宮本賢二

2014年4月18日 (金)

ジョブチューン出演の鈴木明子&宮本賢二と紫のタコと殿、初司会

http://www.youtube.com/watch?v=AsPM7Gj6ir0

(埋め込み不可ですので…コチラ↑で見てね)

鈴木あっこちゃんと宮本先生のコンビ…

いいじゃないですか!!(・∀・)

あっこちゃんがこれ程バラエティ向きとは思っていなかった。

話上手っス!

(宮本先生は…ね…元々向いてるかなあ…と思ってましたが…)

現役やめて、吹っ切れるものもあったのかもしれませぬ。

(現役時代はこんなに面白い印象、なかったんですわ)

フィギュアがバラエティに取り上げられるとたま~に

「ビミョー…」な気持ちにさせられるのだが

番組の作りが面白かったのか…

呼ばれたゲストがことごとく「当り」だったのか…

(他のスポーツ関係者の話も皆面白かったのですわ…個人的にはマラソンの瀬古さん…現役時のイメージが崩れましたわい(^_^;)もう楽太郎にしか見えなくなりました)

とにかく良かったっス!!

家族で安心して笑って見られる番組でしたわ。

(バラエティちゃんと見たのって実は久々でした)

ホリケンが何げにフィギュアを熱心に見てそうなのも何げに良かったポイントかもしれません。

宮本先生が今まで振り付けした日本選手を挙げていった時に

「リプニツカヤは!?」

とおリプの名前でツッコミ入れたのは只者ではないなと思いました。

それにしても宮本先生…

紫のタコって…

例のあの選手にも「そのイメージで」と伝えていたのでしょうか?

久々にこんな動画が見たくなるじゃないですか…

高橋大輔 バチェラレットを混ぜてみた

宮本先生の現役時代のも…

しょっぱい実況者ですが、耐えてご覧いただきたい。

05MOI 都築奈加子 宮本賢二

都築奈加子さんって…雰囲気あるわあ…素敵です…(*´Д`*)

宮本先生・・・エロカッコいいです。

おまけ

動画主様の説明によると…

解説っていうより”みやけんによる大ちゃんのここが大好き♪”な萌えダダ漏れなコメントをお楽しみくださいませ。

…とのこと。納得。

高橋大輔 2006 NHK杯EX (宮本賢二解説ver.)

D高橋…

勿論怪我が治ってからでOKなのですが

“Time To Say Goodbye”プロ…

作っていただけませんかね?

(何か…五輪EXプロは「コレだ!」という情報があった気がします。宮本先生振付とあったような…気のせいですかね?怪我で予定が狂ったのかもしれませんね)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

織田の殿とあっこちゃんは…

引退後これからも仕事がどんどん増えるかもしれませんな。

…と思ったらこんなニュースもあった。

織田信成、『本当にスゴい実話』で初司会「ものすごく光栄です!」

マイナビニュース 4月17日(木)22時0分配信

元フィギュアスケーターの織田信成が、衝撃的な実話を再現ドラマで紹介する『本当にスゴい実話』(フジテレビ系 5月3日21:00~23:10)で、テレビ番組の司会に初挑戦することが17日、明らかになった。

『本当にスゴい実話~世界が驚いた史上最強ミラクルストーリー!今こそ知っておきたい逆転だらけの2時間SP』は、逆転に成功した"ミラクルストーリー"を再現ドラマで紹介するバラエティ番組。どん底生活から意外な方法で復活して夢をかなえた人や、絶望の状態から奇跡の再会を果たした人など、人生の大きな転換を経験した人たちを徹底的に掘り下げる。

司会は、『ウチくる!?』など多くの番組で司会を務めるタレントの中山秀征と、元フィギュアスケーターで昨年現役を引退してからスポーツコメンテーターとして活躍している織田信成が務める。織田は「ものすごく光栄です!」とテレビ番組初司会を喜び、「初めての経験で緊張もありますが、しっかりと番組を盛り上げられるように頑張ります!」と意気込んでいる。

一方の中山は、織田について「感情を表に出すアスリートの方という印象」と言い、「MCとしてもそのスタイルで、ぜひ臨んでいただきたいです」とコメント。そして、「事実は小説よりも奇なりと申すように、世の中には何か不思議な力で導かれてしまう事が起こるものだと思います。そんな世界を体験してみたいです」と期待を寄せた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

スゴイよ…殿…

やはり見てる人は見てるモンですね。

当たり前のことなのだが…

フィギュアスケート…現役を引退してからの人生は長い。

これからも…表舞台でなくとも

充実した人生になりますように…
(勿論他の引退した元選手、引退を考えてる選手もね☆)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2014年4月 3日 (木)

神戸チャリティニュースを集める~去就について焦らせないで―そして“餅”

浅田真央(mao asada) 東日本大震災チャリティー演技会

☆☆☆☆☆☆☆

真央、募金活動3時間の大盛況「少しでも力に」/フィギュア


サンケイスポーツ 2014.4.3 05:02

フィギュアスケートの世界女王・浅田真央(23)=中京大=が2日、神戸市のポートアイランドスポーツセンターで開

催された『東日本大震災チャリティー演技会2014』に出演した。演技後の募金活動には2500人を超すファンが“

殺到”。右膝の故障で世界選手権を欠場した高橋大輔(28)=関大大学院=らとともに3時間、寄付金を募った。

 世界女王となった真央が、震災からの復興を支援する演技会に参加した。午後8時からの募金活動には2520人と発

表された観客が長蛇の列をつくった。時折求められる握手にも応じ、募金活動が終わったのは3時間後だった。

 「五輪も終わって気持ちも落ち着いて、何かできることはないかとイベントに参加した。まだ復興していない地域もあ

るので、少しでも力になれればいいと思う」

 4年ぶり3度目の優勝を飾った世界選手権は先月30日に閉幕。3日後のこの日、真央は復興の願いをテーマにした演

目を披露した。白と淡いブルーの衣装で最後に登場。2011、12シーズンのプログラム「ジュピター」で観客を魅了

し、スタンディングオベーションに笑顔で応えた。

 世界選手権直後に「終わったばかりなのでまだハーフハーフ(半々)」と発言した自身の進退については触れなかった

。今後もアイスショーに参加するなど、日程は大忙しだ。

★大輔決断急がず

 高橋大輔は演技せずに進行役を務めた。注目の進退については「続けるとなれば1年、2年でなく次の五輪を目指して

しまう。相当な覚悟がいる。覚悟を持ったら現役を続けたい」と複雑な心境を吐露。「(春や夏の)ショーに向けてスケ

ートと向き合う中で、ゆっくり考えていけたらいい」と決断を急がない考えを示した。

(紙面から)

☆☆☆☆☆☆☆

【フィギュア】真央「これからも」復興支援 進退の言及はなし


2014年4月3日6時0分 スポーツ報知

 3月のフィギュアスケート世界選手権で、日本勢最多となる3度目の優勝を果たした浅田真央(23)=中京大=が2

日、神戸市内で今年で4度目の「東日本大震災チャリティー演技会」に初参加した。演技後の取材で進退について言及は

なかった。

 座長を務める高橋大輔(28)=関大大学院=の呼び掛けで参加。震災後、「誓いや願い、希望をテーマに作った」と

いう2シーズン前のプログラム「Jupiter」を披露した。世界選手権期間中、他の日本代表選手らと日本スケート

連盟の橋本聖子会長(49)と「個別相談」を受けていた。真央は、「今年は特に自分が目指していた最終地点が終わっ

たので、何かできることがないかなと思い、参加した。これからも、いろんなことに参加していきたい」と語った。

☆☆☆☆☆☆☆

真央 復興の願い込め舞った 高橋誘いに“友情出演”


スポニチアネックス 2014年4月3日 05:58

 “友情出演”でファンを魅了した。フィギュアスケートの「東日本大震災チャリティー演技会」が神戸・ポートアイラ

ンドスポーツセンターで行われ、3月の世界選手権を制した浅田真央(23=中京大)が出演。

 同演技会の発起人の一人である高橋大輔(28=関大大学院)から誘いを受け、当初は出演する予定がなかったが、3

月31日に急きょ出演が決定。11―12年シーズンのエキシビションで演じた「ジュピター」を披露した。「参加でき

たことをうれしく思う。(ジュピターは)誓い、願い、希望をテーマに作ったプログラムなので、復興のイベントに一番

ふさわしいと思った」。進退に関するコメントはなかったが「チャリティーもまだあるし、今年はいろんなことに参加し

ていけたらいい」と話し、演技会終了後に3時間の募金活動を行った。

☆☆☆☆☆☆☆

高橋大輔 現役続行は?「相当の覚悟がいる」


スポニチアネックス 2014年4月2日 21:04

 ◇フィギュアスケート 東日本大震災チャリティー演技会(2014年4月2日 神戸・ポートアイランドスポーツセ

ンター)

 高橋は、右膝故障の影響で演技はできなかったが、あいさつや選手紹介などのトークで存在感を発揮した。

 ソチから帰国後は氷に乗ることなく休養。浅田と同様、進退に注目が集まっており、「続けるとなると1、2年じゃな

く次の五輪を目指してしまうと思う。相当の覚悟がいる。今までみたいな考え方や態度、生活の送り方では現役をできな

い」と持論を展開していた。


☆☆☆☆☆☆☆

浅田選手が希望の舞 東北支援へチャリティー演技会 神戸


神戸新聞NEXT 2014/4/2 22:33

 フィギュアスケートの「東日本大震災チャリティー演技会~復興の街、神戸から~」が2日、神戸市中央区のポートア

イランドスポーツセンターで開かれた。世界選手権女子で4年ぶりに優勝した浅田真央選手(中京大)が急きょ参加。華

麗な舞で2520人の観客を魅了し「神戸も東北も、まだ復興していない部分がある。少しでも力になればという思いだ

った」と語った。


 ソチ冬季五輪男子6位の高橋大輔選手や姫路市出身のフィギュアスケート振付師宮本賢二さんらが2011年に初めて

企画。けがのため演技をしなかった高橋選手は「4回目になるが、続けられてよかった。東北に気持ちを届けられたら」

とあいさつした。

 バンクーバー五輪代表の織田信成さんのほか、地元兵庫から全国中学校大会女子優勝の三原舞依選手(神戸市立飛松中

)や2位の坂本花織選手(同市立渚中)、国体成年女子覇者の上野沙耶選手(関大)=明石市出身=らも参加。オークシ

ョンや募金活動もあり、経費を除く収益が日本赤十字社に寄付される。(小川康介)


☆☆☆☆☆☆☆

<フィギュア>高橋、今後の去就「ゆっくり考えていきたい」


毎日新聞 2014年04月02日 21時39分(最終更新 04月02日 22時02分)

ソチ五輪で6位入賞したフィギュアスケート男子の高橋大輔(関大大学院)が2日、神戸市立ポートアイランドスポーツ

センターで開かれたチャリティー演技会に参加した。今後の去就について高橋は「4月ぐらいからアイスショーの準備も

あるのでスケートと向き合って行く中で、ゆっくり考えていきたい。今は特に考えていない」と述べ、来季以降、現役を

続行するかどうか明言しなかった。

 高橋は3月末の世界選手権は右膝慢性関節炎のため欠場したが、順調に回復しているという。仮に現役続行を決断した

場合、「続けるとなると次の五輪を目指してしまうと思う」と、2018年平昌五輪まで現役を続ける意向を示す一方、

「勢いで決めることはできないし、今までのような考え方や生活の送り方では現役はできない」と複雑な胸中をのぞかせ

た。【藤田健志】


☆☆☆☆☆☆☆

去就について…とかいうの…

彼ら二人が公に出る度に言われちゃうとしたらヒジョーに気の毒だ。(ーー;)

しつけえよ…(-゛-メ)

決まったら言うってばよ…

マスコミさんも手柄上げたくて必死なのは分かるけど

イチイチそんなこと聞かない無粋じゃないメディアさんに最初に話すことになるかもしれないよ。

(「北風と太陽」の例えじゃないけれども)

今日「ひるおび」なる番組を大・真央の名前で釣られて見たら…

神戸チャリティについてちょこっとしか触れず…

本田真凛ちゃん特集になってました…(^_^;)

(いやあ~最近のお子様達って脚長いねえ…)

上記の記事の数々も去就中心だもんナア…

チャリティの主旨と言いますか…

その辺ももうちょっとお願いしますよ…m(_)m

でも我がブログにコメントしたくださった方の御意見通りと言いますか…

このタイミングでこの演技会に参加を決めた真央ちゃんに…

GJ!!!!!

と改めて申し上げたい。

大輔さんの存在感を徐々に無くそうとする動きを感じていた…という事情もありまして…
(…というか神戸チャリティの存在ですかね。下手すりゃ昔ゲストに呼ばれていた方が主催扱い!?…な取り上げ方もあったと聞きます。ダメでしょう。それだけは。)

真央ちゃんが参加すれば報道しない訳にはいかないもんな。

大輔さんではなく、別の主催者の策かもしれないし

真央ちゃんからの申し出なのかもしれませんが

「お主ら、なかなかやるな…」

と思いました。

そしてこんな素敵な素敵なツイートに私は反応せずにいられなかった。


キャーーーーーー!!!!!***ヾ(≧∇≦)ノ"***

ホント、レアですよ!!!

“eye”の一部もやってくれたそうですな…

行ったかたがねたま…羨ましくて仕方ありません!!!

実際行った方のレポなど拾い読みして…

ハンカチを噛み締め…想像して楽しもうと思っちょります。

☆☆☆☆☆☆☆

まっきー様、ネタにさせていただくよ!

【期間限定配信中】2014年度 関西大学 入学式メッセージムービー

最初出てくるフィンランド出身の「アンチ」さんという名前がツボでした…
(しかもフィンランドですよ…「あの動画」をどうしても思い出してしまいます…)

でも日本語、実にナチュラルです。上手いです。

「高橋大作」というアナウンサーの方も気になりました。

(昔おフランスのフィギュア放送で“ダイサク・タカハシ”とか紹介されてた記憶があります)

上海出身の王さんの話し方、話の展開の上手さも光りました。

若干緊張気味ながらも立派に務める町田君

“ハートフル”な殿。

そして…我らが大将…D高橋…

メッセージ自体は素敵だとして…

噛んだーーーーー!!!∑(゚∇゚|||)

…と思った人間は私だけではないと思う。

「餅」「黒光り」

という動画タグを付けたくなってしまった私をどうかお許しください…

でもホント…改めてこんな時に言うのもなんですが…

「チャラい」と感じていた頃と比べると…

「顔」が変わりましたね…

地位や経験が人を作る…とはこのことですかね。

最後に

自虐ネタ含めての気遣いのご挨拶…

大将もお疲れ様でした。

そして参加したスケーターさん、裏方の方にも感謝。

これからも続けてくださいね。

本田武史先生は…お大事に…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年3月30日 (土)

更に高橋大輔“Bachelorette”に浸る

ブログで一度語ったらもう、ええやろ!
お前はそんなにこのプログラムが好きなのか?

…と問われたら

「はい。好きです」

と答えるだろう。

照明が「血の池地獄」っぽいスケアメEXを載せる。

高橋大輔 2007 スケートアメリカ EX

アンコールまでついている…
ロシア語解説の方の「フフッ…」という笑いが気になる。
微笑ましく興味深く見てくださっていると想像する。

いや、もう、前回で特集なんてやめて良いんですよ。別に。

でもね…

どちらかというと「ビョークについて語る」っぽくなってしまったかな…と思った訳で。

今度は“Bachelorette”の「高橋大輔」についてもっとちゃんと語りたいかな…と。

高橋大輔はプログラムに入り込むと人格が入れ替わったように見える時がある。

VASのNHK杯の時もそうだったと思うし、全日本の「道化師」もそうだ。

いや、今まで滑った全てがそんな感じよ!!…と主張される熱狂的ファンもいようが、
まあ、これは個人的感想だ。

で、これも例外ではない。

終了後、舌をペロッとやるが、それで妖艶モードが一気に「解除」される。

その後笑顔で観衆に向かって手を振る彼には妖しさの欠片もなくなる。

原真子さん著「STEP!STEP!STEP!~」の最後の方にカメラマンさんから見た高橋大輔が語られていたと思う。
「高橋大輔」を撮影する難しさ…という見出しのあとがきにて(小林健さんとおっしゃる方だ)

リンクを降りると、先程まで氷上で熱い視線を集めていた男が発していた「芸術家オーラ」がない。

氷を降りると「フツーの青年」と。

イチローが持つ孤高の侍のような超然とした雰囲気はなく、かといって八方美人タイプでもなく、
無色透明でないけれども、何色にも染まっていないと。

とにかく「わかりやすい」被写体ではなかったらしい。

どんな写真が「高橋大輔」らしいのかという問いの答えが今も「ない」とこの時は語られていた。

今はどうなのかは知らんが、「わかりやすくない」のは今もだろうと思う。

そういう人間だからこそ、この特異なプログラム(バチェね)にも平気で入り込んで行けるのだろうとは思う。

独特の「気持ち悪さ」と共にまず感じたのは、このプロが「動きっぱなし」であるということ。

「全部ステップですか!?」と言いたくなるほど動いていると思う。
(大げさか?ステップが「ツナキですか?」のトップ選手もいないこともない)
コテコテの繋ぎプロだと思う。
EXでコレってかなり消耗したんじゃないかな?当時。どうなんでしょ?
今以上に野心的で若さもあったから疲れは感じなかったかな?
優しい兄貴分のようでいて、結構その辺、宮本先生は「鬼だ」と思う。
縦横無尽なエッジコントロールと言おうか…出来る奴には振付師は詰め込む傾向があるようだ。
困ったものである。(もっとやれ!)

止まって不思議な動作(?)もあるが、止まって休憩してる感じは微塵もない。
妖しい空間をそこでもしっかり支配している。

「アスリートの魂」でやっていた「エッジの傾き」アピール。

「月光」よりアピール出来てるのは「コレ」じゃね?と思ってしまった。

エッジ、深いですよね?

まだこれを見始めた時期ってのは「エッジ深い」の意味分からんかったけれど、
(「何?それ、美味しいの?」…ってな感じですよ)
「すっげえ傾いてんなあ…倒れないのかなあ?」
なんて呑気に見ていた。

大輔…やはり、五輪SPは、モロじゃなくて宮本先生に依頼しないか?

…脱線しそうなので“Bachelorette”に戻ろう。

もう、出だしから「振付の勝利」って感じ。

このスケアメ動画は表情のデカ過ぎるアップから始まる。

フツーの青年から何かに「変化」してる様子が映し出されるのは嬉しいが、
最初の全体のボディームーブメントがオリジナリティに溢れていて実に良いのに!
それを撮さずどうすんねん!?…と叫びたくなる。
(だから前回、動画3パターン載せたんすよ)

某振付師の「顔撫で」、某女王様の「首撫で」は「もうええわい!!」となるのだが、
出だしの体中撫でくり回すような動作、エロいが独特の様式美がある。
ありきたり感はない。
彼を生理的に好かない方は顔をしかめるかもしれないが、
ファンは「いいぞ!もっとやれ!!」…ってな心境になるだろう。
滑り出す前のちょっと誘って引く動作なぞ高橋△としか言い様がない。
衣装も合わせて黒豹のようだ。

「客いじり」とまではいかないが、
「あの表情」でゆらりゆらり近づいて来られたら端のお客様、正気でいられない人もいると思う。
「キモイ」と思うか「魅せられる」か…この辺はお客様との勝負でもある。

徐々に低い姿勢から立ち上がっていくとこも好きだし…

妖しげな目で目の前の「何か」をこねくり回し、「何か」が弾ける。

この何かは誰かの「魂」か?それとも彼のか?それは分からない。

で、この人、決して「スピナー」という訳ではないのだが、
(一時期ステファン・ランビエールのスピンを羨ましがっていたよねえ…)
他の振付にしても、スピンにもキチンとプログラムの世界観を反映させているというか、
ただ「キレイにスピン回ってます」という感じではないのが好きだ。

これ、意外にやってる人少ないかもしれん。

出だしなぞ、噴水を思わせるし(歌詞I'm a fountain of blood~で始まるしな)
クネクネ踊りながら回っている…で、暗黒舞踏的不気味さもしっかり表現されている。
シットスピンも悪くない。情念の赴くままに回っているのか…競技よりよく見えるくらいだ。
この時期スピンの評価はあまり良くなかったようだが、EX見ると
「うまいじゃん」
と思っていた。競技だと回転数数えなきゃいけないから本能の赴くままに…とはいかないのかもしれん。

で、「首絞めスピン」の良さは勿論(これ、好きな方多いと思われる)
男子には珍しいレイバック・スピン
身体カタイことで有名だったのに、コレの完成度がなかなかだった…というのも
高橋大輔の七不思議の一つだ。
気圧に弱いくせに「首ガーーッと」やるのは平気だったりするのも謎だ。
(これは説明つく?)

これは、ブルースの時にも道化師の時にもザ・クライシスの時にも思うのだけれど
このレイバック・スピンが作品に非常によいスパイスを与えてくれている。
(しかも、その曲その曲で効果が異なる)

“Bachelorette”のレイバック体勢は一瞬なのだけど、
この前後の動きと相まって情念の炎メラメラで近寄ると火傷しそうな感じ。

ラストの「心臓を差し出す」ような
決してハッピーじゃない終わり方。
あの表情。

う~ん…長々書いたが、何か語り足りねえ…

このプロは何なのだ?

また別のことと絡めて「コレ」に語る機会をつくるかもしれない。
(え!?もういいよ!ってか?)

眠くなったので今日は寝ます。
(日が変わってしまった…)

このプロは謎が多いままにした方が良いのかもしれない。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年3月28日 (木)

高橋大輔“Bachelorette”に浸ってみる

繰り返しになるが、私が大輔ファンになったのはあくまでバンクーバーより。
まだそれについて語ってないが、“EYE”“道”プロが大好きだ。
(そう。まさに“DAISUKI TAKAHASHI”である)

そして、「このスケーター好きだ~!一生ついていきます!」
…となったのが、今回ご紹介する“Bachelorette”
これは「プログラムを見る」というより「プログラムに浸る」という表現の方が私にとっては正しい。
ついでにいえば宮本賢二先生ファンになったのはこのプロ見てからだ。
ホント、この演技動画見続けました。嫌になるほど。
最初見た感想は

「この人、絶対変だ」

身も蓋もない物言いだが、最初の率直な感想はそれだ。
そして、

「この振り付けした人も、おかしい」

なのに、何故か様々な大会やショー動画の「コレ」を見続けた。
自分でも何故惹かれるのか分からなかった。

ちょっとニコ動のものを幾つか貼ろうと思う。

この中のどれか一つで良いのだが3つ貼ることにする。

この中から一つ適当にご覧になるのも良し。全部見るも良し。

そのうち、“THE ICE”のものには短いインタビュー有り。

高橋大輔 2008 世界選手権 EX

2007 GPF EX Bachelorette

高橋大輔 2007 The Ice Ex

大輔…若い。そして、どういう風に魅せたいのか話してくださっている。通訳が必要かもしれないが…
それにしても…“THE ICE”でコレやったのか…と改めて思う。
解説がうるさく感じるのがちょっと玉に瑕な動画。

正直、ビョークは決して好きなタイプのミュージシャンではない。

歌声と容姿のインパクトがあって、覚えやすい人物ではある。

でも某英国ロックバンドのファンだった時期、彼女がThe Sugarcubesというバンドにいた事は覚えている。
今でもそうだが年齢不詳。↓このPVはうっすら覚えている。
アイスランド出身の歌手だが、日本人から見て親しみやすいようなそうでないような不思議な容姿。

The Sugarcubes - Hit

可愛らしい中にちょっと不気味さがあって…
ピュアな中の「ヤバさ」があって…
ちょっと楳●かずお先生の登場人物っぽい気がしないでもない。

Bacheloretteの動画も載せてみる。

【高画質】Bjork - Bachelorette【PV】

この人の歌声を聞くと、
終わらない悪夢を見てるような
そして何故か「胎内回帰」という言葉さえ浮かんでくる。
人の生理にジワリジワリ入ってくる感覚。
声も可愛らしいけどどこか怖いのだ。
好きじゃないけど、決して無視出来ない。
それがまた心地よくない。

これを聞いて心地よく思う方もいらっしゃるかもしれないが、
私はそうではないらしい。
とはいえ、私も友人等から見て
「気持ち悪いの聴いてるなあ・・・」
と言われることもあるのだけれど。

I'm a fountain of blood
In the shape of a girl
You're the bird on the brim
Hypnotised by the Whirl

(訳)
私は女の子の姿をした血の噴水
あなたは精神の混乱によって
催眠術にかけられた淵にいる鳥

いきなりこんな感じで始まる。

これを男子…しかも、日本の選手が滑ったのかよ…

いや、逆に「日本男子」だからこそ「コレ」をスケートで表現出来たのかもしれない。

どんなに表現力あっても、英語圏…いや、それ以外のヨーロッパ語圏の国でもやらないな。男子は特に。
上手く言えないけれど、
何か「タブー」を冒している感じになってしまいそうな気がする。
(ジョニー・ウィアー姐さんならやれるかもしれない。表現法違うけど)
男性が踏み込んではいけない領域に入ってしまうような…
日本以上にその辺は窮屈なところがある。
男性が女性的なものを演じることに抵抗ありそうな。
大輔がやると“女性”というより中性的で
よくファンの方がおっしゃるように「人外のもの」とも言えないこともない。

コストナーさんが別のビョークの曲をEXで使用していたが、
その曲はビョークの中では明るく、可愛らしい(あまり毒がない)雰囲気のものだ。
これには「問題」の欠片も見つからない。ま、女性スケーターだからてのもある。

「辺境の国」日本だからこそ出来たのかもしれない。
そして特異な才能を持つ高橋大輔だからこそ成り立った。
このアイデアは大輔だろうか?それともやはり宮本賢二先生か?
どちらにせよ、

「これは問題作だ」

と思う。大げさかな?いや、ホントそのくらい衝撃的だったのですよ。
「意欲作」でもいい。
生理的に嫌な部分を刺激されながらも無視できぬプログラム。

大輔&宮本先生に完敗した。

もっと早くファンになれば良かったと、地団駄踏ませたのも「コレ」である。

コレにハマるとなかなか日常に戻っていけなくて困る。

つくづく罪な男である。

ビョークのミュージカルのようなPVもついでに載せよう。
これは可愛らしい。コストナーさん使ったのこれかな?
スパイク・ジョーンズ監督作
[PV] Bjork {ビョーク} - It's Oh So Quiet

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

MEMO

「この人、変だ」
「振り付けした人もおかしい」

…と思ったものがもう一つある。

浅田真央「鐘」である。

これにもハマった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年3月13日 (水)

和モノで攻めろ

おヨナさんの記事を書いているうちに
大和民族の血が騒ぎだしたのか
(更にその前は欧州についてちょいと触れていた)

それとも今季の無良崇人君の飛躍のせいなのか?

和モノ…和テイストのプロを小特集したくなった訳で。

無良君以外、世選代表メンバー当てはまらないじゃねーかよ!!

そのとおり!(by児玉清)

という訳で和モノ特集。(今季以外のもの含む)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

まず、今季無良崇人君のプロから。
無良崇人 2012 TEB FS[フランスお茶の間]
フランスお茶の間だけど、ロロ不在ナリ。

日本の戦国時代を舞台に,1人の大名となって天下を統一する戦に挑むストラテジーゲーム,「Total War: Shogun 2」というのがあるらしい。
しかも何故か英国製。そのサウンドトラックから拝借した曲らしい。

Total War: Shogun 2 Music - Ona Hei

ゲームに興味はないが、曲は雄々しくて無良君の雰囲気にあっている。
四大陸ではNEW衣装だったが、私は「鬼●郎」と言われようがちゃんちゃんこ推しだ。異論は認める。

TVガイド北海道臨時増刊 KISS&CRY~氷上の美しき勇者たち 日本男子フィギュアスケート TVで応援! BOOK(4月18日号)

改めて見ると長え雑誌名であることよ…

買っちゃった…テヘッ(ノ∀`)heart01

…我ながら可愛くねえ……キャラに合わないことはやるべきではない。

「TVガイド北海道」の臨時増刊だったのか…と買ってから気づく、北海道民がここに存在する。

日本女子ファンブックはまだ北海道の店頭にはまだ並べられぬようだ…
まあ、それは置いといてKISS&CRY日本男子本。
世選行きの日本男子大特集。その中で無良君のページに思わず目を留める。

「視聴者は下克上が見たい!日本男子、第三の男」

煽ってくれるねえ…彼について語る際、「下克上」のキーワードは外せないようだ。

そして残念ながら今季世選出場出来なかった、殿こと織田信成選手のコレ。

織田信成 Grand Prix Final GPF SP 2010[ロシア解説]

そして残念ながら今季世選出場出来なかった、殿こと織田信成選手のコレ。

織田信成 Grand Prix Final GPF SP 2010[ロシア解説]

吉田兄弟のstormという曲らしい。いいね、いいねえ、改めて。
スピンも忍者っぽい。忍者技炸裂しているようにも見えなくもない。
凄い加点のジャンプも加わり、良いプロ・演技。
彼には若干お笑い要素を求めてしまうのだが、忍者も良し。
殿なのか、忍者なのか。それが問題だ。

今度は女性。源氏物語か。
【HQ】 荒川静香 2011 Caesars Tribute II "夕顔"



アジアンビューティ、ここにあり。
宮本賢二先生、憎いほどいい仕事してくれるぜ。
ちょっと欧州の香りもするような。

弟分のも載せよう。
2010 OG 高橋大輔 EX



これは完璧な和モノとして扱ってよいものか?とも思うが
「いいんです!」(by川平慈英)ということにしておこう。(おい!)
美しい滑りが堪能できるし、宮本賢二氏振付なのだが物足りない思いもある。
この人には濃厚なものを求めてしまう。
クラシックも似合う男なのだがね。
この頃、それほど昔でない筈なのに「若い」
さて、今季ワールド、どう攻める?

先ほど殿忍者を挙げたが、この忍者もご紹介。
上位になかなか食い込まないけれど人気者。
佐々木彰生 2011JNC SP

「日本舞曲第五番 指打鍵盤切捨御免」ってのがまた…。
このCD欲しいかも。指導者なのか?この人なのか?センス有り。
斬ったのか、斬られたのか?それが問題だ。

これも好評。

【フィギュアスケート】 町田樹 Japan Super Challenge 2012

アランフェス侍、見参!!
岡っ引きのような、必殺仕事人のような…でも多分侍。

 

おまけ

イリヤの日本刀 クーリック 1998長野五輪 エキシビション


王子侍、 りんごほっぺ侍、脚長侍、ロシア侍…まあ、どれでも良いわ!
剣さばき妙に上手いのがまた…それも含め流石金メダリストである。
ジェダイの騎士、剣がないと、カンフー修行中にも見えないこともない。

さらにおまけ。
「鐘」に合わせたMAD動画。これ、怖さもあるけど好きなのです。
祝五輪銀!Mao Asada 浅田真央×川井憲次/傀儡謡



EXや引退後でも良いけど…真央和プロ希望
巫女さんみたいだから…という訳では…ある。
宮本賢二先生、如何でしょうか?巫女プロ?

世選気になるのに
何故こういう企画をやりたくなるのか…

それは大和民族だからだ。

…すみません。答えになってませんね。

気持ちが落ち着かない故の行動と、大目に見ていただきたい。

おやすみなさい。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年1月22日 (火)

衝撃のケヴィン君とケンジ・ミヤモト

まずはケヴィン君、優勝ではなかったがおめでとうと言わせてください。

そして宮本先生、いい仕事してますね!good

どうしてもキ●ガイのようなジャンプ構成のことばかり言われがちなケヴィン君だが

この子、実は表現力高いよね?

れっきとした成人男性で背もでかいけれど
性を感じさせない
(でも構成は「漢」)
存在が生々しくないというか
妖精に例える人もいる。

なんだかある女子選手の顔が思い浮かぶのであるがそれはおいといて

そんな彼の魅力が宮本先生の振付でより活かされている。

腕の使い方もキレイ。
白鳥のよう
出だしから心掴まれる

スケーティングもキレイになっていたような
ラストまでスピードが落ちていない.
ラストの荒ぶるようなステップ

そしてなんといってもこの日の彼はノっていた

しばらく繰り返し見ることになりそうだ

日本人選手にとっちゃ
下手すりゃPさん以上の強敵になる可能性大。

これから男子の勢力図がまた読みにくくなるかも
とはいえ、今清々しい気分になっている。

一応Pさんのも載せておこう。




とんでもなく悪くはないがフリーは1位にしちゃあかんでしょう。
振付は良い.やはり男性振付師の方が相性が良いのか?

彼をフリー1位にしたジャッジに



♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

memo

「火怨・北の英雄 アテルイ伝」を第1回目、第2回目見る。

第1回目の最後の方の大沢たかおはランボーになっていた。
(炎の矢を放つシーン有り)
近藤正臣は桓武天皇役であり、
「なぜエミシはヤマトにしたがわぬのじゃ~」というようなセリフがあったのだが、
相変わらずの近藤正臣節で嬉しくなった。

北村一輝は大沢たかおの友人役。
この人はアイヌの濃さというより、
「あなた、イタリア人でいいわ」
と言いたくなる濃さであった

今日出勤する前まで
録画した「ダブルフェイス潜入捜査編 」途中まで見る。
小日向文世・香川照之が怖い。
西島秀俊も好演。この人はNHK「八重の桜」でヒロインのお兄さん役もやっているのであるが
先日の道場での稽古(というか決闘?)シーンでのこの人の上半身の鍛え方が我が家で話題になった。父は何故かショックを受けていた。
まさに細マッチョ。

その他のカテゴリー

「あの選手」 | おすすめサイト | おヨナさん | ご挨拶 | どーでもいい話 | アイスショー | アイスダンス | アグネス・ザワツキー | アシュリー・ワグナー | アダム・リッポン | アデリーナ・ソトニコワ | アドリアン・シュルタイス | アニメ・コミック | アルトゥール・ガチンスキー | アレクセイ・ヤグディン | アンナ・ポゴリラヤ | エフゲニー・プルシェンコ | エマニュエル・サンデュ | エリザベータ・トゥクタミシェワ | エルビス・ストイコ | エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ | オススメ動画 | カロリーナ・コストナー | グルメ・クッキング | グレイシー・ゴールド | ケヴィン・レイノルズ | コンスタンチン・メンショフ | コーチたち | ジェイソン・ブラウン | ジェフリー・バトル | ジェレミー・アボット | ジョニーウィアー | ステファン・ランビエール | スポーツ | デニス・テン | トマシュ・ベルネル | ニュース | ハビエル・フェルナンデス | ハンヤン | フローラン・アモディオ | ブライアン・ジュベール | ペア | ペーター・リーベルス | マエ=ベレニス・メイテ | ミハル・ブレジナ | ミーシャ・ジー | ユリア・リプニツカヤ | ヨガ | ラジオ | レイチェル・フラット | レジェンド | ロシアっ子 | ロシア事情 | ロシア語 | 今井遥 | 佐々木彰生 | 前置き | 北●鮮ネタ | 古布団 | 大いなる妄想 | 太田由希奈 | 女子フィギュアスケート | 安藤美姫 | 宮原知子 | 宮本賢二 | 小塚崇彦 | 張可欣 | 怒り・ツッコミ | 振付師 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 有田 | 本田武史 | 李子君 | 村上佳菜子 | 浅田真央 | 浅田舞 | 漢フィギュアスケート | 無良崇人 | 犯罪 | 町田樹 | 経済・政治・国際 | 織田信成 | 美容・コスメ | 羽生結弦 | 芸能・アイドル | 若手女子選手 | 若手男子選手 | 英語 | 荒川静香 | 鈴木明子 | 長洲未来 | 韓国関連 | 音楽 | 高橋大輔 | Pさん

フォト
無料ブログはココログ
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー