おヨナさん

2014年4月19日 (土)

ソトニコワが金メダル喪失?~ロシアNOWより(「何だ?その目は…」と言いたくなる画像付)

またまたロシアNOWより。

コチラは前回記事より新しい話題。

というか…もうすでに多くのブロガー様が触れている

あまり新鮮味のない話題。

そう。

「あの国」「あの方」絡み。

おソトはホント…

災難としか言い様がないな…

(「チンタクンテ会長やめろや!」とよりにもよって「あの某国が」「あれだけ優遇されてた女王様のいるあ・の・某国が」訴える事件に関しては「もっとやれや!ハハハ…アヒャヒャヒャヒャヒャ(゚∀゚(゚∀゚(゚∀゚(゚∀゚)゚∀゚)゚∀゚)゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ└(´ー`┌)└(´ー`)┘(┐´ ー`)┘ヤンヤヤンヤ♪」…くらいにしか思いませんけど)

この話題しばらく出したくねえ…と思ったブログ主だが…

先ほどイリカツ組関連の話題の時に見た「ロシアNOW」にて

「何だぁ!?その目は…!?」

というヨン姐さんの画像を見つけてしまったので…

露西亜も意地悪いナア…

いくら彼女を褒めちぎっても絶対・・・

「この女、感じ悪っ…」

と思ってるだろ?

(いや…恐露西亜に限った話じゃないけどよ…本国のメディアにも「感じ悪っ!な画像」かなり使われてるがね…)

それとも…ただ何も考えずに人を見てるだけなのに…そう見えるの?

人相の問題だったら…スマンよ…姐さん…

でも今までの貴女の嫌韓大使っぷりにも問題があるのよん♪ψ(`∇´)ψ

…と責任を姐さんに押し付けようと思う。

☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ソトニコワが金メダル喪失?

2014年4月17日 ヴィクトル・ホムィジェンコ, ガゼータ・ル 

韓国スケート連盟は、ソチ冬季五輪フィギュアスケート女子シングル個人戦で、アデリナ・ソトニコワが金メダルを獲得したことに、異議を唱えている。ロシアのフィギュアスケートの代表は、これについてノーコメント。専門家らは、韓国側の主張の妥当性に疑問を示している。

Photo
ウラジーミル・セルゲエフ撮影/ロシア通信

 国際スケート連盟(ISU)は、女子シングルの最終結果に関する、韓国スケート連盟(KSU)からの不服申し立てを受理した。

 韓国が抗議と称している、ISU規定に反する書簡は、4月10日にISUに送付されていた。書簡は女子シングル個人戦の審判員構成に疑義を示すもの。この競技では、ショートとフリーのプログラム合わせて219.11点をマークした韓国の金妍児(キム・ヨナ)を、ソトニコワが224.59点で上回って、金メダルを獲得した。

 大韓オリンピック委員会は、ソトニコワを過大評価した審判員構成を調査するよう求めている。

 ISU懲罰委員会のフォルカー・ワルデック委員長(この委員長の名前…)はドイツのDPA通信に対し、不服申し立てを正式に受け取ったこと、またISU懲罰委員会とローザンヌのスポーツ仲裁裁判所のどちらがこの問題を審議するかを、今後3週間以内に決定することを伝えた。

ロシア側はノーコメント

 ロシア・スケート連盟のアレクサンドル・ゴルシュコフ理事は、韓国の申し立てについて何も知らないと言っている。「これに関するいかなる報告も受け取っていない。今の時点でコメントするのは難しい」

 ロシア・フィギュア・スケート連盟のヴァレンチン・ピセエフ会長は以前、大韓オリンピック委員会に対し、ISUの規定に従うよう求めていた。この規定によれば、ISUは原則として、競技の結果に対する抗議を審議しない。抗議を審議するのは、競技中のみであるという。「韓国の関係者には、規定の文章をよく読むことをおすすめする」と、ピセエフ会長は述べた。

ファンがエスカレート

 韓国はこれまでにも抗議を行っている。ソチ五輪女子シングルの競技が終了した直後だったが、ISUはこれを却下していた。

 フィギュアスケートのタチヤナ・タラソワ・コーチはこう話した。「それは道理にかなっている。ISUは審判員を信頼しているし、五輪の審判団は一流。ソトニコワの結果は完全に公正なものだった。確かに氷を足で引っかけたところもあったが、その分は0.9ポイント引かれている。金妍児がしなかった2回転半アクセル+3回転トゥループを、ソトニコワは後半決めた。これによって高い点数を獲得できた」

 ソトニコワを指導しているエレーナ・ヴォドレゾワ・コーチは、ファンが抗議を考えついたと話した。「金妍児は韓国のアイドル。(プッ)だから状況は明白…実際にはいかなる抗議もなく、ファンが騒ぎを起こした」

元記事

☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

某国内のヨン姐さんファンはデモまで起こしてるってホント?

スゴイよね…

その基●外加減情熱というか…

キチンとエレメンツの一つ一つを比較検討して運動を起こしているとは思えないのが気になるけど…(^_^;)

あまり「アチラの方」は積極的に比較動画とか作ってない印象あるね…
(日本の方ではいるね)

マンセーしつつ、「実はヤバイ」と思っている?

…でもそんなんじゃフツー訴えようなんて考えないよね…

ヘロヘロ蛇女タンゴでもいいんかい?という素朴な疑問もわくけど…

…いいんでしょうね…アチラの方は…

スンバラシイ音楽解釈にしか見えないのでしょうね。
(昔、所ジョージがいいとも出てて、すんばらしったらありゃしない!とかいう馬鹿馬鹿しい短い歌のようなギャグのようなフレーズを言っていたことを思い出しました)

比較検討したら…ヤバイのは「ソチラ」じゃあーりませんか?…で済む問題かと思っていたが

結構しぶとかった。

(ある意味)大したモンだわ。

驚き呆れる感心するわ。

エライと思うわ。

見習いたくないけど…

☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「何だぁ その目は」でネット検索してみたら

何故かこんな動画にたどり着いた。

ジャギ「ぬわぁんだぁその目わぁ!!」レイチェル「何?その目は?」

私、北斗の拳キャラ以外はよくわからなかったのですが…

レイチェル=アルカードとは (ニコニコ大百科)

格闘ゲームのキャラでヴァンパイア血族の当主のようである。

一つ勉強になった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

☆どうでもいいおまけ☆

ヨン姐さんの「ぼっち」または「カオナシ・フォーエバー」特集をやろうとしていたタレミミだったが…

もうどーでもよくなってしまった(笑)

やんないかも…(^_^;)

が…その特集に使うか考えていたものと没になるかもな画像を載せて

お茶を濁そうと思う。

Photo_2

コレ…ちょっと変顔ですが、結構可愛いと思います。(人相も悪く感じないです)

パタリロみたいで…

次は「ぼっち」特集で使おうと思っていたものですが…

一見なんてことない風景ですが…

一人だけ準備出来てませんな感じがちょっとツボでした。

Photo_3

何かこの方…

画像に関しては結構隙だらけなんだよなあ…

表彰式の写真なんか結構な数撮られるというのに…

Photo_11

Photo_4

旭日旗っぽいライティングって…

やはり恐露西亜の嫌がらせ??

Photo_5

「隔離っ!」…な図。

☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「ぼっち」で締めるのは辛気臭くなりそうなので・・・

テキトーに時期関係なく気になる画像をテキトーに上げて終了しようと思う。

Photo_6

ドヤンコフ!

Photo_7

河口における汽水域…

Photo_8

死ぬほど笑っているアザラシ

Photo_9

2014ワールドEXのヒトコマ

Photo_10

死ぬほど笑っているアザラシ2

Photo_12

Photo_13

アンタら…_| ̄|○…な2画像

Photo_14

死ぬほど笑っているアザラシ3

Photo_15

ひじき

Photo_16

アザラシ4

Photo_17

「濃い人」と真央

Photo_18

ジェレミー…

ではこの辺で…

おやすみなさい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2014年4月 5日 (土)

ヨン姐さん…アレじゃないですよね?…~最後の楽曲「誰も寝てはならぬ」

レコチャイより

キム・ヨナの引退ショーのチケットが30分で完売!=最後の楽曲は「誰も寝てはならぬ」―中国メディア


配信日時:2014年4月3日 13時21分

2014年4月3日、大公体育によると、韓国メディアは同国のフィギュアスケート選手キム・ヨナの引

退を記念したアイスショーのチケットが、わずか30分で完売したと報じた。

報道によると、チケットを販売するウェブサイトへは、発売と同時に23万のアクセスが集中した。

アイスショーのテーマは「アディオス、グラシアス」。キム・ヨナはジャコモ・プッチーニ作曲の

トゥーランドット「誰も寝てはならぬ」で最後を締めくくる。

引退記念アイスショーは、5月4~6日にソウル市オリンピック公園体育競技場の特設リンクで行われ

る。(翻訳・編集/北田)


☆☆☆☆☆

30分で完売とは…

ワンダフルです…姐さん。

そして…

最後の最後までヨン姐さんは私達にネタを提供してくださる…

なんと有難いことか!

そして…

私をお許しください…姐さん…

最初このニュースを見た際

「大金をかけ、身体を張った…壮大な最後のギャク」

だと思ってしまいました…

(どなたかのブログに「ドッスン・ノロマ」との記述もありました…腹痛かったでございます…)

そしてトリノ五輪のアイスクイーンとなった荒川静香氏に喧嘩売っとんのか??

…と根性悪なことも考えちゃいました。

(ま…違うでしょうけど…いや…この人の場合否定しきれねえ(笑)お国柄もあり…あらかーさんが
アジア人初の金…というのも意識してるのかな…あらかーさんは彼女を日本国で褒めているのにね
え…)

荒川さん、ヨン姐さんのこのプロを動画とかで見たらどういう反応するんだろ?

「勝った…」(’-’*)

…とほくそ笑むのに5000点!!(賭けます)

ヨン姐さん、一つお聞きしたいのですが…

「タイスの瞑想曲」を…

「退屈の迷走曲」などと言われたのが堪えたのでしょうか?

「EXつまらん…眠くなる…」

とかいう評判を何処かで聞きつけ、

「誰も寝てはならぬ」

という選曲をすることにより、我々に雷を落としてくださったのでしょうか?

それとも織田家の殿も真っ青な

「自虐的ギャグ」

なのですか?ヨン姐さん…

おそらくコレはやるだろうの予測・その1

一番曲が盛り上がるトコロ…「チャララ♪チャララ~~ララ~~♫」のトコロで
(スンマヘン…わかりにくくて)

荒川さんと同じ箇所で必殺の「ヨナバウアー」炸裂!!!

(別角度から見たら首を落とされたガニ股の人に…)


おそらくコレはやるだろうの予測・その2

しつこいくらいに

顔撫で&首撫で


おそらくコレはやるだろうの予測・その3

気位の高い姫が出てくる筈なのに…

途中休憩ポーズで

「あ・はぁ~~~ん♥」

なアヘ顔+不思議な踊り


おそらくコレはやるだろうの予測・その4

ラストは くの字…いや…I字スピンで締めっ☆


もしかしたらやるかもの予測・1

一本指を立てて「NON,NON…」とばかりに指を左右に振る。

その際は何故かアイドルのような笑顔で

「誰も寝てはダ・メ・よ♥」…な感じ)

もしかしたらやるかもの予測・2

エキシなので…

フィーバーの時のように髪を下ろし…

何故か官能的に髪を振り乱して

冷酷な姫を演じる

もしかしたらやるかもの予測・3

なんと!テクノ・ポップバージョンの編曲

そして途中で上着を抜き、

曲に合わせてカクカク踊りだす

…なんか…

色々考えちゃうと…

オラ、ワクワクしてきたぞ…

☆☆☆☆☆☆☆


荒川静香さんと

太田由希奈さんと

ヨン姐さんを同じアイスショーに呼び

この三人に「ネッスンドルマ」をやってもらうという企画は如何だろう?

(ダメ?…(;^ω^))

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2014年4月 4日 (金)

おソト…4回転挑戦?とソチ五輪女子表彰式を見て

ソトニコワ、高難度の4回転ジャンプ挑戦へ「もっと高い技術が必要」=韓国報道
2014-04-02 16:44(サーチナ)

 ソチ五輪フィギュアスケート女子金メダリストのアデリナ・ソトニコワ(ロシア)が31日、来シーズンは難易度の高い4回転ジャンプに挑むことを明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。

 ソトニコワはロシアのサンクトペテルブルクで開かれたアイスショーの後、記者会見を開き、来シーズンに向け準備しているプログラムには、3回転-3回転コンビネーションジャンプが2つ入っていることを明かした。

 さらに「4回転トーループも学びたい」と話し、「すぐに成功させるのは難しいが、常に優勝するためにはもっと高い技術が必要だ」と意欲を示した。

 4回転ジャンプは、ソチ五輪フィギュアスケート男子金メダリストの羽生結弦をはじめ、何人かの男子選手が成功させているが、女子選手にとっては難易度が高いとされる。女子シングルでは、安藤美姫が2002年のジュニアグランプリで初めて4回転サルコウを決めている。

 ソトニコワは埼玉で行われた世界選手権は「レベルが非常に高かった。多くの選手がシーズン最高の演技を見せた」と述べ、「浅田真央はショートプログラムとフリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をミスなく演じた」と評価した。(編集担当:新川悠)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

おソト…アータって子は…Σ( ̄ロ ̄lll)

…と、この記事読んで呆気にとられた方もいらっしゃると思う。

(でもソースが…「安心と信頼と実績があるかは(?)なサーチナさん」だ)

何かのおソトインタビューを読んだ時も

「もしかして…恐露西亜のスポ根少女なの??」

と思ったが、筋金入りらしいな…

(…というか、そのくらいの根性でなければ、あの恐露西亜で台頭出来ないよね…(^_^;))

それともアドレナリンがドバドバ出ている時にとったインタビュー?コレ…

3回転-3回転コンビネーションジャンプが2つはまあ、やった人間がいないこともないから良しとして…

4回転はやめとけや…( ̄Д ̄;;

3Aやりたいという話も何処かで見た気がする。

それよりも結構自爆癖あるんだから
(よく地元五輪であそこまでまとめきれたよなあ!!強いのか、弱いのか…わからぬお人よ!)

今は五輪の時のクオリティを落とさないことの方が大事じゃないのか…?

とはいえ、五輪金メダリストに登り詰めてしまったら、後はそういう「挑戦」でもないとモチベーションは上がらないのかもしれないね。

☆☆☆☆☆☆☆

ソトニコワ金メダル決定の瞬間からフラワーセレモニー終了まで

動画説明

銀の人とのジャンプ比較映像も見どころ。さすがロシアですね。

アデリーナちゃん、金メダルおめでとう!
それにしてもカロちゃんは本当にいい子ですね。
注意:一部見たくない映像も含まれてます(笑)

…とのこと。

出だしのヨン姐さん、良い笑顔。

己が金メダルと勘違いしたか?

とにかく終わってホッとしただけなのかは

誰にも分からない。

スミマセン…でもやはりその衣装着てお化粧してる貴女は

やはり“カオナシ”っぽくも見えてしまいます…

動画主様も書いてますが

おソトとのジャンプ比較映像付き!(確か7:15くらいかな)

おソトの方が明らかに高さがある。

ヨン姐さんのは…回転…

足りて…

…る…?

以前より沈み込みもあるような…

恐露西亜もなかなか意地悪だなあ…

そして、この間の世界選手権の画像を見ると

2014

ソチ五輪の表彰式が少し異様にも見えてしまう。

2014_2
2014_3

↑これは今ワールドのスモールメダルセレモニーの一場面ね…

この人がいくら「I●U特別強化選手」といえども

「ハイ!カロリーナ、貴女の衣装はいつも素敵ね」

とか久々に会った時でも声掛け出来る人だったら

状況は違っていたかもしれないね。

「上げ下げ」が時と場合によって色々あるのは

フィギュアスケーターさん達はある程度承知していると思うから。

まあ…この人はある時期から「下げ」は全く無くなったけど…(^_^;)

☆☆☆☆☆☆

米ニュースサイトがキム・ヨナを大絶賛、「信じられないほど全てが美しい!」―中国メディア

XINHUA.JP 4月1日(火)21時15分配信

米スポーツニュースサイト「ブリーチャー・リポート」はこのほど、「世界で最も魅力的なアスリート100人」を選び、韓国の元フィギュアスケート選手、キム・ヨナを「美貌と実力を兼ね備えたスーパースターだ」と絶賛した。中国・騰訊体育が1日伝えた。

ブリーチャー・リポートの記者はキム・ヨナについて、「肌から耳、目、鼻、口まで、信じられないぐらい全てが美しい」と表現し、特にリンクでの美しい姿を褒めたたえた。

100人の中には米フィギュアのグレーシー・ゴールドやアシュリー・ワグナーも入っている。グレーシー・ゴールドについては「クラシックな美しさがあり、セクシー。オードリー・ヘプバーンのようだ」と評価した。

☆☆☆☆☆

この北●鮮中央テレビの将軍様マンセーを思わせる

首筋がゾクッとするような

笑いを堪えたくなるような

この絶賛ぶり。

褒められてるけど、この人…

昔よく言われていた京都人伝説(?)のような扱いを他の国から受けてるんじゃないか?

「ぶぶ漬けでもお上がりどす」

ちょっとズレた例えかな…(^_^;)

いくらでも褒めるけど(うるさいから)、ここから先はこっち側に入らないでね…みたいな…

太田由希奈はんの

「力強いジゼルですね」

はなかなかの高等技術がいる言葉だったと思う。

アチラの国と付き合うには

コチラが京都人になったつもりで付き合うと良いのかもしれぬ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2014年3月30日 (日)

真央ちゃん、おめでとう!3度目の優勝他


まずは…

3度目の優勝、おめでとうございます!

【ユロスポ実況】浅田真央 2014World Championships FS

ロスポ実況】浅田真央 2014World Championships FS

ちょっと前にネガ記事を上げてしまっていたのだが

この試合に関してはちょっとドキドキしながらも

なぜか穏やかな気持ちでもあった。

SP良かったことと関係なく

悪い演技にはならない予感はあった。

(ミスが…惜しかったけどね…(^_^;)でも良い演技でした。最初の3Aがあまりにもアッサリ決まってしまい、拍子

抜けしてしました。でも点数…)

いくつか記事転載させていただきます。

それにしても…もうちょっと良い写真にしてくれよ…

☆☆☆☆☆

真央3度目V 自己ベストでラスト?飾る


日刊スポーツ 3月29日(土)20時53分配信

<フィギュアスケート:世界選手権>◇29日◇さいたまスーパーアリーナ

 世界歴代最高点でショートプログラム(SP)1位の浅田真央(23=中京大)が、フリーで138・03点を出

し、合計を自己新の216・69点として4年ぶり3度目の優勝を飾った。

 冒頭のトリプルアクセルを見事に着氷。勝負の3回転フリップ-3回転ループの連続ジャンプも決めた。直後の

3回転ルッツも着氷し、リズムに乗ったかに見えた。

 しかし中盤のダブルアクセルで着氷が乱れ、コンビネーションにできなかった。ただはっきりとしたミスはこの

部分だけだった。

 終盤の3回転-2回転-2回転の3連続ジャンプはしっかりと決め、その後の3回転ループも成功。フィニッシ

ュを決めると、観衆は総立ちで拍手。浅田は一瞬、涙をこらえるような表情を見せてスタンドに手を振ると、引き揚

げて佐藤コーチと抱き合うときには笑顔だった。

 滑り終えた時点でトップに立つと、残りの3選手も浅田の得点を上回れず、優勝が決まった。

 浅田は優勝が決まった後のインタビューで「ショート、フリーと自分のできる精いっぱいの演技ができてうれし

かった。今までやってきたことが今季ようやく花開いたかなという思い」と笑顔で話した。


☆☆☆☆☆

真央 進退は「終わったばかりなんで、ハーフハーフです」


スポニチアネックス 3月29日(土)21時15分配信

◇フィギュアスケート世界選手権最終日 女子シングル(2014年3月29日 さいたまスーパーアリーナ)

 フィギュアスケート世界選手権の女子を自己新の216・69点で制した浅田真央(23=中京大)はフリーの

演技後、自身の進退について「終わったばかりなんで、ハーフハーフです」と話した。

 昨季最終戦の世界国別対抗戦後、今季限りで現役引退の意向を表明していた浅田は、ソチから帰国した2月

25日には現役続行の可能性を「ハーフハーフ」と表現していた。

☆☆☆☆☆

しっかし…終了後のお客様の前のインタビューだけど…

相撲とった直後の力士がハフーハフー言っている時のインタビューの如く

ウ  ザ  か  っ  た

人生における大事な選択なんだから急かせるなよ!このバカチンが!!(◎`ε´◎ )ブゥーー!

(ホント…嫌な女にしか見えんかったわ… 「いつまで?」 …って腐ってるわ!!)

でも今日の終了後の顔…見た印象としては…

「我が人生に悔いはない」

…って感じ。

凄くスッキリした―穏やかな顔をしていた。

何か…競技者っていうより…

「菩薩」って雰囲気。

元々それに例えられることが多い彼女だけれど

菩薩化に拍車がかかっていた気がする。

出家する前の女性みたいだ…というのは言い過ぎ??(;^ω^)

浅田真央 ソチオリンピック ~ ラストダンス! 【ダイジェスト版 MAD】

動画主様(ありがとうございます)による動画説明

…朝日新聞デジタル様よりお借りしました。ダイジェスト版です。本編フルバージョンは次のURLでご覧下さい。
→ http://www.asahi.com/olympics/sochi2014/lastdance/index_ie.html

…とのこと。

コレは良い企画でした。(朝●のくせに…とちょこっと思ったのは内緒☆)


☆☆☆☆☆

そして…

タレミミのお怒りannoyタ~~~イムpunchのお時間がまたやってまいりました…bomb
ピクピク o(-_-#"))(("#-_-)o

女子シングル・フリージャッジスコア


3A<…に

(…で…+1一人、-1が二人

3F<+3Lo…ですよ…

+1が三人、-1が三人…なんでやねん!!Fはあれ以上回ったら回り過ぎて、コンビに繋げられなくなるんじゃないの??)

しかも加点渋っ!!Fuck You!! (`∧´メ)ρ))

…というか、例の方がいないせいなのか…?

全体的に女子フリー、ジャンプの加点が渋いっス!!

(´・ノω・`)コッソリ …でもね…GJ!!な箇所もあるの…

それは見ていだだけるとお分かりいただけるが…

PCS9点台多く…(約1名全て8点台後半にしないと気がすまなかった者もいます)

SSとINに約1名…

10点満点を付けたジャッジ様がいらっしゃいます!!☆(*\ ^▽^/ )いえいっ!

これは嬉しかったね…

でも彼女に関しては…そして今回のあっこちゃんや佳菜子ちゃんに対しても…

「地元アゲ」

というのは存在しなかったな…(´・ω・`)…特にフリー…

(ソチで恐露西亜がアレだけやったんだから日本もいいじゃん!!ψ(`∇´)ψ…と思ったのは内緒…)

☆☆☆☆☆☆☆

せっかくの優勝記事にコレ書くのはどうかな?…と思ったけど

おヨナさん以外の某国選手。

私がソチ五輪で見たのは(白鳥らしくない衣装で滑ったもの)ヘジンだったようだね…
(ろくに名前も覚えていなかった笑)

で…もう一人。

今回佳菜子ちゃんの上にきた(!!)パク・ソヨン選手。

スポナビ・フィギュアスケート女子FS結果 ←リンク先見てちょ


「ん?(メ・ん・)?」

と思って先ほど動画見てみたの。(ここには載せない…(^_^;))

抜け殻みたいになってるヨン姐さんよりイイんじゃね?

…と思ってしまった。

(いや…ホント…スタイル抜群じゃないけど悪くない選手です)

若さゆえか?今のヨン姐さんよりパワーがある。

でもヘジンだかの時も思ったけど…

上半身の表現がヨン姐さん思わせるトコロ有り!( ̄▽ ̄;)(漕ぎ方も…)

今のロシアっ子達程…今は点数もらえないだろうけど

柔軟性有りとは言えんけど…(でもI字はヨン姐さんより頑張ってた!

油断できねえぞ…と思いましたね。

平昌に向けて…

ジワリジワリ評価上っていくことが考えられるぞ。

日本、うかうかしれらんないよ!!マジで…
(アチラはとにかく「日本に勝つ」為なら何でもやると思う。)

平昌に金出すくらいならホント、育成にもっと金かけた方が良いぞ!!

フィギュアニュースのヤフコメに書いていた方もいるが…

この子、GOE結構いただいてるのよ。

佳菜子ちゃんの伸びない点数のことも合わせて

ちょっと嫌な予感が走ったので

そのことを書き留めたくなった。

この記事も載せとこう。

村上、得点伸びず「すごく悔いが残る」=世界フィギュア女子FS


スポーツナビ 3月29日(土)20時36分配信

 フィギュアスケートの世界選手権は29日、女子フリースケーティング(FS)がさいたまスーパーアリーナで行われ、ショートプログラム(SP)10位からの巻き返しを目指した村上佳菜子(中京大)はFS111.58点と得点を伸ばすことができず、SPとの合計は172.44点で10位だった。

 以下は村上の演技後のコメント。

■「1シーズンで5歳くらい年を取ったような気がします」

「(得点については)やっぱりなという感じです。(もうちょっと出るとは)思わなかったです。全部ギリギリだったので、回転不足を取られるだろうなと。ショートも取られたので、たぶんダメだろうなと思っていました。(何が足りなかった?)なんでか分からないんですが、曲がかかると考え込んでしまうので、そこは直さなきゃいけないと思います。(練習からジャンプが合わないという感覚は?)まったくなかったです。逆にすごく良くて、たぶんいけるんじゃないかという気持ちでした。

(シーズン終えてどんな気持ち?)やっぱり良かった試合もあるんですけど、全体的に見て心残りですね。あとはすごい密度の濃いシーズンだったので、1シーズンで5歳くらい年を取ったような気がします(苦笑)。(五輪からここまでの間では変わった?)調整の仕方は、五輪で早く入り過ぎると良くないなとか勉強になりました。気持ちも成長したかなと思ったんですけど、できてなかったので、次はそこを直したいと思います。

(練習量を増やしたが、そのやり方を続けていくのか? それともメンタル面を見直していくのか?)見直したほうがいいんじゃないかなと思います。でもこのまま生かしていったほうが良い部分もあると思うので、1回シーズンを通して全部見直していきたいと思います。(疲れはあった?)今回の試合に関してはあんまり感じなかったですね。

(滑る前に胸を触って何か言っていたが?)あれはおじいちゃんに教えてもらったおまじないです。(来季のことは考えられない状態?)本当だったら今シーズン、良い感じで終わって、来シーズンどうするかなという感じだったんですけど、ただ今はすごく悔いが残る状態で終わってしまったので、来シーズンは良い感じで終われたらなという気持ちで今はいます。
(先輩が引退して引っ張っていかなければいけない立場になるが)引っ張っていけたらいいなと思うんですけど、引っ張るというよりも、とりあえず今シーズンは悔しい思いをいっぱいしたので、それをなくしていきたいと思います。(シーズン通して満足いった部分と不満な部分は?)満足いった部分は、全日本で良い演技をして、五輪という舞台を勝ち取ったときは気持ち良かったです。不満な点は、シーズン通してどっちの方が多かったかというと悪い方が多かったので、それがすごく悔しいです」


☆☆☆☆☆

ラストに今日の一曲。

この前のデヴィッド・ボウイとは別の「ヒーロー」

Bonnie Tyler -Holding Out for a Hero-

懐かしい…

ボニー・タイラーの迫力あるハスキーボイスは今聴いても魅力的!

では

おやすみなさい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2014年3月23日 (日)

この人達の通った後にはぺんぺん草も生えない

韓国が懲戒委提訴へ=ソチ五輪の審判に疑義-フィギュア


【ソウル時事】韓国の大韓体育会は21日、アデリナ・ソトニコワ(ロシア)が金妍児(韓国)の連覇を阻んだソチ五輪フィギュアスケート女子に関し、韓国スケート連盟と連名で、審判に関する調査などを求め、国際スケート連盟
の懲戒委員会に提訴する方針を発表した。
 金妍児は「提訴の決定を尊重し、その意を謙虚に受け止める」とのコメントを発表した。
 体育会は、国際スケート連盟の倫理規定に違反している点があるとして、懲戒委の招集と調査を要請することを決めた。具体的には、審判にロシア連盟幹部の妻が含まれており、競技直後にソトニコワと抱き合っていた点、過去に資格停止処分を受けたことがあるウクライナの審判が含まれていた点などを指摘した。
 女子フリーの採点をめぐっては、地元のソトニコワを優勝させるため、高得点が出たと一部で指摘された。韓国国内では、大韓体育会が公式に異議申し立てするよう求める世論が強まっていた。 (2014/03/21-23:56)
(時事ドットコム)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


フィギュア=韓国五輪委、キム・ヨナ「銀」で異議申し立てを決定


ロイター 3月22日(土)11時29分配信

[21日 ロイター] -韓国オリンピック委員会(KOC)は、ソチ五輪のフィギュアスケート女子シングルでキム・ヨナ(韓国)が銀メダルに終わったことを不服とし、国際スケート連盟(ISU)に対して審判団の構成についての異議を申し立て、調査を求めることを決定した。

ソチ五輪で連覇を狙ったキム・ヨナは、ノーミスでフリーの演技を終えたが、地元ロシアのアデリナ・ソトニコワに次ぐ2位に終わった。ソトニコワはフリーの演技でダブルループのジャンプの際に両足着氷という場面があったが、9人のメンバーからなる審判団はソトニコワにキムを上回る点数をつけた。

KOCと韓国スケート連盟(KSU)は声明で異議申し立ての決定を発表。異議申し立てをすることにより国際審判員との関係を損なう可能性があり、慎重な行動が求められたが、KOC関係者は「韓国と国民にとって何が最善かを考えたうえで結論を出した」と説明した。

☆☆☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

キム・ヨナの「銀判定」、ISUに異議申し立て決定、「韓国選手への不利益が繰り返されぬきっかけに期待」=韓国


サーチナ 3月22日(土)14時47分配信

 ソチ五輪フィギュアスケート女子銀メダリストのキム・ヨナが21日、韓国体育会が判定をめぐり国際スケート連盟(ISU)に異議を申し立てることを決定したことに対し、「尊重する」との見解を示した。複数の韓国メディアが報じた。

 キム・ヨナはマネージメント会社のオール・ザット・スポーツを通じ、「韓国代表としてソチ五輪に出場した選手として、体育会やスケート連盟がISU懲戒委員会に異議を申し立てたことに対し、その決定を尊重し、その意味を謙虚に受け入れたい」と伝えた。

 韓国体育会は同日、キム・ヨナの演技を銀メダルとした判定を不服としてISUに正式に抗議することを発表。韓国スケート競技連盟と協議し、ISU懲戒委員会に審判陣に対する調査や、不公正な判定の再発防止を求める書簡を送ることに決定したとしていた。

 オール・ザット・スポーツ側は今回の決定について「国民の世論を十分に反映した結果」だと評価し、「このような決定はキム・ヨナひとりでは判断できないことだと思う」と伝えた。さらに「体育会とスケート連盟が、国際スケート界やスポーツ界で韓国選手に不公正なことが再発しないように最善を尽くすと明かしたように、今回の提訴を通じ、これまで何度も繰り返されてきた韓国選手の判定騒動や不利益がこれ以上繰り返されないきっかけになってほしい」と主張した。(編集担当:新川悠)

☆☆☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

↑ツッコミどころ満載の記事だが

少なくとも「某国選手の利益」を守ろうとしてる訳で・・・

我が国のスケ連よりもマシ…に見えてしまうトコロがあるのは…

嗚呼…情けなや…

それにしても…

>「韓国代表としてソチ五輪に出場した選手として、体育会やスケート連盟がISU懲戒委員会に異議を申し立てたことに対し、その決定を尊重し、その意味を謙虚に受け入れたい」

「謙虚」??(メ・ん・)?

ここに「謙虚」が入るのがおかしい…と思う私の感覚自体がおかしいのだろうか??

☆☆☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

NEXT

流石の日韓日刊ヒュンダイ…

☆☆☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

キム・ヨナ五輪連覇を阻んだフィギュア審判団は全員“真っ黒”


日刊ゲンダイ 3月22日(土)16時53分配信

 やっぱり、韓国は腰を上げた。ソチ五輪でソトニコワ(ロシア)に敗れて連覇を逃したキム・ヨナの採点に疑問をもつ韓国の大韓体育会と大韓スケート連盟は21日、「国際スケート連盟(ISU)の懲戒委員会に提訴する」と発表した。

 今回の提訴は採点に対してではなく、審判団についてだ。これまでも指摘されてきたことだが、ソチ五輪女子フ
ィギュアのフリーを担当した9人の審判の中には、ロシアのフィギュアスケート協会会長夫人や98年長野大会でスコアを改ざんし、1年間の活動停止処分になったウクライナの審判らが含まれていた。「テクニカルパネル」と呼ばれる技術審判の最高責任者も、ロシアのフィギュア協会の元幹部だった。

■地元協会幹部にスコア改ざんの過去

 さらに、審判団に入っていたエストニアとフランスの両国は、02年ソルトレーク大会でロシアと組んでアイスダンスとペアのスコアを改ざんした過去がある。

 ロシアのフィギュア幹部と疑惑の審判がこれだけ名を連ねれば、「ロシアのソトニコワを勝たせるために採点な
ど、どうにでもなる」と韓国の関係者が思っても不思議ではない。

 現地で取材した記者がいう。

「審判員の構成については現地でも問題になっていた。米国代表チームの関係者などは『最初からソトニコワが高い点を取ることは予想できた』と語っていた。フィギュアという競技は技術点と演技構成点に分かれている。とくに演技構成点はジャッジの基準があいまいで、僅差での勝負ではいつも議論になる。そういう競技ですから、審判団に関しては絶対に疑惑を持たれないようにしなければならない。見ている者に採点や審判団がおかしいと思われたら、フィギュア競技そのものの信頼を失う。ソチ五輪はISUの運営ミスです

 このケンカ、長引きそうだ。

☆☆☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

コレを読んで多くのフィギュアファンはこう思っただろう。

「真っ黒はお前らや!!」(?゚?益?゚)

…と。

「よく言うわ!」

「君とはやってられんわ!!」

「エエ加減にせえっ!!」

「いっぺん死んで来い!!」

…とも。

「人のふり見て我が振り直せ」

という言葉が身にしみてくるぜい…

>とくに演技構成点はジャッジの基準があいまいで、僅差での勝負ではいつも議論になる。

>見ている者に採点や審判団がおかしいと思われたら、フィギュア競技そのものの信頼を失う。ソチ五輪はISUの運営ミスです

…この競技の曖昧さにつけこんで

ズカズカ土足でこの競技に入り込んできたお国があるんじゃございませんかねえ?

日本のマスコミをもうま~く利用してさ…(まあ、日本だけじゃないけどさ…汚染させたのって…)

☆☆☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

だけどコレ…どうなるんだろ?

「藪蛇」

という言葉が頭に浮かんだ方は多かろう。

アチラの方がつつけばつつく程

アチラに不利なことがボロボロ出てきそうな気がするんだけど…(-_-;)

この人達は悪い意味でもそういう「細けえことは気にしない」なんだろうね。

(ある意味羨ましい性質だわ。マジで…)

この人達はそういうことは深く考えないよね?

目先の利益がとにかく大事…という感じ。

他のジャンル見てもそう。

「ゴネ得」が何処でも通ると思っているんだろうな…

それを通さないトコロは全て「悪」なんだろうね…その種の人達にとっては…

でも悲しいことに

あまり主張らしきものをしない日本よりは

色んなことを通してきているよね…世界中で…

まあ…他のジャンルのことはここでは触れるのはやめておこう。

☆☆☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

あれだけ今まで優遇されても

まだ不足なんだね。

あまり良くない言葉なんだけれど

「食わせる子程卑しい」

という言葉を思い出しちゃったよ。

つくづくI●Uは持ち上げる選手の選択を間違えたよ。

元々この競技の「品格」と言われるものも怪しかったのかもしれないけれど

この国絡んでさらに「下品になった」と思う。

この人達の通った後にはペンペン草も生えないと言った人がいるとかいないとか…

でも本当にそうなりそう。

私は本格的にハマったのはバンクーバー五輪以後だけれども

渡部絵美さん、伊藤みどりさん、五十嵐文男さんとかデニス・ビールマンとか…

その辺りも軽~く見てはきたんですわ…

そういう「ライトファン」からの素朴な感想だと思ってくれい…

☆☆☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

この流れを考えると

おソトには大変気の毒だけれども

浅田真央はメダルに絡まなくてかえって幸運だったんじゃないか?

…なんて思ってしまうよ。

(彼女に絶対金獲ってもらいたかったファンの方の中には、こう言われて腹立つ人もいるかもしれんけど…)

何らかの大きな力が彼女を守る為にSP失敗させたんじゃないか?

…な~んて意見も何処かで見たっけ。

あながち間違いではないと私は思っている。

これがおソトではなくて真央だったら

もっとキ●ガイな叩きに発展していた可能性大だし
(でも…今現在でも、2CHの真央スレが何故か思いっきり荒らされてる最中らしいのだ…何なんだ?本当に…)

変な話何処かで死人が出てもおかしくないことになっていたかもしれない

…とまで思った。

例のソルトレイクのフィギュアペアにおけるW金メダル事件。

田村明子氏著の「氷上の光と影」内だったか…

フィギュア関係者の声で

「カナダに金メダルを出さなければ誰かが殺されていたでしょう」

なんて台詞があったように記憶している。

2013年3月26日 (火) 再びPさんの幸せについて考える  ←リンクしてます


↑上のリンク先の記事に田村氏本の一部分転載してマス。

興味ある方どうぞ…

これからこの一件がいかなる展開になるかは不明なれど

「死人云々」というのも決して大袈裟な話ではないような気がするんだ。

☆☆☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今度ソルトレイクシティ五輪のようなことがあれば

五輪競技から外されるという可能性もあるんじゃなかったか?

日本の関係者達がいかに採点がおかしく見えても

体制を守ろうとしているのは外されたくないから…ということもあるんだろうね…きっと…

でも臭いものに蓋をした結果…

やめていく選手(勿論トップ選手含む)続出したり

競技人口が急激に減ったりしたら何にもならないよな…

まあ、ゼロになるってのは無いとおもうけど…

(今回の日本ワールド、かなりメンバーサビしくなるよね?アモディオも引退??あと「有田」ことポール・ボニファシオ・パーキンソンが密かに引退表明していた…_| ̄|○…まあ…コレは置いておこう)

今回の某国側の申し立てきっかけに

平昌五輪からフィギュアスケート外される…とかいう展開になったら

笑えない冗談になるな…

…なんて思う休日の夜であった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

今更ながら「おヨナさん熱愛」ネタに反応してみる

どうでもいいニュースに反応してみたくなることが人生ではあるものだ。

時間の無駄かもしれないけれど…(;^ω^)

でもめでたい話題ではあるからね…ま、いいでしょう。

採点どうのこうのいう話が出ているのに

こんなネタを今取り上げてしまうのがこのブログのKYなトコロだ…
(“キ●ヨナ”なだけに!スンマセン…一応引っ掛けてみたのです…)

何げに中国さんがヒドイ…

そしてこのリンク先のスパイラル画像の汚ポジぶりが哀しい…
(いやあ…この画像選ぶのは嫌がらせ以外の何ものでもないですよ・・・マジで・・・何か“貧相”なんですよ・・・“フィギュアクイーン”なのに・・・・)

でも…

真央ちゃんフリー絶賛の声も含め

中国の人とはフィギュアの話しながら旨い酒が飲めそうな気がする…(ただしフィギュア限定になっちまうがな…)

大して飲めないブログ主が言うセリフではないけどね…(;^ω^)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

キム・ヨナがアイスホッケー選手と熱愛、韓国誌の報道に「全く興味ないんですが」―中国ネットユーザー

XINHUA.JP 3月6日(木)13時40分配信

フィギュア界の女王、キム・ヨナが韓国アイスホッケー代表のキム・ウォンジュンと熱愛中である、と6日付で韓国

のエンタメ雑誌bntが伝えている。新浪体育が伝えた。

韓国メディアによると、2人が知り合ったのは2012年7月。同じ高麗大学出身で、氷上競技の選手であることか
ら意気投合。自然と距離が縮まり、恋人関係へと発展したのだとか。会える回数は少なく、主に選手村の近くでつかの間のデートを楽しんでいるという。寄り添いながら仲睦まじく歩く姿もキャッチされた。

韓国のネット上では2人の仲を祝福する声が相次いでいる。キム・ヨナの所属会社は熱愛に関して一切コメントしていない。一方、中国のネットユーザーからも続々と感想が寄せられている。

「これってわれわれと何か関係ある?」
「中国人とは関係ないこと。引退した韓国人選手なんて全く興味ないんですが」
「キム・ヨナってなんでこんなに注目されるの?中国選手の方が断然キレイなのに」

「こんなニュース、もういらない」
「金持ちと付き合うのかと思ってた」
「『本当は金メダルだったのに』女の恋愛なんてわれわれとは何の関係もない」
「もっと有意義なニュースはないの?」

「スターでもない人物のプライベートなんて注目する必要ないでしょ?」
「引退後は芸能界デビューだな」
「女神・・・嘘でしょ?」

(編集翻訳 小豆沢紀子)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

>「キム・ヨナってなんでこんなに注目されるの?中国選手の方が断然キレイなのに」
うんうん…(゚д゚)(。_。)_。)

>「金持ちと付き合うのかと思ってた」
私もそう思った(笑)

>「スターでもない人物のプライベートなんて注目する必要ないでしょ?」
さりげなくヒデエwww

>「女神・・・嘘でしょ?」
激しく同意!(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

キム・ヨナに熱愛発覚、相手は29歳アイスホッケー選手 大学の先輩

2014.3.7 10:24 [フィギュアスケート]

Photo


 ソチ五輪での採点問題が話題を呼んでいる韓国のフィギュア・クイーン、キム・ヨナ(23)に恋バナが浮上、所

属事務所が認めたことから韓国メディアは大騒ぎとなり、一足早く春爛漫状態になっている。

 キム・ヨナが所属するマネジメント会社「オールザットスポーツ」は6日、「キム・ヨナ選手の熱愛報道の記事に
関連して、記事内容は大部分が事実であり、キム・ウォンジュン選手と交際中であることを申し上げる」とコメント
を発表した。

 相手はアイスホッケー韓国代表で不動のエース、キム・ウォンジュン(29)。キム・ヨナと同じ高麗大学出身で、卒業後はアジアリーグの安養漢拏(アニャンハルラ)に入団。現在は国軍体育部隊の大明尚武(デミョンサンム)でプレーしている。

 インターネットの芸能サイトが2人の熱愛を写真付きでスクープして一気に広がった。それによると、2012年
7月にソウル市内のトレーニング施設で知り合い、6カ月ほど前から恋人関係に発展。一緒に練習したり、食事をしたりして愛を育んできたという。

 韓国メディアも突然の熱愛に色めき立ち、「キム・ウォンジュンって誰?」(中央日報)、「先日のイベントで10年後は結婚していると発言していた」(朝鮮日報)などと報じている。

 ソチ五輪で銀メダルに終わり、韓国帰国後のファン報告会で、フリー演技の採点に「あきれた」と発言したとされ
るキム・ヨナ。その悔しさを彼に癒してもらっていたのだろうか。

(msn産経ニュース)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

この↓リンク先の画像がツボだ…コレは比較的可愛く撮れてるけど…

このポーズなんなんだ…?ハート?

大きな栗の木の下で…ではなさそうだ…

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

女王 キム・ヨナ、“熱愛”認めた!!「キム・ウォンジュンとの交際は事実だ」- スポーツソウルメディアジャパン(2014年3月6日12時18分)


[スポーツソウルドットコム|eニュースチーム] 韓国のある媒体がキム・ヨナ選手とアイスホッケーのキム・ウォン
ジュン選手の熱愛を報道した中、キム・ヨナの所属事務所側が二人の交際を認めた。
6日、韓国の芸能専門媒体<ディスパッチ>は、キム・ヨナとキム・ウォンジュンのデート現場を捉えた写真と共に
二人の熱愛を報じた。泰陵(テルン)選手村(韓国国家代表練習所)で初めって出会った二人は、厳しい練習の合間にも恋を育ててきたという。また、二人は高麗(コリョ)大学の同門で、オリンピックを準備する過程でお互いを励ましながら交際を続けたという。
これと関連し、キム・ヨナの所属事務所であるAT Sportsは5日、<スポーツソウルドットコム>に「報道されたキム・
ヨナ選手の熱愛記事の内容は、ほとんど事実だ。キム・ヨナ選手とキム・ウォンジュン選手は交際している」と熱愛を認めた。
しかし、ファンはすでにキム・ヨナ選手の熱愛を知っていたようだ。キム・ヨナの熱愛報道が広がると、過去にコミ
ュニティサイトの掲示板で投稿された文が再び話題になっている。先月15日、あるユーザーが残した“キム・ヨナの熱愛説”には、「皆さん、あれを知ってますか?キム・ヨナに彼氏いるのを?」という内容が盛り込まれていた。他のネット民が「この前、高麗大のアイスホッケー選手だと聞いた」というコメントを残したら、同ユーザーは「そう
です」と答えた。
二人をよく知っている関係者は、「スポーツ選手の間では公然の秘密だった」と言いながらも「本当にきれいに付き合っている姿を見て、(私も)幸せを感じた」と語った。続いて「全国民がキム・ヨナを愛しているが、彼女も大人
であるだけに、自由に誰かと恋をすることはできると思う。二人にたくさんの応援を送ってほしい」と付け加えた。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

コレ↓は言い過ぎじゃ~wwwwww

確かにブサだとは思わんけど…

キム・ヨナ“氷上熱愛”発覚「最高の美男選手」

 ソチ五輪フィギュアスケート女子で銀メダルを獲得したキム・ヨナ(23=韓国)が、韓国アイスホッケー界のスター選手、キム・ウォンジュン(29)と交際していることが6日分かり、同国で氷上のビッグカップル誕生と話題になっている。キム・ヨナの所属事務所が明らかにした。

 2人はともに高麗大の出身。アイスホッケーは韓国ではあまり人気がないが、軍体育部隊のチームに所属するキム・ウォンジュンは代表で不動のエースと称され、アイスホッケー界「最高の美男選手」shineとも呼ばれて女性ファンが多い。キム・ヨナは言わずと知れた韓国スポーツ界のスーパースター。ソチ五輪を最後に選手としては引退すると表明し、今後は18年の平昌五輪などへ向けたスポーツ外交に関わる意欲を見せている。


[ 2014年3月7日 05:30 ](スポニチアネックス)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

「人間普段の行いって大事よねえ…」と感じさせられたのは

このお方のこのニュースに対する日本フィギュアファンの反応だ。

「“ヤラセ”じゃねえの?」

なんてものも多かったからだ。

信用ねえーーーーー!!!!!(;´Д`)

(ま…しゃーないな…)

でもね。私。

このニュース初めて見た時

「おヨナさん、良かったじゃん!いい奴つかんだじゃん!!」(・∀・)heart01

と思ったんだよね。実は。

中国の人の感想じゃないけれど

「金持ち」dollarが第一条件だと勝手に思っていたから(笑)

どこぞの大金持ちの馬鹿御曹司か、外国人の金持ちか(じーさんも可)、白人王子様系の金持ちか、来日して甘いマスクで「アイシテマス」とか言いそうな韓流スターっぽいイケメンな金持ちか…

そういう相手をおっかさんに見繕ってもらって結婚するんだろうな…

…なんて思っていたのだよ。

海外でも「アジアンビューティ」kissmark(プッ)枠に入っているようだし…外国人の金持ち引っ掛けるくらいは朝飯前なんじゃないの?…あ…でもやはり海外の褒め褒めモテモテ報道はやはりスポンサー様のおかげ?でおヨナさんの魅力がどうこういう訳じゃないのかしら?

・・・・などと思ったのは内緒☆

あるサイトではこんなことも↓

http://www.news-us.jp/article/390772898.html

「サッカーの川島と太らせて劣化させたような・・・」なんて書かれてるけど・・・

(本当にそうかは皆様の判断にお任せしますわ…)

私は「西郷隆盛」を一瞬頭に浮かべてしまいました…すんもはん…

やはりアレかな…

昔、王子様shine系のスケーターさん達のことが大好きだったと思うが…

その方々がことごとくゲイだった

…というのがこたえたのかしら…?

何か…あまり女性に愛想振りまかなさそうな感じで…

無骨でチャラくなくって…
(“軍体育部隊のチームに所属する”ってのがまた…硬派なイメージ)

「不器用ですから…」

なんて言いそうな言わなさそうな…

王子様系のゲイの人とは別のベクトルでゲイに受けそうな気がしないでもない…(;^ω^)

ま、どうでもいいですね。

とりあえずめでたい。

おめでとうっス。wine

(“ヤラセ”でないならば…)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

キム・ヨナ熱愛説に…韓国ネットユーザー、にわかに色めき立つ

2014年03月06日10時28分
[ⓒ 中央日報日本語版]

「フィギュア女王」キム・ヨナがアイスホッケー国家代表のキム・ウォンジュン(大明尚武)との熱愛説が報道され、世論が大きくひっくり返った。

芸能専門メディアのDispatch(ディスパッチ)は「キム・ヨナ、恋に落ちる」というタイトルの記事を掲載し、「キム・ヨナが国軍体育部隊アイスホッケーチーム所属のキム・ウォンジュン選手と熱愛中だ」と6日、報道した。

これによって韓国の主要ポータルサイトのリアルタイム検索ランキングに「キム・ウォンジュン」というキーワードが一瞬のうちに1位に入り、このニュースに接した韓国ネットユーザーは一種のパニック状態に陥っている。

多数のネットユーザーは「ヨナが可愛くなったと思っていたが、やはり恋愛していたんだな」「一番かわいい年齢
に恋愛しないなんてほうがおかしい」「完全衝撃」「朝から頭がクラクラする」
等の反応を見せた。


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

本国の人間ってありがたいものだね…文の最後の方を見てしみじみ思いましたよ…

最初に取り上げた中国記事と反応が違う…( ̄Д ̄;;

次もちょっとかわいそうな言われ方。

ま…こーいう声は絶対出ると思ったけど…

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

キム・ヨナ、交際相手は「格違い」? 試合で精彩欠く「彼氏」・・・世間の評価と嫉妬が原因か=中国
2014-03-13 10:49

 ソチ五輪フィギュアスケート女子シングル銀メダルのキム・ヨナ選手(韓国)が先日、同国のアイスホッケー選手
との交際を認めた。中国メディア・現代快報は12日、キム選手のファンから「不釣り合いだ」との声が相次いだこと、プレッシャーを受けた「彼氏」がプレーで精彩を欠いていることを報じた。

 記事は、キム選手が11日にソウル市内で行われたサイン会に出席、交際宣言後初めて公の場に姿を見せたと紹介。そのうえで、サイン会開始早々参加したファンから「幸せですか」との質問を受けると、「彼はあなたには不釣り合いだから結婚してはいけない」、「キム・ヨナ、俺はあいつより強いから俺の嫁になってくれ」などといった叫び声が相次ぎ、現場が混乱したと伝えた。

 そして、この「騒ぎ」に対してキム選手が記者インタビューで「今の私はとても幸せ」と語り、交際が順調であることを暗にアピールしたと報じた。

 一方、「彼氏」であるアイスホッケーのキム・ウォンジュン選手について「自身の成績や影響力がキム・ヨナ選手
に遠く及ばないこと、韓国国民による嫉妬心が強まっていること」で大きなプレッシャーを感じており、「それが自身の成績低下という結果になって表れた」
と伝えた。
 
 そのうえで、10日に行われた試合では同選手目的の取材記者が70人あまり押しかけたこと、同選手が得点どころかアシストもできずに精彩を欠き、チームも敗戦したことを紹介した。

 そして、チームの監督が「恋愛発覚後、彼の状態は急降下した。外野からの注目が試合での集中力に影響している。これが続くようなら今後彼を試合に出すことはできない」とコメントしたことを伝えた。(編集担当:今関忠馬)
(サーチナ)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

彼女自身はヒジョーに運が強い女性だと思うが

彼女は彼女の周囲に福を呼ぶ存在ではないらしい。

(彼女を持ち上がるI●U然り…彼女持ち上げてもこの競技の世界的な人気は…残念ながらUPした訳じゃない)

サゲ何とかとか決め付けるつもりはないけれど。

>「キム・ヨナ、俺はあいつより強いから俺の嫁になってくれ」

…コレは微笑ましいファンの「声」だ。

上記のような声に負けず

「男気」を見せてくれることを彼に期待しつつ

(でも・・・大変だな・・・色々と・・・ま・・・彼も女優さんと浮名流したこともあるようだし・・・無骨に見えて結構やり手なのかな?)

本日終了。
(あ!でも日が変わっちゃった…)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

Photo_2


おヨナさんが撮られたデート画像画像見て…

昔持っていたコミック「自虐の詩」のこの表紙の部分を何故か思い出した。

Photo_3

おヨナさんとユキエさんは全然性格も違うのにね…(-_-;)

私この映画版は見てないけれど

原作コミックはオススメですよ☆

泣けます…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2014年3月17日 (月)

ヨン姐さんの「イマジン」を見て…或る70代女性が一言

今回は或るフィギュアTV観戦している一家庭のお話。

皆様のお宅でも見られる風景かもしれない。

☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

参考資料
[Fan cam] Yuna Kim Ex 'Imagine' in Sochi 2014 Winter Olympics

昨日お昼にソチ五輪エキシビションの再放送があった。

エキシビションは既に録画されていたものと別段内容が変わっていた訳ではなかったろうが

他に見たいものがないので別の作業をしながらBS放送を流しっぱなしにしていた。

或る70代の女性(アルツハイマー型認知症)はソファでうつらうつらしつつ、放送を見ていた。

時々スケーター達の動きが心を捉えるようで

様々なシングル・ペア・アイスダンスの選手達の饗宴が繰り広げられる中

「綺麗だねえ…」

などと呟いていた。

そして私が洗面所にて用事を済ませるべく、しばらく席を外している間

或るスケーターが彼女の目にとまったようであった。

そしてしばらく経ち、彼女が私の名前を呼んだ。

「●○ちゃ~ん」
(時々彼女は私をちゃん付けで呼ぶ。Pさんとは何の関係もない)

「何?」

最近彼女から目が離せないことが多くなってきたこともあり、

作業しながらも彼女の方に注意を向けた。

すると彼女はいきなりこう切り出した。

「キ●ヨナのダンス…あれ…何なの?」

私は「アレ」を「ダンス」と認識したことに軽いショックΣ( ̄ロ ̄lll)を受けつつ、応えた。

イマジンだよ…ジョン・レノンの…」

正式には「アヴリル・ラヴィーン」嬢だったが、彼女にはピンと来ないと考え、

レノンの名を出した。

彼女はジョン・レノン、オノ・ヨーコ、ミック・ジャガー辺りは認識していた人であったから…
(ミック・ジャガーは「あの唇」で覚えたらしい)

「・・・そうなの?・・・」

明らかに不審なものを見るような表情になる彼女を見て

「やはりあのEXプロは失敗ね…」

と心の中で呟くしかなかった。

それ以外の選手の演技は割と機嫌良く見ていたというのに…

(ちなみに高橋大輔の「アスリートの魂」の録画も機嫌良く見ていた)

ヨンクィ姐さんの名(迷)エキシ、恐るべし!!と言うべきか…

「まあ、でも…あの人、エキシビションはいつも…あんな風だから!」

何のフォローにもならない一言を発するタレミミ。

我ながら…何と間抜けなことよ…と少々情けなくなった。

「“カマキリ音頭”と呼ばれる“傑作”もあるよ!」ψ(`∇´)ψ

と言いたいのをこらえつつ、TVのある居間へ戻った。

「ふ~ん…」

眉間に若干皺が寄っていた70代女性を見て

「ど素人をダマすにも限度があるヨナ…」

「手…抜きすぎなんだよ…ヨン姐さん(とウィルソン)…」

その後展開される夢の競演の続きを見るタレミミだった。

ちなみに母はスケオタでもなく

ヨン姐さんをアンチ目線で見たことなぞ無い人である。

(基本良い演技すれば皆褒める人である)

ただ

ある日解説者があるスケーターの演技中に

「~(中略)動きが綺麗ですねえ…」

と説明しだした際

「何か…この人…“動きが綺麗”とか言ってるけど…私にはちっとも綺麗に見えないんだけど…」

その選手は確かに姿勢が良いとは言えず、勢いはあったが動きは雑だった。

大した知識の無いど素人でも

見るところは見てるものである。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

お分かりの方もおられようが、

この70代女性はタレミミの母である。

彼女は昔から結構人の悪いトコロがあり、

父と異なり、マスゴミの煽り・宣伝等を疑ってかかる人間である。

アルツハイマーになろうがそこんとこは変わっていない。

(ただし、感情の波がダウン気味の時、必要以上に猜疑心が強くなりすぎ困ることも多々ある。これは明らかに病のせいである)

そして…物事舐めてる人間には怒りをストレートにぶつける人だったことも思い出した。
(その子供が…私であるトコロが人生の皮肉と言うべきか…(;´д`)トホホ…)

気難しくて扱いにくいトコロがあるが、

見習うべきトコロもあるのかもしれぬ。

「お花畑な人」の方が付き合い易いし、扱いも楽なんだけれどね…(;^ω^)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

一つ新しい発見。

ヨン姐さんのエキシは認知症患者にあまり良くない影響を及ぼす

学会で発表しても相手にされない発見であることは間違いない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


以前からヨン姐さんAgeが定番であった父の様子が

真央ちゃんのソチ五輪フリーを見てからというもの

すっかり変わってしまった。

そのことについては後日書こうと思う。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ヨンクィ姐さんの「イマジン」ならぬ「異魔人」については…

過去散々…ダラダラ書いたので…

(以下参照のこと。記事にリンクしてます)

2013年6月 6日 (木) 想像してごらん


2013年6月23日 (日) peace-ピース


2013年6月25日 (火) ピース補足~おヨナさんの胃魔人と竹中直人の相関関係


2013年6月26日 (水) これも一種の「選手潰し」か?~ピース更に補足


どうでもいいわ…(ここまで書いてぶん投げます)

もう開放されたんだもんね。苦役から。

よかったね。

でも「熱愛発覚」(プッ)についてと“カオナシ・フォーエバー”小特集。

これはやろうと計画中…

あと一度くらい(真面目に)スケーターとしての彼女についてのことも書きたいと思う。

私からの餞だと思ってくれい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2014年3月 6日 (木)

架空秘密対談~こんな秘密会談と五輪の魔物は嫌だ

☆架空秘密対談~こんな秘密会談と五輪の魔物は嫌だ☆

バッ●かいちょー「今回金じゃなくてごめんNE☆…開催国も立てないといけないのでな…」
ヨンクィ姐さん「その代わり…」
バ「分かっておるわ…(ニヤリ)I●C委員のことであろう?」
ヨ「流石かいちょー…よく分かっておられる…(ニヤリ」
バ「すでに手は色々と打ってある心配するな」
ヨ「ははあ!(礼をする) “It's Yuna time!”…かいちょーのお心遣い、感謝致しております」
バ「ハハハ…さようか…。いくら露西亜の小娘が金をとろうと、我々はそなたをゴリ押…いや、推すことは変わらぬぞ」
ヨ「ハハッ!」
バ「我が組織のHPでも他のスケーターたちが問題にならぬほどそなたの画像を多く取り揃えておいたわ」
ヨ「ありがたいことでございます…」
バ「HPの画像を見れば…露西亜の小娘どもとは格が違うことが丸分かりじゃろうて…何といってもそなたの美しいポジションの画像バンバン他の選手以上に載せてあるからのう…比較すれば一目瞭然というものよ…フハハハ…(馬鹿笑い」
ヨ「…そ…それは…ポジションは…ちょっと…(滝汗」
バ「何か不満か?」
ヨ「とんでもない。かいちょーのやることに間違いがあるはずがございません…他の選手達と比べてダントツに多いことで一押しの選手であることは明らか。そして、かいちょーのようなエライ方々のありがたいお褒めの言葉を雨あられのようにメディアに拡散し、山●どもを上手く使ったならば、汚ポジも超絶美ポジに変わるというもの…(←無茶だよ!)多くの民の審美眼なぞ無きに等しいものでございます。人々は権威に弱く、華々しく宣伝した者が勝つ。このおヨナ、頭が下がる思いでございまする(深々と頭を下げる)」
バ「おヨナ…前々から思っていたが…お主も悪よのう…」
ヨ「I●C様にはかないませぬ…」
バ&ヨ「フフフ……ブワッハハハハハハハハ(笑い声でかくなる)」

(急に冷気が漂う。怪しい気配)

バ「何者だ!?」

(フシューフシューと呼吸音)

魔物「我が名はティムシェル氷上の競技者達に仇なす者ナリ…ん?此処は何処だ?」(リンクへの道に迷ったらしい))」

バ「ものども出合えーーー!!!曲者じゃーー!!斬れ!斬れ…斬り捨て~い!!!!」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

いちおー参考資料

キム・ヨナがIOC会長と秘密会談=女子シングルの疑惑判定には触れず―韓国メディア


配信日時:2014年2月24日 18時55分

2014年2月24日、大韓体育会は、ソチ五輪女子フィギュアスケートで銀メダルを獲得した韓国のキム・ヨナが23日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と会談したことを明らかにした。捜狐体育が韓国メディアの報道として伝えた。

バッハ会長とユースオリンピック広報大使を務めるキム・ヨナは、インスブルックユースオリンピック2012に出場した選手3人と会談。議論を呼んだフィギュアスケート女子シングルの判定については触れられなかったという。

「キム・ヨナはIOC委員に意欲を示している」と韓国の一部メディアが報じたこともあり、バッハ会長との“秘密会談”に関心が集まった。(翻訳・編集/NY)

☆☆☆

皆様ご存知手相見姐さんのブログ「あんたたちもっと驚きなさいよ」の2014.02.19(Wed)付の記事より


ふざけるなIOC「It's Yuna time!」 ←記事にリンクしちょります。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日韓SPA!ネット版にて

まるで氷上の哲学者?“ティムシェル”町田語録に注目せよ


2014.02.09 スポーツ

 ソチ五輪の団体戦で男子フリースケーティング(日本時間10日0時~)に出場予定の町田樹(たつき)選手(23歳)。

 フリーの演目は「火の鳥」だ。五輪前の壮行会ではこのような挨拶が報じられた。

「去年は“ソチ五輪第6の男”と言われ、過酷で激動でしたが、東奔西走した甲斐があり、皆様のご支援のおかげで、幸いにもソチオリンピックの出場権を得ることができました」

「ソチは未知なるフロンティア。恐怖心があるが、やるしかない。ソチのリンクは青が基調。火の鳥がきれいな青い空へ飛翔していく最高の舞を見せる」

 なんとも雄弁な町田選手。これまでにも

ソチ五輪での夢は「町田樹史上最高傑作を演じる」
「純粋芸術としてのフィギュアスケートを極めたい」

など、ほかのスケーターとはひと味もふた味も違う発言で話題になっている。

 ネット上では「町田語録」を集めるサイトも登場し、いまや会見で彼が口を開くと、周囲の選手たちが笑いを噛みこらえつつ見守るという。

 そんな町田選手のユニークな発言を紹介してみたい。

◆愛読書はヘーゲル「美学講義」

 関西大学文学部で哲学や美術を学んでいる町田樹選手。今季のショートプログラム『エデンの東』は、原作小説を読み込み、自ら構想を練ってきた作品だ。開幕前には突然、ヘブライ語を引用して作品のポイントを説明した。

「ジョン・スタインベックの小説『エデンの東』がプロットで、1年間かけてコンセプトを解釈し、構想を温めてきた。小説の隠れたテーマである“ティムシェル”を体現するつもりで演じています

「ティムシェル。日本語だと『汝、治むることを能う(あたう)』という難しい言葉になっているんですが、“自分の運命は自分で切り開く”という意味だと解釈しました」

 これだけではない。愛読書はヘーゲルの「美学講義」という町田選手独特の表現に、報道陣も「次はどんな語録が飛び出すか」興味津々だという。

「さなぎから蝶へ羽化するような進化した姿をお見せしたい。蝶の幼虫がさなぎになるとき、その中で何をしているかというと、“アポトーシス”と言って、今まで自分を形作っていた細胞を自分で殺してるんですね。一回、自分で自分の全細胞を破壊して、すべてドロドロの状態になるんですよ」

「基礎に立ち返り、自分の中の常識をどんどん壊していって、自分自身をひたすらに破壊して、もうドロドロの何にでもなるような状態。つまり自分でアポトーシスという状態を作って、“新しい町田樹”“新しい町田樹が追求する表現”を創り直した、というのが今シーズンにやって来たことですね」

※参照元/Pigeon Post
http://pigeon-post.net/interviews/Tatsuki_2013_Nov_jp.html

◆町田用語に記者もポカーン

 ときには難解すぎて、記者たちが当惑する場面も。

(不調からの脱出法を問われて)「アルゴリズムから得られた情報を元に、ヒューリスティックでいいコンディションをつくれた。スランプになるとその手法の繰り返しです」

 翻訳すると、不調の原因を一つひとつ探ったうえで、しらみつぶしにあたるのでなく、効率的な方法に絞って試すことらしい。

 こうした独創的な発言も、記者に対して月並みな表現をしたくないという町田選手本人のこだわりだという。

 12月のグランプリファイナル。ショートプログラムで失敗し、絶体絶命だった晩には、こんな心境だったことを吐露した。

「“一歩下がれば、そこは死なんだ”という崖を見ました。ものすごい恐怖感でした。2勝して、潜在意識の中に慢心があって、あんな結果になったと思います。このままショートを引きずったら僕はソチに行く資格がないと思って、自分に挑戦状を叩きつけました」

 全日本選手権の直前にはスケート靴が壊れたが、「まったく関係ない」と強気な姿勢を崩さず、「無の境地で行きたいです。エタノールを燃やしたときに透明な炎が出るんですが、そういう見えない炎を内に秘めて虎視眈々と狙う」と、分かるようで分かりにくい表現で燃える闘志を表明。見事、五輪代表をつかみ取った。

 拠点をアメリカから大阪に移し、コーチも変えて、背水の陣で生まれ変わった町田選手。

 彼が最高の演技を見せてくれた後の会見で、どんな発言が飛び出すか、こちらも期待して注目したい。

<取材・文/日刊SPA!ソチ五輪アイススケート取材班>

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

町田君…

ワールドも是非

ティムシェルっていただきたいものである。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

編集画面のカテゴリーが

「おヨナさん 町田樹」

という並びが

実にシュールとしか申し様がない。

接点ねええええええええーーーーーーーーー!!!!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2014年3月 5日 (水)

「スケートが嫌いだった」~わかっちゃいるけど…

「安心と信頼と実績」があるかは不明だが

日本最大の中国情報サイト、レコチャイこと Record Chinaより

<ソチ五輪>キム・ヨナ「採点は不合理、でも終わって幸せ」―中国メディア


配信日時:2014年3月4日 21時40分

2014年3月4日、ソチ冬季五輪のフィギュアスケート女子シングルで銀メダルを獲得したキム・ヨナ(韓国)は、ソウ
ルで開かれたファンイベントに出席し、ショートプログラムの首位から逆転されたフリーの採点について「とても不合理だったが、すべて終わってとても幸せ」と語った。新浪が伝えた。

Photo_4

キム・ヨナはソチ五輪を最後に引退を表明しており「過去は決して振り返らない」と表明した。ソチ五輪の結果につ
いては、韓国国内で採点に対する疑問や不満が拡大。しかし、キム・ヨナ自身は結果をめぐる議論へのコメントを拒否。一貫して「成績には満足している」と表明してきた。

また、引退について「やれることはすべてやった。思い残すことはない」と表明。今後はコーチを目指すとも語って
いる。(翻訳・編集/AA)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

定番の顔なででオーレ!なヨンクィ姐さん画像も付けてみました。
(コレまだキレイな方だよね)

どうでもいい事だが…

(翻訳・編集/AA)の

“AA”って何よ…(イニシャルなんだろーけど…名を名乗れ!ペンネームでもいいから!…と思ってしもた)

こんなんのや
Photo_2

こんなのを思い浮かべてしまうよ…
Photo_3

まあ、いいや。

この関連他のも。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

キム・ヨナが心境語る、「ずっと前からスケートが嫌だった」「選手生活に未練なし」―中国メディア


XINHUA.JP 3月4日(火)19時39分配信

ソチ五輪のフィギュアスケート女子シングルで銀メダルを獲得したキム・ヨナが4日、ソウルで帰国記念のイベント
に出席し、現在の心境などを語った。韓国メディアの報道を引用し、中国新聞網が4日伝えた。

五輪では「審判の採点が不公正だった」との声も上がった。キム・ヨナは「不合理だが、全てが終わってうれしかった。振り返ることはない」と語った。

試合後に見せた涙については「ショートプログラムが終わった後の夜も、ついに引退かと思ってこみ上げてくるものがあった。ずっと我慢してきたことが涙になってあふれ出した」と説明。また、 「アスリートになってから、スケート以外のスポーツをやったことがないため、いまだに自転車に乗れない」と語った。

また引退については「ずっと前からスケートが嫌になっていて、見たくもなかった。多分、滑り過ぎたせい。だから選手生活には少しも未練がない」と話した。

(編集翻訳 恩田有紀)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

キム・ヨナ ソチ五輪採点「あきれる」も「やるだけやった」


デイリースポーツ 3月4日(火)20時27分配信

 ソチ五輪フィギュアスケート女子銀メダルのキム・ヨナ(韓国)は4日、ソウル市内でファンイベントを開催。ショートプログラムの首位から逆転された同五輪のフリーの採点について、「あきれる」と率直に語る一方で、「やるだけやったという思いで何の未練もない」と終始穏やかな笑顔で語った。中央日報(電子版)や朝鮮日報(電子版)などが報じた。

 ファンイベントはトークショー形式で行われた。中央日報によると、ヨナは「(これまでは)毎日緊張しながら生きているのがストレスだったが、今は毎日を楽しみながら安らかに過ごせて幸せだ」と五輪後の生活について報告した。

 厳しい練習と体重制限を続けてきた競技生活から解放されたヨナは「スケートがちょっと憎いのは昔のことのようだ。もうやるだけやったという思いで何の未練もない」とさっぱりとした表情。

 ソチ五輪のフリーの採点に関しては「呆れるとの思いはあったが」と口にしながらも「今でも結果について考え直してみたことはない。自分は決して大物ではないが、競技前にも金メダルを必ずしも取らなくても良いという、つ
まり切実さがなかった」とクールに振り返る余裕もできているようだった。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

キム・ヨナ、歓迎会で思わず本音? 銀判定に「あきれた」・・・同席選手の「しゃくにさわる」発言に乗じたか=韓国


サーチナ 3月5日(水)2時0分配信

 ソチ五輪フィギュアスケート女子シングルで、銀メダルを獲得した韓国のキム・ヨナが4日、ソウルで開かれた帰
国歓迎会に出席し、試合の結果について正直な気持ちを述べた。複数の韓国メディアが報じた。

 歓迎会はトークショー形式で約50分間行われた。キム・ヨナなソチ五輪を終えて、今だからこそ言える裏話な
どを披露。ショートプログラム(SP)とフリーをノーミスで演じながらも、ロシアのソトニコワに逆転され、韓国では判定に懐疑的な声が上がったことについても正直な気持ちを語った。

 一緒にトークショーに参加した女子フィギュアスケート代表のキム・ヘジンとパク・ソヨンは、「今もあの時(ソトニコワに逆転された瞬間)を考えるとしゃくにさわる」と述べると、キム・ヨナは「あきれたけど、私は終わったことがうれしかった」と述べ、結果を受け入れていることを明かした。

 また、試合前はメディアのインタビューに「金メダルにこだわらない」と話ながらも、内心では「金メダルが獲れなかったら悔しいと思うはず」と考えていたというキム・ヨナ。しかし試合を終えてみると、思っていたほど金メダル獲得が切実ではなかったことに気づいたという。

 試合後に流した涙について問われると「SPを終えた後も、夜ベットで横になりながら、この時間が来たことが信じられず泣きそうになった」とし、「我慢していた辛いことがあふれた」と説明した。

 引退後については、「しばらく試合の緊張感から離れ、ゆっくり過ごすだけでも幸せ」と発言。「後輩たちに私が学んだことを伝えたい」と後輩選手の育成に意欲を示した。(編集担当:新川悠)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

「わかっちゃいたけど、そりゃないわ!」

というのが上の記事読んだ後すぐに出た感想。

「俺はお前に呆れるよ…」

とも。

しっかし…屁塵だの…粗四だの…

お前らのような選手が「しゃくにさわる」なんて言うのは

「おこがましい」以外の何者でもないんじゃい!!

…と言いたいのを抑えて話を進める。

(姐さんを立てたいのは理解するけど…二人まとめて布団ごと簀巻きにして川に投げ捨てたくなったのは内緒だ。この人達、「フィギュア選手としての自分の立場」というものを実は分かっちゃいない…というのはないよね?流石にそれはないよね!??)


このブログ主タレミミはこれでも韓流ドラマを何本か見ていた時期がある。

映画もね。

J-COMに加入していた時期は認知症になる前の母が

ララTVにて「夏の香り」を何度も見ていたっけな。
(いや…進んでなかっただけで兆候はあったのかもしれない)

主演の二人のカップルが感じの良い男女だったのが日本シニア女子の心を捉えたのかは不明。

最初に「四天王」と呼ばれていた男優4人のものいくつかと…チェ・ジウ出てたのとか…

「宮廷女官チャングムの誓い」とか「バリでの出来事」「復活」(オム・テウン結構好きでした。イケメソかどうか

は別にして(笑))はそこそこ熱心に見てた。

そのうちアイドル的な俳優さんより「性格俳優」的な役者さんの方に目がいくようになった。

だた多く日本に入ってくるにつれ

作品も玉石混淆状態…これは当然のことなれど

「イマイチだなあ…」のものが目につくようになり

いつの間にか見なくなっていった。

飽きたんだろうね…( ̄▽ ̄;)

韓国ドラマ、映画もそうなんだけど…

出だし、途中の展開が面白いのに…

終わり近くなると…そして終わらせ方が

「ん(メ・ん・)????」

となることも多く。

それが繰り返されると「もうええわ…」とお腹いっぱい状態になってしまう…というのもあるかもしれぬ。
(と勝手に自己分析)

そんな私が韓国ドラマを見て気づいたことがある。

(前置き長すぎました…スンマセンでした…)

日本より感情表現がストレートであること。そして…

この人達、日本で言うところの「建前」ってあまり言わないよなあ…と。

ヨン様とかイ・ビョンホンとかはその辺うまくやってたような気がする。来日した時とか。
(母はビョンホンのことを「歯出し男」と呼んでいた。歯を出してニカッと笑顔を作るせいだろう)

お世辞は言うかもしれないけれど、「建前」がないな…と。
(上手い例が思い浮かばなくて申し訳ないっス…)

話を戻して上の記事のヨンクィ姐さん。

日本でだと

元々彼女を良く思わないフィギュアファン層が根強いこともあって(笑)

「いくら嫌いだったとしても…ファンミーティングでそれ言うか?応援してくれるファンに失礼だろう!」

「そんなに出るの嫌だったら出てくるな!メダル泥棒!」(最後言い過ぎ?)

(でも…ホント…バンバン銀河点だしてもらって、下手すりゃヘロヘロでもガンガンメダルかっさらって行くと思う
とこの人のファン以外は腹立つよな…それで「やりたくなかった」だもんナア…「人間サンドバック」というニックネームを付け足してはダメでしょうか?)

…な~んて反応になっちまうけど

アチラの人の感覚だとそれ程おかしな発言でもないのだろうね。

ただアチラはヨンクィ姐さんの不快の元を作りそうな者へ

キ●ガイのような攻撃を加えたり、

ヨンクィ姐さんを徹底的に擁護する体制が妙にキッチリ出来てるからナア…

(コチラから見て「当たり前のことを言ってる人なのに…」と思われるものでも)

彼女が本国の人から見て「どうなの?」な発言でもツッコミにくいという事情があるやもしれぬ。
(もしそうなら本国の人に「ちょっと」同情するわ。「ちょっと」だけどね)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

あとさあ…

「滑り過ぎた」

って…

真央みたいにお母様亡くなっても休まないで参加してる選手が言うならまだしも…

ここしばらくGPSもロクに出てないお前が言うな!!

しかもB級大会でも阿呆みたいな高得点もらってサ…

…ですよねえ…(ーー;)

いくら嫌いでも

コレからIOC委員だがに立候補するんでしょ?

スポーツに関わり続けていくっつーことだよね?

もうそれも「お買い上げ」状態なのかもしれないけれど

「まんじゅうこわい」ならぬ

「スケート憎い」はもう公の場に出たら言わない方が良いと思うよ。

☆☆☆

だけどこの人…

おエライさん方には(バックのこともあって)やたらと受けが良いけれど

ソチ五輪EXの画像や動画見てしみじみと思ったよ。(伝説の“ぼっち”…ですね)

「縦だけじゃなくて、横の繋がりも大事にせなアカンよ」

このエキシに参加している選手たち(つーか全部の選手だな)を自分より低く見ているのかもしれないけれど

この選手たちが将来指導者や各国連盟役員として活躍することも考えられる訳だよね?

下手すりゃ選手時代パッとしなかったのに引退後に大出世…するケースも無きにしも非ず。

そう考えるとその選手たちを馬鹿にすることも出来んと思うんですけど…

…そういうことは考えなさそうだね…

ま、余計なお世話でした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ちなみにこんな報道もあった。

キム・ヨナの「採点は不合理」発言は“デマ”!? 中国ではメディアの報道に批判集中―中国版ツイッター


配信日時:2014年3月5日 9時54分

2014年3月5日、ソチ五輪のフィギュア女子シングルで逆転負けして銀メダルに終わった韓国のキム・ヨナ。競技終了後、韓国では採点に疑問を持つ声が続発。キム・ヨナ本人は採点についてコメントを控えていたが、4日のイベントに出席した際、「とても不合理。でもすべてが終わりとても幸せ」と語ったと中国メディアが報道している。同ニュースには中国のネットは大きな反応を見せている。以下は中国版ツイッターに寄せられた代表的なコメント。

「自意識過剰は韓国人の特徴だ。キム・ヨナを全国民の女神とみている韓国人にとって、銀メダルは受け入れらない結果だろう」
「キム・ヨナは実力のある選手だと認めるが、韓国人の根拠のない強烈な自尊心にはあきれる」

「キム・ヨナはソチ五輪の結果について発言などしていない!彼女は結果について常に寛大な姿勢を見せている。」
「キム・ヨナのあの日の演技では銀メダルが精いっぱいだったと思うが、果たして彼女は本当に『不合理』などと発言したのだろうか?」
「ねつ造好きは中国人の特徴だ」

「ネットでは中国メディアの報道がデマだと指摘する声が多いが、韓国の聯合ニュースを引用した報道でもキム・ヨナが『不合理』と発言したと伝えている」
「重要なのは“何を信じたい”か。いくらなんでも中国メディアもそこまでいい加減なことはしないだろう」

中国のネットでは、中国メディアの報道を擁護する声や韓国人を批判する声が見られたが、キム・ヨナは「不合理」と発言していないと、中国メディアの報道を批判する声が圧倒的に多かった。(翻訳・編集/内山)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中国の人って結構ヨンクィ姐さんにも優しいのねん

…とも思ったが…

中国版ツイッターにまで山●が…?

…と考えると

ちょっとウンザリ。

何処のマスゴミも「塵芥」ということなのかもしれんけど…( ̄▽ ̄;)
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2014年3月 1日 (土)

もうええわ!「キ○ヨナ実は良い人」&「二人はリスペクトし合っているの♥友達なのよ~♪」キャンペーン

別に長いタイトルキャンペーンを個人的にやっている訳ではない。

(次回からなるべく短くしようと努めます)

簡単に突っ込めば…

「薄気味悪い」

「んな訳ねえだろ!」

で終了にして良い話題なのだが

(いや、ホントそーなのよ…でも「騙される」人結構いるみたいね( ̄▽ ̄;)それについて苛立つ方多かろう。気持ちは分かる。が…コレで騙される人は何やったって騙される(笑)もう放置して「いい子だね」とかいうものなら「( ´_ゝ`)フーン」と冷酷な表情を作って流しましょう。その方が精神衛生上良いです。しつこいくらい「イイ子」を強調する人には「そうだよね~( ´_ゝ`)自分で逆走しといて“相手に妨害された”と擦り付けるくらいイイ子だよね~」くらい言っても良いかもしれません。嗚呼…(゚Д゚)ウゼェェェ)

ちょっと二人の宿命のライバル(にしとこう…)について少し語りたくなった。

☆☆☆☆☆☆☆

スケオタさんに「蛆」扱いされる某テレビ局が真央ちゃん特集をやったらしいが

何か…出だし良かったものの…

やたらと「被弾」(または被爆)するらしいやね…(;^ω^)

やたらと絡める。

全く懲りてなさそうだ。

お母様のことも出したりして

無理やり泣かそうとする演出もあったようだ。

私は録画撮ったのですが

血圧上がりそうなので今は見るのやめときます…(ーー;)

見る前に消すかも(笑)

出なきゃ良かったのに…という書き込みをたくさん見かけた。

コレは真央なりの「ケジメ」をつける為にも必要だったのかな?と思ったりもした。

ナンダカンダでワールドと全日本の放映権持ってるトコロだしね…
(実況者だけでもホント…何とかして欲しかった…女子も西岡さんでいいじゃん…)

メディアが持ち上げる「ライバル物語」とやらはもう今季で終了ですよ…な意味も込めてね。

(それでもしばらくは出てくる度に絡められそうだ…)

これは想像なのだが

「蛆」がどういう放送を作るか?(あの嫌がらせのようなことを散々やった局が…だ…)

試す気持ちもあったんじゃないのかね?

少女の頃よりその手のことを受け止める余裕が出来たのだろうと思う。

☆☆☆

真央 永遠のライバル、ヨナを語る「お互いがお互いを知ってる」

デイリースポーツ 2月28日(金)22時58分配信

 ソチ五輪のフィギュアスケート女子で6位に入賞した浅田真央(23)が28日夜にフジテレビ系で放送されたドキュメンタリー「緊急企画!独占密着!浅田真央…笑顔の真実」の中で、ジュニア時代から比較され続けた韓国のキム・ヨナ選手について語った。

 真央は同じ年でライバルとして比較され続けてきたヨナについて、「ジュニアのころはまだ、ここまで“対決”という感じではなく、一緒にご飯食べに行ったり、プリクラ撮ったりしたこともあります」と笑顔で振り返った。

 一方で、報道が過熱し、互いが意識するようになり、「だんだん自分たちも(メディアにライバルと)取り上げられることによって、距離が出てくるようになった」とジュニア時代のような関係であることは難しくなったことも認めた。それでも「でも、リンクを離れれば普通にお話もしますし、いいライバルとしてやってきたと思います」と語った。

 ソチ五輪後には、真央が「おめでとう」と声をかけて、一緒に記念写真を撮ったことも明かし、「そしたら、キム・ヨナ選手が『おつかれさま』というふうに、言ってくれました」と柔らかな表情を見せた。

 ヨナとのライバル関係について改めて質問されると「ジュニアのころからずっといい時、悪い時があったと思うので、お互いがお互いを知ってるんじゃないかと思います」と話した。

 同番組の真央のスタジオでのインタビュー場面は、ソチから帰国した25日に収録された

☆☆☆☆☆☆

真央のお人好しぶりに呆れ、怒り、心配するような書き込みも見かけた。

確かに私もヨンクィ姐さんを通して(または某国を通して)

「中に入れてはいけないもの、受け入れてはいけないものってやはりあるなあ」

と実感したものだったが

真央ちゃんにしてみたら

「ま…最後くらいいっか~どーせこれからしばらく顔合わせることも無いだろ~しぃ~テキトーにキレイにまとめとくかあ~」

くらいにしか思っていない可能性もなくはないと思う。(;^ω^)

だいたい…

「ロクに口もききません」(おソトがぶっちゃけたこと言ってたよな…(笑))

「もう顔見ないと思ったらせいせいします」

な~んて言わないでしょ!(数年後言ったりして…( ̄▽ ̄;))

「安心と信頼と実績の」Mao ASADA…浅田真央ですよ!!

(競技においてはハラハラさせるけど…)

でもね…反対意見多数だと思うけど

将来…何年先になるか分からんけど

この二人の対談とかあって良いと私は思っている。

二人共演のアイスショーとかね。

今の政治関連を見るとかなりキッツイし、「ありえない」感あるけどね。

(言っとくけど私はこの二人が「仲良し♪」とは欠片も思っていないよ。愛憎含む複雑なモンだと思ってるよ)

「利用される」ことに危機感持つ方多いけど

そういうのやっちゃった方が当人同士が楽になるような気がするんだよね。

互いに変に誤解してる部分がとけることもあると思うし。

ただ…

次の記事↓のような展開は勘弁して欲しいと思う…

☆☆☆

韓国で仰天プラン! ヨナに真央を口説かせ平昌五輪出場へ

日刊ゲンダイ 2月26日(水)10時26分配信

 気持ちが揺れだしたようだ。
 ソチ五輪の女子フィギュアスケートで6位に終わった浅田真央(23)。昨年4月には今季限りでの現役引退をにおわせていたが、五輪が終わると、「(長期間)休むとなったり、やらないとしたら(佐藤)先生との時間は世界選手権(3月26日~、埼玉)までしかないのかな、と思うと寂しい気持ち」と、現役への未練を吐露した。

 世界選手権の後は、5月上旬まではアイスショーが入っている。去就をはっきりさせるのはもう少し先になりそうだ。

 フィギュア界きっての人気者である真央に現役を続けて欲しいのは日本のスケート連盟だけではない。18年に平昌で冬季五輪を開催する韓国も真央の去就を気にしている。

 韓国のスポーツイベントに詳しい関係者が言う。
「バンクーバー五輪でキム・ヨナが金メダルをとって以降、国内ではフィギュアがウインタースポーツ最大の注目競技になった。平昌五輪では、スピードスケート女子500メートルのイ・サンファ(25)の3連覇がかかりますが、人気ではヨナの足元にも及びません。しかし、ヨナはソチの銀を最後に引退。後継者は育っていないし、男子も国内には客を呼べる選手は皆無。韓国でも抜群の知名度がある浅田まで引退したら、平昌五輪のフィギュアはまったく盛り上がらない。五輪の特別広報大使になっているヨナにひと肌脱いでもらうしかないでしょう」

■アイスショーをきっかけに

 韓国でのキム・ヨナは、「国民の妹」と呼ばれる大スター。その最大の後ろ盾になっているのが韓国最大の総合家電、電子部品メーカーであるサムスンだ。同社は国際オリンピック委員会(IOC)のスポンサーでもあり、自国で初となる冬季五輪を是が非でも成功させたい。

「サムスンは過去にもヨナのアイスショーのスポンサーになったことがある。ソチ五輪でライバル関係に終止符を打ったヨナと浅田が一緒に韓・日で滑るアイスショーのスポンサーとして動くプランがあると聞いた。慈善活動に積極的なヨナが、チケット収入の一部を寄付すると言えば、浅田もノーとは言わないでしょう。その時ヨナに、『平昌では真央に金メダルを取って欲しい』と言われたら、浅田の心も動くに違いない」(前出の関係者)

 自国開催の18年冬季五輪、キム・ヨナの穴は真央で埋めるというのだが……。

☆☆☆☆☆☆☆

…( ´_ゝ`)…

言葉悪くなって申し訳ないが…

「てめーのケツはてめーで拭けよ!!」

としか感想出てこないです。

しかも日韓ヒュンダイですか…
(ある方が「小沢一郎を救世主と思っている新聞」と説明してくださった時は吹きました!)

…こーゆーメディアもそうだけど

一部のヨンクィ姐さんマンセーブログね、

普段真央貶しているくせに

変なトコロで真央頼みするんだよね(笑)

で…何故か上から目線。

笑っちゃったのが何処のブログとは言わないけど

真央が「ヨナは友達」と言った(らしいよという)話題を取り上げて
(正確には「友達の“ようなもの”」と言ったんです。そこんとこ真央、正直です!)

何故か上から目線。

「真央は自分(の立場?)を分かっていない」とか何とか。

「女王様」以外のものは「下僕」と勘違いしてねえか?お前ら…(そりゃ…ぼっちにもなるわ…)

だから「義理」ですって…

「真央の情け」ですって…

(それがかえって真央アンチ兼ヨンファンは癪に障るのかねえ…何やっても癪に障るからしょーがないな)

「あの人いつも選手の中では“ぼっち”でいつも取り巻きとかおエライさんに囲まれていまっす☆」

なんて言えないから

義理で「友達(のようなもの)」と言ってるに過ぎぬのよ…

ま、分かってて書いてんだろーけどね。

こんなつまんないことにも優位に立たせようとするファンを持っているのは大変だねえ…

同情はしない!(キリッ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私がブログ休止させる前後だったか…

やたらとブログ村に

「ディズニーなんちゃら」だの「婚活なんちゃら」だの明らかに個人のブログじゃなさそうというか

業者の匂いのするものというか

そんなのが増えたことに頭の中がクエッションマーク

真央とヨンクィ姐さん絡めた話題が多く(っていうか他のメディアそんなもんだよね)

若干香ばしい香り。

でソチ五輪近くなって

ヨンクィ姐さん好きっぽいブログがナゼか急に出現するようになったと思う。

まあ…良いんですけど…ずっと試合出てなかったしね。

嫌韓な内容を多く書いているブロガー様が強制引っ越しさせられたりなど

キムチ臭く香ばしくそれでいて味わい深くないものになっていないか?

別のランキングに移れば良かったかな…

でもこれからどのくらい続けるか不明だからそれも面倒!う~ん。困った。

☆☆☆☆☆☆☆☆

「お優しい方」に文句つけるのもなんですが…最後に…

最近ヨンクィ姐さんアンチの方に

「いい加減にやめなさい!」

「二人はリスペクトし合っているのよ~♪」

と説教する「お優しい」ブロガー様もいらっしゃる。

この風潮、気味悪い(苦笑)

確かにあまりにも電波的な妄想で叩くのはアレだけど…

少なくともヨンクィ姐さんはバンクーバーの頃は他の選手達を馬鹿にしてたよ。

リスペクトしてなかったよ。

そうでなきゃ出来ない表情、行動をバンバン見せていた。

ちなみに今大会フリーの抽選会の時

子分従えて(よかったね…五輪は他の某国選手もいて…(;_;))ふんぞり返って馬鹿にしたように真央を見てるトコロも見られたりしてんだよね)

他者をリスペクト出来ない人なのに

ヨンクィ姐さんをリスペクト出来ないのを責めるのは何でだろう?

まあ、いっか。どーせしばらく登場しないだろうし。

それにしてもこの人…

ISUホームページでの扱われ方といい…(金メダリストより目立つ扱い受けてます)

試合終了後、すぐにIOCの会長に面談できたり(しかも秘密会談!ま…何とか大使やってくれないか?な話は表向きで、IOC委員の件、お願いしますねというのもあるだろうな)

他の選手達と明らかに違いすぎるよ…背景が…

「嫌われる」というより(まあ、それもあると思うけど)

他の選手たちが「遠巻きに見てる」という感じなんだろね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ただ最後に…一つだけ思ったこと。

「写真撮ろう」

「お疲れ様」

こういう言葉を互いにかけることが出来たのは互いに良かったと思う。

バンクーバー五輪じゃそんなこと出来る雰囲気じゃなかっただろうから。

その場には余計な不純物は存在しなかったと思う。

ヨンクィ姐さんは「お疲れ様」という言葉を前もって用意していたんだろうな…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「あの選手」 | おすすめサイト | おヨナさん | ご挨拶 | どーでもいい話 | アイスショー | アイスダンス | アグネス・ザワツキー | アシュリー・ワグナー | アダム・リッポン | アデリーナ・ソトニコワ | アドリアン・シュルタイス | アニメ・コミック | アルトゥール・ガチンスキー | アレクセイ・ヤグディン | アンナ・ポゴリラヤ | エフゲニー・プルシェンコ | エマニュエル・サンデュ | エリザベータ・トゥクタミシェワ | エルビス・ストイコ | エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ | オススメ動画 | カロリーナ・コストナー | グルメ・クッキング | グレイシー・ゴールド | ケヴィン・レイノルズ | コンスタンチン・メンショフ | コーチたち | ジェイソン・ブラウン | ジェフリー・バトル | ジェレミー・アボット | ジョニーウィアー | ステファン・ランビエール | スポーツ | デニス・テン | トマシュ・ベルネル | ニュース | ハビエル・フェルナンデス | ハンヤン | フローラン・アモディオ | ブライアン・ジュベール | ペア | ペーター・リーベルス | マエ=ベレニス・メイテ | ミハル・ブレジナ | ミーシャ・ジー | ユリア・リプニツカヤ | ヨガ | ラジオ | レイチェル・フラット | レジェンド | ロシアっ子 | ロシア事情 | ロシア語 | 今井遥 | 佐々木彰生 | 前置き | 北●鮮ネタ | 古布団 | 大いなる妄想 | 太田由希奈 | 女子フィギュアスケート | 安藤美姫 | 宮原知子 | 宮本賢二 | 小塚崇彦 | 張可欣 | 怒り・ツッコミ | 振付師 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 有田 | 本田武史 | 李子君 | 村上佳菜子 | 浅田真央 | 浅田舞 | 漢フィギュアスケート | 無良崇人 | 犯罪 | 町田樹 | 経済・政治・国際 | 織田信成 | 美容・コスメ | 羽生結弦 | 芸能・アイドル | 若手女子選手 | 若手男子選手 | 英語 | 荒川静香 | 鈴木明子 | 長洲未来 | 韓国関連 | 音楽 | 高橋大輔 | Pさん

フォト
無料ブログはココログ
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー