オススメ動画

2014年4月19日 (土)

ソトニコワが金メダル喪失?~ロシアNOWより(「何だ?その目は…」と言いたくなる画像付)

またまたロシアNOWより。

コチラは前回記事より新しい話題。

というか…もうすでに多くのブロガー様が触れている

あまり新鮮味のない話題。

そう。

「あの国」「あの方」絡み。

おソトはホント…

災難としか言い様がないな…

(「チンタクンテ会長やめろや!」とよりにもよって「あの某国が」「あれだけ優遇されてた女王様のいるあ・の・某国が」訴える事件に関しては「もっとやれや!ハハハ…アヒャヒャヒャヒャヒャ(゚∀゚(゚∀゚(゚∀゚(゚∀゚)゚∀゚)゚∀゚)゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ└(´ー`┌)└(´ー`)┘(┐´ ー`)┘ヤンヤヤンヤ♪」…くらいにしか思いませんけど)

この話題しばらく出したくねえ…と思ったブログ主だが…

先ほどイリカツ組関連の話題の時に見た「ロシアNOW」にて

「何だぁ!?その目は…!?」

というヨン姐さんの画像を見つけてしまったので…

露西亜も意地悪いナア…

いくら彼女を褒めちぎっても絶対・・・

「この女、感じ悪っ…」

と思ってるだろ?

(いや…恐露西亜に限った話じゃないけどよ…本国のメディアにも「感じ悪っ!な画像」かなり使われてるがね…)

それとも…ただ何も考えずに人を見てるだけなのに…そう見えるの?

人相の問題だったら…スマンよ…姐さん…

でも今までの貴女の嫌韓大使っぷりにも問題があるのよん♪ψ(`∇´)ψ

…と責任を姐さんに押し付けようと思う。

☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ソトニコワが金メダル喪失?

2014年4月17日 ヴィクトル・ホムィジェンコ, ガゼータ・ル 

韓国スケート連盟は、ソチ冬季五輪フィギュアスケート女子シングル個人戦で、アデリナ・ソトニコワが金メダルを獲得したことに、異議を唱えている。ロシアのフィギュアスケートの代表は、これについてノーコメント。専門家らは、韓国側の主張の妥当性に疑問を示している。

Photo
ウラジーミル・セルゲエフ撮影/ロシア通信

 国際スケート連盟(ISU)は、女子シングルの最終結果に関する、韓国スケート連盟(KSU)からの不服申し立てを受理した。

 韓国が抗議と称している、ISU規定に反する書簡は、4月10日にISUに送付されていた。書簡は女子シングル個人戦の審判員構成に疑義を示すもの。この競技では、ショートとフリーのプログラム合わせて219.11点をマークした韓国の金妍児(キム・ヨナ)を、ソトニコワが224.59点で上回って、金メダルを獲得した。

 大韓オリンピック委員会は、ソトニコワを過大評価した審判員構成を調査するよう求めている。

 ISU懲罰委員会のフォルカー・ワルデック委員長(この委員長の名前…)はドイツのDPA通信に対し、不服申し立てを正式に受け取ったこと、またISU懲罰委員会とローザンヌのスポーツ仲裁裁判所のどちらがこの問題を審議するかを、今後3週間以内に決定することを伝えた。

ロシア側はノーコメント

 ロシア・スケート連盟のアレクサンドル・ゴルシュコフ理事は、韓国の申し立てについて何も知らないと言っている。「これに関するいかなる報告も受け取っていない。今の時点でコメントするのは難しい」

 ロシア・フィギュア・スケート連盟のヴァレンチン・ピセエフ会長は以前、大韓オリンピック委員会に対し、ISUの規定に従うよう求めていた。この規定によれば、ISUは原則として、競技の結果に対する抗議を審議しない。抗議を審議するのは、競技中のみであるという。「韓国の関係者には、規定の文章をよく読むことをおすすめする」と、ピセエフ会長は述べた。

ファンがエスカレート

 韓国はこれまでにも抗議を行っている。ソチ五輪女子シングルの競技が終了した直後だったが、ISUはこれを却下していた。

 フィギュアスケートのタチヤナ・タラソワ・コーチはこう話した。「それは道理にかなっている。ISUは審判員を信頼しているし、五輪の審判団は一流。ソトニコワの結果は完全に公正なものだった。確かに氷を足で引っかけたところもあったが、その分は0.9ポイント引かれている。金妍児がしなかった2回転半アクセル+3回転トゥループを、ソトニコワは後半決めた。これによって高い点数を獲得できた」

 ソトニコワを指導しているエレーナ・ヴォドレゾワ・コーチは、ファンが抗議を考えついたと話した。「金妍児は韓国のアイドル。(プッ)だから状況は明白…実際にはいかなる抗議もなく、ファンが騒ぎを起こした」

元記事

☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

某国内のヨン姐さんファンはデモまで起こしてるってホント?

スゴイよね…

その基●外加減情熱というか…

キチンとエレメンツの一つ一つを比較検討して運動を起こしているとは思えないのが気になるけど…(^_^;)

あまり「アチラの方」は積極的に比較動画とか作ってない印象あるね…
(日本の方ではいるね)

マンセーしつつ、「実はヤバイ」と思っている?

…でもそんなんじゃフツー訴えようなんて考えないよね…

ヘロヘロ蛇女タンゴでもいいんかい?という素朴な疑問もわくけど…

…いいんでしょうね…アチラの方は…

スンバラシイ音楽解釈にしか見えないのでしょうね。
(昔、所ジョージがいいとも出てて、すんばらしったらありゃしない!とかいう馬鹿馬鹿しい短い歌のようなギャグのようなフレーズを言っていたことを思い出しました)

比較検討したら…ヤバイのは「ソチラ」じゃあーりませんか?…で済む問題かと思っていたが

結構しぶとかった。

(ある意味)大したモンだわ。

驚き呆れる感心するわ。

エライと思うわ。

見習いたくないけど…

☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「何だぁ その目は」でネット検索してみたら

何故かこんな動画にたどり着いた。

ジャギ「ぬわぁんだぁその目わぁ!!」レイチェル「何?その目は?」

私、北斗の拳キャラ以外はよくわからなかったのですが…

レイチェル=アルカードとは (ニコニコ大百科)

格闘ゲームのキャラでヴァンパイア血族の当主のようである。

一つ勉強になった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

☆どうでもいいおまけ☆

ヨン姐さんの「ぼっち」または「カオナシ・フォーエバー」特集をやろうとしていたタレミミだったが…

もうどーでもよくなってしまった(笑)

やんないかも…(^_^;)

が…その特集に使うか考えていたものと没になるかもな画像を載せて

お茶を濁そうと思う。

Photo_2

コレ…ちょっと変顔ですが、結構可愛いと思います。(人相も悪く感じないです)

パタリロみたいで…

次は「ぼっち」特集で使おうと思っていたものですが…

一見なんてことない風景ですが…

一人だけ準備出来てませんな感じがちょっとツボでした。

Photo_3

何かこの方…

画像に関しては結構隙だらけなんだよなあ…

表彰式の写真なんか結構な数撮られるというのに…

Photo_11

Photo_4

旭日旗っぽいライティングって…

やはり恐露西亜の嫌がらせ??

Photo_5

「隔離っ!」…な図。

☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「ぼっち」で締めるのは辛気臭くなりそうなので・・・

テキトーに時期関係なく気になる画像をテキトーに上げて終了しようと思う。

Photo_6

ドヤンコフ!

Photo_7

河口における汽水域…

Photo_8

死ぬほど笑っているアザラシ

Photo_9

2014ワールドEXのヒトコマ

Photo_10

死ぬほど笑っているアザラシ2

Photo_12

Photo_13

アンタら…_| ̄|○…な2画像

Photo_14

死ぬほど笑っているアザラシ3

Photo_15

ひじき

Photo_16

アザラシ4

Photo_17

「濃い人」と真央

Photo_18

ジェレミー…

ではこの辺で…

おやすみなさい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2014年4月 4日 (金)

「ドイツでいちばんダサいPV」を見て様々なドイツのバンドの曲を聴きたくなった

スミマセン…またまたフィギュアスケート関係なし

でもスケーターのどなたか…

「世界でいちばんダサいシリーズ」の曲のどんなんでもいいから…

EXでも使ってくんないかなあ…

今回は「いちばんダサいPV」から始まるドイツバンド特集

まずコレを見ていただきたい。

ある意味フィンランドを超えています。

ある新興宗教の洗脳ビデオっぽい効果をも使っています。

でも「洗脳される」危険より腹筋崩壊する危険の方が大きいかもしれません。

よく見ると男性は男前。(あのモフモフした頭はカツラ?髭も??)

そして彼とどういう関係か謎なピンク頭美女

男前と美女が大真面目にこーいうのを演じると

見るからに3枚目な芸人が愉快なネタをやるよりも強烈かも…

…としみじみ思ったのであります。

巻き舌も素敵。

曲に合わせて「ロボダンス」やりつつ身体揺らしているうちに

なんとも言えぬ楽しい気持ちにさせられます。

HA!HA!HA!HA!HA!HA!

ポポポポポポポポンポンポ~ン♪

あの時々合いの手の如く入るエレキドラムの音がツボです。

5、4、3……1、オッパス!!!

…のトコロで

「2はどこへいった??」

という動画コメが溢れるトコロも見所の一つだ。

ドイツでいちばんダサいPV(再うp)

動画主様による動画説明(お借りしますね)

またまた再うpです。なんかすみません。。。ドイツは復活します。ご存知の人はもう知ってますねユニット名「Zlad!」曲名「エレクトロニックスーパーソニック」とりあえずドイツの音楽革命www

…とのことです。

上の動画の中に「ラムシュタインはかっこいいぞ」とのコメがあった為

それを見たくなる。

が…ここのバンド…本格派ではあるのですが、

PVが…(あと歌う内容が…)結構ヤヴァイものがあり…

(メンバー全員全裸で演奏してるものもありました…センスあるPVでしたが、あまり見たくねえ!!…な物件でした)

鬱になりそうな曲ですが、コレは良い曲だし…ということで…

Rammstein - Mutter

「ドイツ」というと思い出すのは懐かしの…クラフトワークというバンド

若き頃イエロー・マジック・オーケストラ(Yellow Magic Orchestra)なんぞ聴いてた時期もあった

もので

YMOに大きな影響を与えていたとされるクラフトワークの存在は当然知っていた。


それ程熱心に追いかけていた訳ではないけれど

クラフトワークといえば…一番頭に最初に浮かべたのはコレ↓だ。

Kraftwerk - The Model

これを含むアルバムが1978年に出されたっけか。

最初にご紹介した「Zlad!」「エレクトロニックスーパーソニック」(この曲名がまた…(ーー;))

コレ…2000年過ぎにリリースされたものにしては「……」な代物だ。

悪い曲ではないんだけれど…何なんだろうな?あの垢抜けなさというか…

コレと同じく電子音楽には変わりないのだが

やはり「センス」とか自己演出力というのか…その辺に大きな違いがあるのかな?

まあ、電子音楽でも方向性は異なるから別にいいか…
(Zlad!は小室哲哉辺りと比較した方が良いのかもしれない。小室の方がセンスあることは確かだが)

クラフトワーク、も一つ。

コレ、テレビ番組に出演したものだそうですが…

人を食ったような演出だよなあ…

動画タグは「最強の巻き舌」「最強の七三分け」「宮崎ロボ太」など。

KRAFTWERK - Die Roboter (TV Show 1978)

動画主様の説明

お馴染み"The Robots"のドイツ語版。西ドイツ(当時)、第2ドイツテレビ(ZDF)に出演した際のKRAFTWERKです。
この頃から"やりたい放題"が可能な立場になった彼ら、お得意のパフォーマンスを全開させていますが、そこは地元。心なしか司会者や観客が暖かく見守ってくれている印象を受けます。その点、他の国では…。
同じ曲でソ連(当時)のテレビ番組に出演した動画を、イタリアでの"電卓"を上げています。温度差を見比べるのも一興かと。

…とのこと。

ソ連とイタリアのものはここに上げないけれど…興味ある方、ニコニコで探してみてちょ♪

以前何故かこのブログでニック・ケイブの曲を取り上げたことがあるのだが

彼のバンド、バッドシーズで長年一緒にやってきた盟友ともいえる存在でもある
(が、脱退してもうた…(>_<))

ブリクサ・バーゲルト

彼中心のドイツの実験的バンド。その名は

アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン(Einstürzende Neubauten)

(コレ…書いているものを読みながらでも上手く言えなかったりします)

Wikiを見ると

バンド名

バンド名「アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン」は、「崩れ落ちる新しき建築物」という意味。英語では、"Collapsing new buildings"。 直接的にはブリクサ・バーゲルトの学生時代の友人の呟きから引用された。

「ノイバウテン」という単語には、高層の集合団地のようなニュアンスもある。また、第二次大戦後の大規模な復興開発や西ドイツの建設ラッシュによる戦後期の建築物件も連想させる。


…とのこと。

ブリクサのお友達…素敵な呟きなのだが、日本人には覚えにくいです…

「人類には早すぎる動画」という動画タグがありましたが、

このバンドの中では比較的聴きやすい気がします。(うるさいけど…(^_^;))

この時期のブリクサの顔…丸みがありますが、この方、昔はキリギリスのようにより痩せておりました…(「宇都宮隆に似てる」というコメに密かにウケました…)

途中のワイプの使い方…何の為なのか?よくわかりません…

Einstürzende Neubauten - Die Interimsliebenden

もう一つ。

うるさくないノイバウテン。でも怖い。…とのこと。

ブリクサがルー大柴のようだというコメ有り。ちょっと納得…

Einstürzende Neubauten / Blume

でもやはり「ダサさ」は感じない。

それは流石。(…というかあの二人が…いえ、なんでもないです…)

次…ちょっとディープな方向に…

1968年西ドイツにて結成された独創的な音楽集団カン(Can) ←Wikiにリンクさせます。

昔デヴィッド・シルヴィアン(美形)にハマっていた時期があり

彼はソロになりたての時にこのバンドのベースだったホルガー・チューカイと親しくなり、コラボなんぞやっていた。

それでこのバンドをちょこっと聴いたことがあった。

一時期ダモ鈴木という謎の日本人がヴォーカルだった時期がある。

ダモ鈴木 ←Wikiにリンクしてます。


かなりの強烈なキャラです。

この経歴の中には…

ダモ自身はカン (CAN)の音楽に興味も持っておらず、偶発的な出会いによって参加したにすぎなかった。この出会いについてダモ自身は「年寄りみたいな人ばっかりで変なバンドだなって思ったよ」と語っている。

という素直過ぎる感想あり。

経歴読むとアータが一番変だよ…と思ってしまうのは内緒だ。

私、音源を聴いたことはあっても、動画は最近になって初めて見た。

最初の映像はかなり遠くから撮ってますが

色鮮やかな衣装を着た…彼のタコ踊りを見ることが出来ます。

皆個性的ですが、ドラマーさん何げにスゴイです。

「ダモかわいいよダモ」という動画タグ有り。

かわいいような…キモイような…感想は皆様におまかせしたい。

Canの動画再生数、思ったより多くて(一万は超えてないけど、もっと少ないと思ってた…)

何げにダモさん人気者です。

でも悪魔召喚しそうです。そして、何故か途中からジャグラーまで参戦…

Can - Spoon

もう一曲。

コチラの方がダモさんの顔がよく分かります。(分からない方がイイ??)

ダモさんとギターの人が「貞子」

時代的なものも関係あったかもしれません。

CAN - Paperhouse

あと一気に新しいバンドになりますが…

ドイツのハードコア・ユーロダンス(トランス?)バンド、Scooter

最初ヴォーカルの人を見た時、

「ネオ●チ??」

と、不適切なことを考えてしまいました…

Scooter - One (Always Hardcore)

そして、私が洋楽ハマっていた時期の…如何にも80年代なバンド。

見た目ミーハーっぽいですが、歌詞はなかなか硬派かも…

ネーナ可愛いです。

が、結構ワガママらしく、当時の洋楽雑誌記者さん泣かせなトコロもあったと記憶しています。

邦題は「ロックバルーンは99」

さりげなくメンバーの中に

妙にキレイな男性shineが居たりします…(今気づきました)

Nena - 99 Luftballons

長々音楽動画を載せましたが

音楽動画のラストは最初に紹介したZlad!

「アンチ教皇」だそうです…

今度別のコスプレしてます。(ピンク頭のおねえさん、よくお似合いでした)

テクノというより…コスプレバンド!?

やはり「ダサいPV」扱いされてます…最初の程インパクトはありませんが、

おねえさんが楽しそうな鞭打ちシーン、何度か挟み込まれる野生動物、ハンマーで割られる果物の映像が何げにツボです。

死神みたいな人がウロウロしていてオドロオドロしさを出そうとしているのですが、

あまり怖くないです(…それどころか笑顔が出そうです)

I am the Anti-Pope(Zladko ("ZLAD!") Vladcik’s)ダサいPV2

動画説明

Elektronik SupersonikのZladの第2弾ダサいPV。東欧の小国の歌手を名乗っているが、実はオーストラリア人らしい。

…とのこと。

え!?そうなの!??(°д°)

ドイツ訛りっぽいのはわざと??

☆☆☆☆☆☆☆

音楽動画だらけで何のブログだかわからなくなってきたので

最後に2014年ワールドに出ていたドイツの女子選手の動画を載せて

お茶を濁そうと思う。

ヨン姐さんファン必見(?)な選曲だ…と思ったのは内緒。

(演技スタイル・雰囲気は全く違います。この方はより健康的です)

ナタリー・ヴァインツィアール (Nathalie WEINZIERL)選手。

ソチ五輪では18位。今回総合12位になりました。

動画は日本放送のものの方が画質良かったのだが

しょっぱい声に1分と耐えられなかった為、英国放送のを使わせていただきました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2014年4月 1日 (火)

やはりジェレミー・アボットはべらぼうに素敵だった~そして…MUSE 「エクソジェネシス:交響曲第3部」

男子シングル・フリー得点詳細

男子シングル・フリージャッジスコア

男子シングル総合結果


SP8位 FS4位 総合5位。


競技生活最後の試合でもやはり

ジェレミー・アボット選手はべらぼうに素敵だったよshine

動画タグには

「※全米ではありません」というタグがあった。

ホームの如き盛り上がり

点数が「アレ」でも

お客様達はこの演技の価値を良く理解している

頭と心両方で

引き込む力があったね

しつこいくらい言いたい。

フィギュアスケートの醍醐味を教えてくれる選手。

後半忍者(?)のような手をつくポーズで

ピタッと止まっただけで拍手出ちゃうというのはスゴイと思う。

ジェレミー・アボット 世界選手権2014 FS

いつも気になってたんだけど彼の演技始まる前必ず聞こえる西洋人男性の声…誰なんだろね?

特徴ある声で時々…

「アッパー」とか「アッボー」とか聞こえるんだけど…

彼の名前を読んでいるのかな?

そして…地上波放送なかったという…((( ̄へ ̄井) フンッ

エキシビション演技も。(動画主様、ありがとうございます。感謝です)

本当にお疲れ様でした。

「魅惑の腰つき」という動画タグが…(;^ω^)

【ユロスポ実況】ジェレミー・アボット 2014World Championships EX

ロスポ実況】ジェレミー・アボット 2014World Championships EX

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

フリーに使っていた曲は

MUSEというバンドの「エクソジェネシス:交響曲第3部」

この曲の選択がズルいよ…アボ…

気分が揺れ動き易い時に聴くと

じわ~っと目の奥が熱くなってくることもあるんだ。

実は歌詞も付いている曲なんだね。

動画説明

…もう一度やり直せる日がくるのなら…

…とのこと。

【ミューズ】エクソジェネシス:交響曲第3部「あがない」

そしてもう知っておられる方もいると思うけど…

お笑い芸人の鉄拳が描いたパラパラ漫画「振り子」

コレ…マジでMUSEの公式PVなんだね…

そういや、昨年久々に会った後輩に教えてもらった鉄拳作品ってコレのことかもしれない…(;^ω^)

(今の今まで忘れてた…)

確かにこの絵と内容と音楽が絶妙にマッチしてるんだ。

私…まさかパラパラ漫画で泣くと思わなかったよ…

ようつべの外国の方が見た反応も日本とそれ程変わらない。

何なのよ?この才能…

Muse: Exogenesis Symphony Part III - HD - Redemption (video oficial)

湿っぽく終わるのはこのブログらしくない気がするので…つД`)

このバンドの…上の曲と作風が異なる馬鹿馬鹿しいもので締めることに…

これMADじゃなくて「公式」です。

一応念押ししておく。

動画タグには

「そっと評価されるべき」「公式が病気シリーズ」「どうしてこうなった」「荒ぶる鷹のポーズ」

「混ぜすぎ危険」「超展開」「シドニアの騎士」

…と有り。

【PV】MUSE - Knights of Cydonia

では

おやすみなさいませ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年12月13日 (金)

FAIR JUDGMENT FOR ALL動画

FAIR JUDGMENT FOR ALL

これは何かの予告編みたいでかっこいい作りだね。

天秤に目玉が付いているデザインもGOOD!

センスあるね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

レス遅れてスミマセン。

ちょっとずつゆっくりやっていきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

2013年11月30日 (土)

パパにすがりつくいちご

うP主による動画説明

甘えっこ柴犬いちごです。フィギュアの真央ちゃん応援中のパパに振り向いてもらおうとがんばっています。母犬のひかりもさりげなく参加。どうしてこんなにパパが好きなんだろう…

…とのこと。

バックに流れてるのは真央ちゃんの「アイ・ガット・リズム」やないかい!!!!(゚ロ゚屮)屮

…てな訳で載せてみた。

可愛い…でもタグにある通り

あざとくもある…(;^ω^)

我が家の愛犬もこんな風に可愛らしさをアピールすることがあるよ…

己の欲望を達成する為にな…(例:お菓子くれい!構ってくれい!)

卓越した表現力っ!

…と言わせていただこう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

「あの選手」 | おすすめサイト | おヨナさん | ご挨拶 | どーでもいい話 | アイスショー | アイスダンス | アグネス・ザワツキー | アシュリー・ワグナー | アダム・リッポン | アデリーナ・ソトニコワ | アドリアン・シュルタイス | アニメ・コミック | アルトゥール・ガチンスキー | アレクセイ・ヤグディン | アンナ・ポゴリラヤ | エフゲニー・プルシェンコ | エマニュエル・サンデュ | エリザベータ・トゥクタミシェワ | エルビス・ストイコ | エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ | オススメ動画 | カロリーナ・コストナー | グルメ・クッキング | グレイシー・ゴールド | ケヴィン・レイノルズ | コンスタンチン・メンショフ | コーチたち | ジェイソン・ブラウン | ジェフリー・バトル | ジェレミー・アボット | ジョニーウィアー | ステファン・ランビエール | スポーツ | デニス・テン | トマシュ・ベルネル | ニュース | ハビエル・フェルナンデス | ハンヤン | フローラン・アモディオ | ブライアン・ジュベール | ペア | ペーター・リーベルス | マエ=ベレニス・メイテ | ミハル・ブレジナ | ミーシャ・ジー | ユリア・リプニツカヤ | ヨガ | ラジオ | レイチェル・フラット | レジェンド | ロシアっ子 | ロシア事情 | ロシア語 | 今井遥 | 佐々木彰生 | 前置き | 北●鮮ネタ | 古布団 | 大いなる妄想 | 太田由希奈 | 女子フィギュアスケート | 安藤美姫 | 宮原知子 | 宮本賢二 | 小塚崇彦 | 張可欣 | 怒り・ツッコミ | 振付師 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 有田 | 本田武史 | 李子君 | 村上佳菜子 | 浅田真央 | 浅田舞 | 漢フィギュアスケート | 無良崇人 | 犯罪 | 町田樹 | 経済・政治・国際 | 織田信成 | 美容・コスメ | 羽生結弦 | 芸能・アイドル | 若手女子選手 | 若手男子選手 | 英語 | 荒川静香 | 鈴木明子 | 長洲未来 | 韓国関連 | 音楽 | 高橋大輔 | Pさん

フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー