ブライアン・ジュベール

2014年3月22日 (土)

男フィギュア祭り~ブライアン・ジュベール他

(動画主様、本当に感謝です!)

動画主様の動画説明…

もっと点数出てよーー!!!

…とのこと。

全くだよ…(-_-;)

ニコ動の動画タグが実にヴァラエティに富んでいる。

「クワドの守り神」「スケスケ火山」「レベルが来い」「シースルーな伝統」「男は黙って四回転」「風呂場実況」

…なんかヽ〔゚Д゚〕丿スゴイぞ…

イケメンの上にネタキャラとしても「オイシイ」人間ってそう滅多にいないぞ…

そういう意味でも貴重な存在である。

【クワドブライド】Sochi 2014 Brian JOUBERT SP【オーストリア解説】

そしてフリー動画。

【音声差し替え】ブライアン・ジュベール ソチ五輪FS【べるるん解説】 ←ココ注目っ!

動画タグに「クリストファー・ベルントソン」の名前有り

動画主様の説明…

低画質。フランス2放送のものをスウェーデンラジオの音声に差し替えたものです。
※キスクラは入っていません
 次の滑走がマヨロフです
 スウェーデンラジオは他の競技の合間にフィギュアスケートの実況を挟んで放送しているため前後に軽く概況が入ります

…とのこと。

言葉が分からんのが辛いですが…実況なかなか力入ってます。

ソチ五輪男子シングルSP得点詳細

ソチ五輪男子シングルSP・ジャッジスコア

同男子シングルフリー得点詳細

同男子シングルフリー・ジャッジスコア

男子シングル総合結果

しっかし…

SP7位フリー14位

過去世界王者経験者表彰台常連だった選手に対して随分渋いものだ…

着氷怪しいものもあったし…(でも選手によっては見逃されそうな範囲)

フリー、2Lzと2Aってのは「う~ん…」と唸ってしまいそうな箇所は確かにあった。

だけど…

色々目を付けられたのが大きいのか

繋ぎ(Transitions/Linking Footwork/Movement)の点…

最低で6.00ってのがあるよ…_| ̄|○…(ちなみに最高でも7.75)

この6.00付けた審判と思われる人、Interpretationでも6.75ですたい…(ちなみにコレは最高で8.25)

スピンやステップでレベル4を揃えたり出来ないのも現状ルールでは厳しいトコロだ。

でもこの人の

「細けえこと(レベル取り)は気にすんな」

と書きたくなってしまう、ある種の「大らかさ」は実は嫌いじゃない。

それでも以前よりはルールに寄り添った作り方をしてると思うけどね…

(確かにディープエッジで魅せますshineというタイプではないのだが…それでもね…)

以前のあまりそういう(細かい)ことを気にしてなさそうな時の方が結果出せていたというのが何とも皮肉…

「もうこの人は上げない」

と決めると、この世界は残酷だな…

コレは過去から繰り返されてきたことなのかもしれんけどね…(嗚呼…「歴史は繰り返す」のか…)

昔のイケイケだった頃に思いを馳せ

今の「ちょっと疲れた感じになってきたハンサム」な彼を見て

寂しさを感じるファンもいよう。

(多少くたびれていても“ハンサム”“イケメン”という称号が外せないのがこの人のスゴくて羨ましいトコロだ)

私は今のちょっと疲れた感じになってからの方が「萌える」けれど…(;^ω^)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

色々採点のことを考えると「しんみり」というか…辛気臭くなってしまうが、

もっとパァーッとした気持ちで「お疲れ様」と言いたい。

この記事のタイトルにも使ったが

「男フィギュア」

ジュベールのような人がこの競技をやっているとこのように表記したくなってしまう。

(無骨な)男が見る、男の為の男による「男(漢)フィギュア」

彼自身は女性達からキャーキャー言われることに満更でもない様子だったと思うけど(笑)
(おフランス人だしな…)

久々に彼の演技を動画で見て改めて「男フィギュアの選手だよ」…と思っちゃった。

2011-12シーズンを最後に引退してしまったケビン・ヴァン・デル・ペレンをも思い出しちまったが

マッチョで(+イケメン。ココ重要!)華があるという選手…いなくなってしまうのもまた寂しい…
(今…いそうでいないよね?Pさんもコレに含まれる??何か違う気がするが…(;・∀・)い…いいよね?彼も入れて…やっぱちょっと違うな…華はイマイチ…だな…)

彼の昔の演技動画、また彼が尊敬する元選手の動画…そして…

ネタものも含め(笑)「ブライアン・ジュベール(他)~男(漢)フィギュア小特集」をやろうと思う。

そう。

今日は男フィギュア祭り開催。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「髭有り」でもイケメンに変わりなし。(髭ジュベ好きなんです…)

男臭い魅力溢れる演技をご堪能あれ

≪解説無し≫ブライアン・ジュベール 2013 WTT FS:グラディエーター

次…

先輩リスペクトにも程があるお衣装。

ブライアン・ジュベール French National 2010 FS(第九)

以前も別記事に載せているが…(時々見たくなるわけよ…これが…)

「先輩」のも載せてみる。魂の演技。これぞ“漢”

ヤグディン 2001世界選手権 SP 「革命のエチュード」キスクラつき

この人の表現は「無骨」という訳ではないが、男らしいと思う。

北米人から見ても「ゲイ」ぽく見られなかったように思う。

過度にアピールしないけれども十二分に観客にアピールできる華をもっている。

フットワーク良いよね(・∀・)

お馴染みのSafri Duo「Rise」

「レベルがなんぼのもんじゃいステップ」という動画タグ有り。(「顔もレベル4」タグも…)

演技途中でコーチと目を合わせるトコロもこの動画の肝だ。

アレは良い場面だった。

ブライアン・ジュベール 2010世界選手権SP

この時のジュベールにホッとし、感動したファンの方は多かったと思う。

バンクーバー五輪の「……」の後でもあるから。

彼の男意気をヒシヒシを感じることが出来る動画でもある。

ここでちょっと一休み。

2004.05.29放送の有名人とペットを紹介する番組。ジュべは愛犬のBladeと出演。

…とのこと。

癒されます…(*´∀`*)

ブライアン・ジュベール わんこと一緒(Brian et Blade on the rock!)

ブサかわ犬を可愛がるその姿もまた男…

そして次…

男たるもの…トレーニングをしなければならぬ…

そして靴下がアレだろうと白ブリーフだろうと構ってはいられない。

…それは漢だからだ。

「ハダガが俺の勝負衣装」という動画タグが個人的ツボ。

(ゲイビデオではありません)

ブライアン・ジュベール トレーニング風景

まだフィギュアにハマる前だった2007年。

この時のワールド、TVで見ていたのだが記憶にあるのは

(1)ジュべ007お衣装

(2)ステファン・ランビエールのスンバラシイスピン

(3)トマシュ・ベルネルの「良い反日」EXと顎

以前にも別記事に書いたがホントそうなのだ。

私にとっても色々忘れられないプロだ。

ブライアン・ジュベール 世界選手権2007 SP

ゼッケンだろうが ゴマフアザラシ風味だろうが

ジャンプの回転数がわかりやすい衣装だろうが

気にしない。

それが漢。

人に歴史有り。

マッチョ体型になる前の動画も載せてみる。

実に初々しい。

雄々しい感じじゃないが見たくなっちゃったんだもん…(  ̄っ ̄)

…という訳で載せる。

17歳。スケートは荒いけど...可愛い。 開催地は長野。 SP8位、FS15位 総合13位。

とのこと。

ブライアン・ジュベール 2002世界選手権 FS 「The Mission」日本語解説

かわいい…(*´∀`*)…

そして…こんな↓衣装のまとめ動画を作られるのもまた漢…

「イケメンの無駄使い」「『普通』の基準がわからなくなってくる動画」「ギラテラ×ピチピチ×スケスケ×アミアミ」「どうしてこうなった」という動画タグ有り。(納得…)

ある意味素晴らしい…

言葉は不要。

見て

感じてくれたまえ…

ジュベールの変衣装 まとめ【改】

☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

番外編

ジュベール以外の男フィギュア動画をいくつか…

ヤグディン 2002ソルトレイクEX アンコール付き

立っているだけで男の色気。

なのに…↓こんな動画も作られてしまう。

それも漢。

フィギュアスケートMAD マスター・ヤグディン完全版

そして嫁も男らしいという評判のこの方。

まさに男の中の男である。

気は優しくて力持ち…な雰囲気を持つ欧州選手。

上の↑方で名前載せたらコレ見たくなっちゃったのでござる。

「仮面の旦那」という動画タグに納得。

ケヴィン・ヴァン・デル・ペレン 2011Skate Canada FS

最後…

昔小特集記事やった気もするが…

この動画↓への感謝をも込めて…

エルビスストイコ、真央を絶賛

ありがとよ…兄貴…

兄貴の漢っぷりは忘れないぜ…

という訳でコレ!

エルビス・ストイコ '02 Olys SP (・∀・)ライーヨー!!

ストイコ兄貴にいつか「兄弟舟」で滑って欲しいという気持ちは変わっていない。(それか“祭り”)

今夜は男臭い夢が見られそうだぜ…(´<_` )フッ…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年12月18日 (水)

ヤグディン 2001世界選手権 SP 「革命のエチュード」

日常生活の諸事情に疲れているのか…

別に悪いことがあった訳ではないのに

どうも力が出ないということがある。

そんな時に見たくなるフィギュア演技動画がある。

「お前はこんなトコロで終わる人間じゃないだろ!?」

厳しいながらも自分を支えてくれそうな…

そんな檄をとばされた気分になることもある。

素のヤグ先輩はそんな人ではないかもしれんがな…(;^ω^)

動画主様による動画説明
(ホント…今までお世話になった動画の主様には感謝しかないぜ!good

 痛めた右足が悪化して前日に2本、直前に3本の痛み止めを注射して滑ってます。足の感覚は多分なかったでしょう。オリンピックの出場枠のためもあるけど、何より大会を棄権するという考え方が嫌いだったとか(ヤグらしい) 

…とのこと。

昔からのフィギュアファンにはお馴染みな話であろう。

それでも大技しっかり決めるトコロはやはり帝王。

ヤグディン 2001世界選手権 SP 「革命のエチュード」キスクラつき

拳を振り上げる動作がこれ程様になる選手も珍しいかもしれん。

チラリと見せるランジがちょっとしたアクセント。

繋ぎ部分も気合入りすぎなくらいだが

ステップ…本当に鬼神でも乗り移ったかのようだ。

この曲は比較的馴染みのあるクラシック曲だが、実はこの曲をステップで表現するのって難しいのではないか?

ステップ巧者じゃないと絶対曲に負ける。(プラス恐ろしいくらいの気迫・オーラ)

そんな怖さも孕んだ曲だと個人的には思う。

恐ろしい位の気合だが彼の表情は涼しげにも見える。(が…顔色が悪いような…。相当無理してるよ…)

演技終了後は喜び爆発。(分かる…分かるよ…)

お客様の歓声が演技終了前から大きくなってきていて

最後の方音楽が聞こえない…

この頃のお客様達(北米?)の熱が今と違って見える。

ちなみに

この演技での拳を握り締めるタラソワさんはコチラ↓の動画にある。

ヤグディン 2001世界選手権 SP 「革命のエチュード」キスクラつき(CTV)

若いわ…タラソワ先生…

お綺麗っス。

そして相変わらず応援の気迫が素晴らしいっス。

今健康を崩しておられるようだが(入院した…とか…風の噂で目にした)

ソチ五輪では元気になられますように。

やはり責任重大でストレスも半端ではないのだろうな…

元々の慢性的にかかえている不調もあるのだろうけど。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

ヤグディンをリスペクトしてやまない選手の演技動画で締めようと思う。

ブライアン・ジュベール French National 2010 FS(第九)

</p>

ここでは4回転を回避しているが、

なかなかの良演技。

やはりヤグヲ魂が…いや…なんでもないです…

本当に好きなんだね…

それにしても…

ほぼ同じな衣装だが

何処か本家と比べるとハズしているような気がしないでもない。

基本ヤグさんの体型に合わせた衣装だからなのかもしれんな。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

昔、リリー・フランキー氏がEテレの「私のこだわり人物伝」という番組の中で松田優作について語っていた。

最初彼と松田優作というのはどうも結びつかなかったが熱烈なファンだったらしい。

自分の中に松田優作的なものが住んでいるのとそうでないものでは男の生き方が違ってくる

…な~んてことを話していた気がする。

彼のイラストからは想像出来ない言葉だった為か、私は非常に驚いた。

「脳内兄貴」とでもいうのか…

自分が怠けたりしている時に

「だからお前はダメなんだ!!」

…などと喝を入れてくれる存在なのだと。

故人をそういう風に活かす方法もあるのか…と思った。

実はタレミミも

密かに松田優作をリスペクトする者の一人である。

残念ながら私の脳内兄貴はリリー氏の程

働いてくれなかったりするのだけれど…

ヤグディンの「革命」について書いていたら

何故かそのこと思い出しちまったよ。

おまけ動画(コレ、怖いです)

リップヴァンウィンクルのお話とその後で

http://www.youtube.com/watch?v=ETZuh9D8LY8

(埋め込み出来ないもので)

映画「野獣死すべし」のワンシーン。

彼の演技を受ける室田日出男のビビリ具合もGOOD。

コレ見た時、

演技ではなくて

芯からイカれてる人だと思ったものです…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年12月11日 (水)

2013年NRW杯のブライアン・ジュベール

怖いものを見た後は

目の保養になるものを見るに限る。

浄化には真央ノクターンがオススメだが、
(別記事にあるよ☆)

今度は男…男…男ってな感じで攻めてみたい。

沢庵蛇女王様も(おそらく)好きな

おフランスの色男、ブライアン・ジュベールだ。

NRW杯より…

SP1位だったが…

総合でスウェーデンのマヨロフ(SP3位)が1位になりました…

男子シングル・ショート得点詳細

男子シングル・ショートジャッジスコア

男子シングル・フリー特典詳細

男子シングル・フリージャッジスコア

男子シングル総合結果

ブライアン・ジュベール 2013 NRW Trophy SP

おソトEXのとはまた一味違う男臭いオブリビオン。

衣装…色々突っ込まれるのはお約束。

(でもユーロ男子の変衣装って…無くなったら味気ないナア…)

「ケ●シロウ」?

…と思ってしまったのは内緒だ。(マッチョだしな…)

ブライアン・ジュベール 2013 NRW Trophy FS

衣装本決まりのものではなさそうだが…

昔の(藤岡弘あたりがやってた頃の)仮面ラ●ダーの変身前のファッションみたいだ

…と思ってしまった。

SPFS共に振り付け悪くない‥と思った。

ステップとか頑張っている。

が、プロトコル見ると…スピン・ステップでレベルを取ることに苦労している印象。

怪我もあったのかしら?

得意なジャンプでも苦労している。
(エンジンかかるのはこれからなんだろうけどね)

SPの出だし、3T-3Tなのが何げにショックだった。(特にこの人ならば)

ペナルティとかでGPS欠場させられたんだっけ?

仏スケ連に…

全くスケ連って何処の国も…(以下略

五輪シーズンだってのに…

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

ワールドで表彰台に乗るのが当たり前…な時代を知っておられる方にとっては

今の彼の状況は見るのがツライこともあると思う。

が、動画コメにもあるように…

この人もやっぱりフィギュアスケートが好きなんだろうね…

それは伝わってくる。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

高橋が今の評価を受ける前…

ランビエールやこの人とかジョニー・ウィアー等と争っていた時代

この時期は今よりトップを争うメンバーに華やかさがあったと思う。

容姿端麗な若手白人スケーターが今全くいない訳じゃないけれども

「俺を見てくれ」shine

と言わんばかりのオーラが華やかな時代にはもっとあったと思う。

ジュベールは決してランビエールのような芸術性があったスケーターではないが、

大袈裟な表現をしなくとも、

(顔も良いせいか)

お客様にアピールするものは多分に持っている人だと思う。

今の調子は決して良くはなさそうだが

ナンダカンダでワールドにはピークを持っていくことが出来る選手でもあるので

ソチ五輪でももうひと花咲かせて欲しいと思っている。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

若くてペカペカな時期より

ちょっとくだびれた感じになったが

無精ひげをうっすら生やしていたグラディエータージュベが実は気に入っている。

素敵だ…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年4月13日 (土)

実はなかなか良かったジュベール・グラディエーター

うっすらヒゲを生やしているのはこのプロの雰囲気を出す為なのか?

…と思ってしまったブライアン・ジュベールのフリー、 「グラディエーター」

出だしで笑いが漏れてるのは何故?

昔、ゼッケン(?)「007」が演技前にアップになって笑いが漏れたことがあったが…

これは現場行った方の特権だな。

彼の男臭い魅力満載な良プロだと思う。

表現は決して派手ではないけれど。
(元々華がある人だからこれでいいのかもしれん)

穏やかで静かな顔をしているが、闘志のようなものをも感じた。魂入った演技だった。

Brian Joubert - 2013 WTT - LP

彼のテレビ放送には帰宅間に合わなかったのだけど、
動画UPされてたの見てみたら良かったので、どうしても取り上げたくなった。
世界王者にまで上り詰めた男なのに、最近では表彰台圏外扱いされているのがもどかしくもある。

着氷乱れたところ…う~ん…惜しかった!
2A+2A+SEQ…ってのは予定通りなのだろうか?
まあ、それを置いといても良い演技だった。
点数がイマイチもらえてないのが残念だけど…
Transition/Linking Footwork…結構バラつきがある。
低いのが6.75で高いのが8.25…
う~ん…「彼だから」と偏見持って低くつけてるジャッジいるんじゃないか?

ステップでの表現とかも今回良いんでないかい?

「007」も好きなプロだったが、
あのステップ部分見ると、
「寝坊して任務に遅刻しそうになってる007が大慌てで仕度をして、家を飛び出している」
…と、変なストーリーを創作したくなるのだ。

コレオは7点台5人、8点台4人。
全く評価されてない訳じゃないけど無良君よりちょい低いくらいかな。

ケヴィン・レイノルズ君にも言えることだが、もうちっとコレオ評価してもいいんじゃね?
(レイノルズ君が宮本先生のコレオだから言ってる訳じゃないぞ!ホントだぞ!!)

私は基本、ステップ巧者タイプに惹かれるが、
例外も何人かいて
そのうちの一人が彼である。

この人の場合、ちょっと不器用そうなところもまた魅力。

「顔がいい」から言ってる訳じゃないぞ。(ホントだぞ!!)

「女には華がないとね」ってなことをちょっと前の記事に書いたが男も同様。

男も「華」だよね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年3月11日 (月)

カロ子とランビ(おまけ付)

☆架空世選前対談☆

ランビエール「ど~も~貴女の恋人、ステファン・ランビエールです」(キメ顔&ポーズ)
カロリーナ「ど~も~目と目のあいだは離れても、貴方の心は離さない…カロリーナ・コストナーです」(キメ顔&ポーズ)
ランビ&カロ「二人合わせて…カロ子とランビ!!」shine
(薔薇をくわえてフラメンコの決めポーズ。二人の間にナハロもポーズ)
(ナハロ、後ろに下がる)

カロ「あの人、何しに来たの?」
ランビ「ナハロ師匠はダンサーだからね。言葉でなくて、踊りで言いたいことを表現するのサ」
(ナハロ、ステップ踏んで荒ぶる鷹のポーズ)
カロ「後ろにいても私らより濃いわあ…どうせ3人ならダチョウ倶楽部のポーズでもやれば良かったかな?」
ランビ「いや、あれはチャーリーズ・エンジェルがもうやっちゃってるし」
Angels


カロ「気合入ってたよね~」
ランビ「うん。それにしても、いやあ~久しぶりだね~カロ子。元気そうだね~」
カロ「実は私ら、元カレ元カノ同士でして~」
ランビ「そうなんですよ~今でもついmy honeyとか子猫ちゃんとか呼んでしまうんですけどね~」
カロ「この人が他の女子選手にセクハラしまくるのが別れの原因ですわ」
ランビ「それは誤解サ…(滝汗)…あれはベイベーたちへの挨拶がわりサ~kissmark
カロ「アンタは及川ミッチーかい!?」
ランビ「ミッチーといえば歌手…実はART on Ice 2013 のオフィシャルソングも歌わせていただきまして~」
カロ「ニコ動で“しまうまのいななき”なんて突っ込まれてたよねえ…「you're beautiful」なのに美しくないわあ~」
ランビ「だけど、なぜかオフィシャルソングは見事上手くいきまして…黒歴史は塗り替えられたのですよ!マダム!」
カロ「“赤歴史”もあるよねえ…」
ランビ「…それは言わない約束でしょう…」
カロ「ごめん。ごめん。でもまた動物シリーズ見てみたいなあ~シマウマとか…」
ランビ「カロ子はロバさんか、アルパカだね~今度企画しようか…アニマルオンアイス!」
カロ「…田中要次と言われるのとどちらがマシか…」
ランビ「キムタク主演のドラマで『…あるよ…』しか言わないマスターの役やってたねえ」
カロ「サラリーマンneoのレギュラーでもあるね」
ランビ「『部長の親』の“いーちゃん”が印象的だったなあ」
カロ「その人、ぬこ好きでもあるんだよね~」
ランビ「また“アレ”につなげようとしてるね…」
カロ「いや~最大の持ちネタだもの…一生言われちゃうって」
ランビ「ネットで動画が気楽に見れるっていうのも便利だけれど考えものだねえ…」
カロ「うん。遭難した時の演技とか…ようつべに上がってたりするの見てしまったら卒倒しちゃうよ…」
ランビ「何をおっしゃる…よっ!欧州女王!世界女王!!SS女王!
カロ「…やめた人は気楽でいいねえ…」
ランビ「プロスケーターでも振付師になっても評価はつきものなんですよ。点数つかないけれど、お呼びがかからなくなったら御終い」
カロ「…急に真面目な話になったね。そうだね。どの道行っても楽ではないよね。はあ…世選が迫ってきてるの思い出してドキドキしてきた」
ランビ「そんな時には…これで一息」

(ナハロ、ステップを踏みながら、ティラミスを運んでくる)

ランビ「ティラミスでも食べるといいよ!美味しいよ!!」
カロ「台詞取られちゃった…」




:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

参考資料

ステファン・ランビエール 「you're beautiful」を歌う
しまうまのいななき…

ステファン・ランビエール Art on Ice 2013 のテーマ

カッコ良いです。が、笑ってしまう方も一部いらっしゃるでしょう。私は昔のミッチーとキャラかぶっているような気がします。

カロフラメンコ。ナハロ氏ではなくローリー・ニコル振付ですが。
カロリーナ・コストナー 2010スケートアメリカ SP

ここで一句。

カロリーナ  彼女の衣装に  ハズレなし

…お粗末… 

フィギュアスケート ランビエール Art on Ice 2007 フラメンコ

「高濃度」タグ有。ブログを読んでくださっている方ならお分かりだろうが、
ブログ主が食いつかぬ筈がないと言っても過言ではない、濃厚な方登場。

ステファン・ランビエール Creation Flamenco Program

うP主の説明「マドリッドでのフラメンコの練習の様子。師匠の顔がひたすらアツいです」との事。

ナハロさん好きです。高濃度で胸焼けしそうですが。
非常に彫刻の造り甲斐がありそうな御顔だ。
ジョ●ョの奇妙な冒険実写版…なんて企画があったら、北村●輝氏と共演してほしい。

ナハロさんは他の選手にも振り付けしている。

ジェレミー・アボット 2011全米選手権SP

芸術肌の選手が好みそうな振付だ。
彼も「職人か?芸術家か?」と問われれば後者だ。
一件人良さそうな青年にも見えるが、有香さん曰く「芸術家肌で難しいところがある」とか。
将来振付師目指していただきたい。

この方にも…
ブライアン・ジュベール French Master's 2010 SP

途中からこのショート滑らなくなったのだっけ…
が、素敵衣装だ。衣装が素敵でちょっとガッカリ感を感じさせるのはこの方以外ない。
「顔がレベル4」「カマキリ拳法」のタグがニコ動にはついていた。

※「赤ぬこ」動画はいたたまれなくなる為、このブログには載せません。
ご覧になりたい方は、ニコ動にて「赤ぬこ」で検索してお楽しみください。
代わりにコレ↓でもお楽しみください。
非常に手が込んでます。
【MAD】「ひとりぼっちの羊飼い」 ?スイスにおける赤ぬこ信仰?

☆☆☆

…それにしても全く世選に関係ない対談になってしまった。

今更ながら自己嫌悪。

それどころじゃないだろ!!…という時に限って脱線したくなるのも人情というもの。

笑って許しておくれよ、ベイベー…である。

この次、コストナーさんとランビエール氏について演技動画も混じえ、ちょっと語ろうと思う。

そう。この回は前座である。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

「あの選手」 | おすすめサイト | おヨナさん | ご挨拶 | どーでもいい話 | アイスショー | アイスダンス | アグネス・ザワツキー | アシュリー・ワグナー | アダム・リッポン | アデリーナ・ソトニコワ | アドリアン・シュルタイス | アニメ・コミック | アルトゥール・ガチンスキー | アレクセイ・ヤグディン | アンナ・ポゴリラヤ | エフゲニー・プルシェンコ | エマニュエル・サンデュ | エリザベータ・トゥクタミシェワ | エルビス・ストイコ | エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ | オススメ動画 | カロリーナ・コストナー | グルメ・クッキング | グレイシー・ゴールド | ケヴィン・レイノルズ | コンスタンチン・メンショフ | コーチたち | ジェイソン・ブラウン | ジェフリー・バトル | ジェレミー・アボット | ジョニーウィアー | ステファン・ランビエール | スポーツ | デニス・テン | トマシュ・ベルネル | ニュース | ハビエル・フェルナンデス | ハンヤン | フローラン・アモディオ | ブライアン・ジュベール | ペア | ペーター・リーベルス | マエ=ベレニス・メイテ | ミハル・ブレジナ | ミーシャ・ジー | ユリア・リプニツカヤ | ヨガ | ラジオ | レイチェル・フラット | レジェンド | ロシアっ子 | ロシア事情 | ロシア語 | 今井遥 | 佐々木彰生 | 前置き | 北●鮮ネタ | 古布団 | 大いなる妄想 | 太田由希奈 | 女子フィギュアスケート | 安藤美姫 | 宮原知子 | 宮本賢二 | 小塚崇彦 | 張可欣 | 怒り・ツッコミ | 振付師 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 有田 | 本田武史 | 李子君 | 村上佳菜子 | 浅田真央 | 浅田舞 | 漢フィギュアスケート | 無良崇人 | 犯罪 | 町田樹 | 経済・政治・国際 | 織田信成 | 美容・コスメ | 羽生結弦 | 芸能・アイドル | 若手女子選手 | 若手男子選手 | 英語 | 荒川静香 | 鈴木明子 | 長洲未来 | 韓国関連 | 音楽 | 高橋大輔 | Pさん

フォト
無料ブログはココログ
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー