ステファン・ランビエール

2013年4月22日 (月)

大いなる妄想(2)~着ぐるみランビエールスピン

久々にステファン・ランビエールの伝説の“赤ぬこ”を見てしまった。

なかなか衣装の完成度(?)も高かったというのにあの居たたまれなさ。

“あの”素晴らしいスピンが何よりも身分証明になってしまっているという皮肉…嗚呼…

このプログラム、“居たたまれない”感情を見る人間に与えることなく再現することは可能か?

ちょっと考えてみた。

で、その時何故かこの動画を思い出した。

「内蔵はオリンピック4位」「中のテケなどいない」というタグが貼ってあった動画。

これ、ホント誰なのよ?

伝説のアクセルジャンプ

ガチャピンの中の人はいつもどのスポーツにおいても素晴らしい働きをする。

まあ、それは置いといて

着ぐるみ

これ、如何だろうか?

別にガチャピンでなく、どーもくんでもひこにゃんでもよい。

Photo

Hikonyan2_3

ぬこ仲間でいえば「つばきねこ」とかいうゆるキャラまでいた。長崎県五島市出身(?)らしい。↓

Photo_2

元祖ゆるキャラの“ニャンまげ”というのもいた。Nyanmage2

まあ、普通に着ぐるみ“赤ぬこ”バージョンでも良いんだけど参考資料として色々貼ってみた。

ゆる~いキャラクターものの着ぐるみを着用してみたら「あの振付」のままでも充分鑑賞に耐えるのではあるまいか?

ある意味拘束具をつけるのと同様になると思うので
いつものランビエールよりスピンの完成度は劣ることになるかもしれない。

しかし、先ほどのガチャピンのように多少脚をのばして(?)やればナントカなりそうな気がする。

彼のあの見事なスタイルがスッポリ隠れてしまうのは非常にもったいない気もするが

“悲劇”は少なくとも避けられる。

あと、20代後半にさしかかったにもかかわらず

どこかメルヘンチックな香りもするステファン・ランビエール。

スイスつながりだからという訳ではないが(いや、あるか…)

「アルプスの少女ハイジ」の着ぐるみを着てアニメのオープニング曲使用して滑ってみて欲しい!

…ちょっと話がズレてきてる気がするが、別にいいや…

参考資料
【OP比べ】アルプスの少女ハイジのOPを世界各国と比較【ハイジ】
動画説明
原型を留めない台湾、荒ぶるアラブ。

…だそうだ。ラスト2カ国が愉快らしいが、とりあえず一番最初の日本語バージョンで演じることを希望。

高橋大輔にさずけた「アメリのワルツ」も出来れば彼バージョンで見てみたい。

あれも若干メルヘンの香りがするものでランビエールらしいといえばらしい。

大輔も中性的な雰囲気出ていたが“Bachelorette”を見てしまっているせいか、何処か物足りなさを感じてしまう。

最初の衣装のやつ好きだったけど。

“赤ぬこ”に話を戻そう。

“赤ぬこ動画”はいたたまれなくなるのでオリジナルは出来れば載せたくないが

曲を変えてみたらどうだろう?ということで

実験

矢野アッコちゃんの懐かしい曲「わたしのにゃんこ」に合わせたものを載せてみよう。

【かわいい系】ステファン・ランビエール「わたしの赤ぬこ」【MAD】

更に
以前も載せたことあるが、「名曲アルバム」風に作られている実に凝った動画で締めようと思う。
人を疑うことを知らぬ素直な方の中には、モノホンの「名曲アルバム」と間違える人もいそうだ。(え?いない?)
このバックにかかっている曲も何げに彼に似合ってる気がする。

【MAD】「ひとりぼっちの羊飼い」 〜スイスにおける赤ぬこ信仰〜

最近のフィギュアスケートは何かと

「大人の演技」

だの

「妖艶でセクスィーな演技」

が良しとされるようだが
(誰が決めたんだよ…って感じ。昔そういうの嫌がられてなかったっけ?まあ、いいや)

童心に帰るってもの悪くないものだと思う。

そういうのがハマるってもの強みだ。

子どもに夢を見せ、大人を童心に帰らせる。

競技で高得点取るだけのものではない。

そう考えるとこれは素敵なスポーツじゃないか!と改めて思えてくる。

(ランビエールの場合、セクスィーも備えてない訳じゃないのがある意味スゴイ。よく考えるとこの人も不思議というか、一言で語れない魅力がある人だ。結構扱いがややこしい)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

MEMO

全くフィギュアスケートと関係ないがこのニュースが気になった。

サザエさん新キャラ「大工のジミー」人気の理由を元Pが解説

NEWS ポストセブン 4月21日(日)7時6分配信   

 4月7日に2200回という前人未踏の放送回数を達成した『サザエさん』(フジテレビ系)。この日はそれを記念した1時間スペシャルだったが、その放送内容に、一部視聴者から不満の声が上がった。

「スペシャルなのに大工のジミーが出ないってどういうこと!?」

 ジミーとは、大工の棟梁の弟子として一昨年よりサザエさんに登場した新キャラクターである。茶髪にヘッドフォン、大工らしからぬ襟付きベストという派手なファッションに身を包み、本名は金次郎なのに「ジミーと呼んでほしいッス」と言い出すチャラ男風のキャラ設定は、登場以来、古くからの『サザエさん』ファンの度肝を抜いた。

「古き良き日本が見たいのに」「『サザエさん』の世界観に合ってない」

 当初はそうした批判も寄せられたが、ジミー人気は徐々に広がった。たとえば2012年8月19日の放送回では、ジミーが犬小屋を作った際、高級素材の檜を使った上に「MADE IN JIMMY」と彫ったことがバレて、一度は破門されてしまう。だがその後、2人は寿司屋で再会し、棟梁はジミーにトロを注文しながら、こう説く。

「お前は栄養が足りねえから、あんな半端なものしか作れねえんだ。犬小屋には犬小屋に向いた材料があるんだ」

 分不相応なトロに恐縮しながら、自らの過ちに気づくジミーなのだった──と、毎度ジミーが棟梁や波平らに叱られることで、非常識な若者から成長する様が人気を呼び、ジミー登場回には「ジミー、キターー!」とインターネットでプチ祭り状態になるほど。それだけに、記念スペシャルに登場しなかったのはがっかりだったというわけだ。

『サザエさん』の元プロデューサーで作家の大橋義輝氏は人気の理由をこういう。

「大工のジミーは、見た目はチャラい若者だけれど、叱ってくれた棟梁や波平を尊敬する。ちゃんと叱れば若者は慕ってくれるんだ、という年配者たちにとって夢みたいなことを叶えてくれたから、評判がいいんじゃないでしょうか」

※週刊ポスト2013年4月26日号

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

よく見たら週刊ポストかよ…

チッ…

でも、最近サザエさん見てないことに気づかされたよ。

今度チェックしてみるか…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年3月11日 (月)

欧州のエスプリ~コストナーとランビエール

エスプリ

エスプリは、フランス語のesprit の音写。 精神、知性、才気などの意味の他、霊魂などの意味もある。心のはたらき。物質 matiere (マチエール)と対比される。マチエールと違って「エスプリ」と日本語で使用するときは「フランス的精神」といった風にフランス人の国民性を反映した精神をさす用例が多い(参考:シャンソンも「歌」という意味だが通常「フランス歌謡」という意味で使用されるのとよく似ている)。

英 spirit スピリット、独 Geist ガイスト などに相当。

(ウィキペディアフリー百科事典より)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

私がコストナーさんを取り上げたいな~と思ったのは
現世界女王であり、今季世選においても優勝候補…ということもあるのだが、
NUMBER822号マツコとみどりの対談がきっかけかもしれぬ。

真央ちゃんについて語ったことで色々突っ込まれた箇所もある「アレ」だ。
が、ここではそれは取り上げない。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

マツコ「自由というのとはちょっと違うかもしれないけどカロリーナ・コストナーも好きよ。調子いい時と悪い時の差が凄いんだけど、それでもムキになることなく“まぁとりあえずやってるわ”みたいなのがいい
伊藤「去年の世界選手権で優勝しましたね。
マツコ「あのいかにもイタリア人っぽい、いい加減な感じが好きだわ。
伊藤「コストナーは大きくて、しかもジャンプが逆回転で頑張っていますよね。彼女はサラブレッドで、スポーツ一家なんですよ」
マツコ「そうなんだ。基礎が出来てるものね」

:父はアイスホッケーの選手として世界選手権や五輪にも出場、母は'70年代にイタリアで活躍したフィギュアスケーターだった。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚引用終わり:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

↑これが彼女を取り上げたいきっかけになった。

私は彼女を「いい加減」とは思わなかったが、
マツコ氏の「ムキになることなく“まぁとりあえずやってるわ”みたいなのがいい」
これには賛成できる。

いいとこのお嬢・お坊といいたいわけではないが、
“スケート貴族”という感じがする。あくまで私の印象だ。

同じイタリアのマルケイ選手はあまりそんな感じはしない。
若干ソフィア・ローレン(若)的イタリアのおっかさんっぽいような。
そんなイメージ。もっと品はあるけどね。

で、現役引退し、プロスケーター・振付師として活躍中の
ご存知ステファン・ランビエール。

「欧州のスケート」というと私がまず頭に浮かぶのはこの二人、
コストナー選手とランビエールだ。

欧州選手権にロシア選手も参加するが、ロシアはここでは除外する。
「ロシア」は「ロシア」で独特なものがある。
あくまで私のイメージする「欧州」で話を進める。

「エスプリ」というとWikiにある通りおフランスの香りがする言葉ではある。
が、スイスであろうとイタリアであろうと元々持っているスケート技術・表現技術も相まって
「欧州のエスプリ」という言葉があるならば
それを体現しているスケーターはやはりこの二人なのではないか?と思う。
アモディオやフェルナンデスが欧州王者になっても私の意見は変わらない。

そんなものが競技と関係してくるのか?

フィギュアスケートは欧州で生まれ、盛んになった歴史がある。
その伝統的な雰囲気を―それも芸術的なもの・文化的なものを他の選手ほど苦労せずに持っていると感じる。
それが“スケート貴族”と書いた所以だ。
勿論努力もある。が、日本人選手が二人を上回る(芸術面)には更にしなければならぬ「努力」がある。
(イマイチ上手く説明できぬがニュアンスがお分かりいただけるだろうか?)
ジャッジや観客は欧州の方々ばかりではないけれど、
やはり無意識の中に、欧州の精神を大事に思う方も多いのではなかろうか。
政治的なものだけではなくてね。
この二人を見ると、その点非常に羨ましくなるのだ。
特に日本にいるとつくづく思う。
(強いシングル選手を輩出するようになったが、日本には“ここが世界の中心だ”と言えない悲しさがある。フィギュアスケートにおいても辺境の地なのか?)

よく高橋大輔はランビエールと戦ってきたものよ…と今更ながら感心する。

よく真央ちゃんVSおヨナさんと煽られるが、ここ数年の流れを見てたら
ジャンプ安定したコストナーさんが何といっても強いと思うのだが…(“安定したら”の話だ)
決まるとキレイで豪快なジャンプだしな。
現世界女王は彼女なのに、某国は某女王様に真央やその他の選手が挑戦…などと書いたりする。
失礼甚だしい話である。

【ステファン・ランビエール】2007世界選手権 FP【小林千鶴アナ 樋口豊】
うP主の説明
芸術性を第一に考えて作られたため、ジャンプの前にも細かい振り付けが入り、助走も短い非常に難易度が高いプログラムとなっています。ジャッジの評価も高く、ジャンプの失敗によるTESの低さをPCSでカバーすることも少なくありません…との事。

樋口豊先生のささやき解説。かしまし度ゼロに近い。「上手なんですよねえ」に実感がこもり過ぎです、先生。
3A決まってます。「おりました」って表現がまた…

最近のコストナーさん。
カロリーナ・コストナー 2013 Challenge Cup SP+FS

高難度ジャンプ復活か!?
「肩」の使い方が独特な美しさを醸し出しているように思う。
この人のスケーティング見てみると
「切れ味鋭いナイフ」
「剣の達人による太刀筋」
を想像してしまう。言い過ぎか?

ローリー・ニコルも良い仕事をしている。
ローリーはカナダ人であるが、「The 北米」な選手でない方がその人の「良さ」をいかす振付が出来ているように思う。
昔はどうだったのかしらないけれど。

≪British Euro Sport≫カロリーナ・コストナー 2012 世界選手権 SP

最初見た時「前衛的」という言葉が思い浮かんだ。衣装も合わせて。
コレがキレイにハマってしまうってのがね…他の人真似出来ないよ。選曲含め。
スケーターがコストナーさんではなく、振付師がローリーでなかったら
お客様が困惑するものになる可能性もあると思う。
でも、気がついたら好きなプロになっていた。恐るべし、カロリーナ!

またステファン・ランビエール。
同じショーのやつを2つご紹介。

ステファン・ランビエール 2009 Eisgala Davos - ブエノスアイレスの秋

ピアソラものでもダイスケ・タカハシとはまた趣が異なる。
ランビエールには「ねばり」のようなものがない。ドロリとしたものはない。
欧州の洗練ここにあり…か?

ステファン・ランビエール 2009 Eisgala Davos - Tainted Love

「世界一スケートの上手いモデル」「花婿」タグが付いていた。…納得。
「世界一スケートの上手い芸人」より良い扱いを受けていると思う。ニコ動の中では。

去年の優勝したフリーのコストナーさん動画で締めようと思う。
≪イタリア語≫カロリーナ・コストナー 2012 世界選手権 FS

着る人間を選ぶ衣装。一歩間違えると、もじ●じくんになっちまう。
つくづく、フィギュアスケートをする為に生まれてきたような人だと思う。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

今季、五輪枠がかかっている、通常以上に胃が痛くなりそうな世界選手権がやってくる。

無事到着した日本人選手もいる。

日本では世界ジュニア選手権の余波を受け、採点に疑問の声が上がっている。
(それでも日本全体からしてみたら騒いでいるのはごく一部…なのだろうか)

世選に挑む日本人選手たちがこのことを知っているのかどうかは不明だが

思う存分力を発揮して欲しい。

いやあ…色んなことがあってもっと細々書きたいんだけどさ…

もう、ここまで来たらそれしか言えんのよ!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

MEMO

世界フィギュアに向け、選手ぞくぞく現地入り。

浅田舞ちゃん、名古屋ウィメンズマラソン参加。見事完走!
おめでとう!真央ちゃんたち家族で応援していたとか。

WBC、オランダにコールド勝ち!すげえ!!

台湾戦の時は正直ヤバイと思った。
監督に関しては…明らかにアチラの采配の方が良かった。
ピッチャー王建民も良かった。
井端氏はおっさんな歳だがラッキーボーイかもしれぬ。

カタリナ・ビット著「メダルと恋と秘密警察―ビットが明かす銀盤人生」途中まで読んだ。
彼女のコーチは「アルプスの少女ハイジ」に登場するロッテンマイヤーさんを思い起こさせる。

田村岳斗先生、世界ジュニアの女子シングル テクニカルパネル判定について続けて記事を更新。
読んでくれた方、コメントした方にメッセージ。
男前である。

「理不尽な記事や言葉で傷つき自信を失ってしまった選手を少しでも早く立ち直らせてまた素晴らしいスケートができるようにする事に時間を使いたいからです」
この言葉にはっとさせられる。
そうだよね…傷つくよなあ…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

カロ子とランビ(おまけ付)

☆架空世選前対談☆

ランビエール「ど~も~貴女の恋人、ステファン・ランビエールです」(キメ顔&ポーズ)
カロリーナ「ど~も~目と目のあいだは離れても、貴方の心は離さない…カロリーナ・コストナーです」(キメ顔&ポーズ)
ランビ&カロ「二人合わせて…カロ子とランビ!!」shine
(薔薇をくわえてフラメンコの決めポーズ。二人の間にナハロもポーズ)
(ナハロ、後ろに下がる)

カロ「あの人、何しに来たの?」
ランビ「ナハロ師匠はダンサーだからね。言葉でなくて、踊りで言いたいことを表現するのサ」
(ナハロ、ステップ踏んで荒ぶる鷹のポーズ)
カロ「後ろにいても私らより濃いわあ…どうせ3人ならダチョウ倶楽部のポーズでもやれば良かったかな?」
ランビ「いや、あれはチャーリーズ・エンジェルがもうやっちゃってるし」
Angels


カロ「気合入ってたよね~」
ランビ「うん。それにしても、いやあ~久しぶりだね~カロ子。元気そうだね~」
カロ「実は私ら、元カレ元カノ同士でして~」
ランビ「そうなんですよ~今でもついmy honeyとか子猫ちゃんとか呼んでしまうんですけどね~」
カロ「この人が他の女子選手にセクハラしまくるのが別れの原因ですわ」
ランビ「それは誤解サ…(滝汗)…あれはベイベーたちへの挨拶がわりサ~kissmark
カロ「アンタは及川ミッチーかい!?」
ランビ「ミッチーといえば歌手…実はART on Ice 2013 のオフィシャルソングも歌わせていただきまして~」
カロ「ニコ動で“しまうまのいななき”なんて突っ込まれてたよねえ…「you're beautiful」なのに美しくないわあ~」
ランビ「だけど、なぜかオフィシャルソングは見事上手くいきまして…黒歴史は塗り替えられたのですよ!マダム!」
カロ「“赤歴史”もあるよねえ…」
ランビ「…それは言わない約束でしょう…」
カロ「ごめん。ごめん。でもまた動物シリーズ見てみたいなあ~シマウマとか…」
ランビ「カロ子はロバさんか、アルパカだね~今度企画しようか…アニマルオンアイス!」
カロ「…田中要次と言われるのとどちらがマシか…」
ランビ「キムタク主演のドラマで『…あるよ…』しか言わないマスターの役やってたねえ」
カロ「サラリーマンneoのレギュラーでもあるね」
ランビ「『部長の親』の“いーちゃん”が印象的だったなあ」
カロ「その人、ぬこ好きでもあるんだよね~」
ランビ「また“アレ”につなげようとしてるね…」
カロ「いや~最大の持ちネタだもの…一生言われちゃうって」
ランビ「ネットで動画が気楽に見れるっていうのも便利だけれど考えものだねえ…」
カロ「うん。遭難した時の演技とか…ようつべに上がってたりするの見てしまったら卒倒しちゃうよ…」
ランビ「何をおっしゃる…よっ!欧州女王!世界女王!!SS女王!
カロ「…やめた人は気楽でいいねえ…」
ランビ「プロスケーターでも振付師になっても評価はつきものなんですよ。点数つかないけれど、お呼びがかからなくなったら御終い」
カロ「…急に真面目な話になったね。そうだね。どの道行っても楽ではないよね。はあ…世選が迫ってきてるの思い出してドキドキしてきた」
ランビ「そんな時には…これで一息」

(ナハロ、ステップを踏みながら、ティラミスを運んでくる)

ランビ「ティラミスでも食べるといいよ!美味しいよ!!」
カロ「台詞取られちゃった…」




:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

参考資料

ステファン・ランビエール 「you're beautiful」を歌う
しまうまのいななき…

ステファン・ランビエール Art on Ice 2013 のテーマ

カッコ良いです。が、笑ってしまう方も一部いらっしゃるでしょう。私は昔のミッチーとキャラかぶっているような気がします。

カロフラメンコ。ナハロ氏ではなくローリー・ニコル振付ですが。
カロリーナ・コストナー 2010スケートアメリカ SP

ここで一句。

カロリーナ  彼女の衣装に  ハズレなし

…お粗末… 

フィギュアスケート ランビエール Art on Ice 2007 フラメンコ

「高濃度」タグ有。ブログを読んでくださっている方ならお分かりだろうが、
ブログ主が食いつかぬ筈がないと言っても過言ではない、濃厚な方登場。

ステファン・ランビエール Creation Flamenco Program

うP主の説明「マドリッドでのフラメンコの練習の様子。師匠の顔がひたすらアツいです」との事。

ナハロさん好きです。高濃度で胸焼けしそうですが。
非常に彫刻の造り甲斐がありそうな御顔だ。
ジョ●ョの奇妙な冒険実写版…なんて企画があったら、北村●輝氏と共演してほしい。

ナハロさんは他の選手にも振り付けしている。

ジェレミー・アボット 2011全米選手権SP

芸術肌の選手が好みそうな振付だ。
彼も「職人か?芸術家か?」と問われれば後者だ。
一件人良さそうな青年にも見えるが、有香さん曰く「芸術家肌で難しいところがある」とか。
将来振付師目指していただきたい。

この方にも…
ブライアン・ジュベール French Master's 2010 SP

途中からこのショート滑らなくなったのだっけ…
が、素敵衣装だ。衣装が素敵でちょっとガッカリ感を感じさせるのはこの方以外ない。
「顔がレベル4」「カマキリ拳法」のタグがニコ動にはついていた。

※「赤ぬこ」動画はいたたまれなくなる為、このブログには載せません。
ご覧になりたい方は、ニコ動にて「赤ぬこ」で検索してお楽しみください。
代わりにコレ↓でもお楽しみください。
非常に手が込んでます。
【MAD】「ひとりぼっちの羊飼い」 ?スイスにおける赤ぬこ信仰?

☆☆☆

…それにしても全く世選に関係ない対談になってしまった。

今更ながら自己嫌悪。

それどころじゃないだろ!!…という時に限って脱線したくなるのも人情というもの。

笑って許しておくれよ、ベイベー…である。

この次、コストナーさんとランビエール氏について演技動画も混じえ、ちょっと語ろうと思う。

そう。この回は前座である。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

「あの選手」 | おすすめサイト | おヨナさん | ご挨拶 | どーでもいい話 | アイスショー | アイスダンス | アグネス・ザワツキー | アシュリー・ワグナー | アダム・リッポン | アデリーナ・ソトニコワ | アドリアン・シュルタイス | アニメ・コミック | アルトゥール・ガチンスキー | アレクセイ・ヤグディン | アンナ・ポゴリラヤ | エフゲニー・プルシェンコ | エマニュエル・サンデュ | エリザベータ・トゥクタミシェワ | エルビス・ストイコ | エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ | オススメ動画 | カロリーナ・コストナー | グルメ・クッキング | グレイシー・ゴールド | ケヴィン・レイノルズ | コンスタンチン・メンショフ | コーチたち | ジェイソン・ブラウン | ジェフリー・バトル | ジェレミー・アボット | ジョニーウィアー | ステファン・ランビエール | スポーツ | デニス・テン | トマシュ・ベルネル | ニュース | ハビエル・フェルナンデス | ハンヤン | フローラン・アモディオ | ブライアン・ジュベール | ペア | ペーター・リーベルス | マエ=ベレニス・メイテ | ミハル・ブレジナ | ミーシャ・ジー | ユリア・リプニツカヤ | ヨガ | ラジオ | レイチェル・フラット | レジェンド | ロシアっ子 | ロシア事情 | ロシア語 | 今井遥 | 佐々木彰生 | 前置き | 北●鮮ネタ | 古布団 | 大いなる妄想 | 太田由希奈 | 女子フィギュアスケート | 安藤美姫 | 宮原知子 | 宮本賢二 | 小塚崇彦 | 張可欣 | 怒り・ツッコミ | 振付師 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 有田 | 本田武史 | 李子君 | 村上佳菜子 | 浅田真央 | 浅田舞 | 漢フィギュアスケート | 無良崇人 | 犯罪 | 町田樹 | 経済・政治・国際 | 織田信成 | 美容・コスメ | 羽生結弦 | 芸能・アイドル | 若手女子選手 | 若手男子選手 | 英語 | 荒川静香 | 鈴木明子 | 長洲未来 | 韓国関連 | 音楽 | 高橋大輔 | Pさん

フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー