アレクセイ・ヤグディン

2014年3月22日 (土)

男フィギュア祭り~ブライアン・ジュベール他

(動画主様、本当に感謝です!)

動画主様の動画説明…

もっと点数出てよーー!!!

…とのこと。

全くだよ…(-_-;)

ニコ動の動画タグが実にヴァラエティに富んでいる。

「クワドの守り神」「スケスケ火山」「レベルが来い」「シースルーな伝統」「男は黙って四回転」「風呂場実況」

…なんかヽ〔゚Д゚〕丿スゴイぞ…

イケメンの上にネタキャラとしても「オイシイ」人間ってそう滅多にいないぞ…

そういう意味でも貴重な存在である。

【クワドブライド】Sochi 2014 Brian JOUBERT SP【オーストリア解説】

そしてフリー動画。

【音声差し替え】ブライアン・ジュベール ソチ五輪FS【べるるん解説】 ←ココ注目っ!

動画タグに「クリストファー・ベルントソン」の名前有り

動画主様の説明…

低画質。フランス2放送のものをスウェーデンラジオの音声に差し替えたものです。
※キスクラは入っていません
 次の滑走がマヨロフです
 スウェーデンラジオは他の競技の合間にフィギュアスケートの実況を挟んで放送しているため前後に軽く概況が入ります

…とのこと。

言葉が分からんのが辛いですが…実況なかなか力入ってます。

ソチ五輪男子シングルSP得点詳細

ソチ五輪男子シングルSP・ジャッジスコア

同男子シングルフリー得点詳細

同男子シングルフリー・ジャッジスコア

男子シングル総合結果

しっかし…

SP7位フリー14位

過去世界王者経験者表彰台常連だった選手に対して随分渋いものだ…

着氷怪しいものもあったし…(でも選手によっては見逃されそうな範囲)

フリー、2Lzと2Aってのは「う~ん…」と唸ってしまいそうな箇所は確かにあった。

だけど…

色々目を付けられたのが大きいのか

繋ぎ(Transitions/Linking Footwork/Movement)の点…

最低で6.00ってのがあるよ…_| ̄|○…(ちなみに最高でも7.75)

この6.00付けた審判と思われる人、Interpretationでも6.75ですたい…(ちなみにコレは最高で8.25)

スピンやステップでレベル4を揃えたり出来ないのも現状ルールでは厳しいトコロだ。

でもこの人の

「細けえこと(レベル取り)は気にすんな」

と書きたくなってしまう、ある種の「大らかさ」は実は嫌いじゃない。

それでも以前よりはルールに寄り添った作り方をしてると思うけどね…

(確かにディープエッジで魅せますshineというタイプではないのだが…それでもね…)

以前のあまりそういう(細かい)ことを気にしてなさそうな時の方が結果出せていたというのが何とも皮肉…

「もうこの人は上げない」

と決めると、この世界は残酷だな…

コレは過去から繰り返されてきたことなのかもしれんけどね…(嗚呼…「歴史は繰り返す」のか…)

昔のイケイケだった頃に思いを馳せ

今の「ちょっと疲れた感じになってきたハンサム」な彼を見て

寂しさを感じるファンもいよう。

(多少くたびれていても“ハンサム”“イケメン”という称号が外せないのがこの人のスゴくて羨ましいトコロだ)

私は今のちょっと疲れた感じになってからの方が「萌える」けれど…(;^ω^)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

色々採点のことを考えると「しんみり」というか…辛気臭くなってしまうが、

もっとパァーッとした気持ちで「お疲れ様」と言いたい。

この記事のタイトルにも使ったが

「男フィギュア」

ジュベールのような人がこの競技をやっているとこのように表記したくなってしまう。

(無骨な)男が見る、男の為の男による「男(漢)フィギュア」

彼自身は女性達からキャーキャー言われることに満更でもない様子だったと思うけど(笑)
(おフランス人だしな…)

久々に彼の演技を動画で見て改めて「男フィギュアの選手だよ」…と思っちゃった。

2011-12シーズンを最後に引退してしまったケビン・ヴァン・デル・ペレンをも思い出しちまったが

マッチョで(+イケメン。ココ重要!)華があるという選手…いなくなってしまうのもまた寂しい…
(今…いそうでいないよね?Pさんもコレに含まれる??何か違う気がするが…(;・∀・)い…いいよね?彼も入れて…やっぱちょっと違うな…華はイマイチ…だな…)

彼の昔の演技動画、また彼が尊敬する元選手の動画…そして…

ネタものも含め(笑)「ブライアン・ジュベール(他)~男(漢)フィギュア小特集」をやろうと思う。

そう。

今日は男フィギュア祭り開催。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「髭有り」でもイケメンに変わりなし。(髭ジュベ好きなんです…)

男臭い魅力溢れる演技をご堪能あれ

≪解説無し≫ブライアン・ジュベール 2013 WTT FS:グラディエーター

次…

先輩リスペクトにも程があるお衣装。

ブライアン・ジュベール French National 2010 FS(第九)

以前も別記事に載せているが…(時々見たくなるわけよ…これが…)

「先輩」のも載せてみる。魂の演技。これぞ“漢”

ヤグディン 2001世界選手権 SP 「革命のエチュード」キスクラつき

この人の表現は「無骨」という訳ではないが、男らしいと思う。

北米人から見ても「ゲイ」ぽく見られなかったように思う。

過度にアピールしないけれども十二分に観客にアピールできる華をもっている。

フットワーク良いよね(・∀・)

お馴染みのSafri Duo「Rise」

「レベルがなんぼのもんじゃいステップ」という動画タグ有り。(「顔もレベル4」タグも…)

演技途中でコーチと目を合わせるトコロもこの動画の肝だ。

アレは良い場面だった。

ブライアン・ジュベール 2010世界選手権SP

この時のジュベールにホッとし、感動したファンの方は多かったと思う。

バンクーバー五輪の「……」の後でもあるから。

彼の男意気をヒシヒシを感じることが出来る動画でもある。

ここでちょっと一休み。

2004.05.29放送の有名人とペットを紹介する番組。ジュべは愛犬のBladeと出演。

…とのこと。

癒されます…(*´∀`*)

ブライアン・ジュベール わんこと一緒(Brian et Blade on the rock!)

ブサかわ犬を可愛がるその姿もまた男…

そして次…

男たるもの…トレーニングをしなければならぬ…

そして靴下がアレだろうと白ブリーフだろうと構ってはいられない。

…それは漢だからだ。

「ハダガが俺の勝負衣装」という動画タグが個人的ツボ。

(ゲイビデオではありません)

ブライアン・ジュベール トレーニング風景

まだフィギュアにハマる前だった2007年。

この時のワールド、TVで見ていたのだが記憶にあるのは

(1)ジュべ007お衣装

(2)ステファン・ランビエールのスンバラシイスピン

(3)トマシュ・ベルネルの「良い反日」EXと顎

以前にも別記事に書いたがホントそうなのだ。

私にとっても色々忘れられないプロだ。

ブライアン・ジュベール 世界選手権2007 SP

ゼッケンだろうが ゴマフアザラシ風味だろうが

ジャンプの回転数がわかりやすい衣装だろうが

気にしない。

それが漢。

人に歴史有り。

マッチョ体型になる前の動画も載せてみる。

実に初々しい。

雄々しい感じじゃないが見たくなっちゃったんだもん…(  ̄っ ̄)

…という訳で載せる。

17歳。スケートは荒いけど...可愛い。 開催地は長野。 SP8位、FS15位 総合13位。

とのこと。

ブライアン・ジュベール 2002世界選手権 FS 「The Mission」日本語解説

かわいい…(*´∀`*)…

そして…こんな↓衣装のまとめ動画を作られるのもまた漢…

「イケメンの無駄使い」「『普通』の基準がわからなくなってくる動画」「ギラテラ×ピチピチ×スケスケ×アミアミ」「どうしてこうなった」という動画タグ有り。(納得…)

ある意味素晴らしい…

言葉は不要。

見て

感じてくれたまえ…

ジュベールの変衣装 まとめ【改】

☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

番外編

ジュベール以外の男フィギュア動画をいくつか…

ヤグディン 2002ソルトレイクEX アンコール付き

立っているだけで男の色気。

なのに…↓こんな動画も作られてしまう。

それも漢。

フィギュアスケートMAD マスター・ヤグディン完全版

そして嫁も男らしいという評判のこの方。

まさに男の中の男である。

気は優しくて力持ち…な雰囲気を持つ欧州選手。

上の↑方で名前載せたらコレ見たくなっちゃったのでござる。

「仮面の旦那」という動画タグに納得。

ケヴィン・ヴァン・デル・ペレン 2011Skate Canada FS

最後…

昔小特集記事やった気もするが…

この動画↓への感謝をも込めて…

エルビスストイコ、真央を絶賛

ありがとよ…兄貴…

兄貴の漢っぷりは忘れないぜ…

という訳でコレ!

エルビス・ストイコ '02 Olys SP (・∀・)ライーヨー!!

ストイコ兄貴にいつか「兄弟舟」で滑って欲しいという気持ちは変わっていない。(それか“祭り”)

今夜は男臭い夢が見られそうだぜ…(´<_` )フッ…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2014年3月 8日 (土)

「有田?」ポール・ボニファシオ・パーキンソン(伊)の衝撃

某所であるスケーターを指して

「有田」

という書き込みを幾つか見たことがあったが

「有田」

がどのスケーターを指すのか理解していなかった。

そして某所に貼られていた動画を見て

1ヶ月近く見つからない探し物をようやく発見したぞー!!な気分になった。

「あーーーー!!!コレ、“運命”の人だア!!!!!」

私がたまたま録画した男子シングル・ショート個人戦のものは

いきなり「逆襲のジェレミー」から始まった訳で…

「有田」「ラキムガリエフ君のサスペンダー芸」が見られなかった…

(上位争い見るだけじゃないよね…フィギュアの楽しみ方は…結構“濃い”人が下位で見られたりするのよね…)

がその前に行われた団体戦の男子シングル・ショート。

その時はイマイチ体調が優れなかったこともあって

夜中にTVを見るなどもってのほか状態だった。

で録画して翌日以降の時間空いた時に見る…と。

そしてプルや羽生君はまだまだよね~…とばかりに油断して(でもプルさん滑走順早かったっけね)

ちょこっと洗い物をしたままTVを流している時だった。

ジャジャジャジャーーーーン!!!

「??(°д°)??」

ベートーヴェン 交響曲第5番 ハ短調 作品67…

「運命」じゃあーりませんか!!

コレで滑ろうとするスケーターが今大会で存在するとは思っていなかった。

思わず手を止めて画面を見ると…何げにプリ尻の男性が演技を行っていた。

2度目のジャジャジャジャーーーーン!!!そして転倒!!(;゚Д゚)!

そして何事もなかったかのようにすぐに起き上がり演技再開。

…この流れがですね…変な話…

「ジャンプの失敗」というより…

一つの予定された美しい(?)段取りになっているように見えて

どうにも不思議な感覚を覚えてしまったのでございますよ。

何か…一芸になってました…(悪いけど吹きそうになってしまったのですがそれでもです…)

音とジャンプと転倒が妙に見事なハーモニーを醸し出していたと申しましょうか…

もうそれだけで私の心GETしましたね(笑)このスケーターさん。

でもその後、別の用事で家族に呼ばれ、またその場を離れてしまいまして…

このスケーターが何処の国の誰かさんか不明だったのでございます。
(そしてまだ団体戦の録画、その時以降見返していないんです…)

Wikiを覗いてみると…ジェフリー・バトル先生が振り付けだよ!コレ!!

なかなか印象的な振りもあり…この人の動きは…

「美しい」という感じではないものの…(ゴメン…)

この2014ユーロのものなんか…結構キレッキレです。

笑顔でジャッジアピールも欠かさない。
(また…この笑顔がね…いろんな意味でコチラも笑顔になってしまいます)

腕の動かし方が独特で面白い。(おヨナさんとは別の意味の“くねり”があるように思います)

(そして…結構ツナギ多くないですか?何げに?)

ジャンプの軸が所々怖いし、色々…イタリア人なのに長く…なかったりするけれど…

そしてスピンのポジションにも若干ヘンテコなものがあるのも気になるけれど…

これからの彼から目が離せなくなりそうだ。

今季ユーロは23位。

で今回のソチ五輪では27位でフリー進めず…(T_T)

SPでこんな“濃い”のならフリー色々期待しちゃうじゃないですか…有田サンよ…

そんな素敵な彼の五輪動画を見つけられなかった為、ユーロので…

Paul Bonifacio Parkinson SP 2014 Euro FS Champs

スミマセン…

出だしの素敵な笑顔shineで若干腹筋に力が入ってしまいました…

もう君、「有田」でいいわ…な瞬間でした。

曲は芸術…という感じのものを選んでいたにもかかわらず

“アーティスト”というより“芸人”のかほりがするのが不思議。

この曲はフィギュアに使用するには「強すぎる」印象があったのですが

一歩間違えると笑いの神が降りてくるような雰囲気があったのですが

この人決して曲負けしてなかったように思います。

それがこの人の持つ存在感によるものかは分からない。

ジャンプもっと頑張れ!!パーキンソン君!!

(この名前がまた…インパクト大である)

今度のワールド…日本来ないんだっけ?(エントリー表の中に名前がなかったような…残念っ(T_T))

NHK杯とか…来ないかナア…(^_^;)

【編曲再現】ポール・ボニファシオ・パーキンソン 13-14 SP

↑この動画のコメの中に私と似たようなことを思った方がいてちょっとウレシス♥

この静止画の彼は確かにジム・キャリーにも似てるかもしれない。


追伸

帝王ヤグディンが使っていた「革命」

アレもお馴染みの上に「強い」曲なれど

ヤグディンは「負けなかった」と思う。

ヤグディン 2000-2001世界選手権   sp革命のエチュード

自分に気合入れたい気分に今なっている為、無理やりこの動画も入れてみた…(^_^;)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年12月18日 (水)

ヤグディン 2001世界選手権 SP 「革命のエチュード」

日常生活の諸事情に疲れているのか…

別に悪いことがあった訳ではないのに

どうも力が出ないということがある。

そんな時に見たくなるフィギュア演技動画がある。

「お前はこんなトコロで終わる人間じゃないだろ!?」

厳しいながらも自分を支えてくれそうな…

そんな檄をとばされた気分になることもある。

素のヤグ先輩はそんな人ではないかもしれんがな…(;^ω^)

動画主様による動画説明
(ホント…今までお世話になった動画の主様には感謝しかないぜ!good

 痛めた右足が悪化して前日に2本、直前に3本の痛み止めを注射して滑ってます。足の感覚は多分なかったでしょう。オリンピックの出場枠のためもあるけど、何より大会を棄権するという考え方が嫌いだったとか(ヤグらしい) 

…とのこと。

昔からのフィギュアファンにはお馴染みな話であろう。

それでも大技しっかり決めるトコロはやはり帝王。

ヤグディン 2001世界選手権 SP 「革命のエチュード」キスクラつき

拳を振り上げる動作がこれ程様になる選手も珍しいかもしれん。

チラリと見せるランジがちょっとしたアクセント。

繋ぎ部分も気合入りすぎなくらいだが

ステップ…本当に鬼神でも乗り移ったかのようだ。

この曲は比較的馴染みのあるクラシック曲だが、実はこの曲をステップで表現するのって難しいのではないか?

ステップ巧者じゃないと絶対曲に負ける。(プラス恐ろしいくらいの気迫・オーラ)

そんな怖さも孕んだ曲だと個人的には思う。

恐ろしい位の気合だが彼の表情は涼しげにも見える。(が…顔色が悪いような…。相当無理してるよ…)

演技終了後は喜び爆発。(分かる…分かるよ…)

お客様の歓声が演技終了前から大きくなってきていて

最後の方音楽が聞こえない…

この頃のお客様達(北米?)の熱が今と違って見える。

ちなみに

この演技での拳を握り締めるタラソワさんはコチラ↓の動画にある。

ヤグディン 2001世界選手権 SP 「革命のエチュード」キスクラつき(CTV)

若いわ…タラソワ先生…

お綺麗っス。

そして相変わらず応援の気迫が素晴らしいっス。

今健康を崩しておられるようだが(入院した…とか…風の噂で目にした)

ソチ五輪では元気になられますように。

やはり責任重大でストレスも半端ではないのだろうな…

元々の慢性的にかかえている不調もあるのだろうけど。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

ヤグディンをリスペクトしてやまない選手の演技動画で締めようと思う。

ブライアン・ジュベール French National 2010 FS(第九)

</p>

ここでは4回転を回避しているが、

なかなかの良演技。

やはりヤグヲ魂が…いや…なんでもないです…

本当に好きなんだね…

それにしても…

ほぼ同じな衣装だが

何処か本家と比べるとハズしているような気がしないでもない。

基本ヤグさんの体型に合わせた衣装だからなのかもしれんな。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

昔、リリー・フランキー氏がEテレの「私のこだわり人物伝」という番組の中で松田優作について語っていた。

最初彼と松田優作というのはどうも結びつかなかったが熱烈なファンだったらしい。

自分の中に松田優作的なものが住んでいるのとそうでないものでは男の生き方が違ってくる

…な~んてことを話していた気がする。

彼のイラストからは想像出来ない言葉だった為か、私は非常に驚いた。

「脳内兄貴」とでもいうのか…

自分が怠けたりしている時に

「だからお前はダメなんだ!!」

…などと喝を入れてくれる存在なのだと。

故人をそういう風に活かす方法もあるのか…と思った。

実はタレミミも

密かに松田優作をリスペクトする者の一人である。

残念ながら私の脳内兄貴はリリー氏の程

働いてくれなかったりするのだけれど…

ヤグディンの「革命」について書いていたら

何故かそのこと思い出しちまったよ。

おまけ動画(コレ、怖いです)

リップヴァンウィンクルのお話とその後で

http://www.youtube.com/watch?v=ETZuh9D8LY8

(埋め込み出来ないもので)

映画「野獣死すべし」のワンシーン。

彼の演技を受ける室田日出男のビビリ具合もGOOD。

コレ見た時、

演技ではなくて

芯からイカれてる人だと思ったものです…

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年11月16日 (土)

2002年 ソルトレイクシティ五輪 男子シングル表彰式

2002年 ソルトレイクシティ五輪 男子シングル表彰式

載せちゃいましたよ…

我がブログで…

ゲーブル…気の毒に…

字幕や台詞をつけておられる方が多数おられるが

あながち「間違いではない」と思う。

マジで…

表彰式動画見ると

「人間模様」

という言葉が浮かぶ。

私、この動画見た後

ロシア国歌のメロディ完全に頭に入りました。

勿論歌詞は動画の通りのを…である。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年11月15日 (金)

2002ソルトレイクシティ五輪SPウィンター アレクセイ・ヤグディン動画を見る

2002オリンピック SP ウィンター ヤグディン

久々に見た。

前々回の某国記事のせいだ。

ヤクディ‘おばけステップ’

…なんて魅惑的な言葉が機械翻訳により出てきたせいだ。

見たくなってしまうではないか…

(動画を見ている方々にとっては“お断りしまステップ”なんだろうけどな)

実は私タレミミは「ウィンター(byヤグさん)」厨でもあった。

浅田真央に惹かれ(しばらく「鐘」厨でもあった)

高橋大輔の演技…特に“eye”で「演技に」恋をしたタレミミ。
(更に「道」で完全にハマった。もう抜け出せなくなるくらいに)

それから何故か過去の名選手の演技動画をランダムに見ていたのだが

その中でもこの「ウインター」が気になって仕方なかった。

自分でもなせ「ウィンター」なのか?説明不可能であった。

(ま…好きになるものって…そんなもんサ…)

とにかく…

このプロは新旧採点関係なく私のとっての名プログラムだった。

それなのにブログ始めて…11ヶ月も経ってから彼のこの動画をようやく取り上げることになるとは…

もっと早く取り上げるべきだったんだろうけど

ブログ始めた時はちょうど別のものがマイブームだったんだろうな…(;´▽`A``

ホント刈谷さんの実況やおね…樋口先生の解説(というより演技にウットリしていただけのような気もするが…)

コレも口調を真似しながら再現出来るかもと思うくらいこの動画見てたっけなあ…

下手すりゃ、陸上で踊れるかもしれん。(いや、ホント、マジで!)

アチラの国の人も絶賛(?)していたヤグディ“おばけステップ”“お断りしまステップ”

(というより、おヨナさん褒めるのにテキトーに取り上げただけ…だったような…)

今だとレベル取れない…と言われるけれど良いステップだと思った。

「冬将軍がやってきた」

…という感じで。

解釈違うかもしれんけど。(;^ω^)

冬が来てワーイワーイヽ(*´∀`)ノな部分も。(コレも解釈違うかもしれん)

最初の氷を削る演出も粋である。
(コレは「良い削り」である)

でもね…「難しいことやってない」とも言われるけれど…

バランス取るの下手くそな人がやるとけっつまづいて終了
(あと、トゥステップ苦手な人とか…もいると思うしね)

…になると思うのねん…

今日はここまでに致しとうございます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

レス、ちょっと遅れます。

ごめんね…( ̄◆ ̄;)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

私は「ヤグプル対決」をタイムリーに知ってる訳ではない。

(ソルトレイクシティ五輪の記憶はうっすらしかなく、本田武史を軽~く応援していたと思う。彼の技術と表現は他の選手に劣る部分はなかった…と思っている)

その時ヤグディンについての記憶がなく(何といっても私にとって“男子フィギュア”といえばキャンデロロだったのだ)

プルシェンコの名前とあの鼻と金髪オカッパ(略して金カッパ)姿は印象に残っていて、

ちゃんとフィギュア放送を見ていた訳ではなかったが

「スゲー強い選手」 (プルさんね)

ということは何故か知っていた。

「プログラムの良さ」ではヤグディンに軍配を上げたい。(イケメソだしな…氷上では…)

…というか、プルシェンコ氏のプロに関しては…

「え…この人にはもっと良プロ作ってあげなよ…」

と常々思っていた。

最近の動画、未チェックなれど…

亀プロ、みやけんプロが御蔵入りになってしまったのが残念無念である。

ただ…

「ニジンスキーに捧ぐ」は好きで…

「やけくそカルメン」は挫けそうな時に見ると元気をもらえる動画の一つである。

正直メンショフ先輩か古布団小僧に大舞台を踏ませてあげたい気持ちがあるが

プルさんの「強さ」はやはり侮れぬ。(この人は“巧い”というより私にとっては“強い”人なのだ。)

ロシアの男女シングル五輪選手選考の行方はやはりヒジョーに気になる。
(某国に3枠やるくらいならこっちに回せよ!…と思ってしまうんだな…これが…)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「スケオタあるある」という本をある日立ち読みしてしまったのだが

ヤグディンのファンミの描写部分が気に入ってしまった。
(当時知らないのに参加したくなってしまった)

買おうかな…本、買い控えしてるんだけどねsweat02

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年6月20日 (木)

馬鹿を尊ぶ~楽しい珍演技動画特集(2)またロシア編

今週の「100分de名著」(Eテレ放送中)は文豪トルストイの「戦争と平和」

壮大な長編小説でなにせ登場人物は559人あるものを、
主要登場人物3人(アンドレイ、ナターシャ、ピエール)に絞って語っている(テレビ放送は)訳で
この物語の熱烈なファンは不足を感じるだろう。
でも興味深く視聴している。
後でちゃんと読み返してみたい作品だ。

コレの第3回目を録画して見ていた。

そこでピエールについて語られている箇所で気になるところがあった。

物語の後半部分についてだと思うが

フランス軍がモスクワに入ったその日、市の中心部で火災が発生する。…と説明があり

一般の方々が逃げる中、何故かモスクワに残ることを決意したピエールのその後の行動がフリップにまとめられていた。
(映画版「戦争と平和」でピエール役やった人に似た似顔絵(?)も描かれている)

ナポレオン暗殺計画(物語最初の彼はナポレオン信者だった)
 
火事から少女を救う
 ↓
放火容疑で逮捕される
 ↓
フランス軍の捕虜となる

以上。

…う~む…簡潔過ぎる程に簡潔にまとめたのだろうが波乱万丈過ぎる…

練に練った計画なのに上手くいきませんね…と伊集院光氏がツッコミを入れると、東京大学名誉教授は笑顔でそれを受け

暗殺の為にピストル買いに出て
フランスの将校とあって酔っ払って
酔っ払った為に翌日行動できず

…という「ズッコケ」を指摘。

女性司会者もそこで

「ピエールってちょくちょくお馬鹿な感じ…というか…ドジというか」

と教授に同意を求める。

ピエールは完全ズッコケキャラにされてしまったようだ。

すると教授は

「“イワンの馬鹿”の国ですから…」

と急に別のロシア文学作品の名前を出し

「馬鹿っていうのは非常に尊ばれる。“道化”ですわね。道化が真理や真実を一番つかまえているという考え方がロシアにはあるんですよ」

とおっしゃった。

その後少女を助けた“善行”について語り、彼をフォローしていらした。

この教授、元々の御顔がそうなのかもしれんが常に笑顔であった。

この“お馬鹿”が如何なるものか確かめてみたい…というのも読み返したい動機の一つだ。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

ブログ「ロシア語自習室」様が少し前にソトニコワ選手のインタビューを載せていらしたと思うが

その中に「“戦争と平和”を読んでいる最中だ…」とかいう彼女の台詞があって

コレ読み直してみようかしら…と思った矢先にこの放送だった。

長さ考えると気が遠くなりそうだがね…(苦笑

読む時間があまりとれんかもしれんなあ…

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

「ロシア」「お馬鹿」とくれば

「アレ」だ。

ということで、無理やりロシアンスケーターによるオモシロ演技小特集をやりたくなった。

前置きが長すぎた…

以前

2013年3月26日 (火) 馬鹿を制するものが世界を制す?~楽しい珍演技動画特集(1)ほぼロシア編(←リンクしてます。)

という記事を上げておきながら
番号ふっておきながら
「楽しい珍演技動画特集」は(1)しかないという体たらく。

そうなのだ。

ただ単に(2)やることが頭から消えていたという情けない事情のせいである。

ヤグディン タラソワとのshow 『Winter』2007年2月

Winterまでの流れが素晴らしい。

セクスィーです…

【フィギュアスケート】スルツカヤのキャットウーマン

皆「赤ぬこ」について語り過ぎ…

next

プルシェン子登場。

プルシェンコ2004ワールドEX男女1人2役

「プルシェン子ちゃん」も載せてみる。

コレ作った方…エライッス!

アァ~ハァァァアアア~~ー┐_√レvv~(^q^)─wwーーァンヘ√レがきこえる

参考資料

「カリンカおじさん」登場。
プルシェンコがボイトレを受けてみた

実はコレ↓でこのロシアペア好きになったことをここで告白します。

フィギュア世界選手権EX スーパーマリオブラザース! ロシアペア(2011.05.01)

確かに「美しすぎる配管工」だ…

で…

以前も載せたのですがまたどうしても見たくなってしまったのを2つ。

そうです。ただの自己満足だ。

やはり未だに理解不能。

でもたまに無性に見たくなってしまう。何故だろう…?

アルトゥール・ガチンスキー 2011Cup of China EX

ラストはやはり

アレクセイ・ウルマノフ つるっぱげプロ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

「あの選手」 | おすすめサイト | おヨナさん | ご挨拶 | どーでもいい話 | アイスショー | アイスダンス | アグネス・ザワツキー | アシュリー・ワグナー | アダム・リッポン | アデリーナ・ソトニコワ | アドリアン・シュルタイス | アニメ・コミック | アルトゥール・ガチンスキー | アレクセイ・ヤグディン | アンナ・ポゴリラヤ | エフゲニー・プルシェンコ | エマニュエル・サンデュ | エリザベータ・トゥクタミシェワ | エルビス・ストイコ | エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ | オススメ動画 | カロリーナ・コストナー | グルメ・クッキング | グレイシー・ゴールド | ケヴィン・レイノルズ | コンスタンチン・メンショフ | コーチたち | ジェイソン・ブラウン | ジェフリー・バトル | ジェレミー・アボット | ジョニーウィアー | ステファン・ランビエール | スポーツ | デニス・テン | トマシュ・ベルネル | ニュース | ハビエル・フェルナンデス | ハンヤン | フローラン・アモディオ | ブライアン・ジュベール | ペア | ペーター・リーベルス | マエ=ベレニス・メイテ | ミハル・ブレジナ | ミーシャ・ジー | ユリア・リプニツカヤ | ヨガ | ラジオ | レイチェル・フラット | レジェンド | ロシアっ子 | ロシア事情 | ロシア語 | 今井遥 | 佐々木彰生 | 前置き | 北●鮮ネタ | 古布団 | 大いなる妄想 | 太田由希奈 | 女子フィギュアスケート | 安藤美姫 | 宮原知子 | 宮本賢二 | 小塚崇彦 | 張可欣 | 怒り・ツッコミ | 振付師 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 有田 | 本田武史 | 李子君 | 村上佳菜子 | 浅田真央 | 浅田舞 | 漢フィギュアスケート | 無良崇人 | 犯罪 | 町田樹 | 経済・政治・国際 | 織田信成 | 美容・コスメ | 羽生結弦 | 芸能・アイドル | 若手女子選手 | 若手男子選手 | 英語 | 荒川静香 | 鈴木明子 | 長洲未来 | 韓国関連 | 音楽 | 高橋大輔 | Pさん

フォト
無料ブログはココログ
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー