製作:アンソニー・ネルソン=キーズ
脚本:ジョン・エルダー
撮影:アーサー・グラント
音楽:ドン・バンクス
出演:ノエル・ウィルマン、ジェニファー・ダニエルズ、レイ・バレット、ジャクリーヌ・ビアス、マイケル・リッパー、ジョン・ローリー、チャールズ・ロイド・パック

 

死んだ男の首には二つの穴があった。
男の弟は死の謎を追ううち、一人の博士の身辺に近づくことになる。
博士はかつて、ボルネオの風俗を研究していたが、そのときに原住民の呪いを受け、娘を蛇女に変えられてしまっていた。
付近で頻発する怪事件は、その蛇女の仕業だったのだ……。

動画コメにもあるが、実はコレ結構哀しいお話らしい。

興味ある方、コチラ↓に詳しい映画紹介ありますので是非…

ブログ「ALWAYS四丁目 ギドラキュラのお伽話」より

ハマーホラーの異色作「蛇女の脅怖」は哀しい怪物でした  ←リンクしてます。お借りしますね。

リンク先に画像ありますが、蛇女演じた女優さん美人!!

こんな可愛い子にこんなんやらせるとは…ドSだわ…監督…( ̄Д ̄;;

しかもこの女優さん、本人の顔が見えない特殊メイク(しかも覗き穴がなく目が見えない状態だったそう)でも嫌がらなかったそうで…

ええ子やな…(・∀・)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

そして別の蛇女様のとある大会でのひとコマ

(しっかし…沢庵だのなんだの、ニックネームあり過ぎだよ…この人…)

2013bs

スッゴイ貫禄…( ̄◆ ̄;)

…というか…

最初の「ベロ出し」はお約束として…(でも若いお嬢さんとしてはどうなの?どうなの!?)

最後のは

「いいぞぉ~姉ちゃん、もっとやれや~」

とか言って、囃し立ててるオッサンにも見えないこともない。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

最後に「沢庵衣装」の後日談(?)

所々ツッコミ入れるので読みにくいですが… (赤字:タレミミの心の声)

「ショート衣装論争」に対するキム・ヨナの反応は?

中央日報日本語版 12月9日(月)17時41分配信

「フィギュアクイーン」(必ずこの冠言葉つけなきゃ殺されでもするのかしら?)キム・ヨナ(23)が新しいシーズン衣装論争に対して口を開いた。

キム・ヨナは9日、ゴールデンスピン・オブ ・ザグレブ大会を終えて仁川(インチョン)国際空港から帰国した。キム・ヨナはソチ冬季オリンピック前の初めての実戦舞台として、クロアチアのザグレブで開かれたゴールデンスピン大会を選び、新しいプログラムを実戦舞台で点検した。キム・ヨナはショート・フリー合計204・49点を記録して無難にトップに上がった。ジャンプで失敗したが、豊かな感情表現と演技力で歴代最高水準の作品性にあふれたプログラムを披露した。

今回の大会でキム・ヨナの演技と同じぐらい話題を集めたのが衣装だった。キム・ヨナはショートプログラムではビーズで装飾された薄緑色が漂う濃い黄色のドレスを公開した。さらにフリーでは黒色の長袖ドレスに前部分がビーズで装飾されたオールブラックの衣装を着て演技を披露した。キム・ヨナのマネージメント社であるオールザットスポーツ側は「2つの衣装は両方とも昨シーズンに続き韓国人デザイナーのアン・ギュミ氏が手がけ、キム・ヨナと十分に相談をして作った」とした。(ほうほう。そうなのかい。キャナダではなく本国なのかい)

しかしキム・ヨナのショートプログラムの衣装をめぐって一部のフィギュアファンたちは「やぼったい」「たくあんみたいだ」という皮肉をもらした。((゚д゚)(。_。)_。)うんうん。これはわかるよ~わかるよ~)彼らの一部は衣装デザイナーであるアン氏が運営する会社のホームページに抗議の文を掲載してダウンさせるなど不満をぶつけていた。(だから…お前ら山●はいつもやりすぎなんじゃい!!(゚Д゚)ノ別に悪意ある訳じゃないんだからさ…色は沢庵だけどデザインは沢庵じゃないんだからさ…)

これに対してキム・ヨナは帰国後の記者会見で「不便な部分は修正するだろうが、全体的に修正はしないつもり」(ちゃんとおヨナさんと相談してああなってる訳だしな…)と明らかにした。キム・ヨナは「衣装は重要ではない。(えっ!?(;゚Д゚)!)それよりも競技力が最も重要だ。(まあ…そりゃそうだ…)衣装にあまり関心を持たなくてもかまわないと思う(いやあ…そうはいかんでしょう…)」」としてファンたちを促した。むしろキム・ヨナがショートプログラムを繰り広げた後、別のファンたちは「キム・ヨナはすべての服を着こなせる」「見れば見るほど大丈夫だ」という反応も続いた。(フォローご苦労さまっス!)

キム・ヨナは来月、総合選手権の出場を検討するという意も明らかにした。(つーか…出るのトップ選手でも当然なのですが…他国では…)「いくら練習が上手くいっても実戦経験が重要だ。(そうですねえ…B級お買い上げ大会と呼ばれてるのだけだもの)昨シーズンも総合選手権でフリープログラムをしっかりやって自信を持って世界選手権に臨んだ」としながら「まだ決めたことではないが、もし(大会に)出るなら総合選手権が時期的にいい」と話した。総合選手権は来月3日から3日間、京畿道高陽(キョンギド・コヤン)のオウルリムヌリスケートリンクで開かれる。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年12月 5日 (木)

ズビズバーなGPFジャッジパネル~勇気を出してShin AMANOの演技動画を見てみる

2013年12月 4日 (水)記事「どうしても好きになれない老人」の最後の方にて

「ノリで」載せてしまった「老人と子供のポルカ」動画。

左卜全氏の

ズビズバァ~~~~♬

が耳から離れなくて困る。

今晩悪夢見そうだ…(そうよ…私が悪いのよ…( ;∀;))

そして…明日から始まるグランプリファイナル。

その大会のジャッジパネルを見て私は思わず

ズビズバァーーーーーー(((゜Д゜;)))ァァァーーーーー!!!

と雄叫びをあげたくなってしまった。

↓リンク先を見てくれたまえよ…

女子SP ジャッジパネル

女子FS ジャッジパネル

ちなみに男子の方にはKenji AMAKO(AMANOとごっちゃになりそうだ…ええいっ!紛らわしいっ!)と

獅子井クリックBBA女史が入っている。うわぁ…

が…

何といっても注目はTechnical Specialist

その名はShin AMANO!

コレを見て私は思わず
(ここからは左卜全氏の声で再現してください)

(たすけてー)

ズビズバー パパパヤー

やめてケレ やめてケレ
やめてケーレ アンダーローテ
やめてケレ やめてケレ
ダウングレードパパヤー

ラララ ランラン ララララ
グサグサー ランランランラララ
グサグサ どうして どうして
グサグサパパヤー
おお 真央様 真央様 負けるなパパヤー

…な~んて替え歌口ずさんでしまったくらいだ。

で…もう一人よりにもよって

女子のジャッジパネルには(Assistant Technical Specialistね)

Ms. Eun-Hee LEEという…某国からの刺客(?)が送られていて(イ・ウンヘ…と読んで良いのかな?)

某所で何故か彼女の現役時代の動画が貼られていて…(という訳でここで貼る)

アルベールビル五輪かな?

Lee Eun-Hee (KOR) - 1992 Albertville, Ladies' Original Program (Secondary Broadcast Feed)

動画のアス比の関係か…?

太ましい…気が…します…

それよりも音楽もうちょっと何とかならんかったんかい?(-_-X)なプロだ

そして何を思ったか…

Shin AMANO氏の現役時代の動画が見たくなってしまった… (無性にな・・)

シングルのと

色んな意味で「伝説」になっているペア動画
(これは即席の中の即席ペア…ということで色々と同情の余地があるがな…)

天野真 95世界選手権 男子ショート

真央sageジャッジとして知られる羽目になったせいか

「高速回転3A」「高難度シークエンス」「トラベリングスピン」「絶品フルッツ」など…

パンチの効いた動画の登録タグがあった。

良く見るとスタイル悪くないし

スケーティングはキレイなんじゃまいか?

…そして…

何も言うまい…な

ペア演技。

天野真 長野五輪 ペアショート

天野真 長野五輪 ペアフリー

お相手の女性のジャンプの確率の低さも気の毒な要素の一つだが
(…というか、この女子選手、見る限りではトリプル跳べてない印象あるんですが…シングル時代はどうだったのかは知らん)

リフトやスロー(スローになってない?)…デススパイラル…スピン…色々ヤバイ…
( ̄◇ ̄;)

あと…技術がどうでもさ…(いや…良くはないのだけど百歩譲ってだねえ…)

もうちょっと「愛」欲しい気がするぜ。

(それが一番引っかかったのサ…ま…相性もあるしな…)

「何も言うまい」と言いつつ色々書いてしまった…(^^;

コレをタイムリーで知っている真央ちゃんファンはそりゃ…怒りたくもなるわ…

それとも…

「真央がここまで進化してきたのは儂が厳しくジャッジしたからじゃ…」

(真央の躍進が)「計画通り(ニヤリ(。-∀-)」

…という真相だったら

この人の現役演技も「もっと愛を持って」見ることができるのかもしれない。

(え!?ダメですか…?( ̄▽ ̄;))

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ちょっと前のヴォロトラ組動画記事にて初めて

「ペア」のカテゴリーを作成した当ブログなのだが

ヴォロトラの次に取り上げたのがこのカップルか…と思うと…

自分で勝手に上げておきながら複雑な気持ちになってしまった…( ´・ω・`)

(成龍ペアとか川口スミルノフ組とかパントン組とかサフゾル組とか…その辺取り上げる方がコチラも楽しいのだが…あえて己に試練を与えてみた。真央のに比べたら大した試練でないことは確かだ。)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ファイナルでロクでもないジャッジかましたら

こんどは「死ね死ね団」のテーマで物騒な替え歌を作ってしまうことは

明らかだ。

(あまりにもあからさまな歌詞なので流石に当ブログではやらないよ…( ̄▽ ̄;))

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ドラマ「オリンピックの身代金」見た。

内容良かったのだが
(某岩佐氏はツイッターで感想を述べており、そこでは“警察sage”していた。気持ちは分かるが、こういう人がやると「他sageしないと死ぬ病」に見えてしまうのが哀しい…)

虚無僧コスプレ(?)には吹きそうになった。

松山ケンイチは

ちょっと「デスノート」のLの演技思い起こさせた。

でもこの人、

実はライトの役やってもハマったんじゃないか?

…ともふと思った。

沢村一樹は

かなり「セクスィー」抑え目な演技に徹していた。

(当たり前だっての!)

竹野内豊の一応上司なのだが

若干若造臭いのが気になった。

(というか、竹野内が…久々に見ると「おとーさん」な感じになっていた。結構年なんだっけ?)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年12月 4日 (水)

どうしても好きになれない老人

ホントはタイトルの「老人」のトコロ

「ジジイ」

にしたかったが

ちょっとだけ(ほんのちょっとだが)理性が押しとどめた。

私はおじいちゃんっ子だったこともあるのか(某Daisukiさんとの共通点?)

基本的に年寄りには優しくしたいと思っている人間だ。

(とはいえ基本父とは色々「合わない」為か…父が年寄りになってからも父に対しては冷酷な子であるやもしれぬ)

フィギュアを応援するようになってから

好きになれない…というより、ぶっちゃけ…

「嫌い」

な老人が増えて困る。(某ハリーとかな…言っとくがハリー●ッターじゃないからねっ!)

元より「敵認定」していた者だが(真央・おヨナの件でな…)

塵芥

だと思ってしまった。

リンク貼りたくないので、まだご覧になってない方で興味ある方は

岩佐徹のブログの

「高橋大輔、大ピンチ!?~でも“特別扱い”しちゃダメだ~13/12/02 」

を読んでみてちょ。(もう読んだ方多そうだがなア…)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

コレ、最初もっとヒドイ書かれ方してたのかな?

途中でクレームが入りお直ししたみたいだけど…

お直し前がどうだったかは知らん。

それでもこの人にはアスリートのファンを(しかも人気のあるアスリートね)

逆撫でせずにいられないのだろうか?

…と思ってしまうトコロがチラホラある。

普段それ程クセのない方ならば

そして書き方によっては

凸される内容にはならないと思うんだけど…

「前科」があるの…一部のフィギュアファン(また別スポーツのファン)はわかっているからね…

「人徳がない」

というのはこういう人なのかにゃ…?

>先走るが、その場合連盟は「過去の実績やメダルの可能性」を持ち出して今ある選考基準を崩さないでほしい。

ホンマに「先走って」ますがな…

全日本後にブチブチ言うのならまだ分かるんですが…

まだ「何とも言えん」って、ファンは理解してますがな…

だけど「ソチ五輪行って欲しい」とは思いますがな…

それはファンの当然の「願い」ですがな…

そう願うのは別に非難されるべきことではないでしょう?

それに…

誰が「過去の実績やメダルの可能性」を持ち出して今ある選考基準とやらを崩そうとしてる んですか?

今の時点で言うのはイチャモンに近いんじゃ?

>しかし、厳しいことを言うなら、ケガは誰のせいでもなく、自分が招いたものだ。

おっとぉ…(@_@;)スポーツ実況とやらを長年してきた人がそういうかあ!?

実況者ってアスリートの取材ってしないものなのかな?

確かに怪我に充分気をつけつつ身体を鍛えることは当然なのだけど

でもさ…

皆そうやってきてると思うよ…特にトップアスリートは…

その為に何人ものスタッフが裏で動いているだろうし

ストレッチ念入りにしたり、メンテナンスしたり…
(ましてやD高橋は「再起不能かも」という大怪我から復帰した人物だ。ぬかりなくやってたと思うよ)

誰も好き好んで怪我なんてしないさ。

アスリートって(じーさんわかっていると思うけど)身体を酷使するものなんだよね

そうでなきゃ、その人のアスリートとしての能力がUPするトコロまでいかんでしょう…?

(ごく簡単なものならそこまで酷使せずとも…になるだろうけど…例えば4回転なんざ、かなりの負担になるでしょう?ジャンプの天才と言われる選手でもそうだと思うよ。)

健康そうに見えて…実は程度こそあれ、何らかの不具合を抱えている選手は沢山いるでしょう。

腰痛…とかもね。もっと重篤なものを抱えている人もいるよね…

向上心のある者は特にトコトンやっちまう訳で…

そしてどんなに気をつけていても起きる時は起きてしまう。

アスリートとして一段階上がることと怪我をしてしまうことは「表裏一体」とはいかないまでも

密接に繋がっていない…とは言えないことだと思うんだ。

運も関係する。

>しかし、厳しいことを言うなら、ケガは誰のせいでもなく、自分が招いたものだ。

う~ん…確かに「相手」がいて起きた「事故」以外ならその通りとも言えないこともないんだけど…

このじーさんに言われると何故か腹立つな…(ーー;)

そしてこれまでのD高橋の道程を思うと… (腹立ち→さらに倍っ!ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;

(別ブロガー様の記事の中でも語られてましたが、前十字靭帯損傷の手術から短期間で復帰して五輪で活躍。しかも今までやれているのは奇跡に近い…とおっしゃるお医者様もいらっしゃるようです)

上にも書いたが、(大事なことでないかもしれないけど2回)

この人、アスリートを間近で密着して取材したことってホントに無いんじゃないの?

この人、フ●にいたんだっけ?

フ●って基本そういう態度でアスリートに接するように教育されてるの?

男子担当の西岡アナ以外はロクなのいないし…

長年…例えばフィギュアも長いこと放送してるんだよね?

ずっと第一線で活躍している選手と…もうちょっと信頼関係築けないのかな?

…とインタビュー見て思うことある。

某女子選手なんてあまり嫌な顔をしない人だけど…何となく

嗚呼…この人らに気を許してないなア…というのが丸分かりになるときがある。

ま、それはいいや。 (良くないけどさ…(-_-X))

でももうちょっと「愛」あってもいいんじゃね?

…とも思う。4年に一度しか顔見ない…とかいうんじゃないんだしさ…

この人のブログ

他のスポーツ関連を見ても思うけど

「世の中を斜めにみるカッコイイ俺」shine

と思ってんのかな?自分のこと。

毒舌やるには「愛」も「鋭い切り口」もないように感じるし

全然かっこよくない。

アスリートを…世の中を小馬鹿にするための道具にしているような印象もあって

正直嫌いだ。

>しかし、選考はどこまでもフェアなものであってほしいと思います。

日頃の行いって大事だな…と私はつくづく思った。

お前が言うなーーーーーーーーーー!!!!!!(# ゚Д゚)

以上。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

此奴、おヨナさんの怪我のことに関しても

>しかし、厳しいことを言うなら、ケガは誰のせいでもなく、自分が招いたものだ。

…と、言えるのかね?

まあ、今治ったみたいだし~

最初から・・・だったかもしれんけどねえ・・・

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

某刈屋アナも…全く問題ないわけではないだろうが…

他sageしないと死ぬ病なのかしら?

と思ってしまう。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ここからちょっと暴走気味になるかもしれんが

「老人」と書いてたら

こんな↓曲を聴きたくなってしまった。

老人と子供のポルカ

実にシュールな図である。

この動画コメントに書いていた方がいたが

1960年代後半の高度経済成長期に当時日本で社会問題化した『ゲバ(左翼学生闘争・運動)』『ジコ(交通事故)』『スト(ストライキ)』の被害者が老人と子供である事を背景に作詞されている。

…曲らしいのだ。

あと

何故か次の曲をあげたくなってしまった。

これもかなり時代を感じるもので

今の時代絶対放送出来なさそうな番組のエンディングテーマだ。

「おふくろさん」騒動で話題になった

川内康範氏原作…だったようだ。

(私は耳毛のおじさん…と読んでいた。この人はなかなかの大物だったようだな)

悪の側から歌った曲のようだ。

何故か動画には「民主党」というタグがあった。

何げにねーちゃん達がキレイである。(「イカス」ファッションだけど)

死ね死ね団のテーマ.wmv

ちなみにこれがEDに使われていたのは

愛の戦士レインボーマン ←Wikiにリンクしてます。

コレ、ただの特撮モノと思っていたら甘かった。

(タイムリーには知らなかったっス)

概要の一部を転載してみる。

概要

レインボーマンに変身するヤマトタケシと、死ね死ね団の戦いが描かれたテレビドラマ。作者の川内康範は千葉真一が主演した1960年のテレビドラマ『新七色仮面』、『アラーの使者』を本作品の基としているが、単純な勧善懲悪ものではなく、川内の東南アジアにおける旧日本兵の遺骨収集の体験が反映された、数々の特徴をもっている。すなわち、かつて日本に虐待されたと自称する外国人が組織立って日本人に復讐しようとするという敵の設定、祖国が外国から迫害を受けている現実を目の当たりにしながらも、共に戦う仲間を得ることもなく、日本を守るために孤独な戦いを続けるレインボーマンの「祖国愛」、主人公の私生活やヒーローとしての苦悩に重点を置き、主人公をヒーロー番組の人物設定にありがちな完全無欠な性格としていない点、などである。

川内氏…スゲエ…

何か何処かで目にしたことがある現実っぽい気がするのは気のせいだろう…

…多分…そうだ。

こういう爺様は嫌いになれないわ…( ̄◆ ̄;)

ま…コレを作ったのは若い頃だろうけどね。

一応正義の見方な曲も載せておこう。

行けレインボーマン

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「あの選手」 | おすすめサイト | おヨナさん | ご挨拶 | どーでもいい話 | アイスショー | アイスダンス | アグネス・ザワツキー | アシュリー・ワグナー | アダム・リッポン | アデリーナ・ソトニコワ | アドリアン・シュルタイス | アニメ・コミック | アルトゥール・ガチンスキー | アレクセイ・ヤグディン | アンナ・ポゴリラヤ | エフゲニー・プルシェンコ | エマニュエル・サンデュ | エリザベータ・トゥクタミシェワ | エルビス・ストイコ | エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ | オススメ動画 | カロリーナ・コストナー | グルメ・クッキング | グレイシー・ゴールド | ケヴィン・レイノルズ | コンスタンチン・メンショフ | コーチたち | ジェイソン・ブラウン | ジェフリー・バトル | ジェレミー・アボット | ジョニーウィアー | ステファン・ランビエール | スポーツ | デニス・テン | トマシュ・ベルネル | ニュース | ハビエル・フェルナンデス | ハンヤン | フローラン・アモディオ | ブライアン・ジュベール | ペア | ペーター・リーベルス | マエ=ベレニス・メイテ | ミハル・ブレジナ | ミーシャ・ジー | ユリア・リプニツカヤ | ヨガ | ラジオ | レイチェル・フラット | レジェンド | ロシアっ子 | ロシア事情 | ロシア語 | 今井遥 | 佐々木彰生 | 前置き | 北●鮮ネタ | 古布団 | 大いなる妄想 | 太田由希奈 | 女子フィギュアスケート | 安藤美姫 | 宮原知子 | 宮本賢二 | 小塚崇彦 | 張可欣 | 怒り・ツッコミ | 振付師 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 有田 | 本田武史 | 李子君 | 村上佳菜子 | 浅田真央 | 浅田舞 | 漢フィギュアスケート | 無良崇人 | 犯罪 | 町田樹 | 経済・政治・国際 | 織田信成 | 美容・コスメ | 羽生結弦 | 芸能・アイドル | 若手女子選手 | 若手男子選手 | 英語 | 荒川静香 | 鈴木明子 | 長洲未来 | 韓国関連 | 音楽 | 高橋大輔 | Pさん

フォト
無料ブログはココログ
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー