コンスタンチン・メンショフ

2013年11月25日 (月)

前略 ロシア杯より~コンスタンチン・メンショフ先輩

色々気になるロシア杯だったが

町田君に関しては何故か「調子悪い」という話があっても

何故か心配しなかった。(あくまでも勘によるものですが…今季は大崩れしなさそうな気合があったからかな?)

なので…

ロシア杯での町田君の話はナシで(笑)

表彰台に乗れなかったながら

気になった人を取り上げたい。

男子シングル・ショート得点詳細

男子シングル・ショートジャッジスコア

男子シングル・フリー得点詳細

男子シングル・フリージャッジスコア

男子シングル総合結果

2013 COR Konstantin Menshov SP B.ESP

鳥(のような何か)が彼の元から飛び去ったのか?

また「ここにいるよ」なのか?

ちょっと気になった。

ピヨピヨ音の部分でのスピンというのはなかなかシュールな図だった。

でもこの衣装、好きだ。

2013 COR Konstantin Menshov LP B.ESP2

この人は王子様キャラでもないし

皇帝オーラがある訳でもなく

際立った華がある選手でもない。

非常に真摯に競技に向き合っているコツコツ型の選手。

初めて見た時から眉が目立たないお顔だ…と思った以外にも(失礼!)

どこか存在が気になって仕方がない選手だった。

真面目なんだけど何処か曲者の匂いがするからかしら?

バレエに例えれば

クラシックよりコンテンポラリーが似合いそうな雰囲気。

(余計なことだがス●フキンに何となく似ている気がする。そう。タレミミの好きなキャラの一つだ)

ロシア杯を見てつくづく思った。

嗚呼…メンショフ先輩をソチ五輪に参加させたいっ!!(;д;)

男子シングルロシア選手の中で一番推しはガチンスキー君だったのだが
(勿論今でもナショナル頑張れ!o(゚Д゚)っ超頑張れ!!…な気持ちはあるサ…それにしても…「ガチンスキー」という名前はユニークだよね。私が一発で覚えることが出来た名前だ)

冷遇されようが

上げ採点?何?それ美味しいの?…な扱いを受けようが

国別にて救急車で運ばれようが(嗚呼…(ノ_-。))

腐らず頑張るこの人を見て…

やはり心が動かされてしまうのよ…ホント…

(セルゲイ・ヴォロノフ君も色々あって…応援したい気持ちもあるが、やはり私はメンショフ先輩なのだ)

そしておそらく旧採点を経験していながら

キチンと新採点に合わせている柔軟性があるのよ…

…そして…

レオノワちゃんと共に「あまり育成に力を入れられなかった」例えで語られていたのを何処かで目にしたのだが
(才能ない…と見られていたのだろうね…)

振付のおかげもあるのかな?

この人、不思議な持ち味持っているんよ。

膝が固そうだなあ…とは思ってしまうのだけれど(^_^;)

この人正統派のものは似合わないかもしれんけど

才能あると思うのよ。表現面で。
(もしかしたらロシアで育たなかった方が幸せだったかもしれん。とはいえ、このジャンプはやはりロシア持込といえるのか?)

一般的な人気はヤグプル程いかないにせよ

面白いモノ持っている人だと私、断言したい。ホント。

う~ん…その辺上手く言葉に出来ないのがもどかしい…

…なのでここで終了する。(おい!(゚Д゚)ノ)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

メンショフ先輩を見て聴きたくなった曲がある。

スナフキンのテーマ(おさびし山のテーマ)2

なかなかカッコイイ曲だと思う。

で…歌付きのも…あった…

なかなか渋い…

原作ではこんなキャラではなかったそうだが

アニメの初代スナフキンはやはり若き日の私から見ても魅力的な存在だったことは間違いない。

スナフキンのうた(おさびし山のうた・スナフキンのテーマ)歌付きフル

おまけ。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

こんなのも見つけてしまった。

スナフキンvs架空請求業者

スナフキン、最強。

では、おやすみなさい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年10月30日 (水)

ニース杯だよ!トマシュ・ベルネル(メンショフ先輩も)

なんだか…

8時だヨ!全員集合…みたいなタイトルっぽくなったが

内容はひたすらベルネルの動画を見、応援するだけである。
(シリーズ化しようかしら…)

やはり最近成績がパッとしなかったとはいえ、

日本にはコアのファンがいると見える。

ニコ●コ動画でSP,FS…1つの動画で一気に見られるものがありました。

(動画主様…愛を感じるよ…ありがとう)

トマシュ・ベルネル 2013 Cup of Nice SP+FS

男子シングル・ショートジャッジスコア

男子シングル・フリージャッジスコア

男子シングル総合結果

この調子で五輪も…お願いします!(>人<;)

ニース杯の他の選手の動画見ていないが

プロトコル見ると

結構スケカナに負けないくらい見ごたえある試合だったんじゃないかねえ…?

何げにVladislav SEZGANOV君とかいう子が

4回転ルッツを跳んでたりする…(残念ながらマイナス多かった)

そしてもう一人私が気になる人も出ていた。

コンスタンチン・メンショフ先輩だ。

MSP2 Konstantin MENSHOV RUS 2013 CUP OF NICE

CUP OF NICE 2013 Konstantin MENSHOV FS

国別ではヒヤッとさせるシーンがあり

今もその怪我は後を引いていないのだろうか?

…とも思うが、演技を見てみるとそれは分からない。

4-3をシレっと決めるベテラン…

はあ・・・

先輩は頑張っておられるようだ。

追伸

スケートと全く関係なくて申し訳ないが

メンショフ先輩にス●フキンの格好をさせてみたい・・・と。

犬の散歩時ふと思った。

(好きなんですよ…スナ●キン)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

表彰台には縁がない選手だけれど

スケカナ男子、録画見始めて彼↓の演技が非常に見ていて気持ちが良かった…と思ったので載せてみる。(このブログ初かな?)

動画お借りします。

Elladj Balde - Skate Canada 2013 - SP

バネありそうな体。

佐藤有香コーチかあ…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年4月13日 (土)

メンショフ先輩を讃え慰める

ここはタイトル通り、メンショフ先輩を讃え、慰める会場である。

メンショフ先輩…

イマイチ気乗りしないながら昨日テレビで国別見ていたのだが
メンショフ先輩のショートで少し気分が上がった。
動画のタグは「抱っこされる30歳」
トランコフさん、いい味を出している。
かぶりもののせいか、最初誰だかよく分からなかったが…
曲は映画『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』より「Lillies of the Valley」
これ、曲もプロも好きだ。
Choreography/Compositionの点
7点台がズラリ。最高で7.5。
う~ん…何故かPさん・大輔に比べるとどうしても低くつけられちまうな。
Interpretationには6点台まである…う~ん誰かが言う通り、各々の構成点はSSに連動してるとしか言い様がないな。
SS良くても曲解釈イマイチで、曲解釈良くてもSSイマイチだったりする人だっている訳で…
その辺もうちょっと見た目通りに付けてもらわんと困るよ…

コンスタンチン・メンショフ 2013WTT SP

トランコフの乱(ツイッター使用)の一件のことを知っていると
二人の並びが余計に微笑ましく感じる。
「笑ってください」と言われると「ぎこちない笑顔」「わざとらしい笑顔」しか作れない私が
思わず自然に微笑んでしまった。
なんと可愛らしいおっさん達であることか!

そして、「おソトさん」または「ソト子さん」とつい言ってしまう、
アデリーナ・ソトニコワ嬢の演技も気分を盛り上げてくだすった。
相変わらず擬音語で表現したくなるような爽快感を感じさせる演技。
礼を言うぜ、ソト子…
演技終了後、猫耳メンショフさん(動画タグは“ニャンショフ”となっていた)も楽しめる動画を載せる。

アデリーナ・ソトニコワ 2013WTT SP

なかなか愉快なキャラである。
古布団が一瞬アボットに見えてしまった…

そして、今日。

仕事が比較的早く終了し、
帰宅してこれからご飯を食べようかな~という時にメンショフ先輩登場!!

フリーの衣装は「練習着ですか?」と言いたくなる程シンプルなもの。
彼のスリムさがよく分かる衣装。
フリーの曲も好き。
この人が選曲しているのか指導者なのかはよく分からんがセンスあると思うんだな。

出だし良かったのに…

転倒した際に脱臼してしまったのか?

ソチ団体戦でこんな事態になり、ベストな状態で個人戦にいけない選手が出てきたらどうするのだ?

…そんな問題提起にもなった事件だと思う。

色んなもののせいにはしたくないが、氷に問題はなかったのだろうか?

妙な転び方やミスをしてる選手が今回多すぎる。
(それでもメンショフさんはショートミスなしだった訳だが)
単なる偶然であれば良いのだが。

選手よりI●Uの懐具合の為の大会…と言っては選手に礼を欠くのかもしれぬ。

が、五輪に向け、それに向かって選手たちが頑張っている訳で…

余計な大会やショーは勘弁して使わさい…と言いたい。
洒落にならんよ…

今季のユーロ派遣ならず、ワールド派遣もならず。
そこそこ結果出しているにも関わらず(派手な成績ではないけれど)
優遇されることがなかったメンショフ先輩。
背景を考えると余計に感慨深いものがある。

メンショフ先輩。

イマイチ気分が盛り上がらない中で
元気をくれたものの一つが貴方の演技でした!

怪我を治して、ソチ五輪に向けて
くさらず頑張ってください。

確かに私が一番に応援するのは日本男子選手だったりしますが、
貴方のような選手について、どうしても触れずにはいられなかったのです。

追伸

今回の男子フリーは生放送?

生でないとしたら、あのシーンは放送しなくて良かったのではないか?(´・ω・`)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年2月22日 (金)

惚れたぜ乾杯~メンショフさんに捧ぐ

鬱内容が続いた反動か。
めでたい方向に持って行きたくなった。

そう。
コンスタンチン・メンショフ先輩、ロシアンカップファイナルにて優勝。
おめでとうございます!!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

それでも古布団だか座布団とかいう小僧がワールド行くんだろ…
と、ヤサグレたくなる部分はあるのだが。
(古布団もそりゃ、良い選手だよ…だがな…割り切れないとこがあるのよ!)

ヴォロノフ君も「どーせ古布団が行くんだろ」みたいなこと言ってたようですが
結構良い演技だったようで…
何度か地獄見てるとその後強くなるってのはあるかもね。
よく投げ出さなかったよ。

ワールドに行けなくとも
何か男の生き様見せつけてやるぜ!みたいなところ。
いいねえ。しびれるねえ。
フィギュアスケートってのは妙なスポーツで、
点が高いからといって良い演技か…といえばそうでないところもあって(両立する場合は勿論あるよ!)
点が低くとも「何か良い演技だねえ」と妙な感動を覚えることもある。

当然だが陸上競技短距離なんかだと速い奴が文句なくナンバーワン。
野球でもフォームが美しいからといってホームランより2ベースヒットがより点数を稼ぐということはない。
(あったら暴動ものだ)
点数で揉めることが多い競技であるが、その妙に惹かれてしまった人間たちがフィギュアファンだ。

ホント、メンショフ先輩。
ジャンプの軸と着氷が怖いときがあるが
良い演技でしたよ。魂入ってたよ。
ワールドで高い点が見込めなくともやっぱり彼を出して欲しいなあ…
この人の年齢でしかもこの人種の中では、この人身体若いと思う。変な言い方だけど。
スリムだしおっさん臭さがないというか…腰周りがドッチャリしたりとかないし。
まだ辞めるのは早いよね。
これからどういう展開を見せるか…ワールドに古布団が送られ、五輪はまた別の人を皆頭に浮かべてると思うけど。

人生ってのは結構わからない。

五輪行く気で頑張れ!メンショフ先輩!!

ショートです。
Константин Меньшов, КП, Финал КР 2013

で、フリー。
Константин Меньшов, ПП, Финал КР 2013

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

で、タイトルのどこかで聞いたような言葉は何なのか?

それはある程度年季の入った方ならお分かりだろうが
マッチこと近藤真彦氏のヒット曲、「ホレたぜ! 乾杯」
作詞: 松本隆、作曲: 筒美京平、編曲: 後藤次利
( 第33回NHK紅白歌合戦 歌唱曲)
…から取った。

別にメンショフ先輩とは何のかかわりもない。

ただ、最近この曲名にひっかかるものを感じたのと
メンショフ先輩に惚れそうになっているのをかけて出てきただけだと思う。

こんな曲(マッチごめん)捧げられてもメンショフさんが困惑する( ´・ω・`)だけなのは分かっているが、
完全なる自己満足の世界。このブログはタレミミ・ワールドだから仕方がない。
頭に浮かんだものは取り敢えず出してみる…ってことで。
別にタレミミがアイドルを馬鹿にする以前に一時的にマッチファンだったこととは全く関係ない。

近藤真彦 ホレたぜ!乾杯 【歌詞付】

しっかし…自分で挙げていうのもなんだが、歌下手だなあ…
が、現在の若手歌手たちに比べると歌詞がオリジナリティにあふれていたように思う。あふれ過ぎなくらいだ。

よく考えるとタイトルが「痛い」
「ギンギラギンにさりげなく」に比べてまだマシか…と思えるレベルだ。
いや、変わらんな…
EE JUMP「おっととっと夏だぜ」 ←この曲名とどちらが「痛い」か?   
ネット投票させてみたい。

参考資料
EE JUMP おっととっと夏だぜ

これは曲自体が曲名よりもっと「痛い」ことに今更ながら気づいた。
「前衛的」とも呼べるかもしれぬ。
歌ってるソニンという女の子。この子を見ると私は何故か
「不憫」
という言葉が浮かんでしまう。
相棒は…だし、曲はこんなだし、この子すごく努力家で一生懸命なのになあ…と思ってしまうのだ。
私にとっての報われて欲しい芸能人ナンバー5の中には入ると思う。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

メンショフ先輩が優勝。ヴォロノフ君が2位で終了したロシアンカップファイナル。
結果はコチラ

日本語に訳すと→こっち

で、私のお気に入りの一人であるガチンスキー君。
ショート出遅れたが総合4位。
まだまだ彼に春は訪れぬようだ。
ミーシンコーチ…流石にショートにクワド2本ってのは風呂敷広げすぎだよ!
レイノルズのようにキ●ガイ構成をずっと試してきた訳じゃないんだからさ…
しかも現在不調中だぞ…先輩はそれで良かったのかもしれんがこれじゃかわいそうだ…

そんな彼のショート動画。
Артур Гачинский, КП, Финал КР 2013

アップにすると肌が汚かったりするが、
やはり(遠めだと)見栄えのする美しい選手だと思う。
彼の身体の動き好きなんだ。先輩とはまた違う魅力がある。
終わらぬ冬はない。
乗り越えろ!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

MEMO

キーラ・コルピ嬢世選欠場…あちゃ~!!
コルピ様ァ~!!

佐野稔氏、フライデーにヤバイ記事出そうだとか。
しかも今別競技で問題の体罰問題。
おいおい…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年1月26日 (土)

前略 メンショフ先輩②

本当は

「前略 メンショフ先輩」

から始まるメンショフ先輩へのラブレターという形で書こうと思っていた.


冷静になって読んでみると

「知らない人からこんな内容の手紙もらいたくないなあ…」( ´・ω・`)

という内容になってしまったのでボツにした。

それに一連の彼にとっての不愉快な事件について
「彼への手紙」に織り込むことは

まあ…普通出来んわな…(;-ω-)

というのもある。

で、前回は事件の説明。
そして今回は…

「メンショフ先輩 大特集」shine
にしてしまおうと考えている。
動画など貼っちゃったりしてね

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

この人を意識するようになったのは2010-11ロシア選手権EXの「007」

ブライアン・ジュベール選手の2006-07SPを思い出す方もいるだろう。

そう。あの
「007と申します」
といわんばかりの「あの」衣装。
ゴマフアザラシを連想させるデザイン
(この人もホント愛すべきキャラである)

参考資料

ブライアン・ジュベール 世界選手権2007 SP

結構楽しい。この時期フィギュアなぞロクに見ていなかったが
なぜかこの人のこの衣装だけはハッキリ記憶している。
(あとステファン・ランビエールのスピンも)

一方、メンショフ先輩のはコチラ



面白カッコイイ。

明らかにメンショフさんの方が仕事が出来そうなスパイに見える。
(ジュベールごめん。でも貴方にはそのままでいてほしいかも)
ま、それは良いとして

とにかくこれが気になった。

もしかしたら
「恋?」
とも思ったが自分ではよく分からない。

この方はロシア人の中では小柄な方であるが(165cm)
体型のバランスが絶妙なのかそんなに小さくは見えない。
(比べる対象が横にいない時)

正直ルックスは決して好みとはいえない。
イケメンショフさんと言われる程のハンサムガイであるが
最初にこの方を見たとき
「パッと見、眉毛ないように見える人」
という感想を持った。

ごめんなさい…

自分の存在をアピールする必要のある競技であるが
この人はあまり「俺が!俺が!」と猛アピールする人間ではない
お世辞にも華があるとはいえない
(最近は注目されている人間が持つオーラはあると思う)
同世代に目立ちすぎる人間がいるせいもあるか
その人の影に隠れてしまっていた。

ただ、メンショフ先輩の意向なのか
コーチが振付師の指導によるものなのか分からないが

ユニークな部分をチラリチラリと小出しに見せてくれる人だと思う。

そういうところは好きだ。

あるメンショフさん動画を見ていたら
「前衛的」とのコメントがあった。なるほど。

私は前衛的というより「小洒落た感」を感じた。
どこか「粋」に見えるのだ。

例にあげて申し訳ないのだが
例えばニコライ・モロゾフの振付は
他の有名振付師との合作を除けば
「泥臭く」感じる。

それはそれで、
「これからのし上がってやるぞ!!」と意気込む
まだテッペンにたどり着けない若手・中堅どころの雰囲気にマッチし、
よい効果を生むこともあるが。

そして年齢のことがネックになっているが
ここ数年で大きな怪我等を持っているわけではなさそうだし
4回転からのコンビネーションも決める
スケーティングもそう悪くない
ステップ・スピン巧者といえないまでもレベルを取るための努力も伺える

旧採点を経験している選手の中には
まだその時代を引きずってるなあと思う人もいるが
この人は新採点にキチンと適応出来ていると思う。

本国や日本以外の国でこの人がどれだけ人気があるのかは分からないが
(人望はありそうだ)
この人には控えめな男性が持つ色気がある
あくまでも私の印象だ。

報われない状況の中でもくさらず
自分の仕事を淡々とキッチリやろうとする人

日本人の多くはその中に「美」を見出す

彼の好かれ方を見ると、ロシア人でもそれは同じかもしれないね。

あとはメンショフさんの動画をお楽しみください。

↓衝撃のイカかエイリアンか解らん物体X
コンスタンチン・メンショフ 2011NHK Trophy SP【ロシア実況】

コンスタンチン・メンショフ 2011年 欧州選手権 FS
逆襲のフリー。マイケル・ジャクソンモノは何故かこの年多かったような…
途中のピヨピヨが気になります

 



とりあえず終わる。


おまけ

メンショフさんのカッコイイショット有り
ニコニコ動画のアカウントとっている人しか見られないのですがsweat02


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

前略 メンショフ先輩①

タレミミは欧州選手権に興味がない訳ではない

それどころか興味深々

では何故触れないのか?

触れる前にある選手について語りたかったのである。

そう。
メンショフ先輩こと
コンスタンチン・メンショフさんについてである。

今回はめずらしくシリアスなブログになりそうだ。

そう言った舌の根も乾かぬうちに変な方向に行くことも予想されるが
まあ、今回は一応そのつもりでいる。

これを書くにあたり、
Dora Quadskiさんのブログ「こだわりと屁理屈」を参考にさせていただいた。

ありがとうございます。

その中の
2013-01-03「トランコフの反乱―ロシア男子若手至上主義への抗議」から2013-01-22「プルシェンコ、ワールド欠場 ソチに向けての展望は ―ゴルシコフロシアスケ連会長のコメント」までの内容を読ませていただき、メンショフさんのことを書きたいと思った。
引用箇所はその都度記載する。

お分かりの方もいらっしゃるだろう。

彼は昨年12月のロシア選手権にて3位の成績をおさめた。

問題は欧州選手権に派遣されるメンバー
1位プルシェンコ、2位のヴォロノフは良いとして
(これを書いてる間にプルさん棄権!嗚呼)
3人目は5位コフトン選手。(変換すると子布団になった)

誰だ?

色々問題抱えている4位のガチンスキー選手より下の順位ではないか

ここからちょっと引用。
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


…コフトンは、といえば確かにJGPS連続1位、ファイナルでも1位、という立派な成績を上げているのだが、現在ジュニアでトップクラスの成績を誇るジェイソン・ブラウンやジョシュア・ファリス、日野龍樹といったところとはJGPSでの対戦がない(ハンヤンとは1度対戦して勝っている)
そしてこれはあくまでもこれらはジュニアの成績でしかなく、昨年の彼は国内戦で崩れジュニアワールドの出場もかなわなかった。唯一、と言ってもいいシニアの試合である国別対抗は12位。
そして、彼はまだ17歳。複数年ジュニアでやれるのだ。ジュニアでメダルを取ってからでも遅くない、と考える選手がいても当然だろう。

(2013-01-03「トランコフの反乱―ロシア男子若手至上主義への抗議」より)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

私はよく知らなかったが、ガチンスキー君より若いのだね。
(実はロシアンスケーターで一番のお気に入りはガチンスキーである。が、最近免疫系の病の疑いがあり検査したと聞く。他にも色々心配事項多し)

国別に来ていたのかもしれないが地上波でコフトンの演技は放送されてなかったように思う。

ジュニアの大会のみならずシニアの選手に混ざっても
他の選手を圧倒しまくり、センセーショナルを巻き起こした!!
…てな選手なら分からなくもないが、優勝経験があるとはいえ残念ながら…違う。
現に国別では男子最下位だ。

またまた引用させてもらう。
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
…今回選手たちが反乱を起こしたのは、メンショフに関してはこれが最初ではないからです。昨期の国別対抗戦、ロシアが派遣してきたのはブッシュとコフトンでした。国別の参加規程はその時点でWRトップの選手とその国の推薦する選手、ですが、体調不良、けがであったガチンスキーヴォロノフに次いで上位にいたメンショフを飛ばして若手二人の派遣でした。
体調に問題があったわけではありません。メンショフはほぼ同時期にイタリアで行われたガルデナスプリングトロフィーに出場し、SPでも、FSでもクワドを決めてぶっちぎりの優勝をしていました。いつ引っ張り出されてもいいように、とチームで準備をしていたと思われます。

(2013-01-15 「メンショフ、モロゾフ、連盟、それぞれの思惑」より)

メンショフさんは冷遇されている。

とはいえ、コフトン君に罪はない。
(どうしても子布団って書きたくなる)
が、タラソワ先生が彼を推してるらしいのだ。

「有力者に押される立場なのは嬉しいけど、何かこんな形ってヤダなあ…」
が本音だと思う。
メンショフさんのためにツイッターで「乱」を起こしたペア男子トランコフさんに同調してたらしいしな。
現フィギュアスケート界の中でタラソワさんの威光は落ちているのかなあ…と思っていたが、ロシアではまだまだ影響力大なのかと感じた

私はタラソワ先生の振付信仰者であるが、このことに関しては
「おばちゃん、そりゃあないよ…」
としか言い様がない。

筋が通ってねえぜというのもあるが、以前も似たようなことをし、選手を潰した前科があるからだ。

また引用
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

…グリャーツェフのバックにも、ボロデュリンのバックにも、そしてドミトリエフJr.のバックにもタラソワはいました。そして今、コフトンです。押しまくって、結局彼らがつぶれると次へ、という状況です。グリャーツェフは引退し、ボロデュリンはドミトリエフJr.が来たことで押し出されるようにチャイコフスカヤとコチンのもとへ、ドミトリエフJr.はコフトンと入れ替わるようにモロゾフのもとへ。

必ずしも同じコーチにつき続けることがよいことではないかもしれませんが、バンクーバー選考の際、ボロデュリンをゴリ押ししたことでヴォロノフが精神的に疲弊し、長く続いてきたウルマノフとの師弟関係に亀裂が入ったのは確かですし、ルカヴィツィンにしても、手塩にかけてきた弟子がこれほど低い評価しかもらえない、ということでかなりがっくりきたのでは、という気がします。
こういうことが続くと、若手指導者の人材流出が起こるのでは、ということが懸念されてなりません。

(2013-01-15「メンショフ、モロゾフ、連盟、それぞれの思惑」より)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今季ロシア杯で
ロシア女子ソトニコワ選手演技中時
指導者の様子がカメラでぬかれていたが
(演技終了後にその映像は流れた)
タラソワ含む3人の女性指導者の様子は

非常に怖かった。

推されるのは良いがソチオリンピックも控えている
選手たちへの半端でないプレッシャーがヒシヒシ伝わってきた。

ロシアにはサンクト派とモスクワ派というのがあって
色々揉めたりしてるらしい。

どこのスケ連も似たようなものなのかしら?

騒動になったが結局覆らず
メンショフさんは欧州選手権派遣ならず。

この事件に関してはニコライ・モロゾフ等関係者が色々な意見を表明している。
(モロゾフのくせに結構いい事言ってます!)
モロゾフは

「彼らはメンショフの命を奪ったも同然だ」

「マキシム・コフトンは『何も得なかった』で済むかもしれないが、コンスタンチン・メンショフは何もかもをを失ってしまったのかもしれないんだよ・・・・」

(2013-01-15「メンショフ、モロゾフ、連盟、それぞれの思惑」より)

とまで言っている。

ここでメンショフ先輩のインダビューを引用させていただこう。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

「私は傷つき怒りをも感じているが諦めたくはない」
       
     コンスタンチン・メンショフ(インタビュアー、アンドレイ・シモネンコ)

S>コンスタンチン、最初の問いは明確だし、答えも予測がつくんだけれど、あなたが今どういった心境で練習をしているのか、そして一連の出来事からどう立て直してゆくのか、聞かせてもらえますか?

M>私は実は至って通常通りなんですよ。幸いにも、私はスケート以外に人生においてささやかな楽しみを持っています。それがこの暗い気持を少しばかり引き上げてくれました。けれども、当然のことながら決定には動揺しショックを受けましたよ。私にはこの決定を受け入れるのは非常につらいことでした。

なぜならば、今シーズンの私は欧州選手権に出場するに値する成績を上げてきたと自負していますから。特に、出場した全ての試合で安定した成績をおさめてきた、というところに価値がある、と思っています。

おそらく、私のキャリアの中でもっともよい成績を上げられたシーズンであった、と思っています。
にもかかわらず、彼らがそれを評価してくれなかったのが悲しく、また嘆かわしいのです。

S>欧州選手権の派遣メンバーを再考する、と知ったとき、あなたはそれに対して派遣されるのでは、という希望を持っていましたか?

M>何かが起きて、ひょっとして私がいけるようになるのでは、というほんの小さな希望は持っていました。もちろん、その可能性はわずかでした。再会議でも、決定がが覆ることはないであろうと私は心の奥底では知っていました。けれど私は幻影の(ような望み)でも無くしたくはなかったのです。
昨日、新しい靴を履いて、全てのトリプルジャンプ、トリプルアクセル、そしてクワドを跳びました。
まだわずかながら澱んだような不快感があるのは確かです。しかし、概ねすべてはうまくいっていますし、落ち着いた気分です。コンディションを崩してはいませんよ。

S>あなたがソチで、仲間のスケーター達、並びに有力なコーチからここまでの強いサポートを受け、彼らがそれをソチで示したことについてはどう思っていますか?

M>私は正直言って、これほどの反響があるとは思っていませんでした。
いや、もちろん、アスリートたちが私を好きでいてくれるのはわかっていましたけれど(苦笑)、こんなグレイトなサポートにを受けることができるなんて、思いもよりませんでした。本当に素晴らしいことです。彼らにはとても感謝しています。
これによって、私はこの事態を比較的楽に切り抜けることができました。
そして私はフィギュアスケートにおける偉大な人々が介入してくるとは思ってもみませんでした。
もちろん、これは私のためじゃありません。スポーツ主義のためです。それはクリアでなければいけないのに、そうできていないからです。

S>インターネット上では、この問題への反響が浮き彫りになりました。そして、現在誰もがこの問題に興味を持っています。世界選手権の切符を争うために、ロシアンカップファイナルに行ってもらえますか?

M>もちろん、私は(ワールド行きを)あきらめてはいません。今がいかに不快でありつらかろうとも。
もう一度言います、私は出場した大会で安定した成績をおさめ、これが最高のシーズンであるのに、なぜ認めてもらえないのか。欧州選手権に出るような強い選手たちとも戦い、その多くは勝ってきたのです。そして、ザグレブでメダル争いができたであろうと私は思っています。

ロシアンカップファイナルについては思案中です。私はよく連盟からファイナルに行くことであなたの運命が決まる、と聞かされました。何度私はこのファイナルで勝ったんでしょう、覚えてすらいません。

S>数えてみました・・5回ですね。

M>5回ですか。私は今、国別対抗戦に出場しなければならない、そのチケットは約束する、と聞かされました。ファイナルに出場し競技することが条件であるとも話されました。しかし、あなたは知っているでしょう、私はすでにこのシーズン、私が本当に海外においても戦えることができると十分に示していると思います。(訳注
(すみません、↑この辺はちょっと自信なし)

<中略>

M>もう一度・・私はすべてのスケーターと、今まで、そしてこれからも支えてくれるファンとチームスタッフ、そして家族に感謝したいです。彼らなしでは私はもっとずっとキツかったことでしょう。


(2013-01-15「メンショフ、モロゾフ、連盟、それぞれの思惑」より)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

見出しの言葉が何といってもグサリと心に突き刺さります。
主に年齢を理由に冷遇されているこの人に
「ガンバレ」
と言うのは非常に酷なことかもしれない。

が、ニワカフィギュアスケートファンのタレミミは
まだまだ諦めて欲しくないのである。

次回に続く

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

「あの選手」 | おすすめサイト | おヨナさん | ご挨拶 | どーでもいい話 | アイスショー | アイスダンス | アグネス・ザワツキー | アシュリー・ワグナー | アダム・リッポン | アデリーナ・ソトニコワ | アドリアン・シュルタイス | アニメ・コミック | アルトゥール・ガチンスキー | アレクセイ・ヤグディン | アンナ・ポゴリラヤ | エフゲニー・プルシェンコ | エマニュエル・サンデュ | エリザベータ・トゥクタミシェワ | エルビス・ストイコ | エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ | オススメ動画 | カロリーナ・コストナー | グルメ・クッキング | グレイシー・ゴールド | ケヴィン・レイノルズ | コンスタンチン・メンショフ | コーチたち | ジェイソン・ブラウン | ジェフリー・バトル | ジェレミー・アボット | ジョニーウィアー | ステファン・ランビエール | スポーツ | デニス・テン | トマシュ・ベルネル | ニュース | ハビエル・フェルナンデス | ハンヤン | フローラン・アモディオ | ブライアン・ジュベール | ペア | ペーター・リーベルス | マエ=ベレニス・メイテ | ミハル・ブレジナ | ミーシャ・ジー | ユリア・リプニツカヤ | ヨガ | ラジオ | レイチェル・フラット | レジェンド | ロシアっ子 | ロシア事情 | ロシア語 | 今井遥 | 佐々木彰生 | 前置き | 北●鮮ネタ | 古布団 | 大いなる妄想 | 太田由希奈 | 女子フィギュアスケート | 安藤美姫 | 宮原知子 | 宮本賢二 | 小塚崇彦 | 張可欣 | 怒り・ツッコミ | 振付師 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 有田 | 本田武史 | 李子君 | 村上佳菜子 | 浅田真央 | 浅田舞 | 漢フィギュアスケート | 無良崇人 | 犯罪 | 町田樹 | 経済・政治・国際 | 織田信成 | 美容・コスメ | 羽生結弦 | 芸能・アイドル | 若手女子選手 | 若手男子選手 | 英語 | 荒川静香 | 鈴木明子 | 長洲未来 | 韓国関連 | 音楽 | 高橋大輔 | Pさん

フォト
無料ブログはココログ
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー